コカコーラ cmソング。 コカ・コーラ

【名曲揃い】2007年以降のコカコーラーの歴代CMソング(全動画付き)のまとめ

コカコーラ cmソング

また、サーティワンアイスクリームのオリジナルアイスケーキやLINEポイントが合計100万名様に当たるアタリくじも付いてきます。 ラベルのデザインも、クリスマスソングを想起させる楽譜のデザインをベースに、グリーンのリボンをあしらい、「コカ・コーラ」カラーのレッドとの組み合わせで、クリスマスらしいカラーリングに。 家族や友人など大切な人たちとの絆を深めたり、パーティーシーンを盛り上げたりと、クリスマスシーズンにぴったりです。 ラベルのテープを引っ張り「MUSIC」の横に印字された12桁のコードを「コカ・コーラ」ブランド公式サイトで入力すると、クリスマスソングの中からご希望の楽曲を選択していただけます。 クリスマスソングはLittle Glee Monsterの新曲「愛しさにリボンをかけて」(11月中旬配信予定)のほか、Little Glee Monsterが歌うおなじみのクリスマスソング「We Wish You a Merry Christmas」「もろびとこぞりて」「きよしこの夜」「荒野の果てに」の中から、お好きな楽曲をお選びいただけます。 新曲以外のクリスマスソング4曲は、Little Glee Monsterのメンバー全員バージョンに加え、芹奈、アサヒ、MAYU、かれん、manaka各メンバーのパートもご用意。 全25種類の中からお好きな1曲を選んで、2019年10月28日(月)から2月14日(金)の期間中は何度でもご視聴いただけます。 今年は、ラベルのテープを引っ張り「アタリ」が出ると、A賞はサーティワンアイスクリームのオリジナルアイスケーキ、B賞はLINEポイントをプレゼントします。 「アタリ」のテープには、12桁のコードとA・B賞のいずれかが記載されており、「コカ・コーラ」ブランド公式サイト()から応募することができます。 アタリくじA賞は、大人気のアイスクリームショップ「サーティワンアイスクリーム」のオリジナルアイスケーキ(サイズ4号・約14cm)。 人気のフレーバーをオリジナルで組み合わせ、オリジナルベアの砂糖菓子をのせた、カラフルでかわいらしいアイスケーキは、クリスマスパーティーなどのイベントを盛り上げること間違いなしです。 アタリくじB賞は、LINEポイント50ポイント。 LINEスタンプや着せ替えだけでなく、LINE Payによって現金同様に使え、幅広くご利用いただけます。 ウィンターデザインもラベル裏面のQRコードから「コカ・コーラ」ブランド公式サイトにアクセスすると、Little Glee Monsterが歌うクリスマスソング全3曲(「We Wish You a Merry Christmas」「もろびとこぞりて」「きよしこの夜」)の中からお好きな1曲を選んで、2019年10月28日(月)から2020年2月14日(金)の期間中は繰り返しご視聴いただけます。 左から 「コカ・コーラ」 ウィンターデザイン 1. 5L PET 「コカ・コーラ ゼロ」 ウィンターデザイン 1. 5L PET 「コカ・コーラ ゼロカフェイン」 ウィンターデザイン 1. サンタクロースの到来を楽しみに眠りに就いた女の子の元にやってきたサンタクロース。 」というキャンペーンメッセージが重なります。 力強い歌声と高度なアカペラをも歌いこなす透き通ったハーモニーを武器に、2014年「放課後ハイファイブ」にてメジャーデビュー。 2019年夏より自身最多動員となる全国ツアー「Little Glee Monster 5th Celebration Tour 2019 ~MONSTER GROOVE PARTY~」を開催中。 9月25日に発売した15thシングル「ECHO」は、現在開催中のラグビーワールドカップでNHKのラグビーテーマソングに採用。 高い歌唱力とライブパフォーマンスで幅広い世代から支持を集めている。 公式サイト : Twitter : Facebook : LINE : Instagram :.

次の

今年の“リボンボトル”は音楽付き♪Little Glee Monsterが歌うクリスマスソングを必ず聴ける!「コカ・コーラ」リボンボトル10月28日(月)から期間限定発売: The Coca

コカコーラ cmソング

「Avicii」でした。 ・・・ 言葉になりませんでした。 何ともお恥ずかしい・・・ 道理でいい歌なわけだよ!! と逆ギレしていたくなったのですが、グッとこらえました。 本当にいい歌作りますよね、「Avicii」は。 素晴らしい才能です。 今回初めて全部聞いたんですが、こんな曲だったんですねー CMだとサビの一部分しか流れないじゃないですか。 おかげさまで無限ループでした。 今回の曲を知ったのを機に、「Avicii」のYoutubeチャンネルを巡っていたんですが、これが良くなかったですね。 止まらない、終わらない。 いい歌だから作業用BGMにもならないという困った状況に追い込まれたわけです。 連続で再生なんかしちゃったので、もうだめでしたね。 どうあがいても抜けることができなかったです。 もうアルバム買おうかなって気持ちになってますからね。 いい具合にやられてしまいました。 これを書いている今も、「Avicii」の曲がパソコンから流れていますからね、なぜか。 世の中、不思議なこともあるもんですね。 現実は小説よりも奇なり、とはよく言ったものです。 いやー、無料で出していても、いい歌は買う気になるんだなぁと改めて思ったのでした。 まとめ まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、 才能 ってことです。 どの曲を聞いても素晴らしいですからね。 すごいです、本当に。 まだ若いですし、これからの活躍が楽しみでしょうがなかったりします。 ガンガン新曲出して、ガンガン楽しませてもらいたいところです。 次はいつ日本に来るんでしょうか。 ぜひともライブに行きたいものです。 チケット、買えるでしょうか・・・ 日頃の行いに気を付けます。

次の

コカ・コーラCMソング集 1962

コカコーラ cmソング

ついに実現!超豪華アーティストによるコカ・コーラCMソングの歴史を、貴重なオリジナル音源を使用して初の集大成にまとめあげました。 1962年の記念すべきコカ・コーラCMソング第1号(フォー・コインズ)から、加山雄三、ピンキーとキラーズ、赤い鳥、トランザム、早見優、佐藤竹善、矢沢永吉を経て、89年のJ-Walkまで各時代のトップアーティストによる約53曲を一挙収録。 さらに全曲の歌詞と詳しい解説を収録したブックレットの予定や、濱田高志氏によるライナーノーツなど、資料面での充実も期待できそうです。 懐かしくてそして新しい、邦楽の宝箱! なお、2005年度のコカ・コーラCMソングはニューブレイクアーティストが書下ろしています。 〜収録予定曲〜 「コカ・コーラの唄(スカッとさわやか)」フォー・コインズ(1962) 「コカ・コーラの唄(スカッとさわやか)」スリー・バブルス(1964) 「意見が合うのは」ジミー時田(1966) 「コークの唄(コークと呼ぼうコカ・コーラ)」加山雄三とザ・ランチャーズ(1968) 「コークと叫べば」ザ・ワイルド・ワンズ(1968) 「素晴らしい虹」ヴィレッジ・シンガーズ(1968) 「青い空青いからコカ・コーラ」フォーリーブス(1968) 「恋がしたくて」ピンキーとキラーズ(1969) 「楽しい旅に行こう」ザ・ワイルド・ワンズ(1969) 「コークをのめば」スクールメイツ(1969) 「コーク・トーク」スクールメイツ(1969) 「Big New Life(新コカ・コーラの唄〜新世界)」デューク・エイセス、シンガーズ・スリー(1970) 「Big New Life(新コカ・コーラの唄〜新世界)」ピンキーとキラーズ(1970) 「The Real Life」赤い鳥(1971) 「The Real Life」トワ・エ・モワ(1971) 「The Real Life」尾崎紀世彦(1971) 「愛するハーモニー」スクールメイツ(1972) 「コークの世界」西郷輝彦(1972) 「コークの世界」青い三角定規(1972) 「うるおいの世界」朱里エイコ(1973) 「うるおいの世界」布施明(1973) 「うるおいの世界・広場編」森山良子(1974) 「うるおいの世界・友達編」かまやつひろし(1974) 「うるおいの世界・街編」ビリー・バンバン(1974) 「うるおいの世界・サイクリング編」かまやつひろし(1974) 「うるおいの世界・山小屋編」ビリー・バンバン(1974) 「Coming Home[カミング・ホーム]」グレン・キャンベル(1975) 「Coming Home」スタイリスティックス(1975) 「Coming on in. Coke'76[カモン・イン]」B. トーマス(1976) 「Coming on in. Coke'77[あふれる光の中で]」トランザム(1977) 「Coming on in. Coke'78[はだしで地球を賭けるのさ]」トランザム(1978) 「Coming on in. Coke'78」サーカス(1978) 「Coming on in. Coke'79」トランザム(1979) 「Coming on in. Coke'79」柳ジョージ&レイニーウッド(1979) 「Coming on in. Coke'79」サーカス(1979) 「Coming on in. Coke'80[THIS IS A SONG FOR COCA-COLA]」矢沢永吉(1980) 「Coming on in. Coke'80」サーカス(1980) 「Yes Coke Yes '82[YES MY LOVE]」矢沢永吉(1982) 「Yes Coke Yes '83[夏色のナンシー]」早見優(1983) 「Yes Coke Yes '83 秋」梅垣達志(1983) 「Yes Coke Yes '84(You're Always There)」楠木勇有行(1984) 「Yes Coke Yes '84(You're Always There)」原田真二(1984) 「Yes Coke Yes '84(You're Always There)」ムーンライダーズ(1984) 「Coke is it!'85 Diners」BLACK CATS(1985) 「Coke is it!'85[素敵にダンシング]」SHOW-YA(1985) 「Coke is it!'86[太陽にPUMP!PUMP!]」EPO(1986) 「Coke is it!'86 夏」坪倉唯子、楠木勇有行(1986) 「Coke is it!'86 秋冬」楠木勇有行(1986) 「I feel Coke '87」佐藤竹善(1987) 「I feel Coke '88」上田正樹(1988) 「I feel Coke '89」中村耕一(1989) 「I feel Coke '89」佐藤竹善、Candee(1989) 「I feel Coke '89」JAY-WALK(1989).

次の