シビル ウォー 意味。 シヴィル・ウォー / Civil Warの歌詞和訳

『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』について知っておきたい13のこと【ネタバレあり】

シビル ウォー 意味

「 シビルウォー」はこの項目へ転送されています。 その他の用法については「」をご覧ください。 からにかけて出版され、過去のクロスオーバー、特に『・ディスアッセンブル』、『』、『ディシメーション』、『』を発展させたイベントを元にしている。 シリーズのキャッチフレーズは「 Whose Side Are You On? (君はどちらの味方だ? )」である。 概要 [編集 ] シビル・ウォーのストーリーの前提には、アメリカ合衆国が施行した スーパーヒューマン登録法 という架空の法律が関わっている。 同じような法律はこれまでも物語上の仕掛けのひとつとして、(アンキャニィ・X-メン)、のおよびニュー・フロンティア、、などでも用いられていたが、ポップカルチャーの象徴とされるような超人キャラクター達を永久的に変えてしまうようなスケールでは決して行われなかった。 この法律は、アメリカ合衆国内において超人的能力を持つ者に対し、連邦政府への登録(当局に自身の正体を明かす事を含んでいる)と、適切なトレーニングを課すものである。 この法に従う者にはのために働く事で、他の合衆国ののように給与や利益を得るという選択肢も与えられる。 この法律の施行により、マーベルユニバースの超人たちは二つの派閥に別れる事になった。 1つは登録を責任ある義務としてこれに賛成する者たちと、市民としての権利と彼らのシークレット・アイデンティティ(秘密の正体)がもたらす防御力を削ぐ物だとしてこれに反対する者たちである。 この法律を奴隷制の一形態とみなす者たちもおり、また、公正であり、戦士たちが実行しなければならない方法とみなす者たちもいた。 このアイディアはマーク・ミラー、ブライアン・ミシェル・ベンディス、ブライアン・ヒッチの会話から生まれたものである。 作中でのキャラクターたちがどちら側につくかの決定はタイトルの『シビル・ウォー(直訳すると「市民の間の戦争」、つまり「内戦」の意。 特にでは、定冠詞の「the」を付けるとを指す。 )』になぞらえている。 シリーズはとの結果として起こる事の寓意的なコメンタリーとして読まれる事がある。 あらすじ [編集 ] ・ヒーローチーム「ニューウォリアーズ」のメンバーたち(ナイトスラッシャー、ネイモリータ、スピードボール、マイクローブ)はがされる中で、スピードフリーク、コールドハート、の4名と戦った。 その最中に自らをさせる能力を持つニトロが周囲を巻き込む大爆発を起こし、やニューウォリアーズのを含む600人以上の死者を出した。 他の達がスタンフォードに駆けつけをしたがニューウォリアーズで生き残ったのはスピードボール唯一人であった。 に達のを視するが大きくなり、ニューウォリアーズでしていないメンバー達は一方的に呼ばわりされた。 からを置いていたヒンドサイト・ラッドは上に彼等のを暴露し、幾人かがされる。 ニューウォリアーズ以外の超人にも市民の怒りの矛先が向かい、(のひとり)が市民の襲撃でを負う。 主導のもと、は素早く『スーパーヒューマン登録法 SHRA ,6 U. 同法はに超人的を持った者、やによって能力を得たもの(やを含む)、を使っている普通の(アイアンマンなど)に適用される。 連邦法の施行は州の規定(ニューヨーク州の刑法40章120条120節及びカリフォルニア州の刑法245節 d )のを引き起こした。 このにする超人たちを捕えるのストライクフォースへのをは拒否。 その後彼はし、チーム「」をした。 ハーキュリーズ(の一員。 の)、、アイアンフィスト(当時はの替え玉を演じていた) 、ルーク・ケイジ、ヤングアベンジャーズが参加して地下活動を開始。 アイアンマン、、(=ジャイアントマン)、は登録法に賛成。 一方はで自らを脱ぎ、同法のをした が、これに対しはどちらのにも属さない事を望み、アイアンマンとMr. ファンタスティックに二度と彼(スパイダーマン)のところへ訪れないことを伝えて立ち去った(政府はドクター・ストレンジを同法からすると宣言している)。 かくして政府の後ろ盾を得たヒーロー達は登録していない超人達を狩り立て、または登録を強いて行った。 シークレットアベンジャーズは「 社会の敵」と成り果て、 が用意した極秘のを転々としながらスーパーヴィラン達を逮捕し続け(大体は彼等を縛って当局へ残していった)、且つ捕われた超人達を載せたを優れた連携の元 襲撃し、超人達を解放していた。 ある日 ヤンシーストリート(登録法に反対する市民たちの温床)にコンボイがし、偶々そこにいた(ファンタスティック・フォーのひとり。 本名ベン・グリム)は古いを訪ねていただけであったのに騙されて群衆を宥める破目となった。 さらにヤンシーストリートののがによってを落とし、グリムは両陣営に失望してのへと去って行ってしまう。 シークレットアベンジャーズは偽の・コールに誘き出され、登録賛成派によって待ち伏せされる。 不利な戦いを強いられる中、賛成派の援軍として「 プロジェクト・ライトニング」(の毛髪から作られた)が加わる。 ゴライアス(ビル・フォスター)の前に立ち塞がったソーのクローンはを放って彼を。 キャプテン・アメリカは自軍に全員を命じ、スー・リチャーズ(ファンタスティック・フォーのひとり。 インビジブル・ウーマン。 の妻)はを張って、集合したシークレットアベンジャーズを守り、彼等のを手助けした。 ビル・フォスターの死は両陣営を激しく揺さ振った。 スタチューとナイトホークは政府にし、登録に従った。 ヒューマン・トーチとインビジブル・ウーマンは逆に登録法反対派にする。 アントマンは増強の為に、されたスーパーヴィランを強制的に従わせ「サンダーボルツ」(かつて元によって構成された偽チーム)を再させた。 スパイダーマンは ネガティブゾーン(ファンタスティック・フォーが発見した世界)にある収容キャンプ 42をする許可を要求し現場を訪れた。 結果、アイアンマンが捕らえた反対派のヒーローを投獄していることを知り、彼は登録法賛成派に加わったのは間違いだったと考えグループからの離脱を試みた。 だが、脱退をしようとしたスパイダーマンにアイアンマンその人が立ち塞がる。 スパイダーマンは脱出に成功するが、S. がしたサンダーボルツがスパイダーマンを捕らえ、サンダーボルツのメンバー内にスパイダーマンとのある者がいた事もありスパイダーマンは酷く打ちのめされてしまう。 その後がスパイダーマンを助け出し、シークレットアベンジャーズのセーフハウスへと運んで行く。 スパイダーマンはを回復させると同時にシークレットアベンジャーズへ参加し 、登録法との戦いを誓うを出した。 のちにパニッシャーもシークレットアベンジャーズに加勢を申し出たが、彼はその理由に心境の変化があったと主張。 (「登録したヒーロー達の働きにより犯罪率は大幅に減少したが、政府が登録法を押し進める目的から悪名高い達の多くをサンダーボルツとして雇い入れる決定をした事が、これまで隠れていた自分を表の社会に出る気を起こさせた」というのが彼の言い分であった。 ) シークレットアベンジャーズのメンバーの多くは悪人を問答無用で殺害するパニッシャーを加勢させる事に反対したが、キャプテン・アメリカは先々のことを考え、渋々ながら彼を受け入れた。 パニッシャーはキャップので、ネガティブゾーンに囚われたヒーロー達をするのために、あるを求めて バクスター・ビルディング(ファンタスティック・フォーの本部)へ潜入し、スー・リチャーズは、にシークレットアヴェンジャーズへの助力を請うため、へ赴いた。 この時、現場に密かに合流したスーパーヴィランのゴールドバグ Goldbug と Plunderer がシークレットアヴェンジャーズに加わろうとしたが、例によってパニッシャーが皆の前で二人を即した為、これに怒ったキャプテン・アメリカはパニッシャーをシークレットアベンジャーズから外してしまう。 シークレットアベンジャーズ、新たに加わった、はネガティブゾーン監獄へ押し入ったが、既に ハルクリング ()がに成り済まして監獄に潜入しており、収容されたヒーローたちを独房から解放し戦いに参加させる。 ドクター・ストレンジはの中でのウアトゥ(全のを非で観察するの一人)と話し合い、ウアトゥは「何故、その計り知れない力をのに役立てないのか」と尋ねた。 ドクター・ストレンジはウアトゥに対し「人類のに対して自分は干渉するを持たないが、このがにを与え、流されるが最も少なくなるように祈る」事をする。 最終が始まった。 クロークが出入り口が閉鎖されようとしているネガティブゾーンから唯一の出口があるへ要員をさせ、でヒーロー同士の大乱戦が始まる。 ネイモア・ザ・サブマリナーとアトランティスの軍勢がシークレットアベンジャーズに加勢し、チャンピオンズとソーのクローン、キャプテン・マーベルがアイアンマン側に助太刀。 ファンタスティックは タスクマスター ()が放ったからインビジブル・ウーマンを庇い、ハーキュリーズがソーのクローンを撃破。 ザ・シングは一般市民を戦闘の巻き添えから護る為にフランスから。 キャプテン・アメリカとアイアンマンは1対1の対決に入る。 キャプテン・アメリカがアイアンマンにとどめを刺そうとした時、隊と、が彼を取り押さえようとする。 キャプテン・アメリカは、戦闘で破壊された市街を見、「この戦いが『自分が護ろうとしていた人々』に身勝手な考えと理想を押し付けてしまっていた」という現実とそのの大きさを悟り、自らマスクを脱いで投降。 その際にシークレットアベンジャーズへ退却を命じた。 余波 [編集 ]• 合衆国はスーパーヒューマン登録法の対象者で登録を行った者たちに対してを与えた。 トニー・スターク(アイアンマン)はS. のに就任。 一方のは長官に降格させられた。 全米50州のは最終的に全てのにスーパーヒーローチームを結成した。 では第3次が招集された。 が新たなチームとして結成された。 一部のヒーローたちは法に従うより国外へすることを選んだ。 うち幾人かのヒーローたちはに潜伏し、その中には(ルーク・ケイジ、スパイダーマン、、アイアンフィスト、ドクター・ストレンジ、、エコー、)も含まれている。 ゴライアス、バンタム、タイプフェイス、スティルトマンは中に殺害された。 達はエグゼビア高等教育院(Institute for Higher Learning)で対ミュータントロボットのセンチネル軍団の付きで自由活動を許可された。 J・ジョナ・ジェイムソン JJJ はスパイダーマンことピーター・パーカーをし、行為でした。 暗黒街の顔役は、スパイダーマンと彼が愛する者たちの殺害を請け負った。 あるはスパイダーマン本人を仕損じたものの、ピーターのであるメイ・パーカーを重体に陥らせた。 その後の物語は『』へと繋がる。 ファンタスティックとインビジブルウーマンはをしばらく抜けて、関係の修復を行うこととし、ブラックパンサーとストームがF4のメンバーとなった。 ファイアスターは引退。 が現在に戻ってきた。 スピードボールの能力が劇的に変化し、彼は新たなサンダーボルツのメンバー「ペナンス」となった。 再構成されたニューウォリアーズが出現し、かつてのウォリアーズのほとんどは The Initiative Program の一部となった。 「アニヒレーション」事件で地球を離れていたが帰還し、彼が創立時から所属していたチームであるニューウォリアーズのほとんどが死に、を取るかどうかを決めてしまった事を知り、サンダーボルツと戦った。 刊行の遅れ [編集 ] マーベルは2006年8月にアーティストのとの和解の為に核となる「シビル・ウォー」の本が数ヶ月先送りになる事を発表した。 issue 4は一ヶ月遅れで9月にリリースされ、 5は2ヶ月遅れの11月にリリースされた。 さらに、さまざまなタイ-イン・ブック(ミニシリーズ「Civil War: Front Line」と他のコミックスのタイインイシューを含んでいる)は話の展開を明かさない為に数ヶ月遅らされた。 11月にマーベルはCIvil War 6の12月20日に予定していた発売の延期を発表し、2週間後の1月4日にずれこんだ。 過去の例とは違ってパニッシャー・ウォージャーナル 2だけが延期された。 最後の予定変更でCivil War 7は2週間(1月17日から31日へ)延期になり 、直後に2月21日まで更に延期になった。 製作者の視点 [編集 ] シビル・ウォー 7出版後、Newsaramaとのインタビューでマーク・ミラーはイベントを「人々が自由を安全と交換したために、星条旗を身にまとった人が鎖にしばられる物語」 と説明しており、いくばくかの政治的な寓話 が表現されている事を認めているが、本の真の焦点はスーパーヒーローたちが互いに戦い合う事であるとした。 「The Ultimates」と対比して、ミラーは「『シビル・ウォー』は自分自身どうにもならなくなったので、偶然政治がらみのものになった。 と述べている。 ミラーはまた、マーベルの当初のマーケッティングに反して両陣営が読者に取って平等に表現されていないという認識について質問を受けた。 彼は返答としてシビル・ウォーの核となる部分で「全体を通してトニーの方が良い者として描かれている」と説明したが、「タイイン(抱き合わせで売られる本)の方では彼らを少し悪魔化している。 」とも言った。 評価 [編集 ] シビルウォーがリリースされると批評家からは様々な評価を受けた。 コミックブックラウンドアップは、このシリーズに6. 5の平均評価を与えた。 は偉大なコミックブックイベントの1つに本作を挙げ 、はTop 10 Avelgers Comic You You Readのリストで本作を6位にランク付けした。 トレード・ペーパーバック [編集 ] トレード・ペーパーバック として出版されたもの。 ; Bendis, Brian Michael 2007年2月. ロード・トゥ・シビル・ウォー. Illustrated by Alex Maleev. マーベル. 0785119744. Bendis, Brian Michael 2007年2月. ニュー・アベンジャーズ Vol 5: シビル・ウォー. Illustrated by Howard Chaykin, Olivier Coipel. マーベル. 0785122427. Reed, Brian 2007年3月. ミズ・マーベル Vol 2: シビル・ウォー. Illustrated by Roberto De La Torre, Mike Wieringo. マーベル. 0785123040. Gray, Justin; Palmiotti, Jimmy 2007年4月. ヒーローズ・フォー・ハイア Vol 1: シビル・ウォー. Illustrated by Billy Tucci. マーベル. 0785123628. Millar, Mark 2007年4月. シビル・ウォー TPB. Illustrated by Steve McNiven. マーベル. 078512179X. Nicieza, Fabian 2007年4月. シビル・ウォー: サンダーボルツ. Illustrated by Tom Grummett. マーベル. 0785119477. Jenkins, Paul 2007年4月. シビル・ウォー: フロントライン, Book 1. Illustrated by Ramon F. Bachs. マーベル. 0785123121. 2007年4月. シビル・ウォー:. Illustrated by Ron Garney. マーベル. 0785122370. Hine, David 2007年4月. シビル・ウォー: X-メン. Illustrated by Yanick Paquette. マーベル. 078512313X. Fraction, Matt 2007年4月. パニッシャー・ウォージャーナル Vol 1: シビル・ウォー. Illustrated by Ariel Olivetti. マーベル. 0785127755. 2007年4月. シビル・ウォー: ファンタスティック・フォー. Illustrated by Mike McKone. マーベル. 0785122273. Wells, Zeb 2007年5月. シビル・ウォー: ヤング・アベンジャーズ and Runaways. Illustrated by Stefano Caselli. マーベル. 0785123172. Guggenheim, Marc 2007年5月. シビル・ウォー: ウルヴァリン. Illustrated by Humberto Ramos. マーベル. 0785119809. Brubaker, Ed 2007年5月. シビル・ウォー: キャプテン・アメリカ. Illustrated by Mike Perkins, Lee Weeks. マーベル. 0785127984. Aguirre-Sacasa, Roberto 2007年5月. シビル・ウォー: ピーター・パーカー, スパイダーマン. Illustrated by Clayton Crain, Angel Medina. マーベル. 0785121897. Jenkins, Paul 2007年5月. シビル・ウォー: フロントライン, Book 2. Illustrated by Ramon F. Bachs, Steve Lieber. マーベル. 0785124691. David, Peter; Nicieza, Fabian 2007年5月. シビル・ウォー: X-メン ユニバース. Illustrated by Dennis Calero, Staz Johnson. マーベル. 0785122435. Tieri, Frank 2007年5月. シビル・ウォー: ウォー・クライムス. Illustrated by Staz Johnson. マーベル. 078512652X. Hudlin, Reginald 2007年5月. ブラックパンサー: シビル・ウォー. Illustrated by Scot Eaton, Manuel Garcia, Koi Turnbull. マーベル. 0785122354. Various 2007年5月. シビル・ウォー コンパニオン. Illustrated by Various. マーベル. 0785125760. Brubaker, Dan; Slott, Dan; Jenkins, Paul; Fraction, Matt; Oeming, Michael Avon 2007年6月. シビル・ウォー: マーベル ユニバース. Illustrated by Lee Weeks, Tom Raney, Paul Smith, Leinil Francis Yu, David Aja, Phil Hester, Scott Kolins, Ty Templeton. マーベル. 0785124705. Brubaker, Ed; Knauf, Charlie; Knauf, Daniel; Hudlin, Reginald 2007年6月. シビル・ウォー: アイアンマン. Illustrated by Mike Perkins. マーベル. 0785123148. タイイン [編集 ]• 「ニューアヴェンジャーズ イルミナティ・スペシャル」 New Avengers Illuminati Special• 「ファンタスティック・フォー」536-537号 Fantastic Four 536-537• 「アメイジング・スパイダーマン」529-531号 Amazing Spider-Man 529-531• 「シビル・ウォー オープニングショット・スケッチブック」 Civil War Opening Shot Sketchbook Civil War 1 [編集 ]• 「シビル・ウォー フロントライン」1号 Civil War Frontline 1• 「シーハルク」8号 She-Hulk 8• 「ウルヴァリン」42号 Wolverine 42• 「アメイジング・スパイダーマン」532号 Amazing Spider-Man 532 Civil War 2 [編集 ]• 「サンダーボルツ」103号 Thunderbolts 103• 「シビル・ウォー フロントライン」2-3号 Civil War Frontline 2-3• 「アメイジング・スパイダーマン」533号 Amazing Spider-Man 533• 「ニューアヴェンジャーズ」21号 New Avengers 21• 「ファンタスティック・フォー」538号 Fantastic Four 538• 「ウルヴァリン」43号 Wolverine 43• 「Xファクター」8号 X-Factor 8• 「サンダーボルツ」104号 Thunderbolts 104• 「シビル・ウォー:X-メン」1-2号 Civil War: X-Men 1-2• 「Xファクター」9号 X-Factor 9• 「ニューアヴェンジャーズ」22-23号 New Avengers 22-23• 「ブラックパンサー」18号 Black Panther 18• 「ウルヴァリン」44-45号 Wolverine 44-45• 「ヤングアヴェンジャーズ&ランナウェイズ」1-2号 Young Avengers and Runaways 1-2• 「デイリービューグル・スペシャルエディション シビル・ウォー」 Daily Bugle Special Edition: Civil War• 「シビル・ウォー フロントライン」4-5号 Civil War Frontline 4-5• 「アメイジング・スパイダーマン」534号 Amazing Spider-Man 534• 「ファンタスティック・フォー」539号 Fantastic Four 539• 「ミズ・マーベル」6-7号 Ms. Marvel 6-7• 「サンダーボルツ」105号 Thunderbolts 105• 「ヒーローズ・フォー・ハイアー」1号 Heroes for Hire 1• 「シビル・ウォー ファイルズ」 Civil War Files• 「フレンドリー・ネイバーフッド・スパイダーマン」11-13号 Friendly Neighborhood Spider-Man 11-13• 「センセーショナル・スパイダーマン」28-34号 Sensational Spider-Man 28-34 Civil War 4 [編集 ]• 「ウルヴァリン」46-47号 Wolverine 46-47• 「シビル・ウォー:X-メン」3-4号 Civil War: X-Men 3-4• 「アメイジング・スパイダーマン」535号 Amazing Spider-Man 535• 「シビル・ウォー フロントライン」6-7号 Civil War Frontline 6-7• 「ヤングアヴェンジャーズ&ランナウェイズ」3-4号 Civil War Young Avengers and Runaways 3-4• 「ヒーローズ・フォー・ハイアー」2-3号 Heroes for Hire 2-3• 「キャプテン・アメリカ」22-23号 Captain America 22-23• 「ファンタスティック・フォー」540号 Fantastic Four 540• 「ミズ・マーベル」8号 Ms. Marvel 8• 「ニューアヴェンジャーズ」24-25号 New Avengers 24-25• 「シビル・ウォー チュージング・サイズ」 Civil War: Choosing Sides• 「ブラックパンサー」21号 Black Panther 21• 「アイアンマン」13号 Iron Man 13 Civil War 5 [編集 ]• 「アイアンマン」14号 Iron Man 14• 「アメイジング・スパイダーマン」536-538号 Amazing Spider-Man 536-538• 「シビル・ウォー フロントライン」8-9号 Civil War Frontline 8-9• 「ウルヴァリン」48号 Wolverine 48• 「パニッシャー ウォー・ジャーナル」1号 Punisher War Journal 1• 「ブラックパンサー」22-23号 Black Panther 22-23• 「キャプテン・アメリカ」24号 Captain America 24• 「シビル・ウォー:ウォークライム」 Civil War: War Crimes• 「アイアンマン/キャプテン・アメリカ:カジュルティーズ・オブ・ザ・ウォー」 Iron Man Captain America: Casulties of the War• 「ファンタスティック・フォー」541号 Fantastic Four 541• 「ウィンター・ソルジャー:ウィンター・キルズ」 Winter Soldier: Winter Kills• 「ムーンナイト」7-10号 Moon Knight 7-10• 「ゴーストライダー」8-11号 Ghost Rider 8-11• 「フレンドリー・ネイバーフッド・スパイダーマン」14-16号 Friendly Neighborhood Spider-Man 14-16• 「シビル・ウォー・ファイルズ」 Civil War Files Civil War 6 [編集 ]• 「シビル・ウォー・フロントライン」10号 Civil War Frontline 10• 「パニッシャー ウォー・ジャーナル」2-3号 Punisher War Journal 2-3• 「ブレイド」5号 Blade 5• 「シビル・ウォー:ザ・リターン」 Civil War: The Return• 「ブラックパンサー」24号 Black Panther 24• 「ファンタスティック・フォー」542号 Fantastic Four 542 Civil War 7 [編集 ]• 「アメイジング・スパイダーマン」538号 Amazing Spider-Man 538• 「ブラックパンサー」25号 Black Panther 25 Civil War エピローグ [編集 ]• 「シビル・ウォー フロントライン」11号 Civil War Frontline 11• 「キャプテン・アメリカ」25号 Captain America 25• 「ファンタスティック・フォー」543号 Fantastic Four 543• 「シビル・ウォー・ポスターブック」 Civil War Poster Book• 「シビル・ウォー:ザ・コンフェッション」 Civil War: The Confession• 「シビル・ウォー:ザ・イニシアティブ」 Civil War: The Initiative• 「シビル・ウォー:バトルダメージ・レポート」 Civil War: Battle Damage Report• 「マーベル・スポットライト:シビル・ウォー・アフターマス」 Marvel Spotlight Civil War Aftermath• 「マーベル・スポットライト:キャプテン・アメリカ・リメンバード」 Marvel Spotlight: Captain America Remembered 関連しているがリストに載っていないもの [編集 ]• The 2006 Eternals relaunch has the Civil War play a fairly present background in the setting with Sprite appearing in pre-registration PSAs. 3号ではアイアンマンはSersiに登録する気を起こさせた。 6号ではアイアンマンとハンク・ピムはエターナルズにもう一度登録させようと試みたが、断られた。 最終的に、Zurasはエターナルズは人類に干渉するつもりは全くなく、一連の出来事とは没交渉でいる事を説明し、アイアンマンは妥当な折衷案としてそれを認めた。 『デアデビル』87号はワンショット『シビル・ウォー: チュージングサイズ』に繋がっている。 『ニュー・X-メン』28号および『シーハルク』9号は間接的だが強く巻き込まれている。 『ブラックパンサー』19-20号( World Tour)では、ブラックパンサーが、そしてインヒューマンズとシビル・ウォーに関して議論した。 (マーケティングの間違いのため公式のタイインとしてリストに加えられていない。 格子柄の背景や、『Not part of a Marvel Comics event』という文言、がカードを掲げて『Mark Millar licks goats』と読んでいる様子を含んだ Nextwave: Agents of H. 11のカバーは Civil Warのパロディになっている。 『スパイダーマン&パワーパック』3号(2007年3月)にはMarc Sumerak作、Chris Glarrusso画の「Civil Wards」というタイトルのパロディがある。 の『』の最終巻はアイアンマンとともにワシントンに旅立つピーター・パーカーで始まっている。 2006年のミニシリーズ『ユニオンジャック』3号でもまたトニー・スタークとピーター・パーカーのワシントンへの旅が言及されている。 『インクレディブル・ハルク』100号にはMr. ファンタスティックのクローン・ソーへの関与について、12ページのバックアップストーリーが含まれている。 『アニヒレーション』( Anihilation)4号で、地球出身のヒーローであるノヴァがシビル・ウォーの事を知り、ヒーローたちが(団結してアニヒラスの脅威に立ち向かわずに)取った行動に失望した。 日本語版 [編集 ] より発売。 シビル・ウォー(2011年9月28日発売) ISBN 978-4-86332-343-8 訳出されたのは本編に相当するCIVIL WARの 1- 7のみであり、大まかな事件の流れは追うことができるが、個々のヒーローの内的葛藤はほとんど描かれていない。 ニューアベンジャーズ:シビル・ウォー(2012年10月20日発売)ISBN 978-4-86491-014-9 NEW AVENGERS 20- 25、及びシビル・ウォーには無関係の『ニューアベンジャーズ』アニュアル 1を収録。 以下は、書店流通では販売されずヴィレッジブックスウェブショップの7冊セット予約通販とAmazonの限定数販売のみ。 そのためISBNコードは存在しない。 後に2016年6月に映画公開に合わせて一般発売された。 ロード・トゥ・シビル・ウォー(2013年3月末) New Avengers: Illuminati、Amazing Spider-Man 529-531、Fantastic Four 536-537• アメイジング・スパイダーマン:シビル・ウォー(2013年4月末) Amazing Spider-Man 532-538• キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー(2013年5月末) Captain America 22-24、the Winter Soldier: Winter Kills• ウルヴァリン:シビル・ウォー(2013年7月末) Wolverline 42-48• 、 - 本作の後日談。 - 2016年の映画作品。 キャプテン・アメリカの映画シリーズ第3作で、『シビル・ウォー』のストーリーを基にしている。 - 2016年に出版された『シビル・ウォー』の続編。 脚注 [編集 ]• プレスリリース , Marvel Comics, D2005-12-28 ,• 2007年3月20日閲覧。 Civil War 1• New Avengers 22• Civil War 4• Amazing Spider-Man 535• Civil War 5• Civil War 6• 2007年3月20日閲覧。 2007年3月20日閲覧。 2007年3月20日閲覧。 IGN. IGN. 2018年10月31日閲覧。 2007年4月27日閲覧。 外部リンク [編集 ]• Newsarama Coverage•

次の

キャプテンアメリカ・シビルウォーのラストのネタバレと意味

シビル ウォー 意味

1、ブラックパンサー 最初のシーンは片腕を失ったバッキーがマインドコントロールを恐れて、自らステイシス 人工冬眠マシーン に入るというもの。 それを心配そうに見つめるスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)。 バッキーの身柄を確保しているのはアフリカの架空の国ワカンダで、ここでティ・チャラ(ブラック・パンサー)が登場します。 周りはジャングルに囲まれ、ワカンダの象徴であるパンサーの像がそびえ立っているのがその証拠です。 ワカンダといえば最もテクノロジーが進んで国の一つとして知られる国ですが、ここでも豊かな自然と革新的なハイテク技術を兼ね備えた国として描かれています。 スティーブ・ロジャースはティ・チャラに対し、「彼らがバッキーを探しに来るだろう」と警告しますが、ティ・チャラは「来るなら来るがいいさ」といった様子で、ワカンダを舞台に戦いが始まろうとしていることを予測しています。 このシーンが意味するのは、「ブラックパンサー」のソロ映画が近々公開されること、そしておそらくそこにバッキーも登場することです。 2、スパイダーマン もう一つのおまけシーンは、スパイダーマンことピーター・パーカーがニューヨークの自分の部屋にいる場面です。 激しい戦いを終えた後、彼は軽い怪我を負っています。 ピーター・パーカーはひょんなことからレーザー光線を放つ機能をオンにしてしまい、腕から赤い光が飛び出してしまいます。 そこに叔母さんが氷を持って心配そうに部屋に入ってきますが、ピーター・パーカーは必死でレーザーを隠し、叔母さんに部屋のドアを閉めるように促します。 赤いレーザーが天井に照らし出したのはスパイダーマンのデジタル映像。 そしてスクリーンにこんなフレーズが表示されます。 「Spider-Man will return スパイダーマンは帰ってくる」。 実はこのレーザー光線は映画では初登場ですが、コミックでは「スパイダーシグナル」として度々登場している機能です。 ちなみにコミックではベルトにこの機能が搭載されているのに対し、映画では手首からレーザーが出るといった違いがあります。 まとめ さらに広がりを見せるマーベルのシネマティック・ユニバース。 特にアフリカのヒーロー、ティ・チャラことブラックパンサーは映画では馴染みながなく、まだ謎に包まれている部分が多いので、ソロ映画に大きな注目が集まりそうです。 映画「ブラックパンサー」は2018年7月に公開が予定されています。 >> 関連記事 「」 「」 「」 「」 「」.

次の

【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】ネタバレ結末まとめ!あらすじ・登場人物まで徹底解説!

シビル ウォー 意味

このページは「 」との間で記事内容の がされています。 議論は「」を参照してください。 「」のヒーローである『』の実写映画化作品で、2011年の『』と、2014年の『』の続編となるシリーズ第3作である。 また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のとして扱う『』シリーズとしては第13作品目の映画となる。 本作のストーリーはとによるコミックシリーズ『』を原作としており、2015年公開の映画『』での戦いから約1年後を舞台に物語が展開される。 あらすじ [ ] から約1年後、の残党ブロック・ラムロウのテロ計画を阻止するため、スティーブ・ロジャース率いるアベンジャーズがの都市に出撃する。 計画を阻止されたラムロウはスティーブを道連れに自爆を図るが、それを阻止しようとしたワンダの行動により一般市民に犠牲者が出てしまう。 アベンジャーズはこの件で違反のではないかと国際社会から批判を浴びる。 同じ頃、トニー・スタークもソコヴィアで犠牲となった青年の母親から叱責され、ウルトロンの一件を猛省する。 アベンジャーズをの管理下に置くことを規定とする「ソコヴィア協定」が、世界各国の支持を得る。 米国務長官サディアス・ロスは行方不明になっているソーとブルース・バナーを除くアベンジャーズのメンバーに協定への署名を求め、トニーとジェームズ・"ローディ"・ローズ、、ナターシャはこれに賛同するが、スティーブは「自分で判断する権利と責任が奪われる」という主張から署名を拒否し、サムとワンダはそれに同調する。 そんなとき、かつての恋人であったペギー・カーターの訃報を聞いたスティーブは彼女の葬儀に出席し、そこで再会したエージェント13がペギーの姪シャロンであることを知る。 で行われたソコヴィア協定の署名式で爆破テロが発生し、演説中だった王国国王ティ・チャカが死亡する。 監視カメラの映像からバッキー・バーンズが犯人として国際指名手配を受け、ワカンダの王子ティ・チャラは彼へ復讐を誓う。 スティーブとサムは単独でに潜伏中のバッキーに接触するが、間もなくして隠れ家が警察特殊部隊に急襲され、スーツを着たティ・チャラも現れ戦闘になる。 そこにローディがウォーマシンで飛来し、バッキーを含む4人を逮捕する。 トニーは4人が収容された対テロ共同対策本部を訪れ、ソコヴィア協定に署名するようスティーブを再度説得するも拒否される。 同じ頃、精神鑑定医を装い施設に潜入したヘルムート・ジモがバッキーと接見し、彼を再び洗脳状態に戻す。 ウィンター・ソルジャーと化したバッキーは逃走を図るが、スティーブとともに川に落下し行方不明、騒動に乗じてサムも脱走する。 サディアスはトニーに、スティーブたちの身柄を確保するよう最後通告する。 トニーはで動画サイトに上がっていた映像から、ピーター・パーカーを仲間に引き入れる。 洗脳から覚めたバッキーは、自分以外にもウィンター・ソルジャーが存在し、現在もの施設に冷凍保存されていることを明かす。 3人は、ジモの狙いが残りのウィンターソルジャーを復活させ更なるテロ攻撃を行うことだと推理する。 シャロンの手引きで装備を取り戻した3人は、クリント・バートン、ワンダ、そしてスコット・ラングを仲間に引き入れ航空機を奪ってシベリアに飛ぶ計画を立てる。 スティーブらの動きを察知したトニーは空港を封鎖し、ナターシャらを従え空港で彼らを待ち受ける。 スティーブはジモの計画の件を話すがトニーは聞く耳を持たず、遂に両陣営は総力で激突する。 激戦の中、ナターシャがスティーブ側に寝返り、スティーブとバッキーは離陸に成功する。 スティーブに協力した者たちは逮捕され、ラフト刑務所に収監される。 トニーは独自の捜査で真犯人がジモだったことを突き止め、単独でシベリアに向かい、それを察知したティ・チャラもトニーを追う。 シベリアの施設でスティーブ、バッキーとトニーは一時休戦し、共にジモを捕らえるため施設内を捜索するが、冷凍保存されていたウィンター・ソルジャーらはジモによって既に全員殺害されていた。 ジモはさらに、かつてトニーの両親を殺害した犯人がバッキーであったことを明かす映像を放送する。 激昂したトニーはバッキーを攻撃しようとするがスティーブがそれを阻止し、乱戦が開始される。 その隙に施設の外に出たジモの前にティ・チャラが現れる。 ジモもまたソコヴィアで家族を失いアベンジャーズへの復讐を誓った男だったことを知ったティ・チャラは、彼を殺害せずに逮捕する。 スティーブは敗北寸前まで追い詰められるも、バッキーの助けが起点となりトニーのリアクターをシールドで破壊することで戦いに勝利した。 トニーは「父の作ったシールドをお前が持つ資格はない」と叫ぶ。 スティーブはシールドを置き、左腕を失ったバッキーとともにティ・チャラの手引きを受けワカンダへ渡る。 バッキーは自身の洗脳を解く方法が見つかるまで冷凍睡眠へ戻ることを自ら選択する。 戦いの中で犠牲者を出すことへの責任やソコヴィア協定の賛否問題とペギーの訃報などに不安定な心境となりながらも、親友のバッキーがテロの嫌疑をかけられたため、彼の無実を証明するために奔走する。 詳細は「」を参照 () 演 - 、日本語吹替 - ピーター・パーカーの叔母。 実の親子同然に彼とクイーンズで長年暮らしているが、ピーターがスパイダーマンとして自警活動してることは知らない。 奨学金給付の話のためと称して訪問してきたトニーを興奮しながら迎え入れ、エンドロール後には、怪我をして帰って来たピーターに事情を知らず「強くなったわね」と声をかける。 () 演 - ()、日本語吹替 - ワカンダの国王で、ティ・チャラの父。 一国の主らしく誠実な人物で、ラゴスの惨事を受けてアベンジャーズを辛辣に批判したが、ウィーンでのソコヴィア協定の署名式では、協定に賛成の立場で参加したナターシャと快く挨拶を交わした。 だがその後、演説を行っている際中に爆破テロに遭い、息子に抱かれて絶命。 彼が右手薬指にはめていた指輪は、ティ・チャラに託される。 ハワード・スターク 演 - 、日本語吹替 - トニーの実父であり、スターク・インダストリーズの創始者にして、S. 創設者兼幹部の一人。 本作の時点では故人。 以前、彼の死にヒドラが関与していることがゾラによって示唆されていたが、本作においてバッキーの襲撃を受けて撲殺されたことが明示された。 マリア・スターク 演 - 、日本語吹替 - ハワードの妻で、トニーの母。 本作の時点では故人。 本作で、夫が殺された直後に、彼女も絞殺されていたことが判明した。 ミリアム・シャープ 演 - の人事部門に勤務する女性。 自慢の息子がソコヴィアでの戦闘に巻き込まれて死亡したことからアベンジャーズを憎み、トニーを糾弾する。 この時のやりとりもトニーが協定に賛成する一因となった。 ヴァシリー・カルポフ 演 - ジーン・ファーバー、日本語吹替 - 元ロシア軍大佐である、ヒドラの一員。 現代ではクリーヴランドの自宅に潜伏していたが、秘匿していたヒドラの機密を記したノートを狙うジモによって捕縛・拷問され、ノートを奪われて水死する。 の項を参照。 配送員 演 - 、日本語吹替 - の老配送員。 物語のラストで、アベンジャーズ本部基地を訪ね、トニーの名を「トニー・スタンク」 と呼び間違えながらスティーブからの小包を手渡す。 () 演 - 、日本語吹替 - S. インサイト計画の際にヘリキャリアの墜落に巻き込まれたが、全身に大火傷を負いながらも生存していた。 それにより神経の大部分を損傷し、痛みを感じない身体となり 、消息不明となった。 現在は武器商人兼傭兵として活動しており 、スティーブを激しく憎悪し、彼の抹殺に執念を燃やす。 アベンジャーズと交戦し、スティーブを道連れにしようと自爆を敢行し死亡。 スティーブは事なきを得たが多くの人的被害が発生し、ソコヴィア協定及び協定への調印などを巡るアベンジャーズの内部分裂の発端となる。 エヴェレット・ロス 演 - 、日本語吹替 - 対テロ共同対策本部の副司令官で、シャロンの上司。 爆破テロ事件の容疑者となったバッキーに対する捕獲作戦指揮を執り、捜査妨害を行ったスティーブとサムをバッキーと共に逮捕するも、ジモの策略に振り回されてしまう。 詳細は「」を参照 () 演 - 、日本語吹替 - かつてアメリカ陸軍将軍時代に、 の力を軍事利用しようとしたアメリカ国務長官。 アベンジャーズに属するヒーローたちのような超人を露骨に毛嫌いし、彼らを合法的に圧制する術を模索している節もあり、ソコヴィア協定による超人たちの管理を強く求めている。 事後は、戦犯としてスティーブたちを国際指名手配犯にするが、スティーブがラフト刑務所に侵入したときにトニーに連絡を取ったものの、トニーに無視されてしまう。 かつては家族思いの善人だったが、1年前にウルトロンが引き起こしたソコヴィアの戦いで家族が被害に遭い、アベンジャーズを逆恨みして復讐を決意する。 当人は超人に匹敵する特殊能力もヒドラのような組織力も持たないが、特殊暗殺部隊に所属していた経験から高い実力を備えている。 目的達成のために複数の人物を手にかける非情さを秘めているが、ティ・チャカを爆破テロに巻き込んで死なせてしまった事実に罪悪感を抱える一面もある。 アベンジャーズに直接対決を挑んでも勝つことはできないと判断し、彼らを同士討ちさせて内部崩壊させる計画を立案。 バッキーに変装して爆破テロを起こし、さらに精神科医になりすましてバッキーを暴れさせるなど各地での行動を次々と成功させ、これが切っ掛けでアベンジャーズは分裂してしまう。 その後に向かったシベリアにあるヒドラの基地では、スターク夫妻暗殺時の映像を見せてスティーブとトニーを対決させたが、ティ・チャラに彼の父を死なせたことを謝罪し、今回の一件のけじめとして拳銃自殺しようとしたところをティ・チャラに阻止・逮捕される。 物語のラストでエヴェレットの監視下に置かれることとなる。 詳細は「」を参照 にある国連の事務所。 ソコヴィア協定の制定時に、ここで署名式が催されたが、ジモの陰謀で爆破テロが発生し、多数の犠牲者が出る。 に位置する。 スティーブたちはここからジモの後を追おうとしたが、トニーに妨害された。 その結果、ヒーローたちの激しい大乱闘の舞台となり、空港内の設備や車両・旅客機などが多数破壊され、大きな被害が出る。 [ ] S. 壊滅と同時に行方を晦ましたバッキーが一般市民に紛れて暮らしていた都市。 後にウィーンでのテロ実行の嫌疑がバッキーにかかった際に、スティーブ、サム、ティ・チャラ、GSG-9がバッキーの捕縛を巡り、市内で激しい追跡戦を繰り広げる。 [ ] シベリア基地 の雪原に構えられた、ヒドラの秘密地下施設。 施設自体は3階建のビルで、生物兵器を保管していたが、ラムロウ率いる武装集団の襲撃を受け、アベンジャーズとの戦場となり、その最中に生物兵器はラムロウに奪取されてしまう。 ワカンダ [ ] アフリカに位置する、ティ・チャラやティ・チャカの母国。 物語の後半で、ここにサム、クリント、ワンダ、スコットが収監される。 製作 [ ] 企画 [ ] 3月、ルッソ兄弟はキャプテン・アメリカの実写映画化第2作『ウィンター・ソルジャー』より引き続き、クリス・エヴァンス主演、ケヴィン・ファイギ製作、クリストファー・マルクスおよびスティーヴン・マクフィーリーによる脚本のもと本作の監督を務めることを明らかにした。 マルクスとマクフィーリーは2013年の後半以来、兄弟が2014年2月に映画の製作を始めたのと同時に脚本の執筆にとりかかっており 、ルッソ兄弟の監督としての再起用は、『ウィンター・ソルジャー』の本上映より3か月前に行われた試写会の後、マーベルより決定が下されていた。 2014年4月、ジョー・ルッソはインタビューで『ウィンター・ソルジャー』からのストーリーの続きについて「この映画 『ウィンター・ソルジャー』 のいいところは、2つのパートに分かれていることだ。 ウィンター・ソルジャーの旅はまだ終わったわけではない。 次回作は必然的に、その旅の終わりについて描いたものになるだろうね」と述べた。 またマーベルは、本作のアメリカでの公開日を2016年5月6日と発表。 前作で撮影監督を務めたトレント・オパロックも引き続き本作に携わることを発表している。 2014年7月、マルクスとマクフィーリーは2015年4月に本撮影を開始する予定に合わせ脚本の草稿を執筆している途中であることを明かし 、同年8月には本作品を、「『ファースト・アベンジャー』と『ウィンター・ソルジャー』が混ざり合ったもの」にするつもりだと述べた。 ルッソ兄弟も本作品を"サイコ"と位置付けており、『』や『』、『』といった作品に加え、やの映画から影響を受けたと述べている。 プリプロダクション [ ] 2014年10月、ロバート・ダウニー・Jr. が本作でトニー・スタークを演じるための最終交渉に入り、本作の元となった漫画『シビル・ウォー』のストーリーラインに合わせるべくキャストに加えられた。 同月末、セバスチャン・スタンが前作に引き続きバッキー・バーンズ役で出演することが明らかとなり 、本作の正式な題名が Captain America: Civil Warに決定された。 また、チャドウィック・ボーズマンがブラック・パンサーに扮するキャラクター・ティチャラとして出演することが発表された。 プロデューサーのファイギは本作品を、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)におけるフェーズ3の最初の映画であると位置づけた。 2014年11月、アンソニー・マッキーとフランク・グリロが前作に引き続き、それぞれサム・ウィルソン、ブラック・ラムロウとして出演することとなり、ダニエル・ブリュールが新たにキャストとして加えられた。 加えて、同月24日に発生したにより流出したメールの中に、マーベルが本作品にスパイダーマン(ソニー・ピクチャーズが映画化権を保有している)を登場させる要望が記されたメールがあったことが明らかとなった。 この交渉は当初決裂したものと思われていたが、2015年2月に両社がMCUの映画においてスパイダーマンのキャラクターを使用するライセンス契約を結んだことにより、スパイダーマンが本作品に登場することが決定された。 ルッソ兄弟はこれに関し、本作品にスパイダーマンを登場させるために数か月間ロビー活動をしていたことを明かした。 2015年1月にはスカーレット・ヨハンソンが前作に引き続きナターシャ・ロマノフ役を演じることが明かされ 、『ウィンター・ソルジャー』で編集を務めたジェフリー・フォードも本作に携わる契約に署名した。 2015年3月、ジェレミー・レナーが再びクリント・バートン役で出演することが決まった。 4月には本作が変換で製作されること 、そしてブリュールがヘルムート・ジモ役を演じることが明らかとなった。 加えて、のバックヘッド 、ミッドタウン 、ダウンタウン の3地区とノークロス市() 、およびの北米本社(劇中ではアベンジャーズの本部ビルとして使用されている) にてが行われた他、・・にて追加のロケーション撮影が行われた。 また、本作ではとの提携によるデジタル2Dカメラが、ドイツのでの約15分にも及ぶ戦闘シーンの撮影で使用されている。 5月上旬、マーベルはマーティン・フリーマンが詳細不明の役で出演することを発表した。 余談として、『キャプテン・アメリカ』映画シリーズ前2作や『アベンジャーズ』前2作に出演していた役のはのインタビューで、本作での彼の出番がないことをルッソ兄弟から知らされ「驚いた」と語っている。 製作総指揮のネイト・ムーアはフューリーの不在について、「彼(フューリー)は『シビル・ウォー』のストーリーには一切関与していない」からだと述べた。 2015年5月30日、ルッソ兄弟はファイギともう一人のプロデューサーであると共に、スパイダーマンに扮するピーター・パーカーの役を演じる俳優を決めるスクリーンテストをアトランタで行った。 ルッソ兄弟らは1500人の中からオーディションで選ばれた最終候補者の6人にロバート・ダウニー・Jrを相手役とした演技テストを行い、最終オーディションではクリス・エヴァンスを相手役とした演技テストを行った。 その結果、19歳の新人であるイギリスの俳優トム・ホランドがピーター・パーカー役に選ばれた。 ジョー・ルッソは「僕らは配役に関してかなり主張した」と述べており、ダンスと新体操で培われたホランドの身体性を高く評価していた。 また、ルッソ兄弟は「過去の『スパイダーマン』実写作品で演じられていた時と区別する」ために、ピーター・パーカーの年齢をホランドの実年齢に合わせて若く設定している。 マーベルは当初、契約の守秘義務によりこのことを公表していなかったが、2015年7月に脚本家の ()がホランドの出演を明らかにした。 6月下旬には撮影の半分が終了し 、8月上旬に残りの撮影がドイツで行われた (ロケの撮影地には上記のライプツィヒ・ハレ空港に加え、の が含まれている)。 8月22日には全ての撮影が終了した。 脚本担当のマルクスはこの理由について、原作コミックにはハルクが登場していないことと、早い段階でハルクを出すと戦いがすぐに終わってしまうからだと述べた。 また、マルクスはインタビューで「どのキャラクターを出すかは、どんな戦いをさせたいかによるからね」と述べている。 11月、ジョー・ルッソは本作のテーマを"裏切り"とし、「とてもエモーショナルな作品」だと称した。 2016年1月にはいくつかの撮り直しが行われた。 2月22日にはマーティン・フリーマンが登場するスチール写真が公開され、エヴェレット・ロス役を演じることが発表された。 また、『アイアンマン』実写3部作にペッパー・ポッツ役で出演していたグウィネス・パルトロウも本作に続投で出演することが明らかになった。 3月16日、ルッソ兄弟は本作の完成まであと1週間半かかることと合わせて 、本編終了後のポストクレジット・シーン(おまけ映像)を2つか3つ加える予定だと明かした。 公開 [ ] 2016年4月22日に本作品のワールドプレミアがにて行われ 、27日に世界中で先行上映された (日本では2016年4月29日より上映 )。 アメリカでは5月6日にIMAXで上映される。 日本でのマーケティング [ ] 一般の公開は全米よりも早い4月29日であり、このような措置が取られたのは『アイアンマン3』以来である。 日本でのキャッチコピーは「 友情が、友情を引き裂く-」「 "禁断の戦い"が始まる」となっている。 ジャパンプレミアは、の影響によりレッドカーペットは中止となったが、試写会は開催され、ゲストとしてファルコンの吹き替えを担当した溝端淳平が登壇した。 2016年4月6日に本作と漫画誌『』()のコラボレーション企画として、同誌に連載されている『』、『』、『』の描き下ろしビジュアルが公開された。 このビジュアルでは、アベンジャーズが2つの陣営に分かれ互いに戦うという本作の内容を基に、それぞれの作品に登場するキャラクターたちが2つの陣営に分かれて向き合う様が描かれている。 このビジュアルを使用したポストカード(3作品のうち1つ)と2種類の本作のポスターカードがセットになった3枚組スペシャルポストカードセットが70万セット限定で用意された。 他のMCU作品とのタイ・イン [ ]• 今作は『』『』『』の出来事が問題として取り上げられている。 とヒドラの情報をネット上に流出させたことが遠因であると、作中でジモ本人に語られている。 『』に登場するスターク・インダストリーズ社製の音波砲の小型版が、ウォーマシンMk-3の搭載兵器として登場する。 アイアンマン陣営のメンバーであるブラックパンサーとスパイダーマンは、単独映画より先駆けて登場している。 また、スタッフロール中盤と終了後に流れる2つのおまけ映像は、フェイズ3において、との単独映画が控えていることを示唆している。 キャプテン・アメリカ陣営のメンバーであるホークアイとアントマンのその後については、『』の1シーンにて、ナターシャとスティーブによって語られた。 今後の展開 [ ] プロデューサーのファイギによれば、本作品は『キャプテン・アメリカ』実写3部作の完結作であるとされている。 同時に、クリス・エヴァンスがマーベルと出演契約を交わした映画の中では最後の『キャプテン・アメリカ』実写作品であり 、エヴァンスは2015年9月に、アベンジャーズ実写映画の次回作である『』以降の出演まで契約を延長することを受け入れたとコメントした。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2016年4月18日. 2016年5月15日時点のよりアーカイブ。 2016年4月18日閲覧。 McMillian, Graeme 2016年3月9日. 2016年3月9日時点のよりアーカイブ。 2016年3月9日閲覧。 2016年6月13日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 Comicbook. com 2016年1月8日. 2016年2月19日閲覧。 2016年4月3日閲覧。 2016年4月3日閲覧。 2016年4月3日閲覧。 溝端淳平 オフィシャルウェブサイト. 2016年3月31日閲覧。 2016年4月3日閲覧。 Twitter. 2016年4月29日閲覧。 ぴあ映画生活. 2016年4月22日閲覧。 『映画秘宝』2016年6月号 11頁。 142• , p. , p. , p. 2014年1月28日. 2016年2月26日閲覧。 Collider 2014年3月11日. 2016年2月26日閲覧。 Collider 2014年8月27日. 2016年2月26日閲覧。 2014年8月27日. 2016年2月26日閲覧。 2014年4月2日. 2016年3月5日閲覧。 Marvel. com 2014年4月7日. 2016年3月5日閲覧。 The Province 2014年4月14日. 2016年3月5日閲覧。 IGN 2014年7月25日. 2016年3月19日閲覧。 2016年3月19日閲覧。 Fandango 2016年3月4日. 2016年3月19日閲覧。 Collider 2016年3月7日. 2016年3月19日閲覧。 Variety 2014年10月13日. 2016年3月19日閲覧。 Deadline 2014年10月24日. 2016年3月19日閲覧。 Marvel. com 2014年10月28日. 2016年3月19日閲覧。 Newsarama 2014年10月28日. 2016年3月19日閲覧。 Marvel. com 2014年10月28日. 2016年3月19日閲覧。 2016年3月19日閲覧。 Deadline 2014年11月14日. 2016年3月19日閲覧。 Entertainment Weekly 2014年11月24日. 2016年3月19日閲覧。 2014年12月9日. 2016年3月19日閲覧。 Marvel. com 2015年2月9日. 2016年3月19日閲覧。 The Wall Street Journal 2015年2月10日. 2016年3月19日閲覧。 2015年2月15日. 2016年3月19日閲覧。 Collider 2016年1月14日. 2016年3月19日閲覧。 Newsarama 2015年1月15日. 2016年3月19日閲覧。 Variety 2015年1月30日. 2016年3月19日閲覧。 The Hollywood Reporter 2015年3月6日. 2016年3月19日閲覧。 Variety 2015年4月13日. 2016年3月19日閲覧。 ComingSoon. net 2015年10月20日. 2016年3月19日閲覧。 Ciatr. 2016年2月1日. 2016年3月19日閲覧。 Online 2015年4月23日. 2016年3月19日閲覧。 Variety 2015年4月13日. 2016年3月28日閲覧。 Comic Book Resources 2015年4月27日. 2016年3月28日閲覧。 The Atlanta Journal-Constitution 2015年3月13日. 2016年3月28日閲覧。 Atlanta Business Chronicle 2015年4月29日. 2016年3月28日閲覧。 The Atlanta Journal-Constitution 2015年5月11日. 2016年3月28日閲覧。 The Atlanta Journal-Constitution 2015年5月15日. 2016年3月28日閲覧。 The Atlanta Journal-Constitution 2015年5月16日. 2016年3月28日閲覧。 USA Today 2016年3月8日. 2016年3月28日閲覧。 Marvel. com 2015年5月7日. 2016年2月20日閲覧。 com 2015年5月11日. 2016年3月29日閲覧。 2016年3月29日閲覧。 Marvel. com 2015年5月5日. 2016年3月29日閲覧。 Deadline 2015年5月6日. 2016年3月29日閲覧。 IGN 2015年6月3日. 2016年3月29日閲覧。 The Hollywood Reporter 2015年6月23日. 2016年3月29日閲覧。 com 2015年6月24日. 2016年3月29日閲覧。 Entertainment Weekly 2015年12月3日. 2016年3月29日閲覧。 Vulture 2015年6月24日. 2016年3月29日閲覧。 Ciatr 2015年12月23日. 2016年2月20日閲覧。 Collider 2015年6月30日. 2016年3月29日閲覧。 Bild 2015年8月3日. 2016年3月29日閲覧。 2015年8月9日. 2016年3月29日閲覧。 Entertainment Weekly 2015年8月22日. 2016年3月29日閲覧。 SuperHeroHype 2015年9月3日. 2016年3月29日閲覧。 2015年11月25日. 2016年3月29日閲覧。 Birth. Movies. Death. 2016年1月29日. 2016年3月29日閲覧。 Empire 2016年2月22日. 2016年3月29日閲覧。 ビーグル・ザ・ムービー 2016年2月23日. 2016年2月26日閲覧。 TheWrap 2016年2月22日. 2016年3月29日閲覧。 com 2016年2月25日. 2016年2月26日閲覧。 Digital Spy 2016年3月16日. 2016年3月29日閲覧。 2016年3月16日. 2016年3月29日閲覧。 USA Today 2016年3月13日. 2016年3月29日閲覧。 Forbes 2016年3月10日. 2016年3月29日閲覧。 Disney. jp 2015年12月10日. 2016年3月29日閲覧。 2016年3月29日閲覧。 2016年4月6日閲覧。 シネマカフェ 2016年4月6日. 2016年4月6日閲覧。 MTV News 2015年9月30日. 2016年3月29日閲覧。 Collider 2015年4月14日. 2016年3月29日閲覧。 Collider 2015年9月4日. 2016年3月29日閲覧。 参考文献 [ ]• 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』、2019年。 『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 てれびくんデラックス愛蔵版 』、2019年。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語).

次の