ルシファーhl 水。 ルシファーHARD 水パソロ

ルシファーHARD 水パソロ

ルシファーhl 水

こんにちは、パイズリ団に所属しているズリと青い鳥です。 書きたくないので、ルシH水ソロの記事を書こうと思い、今に至ります。 ゲームについて文字に起こしてブログとするのは今回が初めてなので、至らぬ点もあるかとは思いますが、どうかよろしくお願いします。 編成 1. 1 使用キャター キャラは画像1の通り。 詳しいことは後の立ち回りで書きますが、順番にもちゃんと意味があります。 95までの間に1回目のポースポロスでカタリナを落として裏からハーゼ、2回目のポースポロスでウーノを落として裏から。 35のパラロスでハーゼを落として裏からウーノ登場、という流れです。 では次にそれぞれのキャラの仕事をまとめます。 1:ルシ水ソロにおける編成キャラ 【主人公:ター】 ターのスキンがみたいで嫌いなのでアサシンスキン被せてます。 えっち!アビリティはリヴァイヴ、悪夢の再演、ダブルアサシンです。 リヴァイヴは落としたウーノを蘇生させるために使用します。 再演は秘器の数盛り。 ダブルアサシンは無属性試練解除や動きに幅を利かせるために採用しました。 使用秘器を図1. 2に示します。 2:ルシ水ソロで使用した秘器一覧 白煙弾+:ポースポロス、 60を除く 、・アポカリプスの特殊技をほぼ無傷で突破することができます。 すごく大事。 ルーンナイフ:ディスペル。 赫刃レベルを1下げることができます。 それに加えてマリアがサブにいるときは追加ダメージ+攻防累積デバフ、フロントにいる時は咎人デバフを付与することが出来ます。 すごく大事。 スロウパウダー:スロウ。 パラロス受けの調整や、イブリース回避に使います。 レイオマノ:無属性試練用。 それだけ。 モラールショット:防御up用。 たくさん持ち込み可能なので、とりあえず使うのなかったらガンガン使ってカチカチになろう。 ツイルコート:防御用。 60で使う。 他にも羽の特殊技を受ける時や、図1. 3のような状況での平均化無しでフェデルタ 3アビ を使えそうなときにHP微調整用として使いました。 あと25以降の通常攻撃に対しても過信は禁物だけど使えます。 3:全員ほぼ瀕死の状態 アサシンブレード:火力盛り用。 黒翼バフ中は与ダメ上限が30万に固定されてしまうので、如何にして追撃を増やして火力を出すかが重要だったので、その点において重宝しました。 リフレイン:オバチェ試練解除用。 確定で使うのは50以降の試練解除のみ。 50までに1個さえあればいい。 フェデルタ+バハ召喚で主人公が奥義撃てる時はかなりDPTを稼ぐことができます。 【カタリナ】 前述した通り、1回目のポースポロスを受けることで退場し、ハーゼの正位置効果を引き起こす用。 ただ仕事はそれのみではなく、2アビのディスペルガードは主人公のアサシンブレード追撃バフのガード、リジェネはカトルで延長することで5ターンの間で5000回復に貢献してくれます。 【カトル】 デバフ+奥義スロウ+30回攻撃試練+弱体試練要員。 運に左右されることもあるが、ルシソロにおいて凡ゆる仕事をすることができます。 ただLBにHPupが無いため、他キャラに比べて耐久が圧倒的に脆いです。 ちなみに僕がの中で一番好きな男キャラで、久遠の指輪を一番最初に渡したのはカトルです。 【ウーノ】 前述した通り、2回目のポースポロスを受けることで退場し、の正位置効果を引き起こす用。 また35以降はハーゼをパラロスで落としてフロント復帰、35〜10における攻防の要として仕事をしてくれます。 後述しますが、25以降は2アビと3アビは絶対にセットで使うこと。 【ハーゼリーラ】 永続デバフ、高命中率のスロウによる遅延、月バフによる防御バフと追撃を盛ることが出来ます。 僕が一番最初に取得した賢者ですが、本当に使う場所が無かったので、今回のルシ水ソロで活躍の場があって、嬉しいと同時に少しホッとしています。 前述した月バフによる防御バフと追撃ですが、パラロス受けや30回攻撃試練解除に大きく貢献してくれます。 奥義後のターンの時点で月バフはlv2となりますが、すぐ3アビを2回使うことでlv4となり追撃が付与されます。 またハーゼ 1アビについて。 【マリア】 パイズリ賢者。 サポアビによる咎人デバフ、2アビによる全体化、また扱いづらい+防御バフを持っています。 あと胸がデカい。 2アビを使う時に対象の奥義ゲージを100に調整しておくと全体パンバも出来たりします。 2 武器 使用武器を図1. 4に示します。 4 ルシ水ソロで使用した武器編成 【メイン:ガロット 天聖 】:攻防累積デバフを更新し続けることができます。 あとDA率が少し上がります。 第三スキルの守護もどきは加護が乗らないのでそこまでHP伸びないです。 【絶対否定の杖 第二スキル:アビダメ上限,第三スキル:渾身 】:アビダメ上限を伸ばすことで、発動頻度の高いのサポアビによるディスペル追加ダメの上限を上げることができます。 フェデルタを使用後に16ターンの間ルシの攻撃を耐え切れるかどうかを基準としてHPを決めました。 3 召喚石 使用召喚石を図1. 5に示します。 5 ルシ水ソロで使用した召喚石 【メイン:ヴァルナ】【フレ石:ヴァルナ】 召喚時のダメージがアビダメ扱いなので、トリガーを踏み込みたい時、特に75を踏む時に良い仕事をしてくれます。 また腐敗による弱体試練解除、追撃を乗せてTA率を上げることで30回攻撃試練解除へ貢献してくれます。 【黒】 35で使います。 固定枠。 【ハールート・マールート】 弱体個数盛り用。 DA率がミリ上がります。 固定枠。 【】 攻防累積バフ用。 たくさん召喚してカチカチになります。 固定枠。 【バハムート】 ステ盛り、奥義ダメ盛り用。 ステが凄まじく高いので攻撃力、HPを大きく伸ばすことができます。 以前はこの枠にやスを入れていましたが、最終的にステ盛りと時短目当てで入れました。 自由枠。 立ち回り 全体を通してルシ水ソロは時間不足になりがちなので、出来るだけ動きを頭に入れてサクサク動いていくことが大切だと思いました。 次に各HPにおける自分が意識したことをまとめました。 1 100〜75 75〜50でも共通することですが、100〜50のではルシのOD CT技がイブリースとなります。 これを受けると高確率で失敗になるので、ひたすらスロウパウダーで遅延を行います。 また100〜75においては大きく3つのポイントがあると思います。 1 かばうキャラを落とすことによる賢者の正位置発動 前述した通り、開幕から1回目と2回目のポースポロスでそれぞれカタリナとウーノを落とします。 それまでにカトルの2アビでグラビティを入れないようにします。 2 パラロス受けによる黒翼バフの遅延 89くらいでルシがパラロスを発動する状態になりますが、ここまでに2回召喚、モラールショット盛り、月バフ なるべく高レベル でひたすら防御バフを盛ることを意識します。 ここまで盛れば大体パラロスのダメージは1. 5万〜2万くらいに抑えられます。 3 75をアビダメで踏む 弱体対策。 76までにカトル1. 2、1、ヴァルナ召喚2回分を残しておくこと意識します。 76を踏んだらカトル2以外を順番に使っていき、75になった瞬間にルーンナイフを使用します。 これによりの弱体6つを満たすことができます。 絶対に回避。 その後カトルの2アビが余っていれば、CT技のポースポロスを受けた後に赫刃を下げるのも兼ねてグラビティ目的で使います。 100〜75はある程度パターンを組むことができるので、僕は表にまとめて固定ムーブを組んでいました。 1に100〜75の僕なりの動きを示します。 文字が小さいので拡大して見てください。 1 ルシ水ソロにおける100〜75の固定ムーブ 2. 2 75〜50 100〜75と同様にポースポロスは白煙弾、イブリースは受けないことを意識して進んでいきます。 ここでスロウパウダーをかなり消費することになりますが、50以降はあまり使う機会がないので50までに使い切るくらいの気持ちでガンガン使います。 ツイルコートを使用してダメージカットをします。 またこのでは3つポイントがあると思います。 1 黒翼バフの扱いの変化 100〜75と同様に75〜50のでも羽は黒翼バフを付与し続けて来ます。 しかし、100〜75と違い、75〜50では黒翼バフに加えて、による属性耐性バフが付与されます。 そのため奥義を除いて与ダメが30万を超えることはあまりないので、無理にパラロス受けをして黒翼バフを遅延を行う必要が無いと判断しました。 2 フェデルタについて フェデルタは味方全員が瀕死 HP赤ゲージ 時に使用することのできる起死回生アビリティですが、これを使用するに当たって、このにおいて注意することがあります。 それは生命の果実バフによる回復です。 1に2アビを使用するとカトルが瀕死から緑ゲージに復帰しかねない状況の画像を示します。 この状況では2アビで全体瀕死を狙うのではなく、ツイルコートでダメージ調整したながら、ルシの通常攻撃で全体を瀕死状態まで調整してもらうのが一番良いと思います。 1 生命の果実バフの回復によりフェデルタが使用できない状況 2. 3 試練へ向けた準備 後述しますが、50〜35は間違いなくルシ水ソロにおける最大難所であり、ここを突破するためには円滑な試練解除が必要です。 それを行うに当たって下記アビリティを試練のために温存する必要があります。 以下に示すものが試練解除に必要と僕が考えたアビリティです。 3にて説明します。 3 50〜35 個人的にルシ水ソロにおいて一番の難所です。 試練解除を手際良く解除するために順序を頭に入れることは勿論のこと、多少の運が絡んでくるのがとても辛いです。 ここでは試練を解除する順番にまとめていきます。 解除する試練は2 水属性ダメ1000万 、7 無属性 、8 オバチェ 、9 30回攻撃 、10 弱体10個 、11 パラロス受け です。 1 試練7 試練7は相手の攻撃が自分の属性の有利属性となるバフです。 被ダメージが1. 5倍になるので50を踏んだ後真っ先に解除します。 また試練発動時に赫刃が付与されるので1で消去します。 2 試練2. 8 試練2は相手の水属性攻撃力が上がっている状態、試練8は相手の攻撃が全属性カットを無視して行われる状態です。 25以降のパラロス受けにこの試練解除は必須なのでここで行います。 またここでオバチェ試練を行うのには奥義バフによる試練9解除への貢献の意味も兼ねています。 この時バハムートを一緒に召喚できるとかなり大きく削れます。 3 試練9. 10 試練9. 10はそれぞれ毎ターンHP回復、毎ターン僕たちに弱体付与が行われる状態です。 このうちの弱体付与が鬱っっっっっっっ陶し方仕方がない。 キショい。 解除しよう! 手順はヴァルナ召喚、カトル1. まずは試練10について。 弱体10個は以下に挙げたものにより解除されます。 ハルマル:2 ハーゼ :1 咎人:1 攻防累積:2 グラビティ:1 ヴァルナ召喚腐敗:1 カトル1のランダムの中から2つ カトル1 DAdown. TAdown. 暗闇 上記の手順で行うことで日頃の行いが良ければしっかりと試練は解除されるはずです。 次に試練9について。 試練9の解除のためには追撃をたくさん乗せて連撃することが求められますが、追撃を一つでも多く乗せるためにハーゼの月バフを利用します。 フロントメンバーと並びに意味があると前述したのは、ここで試練11による新しいバフ2つ消去による月バフの消去を防ぐためです。 現時点でのフロントはハーゼ2番目、カトル3番目となっていますが、1つ前のターンでオバチェした際にバフが月バフ、連撃バフ DAup. TAup の順で付与されます。 こうすることで試練9解除ターンで月バフを残し追撃を増やすことが可能となっています。 4 試練11 試練11は毎ターン僕たちのバフを新しいものから2つ消去していくものです。 クソ邪魔。 出来るだけはやく解除したいですが、僕の水パには35より前にパラロスを受ける耐久力はないので大人しく35まで解除されるのを待ちます。 4 35〜25 めっちゃ簡単。 また25以降は召喚ができなくなるので、この時点で出来るだけ召喚をすると良いと思います。 5 25〜10 通常攻撃がアホみたいに痛くなります。 通常攻撃が痛すぎて CT技、特殊行動の• アポカリプスの方が楽に思えるほどです。 実際に楽 このでは通常攻撃に対してツイルコートやウーノ3を使用して防ぎます。 頑張ろう。 この時にウーノ2+ツイルコートを行うとルシの攻撃が全てウーノに集中して確実に落ちます。 なのでウーノ2とウーノ3は確実にセットで使います。 アポカリプスに対しては白煙弾+を合わせることで対処していきます。 このでは赫刃を如何に低く保てるかが重要になります。 この上がり続ける赫刃を低く保つためにが撃たれる度にディスペルを2枚使うことになりますが、ディスペルの組み合わせに注意します。 ディスペルの手段としては• ルーンナイフ• ダブルアサシン ルーンナイフ• カトル2• 3 がありますが、出来るだけ[主人公+カトル][主人公+]の組み合わせで行います。 特に[カトル+]でディスペルを行うと後の赫刃をとても下げづらくなってしまうので、僕はこの組み合わせで行いました。 6 10〜0 最後です。 途中に• アポカリプスの特殊行動はないので25〜10ほど赫刃地獄に苦しめられることはないと思います。 10と3でパラロスが来るのでウーノ3アビを使って防ぎましょう。 10と3の間は1回はウーノ3使っても3までにリキャスト戻ってくるので通常攻撃に合わせていきます。 また温存していてウーノ4アビも1ターンの通常攻撃を凌ぐためだけに使います。 途中や最後の押し込みの際にリフレインを挟むと大きくHPを飛ばすことができるので勝利に近づくと思います。 7 クリア! ということで、無事ソロ達成!相手ボスが消えていくところでスクショ撮るの大好きです。 かっこいいので。 2がそれですね。 2 終末を凌駕して霧氷の翼となったズリと青い鳥の図 そして称号獲得を図2. 3、リザルト詳細画面を図2. 4に示します。 嬉しくて図2. 3の状態で暫く放置してました。 時間は意外と余裕がありましたね。 50を過ぎた時点で上の時間表示が00:12だったので、かなり焦ってましたが、試練をサクサク突破出来たので50以降は円滑に処理することが出来ました。 3 称号獲得の瞬間 図2. 4 詳細リザルト 動画も撮ることが出来たので、合わせて見てくれると嬉しいです。 終わりに 初めてゲームについてのブログを書きましたが、とても長くなってしまいました。。 しかしよりも圧倒的に書きやすく、そして楽しく書くことができました。 これこそが"努力は夢中に勝てない"ということなのでしょうか。 ゲーム内容についてですが、普段全く日の当たる機会の無い技巧水パやハーゼリーラ、3アビを活躍させることができて本当に楽しかったです。 次は高難易度コンテンツのみならず、貢献度を競い合うコンテンツで技巧パや水賢者を使えたらいいなと思います。 やっぱり水パが好きなんですわ。 最後にルシ水ソロ討伐達成に至るまでに複数人の方から練習として自発の提供をして頂きました。 この場を借りてお礼申し上げます。

次の

迫真ルシファー部・水属性の裏技

ルシファーhl 水

Lv1 ルシファーHL 水 に挑みたいのですが… 水属性ばかりを強化している微課金者です。 5凸終末武器の強さに惹かれ是非とも作成したいと思いましたが、素材をドロップするルシファーHLに挑むことすら出来ていません。 ルシファーHLは難しい上に、挑戦可能な装備の敷居が非常に高いためどのようにしたら挑めるか悩んでおります。 そこで、今後どのようなものを揃えていけば挑戦可能な段階にいけるのか、装備をどのようにするかを教えていただきたいです。 自分の手持ちは、 キャラ:リリィ、エウロペ、カトル、ウーノ、ハーゼ、ロミオ 武器:ミュル1、青玉3、フィンブル3、リリィ杖1 無凸 、終末4凸、ロペ琴3、RQ琴 石:ヴァルナ メイン 、テュポーン 無凸 、アテナ 無凸 、ルシフェル 5凸と無凸 、黒麒麟 3凸 、ガブリエル 3凸 です。 まだランクが210に到達していないため、とりあえずランク上げは必須だとは思っています。 ご回答のほど、よろしくお願いします。 動画もあるのでそちらを見るのも良いでしょう。 トリガーも軽いのでとりあえず練習、みたいな感じで立てるといいですが、野良山は割と当たりはずれが大きいです。 ディスペル枚数が足りない、とかパラロスで積みそう、とかそういう場合に他の人に石ないか尋ねる簡単なコミュニケーションが取れるかどうかが攻略のカギです。 Lv22 フロントはリリィ、カトル、エウロペが安定。 慣れるまではサブウーノがオススメです。 流石に無凸リリィ杖は採用できないです。 サザエでなくリヴァ短剣な理由は、バハなどのバフ抜きに奥義上限届くことが少ないこと、通常攻撃のダメージを少しでもあげた方が結果的に火力が上がるためです。 フィンブル3の理由は水が試練越えてからはHP減ることが少ないためです。 試練はバハを貰ってからリリィ2、カトル1、ロペ3を本体に使ってからフルチェで突破できます 石はその中だとテポ、アテナ、ルシ、黒麒麟ですね。 ただ、カーオンが無凸でもあるなら採用も選択肢です。 メンバーの了承がもらえるならカーオン2枚 片方は火鞄3凸でもよい を採用して4ターン目にエウロペ2、リリィ1、カトル3を使用。 最初のクリアというだけなら水の動きやすさが変わりますので、先程書いた通りメンバーの許可がもらえたなら選択肢に入ります。 具体的な立ち回りとかトリガーに関しては動画や実際に経験された方がわかりやすいかなと。

次の

♣️【グラブル】5周年記念から始めた水パでいく『ルシファーHL完全攻略②』

ルシファーhl 水

ハーゼリーラ 当然っちゃ当然ですが、正位置運用になります。 命中率も永続デバフのおかげか開幕以外ミスしたことないです。 25以降は1アビ2連打する意味がないため、HP凹んでるキャラに打ってあげるくらいです。 3アビ アルタイルの3アビ(CT7)をCT5にしてバフまでついてると書けば強力さがわかりやすいかと思います。 マリア入れてるので、使用感というか、使い方を フロントは動画の3人でほぼ確定なので、サブに置きます。 サブにマリアがいると、ディスペル効果を発動した際に累積攻防ダウンと追加アビダメを発生させることができます。 種族もドラフのため、ゴフェル・アークもそのままスルーできます。 また、万が一フロントの誰かが落ちても、女帝の正位置で付く義憤の冠により、 咎人をルシに付与している間は全員の攻撃力が別枠で上昇し、水属性追撃が付きます。 咎人はディスペル効果を当てることで3ターン付与することができます。 まとめますと、必須ではありませんが、いると色々と幅が広がるので、余裕があるのであれば取得をオススメします。 余談ですが、カッツェリーラもルシ適正かなり高いので、ルシをどの属性で挑むかでも賢者の取得順は変わって来るかもしれません。

次の