赤ちゃん が 喜ぶ 音楽。 赤ちゃんが寝る音楽 ディズニーやさしいゆりかごオルゴールメドレー / Disney musicbox selection.

現役ママが選ぶ!赤ちゃんが泣き止む&喜ぶ10個の音楽&動画!!

赤ちゃん が 喜ぶ 音楽

出典: ロッテのソフトキャンディー「カフカ」のプロモーション動画です。 ママたちの間で「子供が泣き止む動画」として話題になりました。 YouTube公開41日で再生回数100万回を突破し、2013年の世界最大級の規模を誇る国際広告賞「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」のサイバー部門にて銅賞を受賞するなど、 世界も認めた子供が泣き止む不思議な動画として絶大な人気のある不思議な動画です。 安らぎ感とふかふかの食感を体現したゆるキャラの「カフカ君」がキャンディーを食べる事によってどんどん「ふかふか」なって空を飛んだり虹の上でダンスをしたり風に吹かれながら旅をする姿は、かわいらしく時には大胆に音楽も緩やかだったりアップテンポになったりと飽きのこないストーリーとテンポ感になっています。 赤ちゃんが泣き止む動画として話題の「ふかふかかふかのうた」はゆるキャラのカフカくんの人気も手伝いYouTubeで1,000万回再生の大ヒットです。 動画を紹介しつつ、なぜ泣き止みの効果があるのかカフカくんのプロフィールと共に解説します。 まさかの科学的根拠?! 実はこの動画で泣き止む赤ちゃんが多いのは赤ちゃんが泣き止むように計算されて作られているからなのです。 「ふかふかかふかの歌」動画の監修をした日本音響研究所の鈴木松美音響博士によると、 小さな子供が初めて見たり聞いたりするものに対して疑問を感じ興味を示す「定位反射」という反応を利用し、いろいろな効果音、高めの周波数、転調する科学的歌い方などで子供の定位反射を促すことによって泣くことを忘れてしまうという科学的根拠が隠されています。 ロッテが0歳~3歳の52人の子供を対象に実施した調査では 96. 2%の子供が泣き止んだという結果になりました。 こんなゆるく可愛らしいキャラクターのかもしだす動画にそんな秘密が隠されていたとは驚きです。 可愛らしい「カフカくん」のDVD付きの絵本などのグッズも販売されています。 DVDは車でのお出かけ時にも使えるのでとても便利です。 キッズステーションで大人気!パパンがパンダ! 出典: CSやケーブルで観る事ができる子供向けの番組が多いキッズステーションチャンネルで不定期に放映されている「パパンがパンダ!」というショートアニメがあります。 程よい悪ふざけとゆるふわ感が子供から大人まで人気のある秘密ではないでしょうか? 多少お下品なところもありますが癖になるという方が多いようです。 軽快な手拍子に合わせて6匹の愉快な仲間たちが楽しい振り付けで踊ってくれる「パパンがパンダ!」はなぜか気持ちを明るくしてくれたり嫌な事を忘れさせてくれたりする音楽で、シンプルで独特なリズムが頭から離れず思わず口ずさんでしまいます。 歌詞や振付けがお下品という事で子供に観せるのはちょっと抵抗があるという方もいらっしゃると思いますが、赤ちゃんが泣き止む効果が隠されていると話題になっていて、実際「パパンがパンダ!」の動画を見て赤ちゃんが泣き止んだ!という声も多いのです。 人気が高い事から今はシリーズ化もしており多数のアニメ映像があり公式YouTubeで観られる他にDVDも販売されています。 赤ちゃんのギャン泣きが激しくて困っているという方は試してみるのもいいかもしれません。 優しいムーニーちゃんのおまじない 出典: ユニ・チャームから生まれたキャラクター「ムーニーちゃん」には感動の誕生ストーリーがあります。 優しい心の持ち主のムーニーちゃんの事を知ると、より一層この曲が好きになるかもしれません。 「ムーニーちゃんのおまじない」は 泣き止み定位反応を利用したあやし歌になっています。 ぐずり泣きをしている生後3カ月~17カ月の赤ちゃん56名を対象に実施した調査で 96. 4%の赤ちゃんが泣き止んだという結果が出ています。 優しいムーニーちゃんの声がスローになったり少しアップテンポになったり、ぐずり泣きも本当に忘れちゃうかもしれません。 ただ泣き止む確率が高いというだけではなく、 根拠をしっかり持って作られているようです。 泣き止んだという声がとても多い3曲、赤ちゃんが泣いて困ってしまった時にはぜひ試してみてください! パンダディスコのテーマソング! パンダディスコとは数多くのテレビ番組・ラジオ番組を担当している放送作家たちが、幼児・児童とその保護者を対象にし、パンダや着ぐるみを着たダンサー達と子供たちが楽しくダンスができるというキッズディスコイベントです。 そのパンダディスコのテーマソングが赤ちゃんが泣き止む曲として話題になっています。 パンダの動きがたまらないワンダーパンダー ポップな感じの曲調で大人でも楽しめます。 思わず口ずさんでしまうメロディーとパンダの動きが赤ちゃんにはたまらなく楽しいようです。 一見単調に見えるパンダの動きですが、いきなり分裂してみたり、暗くなったりと変化があるので、赤ちゃんには 映像を見せながらの方が効果はあるかもしれません。 乗りの良い楽しい曲です。 アニメ版の他に振付け版もあります。 赤ちゃんが大きくなったら振付を覚えて、親子イベントのパンダディスコで踊れたら楽しいかもしれません。 赤ちゃんが泣き止むCMソング 短い印象のコマーシャルですが、ピタッと赤ちゃんが泣き止む事があるそうです。 泣き止む効果の高いといわれるロッテのカフカ「ふかふかかふかのうた」もCMソングですが他にはどのようなものがあるのでしょうか。 赤ちゃんが泣いているときにふとテレビから聞こえてきて赤ちゃんが泣き止んでくれたらママは助かります。 赤ちゃんがピタッと泣き止む奇跡のCM「タケモトピアノ」 出典: 財津一郎さん出演の「タケモトピアノ」のCMは1997年から放送が開始されました。 当初は関西・関東地区限定のCMでしたが今では全国で放送されていて、放送開始から現在に至るまで一度も作り替えられていないそうです。 あるテレビ番組をきっかけに「タケモトピアノ」のCMが流れると泣いていた赤ちゃんが泣き止むと話題になったそうです。 魔法のCMソングとして育児雑誌にも取り上げられたほどの反響だったようです。 に動画があるので、魔法の曲で赤ちゃんを泣き止ませてみましょう! 赤ちゃんが泣き止む理由 赤ちゃんの興味を引くものとして、音がランダムで飽きない、本能的に振り向いてしまう音が多い、音楽の途中でリズムが変わるなどの要素が詰まっている曲であり、また、財津一郎さんの歌声が 赤ちゃんにとって心地よいとされる440ヘルツの音域に合っているためだといわれています。 確かに、「タケモトピアノ」のCMが流れるとついテレビに見入ってしまう印象を強く感じます。 そしてなかなか頭から離れません。 赤ちゃんの興味をも引き寄せてしまうすごいCMソングです! 動きがピタッと止まるライザップCM 赤ちゃんが泣きやむか笑うといわれるライザップのCMですが、大人の私たちでもライザップのCMが流れると目がくぎ付けになります。 映像もそうですが音楽に引き付けられます。 長い時間泣き止み効果は続かないとの声もあるようですが、ライザップの音楽の中でも 低音部分に泣き止み効果があるようです。 赤ちゃんはタケモトピアノのCMもライザップのCMも、画面ではなく音が気になっているようです。 テレビで流れるCMを気に入って振り返る赤ちゃんはよくいるらしく、泣いていたのに泣き止む事も少なくないようです。 NHKの幼児向け番組で放送され話題に! NHK教育テレビの人気幼児向け番組「いないいないばぁ」のコーナーで流れていた音楽です。 赤ちゃんが泣きやむと話題の3曲はとても人気の高い楽曲となっています。 高確率で赤ちゃんが泣きやむゴミ収集車の歌「ポイブーブー」 幼児向けに作られたゴミ収集車をテーマにしたちょっと変わった曲です。 ゴミ収集車のような特殊用途自動車をテーマに使途した曲はとても珍しいのですが、ゴミ収集車や仕事に対する賛歌という意味も込められているのではないかと、ママ達大絶賛の育児にとって革命的な歌とされています。 メロディーやアニメーションがユニークなだけではなく、高確率で赤ちゃんが泣きやんだり、癇癪や不機嫌が治まるという声がとても多い「ポイブーブー」はアニメーションも可愛く、独特のリズムと雰囲気で赤ちゃんが泣きやんだり子供たちに人気なだけでなく、大人も虜になってしまうような音楽動画です。 とんとんトマトちゃんで泣いていた赤ちゃんが笑顔になる 歌も単調でニコニコしているトマトちゃんがとても可愛らしい音楽動画です。 日本の子供向けソングとして放映されていた「とんとんトマトちゃん」ですが、「可愛すぎる!」と海外からもたくさんのコメントが寄せられたそうです。 単調ながらも「とんとんトマトちゃん」のフレーズがテンポよく耳に残りやすいのですぐに覚える事ができ、赤ちゃんが泣いてもすぐにママが口ずさんであげられる可愛らしい歌です。 元気な行進曲ワンツーパンツー! 桃のような可愛らしいお尻で、てんとう虫の可愛い水玉パンツ、しまうまのシマシマのお洒落なパンツ、私のいちごのパンツ、僕の車のパンツと次から次へ「ワンツーパンツー!」と大行進する、店舗の良い明るいパンツ行進曲です。 あまりにも楽しい曲なので菓子をちゃんと知りたいと調べているママも少なくないようです。 後ろからのお尻だけのパンツ姿の映像で「誰かな?誰のかな?」とクイズ形式になっているので、歌いながら赤ちゃんへの語りかけにもなります。 パンパカパンパンっパンパカパンパンっとアップテンポな曲調なので思わず笑顔になってしまいます。 テレビで観たり聞いたりすることもできるので、赤ちゃんにとっても覚えやすいのかもしれません。 幼児向けの可愛い音楽なので入りやすく明るい曲調のものばかりです。 ママも一緒に歌ってあげるなど、親子で楽しく音楽にふれる良いきっかけにもなります。 不動の人気アニメのアンパンマンの主題歌 赤ちゃんはみんなアンパンマンが大好きです。 必ずと言っていいほど通る道ではないでしょうか。 丸くて3頭身、親しみやすい体系のいつも笑顔で身近な存在のアンパンマンは子供たちに愛されています。 そんなアンパンマンの主題歌を耳にすると泣いていたはずの赤ちゃんも泣くのを忘れてしまうようです。 オープニング曲「アンパンマンのマーチ」 アンパンマンの歌といえば「アンパンマンのマーチ」を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか。 イントロをちょっと流しただけでも泣き止むという赤ちゃんもいるようです。 よく聴くととても勇気付けられる曲で、 「愛と勇気だけが友達さ」のフレーズがとても心に沁みます。 エンディング曲「勇気りんりん」 アニメ「それいけ!アンパンマン」のエンディング曲で、「アンパンマンのマーチ」同様に人気のあるアンパンマンの歌です。 登場するメインキャラクターの名前が入っている歌詞なので、歌いながらキャラクターの名前が覚えられます。 アンパンマンの楽曲には魅力的なキャラクターの他にも隠された秘密があります。 アンパンマンの楽曲は 大人の心拍数とシンクロするものが多く、明るい曲調との相乗効果で赤ちゃんの興味を引きやすいともいえるのです。 音楽のリズムがママがすぐ近くにいるような安心感を感じさせてくれることで泣き止むのかもしれませんね。 眠気も誘うオルゴール音楽 赤ちゃんの夜泣きにはオルゴールが効果的だといわれています。 オルゴールの響きが脳の中枢神経の血流を改善し、赤ちゃんの夜泣きに劇的な効果があるので夜泣きがひどいようなら試し見る価値はあります。 ディズニーメドレー 優しいオルゴールの音でディズニーの曲が流れます。 抱っこしても落ち着かず泣き止まなかった赤ちゃんにも、美しく心地の良いメロディーが効果的ですんなりと寝てくれるようで赤ちゃんの寝かしつけにも最適です。 赤ちゃんだけでなく大人でも心地よい眠りにつけそうなオルゴールメドレーはママもリラックス出来ること間違いなしです。 ジブリメドレー オルゴールで奏でられるジブリの名曲は、赤ちゃんがぐずった時に聞かせてあげれば泣き止む効果があると人気の高い音楽です。 大人でも押しついて眠りにつけるように枕もとで流しておきたいほどリラックス効果があります。 普段耳にするジブリの名曲とは 違った感覚で聴く事ができるのもオルゴールの良いところ。 赤ちゃんの聴覚は高い音に敏感だといわれています。 金属板で奏でられるオルゴールの音は、 赤ちゃんにとってとても聞き取りやすい音なのです。 音楽は赤ちゃんを泣き止ませる魔法 泣くことは赤ちゃんの仕事とは言いますが、あまり泣かれてしまうとママはぐったりしてしまいます。 そんなときには、泣くことで精いっぱいになっている赤ちゃんに音を楽しんでもらいましょう。 歌を歌うというだけではなくて、ちょっとした音だけでも効果はあるのです。 紙をすり合わせて音を出してみたり、ペットボトルに鈴などを入れて音を出したりするだけでも赤ちゃんにとっては音楽のようなものなのです。 赤ちゃんが泣き止む音楽動画を紹介してきましたが、 赤ちゃんにとって音楽は感性を育てるためにも大切なものです。 家庭の中だけではなく外出先でも音楽と触れ合う機会を作って親子で音楽を楽しみましょう。 赤ちゃんが何をしてあげてもなかなか泣き止まずママがぐったりしてしまった時には音楽の力を借りてみましょう。 ママが楽しく歌っていると赤ちゃんも楽しくなって泣き止むこともあるのです。

次の

現役ママが選ぶ!赤ちゃんが泣き止む&喜ぶ10個の音楽&動画!!

赤ちゃん が 喜ぶ 音楽

スポンサードリンク 「赤ちゃんに音楽を聞かせると頭が良くなる」 「赤ちゃんの寝かしつけには音楽が良い」 「絶対音感が身に付く」 という話を聞いたことはありませんか。 赤ちゃんには音楽が良いと何となく聞いたことはあるけれど、実際にどういう効果があるのか、またどんな音楽を聞かせると良いのか、わからないことも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、赤ちゃんと音楽について、主に以下3つの内容について解説します。 赤ちゃんへの音楽の効果• 赤ちゃんへの音楽の聞かせ方• 赤ちゃんにおすすめの音楽10選 赤ちゃんはママのお腹の中にいる頃から聴覚が発達しているので、音楽や歌が大好き。 是非今回の内容を参考に、コミュニケーションの1つとしても、赤ちゃんにおすすめの音楽を流して、赤ちゃんと一緒に音楽を楽しんでみてくださいね。 赤ちゃんに音楽はどんな効果があるの?知育にも良いって本当? 赤ちゃんに音楽を聞かせると、知育につながるなど色々と話に聞きますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか。 日本・諸外国のさまざまな研究により、赤ちゃんに音楽を聞かせることによって得られると考えられている主な効果を4つ紹介します。 赤ちゃんの脳が活性化される 0~1歳の赤ちゃんの時期は、脳の組織がどんどんと進化形成されていきます。 そんな時期に音楽を聞くことは、赤ちゃんの聴覚が刺激され、脳の発達にも良い影響を与えると言われています。 実際に、赤ちゃんに音楽を聞かせると脳の血流量が増加したという研究結果があるほど。 また、赤ちゃんは生まれる前に胎児としてママのお腹の中にいる頃から、音を認識し始めています。 胎児に音楽を聞かせたところ、胎児の動きと心拍数がだんだん活発になったという研究報告もあり、音楽が脳や体の機能の活性化につながっていることが示唆されています。 赤ちゃんの聞く力・感受性が養われる 赤ちゃんに音楽を聞かせることで、色々な音を「聞く力」や、そこから何かを感じ取る「感受性」が養われると言われています。 特に、生まれて間もない赤ちゃんは視力の発達が不十分なため、視力よりも聴力を頼りに生きています。 一見、音楽を聞かせても何も反応していないような赤ちゃんもいるかもしれませんが、「聞く力」は生後すぐ、もっと言えば胎児の頃からしっかりと機能しています。 いろいろな音程やリズム、音色を赤ちゃんに聞かせることで、赤ちゃんがそれらの音を聞き分ける力や、感じる力に影響を及ぼしていると考えられています。 集中力・注意力が養われる 赤ちゃんに音楽を聞かせることで、聞く力とあわせて、「集中力」や「注意力」が養われると言われています。 「集中力」や「注意力」は、赤ちゃんが今後成長していくにあたり、とても大切な力です。 聞こえる音楽に「あれ?」と耳を傾けたり、「聞いたことがある音楽かな?」「これはママの声かな?」と聞き分けることで、赤ちゃんは自然と集中力や注意力を養うことができると考えられています。 歌を聞くことで言語の発達も促進される 音楽の中でもとりわけ歌を聞かせると、赤ちゃんの言語発達の促進にも効果があると言われています。 一般的に赤ちゃんに聞かせる歌は、ママの声のような高い声で、ゆっくりとしたリズムのものが中心です。 そうした歌は、ママがゆっくりと赤ちゃんに話しかけるのと同じようなペースのため、赤ちゃんの脳でも言葉を理解しやすいと言います。 したがって、赤ちゃんの頃から歌を聞くことで、まだ言葉を話せない赤ちゃんでも、言葉を理解し獲得する力を発達させることができるということです。 参考 』 赤ちゃんへの音楽の聞かせ方~いつから、どんなときに、どんな音楽を聞かせると良い? 赤ちゃんへ音楽を聞かせることは、脳の発達や聞く力の促進など、さまざまな成長効果があるということがわかりました。 では、いざ赤ちゃんに音楽を聞かせようと思ったら、どんな場面で、どんな音楽を聞かせるとより効果があるのでしょうか。 また、赤ちゃんにはいつ頃から音楽を聞かせてあげると良いのでしょうか。 赤ちゃんへの音楽の聞かせ方について解説します。 赤ちゃんへの音楽は、いつから聞かせると良いか 赤ちゃんの音への理解・反応時期はとても早く、生まれて約10分後から、音がどこから出ているかが何となくわかったり、一定の音を他の音より好んだりといった反応があると言われています。 もっと言えば、赤ちゃんは生まれる前、ママのお腹の中にいる頃からすでに聴覚を身につけており、ママの声やお腹の外の音を聞くことができるようになっています。 胎児の聴覚がしっかりと発達してくるといわれているのは、妊娠6~7ヶ月頃から。 よって、赤ちゃんに音楽を聞かせるのは、赤ちゃんがママのお腹の中にいる、妊娠6~7ヶ月頃から始めても良いでしょう。 ある研究では、赤ちゃんがお腹の中にいるときに聞かせたのと同じ音楽を、生まれた後に聞かせたところ、赤ちゃんの脳波に特別な反応が表れたという報告もあります。 胎児のときから、赤ちゃんはしっかりと音楽を聞いているということですね。 赤ちゃんへの音楽は、どんなときに聞かせると良いか 赤ちゃんに音楽を聞かせるのは、結論としては「どんなときでも、ふと気がついたときで良い」と言われています。 赤ちゃんの成長にとって、一緒に過ごすママやパパがリラックスしていることはとても大切なので、ママやパパが聞きたいなと思ったタイミングで音楽を聞かせても良いでしょう。 赤ちゃんがより落ち着いて、集中できるときに音楽を聞かせたいのであれば、赤ちゃんが寝る前のタイミングがおすすめです。 赤ちゃんは静かにまどろみながら、音楽に集中して耳を傾けてくれるでしょう。 注意したい点としては、いくら赤ちゃんに色々な音楽を聞かせたいからと言って、1日中音楽をかけ続けることはないようにすべきという点です。 赤ちゃんには、しっかりと静寂の時間や、自然な生活音に耳を傾ける時間も作ってあげるようにしましょう。 四六時中、音楽を聞いていると、その状態に慣れてしまい音楽から得られる効果が逆に小さくなってしまうことも考えられます。 赤ちゃんには、どんな音楽を聞かせると良いか 赤ちゃんに聞かせる音楽は、短調ではなく長調の明るく穏やかな旋律の曲がおすすめと言われています。 そうした曲であれば、クラシックでもオルゴールでも、J-POPでも特に大きな違いはないと考えられています。 一時期、「モーツァルト効果」と言って、モーツァルトの音楽を聞くと頭が良くなると話題になりました。 しかしその後の研究の結果、モーツァルトの音楽が特別な効果を発揮している根拠は特にないということがわかりました。 よって、モーツァルトに限らずとも、明るく穏やかな旋律の曲、一緒に過ごすママやパパもリラックスできるような曲を選ぶと良いでしょう。 また、最も赤ちゃんに良いと言われている音楽は「ママが歌う子守歌」です。 赤ちゃんは、ママのお腹の中にいる頃から、ずっとママの声を聞き続けています。 そんなママの声は赤ちゃんをリラックスさせる効果があるため、ママの歌は喜んで聞き入ります。 音程やリズム、選曲はあまり気にしなくても良いので、ママがふと思いついた好きな曲を、赤ちゃんと触れ合いながら口ずさんであげると良いでしょう。 参考 赤ちゃんにおすすめの音楽10選!寝かしつけにも良い曲から英語の曲まで! 赤ちゃんと普段一緒に過ごすとき、あるいは寝かしつけのときなどに最適な、赤ちゃんにおすすめの音楽を紹介します。 今回は、無料で聞くことができるYoutubeから人気のものを6点、市販のCDからおすすめを4点で、計10点の音楽を紹介します。 赤ちゃんの寝かしつけにぴったりの音楽から、言語能力の発達に効果を発揮しそうな童謡、そして英語の歌まで幅広いジャンルでおすすめの音楽がありますよ。 <Youtubeのおすすめ>ディズニー・オルゴールメドレー【泣き止む】【おやすみBGM】 赤ちゃんを寝かしつけたいときや、落ち着かせたいときに最適な、穏やかなオルゴールのディズニー曲メドレーです。 オルゴールの音色は、さまざまな赤ちゃん向けのおもちゃに使われていることからもわかる通り、赤ちゃんをリラックスさせて情緒を深める効果があります。 ディズニーの明るいメロディーを穏やかなオルゴールの音色で聞くことで、ママやパパもついうとうとしてしまうかもしれませんね。 子守歌の定番である、シューベルトの「子守唄」をスタートに、クラシック音楽の中でも子守歌と名のつくものや、睡眠にぴったりの静かで穏やかな曲が集められています。 また、全ての曲がピアノ演奏のため、赤ちゃんもより穏やかに音楽に聞き入ることができるでしょう。 モーツァルトの中でも赤ちゃんに良い穏やかな曲が、オーケストラの演奏で流れ続けています。 日常のBGMとしても、寝かしつけの音楽としてもどちらにも使うことができるでしょう。 音楽の邪魔にならない程度に、背景にかすかに水音が聞こえるのも、胎内音に似ていて赤ちゃんを落ち着かせる効果があるかもしれません。 胎内音は、赤ちゃんを落ち着かせる効果があると言われています。 大人にとっては少し耳障りに感じてしまうかもしれませんが、特に生後間もない赤ちゃんは、胎内音がよく聞こえるほうが落ち着く可能性があるので、試してみても良いでしょう。 <Youtubeのおすすめ>こどものうた 全35曲メドレー【日本の歌・童謡・唱歌】 「あかとんぼ」や「むすんでひらいて」、「ぞうさん」など、日本の昔ながらの有名な童謡を35曲メドレーで聞くことができます。 音楽の中でも歌を聞くことができるので、赤ちゃんの言語発達にも良い効果が見込めます。 誰もが聞いたことのある定番の曲ばかり。 ママやパパも一緒に聞いて歌を覚えて、今度は赤ちゃんに歌ってあげることができるとさらに良いですね。 英語の人気曲や童謡が84分間連続で流れます。 英語がわからない赤ちゃんが聞いていても、興味がそそられてご機嫌になってしまうような楽しい曲ばかりです。 元気の良い明るい曲が多いので、寝かしつけのときよりは、赤ちゃんが起きて遊んでいるときのBGMにすると良いでしょう。 クラシックの名曲から、お馴染みの子守唄、ディズニー曲やジブリソングまで、曲の種類は幅広く盛り沢山。 オルゴールの音色には、心身をリラックスさせる効果があると言われています。 このCDを流すことで、泣いていた赤ちゃんが泣き止み寝る姿勢に入りやすいと言った口コミも多くあります。 <CDのおすすめ>0歳からの育脳クラシック 価格:1,573円(税込) 有名なクラシックの名曲が全28曲集められたCDです。 2枚組CDで、1枚目には「右脳を活性化させ集中力を高めるクラシック」、2枚目には「豊かな感性と優しい心を育てるクラシック」が収録されており、赤ちゃんの右脳活性化を意識した作りになっています。 有名な曲で且つ、耳に心地よい曲がそろっているので、大人も聞いていて癒されると、発売以来とても人気のCDです。 歌が収録されているので、赤ちゃんの言語能力の発達にも効果が見込めますね。 ママやパパにとっても懐かしい定番の曲が多いので、CDを流しながら思わず口ずさんでしまうでしょう。 CDにあわせてママが歌うと、赤ちゃんが大喜びしているという口コミもありますよ。 <CDのおすすめ>CDツイン いーっぱい! 英語のうた 全60曲 価格:2,451円(税込) 赤ちゃんのうちから英語に触れさせたいという方におすすめのCDです。 英語の歌が2枚組のCDになんと計60曲も収録されています。 「メリーさんの羊」や「ロンドン橋」など外国の音楽に加えて、「おもちゃのチャチャチャ」や「めだかの学校」など、日本の童謡の英語版もあります。 テンポの良い曲が多いので、赤ちゃんが遊んでいるときに流したり、歌にあわせて体操をさせているという方もいるようですよ。 赤ちゃんが大好きな音楽を流して、赤ちゃんもママやパパもリラックスして音楽を楽しもう.

次の

赤ちゃんに音楽が与える影響は何か、具体的な効果を紹介します。

赤ちゃん が 喜ぶ 音楽

1. 生後6ヶ月の赤ちゃんが喜ぶことは? 赤ちゃんは生後6ヶ月頃になると、 いろんなものに興味を持ち始め、動きのある遊びが好きになってきます。 生後6ヶ月頃の赤ちゃんは特に次のようなことが大好きです。 音楽に合わせて体を動かす• ママやパパと遊ぶ• 興味を持ったものに触れる これらのことを行えば、赤ちゃんには喜んでもらいやすいです。 それでは、それぞれについて順番に確認していきましょう。 2. Youtubeで見れる!赤ちゃんが喜ぶ歌や音楽 生後6ヶ月頃になると 音や色に興味を示し、動画を見せると喜ぶようになります。 そして、Youtubeの中でも、96. この動画は、もともとはロッテのキャンディのプロモーション動画です。 飽きさせないテンポとストーリー性で赤ちゃんを惹きつけます。 いろんな効果音や赤ちゃんの気分を変える歌い方で、「 なんだろう?」と興味を示すように作られているのです。 生後6ヶ月の赤ちゃんも思わず見入ってしまうでしょう。 YouTubeなら気楽に見ることができるので、ぜひ確認してみてください。 3. 赤ちゃんが喜ぶスマホアプリ 指を器用に動かせるようになってくると、 赤ちゃん向けのスマホアプリゲームで遊べるようになります。 適度に時間を決めてアプリを活用すれば、ママにとっても赤ちゃんとの生活が快適になるはずです。 たとえば、『 タッチ!あそベビー』というアプリがあります。 (引用:) タッチするだけで音やイラストが変化するので 赤ちゃんも簡単に遊べます。 赤ちゃんが他の遊びに飽きたときやママが用事をしたいときに、遊ばせてみましょう。 アプリ名 タッチ!あそベビー URL App Store Google Play 4. 赤ちゃんが喜ぶおもちゃ 「気になるものを触りたい!」と思うようになる赤ちゃんには、 好奇心をくすぐるおもちゃで遊ばせてあげると喜ぶはずです。 赤ちゃんから人気のキャラクターといえば アンパンマンが考えられます。 バンダイからは赤ちゃんを対象としたアンパンマンのおもちゃがたくさん発売中です。 (引用:) 赤ちゃんの好奇心や知育を育む工夫がされているおもちゃばかりなので、喜んで遊んでもらうにはぴったりです。 赤ちゃんの好きな「いないいないばぁ」が含まれている絵本を選ぶと、楽しんでもらえます。 それでも絵本の読み聞かせに意味はあるので、時間のあるときには積極的にやってみましょう。 ママやパパが語りかけるように繰り返し読むことで赤ちゃんもどんどん楽しんでくれるようになるはずです。 6. 赤ちゃんが喜ぶ手遊び 赤ちゃんとの手遊びでは、楽しみながら コミュニケーション能力の発達や言葉学習の促進を促すことができます。 動きのある手遊び歌をすると、皮膚感覚や感情表現を養うことも可能です。 赤ちゃんが喜ぶ動きのある手遊び歌には次のようなものがあります。 一度この歌を覚えた赤ちゃんは「次はこちょこちょが来るぞ!」と期待します。 そうすることで面白いや楽しい、こわいなどいろんな感情を感じられるようになるのです。 以上が、赤ちゃんが喜ぶ遊び方についてでした。 しかし、毎日同じお家での遊びでは赤ちゃんは飽きてしまうので、一緒に外にお出かけもしましょう。 7. 赤ちゃんが喜ぶお出かけスポット 毎日自宅で過ごすとママも赤ちゃんも飽きてしまうので、 外に出かけて気分転換をすることも大切です。 以下のような場所に赤ちゃんをベビーカーに乗せて外出すると、新しい環境やおもちゃに赤ちゃんは喜んでくれます。 小さな赤ちゃんでも遊べる場所はたくさんあるので、積極的に赤ちゃんと遊びに出かけましょう。 赤ちゃんはまだ歩けないので、公園はまだ早いと思ってしまいがちですが、 ベビーカーでお散歩するには最適な場所です。 公園で他の子供が遊んでいるのを見たり、自然を見るだけで赤ちゃんにとっては良い刺激になります。 天気が良い日には芝生のある公園でレジャーシートをひいて、ピクニックをするのも良いでしょう。 いつもと違う環境で遊ぶことで、赤ちゃんにもママにも良い刺激になります。 特に、生後6ヶ月くらいになると周りのことに興味を持ち始めるので、 子育て支援センターデビューにはちょうど良い時期ですね! また、乳幼児のみ利用可能な時間帯を選べば、走り回る子供にぶつかる心配をすることなく、安心して遊ばせられます。 その他にも月齢に合わせたプログラムが組まれているので、チェックしておきましょう。 ママ友を作るきっかけにもなり、子育ての楽しみが増えますよ! 以上が、赤ちゃんが喜ぶお出かけスポットでした。 最後に、赤ちゃんと遊ぶときに注意することを見ておきます。 8. 赤ちゃんと遊ぶときに注意すること 赤ちゃんと遊ぶときにには注意することもあります。 遊ぶことで今までよりも反応してくれることが増えますが、 目が離せなくなる時期でもあるのです。 おもちゃの誤飲と、おすわり中に頭を打たないように注意しましょう。 赤ちゃんは何でも口の中に入れて、どんなものかを確かめたい時期です。 誤飲の危険性があるものは 赤ちゃんの手の届かない場所へ置くようにしましょう。 慣れるまでは特に完全に安定していないので、後ろに倒れるなど頭を打ちやすくなっています。 赤ちゃんのおすわりが安定するまで、目を離さないようにしてください。 まとめ 日に日に可愛くなる赤ちゃんの時期は、見ていて本当に飽きません。 その可愛い姿にもっと笑顔になってほしいと親もいろいろ試してみたくなりますよね。 赤ちゃんにたくさん話しかけてスキンシップをし、 積極的に遊んであげると赤ちゃんは喜んでくれるでしょう。

次の