のろいカビゴン 調整。 【S1最終101位】鈍行ミミカビ【剣盾シングル】

カビゴンの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

のろいカビゴン 調整

重火力アタッカーの元祖とも言える存在で、高めの攻撃種族値に広い技範囲、無振りでH252を凌駕する圧倒的な特殊耐久を備える、「耐えて殴る」を体現したポケモンである。 ダブルではトリックルーム適性の高い希少なアタッカーであり、はらだいこ型を中心に様々な型が活躍している。 また、安定メインウェポンだったおんがえしが削除。 デメリットは無いが低威力なのしかかりか、反動のあるすてみタックルから選択となる。 じばくはダイマックス化によってメインウェポンとして扱えるため、採用しやすくはなった。 強化点はアームハンマー、DDラリアット、アンコールの新規獲得。 環境面では役割破壊のどくどくの搭載率が大幅に下がり、に頼らずとも居座りがしやすくなった。 流行りの始め特殊全般は勿論、などメジャーな高速アタッカーにも殴り合いに持ち込めれば有利を取りやすい。 ボディプレスも新規習得したが、低い防御を元に威力を計算するため、イメージに反して実用性は低い。 環境の変化により、弱点であるかくとうタイプが軒並み姿を消したこと、Z技やメガシンカなどがなくなったことによる火力デフレが起きたことによってカビゴン自身は非常に動きやすくなった。 一撃で落とされるような危険はほぼなくなり、苦手な相手でも裏で簡単に対策ができたり、あくびで後続の起点を作れたりとその使いやすさが評価されている。 2020年4月現在、シングルレートにおいて採用率5位以内に入るトップメタと化している。 専用のキョダイマックスも獲得。 詳細は後述。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 発動すればリサイクルを使わずとも木の実を再利用でき、攻撃しつつ回復や強化が可能。 くいしんぼうで回復木の実を持たせるならこちらが優先される。 ただ、 確実に素早さ低下を見込める通常個体の方がパーティ単位では安定感がある事は十分考慮した上で採用してもらいたい。 また、きのみを持たせないあついしぼう型も未だに多数派であり、その場合は当然ながら通常個体の方が優先される。 まとめると、あついしぼうで使うならダイマックス、くいしんぼうで使うならキョダイマックス。 木の実発動前にキョダイマックスするのは惜しいように思えるが、そこで渋って体力を減らしすぎては本末転倒なので、あまり考慮しなくて良い。 3ターンしかないため一度も効果を発動せず終わる場合もあるが、木の実を温存できていると考えればその後の戦況も戦いやすい。 特性考察 あついしぼう 単純に優秀な特性なので、チョッキや残飯を持たせた特殊流し型では基本的にこれが選ばれる。 に貫通されるが、特性所持者の炎・氷技はいずれも不一致低威力なので問題無い。 めんえき 高耐久のカビゴンとは相性良好。 居座って積みたい場合にどくどくで崩されなくなる。 但し、第8世代になりどくどく持ちは大幅に数を減らしているので優先度は低い。 くいしんぼう 第7世代ではメジャーだった隠れ特性。 第8世代で混乱実の性能が下がったことにより弱体化したものの、キョダイサイセイとのシナジーは強力で今なお高い有用性を誇る。 高威力だがせっかくの耐久が削られる。 一方で木の実発動前まで削ってから積もうとする相手の計算を崩す事ができる。 追加効果が優秀。 火傷対策。 特にねむるを入れない場合に。 居座りには不向き。 素早さ低下も気にならない。 じしん 地 100 100 全体攻撃 対鋼・岩。 使いやすいサブウェポン。 10まんばりき 地 95 95 - ダブル用の単体地面技。 グラスフィールドに妨害されない。 威嚇持ちが減ったので有効打になる。 DDラリアット 悪 85 100 相手の能力変化無視 対霊。 耐久系の積み技にも強い。 ダイマックス相手に無効。 などに刺さるが威力不足。 ダイマックス相手に無効。 じわれ 地 - 30 一撃必殺 高耐久により試行回数は稼げる。 には効果無し。 初代技マシン経由でも遺伝可能になった。 カウンター 闘 - 100 優先度-5 役割を放棄する事になるが、ヨプのみを持たせて格闘を返り討ちに。 じばく 無 200 300 100 自分瀕死 役割を終えた後に。 初代技マシン経由や技レコードでも遺伝可能になった。 変化技 タイプ 命中 備考 あくび 無 - 交代読みや、積み技を使ってくる相手を流す。 アンコール 無 100 積み技読みで。 ふきとばし 無 - 積み崩しやステルスロックのダメージ稼ぎに。 のろい 霊 - 攻撃・防御を高めて要塞化。 遅くなるのは気にならない。 ねむる 超 - 唯一の回復技。 状態異常にも強くなる。 カゴのみ、ねごとなどと合わせて。 まもる 無 - たべのこしによる回復とあくびのターン稼ぎ。 とびひざげり透かしにも。 リサイクル 無 - Lv技。 くいしんぼうと合わせてフィラのみを再利用する。 疑似再生回復技。 はたきおとすに注意。 はらだいこ 無 - 攻撃力を急上昇。 フィラのみの仕様変更でくいしんぼうと合わせて非常に使いやすくなった。 HP偶数調整推奨。 混乱実、オボンのみなどとあわせて。 トリルで使うなら必然的にこちらになる。 追加効果が発動しても抜ける相手は少ない。 トリックルームと相性が悪い。 トリルで使う際はキョダイサイセイ推奨。 追加効果が自身に生きる事は少ない。 追加効果で特殊耐久アップ。 ダイバーン ほのおのパンチ ヒートスタンプ 130 天候:晴 対。 2発目から威力1. ダイマックス相手に無効となるヒートスタンプの弱点を解消できる。 追加効果の防御アップも優秀。 ダイマックス相手に無効となるヘビーボンバーの弱点を解消できる。 ダイサンダー ワイルドボルト かみなりパンチ 130 場:EF 対。 ワイルドボルトの反動を嫌う場合に。 2発目から威力1. 元の威力より弱くなってしまう。 耐久型同士の殴り合いを制する際に使うと効果的。 アームハンマー かわらわり 90 カウンター 75 ダイウォール 変化技 - まもる 高いHPを活かして相手のダイマックスによる猛攻を凌ぐ。 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイアイス れいとうパンチ 130 天候:霰 4倍弱点を突ける機会が滅多に無いため、採用率も激減。 ダイソウゲン タネばくだん 130 場:GF ・複合ピンポイント気味。 一応、にも。 グラスフィールドの回復はカビゴンと好相性だが、地震が半減されるのは痛い。 ダイサイコ しねんのずつき 130 場:PF 苦手なの他、にも。 2発目から威力1、3倍。 追加効果はトリル時を除き自身には意味がない。 ダイロック いわなだれ 130 天候:砂嵐 4倍弱点狙い。 砂嵐のスリップダメージに注意。 環境に多い物理に対応するためにB振り推奨。 木の実で回復しながらのろいを積み、キョダイマックスして殴りながら木の実を回収するのが基本の動きとなる。 特殊アタッカーに対しての流し性能が強く、物理に退く隙に積む事ができる。 それでも、高火力・高耐久かつ技範囲も広いため、多くの相手に圧力を与えられる。 はらだいこ型は積むタイミングがよりシビアになるが、基本的な動きは変わらない。 事前におにびを撒いたり、トリックルームやこうこうのしっぽトリックなどのサポートがあるとなお良い。 リサイクルで拾うアイテムは『味方が最後に使ったアイテム』なので、はたきおとすやついばむには弱い。 厚い脂肪により炎・氷相手にはめっぽう強い。 すかされやすい無技は必須ではなく、安定感がありダイマックスとも好相性な鋼技の採用率が高い。 のしかかりはあくびとの相性が悪いため、併用する場合はからげんき推奨。 A振りはサイクルで交代先に負荷をかけていく場合に。 流しや起点作りに徹するなら耐久振り。 Bに振れば物理相手ともある程度殴り合いができる。 ダイマックス時のダイスチルのB上昇も好相性。 ばけのかわによりトリルの行動保障があり、じこあんじを覚えるとよく組まれる。 また、相手のトリックルームの対策として用いられることも多い。 じばくとはらだいこの両立について 腹太鼓対策に挑発を使用する相手には自爆が刺さり、 自爆対策に守るを使用する相手には無償で腹太鼓が決められるという相補関係を持ち、 再戦有りのルール・技構成がオープンとなるルールで一方的な対策を許さないことが強み。 また、トリル展開でカビゴンより後続の方が分が良いなら自主退場することも可能となる。 相方はゴーストやテレパシーなど、自爆に巻き込まれないポケモンに限られる。 対カビゴン 注意すべき点 圧倒的な特殊耐久。 高めの攻撃と広い攻撃範囲。 積み技ののろいやはらだいこ、やけど対策のからげんきも有し、処理が遅れると手が付けられなくなる。 あついしぼう型だと・技がメインのポケモンが止められ、めんえき型にはどくどくが悪手となる。 オーソドックスな攻撃技以外にもタイプ一致じばく、カウンター、じわれ、あくびなど厄介な技を多数習得する。 対策方法 、、などの高火力物理技で上から殴る。 やのような超火力の物理アタッカーも有利で、後続にも圧力を与えられる。 てっぺき持ちのなら対処しやすいが、交代際のヒートスタンプやはらだいこ型のDDラリアットには注意。 積み型にはくろいきりが有効で、などは再生回復で完封できる。 はたきおとすを使えば木の実の再利用不可となる。 覚える技 レベルアップ SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 ゴンベ カビゴン 1 - とっておき 140 100 ノーマル 物理 5 1 - したでなめる 30 100 ゴースト 物理 30 1 - ゆびをふる - - ノーマル 変化 10 1 - かぎわける - - ノーマル 変化 40 1 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 1 - リサイクル - - ノーマル 変化 10 4 4 まるくなる - - ノーマル 変化 40 9 9 ドわすれ - - エスパー 変化 20 12 12 したでなめる 30 100 ゴースト 物理 30 17 17 なしくずし 70 100 ノーマル 物理 20 20 - いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 - 20 あくび - - ノーマル 変化 10 25 25 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 28 - たくわえる - - ノーマル 変化 20 - 28 ねむる - - エスパー 変化 10 - 28 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 - 33 ねごと - - ノーマル 変化 10 33 - のみこむ - - ノーマル 変化 10 - 35 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 36 36 ころがる 30 90 いわ 物理 20 41 - なげつける - 100 あく 物理 10 - 41 とおせんぼう - - ノーマル 変化 5 44 44 はらだいこ - - ノーマル 変化 10 49 - しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 - 49 かみくだく 80 100 あく 物理 15 50 - よこどり - - あく 変化 10 - 50 ヘビーボンバー - 100 はがね 物理 10 57 - とっておき 140 100 ノーマル 物理 5 - 57 10まんばりき 95 95 じめん 物理 10 RSE FL 4th 5th 6th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 カビゴン カビゴン ゴンベ カビゴン ゴンベ カビゴン ゴンベ カビゴン - - - - - - 1 - とっておき 140 100 ノーマル 物理 5 - - - - - - 1 - よこどり - 100 ノーマル 変化 10 - - 1 - 1 - 1 - ゆびをふる - - ノーマル 変化 10 - - 1 - 1 - 1 - かぎわける - - ノーマル 変化 40 1 1 1 1 1 1 1 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 10 9 4 4 4 4 4 4 まるくなる - - ノーマル 変化 40 6 5 9 9 9 9 9 9 ドわすれ - - エスパー 変化 20 - - 12 12 12 12 12 12 したでなめる 30 100 ゴースト 物理 30 - - - - 25 25 17 17 なしくずし 70 100 ノーマル 物理 20 - - 20 - 20 - 20 - いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 24 21 - 20 - 20 - 20 あくび - - ノーマル 変化 10 33 33 33 33 36 36 25 25 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 - - 25 - 28 - 28 - たくわえる - - ノーマル 変化 20 28 25 - 25 - 28 - 28 ねむる - - エスパー 変化 10 28 29 - 28 - 28 - 28 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 - 37 - 28 - 33 - 33 ねごと - - ノーマル 変化 10 - - 28 - 33 - 33 - のみこむ - - ノーマル 変化 10 46 49 41 41 44 44 36 36 ころがる 30 90 いわ 物理 20 - - 36 - 41 - 41 - なげつける - 100 あく 物理 10 37 41 - 36 - 41 - 41 とおせんぼう - - ノーマル 変化 5 15 13 - 17 - 17 44 44 はらだいこ - - ノーマル 変化 10 - - 44 - 49 - 49 - しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 - - - 44 - 49 - 49 かみくだく 80 100 あく 物理 15 - - - - 52 - 52 - よこどり - - ノーマル 変化 10 - - - - - 52 - 50 ヘビーボンバー - 100 はがね 物理 10 - - 49 - 57 - 57 - とっておき 140 100 ノーマル 物理 5 - - - 49 - 57 - 57 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 19 17 - - - - - - ずつき 70 100 ノーマル 物理 15 42 45 - - - - - - ほしがる 60 100 ノーマル 物理 40 51 53 - - - - - - はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 - - 17 - 17 - - - リサイクル - - ノーマル 変化 10 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技93 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 第6世代 技59 やきつくす 60 100 ほのお 特殊 15 技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5 技94 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 技98 グロウパンチ 40 100 かくとう 物理 20 秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15 秘06 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15 第3世代~第4世代 技01 きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20 教え 技03 みずのはどう 60 100 みず 特殊 20 教え 技34 でんげきは 60 - でんき 特殊 20 教え 技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 技67 リサイクル - - ノーマル 変化 10 4~5th,7th:ゴンベLv. 20 おいうち レベル 系統 Lv. 25 自力 Lv. 49 ゴンベ時 したでなめる 自力 Lv. 12 しねんのずつき ゴンベのみ レベル 系統 Lv.

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

のろいカビゴン 調整

【構築経緯】 現環境のドラパルト、、のスペックの高さ、型の豊富さ、対応の難しさを感じていた。 そこで、754さんが使用されていた火炎玉ピクシー がこの3体のほぼすべての型に対応できると考え、火炎玉ピクシーから構築を組み始めた。 ピクシーの裏の枠は火炎玉トリックと合わせて詰ませ性能が高くピクシーが苦手な特殊に強いを採用。 ピクシーが、、アーマーガア、などの鋼タイプに不利なため、鋼に有利かつピクシーと同じ初手の鬼火撒きができる残飯ドラパルトを採用。 初手の鬼火枠が起点にされたときの切り返し枠と、と相性がいいトリル枠としてを採用。 鬼火枠が、、ピクシー、系統に対して不利をとるため型破り襷を採用し6体完成した。 による呪い耐性と状態異常耐性が非常に強い。 また、トリックの対性能が非常に高いので、ドラパカビを見たら後ろでもいいからなるべく出すように意識していた。 金縛りは初手に勝つために採用。 呪われボディとすり抜け両方使用したが、どちらも発動する機会がなかったのでどっちでもいいですマジで。 呪いは一般的にSを振る必要がないと思われているが、多発するミラーにおいて先に呪いやリサイクルしたい場面がかなり多いためsに12割いている。 むしろたった12振りですべてのの上をとれたため恐ろしいほどのいい調整となった。 ノーマル技は鬼火を撒いてくるのが環境で空元気が通らないミミドラパしかいないため、恩返しなき今、威力が一番よさそうなで使用。 キョダイサイセイが通らない相手が炎弱点ばかりだったのと、素の威力が高いのが個人的に好きでヒートスタンプで使用していたが、ドラパルトめんどくさくなったのでやでもいい。 ピクパルトの鬼火サポートからののろい展開が非常に強く、のろいの弱点である積み始めが遅い点、剣の舞との詰み合いに弱い部分を鬼火がカバーしてくれた。 トリル呪いのとのと害悪への抵抗は申し分なく仕事をした。 剣の舞を入れるスペースがないため命の珠A特化。 ミラー時の立ち回りの計算をしやすくするためS29の無振り-1となっている。 実際はエアスラ運ゲしないといけない場面も少なからずあったり、入りにミミキッスと選出できなかったりと選出率の低さから見ても微妙ではあったが、この枠の代わりがぐらいしかいないため、こいつを出して負けたら仕方ないと割り切っていた。 水以外の特殊相手に大体有利なため、襷を持って潰す枠として採用。 ついでに切り返し枠としても機能した。 しかし、上記に対しては確かに強力ではあるが、アーマガアや等の安定したドリュ受けを用意されてしまい、ドリルに頼らざるをえない戦い方になってしまった。 何故そうなるかというと、が性質上サイクルができないことと、鬼火枠に2枠割いてしまってるためサイクル戦が難しく、1週目から崩しに行く必要があり、勝負になってしまった。 サイクル構築相手にを選出すること自体が構築の欠陥となっている。 しゃーなし。 【雑感】 2月1日に火炎玉ピクシーを見て組もうと思ってから1度もパーティを変更することはなかった。 完成度の高い構築をゲコミミぶりに組めて、1位とるチャンスは今シーズンしかないと思っていたが、一桁にも届かない結果となってしまった。 夢キョダビゴンをゲットできずにキャンペーンが終わり困っていた所、プレボ入りを持ってて交換してくれたFFに感謝。

次の

【SwSh】シーズン3使用構築 鬼火+カビゴンコントロール【最終17位】

のろいカビゴン 調整

構築経緯 「壁」+「自信過剰ギャラドス」に注目• シーズン1から 自信過剰ギャラドスのダイジェットによる抜き性能の高さに注目されていましたが、 壁でサポートし耐久を上げることで大きな課題であった電気技による返り討ちを対策し、よりギャラドスの強さを引き出せるのではないかと考えました。 つまり、 元々強いポケモンの弱点を補うことで、どんなポケモンでも止まらない最強のポケモンを作り上げようという考え方です。 壁貼り要員として ドラパルト を採用した理由は主に2点あります。 ドラパルトの技 「のろい」は相手ポケモンに削りを入れながら自主退場する変化技 です。 これにより、 相手ポケモンがギャラドスの技で倒せる圏内に入れやすくなる ということが1つ目の理由です。 相手ポケモンを倒すことで攻撃力が上がる特性「自信過剰」と相性が良いといえます。 そして2つ目の理由は、 ドラパルトの恵まれた種族値と耐性・型の豊富さ にあります。 素早さ種族値が142もあるため スカーフを除けばほぼすべてのポケモンに対して上から壁を貼る ことができ、 ドラゴン・ゴーストタイプの持つ優秀な耐性により 受け出しから壁を貼るという動きも可能 です。 更に、その型の豊富さから 選出画面で壁を貼ってくることが予想されにくい という利点もあります。 物理受け・状態異常対策のトゲキッス• ギャラドスはアーマーガア+ドヒドイデのような物理受けサイクルにめっぽう弱く、一方的にダイマックスターンを枯らされて不利な状況を作りがちなポケモンです。 そこで、 このような並びを崩すことができ、なおかつ壁を利用し積み技を使って全抜きを狙えるトゲキッスを第二のエースとして採用しました。 また、壁構築はダイマックスポケモンと同じように 「 あくび」で流して壁ターンを枯らすというメジャーな対策方法 が確立されています。 そこで、 「ラムのみ」を持たせることで対策への対策を施し、 その他の状態異常技にも強いダイマックスエースとしました。 積み技持ちのニンフィア・カビゴン• 壁を利用して戦う戦法として「攻撃が上がる積み技を使って全抜きを狙う」がメジャーですが、他にも 「壁を利用して防御が上がる積み技を使い、要塞化する」というものがあります。 ギャラドスとトゲキッスは前者に相当するので、残りのポケモンには後者の動きを求めることにしました。 今回のパーティは壁を貼って戦うことを前提としているため、ドラパルトを初手で繰り出すことがほとんどです。 そのため、 後続はこちらのドラパルトが相手のドラパルトやスカーフ持ちポケモンと対面した際の引き先になれることが必要 です。 また、基本的にはエースであるギャラドスやトゲキッスをダイマックスさせたいので、ダイマックスをせずとも活躍できる高いスペックを持っていることも必要となってきます。 そこで、スカーフを持つことが多いサザンドラに対して基本的に受け出しが安定し、めいそうで特殊ポケモンを起点にすることもできる ニンフィアと、HPと防御に厚くすることでスカーフを持つことが多いヒヒダルマやドラパルトに対して受け出しから展開することが可能な 厚い脂肪カビゴンを採用しました。 ニンフィアは壁構築の弱点であるあくびも最悪ダイマックスを切りダイフェアリーを使えば防ぐことが出来ますし、カビゴンはダイマックスを切らなくても活躍できるほどの高い種族値を持つため、 臨機応変な立ち回りが可能です。 構築の穴埋めとしてのナットレイ• 以上の5体では上手く壁を貼れていない状態でのギャラドスに対する 電気技、ニンフィアやトゲキッスに対する 鋼技、トゲキッスやギャラドスに対する 岩技、そして相手の ギャラドスやウオノラゴンが重いため、これらへの対策として ナットレイを採用しました。 ナットレイが苦手とする 炎や格闘技持ちのポケモンと対面した場合でも受け出せるポケモンがすでに採用されており、ナットレイの優秀な耐性を活かしたサイクル戦を行うことも可能になりました。 個別紹介 ドラパルト 特性 すりぬけ 性格 おくびょう 持ち物 ひかりのねんど 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:108 特攻:0 特防:0 素早さ:148 実数値 195-112-109-120-95-199 技 シャドーボール リフレクター ひかりのかべ のろい 調整意図 S:素早さ1段階上昇後の準速トゲキッス抜き 解説 高い種族値と耐性を持つからこその壁貼り型 壁貼り要員の持つ性能として最も重要なことが先制で壁を貼ることですが、ドラパルトは142という高い素早さ種族値によってほとんどの場面でそれを可能とするポケモン です。 ドラパルトの耐久値はそれほど高くはないものの ドラゴン・ゴーストという優秀なタイプにより8種類ものタイプの技を半減することが出来るので、「後投げから壁を貼る」という動きも可能です。 例え最速にしてもドラパルトミラーでしか役立つことはなく、そのドラパルトとの対面はカビゴンへの交代を想定しているので過剰な素早さとなってしまいます。 そこで実数値を199として ダイジェットでSが1段階上がった準速トゲキッスの上から壁を貼れる ようにしました。 ギャラドス 特性 じしんかじょう 性格 ようき 持ち物 いのちのたま 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 171-177-99-x-120-146 技 たきのぼり とびはねる パワーウィップ じしん 調整意図 A:可能な限り高いダメージを与えたいため振り切り S:ギャラドスミラーで先制する可能性を高め、かつ最速80族を抜きたいため最速 解説 ダイマックスと相性のいい最強アイテム「いのちのたま」 ギャラドス攻撃種族値125は全ポケモンで考えると高い方ですが、補正をかけない場合だと実数値は177とアタッカーとしては少し物足りない数値です。 だからといって攻撃に性格補正をかけるとなると素早さに補正が乗らないため、環境に多いギャラドスのミラーやトゲキッスに対して有利関係が傾いてしまいます。 そこで、 拘り系アイテムと違ってダイマックス後も火力が反映される「いのちのたま」を持たせることで、微妙に足りないギャラドスの火力を補うことにしました。 持ち物がバレていない状態であれば 相手にとっては想定外のダメージを与えることが出来たり、本来倒せない相手ポケモンを倒すことが出来る ようになります。 攻撃範囲を広げるためのフルアタ構成 ここ最近のギャラドスは「りゅうのまい」を持って起点作成を活かす技構成が主流ですが、 地面技の「じしん」を採用し、最近特に数を増やしているギルガルドやパッチラゴン、ドヒドイデなどに対して弱点を突くことができるようにしました。 これにより突破できる範囲が広がり全抜き性能が高まったため、1体の全抜きをサポートする壁構築と意外にも相性が良かったと感じました。 努力値振りと技構成に関してはシーズン1で結果を残したるどるふさんのトゲキッスを参考にしました。 ニンフィア 特性 フェアリースキン 性格 ひかえめ 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:188 特攻:4 特防:4 素早さ:60 実数値 202-x-109-144-151-88 技 ハイパーボイス マジカルフレイム めいそう みがわり 調整意図 S:無振りアーマーガア抜き 解説 低い防御を補うHBベースの配分 ニンフィアの努力値配分を決める上で最初に考えたのがSラインで、 役割対象で種族値が近いブラッキーを確実に抜くために実数値を87 としていました。 実際に使用してみたところ、 アーマーガアと同速勝負になってしまうことがあったので1増やし、最終的に88 で決定し、残りは全て物理耐久方面に振り切りました。 流すことが役割である「あくび」持ちポケモンはなるだけ多くの相手に動くことが重要なので、この耐久の高さが役立つことはかなり多いです。 有利対面での安定技「みがわり」 ニンフィアの技「みがわり」は主に 特殊ポケモンとの対面で使用し、上手くいけば大きなアドバンテージを得られる強力な技です。 「めいそう」を積んでいない状態でも、無振りピクシーの「ムーンフォース」程度の火力であれば「みがわり」は壊れません。 他にも、ドヒドイデの「どくどく」やブラッキーの「あくび」等の変化技を透かしてめいそうを積みにいくこともできます。 また、「みがわり」を貼ったターンにドリュウズやアーマーガアなどの鋼タイプに引いてきた場合でも、「マジカルフレイム」を採用することにより打点を持つことができ、 有利状況を継続する技として非常に優秀でした。 ただし、技「みがわり」はドラパルトやシャンデラが持つ 特性「すりぬけ」に弱く、例えば ドラパルトに対して有利対面だと思ってみがわりを貼ってしまうと「ダイホロウ」等の技で大ダメージを受け、その後「みがわり」を貫通し倒されてしまうので注意が必要です。 カビゴン 特性 あついしぼう 性格 わんぱく 持ち物 カゴのみ 努力値 HP:220 攻撃: 防御:252 特攻:0 特防:36 素早さ:0 実数値 263-130-128-x-135-50 技 ヒートスタンプ アイアンヘッド のろい ねむる 調整意図 HD:実数値をH=B+Dとなるように調整 B:振り切り 解説 壁下であらゆるポケモンを起点に このポケモンは弱点が格闘タイプしかないため多くのポケモンと打ち合える性能を持っています。 そこで、技「のろい」起点にできる範囲をさらに広げるために数値の低い防御に努力値を振り切り、余った努力値を最も総合耐久値が高くなるH=B+Dとなるように調整 しました。 これにより特定の相手専用の耐久調整などはありませんが、 全てのポケモンと打ち合うことを考えたときの理想の配分となりました。 また、特性「あついしぼう」により氷と炎タイプを半減できるため、 ヒヒダルマの「つららおとし」を受けて起点にできる貴重なポケモンの1体でもあります。 「ねむカゴ」型における想定外のメリット 積み技と回復を繰り返して相手を詰ませる最もメジャーな型として「食いしん坊リサイクル型」がありますが、 この構築においてはヒヒダルマの氷技を受けるという重要な役割を担っているため、特性を「あついしぼう」にせざるを得ませんでした。 そこで今回は、構築経緯でも述べた通り 壁を活かした要塞化を図りたいため、特性「あついしぼう」でも回復することが可能な「ねむカゴ型」とすることにしました。 ねむカゴ型は1回だけ無償でHPと状態異常を全回復することができますが、2回目以降はHPと状態異常を全回復する代わりにねむり状態になってしまうという弱点が存在します。 しかし、 今シリーズのルールはいわゆる「TOD」と呼ばれる戦術が可能で、技「ねむる」にはこの弱点を加味しても有り余る強さがありました。 カビゴン以外のポケモンで相手ポケモンにダメージを与えてHP割合での有利を取った後カビゴンを繰り出し、総合時間が切れる最終ターンに「ねむる」を使用することで勝つことができた試合は数えきれないほどでした。 環境を意識した2ウェポン このパーティの壁を活かしてカビゴンは技「のろい」と「ねむる」で要塞化し、全てのポケモンと殴り合います。 そこで、 環境に存在するなるべく多くのポケモンに等倍以上で打てる2つの技の組み合わせを採用することで「全てのポケモンと殴り合う」性能を極限まで高めました。 ナットレイ 特性 てつのトゲ 性格 のんき 持ち物 フィラのみ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 181-114-201-x-137-22 技 ジャイロボール ボディプレス やどりぎのタネ てっぺき 調整意図 HB:物理ポケモンとの打ち合いに勝ちたいため振り切り S:「ジャイロボール」の火力を上げるために最遅 解説 対アーマーガア入りにも選出できる「鉄壁ボディプレス」型 構築経緯でも述べましたが、ナットレイは構築の穴埋めとして苦手な部分をカバーする意味で採用しました。 ギャラドスと同時に選出することを考えると、ギャラドスが止まりやすいアーマーガアに対して打ち勝てれば選出の幅が広がると考え、それを可能とする「鉄壁ボディプレス」型で採用 しました。 また、ダイジェット持ちのギャラドスやトゲキッスはミミッキュ等の 「 トリックルーム」で切り返されるパターンが多く、逆にその「トリックルーム」を利用できるこのポケモンは補完としてとても 優秀でした。 選出パターンと立ち回り この構築においての選出パターンは大きく分けて2つあります。 1つは ドラパルトで壁を貼って他の2体のサポートをしながら戦う選出パターン、もう1つは 壁を貼らずに戦う選出パターンです。 相手のパーティを見極めて選出を柔軟に行うことが勝利へのカギとなります。 壁+ダイジェット+補完ポケモン 1つ目の選出パターンは、ドラパルトで壁を貼りダイジェットエースまたは他の積みポケモンを通していく、この構築においてはメインとなる選出パターンです。 壁を貼った後、相手ポケモンの並びを崩していけそうな場合はこの選出をします。 補完ポケモンの枠には、 初手のドラパルトが何もできずに上から倒されてしまう相手ポケモンに対しての引き先を選びます。 壁を貼った後のギャラドスが通していけそうな場合 はこの選出です。 初手のスカーフサザンドラに上から「りゅうせいぐん」を打たれてしまうと ドラパルトが壁を貼れずに倒されてしまうため、その引き先として裏にニンフィアを用意 します。 壁を貼りながら相手のポケモンを削り、ダイマックスギャラドスを上手く通していくのが基本的な立ち回りです。 相手のパーティにアーマーガアやナットレイ等の ギャラドスの物理技を受けられ、かつ回復手段を持っているポケモンが複数入っている場合 や、ブラッキー・オーロンゲ等の 状態異常技を持っているポケモンが入っている場合 は、トゲキッスを選出します。 3体目は、 こちらのドラパルトと相手のドラパルトやヒヒダルマが対面した場合の引き先 としてカビゴンを選出します。 ドラパルトとカビゴンでサイクルを回しながらダイマックストゲキッスを通していくパターンが基本ですが、カビゴンで相手のドラパルトやパルシェンなどの物理ポケモンを起点にして「のろい」を積み、そのまま全抜きすること可能です。 壁貼り展開での立ち回りにおける注意点 壁を貼る展開におけるありがちな負けパターンとして多いのが、 壁ターンを上手く枯らされ、壁ターンが切れた状態で相手のエースポケモンに全抜きされる パターンです。 これはドラパルトに限らず、オーロンゲやエルフーンなど他のポケモンで壁を貼る展開においても同様です。 この負けパターンを減らすための方法は2つあります。 1つは 壁を貼った後に壁貼りポケモンを切らずに残し、壁が切れた後にもう一度壁を展開できるようにする 方法、もう1つは、 壁を貼った後「のろい」で退場できる体力の場合はすぐに「のろい」で退場する 方法です。 どちらの方法を選ぶかは相手のパーティや状況次第ですが、 中途半端に壁貼り要員で居座り続ける立ち回りはなるべく避けた方が良いです。 壁を貼らない選出パターン 壁を貼らずに相性補完だけでサイクルを回し、 数的有利を取って勝利することを目的とした選出パターン です。 相手のパーティがあからさまに 受け回すことを狙ったような並びに対しては、ドラパルトが壁を貼る時に受けたダメージを利用されそのままTODをされてしまうことを防ぐためにこの選出を行います。 また、こちらの積み技を利用し逆転を狙ってくるメタモン入りのパーティに対してもこの選出を行います。 例:ニンフィア+カビゴン+ナットレイ• ドヒドイデ+アーマーガア+メタモンや、ブラッキー+ドリュウズ+ドヒドイデのような並びに対してはこの選出をします。 サイクルを回しながらいずれかのポケモンでダイマックスを切って数的有利を取り、受け回しながらTODによる勝利 を狙います。 こちらのニンフィアと相手のドヒドイデやブラッキーが対面することができれば確実に「みがわり」を残すことができるため、有利な展開に持ち込むことができます。 終わりに 以上が今シーズン使用した壁ドラパルト構築の紹介となります。 対面構築ほどではありませんが序盤の動きはあらかじめ決まっており、選出パターンさえ把握すればある程度使いこなすことが可能なので、この記事を片手にぜひとも使用していただければと思います。

次の