トゥモロー ゲート。 【TOMORROWGATE/トゥモローゲート】西崎康平氏@ブラックな社長の興味深いまとめ|オクシン/興味深いビジネスマン|note

関西企業特集企画 THE SUN RISES IN THE “WEST”トゥモローゲート株式会社「大阪で一番オモシロイ会社」の組織づくり|HR2048|モチベーションクラウド

トゥモロー ゲート

あなたの会社は新卒採用に 成功していますか?• 就職サイトに掲載したけれど、学生からの応募がまったく集まらない…。 欲しい人材に内定をだしても、他社に逃げられてしまう…。 入社してくれたのに、1年もたたずにすぐに辞めてしまった…。 そんなお悩みをおもちではありませんか? 今や、新卒は奪い合いの時代。 昨今の新卒採用は、学生が自由に企業を選べる「超売り手市場」だといわれています。 よって、成長している企業ほど、いい新卒を採用するために積極的に投資し、自社の未来を担う人材育成に力を入れています。 ただ、新卒採用に積極的に投資している企業であっても、いい新卒が獲得できるかどうかはわかりません。 なぜなら、新卒採用のノウハウは中途採用とはまったく異なるからです。 新卒採用が中途採用と異なる理由は以下の3点です。 実務経験がないため、ポテンシャルを見抜く人事担当者の 「目利き」が重要である 先ほどもいいましたが、学生は基本的に不安を抱えています。 「自分は本当に立派な社会人になれるだろうか…」 そういった悩みをもちながら、就職活動をおこないます。 そのため、中には、本当は実力があるのに、その不安に押し潰されてしまっている学生も一定数います。 よって、そういった学生の隠れたポテンシャルを見抜き、学生の不安を取り除いてあげられる人事担当者とそのポテンシャルを見抜くための選考ノウハウが必要です。 中途採用であれば、これまでのキャリアなどを参考に相手の能力をある程度判断できますが、学生の場合は、思考や価値観という定性的な判断基準だからこそ、そこを見極める目利きの力はとても大切です。 いかがでしょうか。 では、学生の特性を理解するにはどうすればよいのでしょうか? その答えはカンタンです。 常日頃から、たくさんの学生と接し、彼らの 「深層心理」を理解しようと努めることです。 ビジネスの世界では、顧客の「心理」を理解することが大事だといわれます。 顧客の心理を理解できずに、成功するビジネスなどありません。 新卒採用も同じです。 普段から学生と接することが少なかったり、学生の深層心理について理解しようとしない人事担当者が、新卒採用を成功させようとしても、ムリがあります。 だから、新卒採用に失敗してしまうのです。 私たちトゥモローゲートに採用ブランディングをご依頼をいただく最大の理由は、そこです。 私たちトゥモローゲートは、学生インターンの受け入れや、学生向け就活セミナーを実施する中で、 たくさんの学生と対面し、彼らの深層心理を学んできました。 断言します。 新卒採用を成功させるためには、学生の深層心理を理解することだと。 結論からいいますと、新卒採用において、学生への企業PRという意味で、「リクナビ」や「マイナビ」の2大媒体の威力は絶大です。 なぜなら、就職活動をおこなっている学生の利用率は、リクナビで93%、マイナビで95%(みんなの就職活動日記調べ)とほとんどの学生が2大媒体をつかって就職活動を行っています。 これはつまり、「リクナビ」や「マイナビ」の中で露出をすれば、それだけ多くの学生にエントリーしてもらえるということになります。 ただ、ここで注意すべきことがあります。 それは、「リクナビ」や「マイナビ」の中で露出するのは非常に難しいということです。 たとえば、大手企業は潤沢な資金をつかってこれらの媒体に対して莫大な予算を投下してきます。 また、大手企業はすでに知名度が高く、学生の注目も集めやすいため、ほとんどの学生は大手企業ばかりに目がいってしまうのです。 これでは、知名度のない中小企業はたまったものではありませんね。 大手企業ほど予算をかけられない…。 大手企業ほど知名度がない…。 そういった中小企業が「リクナビ」や「マイナビ」で、たくさんの学生に見つけてもらい、選んでもらうにはどうすればいいのでしょうか? そこで私たちが全力でオススメするのが、新卒向けの企業ブランディング。 すなわち、『 採用ブランディング』を実施することです。 学生が貴社を選びたくなる 「採用ブランディング」とは? 「採用ブランディング」とは、貴社の想いや意志を学生に伝わりやすい形で「視覚化」し、 さまざまなプロセスを通して「体感」させることで企業と学生の間に生みだされる「約束」のことを指します。 それは決してデザインをかっこよくすることや、イメージをお洒落に変えることではありません。 最初にお伝えしましたが、学生は企業の「ソフト面」で企業を選びがちです。 残念なことに、貴社がどれだけ熱い理念や志を掲げていても、学生に伝わりにくいありきたりな内容では、学生に共感を与えることができず、その想いが届いていないケースがほとんどなのです。 貴社の熱い理念や志を伝えるためには、まずは強烈なメッセージの込められた、コンセプトやそれに紐づいたキャッチコピーで明確に「視覚化」し、学生に貴社の存在を知ってもらうこと。 そして、説明会や選考を通して時間をかけてゆっくりと貴社の理念を「体感」させ続ける必要があります。 トゥモローゲートが自らをもって経験した採用ブランディングの大切さ。 たしかに、トゥモロゲートがおこなった新卒採用の戦略はトゥモロゲートに最適化されたものです。 しかし、この戦略の中には、再現性のあるノウハウがたくさんありました。 そして、そのノウハウを他社さまにお伝えすると、新卒採用に成功する企業が続出したのです。 そこで私たちは、このノウハウをもっともっと確度の高いものに組み上げ、必要としてくれる企業さまに提供したい、と考えるようになりました。 「なぜ、この施策は学生に刺さるのか?」「さまざまな業種において、もっとも刺さる施策はなにか?」 そういったことを研究し続け、ようやく、数百を超えるロジックが出揃いました。 そうして生まれたのが、トゥモロゲートの『採用ブランディング』のサービスです。 「採用ブランディング」の 料金プラン さて、ここまで「採用ブランディング」の概要についてお伝えしてきましたが、結局いくらぐらいの費用がかかるのか?とても気になるところですよね。 トゥモローゲートでは採用ブランディングを企業改革の一つのプロジェクトとして位置づけ、その費用を月額のコンサルティングフィー(年間契約)としていただいています。 費用については月額40万円~60万円がいちばん多い費用感です。 つまり採用のプロフェッショナルを1名~1. 5名雇う費用感で、貴社の今後の未来を左右する新卒採用を変える、採用ブランド戦略の土台をつくることが可能です。 この費用の中に就職サイトの構築や、採用サイト、採用パンフレット、リクルーティング動画、説明会・選考会のプロデュースまでが含まれています。 もちろんお客様のご要望に合わせて、最適なプランをご提案させていただきますのでまずはお気軽にご相談ください。

次の

トゥモローゲートさんで実施中、#ブラックな社員選抜総選挙。 強い想いを感じ、刑部美穂さんを応援致します!|こば|note

トゥモロー ゲート

Contents• 駅広告企画とは? この企画は、トゥモローゲートの社長である西崎さんのこのツイートからスタートしています。 【ブラックな企業 紹介ツイート募集】 御堂筋線なんば駅の柱を広告ジャックします。 あなたも一緒に柱に登場してみませんか? 当ツイートを引用リツイートし、 をつけてトゥモローゲートを紹介するだけ。 詳細は画像より。 ミナミをブラックに染めよう! 締切: 6月3日午前中まで — 西崎康平@ブラックな社長 koheinishizaki 特にキャッチコピーでなくてはならないわけでもなく、とにかくトゥモローゲートさんをTwitterを通して紹介する。 と言う企画でした。 面白そうなので、参加しよう、とは思いつつ、なかなか考える時間が取れなかったのも事実です。 最初はキャッチコピーで考えていたのですが、どうしてもビジュアルと一緒にしないとピントこない。 でも、すでに広告企画には応募してるし、その時と同じコピー、デザインでは面白くありません。 黒は、君の色だ。 黒は、君たちの色だ。 さまざまな色が混じり、溶け合った。 黒は、私たちの色だ。 「普通」を拒む、漆黒の情熱。 「常識」を焼き尽くす、最高温の炎。 「前例」の向こうに無限の可能性を秘めた、遥かなる宇宙。 塗りつぶせ! 世界が黒を、待っている。 意識したのは「黒」であることの価値と、黒がこれまでの固定概念をひっくり返すというイメージ。 そして、黒は自分たちの色であり、また誰もがその色を秘めていると言うメッセージです。 ウェブ動画CMを作る 上記のナレーションに当てて、動画を制作しました。 今回は予算もなく、また一人で仕上げなくてはならないので、映像はフリー素材。 ナレーションは自分で吹き込みました。 イメージに合う映像を探すのには少し苦労しましたが、元々のナレーションは固まっているので、編集自体はそれほど大変ではありません。 そして仕上がったウェブ動画CMはこちらです。 ピックアップキャプチャー 駅広告に掲載されました 最終的にこちらのナレーションテキストは広告掲載に選んでいただきました。 そして、今日から大阪はなんば駅にて掲示中とのことです。 掲示デザイン この下の部分、「ぶっ壊す」の上に全文掲載いただいてます。 広告を見に行く方々が続出中 この広告、かなり大反響を呼んでいるようで、直接駅まで行って撮影される方が続出しているみたいですね。 本日から御堂筋線なんば駅広告の掲載が始まりました。 始発で向かうとなんと先客。 これはTGの高校生インターン有馬ちゃん では!すげぇ行動力! みなさん、最後までどうぞよろしくお願いします。 — 池田リョウ| inc. こんなに真面目にふざける会社に、入れて良かった。 — 守岡晋吾 WEBデザイナー 宣伝会議コピーライター morioka3 なんば駅のオープン待ちしてた。 ちょうど今、始発電車が来たのだが、 たくさんの人がブラックな広告を みながら歩いていた。 — ひろき ゼロ高生代表 hiroki0ko この掲載期間、ボクは残念ながら東京側の仕事で現地には行けないのですごく残念です。 もし、この広告を見かけた方がいらっしゃれば、ぜひ撮影写真など送っていただけると嬉しい限りです。

次の

「愛のない契約は結ぶな」トゥモローゲート株式会社トップセールス・水城達裕さんのブレない思い。|ていねい通販「GIFT~仕事という贈りもの~」|note

トゥモロー ゲート

あなたの会社は新卒採用に 成功していますか?• 就職サイトに掲載したけれど、学生からの応募がまったく集まらない…。 欲しい人材に内定をだしても、他社に逃げられてしまう…。 入社してくれたのに、1年もたたずにすぐに辞めてしまった…。 そんなお悩みをおもちではありませんか? 今や、新卒は奪い合いの時代。 昨今の新卒採用は、学生が自由に企業を選べる「超売り手市場」だといわれています。 よって、成長している企業ほど、いい新卒を採用するために積極的に投資し、自社の未来を担う人材育成に力を入れています。 ただ、新卒採用に積極的に投資している企業であっても、いい新卒が獲得できるかどうかはわかりません。 なぜなら、新卒採用のノウハウは中途採用とはまったく異なるからです。 新卒採用が中途採用と異なる理由は以下の3点です。 実務経験がないため、ポテンシャルを見抜く人事担当者の 「目利き」が重要である 先ほどもいいましたが、学生は基本的に不安を抱えています。 「自分は本当に立派な社会人になれるだろうか…」 そういった悩みをもちながら、就職活動をおこないます。 そのため、中には、本当は実力があるのに、その不安に押し潰されてしまっている学生も一定数います。 よって、そういった学生の隠れたポテンシャルを見抜き、学生の不安を取り除いてあげられる人事担当者とそのポテンシャルを見抜くための選考ノウハウが必要です。 中途採用であれば、これまでのキャリアなどを参考に相手の能力をある程度判断できますが、学生の場合は、思考や価値観という定性的な判断基準だからこそ、そこを見極める目利きの力はとても大切です。 いかがでしょうか。 では、学生の特性を理解するにはどうすればよいのでしょうか? その答えはカンタンです。 常日頃から、たくさんの学生と接し、彼らの 「深層心理」を理解しようと努めることです。 ビジネスの世界では、顧客の「心理」を理解することが大事だといわれます。 顧客の心理を理解できずに、成功するビジネスなどありません。 新卒採用も同じです。 普段から学生と接することが少なかったり、学生の深層心理について理解しようとしない人事担当者が、新卒採用を成功させようとしても、ムリがあります。 だから、新卒採用に失敗してしまうのです。 私たちトゥモローゲートに採用ブランディングをご依頼をいただく最大の理由は、そこです。 私たちトゥモローゲートは、学生インターンの受け入れや、学生向け就活セミナーを実施する中で、 たくさんの学生と対面し、彼らの深層心理を学んできました。 断言します。 新卒採用を成功させるためには、学生の深層心理を理解することだと。 結論からいいますと、新卒採用において、学生への企業PRという意味で、「リクナビ」や「マイナビ」の2大媒体の威力は絶大です。 なぜなら、就職活動をおこなっている学生の利用率は、リクナビで93%、マイナビで95%(みんなの就職活動日記調べ)とほとんどの学生が2大媒体をつかって就職活動を行っています。 これはつまり、「リクナビ」や「マイナビ」の中で露出をすれば、それだけ多くの学生にエントリーしてもらえるということになります。 ただ、ここで注意すべきことがあります。 それは、「リクナビ」や「マイナビ」の中で露出するのは非常に難しいということです。 たとえば、大手企業は潤沢な資金をつかってこれらの媒体に対して莫大な予算を投下してきます。 また、大手企業はすでに知名度が高く、学生の注目も集めやすいため、ほとんどの学生は大手企業ばかりに目がいってしまうのです。 これでは、知名度のない中小企業はたまったものではありませんね。 大手企業ほど予算をかけられない…。 大手企業ほど知名度がない…。 そういった中小企業が「リクナビ」や「マイナビ」で、たくさんの学生に見つけてもらい、選んでもらうにはどうすればいいのでしょうか? そこで私たちが全力でオススメするのが、新卒向けの企業ブランディング。 すなわち、『 採用ブランディング』を実施することです。 学生が貴社を選びたくなる 「採用ブランディング」とは? 「採用ブランディング」とは、貴社の想いや意志を学生に伝わりやすい形で「視覚化」し、 さまざまなプロセスを通して「体感」させることで企業と学生の間に生みだされる「約束」のことを指します。 それは決してデザインをかっこよくすることや、イメージをお洒落に変えることではありません。 最初にお伝えしましたが、学生は企業の「ソフト面」で企業を選びがちです。 残念なことに、貴社がどれだけ熱い理念や志を掲げていても、学生に伝わりにくいありきたりな内容では、学生に共感を与えることができず、その想いが届いていないケースがほとんどなのです。 貴社の熱い理念や志を伝えるためには、まずは強烈なメッセージの込められた、コンセプトやそれに紐づいたキャッチコピーで明確に「視覚化」し、学生に貴社の存在を知ってもらうこと。 そして、説明会や選考を通して時間をかけてゆっくりと貴社の理念を「体感」させ続ける必要があります。 トゥモローゲートが自らをもって経験した採用ブランディングの大切さ。 たしかに、トゥモロゲートがおこなった新卒採用の戦略はトゥモロゲートに最適化されたものです。 しかし、この戦略の中には、再現性のあるノウハウがたくさんありました。 そして、そのノウハウを他社さまにお伝えすると、新卒採用に成功する企業が続出したのです。 そこで私たちは、このノウハウをもっともっと確度の高いものに組み上げ、必要としてくれる企業さまに提供したい、と考えるようになりました。 「なぜ、この施策は学生に刺さるのか?」「さまざまな業種において、もっとも刺さる施策はなにか?」 そういったことを研究し続け、ようやく、数百を超えるロジックが出揃いました。 そうして生まれたのが、トゥモロゲートの『採用ブランディング』のサービスです。 「採用ブランディング」の 料金プラン さて、ここまで「採用ブランディング」の概要についてお伝えしてきましたが、結局いくらぐらいの費用がかかるのか?とても気になるところですよね。 トゥモローゲートでは採用ブランディングを企業改革の一つのプロジェクトとして位置づけ、その費用を月額のコンサルティングフィー(年間契約)としていただいています。 費用については月額40万円~60万円がいちばん多い費用感です。 つまり採用のプロフェッショナルを1名~1. 5名雇う費用感で、貴社の今後の未来を左右する新卒採用を変える、採用ブランド戦略の土台をつくることが可能です。 この費用の中に就職サイトの構築や、採用サイト、採用パンフレット、リクルーティング動画、説明会・選考会のプロデュースまでが含まれています。 もちろんお客様のご要望に合わせて、最適なプランをご提案させていただきますのでまずはお気軽にご相談ください。

次の