宝塚 歌 劇団 ニュース 速報。 宝塚《推せないジェンヌ》ファンに嫌われたのは「劇団の不可解人事」「いじめ問題」「写真流出」(文春オンライン)

104期生宝塚音楽学校卒業式&歌劇団入団式、今年の首席入団者は?【速報】芸名一覧追記

宝塚 歌 劇団 ニュース 速報

宝塚の正装でである、黒紋付に緑の袴姿の104期生達。 一人ずつ小林公平音楽学校校長から卒業しょを受け取ったそうです。 卒業生総代は 越智愛梨さん。 越智さんは、先般宝塚バウホールで開催された 文化祭でも「 歌は声量豊かで表現力がある」と多数のメディアでも取り上げられていました。 「卒業生総代」ということは、首席での卒業です。 卒業式では小林公一校長は、 『努力をしたから夢がかなった』ではなく『努力をしなければ夢はかなわない』ということではないかと思います (出典:) と先日閉会した冬季オリンピックのメダリストを例にあげて、卒業生を激励。 首席の 越智愛梨さんは、 『清く 正しく 美しく』の小林一三先生の教えを深く心に刻み、果てしない芸の道を歩んで参ります (出典:) と答辞を述べたそうです。 午前中は宝塚音楽学校の生徒として、いわば本名で。 入団式のために宝塚歌劇団の建物に入れば、もう104期生は晴れてタカラジェンヌですね。 104期生芸名一覧 タカラジェンヌになった104期生の芸名を紹介します。 碧音 斗和 真白 悠希 真弘 蓮 千早 真央 きよら 羽龍 蒼波 黎也 都姫 ここ 美海 そら 愛陽 みち 珀斗 星来 朝木 陽彩 咲彩 いちご 天城 れいん 嵐之 真 綾音 美蘭 愛蘭 みこ 梓 唯央 絢斗 しおん 青騎 司 楓姫 るる 世晴 あさ 御剣 海 麻丘 乃愛 麻花 すわん 一羽 萌瑠 夏凪 せいあ 菜乃葉 みと 風雅 奏 美里 玲菜 舞 こころ 美羽 愛 月乃 だい亜 凛央捺 はる 陽彩 風華 透綺 らいあ 光莉 あん 和奏 樹 愛彩 めあり 礼哉 りおん 椿 ここ 今年も最近のジェンヌさんっぽく、キラキラした芸名が多いですね。 また、最近増えつつある「漢字 + ひらがな」のお名前も増えています。 ちなみに40人中19人!! ほぼ半数ですからちょっとした流行かもしれません。 104期生の初舞台は? 104期生は星組公演『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge(キラー ルージュ)』で初舞台。 主な出演は、お芝居開演前の「向上」。 そしてショーの「ロケット」というのが定番ですね。 104期生、成績上位者は? 104期生の成績上位4名は以下の通り。 越智愛梨(おちあいり)さん 男役志望 2. 石田日向子(いしだひなこ)さん 男役志望 3. 石山弘華(いしやまひろか)さん 男役志望 4. 岩崎容子(いわさきようこ)さん 娘役志望 首席の 越智愛梨(おちあいり)さんは、元星組トップスター・柚希礼音さんが憧れだとか。 「踊りも歌もすてきで、熱くて、すばらしい方。 とても尊敬しています。 柚希さんのような熱い思いが伝えられる舞台人になりたい」 (出典:) 4人の中でただ一人の娘役志望、 岩崎容子さん。 「あこがれの舞台に立てると思うと、胸がいっぱい。 今年も宝塚を目指す多数の少女が、試験を目前にしてレッスンに励んでいることでしょう。 さて・・・ 宝塚では歌劇団入団1年目を研究科1年(研1)と呼ぶことは宝塚ファンならご存知だと思います。 しかし、その 学年が変わるのはいつ? これは意外にも誤解されているかもしれません。 実は管理人・すみれ子も、今日卒業した104期生が今日から研1。 そしてそれぞれの現役ジェンヌさんも今日から学年が上がる? そう思い込んでいた頃がありました。 ある知り合いのOGジェンヌさんに教えてもらったところ、 学年が上がるのは4月からなのだそうです。 (まぁ、教えてくださったのがOGさんなので、今は変わっているという可能性もありますが) だから・・・ 音楽学校に新入生(予科生)が入学して来た時点で、学年が一つ上がるようです。 まとめ この記事では、宝塚音楽学校104期生の卒業式にまつわるニュースをお届けしました。 いつも書いたり思ったりしていることですが、毎年初舞台公演を観るたびに「 いまのフレッシュな気持ちを忘れずに、みんな輝き続けて!」と思います。 受験生時代、音楽学校時代の2年間、憧れの舞台を夢見て頑張り続けた40名。 小林校長の言葉を借りると「努力しなければ夢は叶わなかった」はずです。 そして今日からは次の夢に向かって努力しなければ!ですね。 芸の道は本当に厳しい! でもいつも一ファンとして、タカラジェンヌの頑張りと笑顔にパワーをもらいながら、応援しています。 宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

次の

●宝塚ニュースURL集

宝塚 歌 劇団 ニュース 速報

グラビア「表紙の人front+スペシャル」は4ページ。 第2のスタートを切った「明日海りお」像への思いを語られています。 』に、明日海りおさんが登場! 愛猫・おこげちゃんとの出会いやこれからを語ってくれました。 「同期で同じ猫仲間の美弥るりかさんの後押しもあってついに決断。 【お楽しみ】には・・・ オリジナルぬり絵 イラストレーター・ますっく氏によるトップスターのイラストがぬり絵に。 その日の気分で思い思いの色で彩り、何度でもお楽しみください! (情報提供ありがとうございました!! また何かありましたらお教えください。 右から奥山映美さん、岡原ゆづきさん、中村怜佳さん、石川まいさん。 奥山さんはのあこがれは前花組トップ明日海りおさんで「華やかで凜(りん)とした、どんな役も演じられるタカラジェンヌに」と目を輝かせたんだって。 — ベルちゃん ニッカン宝塚 nstakarazuka 在庫アリ 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【記事】 【写真2枚】 首席入学の奥山映美(えいみー)さん(東京都)は「最初で最後の受験でしたので、自分を信じて挑戦して本当によかった」。 この2カ月は「早く憧れの宝塚音楽学校で学びたいという気持ちを募らせていました。 レッスンができない日々が続いていましたので、心身ともに合格時の状態を保てるように努めました」と、緊張感を維持してこの日を迎えたという。 あこがれは前花組トップ明日海りおで「華やかで凜(りん)とした、どんな役も演じられるタカラジェンヌに」と目を輝かせた。 受験資格初年度から最終となる4回目の受験で合格した岡原ゆづきさん(広島市)は、合格時を「涙があふれて止まらないほど、うれしくて夢のようでした」と述懐。 花組の音くり寿があこがれだといい、自粛中も自主稽古に励んできた。 それでも「早く授業を受けたいという気持ちでいっぱいでした」とはやる本音を素直に吐露していた。 宝塚OGサポーターズクラブについて 宝塚歌劇団を卒業した、宝塚OGのセカンドキャリアを応援するファンコミュニティです。 近年、宝塚歌劇団を退団したOGの活動の幅が広がっています。 芸能だけでなく様々な分野で活躍するOGを応援しましょう! 入会された皆さまには様々なオリジナルコンテンツをご用意しております! 会員になると、限定動画やブログ、イベントなど、様々な企画に参加することができます。 サポーターズクラブで皆様とお会いできるのを楽しみにしております。 また何かありましたらよろしくお願いいたします。 Web記事は見つけられませんでした。 四日市高校を卒業されたそうです。 情報提供ありがとうございました!! また何かありましたら、お教えください。 よろしくお願いいたします。 またよろしくお願いいたします。 またよろしくお願いいたします。

次の

英断か暴挙か、宝塚が公演再開に踏み切った裏事情

宝塚 歌 劇団 ニュース 速報

宝塚「推せるジェンヌ」「推せないジェンヌ」アンケート結果発表! 2019年はレジェンド級トップスターの退団に写真流出事件にと、宝塚が大きく揺れた1年でした。 「推せないジェンヌ」へは、愛情深いファンだからこその厳しい声が寄せられました。 投票期間10月23日からの51日間で、10歳から81歳までの幅広い年齢層から、4512票(男性25%、女性75%)もの票が集まりました。 劇団全体の顔として長く引っ張ってきたカリスマトップスター・明日海りおや、星組トップスター・紅ゆずるが退団し、新体制となる歌劇団。 組内人事を巡っては、どのファンも複雑な思いがあるようです。 別記事で発表した「推せるジェンヌ」に続いて「推せないジェンヌ」のランキングを見ていきましょう。 退団したばかりのあの人がランクイン 15位 明日海りお(元花組・89期) 長らくトップスターとして劇団を支え、昨年11月に宝塚歌劇団を退団した明日海りおがランクイン。 今年からは天海祐希と同じ事務所で再スタートを切ります。 「自分よりかっこいいから」(男・45) 「もっと続けて欲しかったから」(男・48) 「魅力に欠ける」(男・63) 15位 望海風斗(雪組・89期) 雪組の男役トップスター。 自身も思い入れがあると語る『ドン・ジュアン』や『ファントム』での主演をはじめとする印象的なステージ上での活躍のみならず、大の宝塚ファンとしても知られています。 「地味で優等生ぶりが鼻につく。 タカラジェンヌは歌手ではない。 求心力に乏しく、真ん中が似合わない」(女・54) 「歌は上手だと思いますが、華のないルックスと、どうだ、という変な自信が全面に出ていて変な押しがとても強い。 ずっと観ていると疲れる。 でも『ファントム』は素晴らしかった」(女・39) 14位 朝美絢(雪組・95期) スター揃いの95期のなかで、目覚ましい活躍をみせる雪組の男役スター。 2019年夏に放送された「FNS歌謡祭」(フジテレビ)出演時、共演したDA PUMP以上の存在感を放ったあまりのイケメンぶりにSNSではトレンド入りを果たしました。 「容姿だけでファンが増えている部分がある。 もちろん容姿端麗であることは大切だけど、もっと演技や歌などの実力をしっかりと見てほしい」(女・20) 「宝塚らしくない。 ジャニーズアイドルのようで品がない。 お顔は綺麗なので人気は納得ですが……」(女・47) 12位 舞空瞳(星組・102期) 星組のトップ娘役。 以前花組に在籍した頃にはトップ娘役の華優希らと活躍して経験を積み、星組に組替えしてトップ娘役に就任。 以降はトップスター・礼真琴の相手役を務めています。 「芝居心がなく、トップになったことでいつも笑いが止まらない感じが苦手。 歌も言われているほど上手いと感じず……。 娘役は男役をたててかっこよくみせるものだと思いますが、自己主張が激しく、『自分が自分が』と常にどや顔の娘役トップでは、琴ちゃん(礼真琴)がお尻に敷かれている感が出てしまう」(女・40) 「演技が下手で、礼真琴の足を引っ張っている」(男・44) 「ドヤ顔が過ぎる。 自分のトッププレお披露目の『ロックオペラモーツァルト』の集合日に、それまで休みだったはずなのに、一般人でもありえないレベルのプリン(髪の染め忘れ)で来た。 美意識というものがまるでない。 おまけにドヤ顔。 ダンスはうまいが、歌と芝居は無理が見える」(女・24) 12位 紅ゆずる(元星組・88期) 2019年10月に退団したばかりの前・星組男役トップスター。 礼真琴など入団時から首席でトップスターにかけあがる面々とは対照的に、2002年の入団時はほぼ最下位の成績。 そこから積み上げた努力や、お茶会などで見せる関西弁の親しみやすいキャラクターでスターダムへ駆け上がり人気を博しました。 「端整な顔立ちですが、お世辞にも演技、歌とも上手いとは言えない」(男・37) 「芝居、ダンスの技術が低いので、舞台を見る気がしませんでした」(女・54) 11位 潤花(雪組・102期) 雪組の娘役スター。 紅ゆずるとともに退団した、前・星組トップ娘役の綺咲愛里のあとを継いで「ヒガシマル醤油」のイメージキャラクターに抜擢。 劇団の期待を受けているがゆえの、厳しい意見が寄せられています。 「実力に見合わない推され方をしている」(女・18) 「娘役にしては背が高く、歌がお上手でないなど取柄が見当たらないのに、劇団推しが強すぎる。 実力のあるジェンヌさんを差し置いて、スポンサーがついたり、新人公演や別箱公演のヒロインを何度もさせるのが理解できません」(男・59) 「なぜゴリ押しなのかわからない。 雪組には、もっと容姿端麗で歌ダンス、演技が上手な娘役さんたくさんいる」(女・52) 「娘役としての可憐さが一切ない……。 どうしてこの人が劇団に強力に推されているのかが全く理解できない」(女・41).

次の