キムタク 映画 ホテル。 映画「マスカレードホテル」 ロケ地(撮影場所)!CORTESIA TOKYO(コルテシア東京)はロイヤルパークホテル?【マスホテ・木村拓哉(キムタク)・長澤まさみ】

【キムタク映画】マスカレードホテルあらすじ【理想キャスト】

キムタク 映画 ホテル

映画『マスカレード・ホテル』とは? 人気の原作に加え、豪華キャストとキャスト同士の結婚と話題の絶えない映画『マスカレード・ホテル』は絶対に見逃せない — 集英社ハピプラワン HAPIPULA マスカレード・ホテルは木村拓哉さんが 初の刑事役を演じるということで、舞台は超高級ホテルになります。 東京都内で同時に3つの事件が発生してしまい、すべての現場から数字が不規則に並べられていて暗号のようになっていますね。 この数字を紐解いていくのが木村拓哉さん演じる新田浩介は、警視庁操作一課に所属しているエリート刑事です。 この難事件を解決するために派遣されたのが新田浩介でしたが、高級ホテルにホテルマンとして潜入することになります。 超高級ホテルのコルテシア東京で新田の浩介の指導係になったのが、長澤まさみさん演じる山岸尚美ですね。 新田浩介は犯人を逮捕することしか頭になく宿泊客を疑っていきますが、山岸尚美はホテルマンとしてお客さんを最優先して新田浩介と衝突します。 何事も真剣にぶつかり合って初めてわかりあえると思うので、マスカレード・ホテルを見たら感動すること間違いないと思います。 しかし次第に衝突を繰り返していくうちにお互いを認めていき、難事件解決のために二人で力を合わせていくというストーリーですね。 円熟期と言える木村拓哉さんが刑事役を演じるということで、これ以上ないと思うほどのタイミングだと思いますね。 プロとは何かを教えてくれる2人から目が離せません。 原作でもこのホテルが使用されていますので、映画化にあたっても同じホテルを使って原作のイメージを大事にしている感じが伝わってきます。 映画が公開されたら宿泊客が殺到しそうですし撮影場所と同じところに立ってみたくなりそうですね。 映画に登場してくるホテルのロビーや部屋の撮影も8番ステージで行われていて、スタジオ内ではドローンで撮影できるほどの広さですね。 もしかしたら長澤まさみさん演じる山岸尚美の出身大学なのか、それとも何かしら事件と関連している場所なのか想像が膨らみます(笑) ロケ地になっている可能性は高いと思われますが、あまりネット上に目撃情報はない感じだったので、厳戒態勢での撮影だったかもしれませんね。 小日向さんが訪れたお城のシーン。 こちらは名古屋城でした。 スポンサーリンク.

次の

映画「マスカレードホテル」キムタクと長澤まさみが共演

キムタク 映画 ホテル

解説 東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。 都内で3件の殺人事件が発生した。 現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。 警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。 犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。 ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。 「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。 ・東野圭吾さんの小説「マスカレード」シリーズの第1弾を原作としています。 ・監督は、鈴木雅之さん。 ドラマでは「古畑任三郎」や「ショムニ」「ロングバケーション」「HERO」などの監督であり、映画では「プリンセストヨトミ」「本能寺ホテル」のメガホンをとってらっしゃいます。 [物語] ・ホテルという多種多様な人々が訪れる空間で行われる警察捜査という設定は、全ての人が疑わしく見えて最後まで「誰が犯人なのか」と引き込まれてみることができました。 [演出] ・刑事がホテルマンとして成長していく姿や、フロントクロークが刑事の事情を理解し、協力していこうとする姿。 それら登場人物がヒューマンドラマ的に一歩ずつ成長していく姿を「画」で言葉のように説明してくれる演出はとにかく分かり易かったです。 人によっては好き嫌いが分かれるでしょうが、エンターテインメント映画としては、これくらいの分かり易さがあってよいと思いました。 ・最終的に犯人と対峙できる理由、も言葉では一切説明しませんが「画」でしっかり魅せてくれます。 この辺も見所の一つだと思いました。 [演技・配役] ・とにかくキャストが豪華。 偏りのない豪華さが、観飽きない一つの要因になっているのではないでしょうか。 [全体] ・「全ては言わない。 でも物語と画で魅せることで観客に理解させる」こんなスタンスの演出でした。 文学的な映画では、観終わった後に観客自身が考えて結論を出さなければなりませんが、この作品はそこまでの不明点は出さずに、主人公たちの成長やミステリーの伏線を魅せてくれるので、分かり易いミステリーエンターテインメントになっています。 その「見易さ」と犯人は誰か?! という「ミステリーとしての面白さ」が相まって、最後まで楽しく引き込まれる作品でした。 ありがとうございました。 映画 ミステリー ミステリー映画 東野圭吾 鈴木雅之監督 木村拓哉 長澤まさみ ミステリーエンターテイメント ヒューマンドラマ 豪華キャスト 全体3. 5 物語4. 0 演出3. 6 演技3. 5 配役4. 0 映像3. 5 音楽3. 3 総合:70点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:70点 ) 物語は宿泊施設のことかと思いきや警察が乗り込んできて、これは犯罪映画なのだとわかる。 それなのにさんざん宿泊施設の客とのいざこざとの話と刑事と受付係のやり取りを延々と見せられ続けた後では、犯罪の事はもうどうでもよくなった。 最終的には中盤までの話のいくつかが伏線で犯罪と繋がってくるのがわかるがそれまでが長いし、急に殺人事件の話に切り替えられてもすでにそれには興味を失いつつあったので、犯罪の謎解きをじっくりと考えようと思わなくなっていた。 話の筋は通っていたようだが強引さもあり、宿泊施設の営業の話の合間に途切れ途切れに出てくる犯罪の説明がどうにもとってつけたようで、実はこれはテレビドラマですでに犯罪捜査がある程度進んでいる状態の続きの映画作品なのかと疑ったくらい。 接客から犯罪の話への転換が急すぎるように感じてついていけない。 これならば犯罪とは関係が無い無駄な接客の話を削った方が良い。 曲そのものが悪いのではないが、場面が変わるたびに重厚な管弦楽の同じ音楽が同じように冒頭から流れるのは、音楽の使い方が下手だと思う。 長澤まさみは受付係らしさが出ていたが、木村拓哉はここでも刑事というより木村拓哉役を演じていた。 松たか子は重要な役回りなのに、何歳の設定なのかよくわからないちぐはぐな役柄だった。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画「マスカレードホテル」キムタクと長澤まさみが共演

キムタク 映画 ホテル

2019年1月18日(金)に公開される映画『マスカレード・ホテル』。 東野圭吾さんのベストセラー小説『マスカレード・ホテル』の実写化で、主役の刑事・新田浩介役に木村拓哉さん、ヒロイン役に長澤まさみさんを迎えた話題の映画です。 豪華キャストとしても話題です。 刑事役に小日向文世さん、梶原善さん、泉澤祐希さん、篠井英介さん、渡部篤郎さん。 ホテルマン役に石川恋さん、東根作寿英さん、鶴見辰吾さん、石橋凌さん。 ホテルを訪れる宿泊客たちに、濱田岳さん、前田敦子さん、笹野高史さん、高嶋政宏さん、菜々緒さん、宇梶剛士さん、橋本マナミさん、田口浩正さん、勝地涼さん、生瀬勝久さん、松たか子さん。 そして、ダンディな背中でチラッと出演している明石家さんまさん。 予告編では、走ってるシーンでチラッと左手首に光るものが見えたので、腕時計が着用されていることは確かです。 ちなみに東野圭吾さんのマスカレードシリーズでは、『マスカレード・ホテル』の続編『マスカレード・ナイト』と『マスカレード・イブ』があります。 『マスカレード・ナイト』では、腕時計が事件の鍵を握る、とっても重要なアイテムになっているんです。 その中で、新田が着用していたのは、 新しい20万のオメガの時計 ただ、新しく購入したと描かれているので、映画ではオメガなのか、違うブランドの腕時計なのか、今のところわかりません。 映画の完成報告会見での腕時計 先日(11月20日)行われた、完成報告会見でも袖に隠れて腕時計は確認が出来なかったです。 東野圭吾さんの腕時計はガッツリ見えてました。 シネマシネマでの表紙の腕時計 12月1日に発売されるシネマシネマでは、表紙とグラビア12Pを木村拓哉さんが飾っています。

次の