アスカ 破 死。 エヴァンゲリオン破で、アスカの乗った赤いエヴァをシンジのエヴ...

式波・アスカ・ラングレー って死んだの?

アスカ 破 死

シンジがアスカの首を絞めた理由 ではここから、1つめの疑問。 なぜシンジはアスカの首を絞めたのかという点から考察していきます。 このラストシーン前には、まさに人類補完が始まっていました。 そのトリガー(ひきがね)となっていたのは、シンジのです。 つまり、他人への恐怖、生きることの希望をなくし、みんなとひとつになりたいという気持ちをトリガーとして、 アンチATフィールドを発生させた。 ここでデストルドーの発生から、人類(シンジ)には 2つの選択肢が与えられました。 すべての魂がひとつになった世界、他人との境界線がない世界、 他人への恐怖のない世界。 そしてもうひとつは、 再び他人と生きる世界。 このどちらかの選択をシンジにゆだねられていました。 これは、冬月の 「未来は碇の息子に委ねられたな」というセリフからもわかります。 シンジの心の中の葛藤がシンジとミサトとレイとアスカとの会話からもわかり、シンジは 「幸せがどこにあるのか、まだわからない。 だけど、ここにいて生まれてきてどうだったのかはこれからも考え続ける。 だけど、それも当たり前のことに何度も気付くだけなんだ。 自分が自分でいるために」ということで、再び他人のいる世界を望みます。 これが、シンジの選択でした。 他人に傷つけられるという恐怖がありながらも、シンジはその世界を再び望んだんです。 ですが、レイやミサトがシンジをデストルドーへと引き込んでいる発言が多いですが、ただ一人だけ、アスカだけは 「でもあなたとだけは、死んでも嫌」と、否定的なセリフでした。 結果、アスカはシンジとひとつになることを ただ一人否定(拒否)しつづけ、自分のイメージ(他人としての)を最後まで持ち続けていました。 このことが、アスカだけはLCLへと還ることなく、シンジ以外の他人としての存在として残った理由と考えられます。 (エヴァに乗っていたことも助長したのかも) LCLの海でシンジが目を覚ましたとき、横にはただ一人の他人、アスカがいました。 心の中での葛藤のシーンから、シンジは父親(他人)に捨てられた恐怖や、他人に傷つけられることのトラウマがわかります。 アスカがいては、また自分が他人に捨てられる恐怖が芽生える。 ここで、シンジは再び他人と生きる世界を望みながら、アスカだけがシンジを拒否していたことから、首を絞めてしまった。 それは他人への恐怖の現れだったのかも。 だけど、シンジ以外の他人として残ったアスカは、シンジを拒否したのはシンジのことが本当に好きだったからだと思います。 シンジに対して、アスカは 「本当に誰かのことを好きになったことがないのよ」とか、 「あんたが私のものにならないなら、私何もいらない」って感じのセリフからもわかります。 要するにアスカは、みんなで溶け合ってシンジとひとつになるんじゃなくて、自分を他人として見てほしいと思った。 あなたのだけは絶対に嫌、というのは、嫌いってことではなくて、 好きだから故にシンジの他人として存在したかったのではないかなっと。 自分を見てほしいからこそ、シンジとひとつになるのは御免だわってアスカの気持ち。 この、アスカが絶対にシンジとひとつになることを拒否し続けたのは、深い愛情があったからということにシンジは気づけず、首をしめた。 アスカがシンジの頬をなでた理由。 そして「気持ち悪い」の意味。 アスカが頬を撫でたのは、シンジになら殺されてもいいと思ったからか。 シンジを受け入れていることの表れ。 この意味は、 シンジに対する無償の愛情であったことに違いないと思います。 アスカという存在は、シンジの逃げ道であった。 これまでもシンジは、自分の都合次第でアスカに対して助けてよって救いの手を求めるシーンがいくつかありました。 要するに、シンジにとってアスカは都合のいい逃げ場所だったんです。 シンジの心の中の葛藤の場面で、アスカはシンジに対して 「誰でもいいんでしょ」って言葉があります。 そして、シンジを突き放す。 アスカは、シンジの逃げ場所であることではなく、人と人との関わりを望んだからこそ、シンジの最初の他人になった。 自分に対して デストルドーを向けているシンジに対して、頬をなでた。 これは、 アスカが出来る精一杯の愛情だったんだと思うんです。 "自分はここにいてもいいんだ"って初めて自分のことを受け入れられたと思えたから、泣いてしまった。 アスカは、シンジになら殺されても構わないとまで思って頬をなでたのに、勝手に自己解決して泣き崩れたシンジに対して、 「気持ち悪い」。 2人が、 "傷つけあいながらも他人として生きることは悪いもんじゃないじゃん"って思える、私的には感動するシーンです。 自作なので転載禁止ですっ 完成品は登場人物のアスカのページにあるよん。

次の

鈴原トウジ (すずはらとうじ)とは【ピクシブ百科事典】

アスカ 破 死

今夜金曜ロードSHOWで、『』が放映されます。 ぼくはエヴァに興味あってまだ見ていない人が「どれ見たら一番楽しめる?」と聞いてきたら、迷わず「破」を薦めます。 音速を超えるスピードで走るエヴァ、ぽかぽかしちゃった綾波、シンジが綾波に手を伸ばした時の「来い!」という叫び。 エヴァが画面いっぱいに動いているのを見ているだけでワクワクする。 「」というコンテンツの、キャラ性・アクション・残酷さという、おいしいところを選んで詰め込んだ、エンタテイメント映画です。 映画上映時は、それはもう興奮して何度も見に行きました。 サハクィエル戦楽しすぎんよー。 ただ、上映から5年たった今のぼくの胸に、どうも「破」は引っかかって仕方がない。 「破」には式波・アスカ・ラングレーという、それはもう天使のようにかわいらしい女の子が出てきます。 けれど、それはぼくが十数年愛し続けていた惣流・アスカ・ラングレーではない。 今更だけど新劇場版は、ぼくが耽溺していた昔のエヴァじゃない。 まあ、予告編でアスカを出したあたり、今思えばエヴァも丸くなったんでしょうね。 惣流「あんたバカァ? あんなに上映初日に、『予告編があって救われた!』って、トイレに駆け込んで、吐きながら泣いてたくせに何言ってるのよ。 1・加持さんに恋愛感情を抱いていない 旧エヴァでは、ミサトの昔の恋人、加持リョウジに恋愛のような憧れを抱いています。 しかし式波の方は、彼に対して何の感情も抱いていませんし、ほとんど接触もありません。 2・社交性が低い。 惣流は友達をすぐ作り、大人ともすぐ仲良くなれるキャラクターでした。 しかし式波は友達を一切つくろうとせず、詰め寄ってくる男子を蹴飛ばし、一人でワンダースワンで遊んでいます。 大人とも特に接触をとらず、唯一接触したクラスメイトは洞木ヒカリだけです。 3・他人との接触に前向きになっている。 全員が他人との接触を苦手とし、ヤマアラシのジレンマを抱えていた旧エヴァに対し、みんなそれぞれ、他人との距離感をうまく取れています。 特に式波は、ミサトに「でも最近、他人といるのもいいなって思う事があったんだ」と打ち明けたり、シンジを異性として意識したりと変わっています。 「破」を含む、一連の新劇場版のアスカは、シンジから見た「拒絶してくる他人」として描かれていません。 アスカもシンジも、お互いかなり好意的に受け入れようとしています。 首もしめません。 自分が今やってるのは。 これをフィクションでやれっていうのは、とても無理ですよ。 そんな才能ないっス。 そういうのを簡単にやれると思ってる人達に、僕は傲慢を感じますね。 傲慢、もしくは何もわかってないんだという。 まあ『エヴァ』は実はドラマというより、ドキュメンタリーに近いですね」 (『パラノ・エヴァンゲリオン』より) TV版と旧劇場版のエヴァは、庵野秀明の私小説でした。 時代を越えてエヴァが愛されていくうちに、様々な二次創作・スピンアウトが行われるようになります。 公式で作られた作品に、『新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd』と、『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』があります。 前者は純愛ストーリーで、後者はラブコメ。 『鋼鉄のガールフレンド2nd』はアスカ好きなら楽しめると思うので読んでね。 次第に、綾波レイと惣流・アスカ・ラングレーが、「属性」化します。 レイは、クールにして恋愛感情を持つ「クーデレ」、アスカはシンジを突き放しながら意識してしまう「ツンデレ」の代表として頻繁にあがるようになりました。 もっとも、1996年のTVアニメ放映時には、まだ「ツンデレ」という言葉はなかったので、後付けになります。 そもそも、惣流のアスカはそこまでツンデレじゃない。 レイに嫉妬したり、試しにキスしたり(すぐうがいするけど)と、シンジに好意をうっすら持っているシーンはいくつかありました。 でも彼女は、シンジから見た「拒絶する他人」という大事な役割を担っていました。 10年以上経つうちに、アスカはすっかり「ツンデレ」で定着。 2007年のインタビューで、アスカ役の宮村優子も、アスカは「ツンデレ」であり、シンジを「異性として気になっている」と明言しています。 「破」ではレイにあからさまな対抗心を燃やすほどになりました。 式波のアスカは、それはもうかわいいです。 激しく劣情を抱きます。 これも一種の二股でしょうか。 惣流「バーカ、知ってんのよ、あんたが私を……そして、私じゃない別の私をオカズにしてることも、テスト用プラグスーツのフィギュア集めて飾ってることも」 ご、ごめん両方のアスカ! でも仕方なかったんだ! 惣流のアスカの心かき乱す感じと違う、「萌える」感じが、式波にはあったんだ……。 当初は「破」も総集編でした。 しかし庵野秀明は「破」の意味を、今までの自分が作った「エヴァ」の破壊である、と考えました。 そこで、特にマリを中心に鶴巻和哉監督のセンスにグッと任せ、今までのエヴァから脱却します。 式波がいて、惣流がいない世界。 パラレルなのか、ループしているのか。 いずれにせよ旧エヴァとは別世界として作られています。 人に頼りたい、他人との壁がわからない……この観客と庵野秀明のモヤモヤを投影していた、逃げ続けるシンジは、「破」の世界にはいません。 新劇場版に投影できる「おれ」はいるんだろうか? いない。 惣流「あんたなんて、映画の中にいらないのよ」 式波「これはドキュメンタリーじゃないの、フィクションなのよ」 惣流「ようするに、あんた、誰でもいいんでしょ。 私に逃げてるだけじゃないの」 そうだったのかもしれない。 「破」は本当に夢中になって見ました。 でもかつて、惣流のアスカに甘えて「かまってよ!」と怒鳴り散らしていたシンジのように、エヴァに依存する感覚は、ぼくには無くなっていました。 だからこそ「破」を、今は素直に楽しめています。 ぼくが年を取ったのか、エヴァが優しくなったのか。 教えてよアスカ。 なんだか宗教から抜けだしたみたいだ。 これが、よもや「Q」でひっくり返されるとは、上映当時思ってもいませんでしたが。 ほんと今だから言えるけどさ、早く「Q」見せて、頼むからアスカを助けて!って本気で思ったものです。 続けて見られる人は幸せですよ。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』BD 『スキゾ・エヴァンゲリオン』 『パラノ・エヴァンゲリオン』 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 アニメーション原画集 上巻』 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 アニメーション原画集 下巻』 (たまごまご) 外部サイト.

次の

式波・アスカ・ラングレー って死んだの?

アスカ 破 死

もくじ• 『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 』をさっそくフルで視聴する。 無料で観るための方法も紹介 『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 』はレンタルでも見れますが、返却の心配もなく、キャンペーンを利用して無料で観れるオンラインサービスがおすすめ。 無料期間を使ってフル動画を楽しむことができますよ! 『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 』を無料で観る方法について紹介する 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』はU-NEXTの1ヵ月無料期間を使って視聴することが可能です。 なぜそんなことができるかと言うと、実は無料の期間内でもらえるポイントを利用して映像を視聴することが可能だから。 常夏の国になった日本の第3新東京市に、14歳の少年・碇シンジは3年間音沙汰のなかった父・碇ゲンドウに呼び出され上京した。 その直後に現れた巨大な生命体・使徒(第4使徒)と遭遇し、国連軍との戦闘に巻き込まれてしまう。 待ち合わせをしていた女性・葛城ミサトに保護されたシンジはそのまま目的地、特務機関「NERV」(ネルフ)のある第3新東京市の地下空間へ向かう。 案内された場所にあったのは、使徒と戦う為に開発された凡用ヒト型決戦兵器・人造人間「ヱヴァンゲリオン」の初号機だった。 NERV最高司令官の父であるゲンドウがシンジを呼び寄せたのは、初号機に乗り使徒と戦わせるためだったのだ。 搭乗を拒否するシンジだが、代わりのパイロットだと運ばれて来た重傷の少女・綾波レイを目にして搭乗を決意する。 エヴァンゲリオン序の主題歌となっているのが 宇多田ヒカルの「Beautiful World」。 宇多田ヒカルさんの透き通った歌声が劇場版エヴァンゲリオンとマッチして気持ちが高ぶります。 実は、宇多田さんは活動中止なのにもかかわらず、エヴァが好きすぎるあまり楽曲の提供をしたのだとか。 劇中に流れる主題歌にも注目です。 もちろん劇場版になってもパワーアップして登場します。 ヤシマ作戦とは? 特務機関NERV葛城ミサト 作戦部長が立てた 作戦。 作戦名の由来は、源平合戦の「屋島の戦い」において那須与一が海上の馬上から扇を矢で射抜いたエピソードから、新劇場版では日本の古称「八州( ヤシマ)」から名付けられた。 エヴァを初めて見る人からそうでない人まで、幅広く楽しめる作品になっていますよ。 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 を観たみんなの反応は? 家のDVD整理してて、久々エヴァンゲリオンの序を鑑賞。 良すぎて良すぎて。 続きが早く見たいような終りが見たくないような。 当時映画館で初日、初回で見て、上映後に拍手が起きたのを今でも覚えてる。 劇場で拍手喝采を聴いたのは後にも先にもあの時だけでした。 それだけ皆が待っていたコンテンツだったんだなぁ。 やっぱり平成を代表するアニメだわ、エヴァンゲリオン。 — やまと yamato1130 Beautiful World(エヴァンゲリオン序・主題)宇多田ヒカルにより紡ぎ出されるこの曲はどこはかとなく幻想的だ。 美しい世界において少年は愛をし、それを超越した死が微かだが漂う。 愛する者の側で眠れば、それは甘い死へと落ちる事になるのか?その甘き眠りへと聴き手をも誘う。 — アニソンbot singtheanime.

次の