大 戸屋 買収。 会社の買収とは

「大戸屋」はなぜ「やよい軒」に勝てないのか?

大 戸屋 買収

千本木啓文 [記者] せんぼんぎ・ひろぶみ/農業の業界紙を経て、14年より週刊ダイヤモンド記者。 機械・重工業界、鉄鋼業界を担当した後、現在は電機業界を担当。 防衛、エネルギー、IoTなどを重点テーマに据えている。 前職での経験を活かし農業特集にも取り組んでいる。 主な担当特集は「」「」「」。 休暇はアウトドア、山登り。 電機・自動車の解毒 電機・自動車業界に異次元のコロナ危機が直撃している。 日本経済を牽引してきた二大産業だが、旧来のビジネスの常識が崩れる「Withコロナ・ポストコロナ」時代に勝ちきれる保証はどこにもない。 Photo by Hideyuki Watanabe 日立製作所の東原敏昭社長がインタビューに応じ、「コロナショックで最も影響を受けるのは自動車機器事業である」との認識を示した。 また、中期経営計画の目玉である「2兆〜2. 5兆円の成長投資枠」の実行については、近い将来での大型買収の可能性は否定した。 投資を抑制させる中、日立はコロナ禍をどのように乗り越えようとしているのか。 特集の羅針盤なき経営(1)では、東原社長の経営戦略に迫る。 新型コロナウイルスが発生する前から、米中貿易摩擦やBrexit(ブレグジット。 英国のEU離脱)が起きるなど自国第一主義が強くなっていました。 コロナは、各国が自国の国益ばかりを追求していて本当にいいのかと、警鐘を鳴らしているのだと捉えています。 国同士の利害もあるでしょうが、コロナを終息させるのに世界が一致団結しようという機運が出ることを期待するし、そうしていくのがわれわれの使命ではないでしょうか。 コロナの特効薬やワクチンの開発も、世界が連携して加速する必要があります。 グローバル経済の停滞は、特効薬やワクチンができるまで、相当長く続くという認識でいます。 日本では9月末くらいまで小康状態が続くのではないか。 それ以降も12月、来年1月ぐらいまでは尾を引くでしょう。 欧州の鉄道車両工場などが稼働を停止していると思います。 サプライヤーも含めてどういう状況ですか。 サプライチェーンが分断されたということは現時点ではありません。 家電の一部の部品を中国から調達していたり、米国サルエアー(日立が2017年に1357億円で買収)が製造するコンプレッサーの部品を中国から持ってきたりしていましたが、それらは米中貿易摩擦が問題になったときに「リスク」として認識していたので手は打っていました。 最も事業に影響があるのが売上高の減少です。 工場が止まって出荷できない。 例えば自動車機器事業でいうと、完成車メーカーから3~5年先までの契約はもらっているんだけど、相手の工場が止まっているので納品できず、売り上げが立たない。 受注があるのに要請に応えられないという状況が続くのが一番つらい。 欧米や中国で、いつ工場が稼働するかに懸かっています。 最悪のケースでは、来年の3月末までこんな状態が続くこともある。 あるいは、もう少し続くかもしれない。

次の

迫る特許切れ “特効薬”はM&A―大日本住友 買収・導入を積極展開

大 戸屋 買収

大日本住友が開発するがん領域の候補薬で期待されていたのが、「ナパブカシン」だ。 胃がん、膵がん、結腸・直腸がん向けに、臨床試験(治験)の最終段階である第3相まで開発が進んでいた。 しかし、2017年6月に胃がん向けの開発に失敗した。 2019年7月には膵がん向けの治験も中止し、現在残るのは結腸・直腸がん向けのみとなった。 「膵がん向けの失敗によって、(1000億円程度を見込んでいた)ナパブカシンの2022年度の売上高は半減してしまった」(野村社長)。 ナパブカシンをがん次世代薬の柱にするという目算は外れたのだ。 【2019年10月2日15時31分追記】野村社長のコメントを上記のように修正いたします。 大日本住友の見通しに「楽観的すぎる」との声 買収するロイバント社が開発している主な新薬候補は、治験の第2相以上に進んでいるものが20強ある。 がん領域の立ち上げに苦戦し、差し迫るラツーダ特許切れの影響を最小限に抑えるための一手が、今回の買収による新薬候補の拡充だったというわけだ。 大日本住友製薬の業績を牽引してきた「ラツーダ」。 特許切れが近づいている(写真:大日本住友製薬) 中でも大日本住友が特に期待を寄せているのが、子宮筋腫や前立腺がん向けの「レルゴリクス」と過活動膀胱薬の「ビベグロン」という薬剤。 どちらも一部の適応症では治験第3相をクリアしており、2020年には発売にこぎつけられる見込みだ。 これら2製品について、野村社長は「それぞれ1000億円の売上高に届くポテンシャルを持っている」と話す。 大日本住友からラツーダの売上高が消えても、2製品があれば十分カバーできるという目算だ。 大日本住友がこうした自信を見せる一方で、「見方が楽観的すぎるのではないか」(クレディ・スイス証券の酒井文義アナリスト)と、疑問の声も上がる。

次の

大日本住友、「3200億円巨額買収」の皮算用

大 戸屋 買収

千本木啓文 [記者] せんぼんぎ・ひろぶみ/農業の業界紙を経て、14年より週刊ダイヤモンド記者。 機械・重工業界、鉄鋼業界を担当した後、現在は電機業界を担当。 防衛、エネルギー、IoTなどを重点テーマに据えている。 前職での経験を活かし農業特集にも取り組んでいる。 主な担当特集は「」「」「」。 休暇はアウトドア、山登り。 電機・自動車の解毒 電機・自動車業界に異次元のコロナ危機が直撃している。 日本経済を牽引してきた二大産業だが、旧来のビジネスの常識が崩れる「Withコロナ・ポストコロナ」時代に勝ちきれる保証はどこにもない。 Photo by Hideyuki Watanabe 日立製作所の東原敏昭社長がインタビューに応じ、「コロナショックで最も影響を受けるのは自動車機器事業である」との認識を示した。 また、中期経営計画の目玉である「2兆〜2. 5兆円の成長投資枠」の実行については、近い将来での大型買収の可能性は否定した。 投資を抑制させる中、日立はコロナ禍をどのように乗り越えようとしているのか。 特集の羅針盤なき経営(1)では、東原社長の経営戦略に迫る。 新型コロナウイルスが発生する前から、米中貿易摩擦やBrexit(ブレグジット。 英国のEU離脱)が起きるなど自国第一主義が強くなっていました。 コロナは、各国が自国の国益ばかりを追求していて本当にいいのかと、警鐘を鳴らしているのだと捉えています。 国同士の利害もあるでしょうが、コロナを終息させるのに世界が一致団結しようという機運が出ることを期待するし、そうしていくのがわれわれの使命ではないでしょうか。 コロナの特効薬やワクチンの開発も、世界が連携して加速する必要があります。 グローバル経済の停滞は、特効薬やワクチンができるまで、相当長く続くという認識でいます。 日本では9月末くらいまで小康状態が続くのではないか。 それ以降も12月、来年1月ぐらいまでは尾を引くでしょう。 欧州の鉄道車両工場などが稼働を停止していると思います。 サプライヤーも含めてどういう状況ですか。 サプライチェーンが分断されたということは現時点ではありません。 家電の一部の部品を中国から調達していたり、米国サルエアー(日立が2017年に1357億円で買収)が製造するコンプレッサーの部品を中国から持ってきたりしていましたが、それらは米中貿易摩擦が問題になったときに「リスク」として認識していたので手は打っていました。 最も事業に影響があるのが売上高の減少です。 工場が止まって出荷できない。 例えば自動車機器事業でいうと、完成車メーカーから3~5年先までの契約はもらっているんだけど、相手の工場が止まっているので納品できず、売り上げが立たない。 受注があるのに要請に応えられないという状況が続くのが一番つらい。 欧米や中国で、いつ工場が稼働するかに懸かっています。 最悪のケースでは、来年の3月末までこんな状態が続くこともある。 あるいは、もう少し続くかもしれない。

次の