もっと 敬語。 「なるべく早く」は失礼?上司に使うべき適切な敬語表現

「精一杯がんばります」を言い換えると?

もっと 敬語

気に入られていた上司に対して、正しい敬語を使う事が出来ずに嫌われてしまった、なんていう話はよく耳にします。 上司は特に部下の言葉遣いに対して厳しいものです。 逆に正しくて丁寧な敬語を話せる部下は重宝されます。 同じ仕事をしているのに敬語をしっかりと話せるか、話せないかで変わってくるものです。 こんな事で判断されているの?と思う人もいるかもしれませんが、敬語は社会人としてとても大切なのです。 「なるべく早く」という表現は不適切 例えば、上司に対して確認の返事を待っている状態だとします。 早く返答が欲しい時に「なるべく早くお返事をお願いします」と言われたらどう思いますか?少なくとも「なるべく早く」という言葉を使われたら、目上の上司は良い気分ではないでしょう。 「なるべく早く」は丁寧な言葉ではないので、上司に対して使うには不適切です。 上司に使う正しい敬語なのかを考えよう 社会に出る事によって殆どの人が敬語で苦労した経験があるのではないでしょうか。 シチュエーションによってはついつい正しい敬語が使えなくなってしまう事があります。 例えば、上司に対して確認待ちをしていた事があったとします。 早めに処理しておきたかったので、上司に「なるべく早くお願いします」と思わず口が滑ってしまう事があるでしょう。 本来であれば上司に対して「なるべく早く」というような表現は使うべきではありません。 上司が部下に対して使うのであれば何の問題もありません。 上司を立てる意識が必要 このような言葉遣いひとつが今後の仕事を左右すると言っても過言ではありません。 こんなにもったいない事はありません。 常に上司をたてるという意識で言葉を選んでいればこのような事にはならないでしょう。 正しい敬語を話すためには、上司をたてるという意識が必要です。 上司を立てる敬語を身につけよう 社会人が抱える悩みのひとつに正しい敬語が使えないという事があると思います。 あの時上司に対してもっと丁寧な敬語を使う事ができたら、今頃状況は変わっていたかもしれない。 そんな悔しい思いをしないためにも、社会に出る前に正しい敬語を使えるようになっておきたいものです。 中には特に勉強したわけではないのに、相手を立てる正しい敬語が自然に使える人がいます。 なぜでしょうか。 上司に気分良く居てほしいという気持ちが大事 上司を立てる敬語を使える人は、上司に気分よく居て欲しいという気持ちを表すことができています。 このような人は、上司に対して「なるべく早くお願いします」というような言葉は使わず「可能な限り早い対応をお願いします」という、相手に失礼のない表現を使うでしょう。 上司に対して敬語を使う際は、気分良く居て欲しいという気持ちが大事なのです。 「なるべく早く」をそのまま使わず上司を敬う敬語表現を使おう 敬語は難しいです。 ついつい上司に「なるべく早くお願いします」なんて言いたくなる時もあります。 若いうちはまだ許されるかもしれませんが、年を取った時に「なるべく早く」などという言葉を使っていては時すでに遅しです。 上司は正しい敬語を使えない部下に対し、見切りをつけてしまうでしょう。 このような状況に陥らないためにも、正しい敬語はしっかりと身につけておく必要があります。 「なるべく早く」という気持ちを伝える際は、「なるべく早く」とそのままの言葉を使わず、「可能な限り」など目上の人を立てるような表現を使いましょう。

次の

「ごもっとも」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

もっと 敬語

クライアントから、かなり難しい案件を任されました。 しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。 そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。 ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。 「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。 「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。 そこで、質問です。 謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。 皆様のアドバイスをお願いいたします。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー 昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、 形容詞や動詞には付かないとされていました。 (ただし推量の「でしょう」は例外的に許容) しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形 として認められています。 その根拠は、昭和27年4月の 国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。 -------------------------- これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし て認めているはずです。 半世紀以上も前のことです。 ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。 なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。 (ただし推量の「でしょう」は例... Q 目上の方へのメールでの文章で、以下の中に問題点はありますでしょうか? また、より良いものはありますでしょうか? 質問をし、返答をいただき、それに対する返信という状況でのことです。 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」と聞かれたので「在庫確認の件、承知いたしました。 」と返す 2 「お手数をお掛けしますが」という「お」が2連続する言い回し 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです」または「~とのことで安心しました」(何かをしてほしいわけではないので「幸いです」も違う気がしています) 5 「残念ながら~です」と言う返答に対し「~は残念ですが、致し方ありません。 」または「~は残念ですが、承知いたしました。 」と返す 6 「お手数お掛けしますが」や「承知いたしました」といった表現が短いメールの中に繰り返し出てくる 敬語がどうにも苦手なので、書いているとどれも問題がある気がしてくるのですが、何処がどう違うと分かるわけでもないので教えていただけると幸いです。 目上の方へのメールでの文章で、以下の中に問題点はありますでしょうか? また、より良いものはありますでしょうか? 質問をし、返答をいただき、それに対する返信という状況でのことです。 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」と聞かれたので「在庫確認の件、承知いたしました。 」と返す 2 「お手数をお掛けしますが」という「お」が2連続する言い回し 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです... A ベストアンサー メールでの文章の考え方は、私の経験でも人によって色々有りますので、それを承知の上で、私の意見を述べさせて頂きます。 > 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」 「在庫確認の件、承知致しました。 宜しくお願い申し上げます。 」 > 2 「お手数をお掛けしますが」 「お手数とは存じますが」 > 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 必要な事がカバーされていれば、簡潔な方が望ましいです。 > 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです」または「~とのことで安心しました」(何かをしてほしいわけではないので「幸いです」も違う気がしています) なぜこの文章が必要なのか分かりません。 > 5 「残念ながら~です」と言う返答に対し「~は残念ですが、致し方ありません。 」または「~は残念ですが、承知いたしました。 」と返す これは内容にも拠りますが、「~は残念ですが、次の機会には宜しくお願い申し上げます」 > 6 「お手数お掛けしますが」や「承知いたしました」といった表現が短いメールの中に繰り返し出てくる それでは、機械的に返事を書いているような感じを受けます。 これを避けるには、返事を箇条書き煮にした方が良いでしょう。 ------例------ 挨拶文 XXXXXの件について、下記の通りご連絡申し上げます。 1.在庫確認の件、承知致しました。 宜しくお願い申し上げます。 2.お手数では御座いますが、XXXXXについて、YYYYYをお願い申し上げます。 3.~は残念ですが、次の機会には宜しくお願い申し上げます。 以上 ------------- 相手からの返信文章の状態が分かりませんが、ビジネス文書では、丁寧ながらも簡潔に表現する事が重要です。 長々、文章を書かれては、幾ら丁寧でも、要点が把握し難くなります。 メールでの文章の考え方は、私の経験でも人によって色々有りますので、それを承知の上で、私の意見を述べさせて頂きます。 > 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」 「在庫確認の件、承知致しました。 宜しくお願い申し上げます。 」 > 2 「お手数をお掛けしますが」 「お手数とは存じますが」 > 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 必要な事がカバーされていれば、簡潔な方が望ましいです。 > 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです」... A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」...

次の

「精一杯がんばります」を言い換えると?

もっと 敬語

気に入られていた上司に対して、正しい敬語を使う事が出来ずに嫌われてしまった、なんていう話はよく耳にします。 上司は特に部下の言葉遣いに対して厳しいものです。 逆に正しくて丁寧な敬語を話せる部下は重宝されます。 同じ仕事をしているのに敬語をしっかりと話せるか、話せないかで変わってくるものです。 こんな事で判断されているの?と思う人もいるかもしれませんが、敬語は社会人としてとても大切なのです。 「なるべく早く」という表現は不適切 例えば、上司に対して確認の返事を待っている状態だとします。 早く返答が欲しい時に「なるべく早くお返事をお願いします」と言われたらどう思いますか?少なくとも「なるべく早く」という言葉を使われたら、目上の上司は良い気分ではないでしょう。 「なるべく早く」は丁寧な言葉ではないので、上司に対して使うには不適切です。 上司に使う正しい敬語なのかを考えよう 社会に出る事によって殆どの人が敬語で苦労した経験があるのではないでしょうか。 シチュエーションによってはついつい正しい敬語が使えなくなってしまう事があります。 例えば、上司に対して確認待ちをしていた事があったとします。 早めに処理しておきたかったので、上司に「なるべく早くお願いします」と思わず口が滑ってしまう事があるでしょう。 本来であれば上司に対して「なるべく早く」というような表現は使うべきではありません。 上司が部下に対して使うのであれば何の問題もありません。 上司を立てる意識が必要 このような言葉遣いひとつが今後の仕事を左右すると言っても過言ではありません。 こんなにもったいない事はありません。 常に上司をたてるという意識で言葉を選んでいればこのような事にはならないでしょう。 正しい敬語を話すためには、上司をたてるという意識が必要です。 上司を立てる敬語を身につけよう 社会人が抱える悩みのひとつに正しい敬語が使えないという事があると思います。 あの時上司に対してもっと丁寧な敬語を使う事ができたら、今頃状況は変わっていたかもしれない。 そんな悔しい思いをしないためにも、社会に出る前に正しい敬語を使えるようになっておきたいものです。 中には特に勉強したわけではないのに、相手を立てる正しい敬語が自然に使える人がいます。 なぜでしょうか。 上司に気分良く居てほしいという気持ちが大事 上司を立てる敬語を使える人は、上司に気分よく居て欲しいという気持ちを表すことができています。 このような人は、上司に対して「なるべく早くお願いします」というような言葉は使わず「可能な限り早い対応をお願いします」という、相手に失礼のない表現を使うでしょう。 上司に対して敬語を使う際は、気分良く居て欲しいという気持ちが大事なのです。 「なるべく早く」をそのまま使わず上司を敬う敬語表現を使おう 敬語は難しいです。 ついつい上司に「なるべく早くお願いします」なんて言いたくなる時もあります。 若いうちはまだ許されるかもしれませんが、年を取った時に「なるべく早く」などという言葉を使っていては時すでに遅しです。 上司は正しい敬語を使えない部下に対し、見切りをつけてしまうでしょう。 このような状況に陥らないためにも、正しい敬語はしっかりと身につけておく必要があります。 「なるべく早く」という気持ちを伝える際は、「なるべく早く」とそのままの言葉を使わず、「可能な限り」など目上の人を立てるような表現を使いましょう。

次の