美和 ロック 株式 会社。 美和ロック株式会社 / 商品企画・開発(セキュリティシステム)国内トップの鍵メーカー / 32446913_356:マイナビ転職エージェントサーチ

美和ロック株式会社の決算公告

美和 ロック 株式 会社

美和ロック株式会社とは? 会社概要 (2019年3月吉日現在) 美和ロック株式会社では、品質第一主義を貫き、世界一のロックメーカーを目指しています。 MIWAの歴史 ~高度成長期に業界標準となった錠前~ 昭和12年に「美和工業株式会社」が設立されました。 創業者の和氣一郎は、今でも金属加工技術の街として知られている東京都大田区に工場を作り、生活用品・産業製品の製造を開始します。 昭和20年には空襲の影響で三重県伊勢市に移転しますが、まもなく終戦を迎えました。 これを期に社名を「美和産業株式会社」に変更し、 戦後の新しい時代のニーズに合わせて除草機用の刃物などの農機具・自転車の鍵・サッシ金などを製造していました。 この頃にはすでに「鍵」にも鍵番号は書かれていたと聞かされています。 昭和25年に日本銀行の現金輸送箱の封印錠を手がけたのをきっかけに、根っからの技術者であった和氣一郎は、建築用錠前の研究開発に没頭していきます。 当時使われていた住宅用の錠前はすごくシンプルなものが主流で、高級住宅にラッチボルト式のものが使われている程度でしたが、 これにデットボルトを加えてシリンダー内のタンブラーを増やし防犯機能を強化しました。 その頃は、大量生産が難しかった鋳造による素材を使っていたため、コストも高くなっていましたが、 金型とプレス技術を用いることにより生産性を高め、コストダウンに成功しています。 こうして完成度を高めていき、昭和30年には「本締付モノコックHM型」が誕生しました。 この年には、高度成長期に都市部で優良な住宅を供給することを目的とした日本住宅公団(現在の都市再生機構)が発足。 大規模な開発により、錠前の大量需要が生まれましたが、「鍵の組み合わせの多さ」と「大量生産可能」という特徴を兼ね備えた 「本締付モノコックHM型」が公団住宅用として指定され、その後の日本の錠前の主流となっていきます。 創業者の和氣一郎は昭和35年に死去しますが、技術者魂を錠前に注いだその遺志を継いで開発は続けられ、昭和40年には本社を東京港区に移転、 住宅建設ブームとなった昭和47年には、社名を「美和ロック株式会社」 MIWA としました。 お客様が普段使用しているには「MIWA」と刻印してあるものも多いと思います。 「MIWA」とは東京港区に本社、伊勢・玉城・盛岡に工場を構える、創業70年を超える国内シェア率60%を占めるトップの国内錠前メーカーです。 それにともない、MIWAの鍵はシェア率もNo. 1です。 社名の「美和」は創業者:和氣一郎の「和」と「美しく和する」の意味が込められています。 2000年頃より、MIWAの鍵を採用している住宅が、相次いで中国窃盗団による開錠被害を受け、対策品も同様に開錠されてしまうなどの 被害が多数ありましたが、美和ロック株式会社の賢明な努力とさらなる開発により、中国窃盗団による被害が減少されました。 このころから様々な犯罪に対抗すべくMIWAの商品の開発が進みました。 ロータリーディスクシリンダーの改良() サムターンカバー ディンプルキー開発 防犯サムターン CP錠の推奨 カム送り開錠対策錠前 etc 「俺の合鍵」では、美和ロックサービス代行店の承認を得て、長年に渡りサービス提供させていただいております。 の提供が1日でも早く、安心・安全に届きますように日々努力しています。 錠前発売当時からMIWAの鍵にはカギ番号が書かれています。 クレジットカード番号も財布にしまい、普段他人に見せないと思います。 MIWAの合鍵に書いてある鍵番号も他人にわかると防犯力低下になりますのでしっかり管理してください。 「鍵番号はあなたの家のパスワード」ですので「他人に見せない、他人に貸さない、置きっぱなしにしない」がとても大切です。 キーカバーなどをつけて犯罪抑止に努めていきましょう。

次の

美和ロック株式会社の決算公告

美和 ロック 株式 会社

美和ロック株式会社とは? 会社概要 (2019年3月吉日現在) 美和ロック株式会社では、品質第一主義を貫き、世界一のロックメーカーを目指しています。 MIWAの歴史 ~高度成長期に業界標準となった錠前~ 昭和12年に「美和工業株式会社」が設立されました。 創業者の和氣一郎は、今でも金属加工技術の街として知られている東京都大田区に工場を作り、生活用品・産業製品の製造を開始します。 昭和20年には空襲の影響で三重県伊勢市に移転しますが、まもなく終戦を迎えました。 これを期に社名を「美和産業株式会社」に変更し、 戦後の新しい時代のニーズに合わせて除草機用の刃物などの農機具・自転車の鍵・サッシ金などを製造していました。 この頃にはすでに「鍵」にも鍵番号は書かれていたと聞かされています。 昭和25年に日本銀行の現金輸送箱の封印錠を手がけたのをきっかけに、根っからの技術者であった和氣一郎は、建築用錠前の研究開発に没頭していきます。 当時使われていた住宅用の錠前はすごくシンプルなものが主流で、高級住宅にラッチボルト式のものが使われている程度でしたが、 これにデットボルトを加えてシリンダー内のタンブラーを増やし防犯機能を強化しました。 その頃は、大量生産が難しかった鋳造による素材を使っていたため、コストも高くなっていましたが、 金型とプレス技術を用いることにより生産性を高め、コストダウンに成功しています。 こうして完成度を高めていき、昭和30年には「本締付モノコックHM型」が誕生しました。 この年には、高度成長期に都市部で優良な住宅を供給することを目的とした日本住宅公団(現在の都市再生機構)が発足。 大規模な開発により、錠前の大量需要が生まれましたが、「鍵の組み合わせの多さ」と「大量生産可能」という特徴を兼ね備えた 「本締付モノコックHM型」が公団住宅用として指定され、その後の日本の錠前の主流となっていきます。 創業者の和氣一郎は昭和35年に死去しますが、技術者魂を錠前に注いだその遺志を継いで開発は続けられ、昭和40年には本社を東京港区に移転、 住宅建設ブームとなった昭和47年には、社名を「美和ロック株式会社」 MIWA としました。 お客様が普段使用しているには「MIWA」と刻印してあるものも多いと思います。 「MIWA」とは東京港区に本社、伊勢・玉城・盛岡に工場を構える、創業70年を超える国内シェア率60%を占めるトップの国内錠前メーカーです。 それにともない、MIWAの鍵はシェア率もNo. 1です。 社名の「美和」は創業者:和氣一郎の「和」と「美しく和する」の意味が込められています。 2000年頃より、MIWAの鍵を採用している住宅が、相次いで中国窃盗団による開錠被害を受け、対策品も同様に開錠されてしまうなどの 被害が多数ありましたが、美和ロック株式会社の賢明な努力とさらなる開発により、中国窃盗団による被害が減少されました。 このころから様々な犯罪に対抗すべくMIWAの商品の開発が進みました。 ロータリーディスクシリンダーの改良() サムターンカバー ディンプルキー開発 防犯サムターン CP錠の推奨 カム送り開錠対策錠前 etc 「俺の合鍵」では、美和ロックサービス代行店の承認を得て、長年に渡りサービス提供させていただいております。 の提供が1日でも早く、安心・安全に届きますように日々努力しています。 錠前発売当時からMIWAの鍵にはカギ番号が書かれています。 クレジットカード番号も財布にしまい、普段他人に見せないと思います。 MIWAの合鍵に書いてある鍵番号も他人にわかると防犯力低下になりますのでしっかり管理してください。 「鍵番号はあなたの家のパスワード」ですので「他人に見せない、他人に貸さない、置きっぱなしにしない」がとても大切です。 キーカバーなどをつけて犯罪抑止に努めていきましょう。

次の

美和ロック株式会社の決算公告

美和 ロック 株式 会社

代表取締役社長交代のお知らせ 鍵のお取り扱いにご注意ください 鍵は私たちの日常生活に欠かせないものです。 お取り扱いには十分に注意して頂き、大切に管理してください。 鍵を紛失した場合はシリンダーを交換しましょう。 特に住所が特定できるものと一緒に紛失した場合は早急にシリンダーを交換することをおすすめします。 第三者に鍵を貸さないようにしましょう。 鍵は他人の目に触れないように管理しましょう。 ・不用意に机の上等に放置しないようにしましょう。 ・鍵はキーケース等に入れ、外から見えないように持ち歩きましょう。 解錠や修理に関する不当な高額請求について ニュースリリース News Release• お知らせ Information•

次の