クーラー ボックス 冷やし 方。 クーラーボックスの効果的な使い方は?保冷剤の入れ方や効率よく冷やすには?|Definitely

釣りやキャンプで大活躍のクーラーボックス! 選び方と保冷力アップの方法とは

クーラー ボックス 冷やし 方

出典: はじめに、この記事ではハードタイプクーラーボックスの保冷力アップテクニックについてご紹介します。 クーラーボックスを購入する際、価格の差が大きく何を購入してよいか迷うと思いますが、大まかに言うと同じ容量のクーラーボックスなら保冷力の違いがそのまま価格に反映されます。 保冷力の違いは、クーラーボックスの構造やクーラーボックスの内部に入っている断熱材の素材によって変わってきます。 ホームセンターなどで売っている安価なクーラーボックスの多くには発泡スチロール断熱材、一般的なアウトドアメーカー製のクーラーボックスには発泡ウレタン断熱材、釣り用の高価なクーラーボックスには真空断熱パネル断熱材が採用されている事が多いです。 発泡スチロール製のクーラーボックスは、上蓋部にパッキンがないなど、構造上保冷力アップが望めない製品も多いので、夏場の宿泊キャンプをするならばワンランク上のクーラーボックスを購入するのもいいかもしれません。 それでは、一般的なアウトドアメーカーの発泡ウレタン断熱材クーラーボックスの保冷力をさらにアップさせるにはどうしたらいいでしょうか。 保冷力を持続させるためには クーラーボックスを冷やす!? 当たり前の事ですが、クーラーボックスは中身を冷やす事は出来ず、冷たさをキープさせるものです。 そのクーラーボックス自体をあらかじめ冷やすというのは、クーラーボックス内の熱で食品の冷たさを奪わないために重要です。 キャンプの前日に保冷材や氷などをクーラーボックスに入れてクーラーボックスを予冷しましょう。 どんな保冷剤がいいの? 保冷材はアウトドアメーカーの保冷剤、ペットボトルや牛乳パックの飲料を凍らせたもの、ブロック氷などを使う人が多いようです。 アウトドアメーカーの保冷剤は上に置いておくと食品が凍る程の保冷力があるので、肉や魚を持っていく時は必需品です。 また2リットル以上の飲料を凍らせたものはなかなか溶けず保冷力を保ち続けます。 溶けたら飲んでしまえば帰りのクーラーボックスの中に無用になった保冷剤を入れることがありません。 キャンプの途中に保冷剤の保冷力が切れてしまったら管理棟などで売っているブロック氷を購入します。 バラ氷はすぐに溶けてしまうので保冷剤としては不向きです。 2泊3日など連泊キャンプの際は、準備した保冷剤も全部溶けて現地でブロック氷を買い足す事が多いのですが、そこもちょっとした工夫で乗り切れます。 我が家の場合はクーラーボックスの片隅に2リットルの水を数本凍らせたペットボトルをタオルでぐるぐる巻きにし、アルミ敷きの保冷バックに入れます。 保冷バックの口はしっかりと閉め、冷気が逃げないようにします。 キャンプ2日目3日目、初日から使っていた保冷剤の保冷力がなくなってきたら、保冷バックから温存していたペットボトルを取り出して選手交代です。 保冷バックではなくてソフトクーラーを使うと保冷力はもっと高いです。 クーラーボックスを複数使い、飲み物など頻繁に開け閉めするものを入れるクーラーボックスと、肉や魚など頻繁に開け閉めせず冷気が逃げないようにするクーラーボックスとに分ける、という方法もあります。 まとめ.

次の

バーベキューにクーラーボックスは必要?代用品は?冷やし方は?

クーラー ボックス 冷やし 方

コストコに取り扱いのあるクーラーボックスは、バッグタイプやソフトクーラー、大型のクーラーボックスなど形もデザインも様々。 持ち運びのしやすいサイズのものは、日常のお買い物の時に大活躍します。 コンパクトに折りたためるうえ、広げれば大容量で、柔らかい素材なのに保冷力もしっかりしているところが使い勝手の良いポイントです。 コストコで販売している大きなサイズのものは日本ではなかなかない数日分の食料が入る大型のものもあり、キャンプで連泊するときや釣りの時に使えます。 保冷力も抜群で6日間も保冷できるくらいの性能を持ち合わせています。 6日間も保冷力があるとキャンプ前の準備時に冷蔵庫に入りきらない食材もクーラーボックスに入れておくことができるので準備段階から大活躍してくれますね。 キャスターが付いているものもあるので、持ち運びの機能性もチェックしながら選ぶのがオススメです。 目を引く見た目と性能を兼ね備えた人気の高いクーラーボックス。 ステンレスのクーラーボックスと言えばコールマンと言えるほど長く愛されているものです。 レトロな外観がまた魅力的ですが、性能も抜群で保冷力はバッチリ。 炎上した車に乗せていた氷漬けのエビが新鮮なままだったと伝説が語り継がれるほど。 質の高さは間違いないです。 最大3日間の保冷力があります。 大型の車輪が付いているので持ち運びも簡単。 使い終わった後は折りたためるコンパクトさもソフトクーラーならではです。 ドリンクホルダーや外ポケットが付いているので使い勝手も最高です。 コストコのクーラーボックスの活用術 クーラーボックスはどのようにして使用していますか? 正しい使い方をすれば、よりコストコのクーラーボックスの性能を高めることができます。 使い方のポイントをご紹介しますので確認していきましょう。 コストコのクーラーボックスに食材や飲み物を入れる前の準備• コストコのクーラーボックスを使用中に気を付けるべきポイント• コストコのクーラーボックス内の衛生面に気を配る• 入れる量・用途によって使い分けを コストコのクーラーボックスに食材や飲み物を入れる前の準備 食材等を入れる前にあらかじめクーラーボックス自体を冷やしておきます。 前日から保冷剤などを入れてクーラーボックス内の温度を下げておくだけで、使用時の保冷力が変わってきます。 ペットボトルなどに水を入れて凍らせ、手作りの保冷剤を作っておくと、使用後は水やペットボトルを捨てて、帰りの荷物を少なくできるので、ペットボトル氷の準備もしておくと良いでしょう。 お肉や魚などの傷みやすい食品は購入したままのパックで持って行くのではなく、ラップに包み直してコンパクトにまとめておくと入れられる容量も増え、空気にも触れないので新鮮さも保たれたまま持って行くことができます。 現地でパックなどのゴミが出ないのも楽ですよね。 コストコのクーラーボックスを使用中に気を付けるべきポイント 詰め方のポイントを紹介いたします。 まずは底面に保冷剤や氷を敷き詰めます。 その上に食材などを入れていき、また保冷剤などでふたをするようにのせていきます。 こうしてサンドすることで効率よく冷やすことが可能です。 もし隙間が空くようであれば隙間にも保冷剤を入れるとより保冷力がアップします。 頻繁に開けたり閉めたりを繰り返すと、クーラーボックス内の温度が上がってしまい、保冷効果が薄れてしまう原因になってしまいます。 必要以上の開閉はしないようにしましょう。 そして使用中に保管しておく場所も重要です。 釣りの時など、影がない場合もあるかもしれませんが、炎天下ではなく日陰に置くと保冷が保たれます。 更に台に置いて地面より高い位置に置くようにすると地熱の影響も受けずに保冷できる状態にできるのでクーラーボックス台の準備をしておくのも忘れずに。 コストコのクーラーボックス内の衛生面に気を配る クーラーボックス内の汚れをそのままにしておくと、そこから菌が繁殖します。 食材を保管しているからこそ気を付けなければいけない部分です。 魚や肉からドリップが出ていたら、気づいた時点ですぐにふき取る、洗い流すなどをして菌の繁殖を食い止めるようにしましょう。 クーラーボックスだけではなく、他の容器や野菜などにも汚れが付いていないか同じように注意してください。 使い終わったクーラーボックスはしっかりと洗い・消毒をし、クリーンな状態で保管しておくと次回使いたい時もすぐに使えるので時短にもなります。 選ぶときには掃除のしやすさも含めて検討することをオススメします。 入れる量・用途によって使い分けを コストコのクーラーボックスは大きいサイズのため、キャンプなどで様々な食材・飲み物を持って行く場合などに全てを1つのクーラーボックスに入れて持って行くことも考えがちですが、2つのクーラーボックスを使い分けるとより快適に過ごせます。 例えば、飲み物はハードタイプのクーラーボックス・食材はソフトタイプのクーラーボックスなど開け閉めの頻度や冷やしておきたい優先順位を考慮して使い分けると保冷力にも衛生面も気にせずに過ごせます。 1つのクーラーボックスに詰め込みすぎると下にある物が取りづらくストレスを感じたり・開ける時間が多くなってしまって保冷効果が薄れてしまう原因にもなってしまいます。 飲みたいビールやジュースが理想的な冷え方だっただけで気持ちも上がりますよね。 快適に楽しめるよう、ちょうど良いコストコクーラーボックスを選んでいきましょう。

次の

クーラーボックスの氷を長持ちさせて保冷力をアップさせる方法 2泊3日のキャンプでも最終日まで氷を保存

クーラー ボックス 冷やし 方

水で冷やすだけでもOK!クーラーボックスの事前準備 暑い時期に食材の品質管理や飲み物をしっかり冷やしておくためにも、クーラーボックスは必要不可欠です。 そして、クーラーボックスを使う前の一工夫で、保冷力もアップします。 そこで、クーラーボックスを使う前の事前準備のポイントをご紹介します。 そうすることで、クーラーボックス内をさらに冷やす効果が期待出来ます。 もし保冷剤がなければ、使用前に水を入れておくだけでも違ってきます。 このように、クーラーボックスの効果的な使い方は、事前準備からしっかりしておくことが大切です。 ちょっとした一手間で、保冷力アップし、長時間クーラーボックス内を冷やしておくことが出来ます。 クーラーボックスの効果的な使い方と使用中の注意点 クーラーボックスを使う時は、「保冷剤と一緒に冷やしたい物を入れてしまえばOK!」というわけではありません。 そこで、クーラーボックスの効果的な使い方と使用中の注意点をご紹介します。 隙間をなくすことで冷気が逃げるのを防ぐことが出来るため、保冷効果も高くなります。 さらに、食材や飲み物の隙間にも保冷剤などを入れておくと、さらに保冷効果がアップします。 氷のように溶けて水浸しになることもなく、溶けてきたら飲み物として活用出来るため無駄もありません。 さらに、長めに凍らせておくと溶けにくくなるようなので、保冷用として使う分は3日~1週間前から凍らせておくと長持ちします。 ただ、夏場は特に食品管理が大切になってきますが、野菜は直接保冷剤などに触れたままでは冷凍やけをしてしまったりと、あまり良くない状態になってしまう可能性があります。 新聞でくるんだり容器などに入れて、直接保冷剤に触れないように工夫しましょう。 素早く開閉出来るようにクーラーボックス内を整理して、物を取り出しやすい状態にしておくことがポイントです。 タープの下などの日陰やクーラーボックススタンドを使うなどして、直射日光や地面からの熱を防ぐようにしましょう。 そして、クーラーボックスに食材や飲み物を詰める際は、別々のクーラーボックスに詰めるようにすると、より安心です。 飲み物を入れたクーラーボックスは頻繁に開け閉めすることも多く、温度が上がりやすいため、肉類などの生ものを一緒に入れてしまうと十分に冷やせない可能性があります。 さらに、肉類などの生ものから万一、汁が漏れてしまった場合、それがペットボトルなど直接口につける物についてしまっては、衛生上よくありません。 夏場は食中毒対策はしっかりしておく必要がありますので、保冷剤代わりに食材と一緒にペットボトルを入れておく場合も、食材と直接口に触れてしまう飲み物などは、分けておいた方が安心です。 飲み物を瞬時に冷やすには「水+氷」がベスト! 夏のキャンプは特にクーラーボックスに飲み物を入れておいても、いざ飲もうとした時に飲み物がぬるくなってしまっているということもよくあります。 さらに、キャンプ場に着いてすぐは、まだ十分に冷えていないこともあります。 そんな時、瞬時に飲み物を冷やす方法としてオススメなのが、「水+氷」で冷やす方法です。 実は氷だけで冷やすよりも、氷水で冷やす方が何倍も早く冷やせるのです。 さらに、冷凍庫でも30分程度はかかってしまいます。 ですが、よく冷えた氷水の場合ではわずか「2~3分」で、飲み頃まで冷やすことが出来ます。 ここで注意点として、クーラーボックス内にギュウギュウに飲み物を入れてしまうと、冷えが悪くなってしまいます。 ですから、ある程度の隙間を空けて、飲み物を入れるようにしましょう。 そして、もっと早く冷やしたい場合は「氷水の中で飲み物をクルクル回す」という方法や、「氷水に塩を入れる」と、より早く冷やすことが出来ます。 ですが、塩を入れる場合は、氷に塩を入れると氷が溶けるのが早くなってしまうなので、入れすぎには注意しましょう。 使い方次第で、クーラーボックス内の保冷効果もある程度は期待出来ますが、それでも十分に冷えていなかったり追加で飲み物を冷やしたい時など、ぜひ試してみて下さい。 水洗いは必須!クーラーボックス使用後のお手入れ方法 クーラーボックスは氷や水、食材などを入れて使用するため、使用後はきっちりお手入れしておかないと「雑菌が繁殖してカビが生えて」しまいます。 次に使う時のためにもキレイなまま保管出来るように、使用後のお手入れ方法をご紹介します。 夏は特に雑菌やカビが発生しやすいので、出来るだけ洗剤とスポンジでキレイに洗って、水気をとってからしっかり乾かしておきましょう。 洗った後は陰干しして、しっかり乾かして下さい。 さらに、保管する前に底面の土汚れなども確認して、全体を拭いてから保管しましょう。 クーラーボックスは使用後もきっちりお手入れをしておかなければ、次に使う時にカビが生えていたり、イヤな臭いがついてしまったりもします。 ですから、少し面倒ですがしっかり洗って乾かしてから保管することが大切です。 そして、底面の汚れ防止にクーラーボックススタンドを使うなど、使い方次第では使用後のお手入れを楽にしてくれるアイテムを使うこともオススメです。 クーラーボックスは種類によって使い方か変わる クーラーボックスと一口にいっても、大きく分けて3つの種類があります。 そして、それぞれの種類によって使い方が違ってきますので、用途に合ったクーラーボックスを選ぶことがポイントになってきます。 そこで今回は、クーラーボックスの種類と、それぞれの特徴をご紹介します。 価格もメーカーや素材、容量などによって様々ですが、千円程度~数万円する物まであります。 特に保冷をしっかりしたい時に使うのが、オススメです。 パンや野菜類など、それほど保冷を必要としない物を入れる時にオススメです。 ですが、水が溜まると水抜きがしづらかったり、底にしみてくる可能性もありますので注意が必要です。 価格はお手頃ですが、保冷力はそこそこあるため手軽に使えるのが特徴です。 シーンや使い方も様々!オススメのクーラーボックス クーラーボックスは様々なアウトドアブランドから、多種多様な商品が出ています。 そこで、使い方やシーンに合ったオススメのクーラーボックスをご紹介します。 見た目にもレトロでお洒落なデザインですが、保冷力にも定評があります。 ロック機能がしっかりしていて、断熱材の厚さが3㎝もあるため保冷性もバッチリです。 材質もスチール性で、壊れにくいのも特徴です。 1度使用すると、使い続けたくなるアイテムです。 そして、フタと底がフィットするので積み重ねて使用出来るのが特徴です。 4色あるので色によって中に入れる物を分けておくと、取り出す時にも便利です。 密封性と保冷力は少し劣りますが、保冷剤や日陰に置くなどの対策で、1泊2日のキャンプでも対応出来ます。 さらに、使い方次第ではクーラーボックスとしてだけでなく、収納ボックスとしても使うことが出来るのも魅力です。 シルバーボディーは太陽光をしっかり反射してくれるのが魅力で、別売りの氷点下パックとの併用で、さらに長時間の保冷も可能です。 容量も500mlのペットボトルを16本も入れることが出来る大容量なので、大人数でも安心です。 さらに、内側のカバーを外して水洗いも出来るので、お手入れも楽です。 見た目のお洒落さだけではなく、容量も重視な人にオススメです。 断熱材はウレタンを使用しているので、発泡スチロールと比べても保冷性能が高いです。 キャンプ期間としては1泊2日がオススメですので、短期間のキャンプをする人やお手頃価格で購入したい人にオススメです。 事前準備から保管するまでが大切!工夫次第で保冷力もアップ クーラーボックスは夏場のアウトドアには欠かせないアイテムの1つです。 そして、事前準備からしっかりすることや詰め方を工夫することで、保冷力や保冷時間も変わってきます。 さらに、次に使う時のための使用後のお手入れも大切になってきます。 効果的な使い方で、クーラーボックスの保冷性能をフル活用して下さい。 そして、数多くあるクーラーボックスの中から、シーンに合った物を選んで、美味しい食材と冷たい飲み物でアウトドアを思い切り満喫してみてはいかがでしょうか?•

次の