50 歳 から の 人生。 50歳からの人生の断捨離。気持ちをラクにするために。|50代派遣社員の猫に癒される毎日

50歳からの生き方で女性は変わる!人生をより楽しむ為に

50 歳 から の 人生

物を捨てることは人生の棚卸しをすること 私は若いときから、シンプルライフを目指してきましたが、50歳になったその時、さらに小さな暮らしを追求することを決心しました。 物をどんどん捨て始めました。 断捨離したら、いろいろなことがうまく回り始めたように思います。 物を捨てることは、自分の人生の棚卸しをすることにほかなりません。 もし、今後自分が向かいたい方向に必要のないものを発見したら、それはさっさと捨てるべきなのです。 そうしないと、足かせになります。 家の中にあるものを新陳代謝させないと、身体も心も物に捉えられ身動きできなくなります。 これは物を捨ててみないとわからないかもしれません。 ちょっと捨ててみると、必ず気持ちが軽くなります。 捨てて気持ちが軽くなるということは、それまでその物はずっと自分を重く、ひっぱっていたのです。 50歳の人はそれはそれはたくさんの物を持っている 人が物をためこみ始めるのは、自分の給料を得ることができるようになってから。 学校を卒業した20代のはじめぐらいからですね。 20代は、いろいろな物を集める時期です。 物理的な物だけでなく、つきあいも増えるし、いろいろなところに行って新しい経験もたくさんするでしょう。 結婚して、子供をもうけたり、人によっては土地や家も手に入れるでしょう。 50歳は20歳から30年後。 この間、何も捨てていないとしたら、30年間、物をため続けてきた、ということになります。 村川協子さんは、ご主人が定年を迎えたとき、こんなふうに感じていたそうです。 それまでの生活は、子供に関する出費、家電製品や家具、車など、次から次への購入する必要があるものが出てきて、わが家のようなあまり流行を追わない堅実だと思っている家庭でも、絶えず買い揃えることに追われていたように思います。 ふつうの主婦なら、その何倍も物を買ってためこんでいるのではないでしょうか? 物がたくさんあっても、家にあるのが当然だと思い、特に深く考えず、散らかるたびに片付けてきたのではないでしょうか? ですが、50歳になったら、ちょっと自分の人生を見直す必要があります。 これまで単なる習慣で、収納してきた物が、今後の人生に本当に必要なのか、考えてみるべきなのです。 50歳は変化のとき 個人差はありますが、ライフサイクルを考えると50代は、暮しにさまざまな変化が振りかかるときです。 これまでのように、「明日も今日の続きで、何ごともなく過ぎるだろう」と思っているわけにはいきません。 こうした変化がどんどん襲いかかってきます。 このような変化に対応するためにはどうしたらいいと思いますか? まず、今は、変化のときだと知ることが大切です。 そして、これから自分はどんなふうに生きていきたいのか、少し考えなければなりません。 そうしないと目の前のことを場当たり的に処理することになり、気づくと、あの世へ行く日がやってきた、なんてことになります。 今後はどんなふうに暮らしたいのか、ちょっと考えて、その未来にふさわしくない物はどんどん捨てるべきです。 私が50歳になったとき、今後はシンプルライフで行くことに決めました。 自分の人生のあらゆる側面をシンプルにしたいと思いました。 物はもちろんのこと、食べる物や、住む家、化粧(もともとろくにしていませんが)や美容、健康、家事など全部シンプルにできたら、楽でいいだろうなあと思ったのです。 これから引っ越すことがあっても、自分の手で持てないものは持ちたくない、と思いました。 重いのはもうこりごりです。 そして、断捨離を続けていくうちに、 ミニマリストになることにしました。 これからどう生きていくべきか? 50歳になったら捨てたい4つのガラクタ たいていの人は50歳になったら、たくさん捨てるものがあるはずです。 子供が巣立つのですから、これからはそんなにたくさんの物はいりません。 いつも書いていますが、物を持ちすぎていると管理に時間や体力をとられるので、残りの人生でやりたいことを楽しむ余裕ができないのです。 50歳からは縮小です。 そうしないと、先に進むことができません。 もう自分の人生には関係のない物は捨てる時が来ています。 ガラクタにはいろんな種類がありますが、特にこんなガラクタを私は捨てています。 物そのものを断捨離する もう何年も開けていない箱はないでしょうか?そういうのはこれから自分が生きたい人生に必要ありません。 もう着ない服、つけないアクセサリー、昔の仕事で使った資料や名刺、今は読むことのない本。 どんどん捨てました。 やらなければいけないことを手放す 人にはいろいろやらなくてはいけないことがあります。 50歳ごろは多くの社会的責任を担っている人も多いですね。 お気楽な専業主婦の私は、役員会とか委員会といったものはずっと無縁でした。 しかし、家事を減らしました。 もともとそんなに熱心に家事をするほうではありませんでしたが、「しなくてもいい」家事を見つけてやらないようにしました。 習慣を捨てる もっと楽に生きるために、いろいろな習慣を捨てている途中です。 私は先延ばしする習慣がありましたが、これはかなり捨てられたと思います。 また、昔はどちらかというと完璧主義でしたが、これはきっちり捨てました。 「だいたいできてればいいや」と考えるようになりました。 若いときは、仕事をがんばりたい、と思う人が多いでしょう。 だからワーカホリックになって、ばりばり働く傾向があります。 私も、20代のときは、仕事がいっぱいあると、残業はいやだったので、自分が朝の掃除当番(そういうのがありました)だったときは、電車の始発にのって、掃除をしてから仕事をしていたことがあります。 しかし50歳になったら、もう「何をするか」はそんなに大切ではありません。 それより「自分は人としてどうありたいか」のほうが重要です。 この年頃は、「何をするか」より、「 何をやらないか」のほうが大事なのではないでしょうか? 4. 人間関係も切る ネガティブなことばかり言う人、いつも不平不満ばかり言っている人、人の悪口ばかり言う人、自分のことばかり話して、人に対する心遣いのない人。 こういう人と一緒にいると限りなくエネルギーを奪われます。 ある意味、物理的なガラクタより悪質です。 こういう人間関係は整理したほうがいいです。 人に親切にするのは大事なことですが、自分の気持ちに正直になることも必要です。 もう残り時間は少ないのですから。 人間関係を断捨離するのは難しいので、ばさっと切ることはできないかもしれません。 ですが建設的でない人間関係に費やす時間を減らすことはできます。 しかし、そのわりには、気持ちは若く、26歳ぐらいから何ら変わっていません。 なんだかずっとこのまま元気で、暮していけそうな気もします。 しかし、どんな人も年老いていきます。 人生は永遠に続くわけではありません。 残りの人生を実り多いものにするためには、50歳をさかいに物を捨てて、これからの道を模索するべきなのです。

次の

50歳からの生き方を考えよう!後悔のない人生を送るために

50 歳 から の 人生

今後30年に及ぶ人生を充実した人生にするには、50代の今からセカンドライフを見据えたライフプランをたてたほうがいいでしょう。 ライフプランと言ってもどのようなことを考えればいいのか? 私なりに考えてみました。 Sponsored Link 1. 50歳からの生き方 50歳というと定年までは今の仕事をして制約がありますが、定年後の生き方はかなり自由度が広がるでしょう。 そのまま仕事を続ける選択もありますし、なにか起業にチャレンジする事もできます。 また、仕事ではなく旅行や家庭菜園、スポーツなどの趣味や大学やカルチャースクールで新しいことを学んだり、夢だった海外移住や田舎暮らしも実現できるかもわかりません。 それまでがんばってきたのだから好きなことをやってもバチは当たらないでしょう。 しかし、仕事ばかりやってきてやりたいことが見つからないという人も結構みえるのではありませんか? 実は私がそうなんです。 そういう人はどうすればいいのでしょう・・・。 私が考えるには、いいなと思ったことはやってみたり情報を集めたりする。 「いいな」という感覚を大切にすることだと思います。 お金 今から老後に向けて必要な資金はどれくらいなのか、そして、自分がやりたいことを実現するにはどれくらいの資金が必要なのかを現実に知ることは重要な事でしょう。 50代アラフィフから定年までの10年15年は必要な資金を蓄積する最後のチャンスだといえます。 定年してから仕事のない人は年金収入しか期待できないことになるという現実が迫っていることを意識しましょう。 収入はおおよそ半分になると考えておきましょう。 健康 趣味を楽しむにも、仕事をしてお金を稼ぐのも、何より健康があってのことです。 自分の健康はもとより、家族の健康も大切ですよね。 私も健康診断で血圧が高めだとわかりました。 突然、介護が必要な状態になるともわかりませんから、健康管理はしっかりやっておいたほうがいいですね。 人間関係 人間関係も大切でしょう。 仕事以外の付き合いなら、嫌だなと感じる人とは、できるだけ付き合わないようにしてもいいかもしれません。 残された人生で、嫌な経験はできるだけしたくありませんからね。 それから、定年退職を見据えて、仕事などの肩書を取り払ったら、一体自分はどんな人間なのかを見つめ直すことも大切でしょう。 仕事上の付き合いは、少々嫌な面があっても付き合ってもらえますが、退職したら利害関係がなくなりますから、人間性がものをいいます。 特に家族は率直な意見を言ってくれるはずですから、家族の意見には耳を貸す勇気も必要です。 「この人と付き合ってみたい」とか、「一緒にいると楽しい」とか、人から好かれる人間性があれば、付き合いも広がり楽しいものになるはずです。 現役のうちから、仕事以外の人間関係を作りながら、模索してみるのはいいことだと思います。 50代アラフィフからしっかり考えて残りの人生を充実したものにしたいですね。 ( うじきつよしの今現在は結婚していた!妻は50代うじきつよしを憶えていらっしゃいますか?1980年代に 「最近の若者は・・・」年配者がよく口にする言葉です。 会社の管理職が「今日びの新入社員はゆとり 「あなたは人生に満足していますか?」 こんな質問をテレビや雑誌や本、インターネットのメールマガ 死ぬ前に後悔すること・死の直前に思うこと 人は死の直前にどんなことを考えるんでしょう? 死ぬ 50代の結婚の確率は? 50代の結婚率というと、「50代の人が結婚する確率もしくは結婚できる確率は あなたは同窓会に参加したことがありますか? 小学校、中学校、高校、大学時代など様々な同窓会があ 久しぶりの「50代の恋愛事情、大人の恋愛体験談」です。 今回は「その9」になります。 アーカイブ• カテゴリー•

次の

『50歳からの人生ゆるゆる計画』

50 歳 から の 人生

人生、50歳代でもできた。 大逆転へのルール 実は、大逆転へのルールとは、この現実世界のからくりを知り、そのルールに従って生きると言うことです。 現実世界のからくりは、後で説明しますが、まずは、本にも無いような、知らなければならないルールを、ご説明します。 この現実世界のルール1 自分と同じ、波動のものしか引き寄せられない。 自分の出す波動に、引き寄せられて、同じ物が集まって来る。 今、あなたが不幸だとすれば、不幸な波動を出していることになります。 怒りの波動の人は、怒りたくなるような現実ばかり引き寄せて、見ることになります。 この人生を大逆転するには、あなたの波動を別物のように、引き上げる必要があります。 この現実世界のルール2 思っていることが、現実化する。 あなたは「思っていることなんか、全然現実化してねぇよ!」と言うかも知れません。 しかし、間違いなく、この世界は、あなたが心の奥底で思っていることが現実化します。 例えば、「金が欲しいな!あったらいいな!」と思ったとします。 その心の奥底は、「金が無い。 」と思っているはずです。 だから現実は、お金に困ることばかり起こるのです。 ですから、この現実は、自分の気持ちが、創っているものであり、すべて自分のせいなんです。 ポイントは、あなたが、「これはすべて自分のせいだ。 」と責任をすべて認めて、自分を変えようと思った時に、大逆転は始まります。 この現実世界のルール3 宇宙(創造主)にすべて任せる。 人生がうまく行かない大きな原因の一つに、自分や他人をコントロールしようとすることが挙げられます。 自分や他人をコントロールしようとすると、まずうまく行かないので、自分や他人を責め始めます。 それが、すべて自分に返って来て、苦しい人生となるのです。 宇宙(創造主)=人間 なので、宇宙の力を信じるとは、自分を信じることなのです。 宇宙(自分)の力を信じ切って、身を任せ、流れに任せて行けば順調に事は運んでいくのです。 運命を変えようと、自分でこねくり回すから、余計ひどくなって行くのです。 宇宙の流れに、すべて任せることが出来ると、自動運転で最高の幸せの目的地に運んでくれます。 この現実世界のルール4 好きなことだけをやり続ける。 もう、嫌いなことはやらない。 宇宙にすべて任せることが、出来るようになると、好きなことだけやって生きていけます。 自信にあふれ、好きなことに抵抗なくチャレンジすることが出来る上に、宇宙からのサポートがあるからです。 「安心して、くつろいで、好きなことをやる。 」この3つが、この世界での最大の、成功のルールです。 ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、本田宗一郎、みんな好きなことだけをやって、成功した人たちばかりでは無いですか? 好きなことだけをやり続けると、自分軸が出来て、わき目も振らず成功するのです。 この現実世界のからくり この世界は、宇宙(創造主)が創った、バーチャル空間の世界です。 ブッダのころから、この世界は幻想だとわかっていました。 最近では、科学の量子力学の分野で、この世界はバーチャル空間だと証明されつつあります。 宇宙(創造主)は愛でしかないので、それ以外を体験したくて、分身である私たち人間たちが住める地球を創りました。 私たちは、宇宙(創造主)の代わりとなって、愛以外を地球で体験しているのです。 このゲームをクリアするには、元は愛であることと、宇宙(創造主)そのものであることを思い出せば終了です。 ゲームが終了すれば、最後では無く次には、楽に生きることしかありません。 すべての苦しみから解放されて幸せになります。 それを思い出すために、この世は写し鏡と言うルールを作ったのです。 最初にも言いましたが、この現実世界は鏡の世界なので、自分と同じものしか現れません。 この現実世界を、良くしようと思ったら、自分が変わるしかないのです。 自分を変える方法と、おすすめ情報をお教えします。 自分を変える3つの方法 最初に書いた、現実世界のルールに則り、この人生を大逆転させる方法を、ご紹介します。 波動を上げる 1、いつも笑顔でたくさん笑う 波動を上げるのに一番簡単で、効果的な方法は、笑顔になることです。 いつも笑顔でいて、たくさん笑うことです。 笑顔は、宇宙の波動とつながっているのです。 波動を上げて幸せになりたいなら、笑顔で生活する習慣をつけましょう。 笑顔で良く笑うことが、最良の波動を上げる方法です。 普段から笑顔でいると言うことは、いつも宇宙の波動とつながっています。 笑う門には福来るとは本当のことです。 笑うと波動が上がり幸せを引き寄せるのです。 孤独で笑う機会が無いと言う人でも大丈夫です。 強制的に笑顔を作るだけでもいいんです。 志村けんの「アイーン」とやって強制的に笑顔を作り、後で説明するアファメーションを行いましょう。 強制的な笑顔でも、宇宙の根源の波動とつながるのです。 波動が上がれば、人生が幸せに好転します。 いつも笑顔でいることを心掛けましょう。 この世は自分の心が、鏡のように反映されて現実が現れるのです。 鏡の現実を笑わせるのには、先にこちらが笑わないとならないのです。 こちらが先に笑えば、笑う現実が来るのです。 2、瞑想を行う 瞑想を行うと、宇宙(創造主)と直結します。 瞑想中に、宇宙(創造主)の波動と同じになるまで引き上げられます。 瞑想は、完璧に波動を上げてくれます。 毎日、瞑想を少しでもするのと、しないのでは大きく違いが出て来ます。 すべて任せる(コントロールしない) 皆さんも、すべて宇宙に任せる覚悟を決めましょう。 そして、すべてを宇宙に丸投げしましょう。 人生は、そこから劇的に好転して行きます。 そのすごさは、引き寄せや、引き寄せの法則の比ではありません。 なぜなら、宇宙(創造主)が、人知を超えた想像以上の人生に引き上げてくれるからです。 自分の脳で考えることなど、ちりのようなものです。 本当に苦しかった、つまらなかった人生も、これ持って、終わりを告げます。 これからは、苦しみの無い、楽しい人生しかありません。 今日から思い切って、すべてを宇宙に任せましょう。 我力で、苦しみながら生きるのは、やめましょう。 すべて宇宙に任せれば、すべてがうまく行きます。 自分らしく生きることが、出来なければ意味がありません。 宇宙に任せて、好きなことだけをやる生き方は、努力しているつもりが無くても、人よりもたくさんのことが、出来てしまうのです。 頑張って上手くやろうとかする必要もありません。 宇宙にすべて任せると、一生、自動操縦で人生が最高のものになります。 結婚でも収入でも、自分にとって最適なものになります。 宇宙にすべて任せると、「安心して、くつろいで、好きなことだけをやる。 」と言う、3つの成功原則のきっかけを作り、自然にその方向へ流れて行きます。 私は、54歳で人生、大逆転しました。 私は、小学校時代から人間関係に苦しみ、挙句の果てに最悪の人間関係の会社に入社して、自分を騙し我慢をし続けて、とうとう統合失調症になってしまいました。 統合失調症になったことで、少しのストレスでもパニック障害となり9年間も働けない状態でした。 9年間の間は、となりの人が怒られているのを、聞いているだけで、気絶してしまうと言う状態でした。 または、少しのストレスで体が震えだし、パニック障害で頭がおかしくなる状態でした。 そして、働けない間、ただ、近くのダム湖の周りを「俺は何をやってもダメだ。 」と繰り返し、つぶやきながら歩き続けるだけの毎日でした。 その間は、とても苦しく辛い毎日でした。 こんな状態なので、自己肯定感が全く無くなり、結果は、就活して面接に行く度に、「しかし君は、覇気が全く無いね!」と、どこへ行っても言われ、断られ続けました。 仕事につけないので、親に頼れなくなったら、食べていけないと思い、死も覚悟しました。 しかし宇宙(創造主)と出会い意識することで、働けるようになりました。 そして宇宙のルールを勉強して実践することで、たちまち人生が好転し変わっていきました。 宇宙のルールを勉強して実践して1年で、今では、仕事、職場、家庭内、友人関係のすべてで、人間関係のストレスは全く無くなり、人生が楽で楽しく幸せになりました。 その後私は、宇宙のルールを勉強して、人の魂が創造主であり、自分が「愛」であることを思い出すことを実践することで、現在は、好きなことだけをやり、気楽に楽しく幸せに暮らしています。 とくに「宇宙意識の重要性」と「自己受容」と「瞑想アファメーション」の3つは、抜群の成果を出しました。 私の人生を変えたメソッドとは、上記の2つの方法を加えた「宇宙とつながり幸せになる11ステップ」を実践して習慣とすることです。 もちろん、やり方は、難しいものではありません。 1人でも実践できます。 やれば、やっただけ以上に明らかに効果は上がり、目に見えて絶大な多幸感をもたらします。 ルールに沿って生きれば、人生、大逆転します まとめると、この現実世界の4つのルールを理解して、それに合わせて生きれば、必ず幸せになります。 幸せとは、人それぞれなので、一概に金持ちになることや、良いものを買ったりすることだけが、幸せではありません。 例え、社長になったとしても、問題が多く起きれば、幸せとは言えません。 真の幸せとは、数値や数の問題ではありません。 ここで言う幸せとは、自分の好きなことだけをやり続けて、生きていける、楽な幸せです。 なぜ楽かと言えば、好きなことだけをやっているので、人の3倍働いても苦にならないからです。 そうしたら、お金も健康も環境も、後からついて来て、入ります。 自分を救えるのは、自分しかいません。 人生のメニューの選択は、自分で選ぶしか無いのです。 この4つのルールを理解して、対策のメソッドを始めると、必ず人生は大逆転して良い方向に変化するでしょう。 このルールは不思議でもなんでもなく、この幻想である社会の基本なのです。 私は今は、好きなことだけをやり、毎日楽しく幸せに生きています。 そんな、ストレスフリーになる方法を、無料で公開しています。 それが、人生が好転して、楽に楽しく生きることができる『宇宙とつながり幸せになる11ステップ』です。 ぜひ、このサイトをご覧ください。

次の