ランニング ダイエット 頻度。 ランニングダイエットのコツ!【効果的な頻度と時間は?】

プロが教える、ランニングで効果的にダイエットをする方法

ランニング ダイエット 頻度

記事の目次• 体力維持のためのランニングの頻度 体力維持のためにランニングを始めようと考える人は多いです。 しかし、適切な頻度を守らなければ目的が果たせなくなる可能性もあります。 そこで、ランニングを始める際にはどのくらいの頻度が良いのかを知っておくことが必要です。 週2回~3回の頻度で健康にいい運動 ランニングをして心地よい疲労感を得られ、習慣化しやすい頻度というのは週に2回から3回といわれています。 目安としては一日おき程度です。 この程度の運動であれば日常生活に支障がなく続けることができます。 楽しく続けるためにも毎日無理に続けようとせず、まずは一日おきに行うことを目指すのが適切です。 毎日走ると逆に健康を損ねる ダイエットや健康増進など、いろいろな目標でランニングを始めた場合、多くの人が毎日走るべきだと思いがちです。 しかし毎日無理に続けると疲れて仕事に集中できなくなってしまったり体調を崩したりする可能性もあります。 無理に毎日続けると健康を損ねる危険もあります。 体力がついて走れるようになってから毎日走ることを目指すことが望ましいです。 走る距離が1㎞の場合は毎日走ることでほど良いバランスがとれる 走る距離によっても走る頻度は変わってきます。 毎日1㎞ほどのランニングの場合には体への負担も少なく毎日続けることが望ましいです。 ランニングにかかる時間も少ないので毎日続けやすいです。 走る距離が5km以上の場合は週1でも十分な健康効果を得られる 毎日走ることが難しい人は一度のランニング距離を5㎞にすると週に一度の運動でも十分効果が得られるようになります。 休日にだけランニングをすることが望ましい場合には時間をかけて5㎞走ることができると健康維持が期待できます。 仕事や学校が休みの日だけ運動する人は走る距離を長くして回数を減らす 人によって走ることのできる頻度は違うものです。 仕事や学校が休みの日しか運動ができないという場合は毎日できない分距離を伸ばせばしっかりと一週間に必要な運動量が確保できます。 マラソンやリレーに参加する場合のランニングの頻度 ランニングを始めるきっかけとしてマラソンやリレーに参加するというゴールがあるという人も多いです。 そういった場合にはランニングの頻度は健康増進を目指してのランニングの頻度とは違ってきます。 週3回連続でランニングして1日休む形にすると体力の増加が期待できる ランニングをする際、毎日するのは大変です。 そこで3日連続でランニングをして1日休む形でランニングをすると少しずつ体力が増加することが期待できます。 程よく休息を入れることで無理なく続けられますし、疲労回復をして続けられます。 マラソンの場合は走る距離が長いので走る回数よりも距離をのばす マラソンの場合には走る距離が長いです。 そのため一度のランニングでも少しずつ毎日走る距離を伸ばしていく必要があります。 そこで、毎日短い距離で走るよりは週に数日になっても一度のランニング距離を伸ばすことが望ましいです。 リレーの場合は区間走となるため5kmを週2回走って1日休みがちょうどいい リレーの場合には走る区間が決まっています。 そこで距離を長く走ろうとするのではなくリレーの区間に応じた距離を走ることが望ましいです。 頻度としては程よく休みながら走ることができるよう、2日走って1日休むペースで十分効果が得られます。 肺活量を鍛えたいなら週に走る回数を減らして、距離を増やす 肺活量を鍛えたいという場合には走る距離が必要になってきます。 そのため走る頻度は多くなくてもよいですが、一度に走る距離を伸ばすことが必要です。 そこで週に1回から2回程度でよいので少しでも長い距離を走ることが適切です。 長距離走は走る速度も重要になるので、走る回数を増やしてベストなペースをつかむ 長距離走の場合、スピードが必要になります。 そこで速度を上げるためには走る頻度を上げて少しずつ体力や脚力を付けていくことが望ましいです。 毎日少しずつ走る頻度を上げていくことでペースを上げることができます。 高橋尚子のランニングパーフェクトマスター 本を読んでも具体的にどのように走ればよいかイメージできないという人も多くいます。 この本ではDVDが付いており作者が実際に走って開設をしてくれるのでとても分かりやすいです。 ランニングだけでなく、基礎トレーニングやウォーキングといったものについても方法がかかれているので走ることができなくても少しずつ走れる体を作ることができます。 ドクター奥井と走るランニングのススメ ランニングをしたいと思っている人は特に体の知識もなく走っていることも多いです。 この本ではホルモンのことや体の筋肉のことなどを学ぶことができ、ランニングによって体の不調が解決できるメカニズムについても紹介されています。 どんどん走れる体になる! 青山剛のスイッチ・ランニング 走っていておもうように記録が出ない、とても疲れると感じる人は多くいます。 この本では楽に気持ちよく走ることができるようになるためにおしりを作ることが必要と言われており、おしりを作るためのエクササイズが紹介されています。 体に痛みを感じることなく、なおかつきれいに思い通りのタイムやフォームで走ることを実現してくれる本です。 マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42・195キロ ランニングをしている人の中にはマラソン大会に出場して走りたいと思っている人も多いです。 この本では毎日ランニングをしていてもマラソン大会で記録が出せない理由と、どのようなトレーニングをすればマラソンで思っているような記録が出せるようになるかを紹介しています。 普段のランニングではなくマラソン用のランニングがかかれているので読むとマラソンで期待している記録が出せるトレーニング方法が理解できます。 まとめ ランニングをすることは体に良いことです。 ただし正しい方法、頻度で行わなければ体調を崩す原因にもなります。 自分の目的に応じた頻度、距離で走ることが重要です。

次の

【ランニングダイエットの方法】効果的なやり方/頻度/時間帯/食事タイミングまで解説!

ランニング ダイエット 頻度

もくじ• 【ランニング初心者】目的別、目安とするべき距離と時間 一言でランニング初心者といっても、この記事にたどり着いた人は老若男女さまざまでしょう。 デスクワークが中心の生活により健康面で課題を抱えるお父さんと、体重を減らしてナイスバディを手に入れたい女子ではランニングへの取り組み方は違います。 ここでは大きく 「ダイエット」「健康維持・改善」「趣味」の3タイプに分けて、ランニング初心者が目安とするべき距離と時間をお伝えします。 ランニングでダイエットしたい初心者が目安とするべき距離と時間 ランニングでダイエットしたい場合、まず重視すべきは 「消費カロリーの増加」です。 ランニングはあらゆる運動の中で最もダイエットに適していると別の記事でお伝えしました。 関連記事 ランニングは一定時間あたりに消費できるカロリーが比較的高いうえに、慣れればある程度長時間行える点でダイエットに適します。 つまりランニングでダイエットしたい初心者は、何キロ痩せたいかによって走行距離を決めればいいわけですね。 走行距離当たりの体重減少量をざっくり計算すると、 100km走れば1kg体重が減ると考えてOKです。 食事量は増やさない、というのが前提になりますが。 (体重は60kgと仮定して計算しています。 日当たりの走行距離は6. 5km。 ・・・ランニングでダイエットするのキツいな、と思いました? そうなんですよ。 運動で痩せるのって実際結構きついんです。 だから本気で痩せたい場合は、食事制限と合わせてランニングに取り組むことをおすすめします。 関連記事 少々話が逸れましたが、 ランニングでダイエットしたい方が目安とするべき走行距離は5-7kmくらいが目安となります。 時間にすると、35-50分くらい。 これだけ走れば食事量を変えなくても1カ月で2kgほど痩せますので、体重が減るのを実感できると思います。 補足 体重が重いと膝にかかる負担が大きくなり故障の原因となりますので、自身の体重を考慮して無理なく走行距離を決めるようにしましょう。 長距離走に関連する故障の多くは、痛みが出てから無理をすることで悪化します(ジワジワと痛みが出てくるので、肉離れなどの突発的な故障と比べて運動中止の判断が難しいんですよね)。 だから、走っていて少しでも痛みが出てきたら、運動量を減らすか、ウォーキングなど負担の少ない運動に変更することをおすすめします。 ランニングで健康維持・改善したい初心者が目安とするべき距離と時間 ランニングで健康維持・改善したい場合、まず重視すべきは「無理をしないこと」です。 健康維持・改善が目的という方は現時点で少なからず身体に不具合が生じているはずなので、過負荷による心筋梗塞などのリスクを最小限にとどめながらランニングを続けるようにしましょう。 目安とするべき走行距離は、1日あたり1 — 2km程度。 ダイエットを目的とした場合と比べ、かなり短くなります。 New York Times紙の記事「(和訳:1時間のランニングはあなたの寿命を7時間長くするかもしれない)」によると、非ランナーと比較して、ランナーは喫煙、飲酒、体重過多に関係なく約3年長く生きた傾向が確認されたそうです。 引用されている論文でさらに興味深い点は、 日常的な運動時間が5分間と非常に短くても、寿命を長くする可能性が示唆されていること。 つまり健康維持・改善したい場合、無理をする必要がないんですね。 なお、平均余命の改善は週に約4時間の走行で概ね停滞していたとのこと。 ランニングを趣味にしたい初心者が目安とするべき距離と時間 ランニングを趣味にしたい場合、まず重視すべきは「目標を決めること」です。 ランニングはどうしても体力的・精神的な苦しさを伴うので、なんとなく趣味として続けるのは難しいです。 だから、マラソン大会や駅伝大会へ定期的に参加するなど、目標を決めて練習に取り組むことがおすすめです。 マラソン大会は以下サイトから手軽に探せます。 走行距離の目安は、目標から逆算して決めましょう。 ざっくり、以下くらいが目安になります。 フルマラソン(42. ハーフマラソン(21. ランニング初心者向け関連記事 ランニング距離のおおよその目安が理解できたところで、具体的にどうランニングを始めるか考え始めるタイミングですね。 そんな方におすすめの記事を以下にまとめたので参考にしてください。 特には、知ってるようで知らない人が多いみたいなので是非一読されることをおすすめします。 関連記事 関連記事 関連記事 【年代別/性別】初心者がランニングを続けられない理由と続ける工夫【コツ】(準備中) まとめ ここまでランニング初心者のために走行距離(と距離)についてまとめましたが、いかがでしたか。 記事中でも書きましたが、ランニング初心者と一言でいっても「ダイエット」「健康維持・改善」「趣味」など目的によって目安とすべき走行距離は大きく違います。 各々目的に合わせて、快適なランニング生活を送りましょう! 情報のインプットばかりしていてもしょうがないので、走らねばと思っているならさっさとランニンググッズを買い揃えて走り始めましょう。 分からないことや聞きたいことがあれば、気軽にこのブログでも相談してくださいね。 関連記事 関連記事 以上。

次の

ランニングダイエットの効果は?毎日走るの?痩せる食事や時間帯も!

ランニング ダイエット 頻度

記事の目次• 体力維持のためのランニングの頻度 体力維持のためにランニングを始めようと考える人は多いです。 しかし、適切な頻度を守らなければ目的が果たせなくなる可能性もあります。 そこで、ランニングを始める際にはどのくらいの頻度が良いのかを知っておくことが必要です。 週2回~3回の頻度で健康にいい運動 ランニングをして心地よい疲労感を得られ、習慣化しやすい頻度というのは週に2回から3回といわれています。 目安としては一日おき程度です。 この程度の運動であれば日常生活に支障がなく続けることができます。 楽しく続けるためにも毎日無理に続けようとせず、まずは一日おきに行うことを目指すのが適切です。 毎日走ると逆に健康を損ねる ダイエットや健康増進など、いろいろな目標でランニングを始めた場合、多くの人が毎日走るべきだと思いがちです。 しかし毎日無理に続けると疲れて仕事に集中できなくなってしまったり体調を崩したりする可能性もあります。 無理に毎日続けると健康を損ねる危険もあります。 体力がついて走れるようになってから毎日走ることを目指すことが望ましいです。 走る距離が1㎞の場合は毎日走ることでほど良いバランスがとれる 走る距離によっても走る頻度は変わってきます。 毎日1㎞ほどのランニングの場合には体への負担も少なく毎日続けることが望ましいです。 ランニングにかかる時間も少ないので毎日続けやすいです。 走る距離が5km以上の場合は週1でも十分な健康効果を得られる 毎日走ることが難しい人は一度のランニング距離を5㎞にすると週に一度の運動でも十分効果が得られるようになります。 休日にだけランニングをすることが望ましい場合には時間をかけて5㎞走ることができると健康維持が期待できます。 仕事や学校が休みの日だけ運動する人は走る距離を長くして回数を減らす 人によって走ることのできる頻度は違うものです。 仕事や学校が休みの日しか運動ができないという場合は毎日できない分距離を伸ばせばしっかりと一週間に必要な運動量が確保できます。 マラソンやリレーに参加する場合のランニングの頻度 ランニングを始めるきっかけとしてマラソンやリレーに参加するというゴールがあるという人も多いです。 そういった場合にはランニングの頻度は健康増進を目指してのランニングの頻度とは違ってきます。 週3回連続でランニングして1日休む形にすると体力の増加が期待できる ランニングをする際、毎日するのは大変です。 そこで3日連続でランニングをして1日休む形でランニングをすると少しずつ体力が増加することが期待できます。 程よく休息を入れることで無理なく続けられますし、疲労回復をして続けられます。 マラソンの場合は走る距離が長いので走る回数よりも距離をのばす マラソンの場合には走る距離が長いです。 そのため一度のランニングでも少しずつ毎日走る距離を伸ばしていく必要があります。 そこで、毎日短い距離で走るよりは週に数日になっても一度のランニング距離を伸ばすことが望ましいです。 リレーの場合は区間走となるため5kmを週2回走って1日休みがちょうどいい リレーの場合には走る区間が決まっています。 そこで距離を長く走ろうとするのではなくリレーの区間に応じた距離を走ることが望ましいです。 頻度としては程よく休みながら走ることができるよう、2日走って1日休むペースで十分効果が得られます。 肺活量を鍛えたいなら週に走る回数を減らして、距離を増やす 肺活量を鍛えたいという場合には走る距離が必要になってきます。 そのため走る頻度は多くなくてもよいですが、一度に走る距離を伸ばすことが必要です。 そこで週に1回から2回程度でよいので少しでも長い距離を走ることが適切です。 長距離走は走る速度も重要になるので、走る回数を増やしてベストなペースをつかむ 長距離走の場合、スピードが必要になります。 そこで速度を上げるためには走る頻度を上げて少しずつ体力や脚力を付けていくことが望ましいです。 毎日少しずつ走る頻度を上げていくことでペースを上げることができます。 高橋尚子のランニングパーフェクトマスター 本を読んでも具体的にどのように走ればよいかイメージできないという人も多くいます。 この本ではDVDが付いており作者が実際に走って開設をしてくれるのでとても分かりやすいです。 ランニングだけでなく、基礎トレーニングやウォーキングといったものについても方法がかかれているので走ることができなくても少しずつ走れる体を作ることができます。 ドクター奥井と走るランニングのススメ ランニングをしたいと思っている人は特に体の知識もなく走っていることも多いです。 この本ではホルモンのことや体の筋肉のことなどを学ぶことができ、ランニングによって体の不調が解決できるメカニズムについても紹介されています。 どんどん走れる体になる! 青山剛のスイッチ・ランニング 走っていておもうように記録が出ない、とても疲れると感じる人は多くいます。 この本では楽に気持ちよく走ることができるようになるためにおしりを作ることが必要と言われており、おしりを作るためのエクササイズが紹介されています。 体に痛みを感じることなく、なおかつきれいに思い通りのタイムやフォームで走ることを実現してくれる本です。 マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42・195キロ ランニングをしている人の中にはマラソン大会に出場して走りたいと思っている人も多いです。 この本では毎日ランニングをしていてもマラソン大会で記録が出せない理由と、どのようなトレーニングをすればマラソンで思っているような記録が出せるようになるかを紹介しています。 普段のランニングではなくマラソン用のランニングがかかれているので読むとマラソンで期待している記録が出せるトレーニング方法が理解できます。 まとめ ランニングをすることは体に良いことです。 ただし正しい方法、頻度で行わなければ体調を崩す原因にもなります。 自分の目的に応じた頻度、距離で走ることが重要です。

次の