スカイマーク ana マイル。 デルタ航空のスカイマイルへの入会方法!ANA・JAL国内線に乗る方は入会しないと損をする!?

スカイマークのマイルを貯める上で、デルタ航空のクレジットカードがお得!

スカイマーク ana マイル

2年前に経営破綻したスカイマークですが、その後の業績は急回復しています。 先月には破綻以来初めて新しい機材の発注を発表し、再び路線拡大に舵を切りました。 まあ、スカイマークの場合は本業の業績が悪かったというよりはA330導入のコスト増加分をペイできなかったのと国際線用に発注したA380の違約金問題が原因なので、737単一機種に戻して路線も絞り、身の丈にあった経営にすれば十分利益の出る事業構造だったわけなので、当然といえば当然なのですが。 もちろん、スカイマーク自身も定時出発率の改善やサービスの充実、価格戦略などの努力を行っていたのも大きな理由です。 さらに言えば経営破綻後にスポンサーのインテグラルから来た佐山展生会長の手腕も大きく、特に破綻直後すぐに全国の支店を回って従業員の不安払拭に努めたり、従業員とのコミュニケーションを重視し、「従業員を幸せにする」と言い切る姿勢はコンチネンタル航空の再建を彷彿とさせます。 今の業績と会社の社風であれば、数年後の再上場も十分可能だと思います。 そこで問題になってくるのは、今後の成長戦略とANAとの関係でしょう。 現在のスカイマークは国内線のみの運航ですが、国内線は世界情勢や戦争リスクに左右されにくいという利点がある一方、人口減少が予想される日本では今後の成長が見込めないという問題を抱えています。 破綻前のスカイマークが出した答えが大型化と長距離国際線への参入でしたが、身の丈に合わない拡大策であえなく頓挫しました。 今のスカイマークが大型機を導入するとは考えにくいので、当面は安全性と定時出発率の向上という基本的な品質向上を図りつつ、737で飛べる範囲の近距離国際線への参入、というのが現実的な拡大策かなと思います。 そして、再建スポンサーでもあるANAとの関係。 再建計画時に予定されていたANAとのコードシェアは未だに進まず、スカイマーク側にのらりくらりとかわされ続けている印象です。 ANA側はコードシェアと同時に予約システムもANAのableに統一するよう求めていますが、able統一=航空会社の生命線である予約システムや顧客データをANAに握られることを意味しており、エアドゥやソラシドエア同様、事実上のANA傘下になることを意味しています。 独立性を維持したいスカイマークとしては予約システムの統一は絶対にしたくないでしょうが、ANAにしても本来必要のなかったA380を発注してまでもエアバスを味方にして再建スポンサーになったわけですし、再建したらはいさようなら、というわけにもいかないでしょう。 今は付かず離れずの状態ですが、今後スカイマークの再上場が現実になれば、ANAとの関係をどうするかという問題が必ず出てきます。 再上場を機にANAの保有株を売ってもらい、売却益を得ることでよしとするか、あくまでも予約システム統一とコードシェアを求めていくのか。 ANAとの関係がどうなるかで、将来のスカイマークの姿は大きく変わってくるのかもしれません。

次の

日本版 デルタ航空スカイマイルを貯める方法。スカイマイルのお得な使い方は?

スカイマーク ana マイル

スカイマーク独自のマイレージプログラムはない スカイマークでは今現在、全日空(ANA)や日本航空(JAL)といった大手航空会社が導入している独自のマイレージプログラムはありません。 過去にはスカイマーク航空券の購入に使えるポイントが貯まる「スカイマークカード」を発行していましたが、2012年8月末でポイントサービスは終了。 さらに2014年1月にはマイレージサービスを導入する予定でしたが、当時画策していた長距離国際線(成田~ニューヨーク線)の準備のために一旦延期となりました。 その後も以前延期となったマイレージサービスの導入再開の計画はなく、今現在スカイマーク搭乗でスカイマークのマイルを貯めることは出来ず、当然スカイマークのマイルでスカイマーク航空券を購入することも出来ません。 スカイマークでもANA・JALマイルは貯まる! スカイマークの搭乗でスカイマークのマイルは貯めることは出来ませんが、大手航空会社ANAとJALのマイルを貯めることは可能です。 ただし、普通にスカイマークに搭乗するだけではANAとJALのマイルを貯めることは出来ないので、ある方法で貯める必要があります。 この方法で貯めたマイルは、ANAマイルであれば「」、JALマイルであれば「」の特典航空券購入に使えます。 ポイントサイトとは、サイト経由で商品・サービスを利用することでポイントが貯められるサイトのことです。 そのポイントはお金に換金したり、ANAマイル、JALマイルといった航空会社のマイルに交換可能。 スカイマークを取り扱っているところであれば、サイト経由でスカイマークチケットを購入出来、購入と同時にポイントを貰えます。 また、その際ANAカード、JALカードで決済をすることで実質的にマイルを二重取りすることが可能です。 上記の方法でスカイマークでANAマイル、JALマイルを貯めることは可能ですが、ANAマイルとJALマイルは残念ながらスカイマーク航空券の購入には使えません。 ANAではスターアライアンス、JALではワンワールド加盟航空会社又は提携航空会社の航空券購入にマイルを使うことが出来ますが、スカイマークはスターアライアンス、ワンワールドに加盟しておらず、ANAとJALどちらとも提携していません。 ANAやJALよりもスカイマークを多く利用する人やデルタ航空、デルタ航空のを良く利用するという人はANAマイルやJALマイルを貯めるよりもデルタ航空のスカイマイルを貯めるのがおすすめです。 スカイマーク特典航空券購入に必要なマイル数 マイル数 15,000マイル 20,000マイル 神戸-羽田・鹿児島・那覇・茨城、福岡-那覇 神戸-新千歳、羽田-新千歳・那覇・鹿児島・福岡・長崎、茨城-新千歳、中部国際空港-新千歳・那覇 デルタ航空のスカイマイルをスカイマークの特典航空券と交換する際に必要なマイル数は往復航空券で「15,000~20,000マイル」です。 「神戸-羽田」が15,000マイルで、その他の神戸発着、羽田発着の便は20,000マイルが必要です。 また、この必要マイル数は往復でも片道でも同じ。 片道なら半分の7,500~10,000マイルで済むわけではなく、片道だけ特典航空券を購入しても往復と同じ15,000~20,000マイルを消費することになります。 また、今現在スカイマークの特典航空券と交換出来るマイレージプログラムを有する航空会社はデルタ航空のみです。 スカイマークで使えるデルタ航空のマイルを貯める方法 デルタ航空のマイルを貯めれば、ANAやJALと同じようにスカイマークもマイルで航空券を購入することが出来ます。 スカイマークを良く利用する人は、是非デルタ航空のマイルを貯める方法は知っておきたいところ。 ANAやJALのマイレージクラブ会員同様年会費無料で参加できるので、登録を済ませておきましょう。 スカイマイルはデルタ航空券の購入にあたり「1ドル=5マイル」獲得することが出来ます。 デルタ航空はANAが加盟するスターアライアンス、JALが加盟するワンワールドではなく、もう一つのアライアンスである「スカイチーム」に加盟しています。 そのため、エールフランス航空やKLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン、中国南方航空といった多くの航空会社と提携しています。 搭乗時に獲得できるマイルは提携航空会社によって異なるため、「」を確認しましょう。 デルタ航空のクレジットカードで買い物すれば、カードの種類により100円あたり1~3マイルを獲得出来ます。 日頃の買い物で上手くデルタのマイルを貯めることが出来れば、スカイマークに無料で搭乗出来ます。 「ニッポン500マイルキャンペーン」でスカイマークでもデルタマイルが貯まる! 実は、デルタ航空のスカイマイルはスカイマークに搭乗することで貯めることが出来ます。 通常、デルタ航空のマイルを飛行機搭乗で貯める方法は、デルタ航空か提携航空会社に搭乗する方法しかありません。 スカイマークは提携航空会社ではないので、どれだけ乗ってもデルタマイルを貯めることは出来ません。 しかし、デルタ航空が開催する「ニッポン500マイルキャンペーン」を利用すればスカイマーク1回の搭乗でデルタのスカイマイルが500円貯まります。 このキャンペーンは、スカイマークだけではなく日本国内定期路線全てが対象の超お得なキャンペーンです。 スカイマークだけではなく、ANA、JALに乗っても、ピーチ、ジェットスターに乗ってもデルタのマイルが貯まるというもの。 このキャンペーンは2011年度に1年間の期間限定で始まったキャンペーンで、2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)までずっと継続されています。 今後もこのキャンペーンは継続される可能性が高いので、是非このキャンペーンを活用してデルタのスカイマイルを貯めましょう。 ニッポン500マイルキャンペーンを利用する方法は、「」に必要事項を記入し、航空券の半券のコピーを貼り付けてFAXで送るだけ。 ただし、期限は旅行終了後2カ月以内と決まっているので送り忘れないように! 最後に スカイマークはANAカード、JALカードを使うことでANA・JALマイルを貯めることが出来ます。 スカイマークに乗ってANA・JALのマイルを貯めて特典航空券を買うことが可能です。 また、デルタ航空のマイルプログラムを利用すればスカイマークに乗ってマイルを貯めて、その貯まったマイルでスカイマークの特典航空券と交換することが可能です。 スカイマークをよく利用する人はデルタ航空のスカイマイルを貯めましょう。

次の

【2020年版】スカイマークの搭乗でマイルが貯まる航空会社

スカイマーク ana マイル

> > スカイマーク スカイマーク: 徹底ガイド & マイレージ情報 Skymark planespotters. net 羽田・神戸を拠点とする日本の航空会社。 ジェットスター、ピーチなどの格安航空会社ほど安くはないが(同じくらい安い時もある)、ANAやJALと比べると安い場合が多い。 スカイマーク自社のマイレージ(ポイント)プログラムは実施していない。 目次(このページの内容)• のうち、以下のマイレージプログラムに、スカイマーク搭乗分のマイルを加算することができます。 また、以下のマイレージプログラムのマイルを使って、スカイマークの特典航空券に交換することも可能です。 下から、各航空会社のマイレージプログラム名をクリックすると、マイル加算率を知ることができます。 ・ 下から、各航空会社のマイレージプログラム名をクリックすると、スカイマークの特典航空券に交換するために必要なマイル数がわかります。 ちなみに、スカイマークとANAは、2015年にコードシェア契約を締結していますが、2020年2月現在、スカイマークとANAのコードシェア提携はまだ実施されていない状態です。 コードシェアが開始された後は、スカイマークが運航する路線を、ANA経由でANA便の航空券として購入すれば、ANAマイレージクラブにマイルを貯められるようになる予定です。 ただし、スカイマークとANAがコードシェアする路線に限定されます。 最新情報: 2020年2月13日に開かれた記者会見で、スカイマーク社長は 「国内線は搭乗率が84%ぐらいあるので、コードシェアをする積極的な意義が今のところはない」 と発言しているので、スカイマーク国内線とANAがコードシェア提携する可能性は、今のところ低い状況です。 デルタ航空のマイルは貯められる? 〇 可能 スカイマークは、デルタ航空・スカイマイルと提携していないため、本来であれば、スカイマークに乗って、デルタ航空のマイルは加算できません。 しかし、デルタ航空が独自で実施している「」を活用すれば、スカイマークに乗ってデルタ航空マイルを貯めることが可能になります。 マイルの事後登録 〇 可能 デルタ航空が独自で実施している「」を活用すれば、スカイマークに乗ってデルタ航空マイルを貯めることが可能になります。 このキャンペーンは、搭乗後に専用フォームをメールする形式になるので、そういう意味ではマイルを事後加算することになります。 ただし、マイルを事後登録(専用フォームをメール)をしてマイルを貯められるのは、デルタ航空・スカイマイル入会後のフライトに限定されます。 例えば、スカイマークに乗ったのが2019年12月の場合、2020年1月にデルタ航空・スカイマイルに入会しても、2019年12月搭乗分でマイルの事後加算はできません。 事後登録の手続き自体はできますが、マイルは反映されません。 特典航空券の必要マイル数 現在、スカイマークは自社でマイレージプログラムは運営していません。 代わりに、デルタ航空のマイルを、スカイマークの特典航空券に交換することができます。 特典航空券の必要マイル数は以下の通りです。 昔は、スカイマークのポイントが貯まるクレジットカードがありましたが、現在は廃止されています。 ただし、。 エコノミークラス・座席テレビの有無情報 エコノミークラス・電源の有無情報 機内WIFI スカイマークは、機内WIFIサービスを提供していません。 以前に保有していたエアバス330型機では、機内WIFIサービスを提供していましたが、現在はボーイング737型機だけの保有になり、B737型機では、機内WIFIサービスは提供されていません。 どのアライアンスに加盟? スカイマークは、、、のうち、どのアライアンスにも加盟していません。 しかし、デルタ航空のマイレージとは提携しており、、することも可能です。 2レターコード (便名に使われるアルファベット2文字) BC.

次の