ジェラルドン 育成論。 【ポケモン剣盾】パルシェンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ジェラルドン 育成論

「きあいのタスキ」で弱点の技でも確実に1回耐えながらからをやぶるを使うことで、「こだわりスカーフ」を持った「サザンドラ」まで素早さで勝つことができるようになります。 なお、性格を「いじっぱり」のような攻撃が上がる性格も選択肢にはなりますが、その場合こだわりスカーフを持つサザンドラを抜くことはできなくなります。 先制技を使わない場合の選択肢。 からをやぶるの特攻上昇効果も活用できる。 採用時は性格を「むじゃき」にすること。 上記の「からをやぶる」を使用した型が多いため、読まれにくいのも特徴です。 使用する場合は性格を「やんちゃ」にしておくこと。 先制技。 スカーフとの相性はそれほど良くないが、確実に先制を取れる点では優秀な技。 パルシェンの役割と立ち回り 高耐久と補助技を活かす高速アタッカー 「パルシェン」は、高い物理耐久と能力上昇の技である「からをやぶる」を活かして戦う高速物理アタッカーです。 防御が高いため、物理アタッカー相手でも高い防御で攻撃を受けてから、後攻でからをやぶるを使用し、次のターンから先手を取って戦えるようになります。 特性が非常に強力 「パルシェン」の持つ特性「スキルリンク」は、「つららばり」や「ロックブラスト」などの連続技を必ず5回にする効果を持っています。 そのため、「みがわり」や「ばけのかわ」などに非常に強く、相手に能力を上げる隙を作らせず戦うことができます。 パルシェンと相性の良いポケモン パルシェンの苦手な鋼タイプに強いポケモン 「パルシェン」は、「からをやぶる」で能力をあげて攻撃する戦法が基本ですが、鋼タイプのポケモンには耐えられてしまい、返り討ちにあうことが多いです。 そのため、鋼タイプに強い地面タイプのポケモンと相性がいいです。 また地面タイプは、パルシェンの苦手とする電気と岩タイプにも強いのでおすすめです。 物理受け特化したポケモンは、それほど特防が高くないため、特殊アタッカーが有効です。 また特性「はりきり」などにより、圧倒的な攻撃で相手を倒せる物理アタッカーも存在します。 ポケモン 説明 ・草と電気技で受けポケモンの弱点をつきやすい ・「わるだくみ」で特攻を上げて戦うことも可能 ・威力の高い「りゅうせいぐん」で物理受けポケモンを倒せる ・「わるだくみ」で特攻を上げて戦うことも可能 ・特性「はりきり」によって攻撃が強力なため、物理受けポケモンを突破できる ・技範囲が豊富なため弱点をつきやすい パルシェンの対策 有利なタイプで技を受けられるポケモン 「パルシェン」の覚える技のタイプは、バランスが良く多くのポケモンに半減されること無くダメージを与えられます。 「きあいのタスキ」や「みがわり」は連続技によって恩恵を受けられないことが多いため、タイプが有利な物理耐久に優れたポケモンで技を受けつつ、パルシェンの低い特防を利用して特殊技で攻めましょう。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ポケモンソードシールド】

ジェラルドン 育成論

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるジュラルドンの育成論と対策について掲載しています。 ジュラルドンのおすすめ技や性格、夢特性やレイドについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• エースのサポートだけでなく強力な補助技の妨害を無視して突破することで相手の勝ち筋を断つ動きは他のポケモンではできない強力な強みです。 広い技範囲と恵まれた数値 ジュラルドンは高い特攻とそれを利用した広範囲に刺さる特殊技が強力なポケモンです。 持ち物とつげきチョッキによって低い特殊耐久を補うことも有効です。 また、ダイマックスとも相性が良い火力アイテムであるいのちのたまを持たせることで突破力を高めることができます。 技構成はデメリットのある高威力技とデメリットのない技を選択することが可能で、ダイマックス時の威力を重視するのか、解除後のアタッカー性能を高めるかによって選択ができます。 高い耐久とボディプレスは相性が良く、環境に多い同じ戦法をする型のポケモンよりも上から行動できるのが強みです。 素早さラインの調整 無振りジュラルドンの素早さ実数値105はおいかぜ下でも最速ドラパルトに劣る素早さであり、特殊アタッカー対面を考慮する場合には動きにくい展開も多いです。 強力な物理アタッカーの上から行動をするという観点でも素早さ調整を行うことを推奨します。 仮想敵の素早さを上回りつつ耐久を確保する調整として火力を重視する際にはHPから素早さに、安定を重視する際には防御から素早さに努力値を回すのが良いでしょう。 耐久型のポケモンの使用する回復技や数少ない攻撃技のPPを減少させ詰ませに行く動きが強力な型です。 特にダブルバトルでは相手2体のPPを減少させることが可能で、非常に強力です。 デバフ技や交代技を習得できるジュラルドンはアタッカーだけでなくフィニッシャーとしても優秀で、苦手とする高耐久特殊アタッカーに対しても有効打を持たせつつ対面を操作して行く動きができるポケモンです。 素早さについて 相手の技PPを削るためには後発展開が望ましいことが多いです。 先発展開を考える際には相手に先に行動させておきたいため、素早さに努力値を回し過ぎるのは気をつけましょう。 初ターンは壁やこのゆびなどでのサポート、次ターンはおいかぜなどで上から行動できるように立ち回るのがベストです。 ジュラルドンのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・で習得 ・高火力一致技 ・自主退場にも使える ・で習得 ・高威力一致技 ・使用後に特攻が2段階下がるため連発には向かない ・で習得 ・はがねタイプ一致技 ・場に残って火力を出し続ける場合は採用 ・で習得 ・ギャラドスやアーマーガアなどに対して ・で習得 ・ヌオー、トリトドンに対して ・で習得 ・で習得 ・で習得 ・で習得 ジュラルドンのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 脆い特防を補う目的で持たせる 特殊技の威力を上げる 弱点であるじめんタイプの技を無効化 壁貼り型で採用 ジュラルドンの対策 注意点 耐性タイプが多いため、注意が必要です。 防御力も高いので、生半可な物理攻撃は軽々と耐えられてしまうでしょう。 見た目に反して、素早さもそこそこあるので気をつけましょう。 対策方法 特殊攻撃で対応する ジュラルドンの物理耐久は高いですが、特殊耐久は非常に低いです。 等倍のわざ ほのお、あく、ゴーストなど でも十分削れるので、それで対応しましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナ育成論・技構成・厳選について

ジェラルドン 育成論

ハチマキ型 性格:ゆうかん 特性:てつのとげ 持ち物:こだわりハチマキ 努力値振り:H252、A252 残り自由 (Sの個体値は極力0に近い数値) 技構成:採用技ジャイロボール、パワーウィップ、はたきおとす 採用候補タネマシンガン、じならし、だいばくはつ ナットレイの種族値はジャイロボール使いの中でもかなり低く、結果的に高威力のジャイロボールを放つことが出来ます。 Aの種族値も悪くはなく、こだわりハチマキとの相性が良いです。 ジャイロボールの威力を確保するため、採用する個体のSの個体値は低い方が望ましいです。 採用技はジャイロボール以外に持ち物を落とし、相手の戦力を削ぐことが出来るはたいきおとすと高威力のパワーウィップは決まりです。 ただパワーウィップは高威力の分、命中率が不安定なので、タネマシンガンを採用するのはありです。 タネマシンガンならば、タスキを潰しながら攻撃することが出来ます。 ただその分は威力が不安定になる弱点があります。 物理or特殊受け型 性格:のんき(物理受け型)なまいき(特殊受け型) 特性:てつのとげ 持ち物:たべのこし、ゴツゴツメット、 技構成:採用技ジャイロボール、まもる、やどりぎのタネ 採用候補パワーウィップ、タネマシンガン、ステルスロック、でんじは、みがわり 努力値振り:H252 B252 残り自由 物理受け) H252 D252 残り自由 特殊受け) 優秀な耐性により弱点は僅か2つだけで、耐性に至っては脅威の10つです。 種族値もBとDがどちらも優秀で物理受け、特殊受けどちらでも活躍できます。 更にポケモン剣盾ではめざパが消滅したので、不意の炎4倍が飛んでくることもなくなったので役割遂行過去作よりも楽です。 遂行対象としてはトゲッキスやミミッキュといったフェアリータイプはもちろんWロトムやパルシェンなど、環境に多くいるポケモンに対して有利に出られます。 ただ今作ではダイマックスにより、本来役割を遂行できるポケモンでも突破される可能性があるので、相手の動向には注意しましょう。 ナットレイ対策 ナットレイの対策はシンプルに4倍弱点であるほのお技で攻めることです。 どうしてもナットレイが重い場合は、パーティにほのお枠を設けるか、サブウェポンにほのお技を複数のポケモンに持たせるようにしておきましょう。

次の