蚊 がい なくなっ たら。 マンションの何階から蚊やゴキブリはいなくなる?防止対策は?|雑学集onWEB〜面白い情報や役に立つ情報〜

2006/8/12~15 東北ツーリング(1日目)

蚊 がい なくなっ たら

昨年計画したときは、天候不良で中止として、1日だけに行ってきました。 今回はまきまき&まいこすが初参加。 代わりにさくぴがリタイヤになってしまう。 はてさてどうなることやら。 さくぴ「さくぴです。 11日の状況にもよるが、帰ってこられない可能性大なのですよ。 というわけで、1週間前の申し出で大変申し訳ないのですが、不参加でお願いします。 (もはや社畜を超えた勢いで仕事に追われてるなー)」 さくぴはツーリングできるようになるために、土日休みの仕事に転職したはずが(笑)。 そね「今週は既に終電を2回逃すというだめっぷり 笑 金曜日は早く帰るぞー。 」 まっちい「同じく今週は多忙だ。 今日で落ち着いたので早く帰れるに期待。 」 きりしま「10日 夏休み初日。 遅く起きてきて、なぜか部屋の片付け。 マンガをブックオフに処分。 犬の散歩。 一日目終了(準備は!?)」 まいこす「テストーさっき葛西あたりまで往復してきたよ会社携帯のauじゃうまくいかない」 きりしま「あー、古いauは非対応。 新しいauは使えるらしいので、全く対応意欲ありません。 というかau特殊すぎ」 まっちい「CDMA-1XってのとWINってのがある。 18:42 会社脱出!帰って準備だ」 きりしまはライダースクラブにてオイル交換。 ロングランなのでせっかくだから新しいオイルにして行きたい。 18:34 オイル交換終了!って結構時間かかったなM丸サン…。 この足でチェーングリスの新しいの買いに行きたかったのに…。 まあしょうがない。 後は準備して早寝しよう。 つばさ「21:10そろそろ床に入ろーっと。 いつものバックに無理やりつめようと思ったら、3拍4日分はやっぱり無理でした。 」 まきまき「そろそろねます。 明日はよろしくー。 」 きりしま「出発してから合流するまではチョコチョコチェック&書き込みしてね。 」 つばさ「4:00起きました。 」 きりしま「4:53 起きた。 ねみー。 」 そね「5:00起きた。 シャワーしたら出よう。 」 つばさ「おはよー。 5:05家を出ます。 」 きりしま「5:15 積込開始。 バイク出す間に蚊に刺されまくり。 」 まっちい「5:45 眠い~。 曇り空全快だ。 6:10 あと10分ぐらいで出る。 」 まっちい「首都高C1は既に渋滞してるし…。 主要高速道路も、常磐道以外は渋滞開始してる。 」 まいこす「0545出発サイドバッグは足のせられて楽かなと思ったら、そうでもなかった」 ほくと「0630自宅発。 雲厚いねぇ。 」 いつものコンビニ前で、そねの助とお見送りのつばさと合流。 つばさは、一緒に守谷SAまで高速で行ってもしょうがない、ということなので、ここから房総ツーリング(銚子方面)を予定しているそうです。 そねの助ときりしまは、バイトから上がるたあたあを迎えに市川へ。 たあたあは、普段高速に乗らないので、SA集合に自信がない様子で迎えに来てくれとのこと。 6:50 セブンイレブンでたあたあと合流。 たあたあは毛がなくなってた。 たあち「毛はあるって!^^;切ってるの!」 たあたあの愛車、Epsilon。 スズキのSKYWAVEのOEMでカワサキから出てる250ccのスクーターです。 SKYWAVEは割とオプション充実しているので、SKYWAVE用のオプションを使用していじりがいもありそうですが、たあたあはあんまりそういうコトしないんだろうなあ…。 ここから下道で三郷ICを目指します。 ストップ&ゴーが多くて、ドカのクラッチが可哀相(笑)。 そね「7:40頃、三郷ICで常磐道に乗り損ねる。 バックで30mほど戻る。 バイク重し・・・結果的には正解でそのまま行ってもよかったのだが、首都高と常磐道が同じ入り口ってのは、乗る方からすると不安を感じるよね。 あの辺は道路が交わってるので看板がいっぱいあって分かりづらいし。 」 きりしまが看板見間違えた。 見間違えて余計な手間をかけてしまいました。 すみません。 たあち「しかし、車までバックしてたぞ!(笑)怖!」 きりしま「しかもかなり行っちゃってたのに(笑)。 」 まきまき&まいこすのSV400S。 右のカウルガリガリなのが不安なんですが…。 まいこす「守谷着0750最後のコメントにレスするようにするとかけるような」 まっちい「7:58 守谷着渋滞ポイントは用賀~谷町とC6でした。 朝からかな~りすり抜けしまくり。 」 まいこす「私らのバイクをのぞきこんでるまっちいらしき人物発見。 」 ほくと「0805 守谷で合流」 きりしま「8:10 守谷着。 混んでた~。 雨雲が東北地方の日本海側から近寄ってるみたいだが、いずれにしても今日は走るしかないな」 このツーリングのために新調したというまっちいのデジカメ 、。 一般的には、女性向けモデルという設定なのだがその選択はどうあなのか…。 北斗ロードスター。 唯一クルマなので、渋滞にハマるとそれはそれで大変そう。 給油して出発待ち。 なぜかみんな下向いてるけど、地図でも見てるのかな? 10:30 中郷SA。 バイク組は一丸となって到着。 北斗車は渋滞で置いてきた。 濃い霧であたりはしっとりと濡れています。 ほくと「1050遅れて中郷着。 即出発」 雨になりそうな感じになってきた。 と思ってたら、出発直前、いきなり本降り。 雨装備でスタート。 12:16 雨の中を走り続けて、阿武隈高原SA。 そねの助とまきまきが透明なコーヒーを買っている。 そね「まきまきはコーヒーじゃなくてホットミルク買ってたみたいよ。 」 自販機がなんか調子が悪いらしい。 きりしま「雨は止んだように見えたけどまたパラパラ降ってきた。 」 まいこす「雨強いのでまいこすはほくと車に乗る」 ほくと「エアコン故障で車内が蒸し風呂。 その後復帰しあとはおおよそ快調。 エバポレータ(熱交換器)が能力オーバーすると凍り付いて冷えなくなるらしい。 ロードスターのサイトを見ると、時々ある症状とのこと。 」 まっちい「混まないと思った常磐道も渋滞がちらほら。 それでも東北道に比べれば短い。 」 14:14 国見SA到着。 入口混んでた。 いい天気になった。 レストランで5組待ち。 冷たい恋人ソフトクリームが謎。 そね「キリシマンが「ギュウタン」を食べてた。 「ギュウタン」可哀想・・・ 笑 注 「ギュウタン」は東北地方に生息する愛らしい小生物です wikipedia 」 きりしま「の親戚で」 17:23 長者原SA。 まっちい、たあたあ、きりしま。 けっこう長い渋滞があったから車はどのくらいの到着になるかな。 夜勤明けの渋滞ロングランでお疲れモードのたあたあ。 ほくと「30分遅れで追いつき即出発」 北斗君がタフなのに任せて、大した休憩なしで先を急ぎますっていうか、遅れペース(笑)。 まいこすはちょっと後ろ寄りにタンデムシートに乗ってて、落っこちそうな気がするんだけど、別に大丈夫らしい。 てろてろのズボンのたあたあ。 スクーターらしいラフな装備です。 18:12 北斗給油待ち。 あと100kmくらい? まっちい「高速道路のガソリンが安いって話が広まってて、給油待ちの車で溢れてた…。 」 高速道路のSSがこんなに混んでるってのはちょっとねえ。 あと、給油口の左右によっても明暗が分かれてた。 19:45 花巻IC着 まっちい「もう真っ暗…。 常磐~東北道とはいえ、帰省ラッシュを甘く見たのが敗因」 今年は事故渋滞がすごかったってことなのかな? ちなみに疲れてきたのでこの区間、3回PAによって来た。 7時の予定で実際には8時の読みだったがまだつかない。 まいこす「暗いなかで高速でカッパを着るのはなかなかにこわい。 」 そね「高速道路で止まってはいけません!!マジで。 疲れたドライバーがバックライトに吸い寄せられるように突っ込んでくる危険があるので。 つばさ「19:30犬吠岬より帰還。 」 まっちい「おぉ~海の見える温泉には入ったのかな」 つばさ「ええっと「海が見える」が売りではあったのですが=外から見える浴室はどうよって感じで隠れるようにつかって帰ってきました(苦笑)。 」 きりしま「大丈夫、減るもんじゃないから。 」 つばさ「20:00夕食。 途中雷と大雨に遭遇しましたがお留守番ツーリング、無事生還しました。 走行距離236Km。 」 雨が上がっているので、カッパ脱いだり、試乗会したりしてから出発。 この試乗会でまっちいはSV400にオーリンズを装着する決意を固めたらしい。 20:30 ようやく・着。 花巻パストラルさなぶり荘は、2008年3月31日に閉館した模様。 予定よりはるかに遅くなった到着で、しかもバイク旅であることを伝えてあるので、ご心配をおかけしました。 そね「学校か病院みたいなヘンテコリな建築。 」 たあち「「さ」が見えないと大変な事に!」 きりしま「当初、そねの助は「サブリナ」荘と読んでいて、オードリー・ヘップバーンとの関連性について考察していた。 ほくと「そして即晩飯。 」 20:44 時間も遅いので、とりあえず飯。 他のグループも結構渋滞で遅れていて、まだ到着していないグループもいくつかあった模様。 そりゃそうだ。 ビールが美味い、っていうか、こぼれてるんですけど! 誰だ注いだのは!? 21:29 食事終了。 くりはりゃ「おつかれー。 温泉いいなあ。 」 ここの風呂は、ちょっと風情は無いけどゆったり浸かれた。 箱蒸しがあったけど、微妙かな。 まいこす「箱蒸しは20時か21時で終了と書いてあったので、終わってたのでは?」 一応、中は暑くなってた。 広い風呂場であの箱に入って頭だけ出しているという状態が微妙(笑)。 サウナと違って呼吸が辛くないからいいのかなあ?ってハテナがつくくらい。 まっちい「台温泉はひなびた温泉街って感じ全開だった。 値段等を考えても、まぁまぁ普通かなと思った。 」 台温泉の雰囲気みたいなのは温泉街っぽくて好き。 男性陣はふとん3人、ベッド2人という構成で。 ベッド利用はまっちいとたあたあ。 [] []へ戻る.

次の

2006/8/12~15 東北ツーリング(1日目)

蚊 がい なくなっ たら

毎年6月頃から、こうもりの活動が全国的に活発化します。 特に、こうもりの繁殖が盛んな地域では、毎年夏前から秋にかけて、多くの住民がこうもりの糞対策に追われます。 私の友人(女性)も、コウモリのフン害に悩む住民の1人でした。 友人が今の家に引っ越してきたのは秋の深まる10月のこと。 引っ越し直後はさほど気にならなかったのに、翌年春から玄関や庭、エアコンの上に山積み式で溜まってゆく糞を見て、彼女はよく呆然としていたものです。 ある日は、ベランダの窓を開けた時に、家の外壁にとまっていた10匹以上のコウモリがサッシの上からバタバターっと飛び立っていきました。 また別の日には、玄関先の扉を開いた際、上部からコウモリの糞がバラバラッと降り注いできました。 天井裏にコウモリが侵入して、部屋中に糞を撒き散らして帰っていったこともありました。 いくら小さくてひ弱に見えるコウモリでも、これでは立派な害獣(がいじゅう)です。 コウモリの存在に対する不安と、糞汚染の恐怖は、これまで一朝一夕に解決できるものではありませんでした。 今回の記事では、コウモリの糞対策に関してお悩みの方へ、コウモリの糞によって起こりうる健康被害について解説しながら、 『これさえ実践すればフン害が消える』という、筆者とっておきのフン害対策を紹介します。 友人も毎年この方法を実践してから、コウモリのフン害に遭うことがなくなりました。 あなたも、ぜひ実践してみてください。 1 『野生鳥獣保護法』で殺せないコウモリのフン害 ここ日本では、コウモリは蛾や蚊などの害虫を食べてくれる益獣(えきじゅう)として『野性鳥獣保護法』によって守られています。 鳥獣保護管理法では、「鳥獣」を「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」と定義しています。 「鳥獣」の概念には、平成14年の法改正によりネズミ・モグラ類と海棲哺乳類が含まれることとなりました。 ただし、鳥獣保護管理法第80条の規定により、「環境衛生の維持に重大な支障を及ぼす鳥獣又は他の法令により捕獲等について適切な保護管理がなされている鳥獣」として、ニホンアシカ・アザラシ5種・ジュゴン以外の海棲哺乳類、いえねずみ類3種については、鳥獣保護管理法の対象外とされています。 環境省『鳥獣保護管理法の概要 2』より抜粋: つまり、コウモリを駆除する際には、1匹たりとも殺してはいけないということ。 そのため、フン害をなくすには、コウモリをただ追い出すしか方法がありません。 この『追い出す』というのが、かなり難しいのです。 糞を除去しても、数時間後にはまた同じ状態に戻ってしまう…本当は旦那さんにコウモリの駆除や糞の掃除をお願いしたいけれど、日中は仕事でいないことがほとんどですよね? 女性が1人でコウモリ駆除と糞掃除に立ち向かうのは、とても過酷なことです。 風のある日は、乾燥したコウモリの糞がコロコロと散乱し、雨が降る日は、糞の臭いがいつもより強烈になります。 それに、コウモリのフン害で一番注意すべき点は、汚れや臭いではなく 『コウモリの糞に含まれる菌』の方なのです。 1-1 コウモリの糞に含まれる菌とは? コウモリの身体の表面には、ダニやノミといった寄生虫が生息しているケースが多く、どの個体も大変不衛生ですが、より気をつけたいのが 『糞に含まれる病源菌』の方です。 なんと、コウモリの糞には無数の『カビ菌』が含まれているのです。 さらには、コウモリは『ノミ』や『ダニ』といった寄生虫を体表に保有しています。 フン害の中でも特に注意したいのが、玄関ドアの上や、外に設置されているエアコン室外機に糞をされた時。 室外機からコウモリの糞に含まれるカビ菌が侵入したり、糞が直接、私たち人間に降りかかることで、我々がカビ菌や寄生虫に侵されてしまう危険性があるのです。 1-2 糞の影響によって起こりうる病気 コウモリの糞に含まれる、無数のカビ菌。 コウモリの糞に内在するカビ菌が、私たちの呼吸器官に入り込んだり、皮膚にできた微細な傷口と接触すると、最悪、感染症が引き起こされます。 また、コウモリの糞を身体に浴びると、コウモリの体表に寄生していたノミやダニに寄生される恐れもあります。 ちなみに、日本に最も多く生息するのは『アブラコウモリ』という、体長およそ4~6cm程度の小さなコウモリです。 身体の小さなアブラコウモリは、室外機やエアコンダクトの狭い隙間から易々と内部に入り込み、そこで巣を作ってしまうことがあります。 コウモリが室外機やエアコンダクトに巣を作れば、コウモリの糞に含まれるカビ菌や、ノミ、ダニが私たちの生活スペースにより近づきます。 また、コウモリによる狂犬病の可能性も否定できません。 コウモリの狂犬病 1980年から1997年の間に発生した狂犬病患者の58%はコウモリ由来のウイルスによるものであることが明らかにされています。 引用元: 子供やペットに影響はないのか?心配になりますよね? 1-3 子供やペットへの影響は? 恐ろしいことに、皮膚や呼吸器が未発達なお子さんは、我々大人よりもカビ菌の影響を受けやすい傾向にあります。 また、犬や猫といった動物を飼っていると、散歩時や、飼い主の知らぬ間にペットとコウモリが接触し、その際にノミやダニに寄生されてしまう危険性があります。 それを知らずペットを触れば、我々人間も『寄生虫の被害』に遭ってしまいます。 大切なご家族やペットをコウモリのフン害から守るため、これから紹介する 『コウモリ撃退に効果的なアイテム』を使って、事前にコウモリを撃退しておきましょう。 2 コウモリ撃退に効果抜群な2つのアイテム 『コウモリ撃退に効果抜群な2つのアイテム』についてお話する前に、まずコウモリの生態について簡単にお話しします。 コウモリは、視覚がほとんど機能していない生物です。 彼らは、超音波を発しながら宙を飛行し、物質から跳ね返ってきた己の超音波を感知しながら、餌を捕獲し、巣作りを行うのです。 そのため、 コウモリは以下の2つが大嫌いです。 2-1 強力磁石 磁気には『超音波を狂わす効果』があるため、 超音波を発しながら飛行するコウモリの駆除に絶大な効果を発揮することがあります。 強力磁石は、100円ショップに売られているもので十分。 ぜひとも、コウモリを寄せ付けたくないベランダのサッシや玄関周辺に、沢山の磁石を設置してください。 もちろん、目立ちにくい所に施すだけでも十分効果的です。 ちなみに、筆者の家では磁石を以下のように配置しています。 窓のサッシの上の細いスペースには、棒磁石を7~8つ敷き詰めて配置。 エアコンの室外機には、機器の天面と裏側に、大きさが直径2cm程度の丸型の磁石(プラスチックが施されていないもの)を、等間隔で5つほど、透明な梱包用テープを使って貼り付けています。 玄関には、大きさ6mm程度の目立ちにくい丸型磁石を、目的の個所へちりばめるように、透明な梱包テープで貼り付けています。 車庫の天井隅にも、エアコン室外機に配置したのと同じ丸型磁石を、1カ所につき、4~5つ程度貼り付けています。 コウモリが寄り付く機会の多い場所と、フン害が気になる場所へ磁石を置くようになってから、筆者自宅のフン害は著しく改善されました。 ちなみに、高い場所へ磁石を設置する際は、女性よりも身長の高い男性に作業をお願いした方が安全ですので、旦那さんに一度、磁石の設置について相談した上で実践してください。 2-2 ラジオ ラジオの機器から発せられる電波にも、超音波を乱す効果があるので、ラジオもコウモリの駆除にとても有効なアイテムです。 筆者も、小さな磁石だけではコウモリを駆除しきれない、庭などの広いスペースに大型のラジオを置いていますが、これも設置後すぐに効果がありました。 庭にラジオを配置してから、日に日にコウモリが寄り付かなくなり、今では糞掃除をすることもなくなったのです。 ちなみに、電波を発する機器の一例としてラジオを挙げましたが、 コウモリの嫌う周波数で超音波を発生させる『超音波発生器』を使うとより効果的です。 コウモリの被害が気になる場所へ、磁石と超音波発生器(もしくはラジオ)を設置すれば、筆者と同じく、コウモリの糞対策に追われることもなくなります。 3 エアコンダクトには防鳥ネットを張る エアコンダクトのように、コウモリが屋内に入り込む隙間がある場合には、防鳥ネットを張って、コウモリの侵入を防ぎます。 コウモリは体長が小さいので、網目の細かい防鳥ネットを使用してください。 4 漂白剤対策は効果がない? ところで皆さんは、コウモリのフン害対策に『漂白剤』が効果的である、という噂をご存知ですか? 私の友人の話では、以前、彼女の住むマンションの管理人へコウモリのフン害を相談した際に管理人がやってきて、漂白剤の臭いがする液体をエアコンや玄関に置いていったのだそうです。 しかし、漂白剤の臭いがする液体によって特にコウモリが寄り付かなくなるということはなく、友人はその後も変わらずフン害に悩まされ続けました。 漂白剤は、菌の消毒には効果的ですが、肝心のコウモリを駆除する効果はありません。 なぜならコウモリは、漂白剤の臭いを忌避(きひ)しない傾向にあるからです。 ちなみに、コウモリはハッカのようなメントール系の臭いを嫌いますので、ハッカ成分が含まれる『コウモリ忌避スプレー』を使えば、コウモリを『一時的に』追い払うことはできます。 しかし、 忌避スプレーの効果はあくまでも『一時的』なもの。 忌避スプレーの成分は時間の経過とともに消失しますので、これ1つでコウモリを完全に駆除するのは不可能なのです。 磁石やラジオ、超音波発生機器、そして防鳥ネットを駆使して、自宅周辺にコウモリが寄り付かない環境を作ることこそが、コウモリのフン害対策に最も効果的です。 5 屋根裏にコウモリが入り込んでしまったら コウモリが屋根裏から屋内へと侵入してしまった場合には、 これから紹介する3つのステップ通りに対策を講じることで、屋根裏からコウモリを完ペキに追い出すことができますし、同時にコウモリの再来も防ぐことができます。 【事前準備】 身に着けるもの 屋根裏の床や、自宅周辺に残った糞を片付ける際には、「マスク」「手袋」「防護服か不要な衣服」の3点は必ず身につけてください。 マスク コウモリの糞に含まれるカビを吸いこんでしまわないように、マスクは必ず着用してください。 手袋 コウモリの糞を掃除する際には、カビ菌だけでなく、ダニやノミといった寄生虫と接触してしまう恐れもありますので、手袋も必ず着用しましょう。 防護服か不要な衣服 コウモリの糞を掃除する際には、知らない間に糞が衣服に付着してしまう可能性があります。 衣服にコウモリの糞に含まれるカビ菌や、体表に寄生するノミ・ダニが付着すると、感染の危険が高まるため、大変不衛生です。 駆除に必要なグッズ ご自宅で徹底して駆除を行う際には、以下のようなグッズを揃えておきましょう。 (初年度の場合)。 以下で紹介する駆除ツールの価格は、あくまでも一例であり、価格がよりお安い製品や、よりお高い製品もあります。 まずは コウモリの侵入経路となりそうな隙間や穴を、事前に養生テープなどでしっかりと塞いでおきましょう。 5-2 ステップ2 駆除煙と超音波発生器を使って撃退する コウモリの侵入経路を塞いだら、バルサンのような発煙駆除剤で、大量の煙を焚きます。 このとき、超音波発生器を一緒に使うとなお良いです。 コウモリは臭いの強い煙を嫌がりますので、沢山の煙から逃れようとして、窓から出ていきます。 5-3 ステップ3 窓に網戸(防鳥ネット)を張って換気する 駆除煙を炊き終わった後は、屋根裏部屋の空気を入れ替えるために、しばらくの間窓を開け放って、換気を行う必要があります。 窓に網戸があれば網戸を張り、窓に網戸がない場合には、網目の細かい防鳥ネットを網戸代わりに張って、小さなコウモリの侵入を防いでください。 これで屋根裏にコウモリが再来することはなくなります。 とはいえ、屋根裏は薄暗く日中でも不気味ですから、女性一人で駆除するのは心細いですよね?もし可能であれば、この記事をご主人さまにもお読みいただいて、コウモリ駆除は勇気と度胸のある男性に引き受けてもらうのが理想的です。 掃除完了後には消毒を行う コウモリの糞を掃除する際は、防護服を着用するか、もしくは汚れて捨ててしまっても構わない服を着用し、掃除が終わったら屋外で脱いでごみ袋へ密封しましょう。 また、ホウキやチリトリといった道具を使用する際には、お掃除完了後に殺菌剤を吹きかけて、消毒をしっかりと行ってください。 糞のあった場所にも、十分に殺菌剤を吹きかけてくださいね。 屋根裏駆除の注意点 バルサンのような発煙駆除剤は、使用後にお部屋の掃除をしなくてはならない製品が多いので、なるべく『お掃除の手間がかからないタイプ』の製品を選んで使いましょう。 7 『フン害ゼロの家づくり』を徹底する方法 今紹介した駆除の方法は、コウモリを家に寄せ付けないために、そして、屋根裏など屋内にいるコウモリを追い出すために大変効果的です。 しかし、お住まいの家に隙間が多くある場合や、自分でコウモリの侵入経路を全て探し出すことができない場合、これらの措置を取っても完全に追い出せない可能性があります。 また、発煙駆除剤を使用して屋根裏部屋が思いのほか汚れてしまった場合には、駆除だけでなくお掃除にも費用や手間がかかってしまいます。 コウモリ駆除に一進一退を繰り返しているのであれば、一度、コウモリ駆除業者に依頼してみてはいかがでしょう? 駆除には、1箇所あたりおよそ30,000円前後の駆除費用がかかります。 しかし 業者はコウモリが侵入する経路を確実に塞いでくれます。 そのため、翌年以降も駆除効果が持続され、毎シーズンごとに駆除ツールを買うよりも費用が安く上がることがあるのです。 さらに、実例を1つ紹介します。 家の近所に、実際にコウモリ駆除を業者へ依頼した方がいます。 (その方は便利屋さんに頼んでいました) 便利屋さんは、駆除煙や器具をこなれた手つきで操り、コウモリをみるみるうちに撃退していきました。 あれは、我々素人にはできない早技です。 ご近所さんによるとその時の駆除費用は31,500円だったそうです。 忌避スプレーやバルサン、除菌剤を、毎年大量に購入していたご近所さんでしたが、翌年以降は駆除アイテムを買わずに済んでいるそうです。 ちなみに、お住まいの地域の市役所に相談すると、信頼のできる駆除業者を紹介してくれることがあります。 業者へ依頼をお考えの際にはまず市役所へ電話して、行政と連携している駆除業者があるかどうかを確認してください。 まとめ こちらのページでは、コウモリのフン害対策や、コウモリを撃退するために効果的な手段、駆除にかかる費用について紹介しました。 もともと、コウモリに悪気はありません。 しかし、フン害が続くとどうしても憎らしく感じてしまうのもの。 こちらでお話しした『コウモリ撃退に効果的な駆除方法』を実践し、万が一それでも駆除できなかった場合には、腕の確かな駆除業者に依頼して、お住まいの環境を衛生的に保ちましょう。

次の

蚊が絶滅したら生態系は崩れる?存在意義や絶滅させる方法は?

蚊 がい なくなっ たら

2014年10月01日 23時04分 もしもこの世から「蚊」がいなくなったら? By ゴキブリやカメムシと並んで「なんでこの世に存在するのか意味がわからない!」と考えている人が多いかもしれないのが「 蚊」の存在。 世界でもそんな蚊がこの世から絶滅したらどんな世界になるのかが研究されているのですが、その結論はなかなか複雑なものがあるようです。 Ecology: A world without mosquitoes : Nature News 全世界では毎年5億人ともみられる人がマラリアに感染し、100万人以上が命を落としています。 マラリアの主な感染源は、病原体を媒介する「蚊」であることが知られており、さらに蚊は黄熱病やデング熱、日本脳炎、西ナイル熱といった病気をも媒介しています。 現在、地球には3500種とも言われる蚊が生息しており、その中の数百種のみが人間の体を刺して血を吸うことがわかっています。 蚊はほぼ全ての大陸に生息し、数多くの生態系の中で重要な機能を果たしてきました。 アメリカ・ウォータリード陸軍研究所のJittawadee Murphy氏は「蚊は1億年以上も地球に生息しており、非常に多くの種とともに進化を遂げてきた」と語り、生態系の一端を担う蚊が一掃されてしまうと、蚊を食糧とする生き物の生態が脅かされ、また一方では花粉を媒介してもらっていた植物が絶滅してしまうことも考え得ることといえます。 By しかし、科学者の多くはこの世から蚊がいなくなることが環境に与える影響について「一時的な影響は受けるもののすぐに他の生物によって埋め合わされ、しかもよい結果を招くことになるだろう」と考えています。 その影響については、「駆除することによる不都合点が見つからない」とするイリノイ州立大学のSteven Juliano氏や、「より安全な世界になり、人類にとって顕著なものとなるだろう」とするブラジル・サンタカタリーナ連邦大学のCarlos Brisola Marcondes氏のような意見が存在しています。 蚊が駆逐されることで生態学的な影響を強く受けるのは、ある種の蚊が生息する北極圏のツンドラ地域だと考えられています。 雪が溶ける季節になると前年に産み付けられた卵から幼虫が孵化、その後おびただしい数の成虫になった蚊が真っ黒な雲のように空を覆うほど大発生する地域では、蚊は豊富な食糧源になることもあるのです。 By ミシガン州立大学の昆虫学者であるRichard Merritt氏は「蚊は『おいしい食べ物』である上に非常に捕まえやすいエサになります」と語ります。 もし蚊の幼虫がこの世からいなくなると、数百という種類の魚が従来とは違う食べ物を探さなくてはならなくなりますが、生き物の食生活は多くの場合に遺伝子レベルで受け継がれているものなので、考えられているほど容易なものではなく、食物連鎖に影響を及ぼすことになることが考えられます。 同様に、クモやトカゲ、カエルなどの生き物も一定の影響を受けることになるといえます。 そのような蚊を駆逐せずに生かしておく必要性は、人間に対するメリットがあるか否かによって決定づけられることになります。 蚊の一種である に刺されると、皮膚が水ぶくれを起こすことがあり、さらには病原菌を媒介することもあるために、駆除の対象としてしまいたくなるものですが、一方でヌカカはカカオの花粉を運ぶ生き物でもあります。 仮にヌカカを撲滅すると、その結果、世界からはチョコレートが姿を消すことになってしまうとも考えられるのです。 By しかしこのような観点は限定的ともみられます。 アメリカ疾病予防管理センターの医療虫学者のJanet McAllister氏は「もし蚊によって人間が利益を得ているとすれば、その利益を享受するために蚊を利用する事を考えたでしょう。 しかし、これまで人間が蚊に求めてきたことといえば『あっちいけ』ということぐらいしかありません」と語り、蚊の人間に対するメリットの低さを示します。 これらの意見を総合すると、究極のところ蚊が他の生物よりも秀でている能力とは、「ある生き物を刺して血を吸い取ること、そしてさらに別の生き物を刺して、病原菌を広げるということ」に尽きるのかもしれません。 アメリカ合衆国農務省のDaniel Strickman氏は「有害な蚊を駆除することによるメリットは『人口の増加』といえます」と語ります。 マラリアなどの疫病で失われる命がなくなり、疾病対策に費やしていた予算を国家の発展のために向けることができるようになるとしています。 By しかしその一方で、蚊の駆除は「一時的な安心感を得るにとどまる」とする意見が挙がっているのも事実。 フロリダ州のスクラップ場で採取されたネッタイシマカを調査した研究チームによると、ネッタイシマカの一部の個体は別のヒトスジシマカとの混血が進んでいる上に、次第にヒトスジシマカによって駆逐されつつあるという事がわかっており、一部の種を駆除してもすぐに別の種によって置き換えられてしまうという実態を明らかにしています。 また、人々が健康に暮らせることによるメリットよりも、人口増加によるコスト増加による弊害がそれを上回るという見解が存在していることも事実です。 米国蚊防除協会のJoe Conlon氏は「仮に明日この世から蚊がいなくなったとしても、自然のエコシステムは少し『しゃっくり』をするだけで再び元通りに戻ろうとするでしょう。 その時には、前よりも良い事か悪い事のどちらかが起こることになります」と語っています。

次の