東海 アマ ブログ。 「東海アマ」をろくろく批判できない「リベラル・左派」の病理

東海アマ 地震情報

東海 アマ ブログ

中国政府関係筋が初めて武漢肺炎に関する情報を公開したのは、昨年末の12月31日だった。 しかし、実際には、武漢における最初の新型肺炎感染者は、それより一ヶ月以上前、11月段階で出現していたといわれる。 台湾の医学界は、すでに12月中旬に、新型ウイルスの「人人感染型パンデミック」の恐れをWHO に報告していたが、WHOは中国政権に忖度して、情報隠蔽に加担し、台湾からの警告に取り合わなかった。 以下は、時系列で、武漢肺炎=新型コロナウイルス肺炎=Cobid. 19の感染拡散状況を大紀元時報がまとめたものである。 厚労省が、初めて「中国における原因不明の肺炎」に関する公式文書を発表したのは、中国政府の公開後、5日を経た2020年1月5日である。 この段階で、日本政府は、世界的なパンデミックの情報を共有したと考えてよい。 普通の国家の危機管理は、ここで戦争準備に匹敵する情報収集と対策が始まるはずだった。 だが、安倍政権は、事態矮小化=隠蔽工作に必死で行い、感染観光客を平然と受け入れていた。 2019年12月30日には、中国の女性医師、艾芬(ガイフン)が正体不明の危険なコロナウイルスの蔓延について、SNS(微博)に投稿し、危機管理を呼びかけたが、彼女は、その後行方不明になり、現在まで消息が分からなくなっている。 また、眼科医、李文亮が、SNSに感染爆発について投稿したところ、即座に身柄拘束され、情報隠蔽を求める政府に懲戒処分を受けた後、2月7日に新型コロナウイルスに感染して死亡した。 一方で、中国政府は、武漢病毒研究所(生物兵器開発施設)が発生源として疑われたことに対し、武漢野生動物市場でコウモリやセンザンコウから伝播したとの説を捏造して拡散しようとした。 私の「東海アマブログ」で、最初に取り上げたのは、1月27日だ。 (記事リンク 中略) 「ことの起こり」の解釈が、私としては、中国政府が意図的に拡散させたもの、生物兵器の研究過程で環境に漏れ出したもの、中国政権の崩壊を狙ったイスラエルの陰謀など、さまざまに考えられたことで、未だに、はっきりした結論を得られていない。 しかし、これが生物兵器として開発された可能性は、 新型コロナウイルス生物兵器説の決定的証拠 もはや反論の余地はない 2020年03月14日 これを読めば、誰もイチャモンをつけられないだろう。 董宇紅さんは、現在世界最高峰のウイルス学者であり、ノーベル賞受賞者のウイルス学者、リュック・モンタニエ博士が、ほぼ同じ内容の人工操作ウイルス説を述べている 最大の理由は、Cobid19は、コロナウイルス・エイズウイルスから4つの蛋白質が変更されているが、これには「Pシャトル」という分子ツールを使わねば絶対に不可能というポイントだ。 このツールは、指紋のように個性があり、どこの誰が使ったのかまで容易にたどることができるという。 そして、それはSARSを開発したのと同じ施設と断定した。 このウイルスの収束時期について、諸説出ているが、世界的な研究者の予測としては2〜3年後が多い。 100年前の、スペイン風邪パンデミックでは、約3年、第三波まで続いた。 それは、たぶん感染力に比例して長くなるのだと思う。 たぶんCobid19は、スペイン風邪=H1N1亜型インフルエンザウイルスと同程度の感染力があるはずだ。 H1N1亜型インフルエンザウイルスは、すでに2006年に主要なインフルエンザウイルスとして世界に拡散している。 だが、致死率が0.1%程度の軽毒ウイルスだった。 スペイン風邪が凄まじい毒性を発揮したのは、1919年の第二波の変異ウイルスだ。 RNAウイルスは、DNAの千倍のスピードで突然変異するので、必ず猛毒性変異株が出てくる。 しかし、これも数ヶ月〜1年程度の活動で、再び変異を起こして軽毒化する可能性があるといわれる。 これまで、エボラ出血熱や、コレラ、SARS、MARSなど、たくさんのパンデミックが警告されたが、いずれも、定着した猛毒性が数十年も続くことはなかった。 これは、激しく変異を繰り返すうちに、自己淘汰を起こすからだ。 日本における本当の問題は、私は新型コロナウイルスの毒性よりも、治療薬として認証されたギリアド社の医薬品であると思う。 ギリアド社は、ビルゲイツら、「地球人口淘汰」を主張するグループ(イルミナティ)の中核企業と考えられていて、この企業の開発する医薬品、ワクチンは、病気を治療するよりも、人類の人口淘汰を考えている節がある。 ギリアド社の開発した医薬品を、日本政府が救世主のように崇めて、数千億円もかけて政策備蓄してきたことが知られているが、先のインフルエンザ治療薬タミフルは、年間50件以上もの精神錯乱=高所飛び降りが起きている。 こんなものは医薬品ではなく毒物にすぎないが、それでも日本政府が副作用を直視したり、備蓄をやめることはない。 世界でタミフルを治療薬に使っているのは日本だけだ。 5月7日に特例認可されたレムデシビルも、激しい副作用で、投与患者の25%に腎臓障害を引き起こしたとの報告が出ている。 物言わぬ臓器、肝臓・腎臓に25%もの障害が出たということは、半数以上の人に少なからぬ副作用を与えたことになり、腎障害はその人の人生を終わらせてしまう(人工透析をもたらす)ほど、苛酷な病気なので、これも悪性の毒物と理解するしかない。 一方で、オルベスコやイベルメクチンなど、副作用が少なく特効が期待できる日本産の医薬品については、厚労省が承認を渋り、ギリアド社のような特例便宜を拒否している。 今後どうなるのか?これから本当の感染爆発、致死ピークがやってくるはずだ。 問題なのは、新型コロナウイルス肺炎の多くが、間質性肺炎、それもIPF肺繊維症に進む可能性があることだ。 rui. 下記のタイトルを押して下さい。 『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。 るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:).

次の

「東海アマ」をろくろく批判できない「リベラル・左派」の病理

東海 アマ ブログ

サイト情報 サイト名 東海アマブログ サイトURL RSS URL 皆声. 79 88. 29 82. 64 71. 母数が最大になる為、ブログ検索結果にはこれの1年間のランクが表示されます。 5, Safari2. 0, Opera9. 77 62 43 サイト 96記事 131. 77 63 43 サイト 43記事 131. 77 64 42 サイト 431記事 129. 79 ランク詳細 65 42 サイト 320記事 129. 79 66 42 サイト 79記事 129. 79 67 41 サイト 92記事 127. 81 68 40 サイト 470記事 125. 83 69 40 サイト 239記事 125. 83 70 40 サイト 166記事 125.

次の

We're PROCeeD.:同調圧力について

東海 アマ ブログ

これは3月8日まで44日間続いた。 これまでの十数年の経験から、ロングスパンの台形データが出れば 収束消失後、数日で超大型地震が発生していた。 清水は、もっぱら東海沿岸の地震に対応すると思われたので、三日後の3月11日にスパンに見合った超巨大地震が東海沖で起きると警告した。 ところが結果は東北巨大震災になった。 その行徳清水が、再び同じような台形データを出したのが9月13日で、これは9月21日に収束して消えた。 いつでも必ず結果が出るわけではないが、この収束に対応する地震は規模がM7を大きく超えると思われたが現在まで対応がない。 ところが今度は香取データが同じような台形スパンを9月25日から記録し始めた。 このデータも赤グラフが浮き上がり恐ろしい規模だ。 もし清水の継続として記録されているなら、再びM9に迫る地震の前兆かもしれないと思った。 現段階で少し弱まっているが完全に消えていないため収束とは判定できないが、これが3月8日のように突然消えるとすれば、おそらく香取データが茨城沖に対応することから、茨城沖M8前後を起点として3月11日と似た分散多発巨大地震連鎖になると考えるしかない。 数日前から微震、超絶的耳鳴り、家鳴りなどの典型的前兆が始まった。 今のところM6以下にとどまっているが、 これから数十日のうちに、東北大震災級の超巨大地震の再発が避けられないと考えている 2011年10月3日 8:00 東海アマ もし、あなたが関東在住なら、備蓄ではすまない事態かも。 これが 収束すれば三日後に数十万人が死亡するくらいの大震災が起きるかもしれない 2011年10月1日 18:30 東海アマ すでに何度も書いてますが、東北震災の前、行徳清水水平が1月23日から3月8日まで超ロングスパンの異常を記録し、収束後三日で巨大地震となりました。 ところが同じデータが9月13日から21日まで続き、結果でないまま香取に継続 現在まで続く もしまた二ヶ月も続くなら、再びM9クラスと警告 2011年10月1日 6:30 東海アマ 収束の場合、まったく記録しなくなってしまいます。 まだ収束していません。 2000超ピークは外国のM7級前兆だと思います 2011年09月30日 7:30 東海アマ 今出てる前兆はM6や震度5などと生やさしいものではありません。 東北大震災以来の大変な事態が来ると予想しています。 行徳香取の上辺貼り付きデータが突然消えてから三日後に巨大地震が発生すると思ってください。 最初は茨城沖、次に神奈川沖、そして東海と連鎖の可能性 2011年09月29日 11:30t 東海アマ 東海アマは、久々、 東北大震災以来の大警報! もの凄い前兆だ。 規模の桁が違う。 今すぐ香取が収束しても茨城沖M7級、たぶん8クラス。 大津波が襲ってくるだろう。 数日中に発生の可能性。 まだ直前タイミングが見えない.

次の