グッバイ 君の。 Official髭男dism「Pretender」の魅力を思う存分語りたい【映画「コンフィデンスマンJP」主題歌】

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

グッバイ 君の

今回は、Beatles(ビートルズ)の• Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ) の歌詞を和訳したいと思います。 中学生でも簡単に和訳することができる英文ですが• 内容は深い と感じるものがあります。 作詞作曲者であるポール・マッカートニが The answer to everything is simple. 全ての答えはシンプルなものさ。 これは、全と無についての曲なんだ…人はすべからく黒をもつなら白をもつ。 それは、人生の素晴らしい点なんだ。 とことを参考に、歌詞と向かい合うのがおすすめです。 デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として• ジョン・レノン(リズムギター)• ポール・マッカートニー(ベース)• ジョージ・ハリソン(リードギター)• リンゴ・スター(ドラムス) という4人で活動を行った。 オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。 リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、がある。 全213曲中144曲(全体の約68%)は「」共同クレジット曲。 共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。 Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)という曲 Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)は、、1967年11月に発表された16枚目のシングル曲である。 レノン=マッカートニー名義の作品だが、主にポール・マッカートニーが作った曲でリード・ボーカルも彼が担当している。 エンディングの演奏は、メンバーのアドリブである。 片方が止まれば、片方は動き出す。 「こんにちは」と言えば、「さようなら」と去っていく。 これらの対立表現から、ふたりが同じ空間に長くいられない磁石のNとSのような存在だと示唆している。 つまり、彼らは点として決して交わることがない。 「なぜ」に対して「わからない」と答えれば、そこで会話は終わるというディスコミュニケーションが簡潔に描かれる。 合間に挟まれる「Oh no」という表現から、これは彼自身が望んだ状態ではないとわかる。 ポイントはこのような相反する相手に対して、彼が繰り返す言葉が• Hello であるという点だ。 つまり彼は、 自分とは全く異なる対象を好意的に歓迎する言葉を何度も 繰り返してる。 この曲が描くのは• 決して分かり合えない人間 の別れと解釈できるが「Hello」を繰り返す彼は、まだ二人の関係を諦めていない。 自分とは全く異なるパーソナリティをもつ相手を必要としている。 さらに言えば、世の中の• あらゆる対立概念 が反発しあいながら、交わることも理解し合うこともできない様を描きながら、それらの相互的な• 対話の試み を描いてるといえる。 正反対の存在が反発しあいながら、互いを必要としてバランスをとっている様が描かれていると解釈できる。 和訳した感想 ということで今回はBeatles(ビートルズ)の• Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ) の歌詞を和訳しました。 とてもシンプルな歌詞ですが非常に深いと感じますし、ビートルズの曲の中で好きな1曲です。 There are Geminian influences here I think: the twins. You say goodbye, I say hello. You say stop, I say go. I was advocating the more positive side of the duality, and I still do to this day. 思うに、僕の星座の影響があるんだよ、つまり双子さ。 まさに双対性の曲で、僕はより前向きな方を主張してる。 君はグッバイと言い、僕はハローと言う。 君は止まれと言い、僕は進めと言う。 僕は、よりポジティヴな方を主張してたんだ、そして今も変わらないよ と語っています。 これはポール・マッカートニーが作詞した、多くの曲に見られる特徴だなと感じます。 代表曲「」という曲も同じです。 「昨日」という誰もが単純にネガティブ(後ろ向き)な表現に落としがちな言葉を• 昨日=悩みとは無縁• 今日=悩みが日常化 という対立に据えたうえで「I believe in yesterday(僕は昨日を信じるさ)」と繰り返します。 つまり、不幸の陰りを漂わせる今日という日々を流されるままに継続したくないという抵抗です。 悩みのなかった幸福に満ちていた「昨日」を僕は信じる。 そういった日々を、僕は連れ戻せるはずなんだ、と自ら言い聞かせるように唱えています。 他にも「」という曲では、明らかに終わりが見えてる男女を描いています。 それでも男側は馬鹿みたいに最後には We can work it out 俺たちはうまくいく We can work it out ふたりはうまくやれるさ と呪文のように唱えています。 ポール・マッカートニーの書く曲は、楽観的に見えるようで実は• 負の側面 に気づいています。 背中合わせになってる陰の要素を知ってるうえで、それでも自ら主体的に• より光に満ちた方を主張する んです。 人間ってポジティブなものよりネガティブなものに惹かれるものですし、その方が簡単なんです。 (それか無理やりネガティブを排除する) でも、そうしない。 負を排除しようとせず、ただ受け入れて立場として正を主張する。 この選択的な姿勢に、力強さのようなものを感じます。 一般的に、ポール・マッカートニーよりジョン・レノンの歌詞の方が、難解で深遠だと感じる人が多数でしょう。 でも簡単なことを難しく語るより、難しいことを簡単に語ることの方が圧倒的に難しい。 私は、この曲を聴くたびに思います。 誰にでも当てはまる普遍性をもった曲。 言語的なセンスというより、俯瞰的な視座という着想・視点の問題かもしれません。 ポール・マッカートニーの曲を聴くと、悩んでも常に光の方を選ぶ人でありたい、と思います。 どんなに辛い時でも楽観性を忘れず 物事の両面をみる視野の広さを保ち 負に引き寄せられない強さを、自分の心に育てながら生きたいと思わずにはいられません。

次の

グッバイ・君もおけパも僕じゃない|肘樹|note

グッバイ 君の

解説 [ ] 系列ドラマ『』の主題歌。 前作「」から約1年9か月ぶりのシングルとなったこの作品は、旧がアリオラジャパンに移管されてから初のシングルでもある。 また、前作に続いてのテレビドラマ主題歌であるが、TBSのドラマ主題歌を手がけるのは「」(1997年、『』)、「」(2004年、『』)以来3作目で、の主題歌は初めてである。 この作品で通算10作目 の連続テレビドラマ主題歌となった。 この作品には()、()がコーラスに参加している。 また、小田のソロ楽曲では初めて、主要配信サイトにて配信リリースされた。 収録曲 [ ]• グッバイ [4:46] 作詞・作曲・編曲:小田和正• グッバイ(カラオケヴァージョン) 作曲・編曲:小田和正 参加ミュージシャン [ ]• HIDEKI MOCHIZUKI: 脚注 [ ].

次の

グッバイ・君もおけパも僕じゃない|肘樹|note

グッバイ 君の

2019年4月16日にで Videoが公開された、髭男dismの「Pretender」。 とりあえずまだ聴いてない方は聴いてみてください。 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のない アイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いや いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンと来なくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定でもっと違う関係で 出会える 選べたらよかった 至って純な心で 叶った恋を抱きしめて 好きだとか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばす度に 疼き出す未来には 君はいない その事実にCry… そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 これはもう「髭男dism」というアーティストのこれまでが昇華された、一つの完成形でしょう。 今回はこの「Pretender」という曲の魅力を、3つの観点から熱く真面目に、思う存分語りたいと思います(以下あくまでも個人の意見です)。 「Pretender」の魅力その1…メロディ まずなめらかに耳に入ってくるイントロ。 すでにこの時点で、映画のエンドロールを見ているかのような気持ちになるのは私だけでしょうか。 Aメロで静かに現実を語り、Bメロで叶うはずのない願いを込めてサビに持っていく。 このBメロが、歌詞とともにものすごくサビを引き立てています。 コース料理で言うオードブルか、メインディッシュ前のスープです。 「次は何が来るんだ?もう待てねえよ!」そんな気分になるサビ前になっています。 そしてサビです。 もうこれは言うまでもないでしょう。 また、このメロディ面で言及したいのがラストです。 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 の部分です。 こんな美しい終わり方は21年間生きてきて、生まれて初めてでした。 そしてその次の アウトロはイントロと同じなんですよ!なので、この曲をリピートしていると、ずっとつながっているような感じがします。 ピアノにして終演を思わせておきながら、「グッバイ」と言いながらも、続いていってしまう… こんなストーリー性の高いメロディ構成がいまだかつてあったでしょうか。 もはやバンド版オペラと言っても過言ではない。 「Pretender」の魅力その2…歌詞 次は歌詞です。 男性視点の曲だと思いますが、歌詞の一つひとつの言葉が女性の私にも痛いほど心にきます…。 至って純な心で 叶った恋を抱きしめて 好きだとか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ こことか読むと禁断の恋系っぽいですが、私はちょっと違うんじゃないかなと思っています。 MVや「コンフィデンスマンJP」を知ってるからかもしれませんけどね。 (この2つについては後述します) それに、ただの失恋ソングでもない。 全体的になよなよしていないところがいいんですよね。 叶わない願望を言いながらも、厳しい現実をきちんと受け止めています。 また、自分のことも、相手のことも、誰のことも否定していない。 「君は綺麗だ 」 単純に真っ直ぐな気持ちで言っているのか、色々な思いがこもっているのか、そのどっちもなのか…。 いずれにしても、「Pretender」な相手への、嘘偽りのない確かな言葉ということが伝わります。 そして最後には、 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 私にはわかります。 この人絶対いい人。 「Pretender」の魅力その3…映像 Music Video この「Pretender」にはMusic Videoがあるので、そちらも紹介します。 フルバージョンを出してくださった公式チャンネルさんには感謝しかありません。 舞台は台湾でしょうか。 全てが素晴らしいです。 ヒゲダンの演奏シーンとストーリーシーンが絶妙に合わさって、大好きな雰囲気です。 ボーカルがピアノってバンドはあまり知らないんですが、かっこいいですね…。 ストーリーシーンの終わり方もめっちゃ気になる。 曲だけでも最高ですが、映像も加わると鬼に金棒。 虎に翼。 弁慶に。 コンフィデンスマンJP 「コンフィデンスマンJP」は、2018年の春クールで放送された月9ドラマです。 そのエンディングがヒゲダンの 「ノーダウト」でした。 この曲もめっちゃいいです そして、2019年5月17日に公開される 映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌 がこの「Pretender」なのです!! この曲が映画館で聴けるなんて…どんな天国ですか…。 主演はさん、周りを固めるのはさん、さんなどの豪華キャストです。 ドラマ「」シリーズ、映画「」シリーズ、映画「」あたりが好きな方は、 さんの脚本作品ですので必見です! 「Pretender」も映画と組み合わさってどんな形になるのか、とても楽しみです。 終わりに ひたすら「Pretender」について語っていたら、いつの間にか3000文字近く書いていました。 普段のレポートもこのくらいするする仕上がったら嬉しいんですけどね…。 完全に自己満足の文章ですが、少しでもこの曲に興味を持っていただけたら幸いです。 そして 「髭男dism」を知らなかった方はこの機会にぜひ、他の曲も聴いてみてください!.

次の