参議院 大阪 選挙 区。 大阪 候補者

参議院選挙2019大阪府選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

参議院 大阪 選挙 区

開票速報一覧・記事の見方• は当選。 候補者名の右に「特定枠」とあるのは、特定枠での当選。 開票途中での当選者は、朝日新聞社の判定による。 得票の少ない候補を当選とする場合がある。 政党の獲得議席数が先に決まるため、 がついた候補者の数と一致しない場合がある。 集計途中では、比例区の政党と候補の得票の合計が政党得票総数と一致しない場合がある。 選挙区の数値は、上段が得票数、下段が得票率。 選挙区での政党の略称は、自民(自由民主党)、公明(公明党)、立憲(立憲民主党)、国民(国民民主党)、共産(日本共産党)、維新(日本維新の会)、社民(社会民主党)、れいわ(れいわ新選組)とし、その他は諸派とした。 ブラウザーや端末によって正しく表示されない場合があります。

次の

大阪 候補者

参議院 大阪 選挙 区

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の

参議院選挙2019大阪府選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

参議院 大阪 選挙 区

概説 [ ] とが行われたが発足して初めての大型国政選挙となった。 で初めて参議院選挙が適応された。 選挙データ [ ] 内閣 [ ]• (第54代) 公示日 [ ]• 投票日 [ ]• 1956年(昭和31年)7月8日 改選数 [ ]• 127議席(うち2議席は補充のため、任期3年)• :75議席• :52議席(うち2議席は補充のため、任期3年) 選挙制度 [ ]• 地方区• :改選数25議席• 2人区(改選1名、単記投票):25選挙区• :改選数50議席• 4人区(改選2名、単記投票):15選挙区• 6人区(改選3名、単記投票):4選挙区• 8人区(改選4名、単記投票):2選挙区• 全国区• :改選数52議席(うち2は補充のため、任期3年)• 秘密投票• 20歳以上の男女• 有権者 :50,177,888名• 男性:23,988,009名• 女性:26,189,879名 その他 [ ]• 立候補者 :341名• 地方区:191名• 全国区:150名 主な争点 [ ] によるの発足と、後、初となる国政選挙として注目された。 選挙結果 [ ] 投票率 [ ]• 地方区:62. 全国区:62. 補欠当選(任期3年) 51位-52位 補欠当選 [ ]• 鹿児島選挙区 (1956. 30補欠当選)• 島根選挙区 (1958. 6補欠当選)• 福岡選挙区 (1958. 24補欠当選)• 30補欠当選)• 山形選挙区 (1959. 24補欠当選)• 兵庫選挙区 (1959. 20補欠当選)• 20補欠当選)• 自由民主党 日本共産党• 労働者農民党• 無所属• 選挙後 [ ] 自民党は過半数の議席を得られなかった。 一方、選挙区ではで自民党が強さを見せた。 これで、衆参いずれでも当面改憲はできない情勢になり、また社会党の健闘は、実現に近づいたと評価された。 共産党は党として知名度の高い野坂参三が東京選挙区で当選するなどで2議席を確保し、須藤五郎の任期満了による参議院での同党所属議員の消滅を回避したが、逆に同党に政策の近い労働者農民党は東京選挙区に現職で出馬した堀真琴など全員が落選し、参議院での議席を全て失った。 同党の衰退は決定的となり、1月に解党して、3月に元同党所属の衆議院議員は社会党に合流した。 この他、が初めて組織内候補をとして擁立し、3人(大阪選挙区=白木義一郎、全国区=北条雋八・辻武寿)を当選させた。 これが、を経て後のの源流となる。 なお、全国区における小西英雄の当選は後に次点の上條愛一が提起した訴訟によって無効とされ、上條が更正決定によって当選者となった。 参議院議員の当選が裁判によって覆ったのは小西との2例のみである。 脚注 [ ].

次の