エスティマ 復活。 名車エスティマ復活を!! 「背の低いミニバン」がアルファードに勝てない理由

トヨタエスティマ新型へのフルモデルチェンジで復活濃厚か?

エスティマ 復活

すでに買えない店も出現 エスティマは当初2019年12月に生産終了といわれていたが、早まり2019年10月から、そしてさらに繰り上がり、7月末にオーダーストップとなった。 9月上旬現在では在庫一掃セールが最終段階にあり、扱うトヨタ店、カローラ店の中には売り切れてしまい、見積書の作成もできない店舗も出始めている。 2016年のマイナーチェンジでこの顔になったエスティマ。 7月末の時点でオーダーストップとなっていてすでに購入できない店舗もある 最終モデルとして発注したアエラスプレミアム2. 4Lスーパーホワイト2WD&4WDの在庫が首都圏地区を中心に比較的多くあり、これ以外だと極端に少なくなる。 タイミングよく見つかればナビ、ETC付きで45万円以上の値引きが可能な状況にある。 首都圏の扱い店であるトヨタ店、カローラ店によると、「エスティマはフルモデルチェンジして世代交代すれば、人気が復活できそうなモデルといえる。 お客さんから新型車発売の要望が多いが、メーカーによれば残念ながら次期型の投入はないという。 シートアレンジひとつとってもアルファード、ノア/ヴォクシーとも違う世界観を持っていたエスティマだけに消滅を惜しむ声は多数 2006年デビューだから2019年で13年が経過するがミニバンとしてのプロポーションの斬新さ、美しさはまったく衰えない。 トヨタ車で別格の存在感がある 将来的にはアルファードとなる 2020年5月には全国規模で従来の4系列店は全トヨタブランド車を扱うことになる。 この時点でヴェルファイアがなくなり、アルファードに一本化される方向にある。 したがってエスティマの将来的な後継モデルは当面アルファードということになる。 アルファード/ヴェルファイアは2021年にフルモデルチェンジが予定されていて、その時にアルファードに一本化。 エスティマのユーザーの取り込みも狙う 1~7月の登録累計は5598台で前年同期に比べて2. 7%のマイナス、月平均800台にとどまっている。 しかしながら7月単月だと851台で前年同月比36. 2%の大幅な増加となっている。 「生産中止が既納ユーザーに伝えられ、代替えが増えたため」(首都圏トヨタ店、カローラ店)と分析している。 現行最終モデルを購入したいのであれば、可能な限り多くのトヨタ店、カローラ店を回り買い得の在庫を探すのに限る。 グレード、ボディカラー、特別装備のオプションパーツに限りがあるので、好みのタイプを選ぶ余裕はないから要注意だ。 エスティマを新車で欲しいと思っていてもオーダーストップで残り在庫が少なく、選択肢が限られてきている。 もはや選考発注ぶんを狙うしかない状況 証言1:首都圏トヨタ店 エスティマはアルファードやヴェルファイアと違った商品性であり、同じコンセプトでフルモデルチェンジすれば必ず売れるようになると信じている。 エンジンが古い2. 4Lで、安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」も装備していないのであれば売りにくい。 トヨタはアルファードの販売好調に気をよくして、アルファードに一本化することを狙っているが、果たしてその思惑どおりにいくのか疑問視する声もある それでも根強いファンが存在し、生産中止が伝えられると最終モデルを買い求めてくれるお客さんが目に付く。 よく売れている頃はアルファード、ヴェルファイアのトヨタ車同士が競合し、エルグランドやオデッセイなどとは滅多にぶつかることはなかったから、メーカーとしてはアルファードに一本化しても差し支えないとの判断があったものと思われる。 証言2:首都圏カローラ店 ノア/ヴォクシーからの上級シフトユーザーがエスティマを購入していたというが、手頃なサイズ感のエスティマはもうないとなるとトヨタも厳しいはず エスティマはこれまでノアの上級シフトユーザーの受け皿として手頃なサイズとコンセプトで人気が高かった。 こちらの代わりは来年からアルファードになるようだが、すべてをカバーできない気がする。 アルファードのほうが高過ぎるし、サイズも大きいから手が出せないユーザーが多いのではないかと考える。 どうして現行エスティマをフルモデルチェンジしてくれないのか大いに疑問がある。 現行モデルの売れ行きが悪いのは古くなっているからだ。 モデルチェンジしアルファードのようなパワーユニットを積み、最新の「トヨタセーフティセンス」を装備すれば復活するのは間違いないと思う。 スープラ、RAV4のように一旦生産中止しても近い将来復活させて再びヒットするようなモデルもあるのだから、エスティマも同じような道をたどればよいと希望している。 マークXは終了することを大々的に発表し、特別仕様車としてファイナルエディションも設定。 それに対しエスティマは生産中止時期とともにオーダーストップまで早められるという始末。 歴史の長さを考えると特別感はマークXとはいえエスティマの扱いが粗末すぎると感じている人も多いのではないだろうか。 現行エスティマの生産は2019年10月に終わりとなるが、次期モデルはMIRAIに続く燃料電池車の第2弾として登場するという噂は根強く存在しているから期待したい ファイナルエディションが設定されたマークXが今後復活する可能性がほとんどないだろう。 それに対しひっそりと消滅することになったエスティマについてトヨタは消滅という認識は持っていないのかもしれない。 モデル消滅して小休止後に復活するというケースは珍しくない。 車種リストラにより合理化を推進するトヨタだから楽観視はできないが、これまでスクープしているとおり、燃料電池車として復活するための一時休止と考えられなくもない。 エスティマの復活の可能性は充分にあると期待したい。

次の

名車エスティマ復活を!! 「背の低いミニバン」がアルファードに勝てない理由(ベストカーWeb)

エスティマ 復活

現行エスティマ(2006年〜) ただ、次期型へのフルモデルチェンジを前に、2019年にも生産終了となることが判明。 その背景には、旧世代の2AZ型エンジンをいまだに搭載している状況があります。 同クラスの直4搭載モデルは新世代のA25型に移行しており、エスティマのためだけに旧型を作り続けているとのこと。 それはさすがに非効率ということで、エンジンとともに姿を消すことになります。 その後、かつてのハリアーやシエンタなどのように、少しの空白期間を経て新型(or後継モデル)が登場します。 「Fine-Comfort Ride コンセプト」が次期エスティマか トヨタは盛況のうちに幕を閉じた第45回東京モーターショー2017で、コンセプトモデル『Fine-Comfort Ride(ファイン-コンフォート ライド)』を公開。 燃料電池自動車(FCV)のさらなる可能性を追求したプレミアム・サルーンのコンセプトで、次期エスティマを示唆するモデルではないかといわれています。 確かにスタイリングやスペックなどから、エスティマのDNAを受け継いでいることを感じさせます。 Fine-Comfort Rideをさらに詳しく見てみましょう。 エクステリア 「天才タマゴ」というキャッチコピーを引っさげデビューしたエスティマ。 Fine-Comfort Rideも、その特徴的なフォルムや下向き三角形のヘッドライトなど、明らかにエスティマを意識していることが伺えます。 ただ、車体中央になるに連れ、車幅も全高も大きくなるダイヤモンド型キャビンを採用するなど、エッジーで先進的なエッセンスも盛り込まれています。 斬新な大型タイヤもユニーク。 たしかに、ヴォクシー兄弟やアルファード兄弟などトヨタのミニバン群は充実していますから、差別化を図るのは充分考えます。 インテリア FCVによる動力機関の最小化で、広々としたキャビンを実現。 紫の革製シート、紺のフロアマット、白のサイド面や3列目シートの組み合わせで、幻想的な空間を演出しています。 円形の座面を持つ4つの独立シートも印象的。 オッドマン機能を備えるなどいろいろな姿勢に調整可能で、シートレイアウトも自由にアレンジできます。 エージェント機能やタッチディスプレイを配した運転席周りもかなり未来的ですね。 市販モデルではここまで大胆なインテリアにならないと思いますが今から楽しみです! 新型エスティマの予想CGを作成 現行モデルのエッセンスを残しながらも、未来的なデザインを予想しています。 注目のパワートレイン!FCVモデルを設定か Fine-Comfort Rideは、水素をエネルギー源とする大電力量を活かしたFCV(燃料電池自動車)モデルです。 4つのタイヤにインホイール・モーターが搭載され、高い静粛性とスムーズな走りを実現。 優れた環境性能を有しながら、航続距離は約1,000km(JC08モード)に到達するとのこと。 そして、新型エスティマも開発するにあたってFCVの導入が前提になっているようです。 一時は、水素タンク搭載などスペース効率の問題から見送りになったという情報もありましたが、課題を克服したのでしょう。 ちなみに、同じく東京モーターショーで公開されたFCバスのコンセプトモデル「SORA」も、既にトヨタが販売している燃料電池自動車「MIRAI」のフューエルセルシステムを搭載。 東京オリンピックに先駆け、2018年に市販化しています。 その他に用意されるエンジンは 完全にFCV一本でいくには時期尚早。 レクサスUXや新型RAV4に搭載する、2. さらにPHV(プラグインハイブリッド)が用意されるとの予想も。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

【悲報】トヨタ・エスティマが2019年に販売終了する謎

エスティマ 復活

初代エスティマ(1990年~1999年) デザイン形状が、当時では全くなかった「卵型」という斬新な形で販売開始された初代エスティマ。 2400ccのエンジンをミッドシップレイアウトにして1グレードで販売。 発売当初は、非常に近未来的なデザインで注目を集めましたが、当時の5ナンバーミニバンの人気に勝てずに販売数量は、思ったより伸びない結果になったと思います。 実は、私の父が当時このエスティマを購入しましたが、高速では隣同士の会話が聞こえないほどエンジン音が車内に入ってきた記憶があります。 価格と品質のバランスが取れていないのも事実であったと考えます。 その後5ナンバー化した、エミーナ・ルシーダは、好調な販売であったと記憶しております。 それと整備士泣かせのミッドシップレイアウトだったので、このパッケージは初代限りとなりました。 2代目エスティマ(2000年~2005年) FF化することで非力だったエンジンも大型化できた2代目エスティマ。 3000㏄と2400㏄の2種類のエンジンラインアップもFF化で可能となりました。 また、初代よりも低床レイアウトすることができ、卵形は継承されましたがより乗用車に近い感じの仕上がりにもなりました。 2001年には、プリウスの次にミニバンではじめてとなるハイブリッドも販売開始されました。 筆者在住の地域では、比較的多く走っているモデルでもあります。 グレードはアエラスが多かったです。 3代目エスティマ(2006年~ ) 直線基調が強調され、シュッとした感じで登場した3代目エスティマ。 オートマもSuper CVT-iとなり、ゲート式になりました。 10年の歳月のなかで数度のマイナーチェンジを行い、現段階では、改良最終として2016年に「Toyota Safety Sense C」を搭載しています。 このエスティマも既に10年以上が経過しています。 2018年にもフルモデルチェンジするということです。 次項で新型の予想を記していきます。 実は、まだ筆者のほうでコレッという新型エスティマの画像等の入手が出来ておりません。 ですから筆者の独断と偏見?! で新型エスティマを予想してみたいと考えます。 このキーンルックの継承はされるのは確実と思われます。 同じトヨタのミニバンとして、アメリカ市場で2018年にもシエナが新型になります。 このシエナは、欧米市場向けにサイズが全長5000㎜、全幅2000㎜というサイズになって欧米受けするデザインとしてボンネット形状となっています。 これをベースに卵形の流線型を強くして、サイズを縮尺全長4800㎜前後の全幅1800㎜前後とさせて登場するのではないかと想像します。 TNGA技術のプラットフォームの採用は間違いありません。 新開発のものになるのか、それともノア・ヴォクシーと同じ1. 8L+THS2が採用されるか、はたまたカムリに採用された2. 5Lのダイナミックフォースエンジン+THS2になるのかはわかりませんが、ハイブリッドがラインナップされることは確実と思われます。 FCV(水素)は、現状で開発が間に合わないということでトヨタでは方針転換をしたと筆者は思います。 ハイブリッドだけだとラインアップが高価格設定のみになるので、もしかするとガソリンエンジンのみの搭載もラインアップされるかもしれません。 これは、トヨタの目標であるので行われると感じます。 これで対歩行者への安全配慮もされることになります。 後はライバルとその価格で戦えるかという点でしょうか??? 愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です! 何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。 ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます! ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません! ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。 すべて同じ日時というのがポイントです! そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、 「査定額を名刺に書いて出してください。 一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」 と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです! 最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。 最高で70万円くらいの差が出ることも! 10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。 買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。 試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?.

次の