税理士 転職。 「税理士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました

税理士・税理士科目合格者の転職・求人|REX(レックスアドバイザーズ)【公認会計士・税理士など経理財務の転職エージェント】

税理士 転職

転職活動を始めるにあたっては「転職サイト」「転職エージェント」の選び方と使い方がとても大切になります。 税理士として転職を考えているあなたは、おすすめの転職サービスを探しながらも「結局、どれを使っても一緒だろうな」と思ってはいませんか? たしかに、最近は非常に質の高い転職サービスを無料で利用することができるようになりました。 そのため、どれを使っても転職自体はそうむずかしくありません。 しかし、本当に入りたい企業、悩みがない職場、満足できる待遇を手に入れるためにはやるべきことがあります。 結論から言いますと、選ぶ転職サービスの数や質によって、転職活動の成功や転職後の満足度には大きな差があるのが事実です。 そこで今回は、 税理士むけの転職サービスの複数利用を解説しながら、おすすめ転職エージェント、転職サイトのランキングをご紹介していきます。 「転職に失敗したくない!」「転職活動が不安!」という転職希望者の方はぜひ参考にしてください。 転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになる。 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が 1〜2週間で来る。 エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。 転職エージェントの会社ごとに流れが異なる場合もあるが、おおよそこの流れをおさえておこう。 r-agent. 最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。 業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。 どんな人にオススメ? ・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます) ・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。 ・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。 mynavi-agent. また、業界毎に専任のキャリアコンサルタントが在籍しているため、高い専門性を兼ね備えており、業界・職種毎の書類添削、面接対策など手厚いサポートがあリます。 どんな人にオススメ? ・キャリアコンサルタントによる転職相談を受けたい方。 ・転職したいが、自力で探すことが難しいと感じている方。 ・いい条件(地域、職場の規模などの環境)の仕事を探している方。 html? 業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。 どんな人にオススメ? ・キャリアカウンセリングを希望する方。 ・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。 ・自分にあった企業がなかなか分からない方。 pasonacareer. html? 手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。 (すべて無料) キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。 『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。 どんな人にオススメ? ・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。 ・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。 ・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。 エージェント以外にも求人を探す方法はたくさんある。 転職サービスも業界や掲載企業に特徴があるから、自分に合う転職サイトを探すべきじゃな。 一般的な転職サイトの「登録後の流れ」は下記のようになる。 求人を検索し応募する。 書類選考のため、履歴書・職務経歴書をメールか郵送で送る。 書類選考通過後、日程を合わせて面接(日程調整等は転職サイトを通して行う)• 合否発表(面接は複数回行う場合が多い) また、「プライベートオファー」を受けることができる転職サイトもあるんじゃ。 プライベートオファーとは、自分の職歴・スキル・希望職種などを登録することで、 企業側からのオファーを受けることができるシステムじゃ。 積極的に活用すべきじゃな。 rikunabi. jsp? 転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。 『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。 また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。 転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。 どんな人にオススメ? ・転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。 ・自己分析など、転職活動に必要な情報を診断したい方。 ・多くの求人情報から、希望する条件の求人を見つけたい方。 …悩みがあるなら、下記の解決策を見てみるんじゃ! 悩みが解決するかもしれんぞ。 ここでは、会計士・税理士が転職活動前によく抱く疑問や悩みなどをご紹介しながら、その解決策としてどんな行動をとるべきかについて解説しています。 あなたの持つ悩みを上手に解消し、スムーズに転職活動を進めましょう。 1 会計事務所・税理士事務所の求人を探せるサイトはどれですか? 会計事務所・税理士事務所の求人を探すには、2つの方法があります。 ひとつは、大手の総合型転職サイトに登録すること。 大手の事務所であれば、求人を出していることが多いです。 しかし、従業員の少ない税理士事務所は、大手の転職サイトに求人を出していない可能性があります。 そのため、中小の事務所への転職を検討している方は、望むような求人を探すことができない場合が多いです。 そこでもう一つの方法です。 それが、上記でご紹介している「」「」などの税理士専門の転職エージェントを活用することです。 大手の求人サイト+専門型の転職エージェントを同時に活用することで、求人を効果的に見つけることができるでしょう。 2 会計士・税理士が法人企業に転職するには何に登録すべき? 会計士・税理士が法人企業へ転職するには、2つの方法があります。 ひとつは、大手転職サイトと専門型の転職エージェントを同時に活用する方法です。 もうひとつは、「ビズリーチ」などのスカウトサービスに登録しておき、あなたの経歴・キャリアをもとに企業税理士への求人へスカウトしてもらう方法です。 法人企業への税理士転職は、通常の税理士の転職よりも時間がかかります。 そのため、スカウトサービスを利用しながら専門型の転職エージェントで相談すると良いでしょう。 2 会計士・税理士が転職エージェントを使うメリットは? 会計士・税理士の転職では、必ずしも転職エージェントを使う必要はありません。 しかし、転職活動自体が始めての税理士の方や、キャリアアップ、年収アップを目指す税理士・会計士の方であれば転職エージェントを使うことをおすすめします。 転職エージェントは、給与条件や勤務地、職場の雰囲気など様々なあなたの条件をヒアリングした後、あなたに会った職場を紹介してくれます。 それに加え、面接日程の調整や内定後の給与交渉なども、あなたの代わりにやってくれます。 1人ですべてをやろうとするなら、退職したうえで就職活動に専念することになります。 それも一つの方法ですが、リスクが高いと感じますよね。 転職エージェントであれば、在職中でもうまく転職活動を進められるようにスケジュールを調整してくれるため、手間がかかりません。 3 会計士の経理向け転職サイト・転職エージェントはありますか? 会計士・経理の求人を探すには、この記事でご紹介している転職エージェントと転職サイトをそれぞれ2社以上登録することをおすすめします。 経理・オフィスワーク系の職種すべてに言えることですが、基本的には求人情報は公開されている分だけでは選択肢が限られます。 特に会計士・税理士・経理などの専門的な分野の事務求人は数が少ないです。 しかし、各転職エージェントが持っている非公開求人を紹介してもらうシステムを使えば、転職者のうち適性のある人にのみ紹介される求人に応募できます。 会計士・税理士が転職に失敗してしまう原因と解決策 転職に失敗してしまう会計士や税理士にはある特徴があるんじゃ。 事前にその共通点を知っておけば、転職を慎重に進めることができるぞ! ここでは、会計士・税理士が転職に失敗してしまう原因と、解決策をご紹介していきます。 何となく転職活動に不安があるという方は、その不安を解消することが大切です。 悩んでいるということは、転職したいができない理由があるということ。 それを解決することができれば、あなたの働き方を良くするための行動を起こすことができます。 1 やりたい仕事を明確にしていないなどキャリアプランを練っていない キャリアプランとは「今後どのような仕事をしていきたいか?」「退職までにどのくらいの役職に就きたいか?」を自分自身で見通しを持っておくこと。 あなたが将来独立開業を目指すなら、将来的にマネジメント(管理職)ができる役職を目指すべきでしょう。 また、事務所経営を学ぶために小規模の事務所で活躍すべきかもしれません。 もちろん、今の時代は将来の見通し通りに仕事が上手くいくかどうかは分かりませんが、一本軸を持っているかどうかで働き方は大きく変化します。 転職エージェントを利用して転職活動をする場合でも、自分自身のキャリアプランを持っておくと相談しやすく、希望する条件を絞りやすくなります。 まずはあなたが「直近3年でどんな仕事をしたいか?」「最終的にはどんな役職・立場になっていたいか?」のイメージを話せるようにしておきましょう。 2 転職先の情報収集をしていなかった or 知識が浅かった 転職してから後悔してしまう原因として、転職先企業や事務所の情報収集をしていなかったことが挙げられます。 求人情報や募集要項など、求人票で見れる情報だけではなく、企業の口コミや評判、実際の職場の雰囲気なども含めた情報収集が重要です。 しかし、転職先の情報収集を1人でやるのは難しいですし、口コミや評判はほとんどが悪いもので溢れています。 そのため、実際に職場に取材&ヒアリングをおこない、職場の実情や雰囲気の情報を集めている転職エージェントに相談することで、効率的に情報収集することができます。 3 年収アップしたいのにほかの条件も気になってしまった 転職先を探す場合、あなたが転職先に何を一番に求めているのかをはっきりさせることが大切です。 あなたはきっと、次の職場はすべての条件が満足できるものであってほしいと考えているはず。 しかし、 どんな職場にも一長一短があり、良いところと悪いところがあります。 そのため、あなたが最も求める条件を満たす職場を見つけるためには、まずあなたが優先順位を決めなければなりません。 優先順位とは、大まかに下記のような項目で考えます。 年収アップしたいかどうか:年収・給料• キャリアアップしたいかどうか:役職・昇進• 人間関係の良い職場ではたらきたいかどうか:人間関係• やりたい仕事があるかどうか:モチベーション たとえば、あなたが年収アップを一番に考えるのであれば、やりたい仕事がすぐできるわけではないけれども、年収額が高い仕事を選ぶべきでしょう。 逆に、年収は下がっても良いので人間関係の良い職場ではたらきたい方は、和やかな職場を目指して求人を探すべきです。 このように、 転職先に求めるものをしっかり決めたうえで転職求人を選べば、転職後に自分がイメージしていた働き方通りに働き始めることができます。 4 自分の強み・弱みを自己分析できていない 自分の強み・弱みを理解した上で、これまでの経歴・経験でどのようなスキルを伸ばしてきたいのかを他人に説明できることが大切になります。 学生時代の就職活動で自己分析をやった人は多いと思いますが、それと同じです。 転職活動では、学生時代よりもさらに深く自己分析をおこなう必要があり、これを「キャリアの棚卸し」と言います。 自分の強み・弱みを理解するにはいろいろな方法がありますが、最も簡単にできるのは転職エージェントに相談することです。 面接や履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるため、無駄な分析をせず目的を持って自己分析をすることができます。 5 1人で転職活動を進めようとして転職先に妥協してしまった 転職活動が初めての方は、1人で転職活動をするべきではありません。 できれば、転職エージェントを活用して転職活動をおこなうことが望ましいです。 理由は様々ですが、1人でやるべきではない一番の理由は「転職活動に妥協してしまうから」です。 妥協してしまうとは、転職先選びに時間をあまり使えず、「良さそうだな」と何となく思ったところを選んでしまうということ。 時間が足りない中転職活動をすると、このようなことが起きてしまいます。 忙しいが転職したいという方は、転職エージェントを利用すると、在職しながらでも余裕を持って転職活動をすることができます。 また、面接対策やキャリア相談、面接や入職日の日程調整も代行してくれる力強い味方です。 転職サイトとは異なり、転職エージェント登録後には、あなたが登録した電話番号を通して連絡をしてきます。 メールだけの連絡で済む転職エージェントはほぼないので、あらかじめ電話がかかってくる準備をしておきましょう。 ただし、電話を取る時間がない方は後からメールで連絡されることもあります。 2 転職エージェントって電話面談のみは可能? 登録後の電話はほぼかかってきますが、電話面談のみで求人を紹介してくれる転職エージェントは多数あります。 特に、全国対応の転職エージェントではその傾向にあります。 そのため、 実際に面談ができない地方在住の方などでも転職エージェントを利用することが可能です。 3 転職エージェントを掛け持ち(複数登録)していることって伝えるべき? 転職エージェントは、「複数登録」がおすすめです。 複数登録してはいけない規約などはないので、特に心配する必要はありません。 しかし、実際に転職エージェントを複数登録していると求人案件がかぶることがあるため、できることなら転職エージェントの担当者に「複数登録していること」を伝えるべきです。 複数登録していることを伝えても、不利な条件に置かれるわけではありませんし、担当者もさらに本気になって、あなたにあう求人を見つけようと努力してくれるはずです。 4 複数の転職エージェントで同じ案件に応募可能? 転職エージェントに複数登録していると、紹介される求人がかぶってしまうことがあります。 できれば事前に「〇〇と〇〇はすでに紹介されている」と伝えることがベターです。 しかし、かぶってしまうことはよくあることなので、申し訳ない気持ちになる必要はないでしょう。 転職エージェント側も、それは十分承知しています。 ただし、掛け持ちしていることをムリに隠して話をすすめると、異なる転職エージェントからそれぞれ同じ企業に応募してしまうケースがあります。 これは企業側にもエージェント側にも迷惑がかかりますので、絶対にあいまいな返答はしないようにしてくださいね。 5 転職エージェントってどうやって退会するの? 転職エージェントは、登録したら必ず応募しなければならない規約はありません。 そのため、いつでも退会することが可能です。 「マイページログイン」などの機能がある転職エージェントでは、お問い合わせ欄から退会手続きをおこなうことができるものもあります。 ただ、一般的には、登録後に担当してくれるコンサルタント(アドバイザー)に直接電話かメールで連絡したほうが早いです。 退会しても何か不利になるようなことはありません。 転職エージェントを絞り込みたい、良い求人がないという場合には、それほど気兼ねせずに退会しましょう。 6 担当者の質が悪いときや紹介される求人が合わないときはどうするべき? 転職エージェントは、あなたの希望条件を面談を通してヒアリングし、条件に合った求人を紹介してくれます。 転職者一人ひとりに担当がつくため、1対1でサポートを受けることが可能です。 細かなコミュニケーションを取ってもらえる一方で、どうしても性格や対応が合わないと感じる担当者だったり、紹介してくれる求人が的外れ…ということもあり得ます。 複数活用しておけば、仮にひとつのエージェントが合わなくても求人を紹介してもらえることができます。 また、 担当者を変えてもらうこともできますので、柔軟に活用することが大切です。 もし紹介される求人が自分には会わないと感じたときは、きっぱりと断りましょう。 断る理由を伝えることで、より自分に合った求人を紹介してもらえる確率が高まります。 まとめ|転職サイト・転職エージェントで転職を成功させよう!.

次の

税理士事務所(会計事務所)は「未経験30代」から転職できる?

税理士 転職

への転職状況は? 税理士に転職する人は多い? 税理士は、既に一般企業などで働いている社会人でも目指しやすい職業といわれています。 税理士資格は、試験で課される11科目のうち、5科目に合格すると取得することができますが、一度で5科目すべてに合格する必要はなく、たとえば毎年1科目ずつ受験するといったことが可能です。 こうした制度体系は、日々の仕事に追われてまとまった勉強時間が取りづらい社会人にとっては、非常に大きなメリットといえます。 実際に、中長期にわたるプランを立てて、仕事の合間にコツコツと勉強に励み、働きながら税理士資格を取得した人も大勢います。 税理士に転職した人の前職で多いのは? 税理士の仕事は、確定申告や法人税の計算といった税に関する業務とともに、記帳作業や経営コンサルティングなど、簿記や会計、事業運営に関する業務も多いことが特徴です。 このため、企業の 部や財務部、 部で働いていた人や、銀行などの金融機関に勤めていた人、法人向けコンサル企業出身者などは、キャリアを税理士業務に生かしやすいため、転職する人が多いようです。 また、 資格があれば、税理士業務も行うことが可能であるため、公認会計士から税理士に転職するケースも見受けられます。 税理士への転職の志望動機で多いものは? 税理士に転職する動機としては、自身のキャリアアップを図る目的と、独立開業する目的の2種類に大別することができます。 前者としては、経理業務やコンサルティング業務など、税理士の仕事と関連する分野を手掛けていた人が、専門知識を高めたり、給与などの待遇面を向上させるために税理士を目指すケースが多いようです。 後者の理由はさまざまで、収入面をアップさせたい人もいれば、企業のルールや人間関係に縛られるのが嫌で、一人で自由に働きたい人、故郷に戻って地元で仕事がしたいという人もいます。 独立すれば、働く時間や請け負う仕事量などはある程度自分で調節することができますので、仕事と家庭生活を両立させるために、自分の事務所を持つ人も少なくありません。 受験資格を得てから 税理士試験は非常に難関として知られており、対策には数年間を費やすケースが一般的です。 とくに、簿記や会計などの基礎知識がないまったくの未経験者については、合格するのに必要な勉強時間は5000時間~6000時間ほどといわれており、膨大な勉強量をこなさなければならないでしょう。 しかし、未経験者から、あるいは社会人として働きながら税理士になった人も大勢おり、合格は決して不可能ではありません。 大切なことは、ある程度中長期の学習計画を立てて、コツコツと勉強に取り組むこと、そして、個々の生活スタイルに適した方法で学習を進めることです。 独学で効率的に勉強することは困難ですので、民間の資格学校やスクールに通学するか、通信教育を利用することが望ましいでしょう。 税理士への転職に必要な資格・有利な資格 税理士資格以外で、税理士に転職するために有利な資格としては、まず日商簿記検定があります。 簿記検定は、一級から三級まで難易度が分かれているため、個人のスキルに応じて段階的にステップアップしていくことが可能であるうえ、一級まで取得できれば、税理士試験の受験資格も得られます。 税理士試験においても簿記の知識が問われますので、勉強していれば非常に有利です。 続いて、FP( )資格が挙げられます。 税理士は、固定資産税や相続税などを取り扱う関係上、クライアントから資産運用や財産に関する相談を受けるケースも多いため、FP資格があれば業務に役立つでしょう。 簿記検定と同じように、難易度の異なる複数の級が設けられていますので、自分にあったレベルを勉強しやすいのもメリットです。 このほか、英検やTOEICなどを受験していると、外資系企業や海外に支店を持つ多国籍企業をクライアントとする事務所に就職する際、有利になりやすいでしょう。 税理士への転職に役立つ職務経験は? 税理士は、税務申告や税金の計算だけでなく、企業の記帳を代行することも重要な仕事のひとつです。 このため、一般企業の経理担当者として、記帳作業や試算表作成に携わっていた職務経験があると、税理士になってから非常に役立ちます。 直接記帳したことがなくても、経理部や財務部などに所属し、一定の会計知識を身につけていれば、転職時にプラス評価となるでしょう。 このほかにも、コンサルティング会社や事業会社、法律事務所などでのキャリアが役に立つこともあります。 自分に合った職場を知りたい、あるいは一般には公開されていない非公開求人を見たいという人は、税理士専門の求人サイトを利用することをおすすめします。 とくにマイナビ税理士は、税理士業界に精通した担当者による手厚いサポートを受けることができますので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。 税理士への転職面接で気をつけるべきことは? 税理士は、資格を取得するまでにかなりの勉強が必要ですが、働きだしてからも、毎年の税制改正大綱に対応するため、あるいは自身の手掛けられる業務範囲を広げるため、継続的な勉強が欠かせません。 このため、転職面接においては、税理士業務への関心が本物かどうか、長いキャリアにわたってずっと勉強を続けるだけの意欲があるかどうかが問われます。 とくに、学歴や職歴が、経理や会計、法律などに関係ない分野である場合、かなり厳しく突っ込まれると想定しておくべきです。 これまでのキャリアがどのような考えに基づいたもので、何を理由に今の考えに変わり、今後どうしていきたいのか、時系列に沿って説得力のある内容を語れるように準備しておきましょう。 また、税理士業務をきちんと理解していることを示す必要もありますので、事前に個々の事務所の特色や、近年の税制についてのトピックスなども下調べしておくべきです。 税理士に転職可能な年齢は何歳くらいまで? 税理士は、サラリーマンなどとは違って、定年退職がありません。 意欲と能力さえあれば、何歳でも働き続けることが可能であり、個人で開業している税理士のなかには、70代で現役で働いている人もいます。 このため、税理士の求人は、ほかの一般的な職業よりも年齢制限はかなり緩く、資格さえ取得できれば、40代、あるいはそれ以上でも転職は可能です。 税理士試験結果の統計をみても、毎年40代以上の受験者が多数合格しています。 ただし、税理士試験の難易度を考えれば、できる限り早いうちから受験勉強を始めるに越したことはありません。 また、とくにある程度年齢を重ねた人については、資格を取った後、どのような職場に勤め、どのようなスキルを磨いていくのか、限られたキャリアを有効活用するためにしっかりプランを練ることが大切です。 未経験から税理士に転職する際の志望動機 まったくの未経験から税理士事務所などに転職する場合、本音としては「会計知識を積みたい」「実務経験を積んで税理士試験の受験資格を得たい」という人が多いかもしれません。 しかし、そのような理由では、個々の事務所を志望した理由としては弱く、「税理士事務所ならばどこでもいいのではないか」と問われたときに答えに窮することになります。 たとえ未経験者であっても、税理士の実際の業務についてできる限り詳しく調べて、「このような種類の仕事を手掛けるため貴社で働きたい」と具体的な内容を志望動機に含めることが望ましいでしょう。 自身の志望動機を明確にすることで、転職先における仕事内容のミスマッチが起こる可能性も低くなりますし、税理士試験の勉強にも身が入るでしょう。

次の

税理士の転職情報

税理士 転職

税理士試験の受験者が減ったから• 法人数が徐々に増えているから• 大きな法令改正などがあったから リーマンショック以降、企業の倒産などが相次いで税理士の仕事が減ったことから、「これからの税理士はAI(人工知能)に仕事を取られる」という噂が流れました。 そのため、税理士試験の受験者が減少しつつあります。 男性受験者 (合格者) 女性受験者(合格者) 合計(合格者) 平成27年度 28,770人 (4,999人) 9,405人 (1,903人) 38,175人 (6,902人) 平成28年度 26,774人 (4,121人) 8,815人 (1,517人) 35,589人 (5,638人) 平成29年度 24,809人 (4,762人) 8,165人 (1,872人) 32,974人 (6,634人) 平成30年度 23,083人 (3,461人) 7,767人 (1,255人) 30,850人 (4,716人) 平成31年度(令和元年) 22,221人 (3,887人) 7,558人 (1,501人) 29,779人 (5,388人) (参考:) しかしリーマンショック以降景気が回復するにつれ、税理士を必要とする法人が増えたことから、税理士の求人数は上昇傾向です。 税理士の転職方法は転職エージェントを利用するのがおすすめ 税理士の転職活動において、ぜひおすすめしたいのが転職エージェントを使うことです。 詳細については「」で詳しく説明しますが、転職エージェントとは無料で希望の求人を紹介してくれるサービスです。 転職エージェントなら、年収の交渉を代理でしてくれたり、職場の内部情報についても詳しく教えてもらえます。 転職エージェントに相談しながら求人を探すことで、自分のやりたい方向性や自分にあった転職先を見つけることができますので、転職の成功率をアップさせることが可能です。 ではまず、税理士として転職できる業界について、詳しく見ていきましょう。 2.税理士の主な転職先と特徴 税理士として働きたいと考えているなら、まず税理士が活躍している職場について詳しく知っておきましょう。 大まかに分けて、以下の4つで税理士は活躍の場があります。 <税理士法人Big4>• PwC税理士法人• デロイトトーマツ税理士法人• KPMG税理士法人• EY税理士法人 さらに日本で独立系の大手税理士法人、地域に根ざした中小規模の税理士事務所などさまざまな事務所があり、自分のキャリアに合わせて転職先を選ぶことが必要となります。 一般企業 一般企業の経理部門に転職することで、税理士としての資格を活かす働き方もあります。 大手企業では税務担当として働くことがほとんどですが、中小企業の場合は税務だけでなく、経理や財務も担当することもあります。 経験を積めば経理担当の責任者になることも可能です。 また外資系の企業の場合は、日本支社として決算をまとめ、本社にレポートを提出する仕事を任されます。 他支店とのやり取りが必要となるため、ある程度の英語力、本社のある国の言語についても専門用語でやり取りができる語学力を求められることも。 外資系でも、企業の規模によっては経理や財務も担当することになります。• バックオフィス• 金融会社の税務や財務を担当• 金融業界の税務は一般企業と比べて特殊で複雑なため同じ金融業界での転職の際、高い評価を受けることができる• フロントオフィス• 金融会社で直接クライアントと対面してアドバイスを行う• 大手企業のクライアントなど税理士事務所では担当することのない顧客が多いため、経験を積めることに加え、将来の人脈づくりにもつながる コンサルティングファーム コンサルティングファームとは、企業の求めに応じて、企業の抱える問題や課題を解決に導く企業のことです。 コンサルティングファームでは専門分野が細かく分かれていますが、税理士が活躍できるコンサルタントファームとには、以下のものがあります。 「そもそも、まだ税理士の資格を取ってないから検討も出来ない…」と思っていても安心してください。 税理士法人や事務所では、未経験もしくは1、2科目のみの試験合格者での勤務している人も多く、働きながら勉強することも可能です。 では、順番に詳細をご説明します。 20代なら学びながら資格が取れる会計事務所や税理士法人 20代で転職する場合は、まずは経験が積める会計事務所や税理士法人がおすすめです。 20代は税理士を目指しながら働く人も多く、求人も他の年代に比べて多くなっています。 この年代は景気に左右されないため、転職もしやすいといえますが、将来的に自分がどういった税理士として働きたいか考えながら転職先を選ぶことが必要です。 税理士試験は科目が11ありますが、就職に必要となる必修2科目(簿記論、財務諸表論)を取れば、就職時の大きな武器になるでしょう。 多くの方が、この必修2科目の合格後に税理士事務所への転職を志します。 簿記論と財務諸表論の2科目合格、さらに国税三法である法人税法、所得税法、相続税法のほか、消費税法に科目合格しておくと、より強くアピールすることができます。 (引用|) ただし一般企業では、働きながら他の科目に合格するのはかなり大変です。 働きながら科目受験をバックアップしてくれる、会計事務所や税理士法人なら、経験も積めるのでおすすめです。 30代なら会計税務のスペシャリストを必要とする企業 税務士として30代に転職をするのであれば、実務経験を活かし、スペシャリストを求める大手企業への転職を考えましょう。 即戦力を求められるようになるため、資格を持っていることはもちろん、職場によっては英語力が必要な場合や金融業界であれば特殊業務の経験があることで有利になることも。 20代のときとは違い、30代では科目合格が多い人の方が求人が増え、有利になってきます。 40代なら海外資本の企業やベンチャー企業 40代の税理士なら、海外資本の企業やベンチャー企業などが転職先としておすすめです。 税理士の資格を持っていれば、一般企業では難しいといわれる40代の転職も可能です。 ただし可能とはいっても、20代30代に比べると求人は少なくなるため、専門性が高い、またマネジメント能力があるといったアピールできる強みが必要です。 海外資本の企業や、ベンチャー企業などでは実地経験を積んでいる経験者が優遇されますので、40代の転職先としておすすめです。 50代ならベテラン税理士を必要とするコンサルティング企業 50代になると独立している人も多くなるため、転職を考える場合は即戦力となる人材であるかが重要。 そういった人材を必要とするコンサルティング企業がおすすめです。 顧客とのやり取りや、税務関係の経験の豊富さも求められますが、語学力の高さなども必要です。 税務や財務のコンサルティング会社では、財務マネージャーや経理責任者などの経験があると有利になりますので、50代である程度の役職を経験していれば、大きなアピールポイントになります。 4.目的別おすすめの転職先 税理士として働きたいと考えていても、転職の理由によって選ぶべき転職先は変わってきます。 将来を視野に入れつつ、自分の希望や目的別にあなたにおすすめの転職先をご紹介しましょう。 ワークライフバランスを整えたいなら大手企業 税理士としてキャリアを積みたいけれど、忙しすぎて体調を崩してしまうような生活はしたくないなら、残業が少なく福利厚生の整っている大手企業がおすすめ。 大手企業では財務や経理は分業をしていますので、中小企業のように一人の負担が大きくなることもありません。 また大手企業の場合は経験や実績を積むことで、税務管理の責任者として部署をまとめる役職に就くことも可能なので、安定した収入も見込めます。 税理士が一般企業で働く場合、経理に就業するのが一般的です。 ただし、一般事業会社は、外部の税理士と顧問契約を結んでいるため、税務はそちらに任せることが多く、税理専門で仕事をしたい人にとってはやりたい仕事ができない可能性があります。 年収をアップさせたいなら大手税理士事務所 今よりも高年収を得たいと考えているのであれば、大手税理士事務所や税理士法人への転職がおすすめです。 税理士の平均年収は約891万円ですが、実際には300万円~400万円という人から、個人で税理士事務所を開業し1,000万円の年収を得ている人もいます。 大手税理士事務所や大規模な税理士法人であれば、税理士試験の合格科目が多ければ評価も上がり、給与もあわせて高くなります。 個人事務所の場合は、年収が安定していないことも多いため、高収入を目指して転職を考えているのであれば、安定した年収を得られる職場を探すようにしましょう。 外資系企業は海外の拠点とのやり取りも多いため、税理士としてのスキルだけでなく、語学力や交渉力といったスキルも求められます。 それでも経験を積めば社内の評価や地位も上がり、キャリアアップすることで活躍の場も広がります。 また外資系企業は、実績がそのまま年収の評価につながるため将来的に高収入が得られます。 将来独立したいなら個人会計事務所 税理士として、将来独立を考えているのであれば個人会計事務所への転職がおすすめです。 税理士は多くが独立し、事務所をかまえますが、税理士本人のスキルだけでなくそれまで培ってきた人脈なども将来に大きく影響します。 また経験だけでなく資格も取得していく必要がありますので、人脈づくりやスキルアップのできる個人会計事務所がおすすめなのです。 5.税理士の転職におすすめの転職エージェント 税理士として転職する場合、自分の求める条件にあった転職先をアドバイスし、求人を紹介してくれる転職エージェントを利用しましょう。 転職に関するアドバイスをもらえることに加え、年収の交渉なども代理でおこなってくれます。 あなたにあった転職エージェントを見つけるために、おすすめの3つの転職エージェントの特徴を詳しくご紹介します。 自分にあった企業を一緒に探してくれるdoda は、転職を考えているものの自分に合った企業をどう探していいのか分からない、というあなたにおすすめの転職エージェントです。 業界や職種に精通したキャリアアドバイザーが在籍していますので、じっくりカウンセリングを受けながら転職活動をすることができます。 またdodaは非公開求人を多く持っており、公開求人と合わせると業界内ではトップの求人数を誇っています。 そのため自分に合った企業がすぐ見つかりますよ。 運営会社 パーソルキャリア株式会社 対象地域 全国・海外 公開求人数 64,000件 非公開求人数 100,000件〜 公式サイト 詳しくは「 」をご覧ください。 大手企業からベンチャー企業まで選択肢が多いマイナビエージェント は、人材関連サービス事業をおこなっているマイナビが運営している転職エージェント。 20代の転職に強いので、20代税理士に特におすすめです。 多くの転職実績があることに加え、幅広い業種や職種の求人を取り扱っており、今まで働いたことのない異業種でも知識が豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられます。 またマイナビエージェントには、「」という税理士のみの転職をサポートしてくれる転職エージェントがあります。 税理士の転職に詳しいキャリアアドバイザーと、各企業との強いパイプを持つ営業が紹介する求人は、大手企業から中小の税理士事務所まで幅広く、自分の希望に合った転職先が見つかります。 対面でキャリアアドバイザーがアドバイスしてくれるので、転職活動が初めてで不安なあなたも、安心して利用できますよ。

次の