アドビ 割引。 Adobe Creative Cloud の教育機関向け FAQ

【Adobe CCを安く買う方法】社会人OK!格安39,980円/年<講座付き>

アドビ 割引

現在世界中で広がる新型 コロナウイルス感染症(COVID-19)とその影響に向けて、さまざまな国家、企業、団体、個人がそれぞれの立場で社会貢献や、サポートに立ち上がり始めています。 そんな中、PhotoShop、Illustrator、AfterEffectsといった、クリエイター向けソフトウェアを提供する Adobe(アドビ)も各種支援の表明を行っています。 COVID-19による世界的影響について Adobeの声明 このAdobeのCOVID-19の影響下にあるクリエイターへのサポートについては下記のように発表されています。 2020年5月31日まで、共有PCのみのライセンスをお持ちの教育機関を対象に、 児童・生徒・学生及び教職員がAdobe Creative Cloudに自宅からも無料でアクセスできるようにしました。 2020年 5月31日まで、Adobe. comのwebベースのPDFサービスを無料で提供します。 ドキュメントを作成および共有できることがお客様のお役に立つことを願っています。 バリューインセンティブプラン(VIP)のCreative CloudおよびDocument Cloudの グループ版および法人版をご利用のお客様向けに、更新猶予期間を60日間に延長します。 Creative CloudおよびDocument Cloudの エンタープライズタームライセンス契約(ETLA)のお客様については、追加ライセンス料金を60日間免除します。 なお、このプロモーションについて、いつまで続くかをAdobeサポートへ問い合わせをおこなったところ、 今の所(終了時期は)未定との事でしたので、対象のユーザーはこの機会に検討しては如何でしょうか。 ただし、その場合2ヶ月の無料期間終了後はコンプリートプランの契約が自動的に継続するので、 自身で解約手続き(またはソフト単体契約への変更)を行うのを忘れないようにしましょう。 では実際にどういった手順で、このプロモーションを利用できるか解説していきます。 全体の流れとしては……• AdobeアカウントでWebサイトに ログイン• 現在利用している プランの解約手順にすすみ• 手続き中に 提案される2ヶ月無料プランを選択する• 乗り換え 完了 次の利用費用支払日から適用される と、非常に簡単な手順です。 一旦解約手続きに進むので、心配になるかもしれませんが、 筆者が実際に試したところ問題無く適用されました。 AdobeアカウントでWebサイトにログイン まずはAdobe公式webサイトから、 Creative Cloudを利用しているAdobeアカウントでログインします。 プラン確認画面で2ヶ月経過後からの支払い再開が確認できる まとめ 以上で、手続きは完了です。 世界的なウィルスの流行と、それによる実害、経済的被害に備え、出来る限りの事を行っていく必要があるでしょう。 引き続き、最大限の警戒と、自己管理をしつつも、可能な範囲で労働、消費といった経済活動を継続し、一日も早く平時の社会を取り戻す事を目指す必要があります。 医療や関連する業務に従事していなくても、それぞれの立場で出来る事をしていく事が、今後一層に重要になってくるはずです。 そういった意味でもAdobeの施策によって、クリエイターの負担が少しでも減る事は有意義な事ではないでしょうか。 なお、月額自動引き落としのサブスクリプション未契約の方や、資金に余裕があり今後も継続してAdobe CCを利用し続けるという場合は、Amazonなどで12か月一括版のコードを購入する方がお得です。 12か月分コードが、常時 66,000円前後で購入できるうえ、不定期でセールをおこなっています。 当記事執筆(2020年4月7日)時点には 47,277円で購入ができるようです。 新規利用を考えているユーザーや、長期的な利用を継続する場合はこれらの購入を検討するのも良いでしょう。

次の

Adobe(アドビ)ソフト学生・教職員個人版

アドビ 割引

アドビが定めた対象者・対象教育機関はでご確認ください。 大学や大学院、専修学校(専門学校)、小・中・高等学校やその他アドビが定めた教育機関において 購入時に学生・ 生徒や教職員である方が対象です。 学生は 3 か月以上の教育課程に在籍していることが前提となります。 ただし、学位の授与などを前提としない社会人向けプログラムなどの学生は在籍期間にかかわらず対象にはなりません。 教員は常勤・非常勤が対象です。 職員は教育機関に雇用されている職員のみが対象となります。 なお、雇用関係のない派遣の場合は対象外となります。 実際に購入対象者に該当する場合でも、これをアドビが指定する方法で証明できる必要があります。 また、学生・教職員個人版は、上記を満たした 13 歳以上の方のみご利用いただけます。 学生・教職員個人版は対象となる方のみがご利用いただけるライセンスとなります。 ご家族であってもご利用はいただけません。

次の

Adobe CCを安く買うなら学生になれば解決!【社会人・商用利用OK!年間39,980円】

アドビ 割引

特別な条件等は何もありません。 社会人でも商用利用も可能です。 キャンペーン情報を知っているだけで半額以下になるのですから、利用しない手はないですね。 Adobeのスクールパートナーが行うキャンペーンを利用する方法です。 Adobeと提携したITスクール経由で購入する方法です。 「ヒューマンアカデミー」などが提携スクールです。 Web・ITスクールの通信講座とAdobe CCがセットになった商品で、通信講座の学生となることでAdobe CCが50%以上安く手に入ります。 下記サイトを見ていただくと、わかりやすいでしょう。 年間ライセンスのみの販売で、月単位の購入はできません。 提携スクールの格安キャンペーンについて 他に理由がなければ、 この格安キャンペーンでAdobe CCを購入するのがベストな方法でしょう。 多くのWebデザイナー、グラフィックデザイナーもこの商品を利用しています。 スクールが扱うので学生版Adobe製品になるのですが、 もちろん正規のAdobe製品ですし、社会人の方も利用できます。 機能の差異もありません。 商用利用も可能です。 特にデメリットもありませんので、おすすめです。 20%OFFのことが多いです。 今まで見た中で最大はコンプリートプラン 1年 が32%OFFです。 Adobe CCの全アプリを使用する予定がなく、フォトショ、イラレの2つのアプリしか使わないという方には最適です。 また、Amazonのセールは表示価格=税込価格ですので、そもそもAdobe公式ストアより基本8%安い価格です。 セール時もAdobe公式サイトと同等以上の割引率となるので、こちらを積極的に利用するのが賢いです。 セール時期 これまでのセール時期は以下の通り。 2019年2月11日以降は値上げとなりますので、セール時の割引価格も変更されるでしょう。 アドビ公式での購入について 後述するAmazonや提携スクール経由でAdobe製品を購入した方が安くなるので、正直なところ、特別な理由がない限りAdobe公式ストアで購入するのは避けた方がいいでしょう。 「公式サイトで購入するのが一番損する」という、よくわからない状況です。

次の