82 デビット。 全44枚のJCBのデビットカードを比較|おすすめカード2選

商品概要 |便利・お得なサービス|八十二銀行

82 デビット

おすすめデビットカード おすすめのデビットカードは、八十二銀行が販売するJCBブランドの「 82Debit<JCB>」という商品です。 「82Debit<JCB>」には、「 くろ」「 あかりんご」「 MEGUMI」「 MORI」の4種類のカードデザインが用意されています。 八十二銀行のデビットカードは、「 デビット単体型カード」のため、八十二銀行の普通預金口座開設と別に WEBまたは店頭からの申込みが必要になります。 申込対象者について 「82Debit<JCB>」の申込対象者は、中学生除く15歳以上で八十二銀行に普通預金口座を持っている個人の方が対象です。 有効期限月の前月末までに82Debitお支払口座が無通帳口座<e-リヴレ>となっている場合• 前年の利用金額が12万円以上ある場合• 携帯電話(NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)の料金支払いをデビットカードでしている場合 カード発行手数料 「82Debit<JCB>」の新規カード発行手数料は 無料です。 カード再発行時は、 1,080円(税込)のカード発行手数料が必要となります。 ATM手数料 1回のATM入出金利用につき、 ATM手数料として0円〜216円の費用が発生します。 八十二銀行のATM 平日(8:45~18:00) 平日(その他時間) 土・日・祝日 引出し 無料 108円 108円 預け入れ 無料 無料 無料 振込み <キャッシュカード> 無料 108円 108円 コンビニATM コンビニATMは、 セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMが利用できます。 平日(8:45~18:00) 平日(その他時間) 土・日・祝日 引出し 108円 216円 216円 預け入れ 108円 216円 216円 振込み <キャッシュカード> 108円 216円 216円 振込手数料 振込金額、振込宛先(八十二銀行同一支店、八十二銀行他店、他行)、振込方法に応じて、 振込手数料として0円〜864円の費用が発生します。 振込金額3万円未満の場合 八十二銀行同一支店 八十二銀行他店 他行 ATM(カード) 108円 108円 432円 ATM(現金) 108円 216円 540円 個人向けインターネットバンキング 無料 無料 216円 窓口 108円 324円 648円 振込金額3万円以上の場合 八十二銀行同一支店 八十二銀行他店 他行 ATM(カード) 216円 324円 648円 ATM(現金) 216円 432円 756円 個人向けインターネットバンキング 無料 無料 432円 窓口 324円 540円 864円 「82Debit<JCB>」の利用方法 「82Debit<JCB>」の利用できる通貨は、 円通貨のみです。 利用限度額は、口座残高または自身で設定した利用限度額のいずれか低い金額までとなっており、八十二銀行の円普通預金口座から即時引落しとなります。 国内ショッピングで利用 世界190国2,300万店のJCB加盟店で利用可能 「JCB」マークがある 世界190国2,300万店の海外JCB加盟店で、「82Debit<JCB>」を店員に手渡すことで商品代金の支払いが可能です。 利用限度額 利用限度額は、会員専用WEBサービス「MyJCB(無料)」の「ご利用限度額の照会・変更」にて、確認・変更できます。 設定可能上限額 初期設定 1回 500万円 100万円 1日 500万円 100万円 海外ショッピングで利用 海外のJCB加盟店で利用可能 「82Debit<JCB>」は、海外の次のマークがある JCB加盟店で利用することができます。 利用限度額 利用限度額は、会員専用WEBサービス「MyJCB(無料)」の「ご利用限度額の照会・変更」にて、確認・変更できます。 設定可能上限額 初期設定 1回 500万円 100万円 1日 500万円 100万円 海外利用時の手数料 JCBが定める基準レートに 海外事務手数料(4. 海外ATM現地通貨引出し利用 「82Debit<JCB>」は、海外の「 JCB」または「 Cirrus」マークのある海外ATMで現地通貨を引き出すことが可能なので、両替の必要がありません。 利用限度額 利用限度額は、会員専用WEBサービス「MyJCB(無料)」の「ご利用限度額の照会・変更」にて、確認・変更できます。 設定可能上限額 初期設定 1回 100万円 10万円 1日 100万円 10万円 「支払方法」の選択を求められた場合、「一回払い」を選択してください。 デビットカードが使えない主な場合 八十二銀行のデビットカードは、高速道路料金や機内販売、ガソリンスタンド等、一部加盟店で、利用できない場合があるので注意が必要です。 利用通知メールサービス 「82Debit<JCB>」を利用すると同時に、会員専用WEBサービス「MyJCB」に登録したメールアドレスに次の利用通知メールが送信されます。 利用通知メールによって、利用状況の把握ができ、万一の不正利用の早期発見につながるため、メールアドレスの登録をおすすめします。 カード利用通知 ショッピングでの利用や、海外現地通貨引き出しサービスの利用があった場合 ショッピングでの利用や、海外現地通貨引き出しサービスの利用ができなかった場合 差額発生通知 取引の際に引き落とした金額と、確定金額に差異が発生した場合 携帯電話料金や、公共料金等の登録型加盟店からのご請求があった場合 差額振替・返金不能通知 差額発生による請求時に預金残高が不足していた場合 請求確定通知 月次での請求金額が確定した場合 Oki Dokiポイント1ポイント=3円〜5円のため、 ポイント還元率は0. 3〜0. 年会費の支払分は、ポイント付与対象外になっています。 Oki Dokiポイントの有効期限は、ポイント獲得月から 2年間です。 (有効期限が過ぎたポイントから1か月単位で失効となります。 ) JCBスターメンバーズ JCBスターメンバーズとは、「82Debit<JCB>」を年間一定金額以上を利用することで、特別に提供されるランク制サービスの特典です。 国内ショッピングによる保険は付与されていないので注意してください。 最高3,000万円補償のある国内・海外旅行保険付帯の特典 旅行費用等を 事前に「82Debit<JCB>」で支払っていた場合、国内・海外旅行中に発生した事故、病気、ケガ等を 最高3,000万円補償してくれる国内・海外旅行保険付帯の特典があります。 国内・海外旅行保険の保険金額は次の通りです。 国内旅行保険 海外旅行保険 傷害による死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高3,000万円 傷害による治療費用 ー 100万円限度 疾病による治療費用 ー 100万円限度 賠償責任 ー 2,000万円限度 携行品の損害(年間100万円限度・自己負担額1事故3,000円) ー 1旅行につき20万円限度 救援者費用等 ー 100万円限度 不正利用補償 「82Debit<JCB>」の偽造、紛失、盗難等で 第三者による不正利用が発生した時、JCBへの 連絡日から60日前に遡って、その日以降に発生する損害を補償してもらえます。 八十二銀行「82Debit<JCB>」のデメリットのまとめ• 翌年度以降年会費が発生する場合があること• 家族カードの追加発行ができないこと• 高速道路料金、ガソリンスタンド、公共料金等で一部利用できない加盟店がある• スマートフォン決済 なし 利用特典 ポイント(Oki Dokiポイント)バック(0.

次の

デビットカードが使えないお店、加盟店とは?

82 デビット

突然ですが、デビットカードと聞いてどんなイメージが浮かびますか? かつては「使える店が少ないので不便」と言われたデビットカードですが、今も変わりないのでしょうか。 楽天デビットカード(JCB)を片手に、しばらくの間生活してみました。 買い物するときは現金よりカードの方がポイントも貯まってお得だと聞きました そうですね でもクレジットカードって借金してるようなもんですって! 借金はイヤですー デビットカードにしたら良いのでは? 要はレジで使えるキャッシュカードですよ デビットカードって日本じゃ使える店が全然ないと聞きますが 自分の目で確かめてごらんなさい そんな流れで始まりました『デビットカード対応の店は本当に少ないのか? 実証実験』! 今回はデビットカードの中でも注目度が高いといわれる 楽天デビットカード(JCB)を携えて、いつもの買い物をデビットカードに切り替えてみました。 その結果、 デビットカードを検討しているけれど使える店が少ないと聞いて迷っている・デビットカードが使える店を会計前に見分けてる方法を知りたいそんな人に役立つ結論が得られました! デビットカードとクレジットカードの特徴と違い 冒頭の会話では「クレジットカードは借金」、「デビットカードはキャッシュカード」と表現しました。 デビットカード生活の結果を発表する前に、クレジットカードとデビットカードの特徴と違いをざっくりとおさらいしておきましょう。 クレジットカードは「未来の自分がお金を払う」 クレジットカードは 後払い方式で買い物ができるカードです。 ユーザーがお店から商品を買った時、カード会社がその金額を立て替えてお店に支払います。 そして後日、カード会社はユーザーから立て替えていた代金を受け取る、というのが後払い方式です。 ユーザー視点だと、カード会社への支払い日までにお金が用意できるなら 口座の残高を超える買い物もできるのがメリットであり、リスクと言えるでしょう。 デビットカードの仕組みの話をすると、買い物をした店舗から会計金額の情報が銀行へ届き、リアルタイムで銀行口座から代金が回収されるといった感じです。 支払いを肩代わりする人が居ないので、 口座の残高が支払金額よりも少ない場合は買い物ができません。 なんだか長い説明になってしまいましたが、 デビットカードは買い物をしたその場で登録口座から引き落とされること、 会計を誰も立て替えてないから借金ではないことだけ把握すればOKです。 クレジットカードとデビットカードはここが違う 《限度額の違い》• クレジットカード:限度額の範囲内であれば口座残高を超える額の買い物ができる。 デビットカード:限度額はないものの口座残高を超える額の買い物はできない。 《支払い手続きの違い》• クレジットカード:カード会社が支払いを肩代わりする• デビットカード:口座から即時にお金が出る 《支払い回数の違い》• クレジットカード:リボ払い、ボーナス払い、分割払いができる• デビットカード:一括払いしかできない よく「クレジットカードはカード会社への借金だ」と言われるのは、カード会社がユーザーの支払金額を立て替えており、手持ちの金額以上の買い物ができるからですね。 デビットカードの特徴である「口座残高を超える買い物ができない」件はメリットにもデメリットにもなるのでしょう。 しかし、借金を嫌う人にはピッタリの仕組みだと言えます。 楽天デビットカード(JCB)で生活した結果 結論から先に言いますと、 普通にクレジットカード決済として使えました。 デビットカードとクレジットカードって全然違うものじゃないの? と感じるかもしれませんので、ちょっとおさらいしておきましょう。 多くのデビットカードは、VISAやJCBといった国際カードブランドに加盟しています。 カードブランドに加盟しているデビットカードは、クレジットカードが使える店ならほぼ使えると見て間違いないでしょう。 では、実際にデビットカードを使ってみた感想をシーンごとにまとめて振り返ります。 コンビニで楽天デビットカードを出した結果 カードで ピッ ありがとうございました~ こんな感じでした。 つまりとってもスピーディ。 つり銭の確認をしない分、現金払いよりも早いかもしれないです。 コンビニで楽天デビットカードを使うと• サインなし• 暗証番号入力なし• 少額なら支払い回数は一回でしょ、という暗黙の了解 コンビニで楽天デビットカードを使うと 支払いがものすごくスムーズで、お釣りや小銭をジャラジャラせずに済みます。 さらに楽天ポイントも貯まる特典も加わり、スマートでお得な会計ができるということです。 ヨドバシカメラのレジで大混乱を呼んだ ヨドバシカメラといえば、支払い方法によってポイント還元率に差がありますよね。 つまり、 デビットカードの取り扱いを公式に認めている珍しいお店なのですね。 しかしある日、いつものように「カードで」の呪文を唱えながら楽天デビットカード(JCB)を差し出しました。 すると、お会計ができなかったのです。 カードを止められていることを疑い、暗証番号が間違っていることを疑い、ああでもないこうでもないと考えられる限りの試行錯誤を繰り返して、レジ担当の方もわたしも大混乱の極みに陥りました。 さて、このような事態に陥った原因は一体何だったのでしょう? 実はこのとき、楽天デビットカード(JCB)の扱い方にまつわる落とし穴にすっぽりとハマってしまっていたのです。 楽天デビットカード(JCB)の盲点 ヨドバシカメラの店員も知らなかったこの件。 原因は、楽天デビットカード(JCB)を「デビットカードとして」会計処理できなかったことにありました。 なんと、楽天デビットカード(JCB) 「JCBのクレジットカードとして」会計処理されるのです。 要は回数払いができないクレジットカードである ベテランの風格をもつヨドバシカメラの店員に話を聞いてみると、楽天デビットカード(JCB)は、デビットカードの特徴を持つものの支払い時に「JCB」を通すため、クレジットカードとして手続きを行うものなのだそうです。 つまり、 支払い方法が一括しか選べない、その時口座に入っている金額が支払金額の上限という縛りを設けたクレジットカードということですね。 結局、ヨドバシカメラの会計では支払手続きをクレジットカードに変更して解決しました。 この件で、楽天デビットカード(JCB)はどこで使えるのかという結論が出ました。 会計時に「(デビットカード……? なにそれ……)」と思われてしまったり、「このカードはお取り扱いできないです」と言われてしまうリスクを回避する方法もバッチリ理解できました。 では、次の項で「楽天デビットカード(JCB)をスマートに使う方法」を具体的にまとめて終わりにします。 楽天デビットカード(JCB)をスマートに使う方法• その店が国際カードブランド加盟店であることを確認する• JCBやVISAなど、手持ちのデビットカードと同じブランドであると確認する• 「カードで」と言いながら楽天デビットカードを差し出して一括払いをする つまり、JCBのロゴが付いている(JCBのクレジットカードが使える)お店なら、楽天デビットカード(JCB)が使えるという判断で間違いありません。 これがVISAの楽天デビットカードなら、VISAの加盟店で使えます。 それから支払い時にデビットカードと言うと店員を無用に混乱させるので、シンプルに「カードで」と言っておきましょう。 支払い回数は一括です。 そんなわけで、デビットカードのブランド次第で使えるお店がたくさんあるとわかりました! そうです、意外とデビットカードも不便じゃなくなっているんですよ そういえば盗難とかスキミングに備える機能はないんですか? ショッピング保険は楽天ゴールドデビットカード(VISA)限定ですね。 楽天ゴールドデビットカードの年会費は3,086円(税込)です 高い! 年会費無料でカードの不正利用とか盗難の保険がついてるカードってないですか……?? 楽天クレジットカードがありますよ! 楽天クレジットカードは年会費無料で特典も充実している、人気のクレジットカードなのです! 楽天クレジットカードの特徴• JCB・MasterCard・VISAが使える店ならどこでも100円に1ポイント還元• 楽天市場はポイント4倍還元、楽天ポイント加盟店・楽天ダイニング加盟店で3倍還元• ポイント優待キャンペーンで10倍のポイント還元• ETCカードの利用でもポイントが貯まる• 楽天Edyの利用で200円あたり1ポイント貯まる• 3つの安心制度でネット通販のセキュリティが万全 楽天デビットカード(JCB)は年会費無料で、100円ごとに1ポイントもらえるのが特典でしたよね。 楽天クレジットカードだと特典がこんなに増えるんですね! 支払い回数が2回までは手数料がかかりませんので、高額な支払いが必要な時にもクレジットカードがあれば心強いですよ 現金キャッシュバックなら「あおぞらネット銀行」Visaデビットカード! 購入サイトが決まっている人は、楽天カードなどはお得です!しかしポイント還元の場合、購入サイトや店舗が限定されてしまったり、期限が過ぎてポイント失効なんてこともあり、お得にならないと感じている方もいるのではないでしょうか。 そんな方におススメなのが、 現金キャッシュバックの「あおぞらネット銀行」のVisaデビットカードです。 キャッシュバックだからポイント利用などを気にせずに、自分の好きなサイトやお店でお得に購入が可能となります。 さらに「あおぞらネット銀行」では様々なお得なサービスも実施しており、例えば円定期預金なら「0.

次の

77JCBデビット

82 デビット

82Debit JCBのスペック 82Debit JCB JCB 15歳以上 (中学生可能) 初年度年会費無料 (通常、税込1,375円) ポイント還元率0. 3%~0. 5% 八十二銀行のデビットカードは「82Debit JCB(82デビット)」という名称だ。 JCBブランドのデビットカードなのでOkiDokiポイントが搭載されており、ポイント還元率は0. 3%~0. 5%と上々。 旅行保険も国内海外に対して最高3,000万円で付帯されているため、保険に強いスペックも魅力だ。 1-1. 6%で円換算 海外ATM手数料 1回100円(税抜) ポイントプログラム OkiDokiポイント ポイント付与 1,000円毎に1PT 1PTの価値 約5円 ポイントの使い道 商品交換やポイント移行など ポイント還元率 0. 3%~0. 一般的にスペックで注目されるのは「ポイント還元率」と「保険」だが、82Debit JCBはどちらも優秀。 ポイント還元率は平均的な数字だが、OkiDokiポイントはOkiDokiランドを経由するとポイントUP可能。 ショップによって倍率が異なるものの、ポイント2倍で見積もっても還元率は0. 6%~1. 0%と高還元率だ。 お得にポイントを貯めることができれば保険もカバーできるので、まだデビットカードを持っていない方からするとこれ1枚作っておけば事足りるといった感じだ。 ・ 1-2. 国内旅行保険 担保項目 国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円 国内旅行保険は利用付帯で搭載されている。 そのため、保険を適用させるためには82Debit JCBで旅行に関する代金を支払う必要があるため、ここをしっかり抑えておこう。 旅行に関する代金というのは「飛行機代」や「ツアー代」など様々な費用が該当するため、保険適用の条件は難しくない。 旅行で空港を利用する際に空港までタクシーに乗るとして、そのタクシー代の料金を82Debit JCBで支払うだけでも保険適用となる。 旅行は必ず何かしらの出費があるので、その費用を82Debit JCBで支払えばOKだ。 1-3. 海外旅行保険 担保項目 海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円 傷害治療費用 最高100万円(1事故の限度額) 疾病治療費用 最高100万円(1疾病の限度額) 携行品損害 最高20万円(1旅行の限度額、自己負担額3,000円) 賠償責任 2,000万円程度 救援者費用等 100万円程度 海外旅行保険も利用付帯だ。 こちらは国内旅行保険に比べて担保項目が増えており、様々な状況に対して保険を備えることができる。 82Debit JCBは15歳以上の中学生でも申し込むことができるので、留学や海外旅行を検討している学生さんの保険目的としてもおすすめだ。 メリットとデメリット 現状、旅行保険が付帯されているデビットカードは少ないため、82Debit JCBは保険目的でも利用できることが大きなメリットだ。 また、日常生活ではOkiDokiポイントを還元率UPも含めてお得に貯めることができるので、節約効果も期待できる。 2-1. 【メリット】バランスの良いスペックが魅力 82Debit JCBのスペックはポイント還元率から保険までバランスが良い。 また、年会費無料で使うこともできるし、コスパの良いデビットカードだ。 2-2. 【デメリット】特にない 82Debit JCBは特にデメリットはなく、スペック全体としてメリットのほうが比重が大きいだろう。 ポイント還元率はOkiDokiランドの使い方次第で改善できるが、工夫することなく高還元率で節約効果を高めたい人には不向きかもしれない。 そのような方には楽天シリーズのように常時還元率が高いカードがおすすめなので、以下の記事を合わせて読んでみよう。 ・ 3. どのような人におすすめ? 82Debit JCBは八十二銀行でデビットカードを作りたい方におすすめだ。 デビットカードを作る銀行を問わないのであれば、「都市銀行」や「ネット銀行」など選択肢は非常に多い。 「デビットカード全体で見た場合に82Debit JCBはどうなのか?」は、十分におすすめできる。 その理由は旅行保険やショッピング保険が未搭載のカードが多く、82Debit JCBをOkiDokiランド経由で利用して還元率を0. 6%~1. 0%まで引き上げることができるとトップクラスのスペックになるからだ。 逆に言うと、保険不要で常時還元率のみにこだわるのであれば、他のデビットカードのほうが良いかもしれない。 まとめ 82Debit JCBは魅力的なスペックなので、八十二銀行でデビットカードを検討している方は作っても全然損はないと思う。 1つ注意しておきたい点として、海外はJCB加盟店が少ないので主に国内用としておすすめ。 海外へ行くときは82Debit JCBの旅行保険だけを使い、実際に渡航先でデビットカードを使うときは「VISA」か「Master Card」のデビットカードを持っていくほうがカードを使えないという状況に遭遇する確率は低いだろう。

次の