三菱の色鉛筆。 トンボと三菱の色鉛筆(36色)を比較してみた (レビュー)

三菱鉛筆

三菱の色鉛筆

外観 パッケージ 三菱880 三菱880 のパッケージです。 キャラクター物のしか持ってなくてすみません……。 トンボ NQ こちらはトンボ NQ。 容器にさほど違いはありません。 どちらも同じような平べったい缶で、色鉛筆が取り出しやすく使いやすいです。 色鉛筆本体 三菱 880 ゴシック体のロゴが際立つどっしりしたイメージ。 金の箔押し加工です。 トンボ NQ 細字のロゴで軽やかなイメージ。 こちらも金の箔押し加工です。 カラーチャートと発色について どちらも全36色ですが、色の種類や発色にかなり違いがあります。 三菱 880 芯が硬く、塗り込みには筆圧が必要です。 塗りつぶした時に微妙なムラができやすい気がします。 塗りこんだ後の発色は非常に濃くて鮮やかです。 色によっては高級色鉛筆にひけをとらない発色かもしれません。 塗った後の表面のテカりが強いです。 三菱 880に特徴的な色は せいじいろ、 えめらるどいろ、 こいあかむらさき、 たまごいろ、 はいいろ、 つちいろ 彩度の高い色が多い一方で茶系統の色も充実しています。 うすだいだいがトンボNQと比べて薄い色です。 トンボ NQ 発色は鮮やかですが、どの色もやや白が混ざったような感じの落ち着いた色あいです。 三菱と芯の硬さにさほど違いはないように思いますが、なぜかこちらの方が塗りつぶしがやりやすくスルスルとムラなく塗れます。 やや粉っぽく、紙を汚しやすい傾向があります。 トンボNQ で特徴的な色は うすあお、 あおみどり、 なんどいろ、 ふじいろ、 ふじむらさき、 すみれいろ 同系統の色のバリエーションが豊富で、風景や植物など実物のスケッチに特化した色構成のような気がします。 特に青紫のバリエーションが多いです。 うすだいだいが三菱880と比べて濃い色です。 ケシゴム耐性 ケシゴムかけの効果についてはあまり違いはないです。 どちらも薄くなりますし、完全には消えません。 あえていえば、三菱880の方が色が伸びて横に広がる傾向があります。 重ね塗り 画像ではわかりにくいですがトンボNQの方がわずかに上に色がのりやすいです。 各種ぼかし 綿棒でこすったぼかし、ホルベインメルツを使ったぼかし、コピックの0番を使ったぼかし。 画像ではわかりにくいですが、トンボNQの方がやや溶剤に溶けやすいです。 実際に絵を描いてみる 三菱880.

次の

【楽天市場】色鉛筆

三菱の色鉛筆

色鉛筆セットには様々な本数のものがありますが、 大人が使うなら36本セットを基準に、自分の表現したいものや用途に合わせて選ぶのがおすすめです。 36本を超えるとケースも大きくなり、外に持ち出しにくくなります。 また、初心者ではすべての色を上手く使い分けられないということも。 ですが、手元に様々な色の色鉛筆があると新しい使い方の発見につながることもあります。 また、中間色が多いとグラデーションを作りやすくなるので、色鉛筆を使い慣れてない方におすすめです。 外でスケッチする方はケースのデザインや利便性にもこだわりたいところ。 初心者の方はひとまず36色のセットを選び、足りない色を追加購入して揃えていくと良いでしょう。 使ってみてから 多くの色が必要になりそうな場合は、単色販売しているメーカーを選んでおくのもひとつの方法。 足りない色を追加しやすく、よく使う色も買い足しやすいので便利ですよ。 色鉛筆の種類やセット本数だけでは、どれも同じように見えて悩んでしまう…という場合は、人気の高いブランドからチェックしてみるのもおすすめです。 有名な色鉛筆のブランドでは、三菱鉛筆・トンボ鉛筆のほか、ファーバーカステル・ステッドラーなどが人気があります。 なかでも、小学生が学校に持って行く色鉛筆としておすすめなのは、三菱色鉛筆やトンボ鉛筆のセット。 また、水性色鉛筆ではファーバーカステルのセットが人気です。 ステッドラーは世界的に有名なドイツのメーカーにもかかわらず、リーズナブルで発色がよいことから高く支持されています。 それぞれに書き心地や色合いが異なるので、気になるブランドから試してみるといいですよ。 描き心地の好みは人によって違うもの。 また、絵の仕上りも使う色鉛筆によって異なりますよね。 もし、最初から多色入りのセットを購入するのが不安…という方は、 実際に試し書きをしてから購入するのもひとつの方法です。 なかには試し書きができる画材店もありますので、店舗に足を運んでみてもいいかもしれません。 バラ売りされている色鉛筆もありますが、価格が高い傾向にあるため、試し描きするために購入するのはあまりおすすめしません。 気になるものを全部購入したら思っていたより高くつき、予算的に諦めなくてはいけなくなったら悲しいですよね。 画材店によって取り扱っているブランドに偏りがあり、愛用している色鉛筆の組み合わせによっては何軒もはしごしなければならないということもあるので、ネットで事前に調べておくと理想の色鉛筆に出会いやすくなりますよ。 既に廃盤になってしまった色鉛筆もネットなら手に入るということも。

次の

三菱鉛筆の口コミ評判とおすすめ色鉛筆

三菱の色鉛筆

ほかの色鉛筆セットに比べると色数が少ないため、配色を考えるのが面倒なときに手軽に塗ることができて重宝しています。 昨年はこの色鉛筆を使って「リベンジ塗り」を行いました。 色々と発見があってとても楽しかったです。 2年前とカラーチャートを比べてみた 約2年前に作ったカラーチャートと仕上がりを比べてみました。 2年前 今回 2年前は左から縦方向への順番で塗っていましたが、今回は左から横方向への順番に変えました。 2年前、当時の自分の精一杯で丁寧に塗ったんでしょうね。 今見ると塗り方が荒いな〜と感じます。 2年前とは塗り方が変わった現在、あの頃よりもきめ細かく塗れるようになったかなと思います。 自分好みに仕上がって嬉しいです。 偶然出来上がった配色 今回カラーチャートは左から横方向への順番で塗りましたが、塗っている最中あることに気づきました。 四角で囲った色の組み合わせ、なんだか配色本に出てきそう! 偶然この色の並びになったんですが、縦に見たときの上4〜5個の色がなかなか良い組み合わせになったのです。 特に左2つはどことなく和風っぽい色合い。 こんなことってあるんですね。 機会があったらこの色の組み合わせでも塗ってみたいです。 カラーチャートを作り直して気づいたこと カラーチャートで1色ずつじっくり塗って気づきました。 この三菱色鉛筆880、 明るい色はツルツルして色が乗りにくかったです。 はいみどり、せいじいろ、みずいろ、ぐんじょういろ、うすむらさき……などは特に塗るのが難しかったです。 「あれー?こんなに塗りにくかったっけ?」と驚きながらも、根気強くなんとか色を重ねました。 この色鉛筆は、大人の塗り絵を始めて最初に買った色鉛筆です。 メーカーごとの塗り心地の違いなんて全くわかっていませんでした。 今までそれで問題なかったし、例え色が乗らなくても力技でどうにかすることが多かったです。 そのため、特に塗りにくいとか不便だとかは感じていませんでした。 しかし、去年から色鉛筆の使い方の基礎を学び始め、自分の塗り方が変わりました。 「色鉛筆ワークブック」で塗り方を学び、カラーチャート作りを通して、ほかのメーカーの色鉛筆も全て同じ塗り方をしたので、今ならメーカーごとの違いがとてもわかります。 三菱880は特別塗りにくいというわけではありません。 塗り絵初心者にとっては、値段も色数も手頃でちょうど良いのではないかと思います。 しかし、 色鉛筆にある程度慣れて、ほかのメーカーの色鉛筆も使ったことがある人には、ちょっと塗りにくいと感じることがあるかもしれません。 以前、この三菱色鉛筆880でのグラデーションのコツについてご質問を頂きました。 まだ回答できていないのですが、今回カラーチャートを作り直して、 「私はもっと勉強する必要があるな」 と強く感じました。 今までは力技でどうにかしてきた部分が多かった。 これからはもっと色鉛筆の使い方を学んで、三菱色鉛筆880を力技ではなく適切に使いこなせるようになりたいです。 今のままでは、頂いたグラデーションについてのご質問も「力技です」としかお答えできません。 泣 これからも塗り方を研究していきたいと思います。 終わりに カラーチャートの作り直し、いかがでしたか? 後からポリクロモスなどの高い色鉛筆を買うと、どうしてもそちらにばかり目がいってしまいます。 しかし、改めて三菱色鉛筆880を1色ずつ塗り直して、 丁寧に塗ればこんなにキレイに仕上がるんだということがわかりました。 以前と塗り方が変わった今、三菱色鉛筆880で塗り絵作品を塗ったらどんな感じに仕上がるのか。 想像するだけでも楽しそうなので、どこかで挑戦したいと思います。 ではまた次回〜。

次の