ミディ クロリアン。 フォース (スター・ウォーズ)

フォース (スター・ウォーズ)

ミディ クロリアン

スターウォーズに登場する は、ジェダイは青や緑、 の使い手は赤といった色をしていた。 その光の色はこれまで、グリップ部分の内部に収められた『カイバー・クリスタル』の色に由来するものとして説明がなされていた。 ところが、 今回新たに発売される正史小説『Ashoka(アソーカ)』で、この設定が一部改変されることとなった。 その驚きの内容に、ファンの間では賛否両論の議論が巻き起こり、炎上のような状態となっている。 一体、ライトセーバーの神秘にどのような改変がなされたのか。 ファンはなぜ戸惑っているのかを解説してみよう。 これまでの設定 侍にとっての刀のように、ジェダイにとってのライトセーバーとは命の次に大切な武器であり、自分の化身でもある。 ジェダイは修行のうちの通過儀礼として、 を頼りに洞窟を探検し、自分のライトセーバーに利用するクリスタルを見つけ出さなければならなかった。 ジェダイが採掘する天然クリスタルの色が主に緑や青なのに対し、シスが使うライトセーバークリスタルがなぜ赤なのかというと、彼らは人工のクリスタルを好んで使用するからだ。 人工的に作られたクリスタルは赤色になってしまうというのがこれまでの設定だった。 新設定 今回の新設定では、なぜシスのクリスタルが赤く色付くのかという点について、少し具体的な説明が加えられることになった。 小説『Ashoka(アソーカ)』が明かした新設定からは、人工のクリスタルという設定が無くなっている。 なんでも、クリスタルそのものにフォースの感能力が備わっており、元は無色のクリスタルが使用者を選び、フォースに呼応して色付く。 しかし、クリスタルはダークサイドの使い手には呼応しないので、彼らは他の者からライトセーバーを盗むか、奪って手に入れるしかない。 すると、クリスタルは選んだ者との関係性が絶たれフォースに反応しなくなり、ダークサイドに捻じ曲げられたクリスタルは 『血を流し』、赤く染まるのだという。 賛否両論 この新設定は、、、、などといった数々のファンメディアが一斉に報じており、コメント欄では ファンの評価が真っ二つに割れている。 「納得できた」「シスのテーマと一致している」という肯定的な声が見受けられる一方、残念なことに現時点では反対派の失望や怒りの声の方が多数に見られる。 往年のファンはやはり、以前の人工クリスタルの設定を好んでいる。 とりわけ、 『石が血を流す』という表現がピンとこない。 しかも、この設定では過去の作品にいくつかの矛盾が生じてしまう。 スターウォーズ・ユニバースにおいて、更なる説明や、新たな考察・解釈が求められることになった。 また、グリーヴァス将軍はこれまで倒したジェダイが持っていたライトセーバーをコレクションしているが、それらがオリジナルの色を維持している理由についても、更なる説明や解釈が求められる。 逆ミディクロリアン こうした抜本的な改変について、ファンの間では『ミディクロリアン事件の再来』と呼ぶ声もある。 『ミディクロリアン』とは、神秘的なヴェールで包まれていたフォースを数値化できるものとしてしまったことで、ファンを失望させたスターウォーズ史最大の汚点だ。 かつてフォースとは、劇中でオビ=ワンやヨーダによってその概念のみが語られていた。 フォースは万物に流れていて、感応者はフォースとの対話を通じてあらゆる神秘に通ずることができる。 映画を観ればフォースの概念は理解することができる。 しかし、それが何故なのかを詳しく解明されることはなかったし、誰も求めていなかった。 それこそがスターウォーズを他の『サイエンス・フィクション』と差別化し、『スペース・ファンタジー』として孤高の輝きを放つ所以だった。 「この世界にもフォースがあって、自分にもその素質があるのかもしれない」とファンの中に密かにあった希望を、『数字で決まるんだよ』というたった一言の説明ですべて踏み潰してしまったのだ。 魔法や神秘の延長線上にあったフォースを、科学で説明してしまったミディクロリアンであったが、 今回は逆に科学で説明されていたシスの人工クリスタルの概念を、『石が血を流す』という魔法の世界に引きずり込んでしまった。 ファンが違和感を抱くのはこれが理由だろう。 不思議なクリスタルを動力に変換する武器としてのライトセーバーは、スターウォーズにおける魔法と科学の絶妙なバランスでの融合をたった1本で表現するものであった。 しかしこれからは、『ハリー・ポッター』に登場する魔法の杖や、『アラジン』に登場するジーニーの魔法のランプのようなファンタジーの産物に近いものになってしまうかもしれない。 が今件を取り上げた記事についたコメントの中で、『SF』と『ファンタジー』の相違点を語るものが興味深かったので、したい: 「スターウォーズはサイエンス・ファンタジーだ。 ファンタジーとSF(サイエンス・フィクション)の違いは、SFはなぜ魔法的な事が起こるかの説明を試みるのに対し、ファンタジーはそうしないところ。 スターウォーズの小説はファンタジー系ライターと科学系著者を同じプレイグランドで遊ばせてしまったから苦難に遭った。 まず、ライトセーバーの原料となるクリスタルは、ジェダイ信仰の中心地『ジェダ』でさかんに採掘されるということになった。 『ジェダ』はローグ・ワンから新たに登場する惑星で、スターウォーズの世界に宗教といった概念を持ち込むものとされている。 次に、クリスタル自体がフォースに反応して発光するというものだが、デス・スターのスーパーレーザーにも大量のクリスタルが使われている。 シスが操る帝国軍の所有物でありながら、デス・スターのスーパーレーザーはライトサイドの緑色のままなのは何故か。 デス・スターのクリスタル採掘にはどんなエピソードが隠されていたのか。 ゲイリン・アーソが開発した最終兵器を巡る物語は、『ローグ・ワン』にて明かされるが、このクリスタルへの言及も期待できるかもしれない。 wikia. cbr. cinemablend. slashfilm.

次の

スターウォーズ、『ライトセーバーの色』設定改変で賛否両論!シスの赤は『血の色』だった?

ミディ クロリアン

続けて、ルーカスは銀河系のはるか彼方に存在するWhillsについて、「Whillsが移動するための手段というか、パイプ的な存在がミディ=クロリアンだ。 ミディ=クロリアンはWhillsと意思疎通を図り、Whillsは普遍的な意味でフォースなんだ」と説明。 ミディ=クロリアンといえば、エピソード1でファンから抗議の声があがったが、そのことについてルーカスは理解しているという。 「おそらく、数多くのファンがミディ=クロリアンを嫌っただろう。 ファンが『ファントム・メナス』(エピソード1)や全てを嫌ったようにね。 だが少なくとも、初めから終わりまで全ての物語が語られていただろう」とも述べている。 ミディ=クロリアンについて知識がないという人のために説明すると、アナキン・スカイウォーカーの体には2万個以上のミディ=クロリアンがあり、その数は今までに前例がないほどだった。 その後の展開はご存知だろう。 ルーカスとキャメロンのインタビューは、2018年5月18に出版された「James Cameron's Story of Science Fiction」でも読むことができる。 2人の対談の抜粋(英語)が以下になる。 引用はInsight Editionsに提供された。 All rights reserved. 『スター・ウォーズ』はルーカスが描こうとしたルートから外れてしまったが、今でも彼が築いた世界観を大いに踏襲している。 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、ディズニーが製作したシリーズの最新作。 IGNによるレビューでは、「そもそも本作が存在すべき理由を完全に正当化するまでには至らないが、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、はるか彼方の銀河における楽しく愉快なエンターテイメント」と。

次の

スターウォーズ フォースの覚醒『レイの素性』ネタバレ注意!深読み考察。

ミディ クロリアン

アナキンの父 HOTH PRESS [] [] [] [] [] [] [] [] アナキン・スカイウォーカーの父親は誰か? クワイ・ガンは、シミ・スカイウォーカーに尋ねる。 「あの子の父親は誰だね? 」 シミは答える。 「 父親はいませんでした。 私に言えるのは、・・・あの子を身ごもり、産んだだけ。 何があったのかは、説明できません。 」 「ファントム・メナス」では、「エピソード2」「エピソード3」にかけて、いくつかの伏線が周到に張られ、いくつかの謎が提示された。 そのいくつかの謎のうち最大の謎ともいえるのが、アナキンの父親は誰かという点である。 この問題に関して、「ホス・プレス」では、論点を整理し、いくつかの仮説を提示したい。 まず、シミのセリフをそのまま解釈すると、何もしていないのに、アナキンを身ごもり、そして生んだということになる。 つまり、肉親としての父親がいないということになろろうか。 まず、アナキンの父親候補を大きく分けると、生身の人間である可能性と、生身の人間ではない可能性の二つに大別できる。 A 生身の人間ではない説 (処女懐胎説) まず、シミのセリフ「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」を、比喩や婉曲の表現ではなく、絶対的な事実を語った言葉として理解するなら、シミは処女のまま懐胎したということになる。 処女懐胎といえば、新約聖書、聖母マリアの処女懐胎をまず思い出す。 アナキンは救世主イエスで、シミは聖母マリアのイメージをオーバー・ラップさせたという、については、別に考察している。 アナキンは、シミの処女懐胎によって生まれたのだろうか。 もし、そうならすぐに三つの可能性が想定される。 仮説1 ミディ=クロリアン説 まず、最初に考えるべきは、ミディ=クロリアン説であろう。 なぜなら、直接セリフで語られているからである。 クワイ=ガンは,ジェダイ評議会においてヨーダたちに,「アナキンは,ミディ=クロリアンによる受胎の末,生まれたのかもしれません」と報告している。 ミディ=クロリアンによる受胎と言っている。 純粋に言葉をそのまま理解すると、アナキンは,ミディ=クロリアンによって生まれたことになるのである。 しかし、シミがごく普通の、フォースを持たない人間だとしたら、ミディ=クロリアンによる受胎が、彼女に起こるであろうか。 「ミディ=クロリアンによる受胎」が、平凡な普通の女性に起こる現象だとすれば、全宇宙で多数起こってもおかしくない。 なぜ、シミのもとに、極めて珍しいと考えられる「ミディ=クロリアンによる受胎」が起きたのかが重要となる。 ミディ=クロリアンは゛は誰にでも存在するようだが、シミの、ミディ=クロリアン値が極めて低くくても、「ミディ=クロリアンによる受胎」が起きるのか、ということななろう。 そうなると、シミ・スカイウォーカーとは何者か。 彼女は一体どこから来たのかという点が重要になるだろう。 しかし、スター・ウォーズの世界で、セリフを文字通り解釈するのは危険である。 独特のあいまいさと暗示によって、観客を混乱させ、観客にいろいろなイメージを想起させるというのが、スター・ウォーズである。 文字通り、「ミディ=クロリアンによる受胎」によって、アナキンが生まれたとして、それが「エピソード1」で。 直接言語的説明されてしまっているとしたら、後の「エピソード2」「エピソード3」が、味気ないものになることは間違いない。 「ミディ=クロリアンによる受胎」という表現は、何らかの暗示や象徴、そして伏線である可能性が高く、文字通り解釈すべきものではないように思える。 仮説2 遺伝子操作説 「ファントム・メナス」には、いくつもの映画の影響が垣間見られる。 例えば、以下の作品がそうである。 作品名 類似点 ベン・ハー ポッド・レースのシーンが、そのまんま。 影武者 (黒澤明監督) 影武者が、アミダラ王女に成り代わりる。 乱 (黒澤明監督) バトル・ドロイドとグンガンの合戦シーン。 ブレーブ・ハート バトル・ドロイドとグンガンの合戦シーン。 ローマの休日 王女アミダラが、一般人パドメになって市井の生活と恋を楽しむ。 これらの、過去の映画の影響を考慮すると、アナキンの父親についても、ある映画の強い影響が現れているのではないかという可能性が浮かび上がる。 その作品名は『ブラジルから来た少年』。 『ブラジルから来た少年』は、ヒトラーの細胞から作ったヒトラーのクローン人間を作りだそうというおそろしい計画を扱った作品である。 世界を救うためにフォースの異常に高い子供が、遺伝子技術によって生み出された。 あるいは、シスの暗黒卿らが世界を破壊するために作り出したかもしれないが。 今後の「エピソード2」以降に登場するであろう、クローン大戦。 そして、帝国軍のストーム・トルーパーはクローン技術によって作り出された兵士であるという説がある。 スター・ウォーズ・ユニバースでは、クローン技術は、非常にあたりまえの手法なのである。 それでは、遺伝子操作をしたのは、誰かということになる。。 一番、疑わしいのはダース・シディアスである。 しかし、議長となったパルパティンが、アナキンの存在を全く意に会していないというのは、おかしい。 特に、ダース・モールは、アナキンと1メートル以内まで超接近したではないか。 遺伝子操作をしたのが、シスの暗黒卿の誰か(例えば、シディアスの師匠とかもあるかも)だとすれば、遺伝子操作の結果生まれてくるだろう子供を念頭においた行動がとられるはずだが、そうしたことはない。 遺伝子操作をしたのが、ジェダイ評議会の人間ということはないだろうる。 しかし、「ミディ・クロリアン」という言葉は「クローン」という言葉に似ている。 「アナキンは,ミディ=クロリアンによる受胎の末,生まれたのかもしれません」という、クワイのセリフは、「(アナキンは)クローン技術による受胎の末、生まれたのかもしれません」と理解すれば、遺伝子操作説は十分に考えられるものである。 仮説3 本物の処女懐胎(アナキンは神の子) これは可能性としては、非常に少ないかもしれない。 「エピソード1」には、「新たなる神話のはじまり」というキャッチ・コピーがつけられていた(たしか、トーン・ポエムか何かで)。 「神話」であるとすれば、その主人公は神、ないしは神の子である。 アナキン・スカイウォーカーはイエス・キリストと同じように、処女懐胎によって生まれたという可能性は、ありえないわけではない。 でも、そうなるとスター・ウォーズは宗教映画になっちゃうよ。 アメリカ映画のほとんどは、や聖書思想を背景にして作られている。 そう考えると、スター・ウォーズにおける聖書描写というのも、あくまでも雰囲気の演出材料として理解したほうが良いかもしれない。 アナキンはイエスか B 生身の人間説 仮説1 クワイ・ガン説 もし、アナキンが、生身の人間の子供であるとすれば、まず考えられるのは、クワイ・ガンではないか。 根拠は以下の通り。 ・クワイ・ガンとシミは、初対面とは思えない雰囲気を漂わしている。 特に、クワイがシミの肩に手を回すシーンのクワイの手の動きは怪しい。 二人には何か心の奥で通じているような雰囲気がある。 ・クワイのアナキンの入れ込み様は、尋常ではない。 ヨーダやメイス。 ウィンドゥらジェダイ評議会は、アナキンにジェダイの修行を受けさせることを、強く反対した。 オビ・ワンですら、最初はあまり乗り気ではない。 クワイだけが、強硬にアナキンをジェダイにすることを主張した。 この入れ込みようは何か。 クワイが成熟したジェダイであれば、冷静になってアナキンの危険性を感知したのではないか。 クワイがアナキンの父親であれば、彼のアナキンへの異常な肩入れは説明できるし、自分の息子であれば、冷静な判断を失ったとしてもおかしくはない。 この二人は絶対に怪しい ・クワイは、ナブー兵士の反対を押し切り、強引にタトウィーンに着陸するよう主張する。 そして、モス・エスパにつくと、すぐに(目的地が決まっていたかのようにたやすく)ワトーのジャンク・ヤードを見つけて、店に入っていく。 そして、アナキンと出合う。 このくだりは、クワイがアナキンがどこにいるのかを正確に知っていたかのような印象すら受けるのだ。 「あの子の父親は誰だね? 」 というクワイのセリフは、「あの子の父親は誰だ。 まさか、俺じゃないだろうな。 」という意味にも理解できるかもしれない。 シミとしては、「はい、そうです」とは答えるのは、はずかしいので、「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」と、あいまいな言葉で答えたと言うわけだ。 ・クワイがアナキンを連れて行くと、シミに言ったとき、シミは全く驚きの表情を浮かべなかった。 むしろ、当然の運命として理解していたようだ。 もし、クワイがアナキンの実の父親であれば、自分の子供を連れて行くと言い出したところで、驚くことではないと、理解できるだろう。 シミは非常に人間的にできた人物であるが、それを考慮してもシミの冷静さは、尋常ではない。 自分の大切な一人息子がいなくなるというのに、ほとんど表情も変えないのだから(実際は、少しは変わる)。 以上の根拠から、アナキンの父親がクワイ・ガンである可能性がある。 しかし、それでは、説明ができない点がある。 アナキンのミディ・クロリアン値は、異常に高値を示していた。 アナキンの息子ルークが、強いフォースを持っていたように、フォースは親子の間で遺伝すると考えられる。 アナキンはヨータよりも高いミディ・クロリアン値を持つわけだが、クワイとシミの間に、それだけ高いミディ・クロリアン値を持った子供が生まれるのかという疑問である。 ただ、シミ・スカイウォーカーの出自が不明であるのが、気にかかる。 シミが極めて高いミディ・クロリアン値を持っていたとすれば、絶対に有り得ない話ではなくなる。 仮説2 シスの暗黒卿説 アナキンに人間の父親がいるとすれば、その人物は高いミディ・クロリアン値を持っているだろう。 その観点から、アナキンの父親候補を考えると、シスの暗黒卿ダース・シティアスが思い浮かぶ。 「ファントム・メナス」に登場する人物で、アナキン以外に、極めて高いミディ・クロリアン値を持っている人物は、ダース・シティアスとヨーダということになる。 アナキンはヨーダの身体的特徴を有していないことから、シティアスがかなりあやしいことになる。 こいつなら、やりかねない その根拠は以下の通り。 ・シミが、クワイに父親が誰かと聞かれたときに、あいまいにしか答えられなかったのは、答えたくなかったという可能性が考えられる。 口に出して、その名前を語りたくない、できれば隠しておきたいとシミが考えたのなら、、「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」と答えても、おかくしくはない。 この言葉の裏には、「私はそんなことはしたくなかったのに」という意味合いが含まれているかもしれない。 シミはシディアスにレイプされた。 そんな悲惨な過去があれば、シミとしてはその事実は絶対に隠しておきたいはずだ。 シミをなぐさみものにしたシディアスは、その事実を隠すためにシミを奴隷として売ってしまったのだ。 そうすると、シミがなぜ奴隷として、タトウィーンにいたのかという説明にもなる。 ・歴史は繰り返す。 「ファントム・メナス」を見ると、アナキンとルークは、極めて似通った人物として描かれている。 共通点は以下の通り。 表 ルークとアナキンの共通点 ルーク・スカイウォーカー アナキン・スカイウォーカー 辺境の惑星タトウィーンから何とか出たいと思っていた。 奴隷制度のあるタトウィーンから、なんとか出たいと思っていた。 反乱軍に対する強いあこがれ。 ジェダイに対する強いあこがれ。 スカイホッパーのパイロットとして凄腕であった。 ポッド・レーサーのパイロットとして凄腕であった。 ランド・スピーダーを中古屋に売って金を得る。 レース用ポッドを中古屋に売って金を得る。 R2を子分のように連れまわす。 R2を子分のように連れまわす。 命令違反をR2に警告される。 (ダゴバに向かう途中) 命令違反をR2に警告される。 (バトルドロイド指令船に向かう途中) 初戦でデス・スターを爆破。 (爆発の映像も似ている) 初戦で、バトルドロイド指令船を爆破。 (爆発の映像も似ている) 自分の経験を成功に生かした。 「スカイホッパーで、大ネズミを撃つより簡単だ」 自分の経験を成功に生かした。 "The force is strong. "と言われる。 (ダース・ベイダーに、NHで) "The force is strong. "と言われる。 (キアディにジェダイ評議会で) ダース・ベーダー(父親)から、ダーク・サイドへの誘惑をうける。 ダース・シディアスから、ダーク・サイドへの誘惑をうける(? これだけ、ルークとアナキンの共通点がある。 ルークは父親である、ダース・ベイダーから、ダーク・サイドへの誘惑をうけた。 アナキンは、「エピソード2」か「エピソード3」で、ダース・シディアスから、ダーク・サイドへ誘惑される可能性が高い。 歴史はくりかえす。 そう考えると、ダース・シディアスが "I am your father. " と、アナキンを誘惑してもおかしくないではないか。 なお、アナキンの父親は、ダース・シディアス以外の、シスの暗黒卿の可能性もあるかもしれない。 例えば、ダース・モール。 あるいは、ダース・シディアスの師匠とか。 シスの血が流れていたからこそ、シスの暗黒卿タース・ベイダーになってしまったという説明にもなるだろう。 以上のように、ここでは代表的と考えられるいくつかの説について、考察を加えた。 皆さんの、考えはどうであろうか。

次の