簡単 スマホ au。 シニア向けスマホ徹底比較!おすすめ機種をランキング

au簡単スマホ(auらくらくスマホ)BASIO2のシニアプランと4つの料金プラン

簡単 スマホ au

年代に合わせて、携帯電話の機種や料金プランが用意されていると親切ですよね。 auでは、様々な機種や料金プランを取り扱っています。 シニア向けスマホの販売はありますが、残念ながら料金プランはありません。 ただし、シニア向けのキャンペーンは行われていますので安心してください。 今回は、シニア層にオススメの機種や料金プランをご紹介します。 *スマホやドコモなどの最新情報発信* LINEにてスマホの最新情報お届けしてます。 話題の最新スマホ情報や 特価スマホや品薄商品の在庫状況などをお届けしてます。 是非、登録してください。 iPhoneまで割引なってるなんて、滅多にありません。 どなたでも利用できるので利用しないのは勿体ないです。 是非お得に機種変更してください。 詳しくは以下記事をご覧ください。 おすすめシニア向けスマホ ディスプレイサイズが5. 5インチ以上のスマホを厳選してみました。 かんたんスマホはもちろんですが、コスパや使い勝手から総合的に判断して5つの機種を紹介します。 BASIO4 2020年2月以降に発売予定のBASIO4は、京セラ製のシニア向けスマートフォンです。 BASIOシリーズ最大の約5. 6インチ有機ELディスプレイを搭載した、シンプルで分かりやすいスマートフォンです。 操作方法を使いながら学べるアプリや、スマホのトラブルが診断できるアプリも搭載されています。 アイコンは大きくて見やすく、電話やメールのボタンも装備されているため見たい情報に早くアクセスすることができます。 シニア向けに作られているだけあって、簡単で操作しやすいです。 AQUOS sense2 かんたん BCNランキングで「AQUOS sense2 かんたん」は、iPhoneに次いで売れ行きの良い機種です。 シニア向けと言うよりかは、初心者向けにつくられたスマホです。 初めてでも分かりやすく、大きなアイコンが見やすい「AQUOSかんたんホーム」や「特大フォント」が利用出来ます。 「auかんたんガイド」アプリは、基本的な操作からスマホでやってみたいことまで楽しく学べます。 5インチの高精細IGZOディスプレイを搭載しているので、色鮮やかで美しく電池持ちも良いです。 Galaxy A20 SCV46 2019年秋冬モデルとして登場したGalaxy A20は、約5. 8インチの大画面ディスプレイを搭載しています。 画面が大きいので目も疲れにくく、1ページに表示される情報量が多いです。 3Gケータイからの乗り換えを想定したモデルで、アプリのアイコンの表示を見やすくする「かんたんモード」を搭載しています。 この機種の魅力は、なんと言っても本体価格です。 20,000円台で購入ができるため、スマホを持つことや機種変更するのに価格のハードルが高くありません。 プロセッサはExynos 7884Bを搭載し、インターネットで調べ物をしたり動画をみたりと通常遣いには十分過ぎる機種です。 AQUOS sense3 SHV45 かんたんなスマホとして販売はされていませんが、AQUOS senseシリーズは販売台数が多く人気の機種です。 AQUOS sense3は、省エネIGZOディスプレイと4,000mAhの大容量バッテリーが搭載されているのが特徴です。 価格が30,000円台と安く、ボディも大人っぽく性能も期待ができます。 かんたんスマホは持ちたくないけど、高い機種は要らないと考えているシニアの方にもぴったりです。 老若男女問わず持っている人が多く、カラーも美しいので検討してみてください。 HUAWEI P30 lite Premium HWV33 シニアの方だと海外メーカーにネガティヴなイメージがある方が多いですが、HUAWEIは価格も安く性能も良いため若い世代にも人気があります。 30,000円台にもかかわらず、トリプルカメラや128GBの大容量内臓メモリが搭載されています。 カメラの性能は、エントリーモデルやミドルレンジモデルの中でもズバ抜けて良いでしょう。 ベゼルレスなディスプレイも高級感を感じます。 スマホではカメラ性能を重視するという方にオススメの機種です。 シニア向けおすすめ料金プラン 2018年1月までは、「シニアプラン」という満55歳以上の方が加入できるプランがありました。 現在ではauの料金プランは年齢問わず同じ内容で、使い方によって契約する料金プランが違います。 auは現在6つのスマホの料金プラン提供していますが、その中でお勧めできるシニア向けプランは「新auピタットプランN」と「auフラットプラン7プラスN」です。 2つの料金プランに共通して言えるのは、基本料金が安いと言うことです。 「新auピタットプランN」は、インターネットを使用するデータ通信量に応じて、自動的に定額料が3段階で変動するプランです。 使った月は料金が高く、使わなかった月は料金が安いです。 新auピタットプランNは、初めてスマホを持つ方は通信量が1番上のバーまで行ってしまう可能性が高いです。 理由は、初めてのスマホなので様々なことを試してみたくなり通信量が増えていくからです。 シニア世代の自宅にはWi-Fi環境が整っていない可能性が高く、その状態でビデオ通話をしたり動画を閲覧したりするとどんどん通信量が上がっていきます。 すでにスマホユーザーであれば心配ないかもしれませんが、使い方を間違えてしまうと料金が少し高くなってしまうので気をつけましょう。 デジラアプリを使って通信量を確認しながら利用すれば、全く問題ないので安くおさめたい方にはオススメです。 現在3Gケータイを利用中の方が新auピタットプランNを契約すると、1年間安く持てるキャンペーンが開催されています。 少しでも安くしたいということであれば、キャンペーンを活用することをお勧めします。 「auフラットプラン7プラスN」は、月間データ容量が7GB利用ができるプランです。 さらにTwitterやInstagram、Facebookのような対象のSNSを利用した場合、データは消費しない仕組みとなっています。 「家族割プラス 3人以上 」「2年契約N」「auスマートバリュー」を適用すれば、3,480円と一定の料金で利用ができるため安心です。 通信量7GB以上使ってしまった時は、速度制限がかかるだけで料金は課金されません。 さらに7GBとたっぷり通信量を利用ができるので、スマホで様々なことを楽しむことができます。 新auピタットプランNのように毎月の料金の変動が困ると言う方は、auフラットプラン7プラスNを契約した方が良いでしょう。 その他にも料金プランはありますが、大容量データ通信のプランで、毎月のインターネット利用量がとても多いユーザー向けのものとなります。 そのため、今回は上記2つの料金プランを紹介させていただきました。 電話かけ放題がこの価格で利用できるため、大変お得です。 メールでやりとりをするよりも、直接電話をかけた方が良いと言うお客さまが多いのでしょう。 当てはまる方は、このキャンペーンを是非活用してほしいです。 家族割グループ内の相手以外に電話をすると、30秒ごとに20円の通話料が別途かかってきます。 そんなときにおすすめなのが、通話オプションです。 電話をよくかける方にオススメなオプションは、2種類から選択できます。 1つ目は、「通話定額ライト」です。 5分を超えてしまった分については30秒ごとに20円かかります。 長電話はしないけど、ちょこちょこと短い電話をかける方にお勧めです。 2つ目は、「通話定額」です。 仕事で電話を使うことや、長電話が多い方にオススメです。 割引サービスをフル活用する 毎月の利用料金を少しでも安くするために活用した方が良い割引サービスがあります。 それは「家族割プラス」と「auスマートバリュー」です。 「家族割プラス」は、対象プランに加入している同居家族の人数に応じて月々のスマホ料金を割り引くサービスです。 50歳以上の家族が離れて暮らしている場合、auスマートバリューに加入中の家族と同一家族割グループであれば適用になります。 次に、「auスマートバリュー」は、自宅の固定通信サービス ネットと電話 とau携帯電話をセットで利用していると携帯電話料金が安くなるサービスです。 固定通信サービス契約者の住所と名字がauの契約と同一であれば、家族の人数分auスマートバリューが申し込みできます。 50歳以上の家族は、別住所に住んでいる場合でもauスマートバリューに加入できます。 家族が同じ携帯電話会社で契約することで、様々な割引を受けることができます。 一人一人キャリアが違うのは今の時代とてももったいないことです。 キャンペーン auでは、様々なキャンペーンを開催しています。 少しでもお得に機種変更できるように、知っておいて下さいね! 初スマホ割 4G LTEケータイ au 4G LTEケータイ 16ヶ月以上 から対象スマートフォンに機種変更すると、機種代金から最大22,000円 税込 割引されます。 初スマホ割 3G au 3Gケータイ・3Gスマホ 16ヶ月以上利用 から対象スマートフォンへ機種変更すると、機種代金から最大38,500円 税込 割引されます。 通話料が安くなるキャンペーンなので、初めての方は得です。 auで機種変更するなら auでもっと簡単に、そしておとくに機種変更する方法をご紹介しましょう。 この方法を使えば、何も持っていく必要はなく、スマホ1台で機種変更が終了します。 それはauオンラインショップを使います。 au Online Shopでは、アクセサリーの購入などはもちろん、機種変更や新規契約もできちゃいます。 au Online Shopを使うと時間的にも経済的にもお得です。 簡単にご説明しましょう! au Online Shopを使う時間的メリット au Online Shopは名前の通りインターネットショップです。 ですので、インターネットにつながりさえすれば日本全国24時間利用可能です。 と、いう事はauショップなどに行く時間が節約できるんです。 また店舗で機種変更すると待ち時間は2,3時間あって、 手続きに2時間程度かかったりしますよね? au Online Shopならわずか30分で手続き完了です。 とても簡単に機種変更する事ができちゃいます。 まずはそんな時間的なメリットがあります。 au Online Shopを使う経済的メリット auショップや家電量販店では頭金という名の販売手数料を取られているって知ってますか? こんなのです。 頭金の金額は店舗にもよりますが3000~10000円程度です。 またauショップによっては頭金を安くする代わりに 有料や無料のオプションをつけてくることがあります。 「このアプリを1か月使ってくれたら頭金安くしますよ~」 なんて大抵は言ってます。 auオンラインショップではそのような面倒なオプションもありません。 頭金が無料になることによって 金銭的に3000~10000円ほどお得です。 ただはじめてau Online Shopを使う時や 機種変更する時って色々と心配事がありますよね? 解決方法を次でご紹介しましょう。 au Online Shopを使う心配の改善点 au Online Shopを使う時に心配なのは 色々と相談できない事ではないでしょうか? その相談事も2つに別れるかと思います。 まずは購入前、事前相談というものです。 「自分に合ったスマホが分からない」 「料金プランについて相談したい」 といったものです。 この解決方法は2つあります。 1つ目はちょい手間ですが、auショップ、もしくは家電量販店に行き 事前に相談しちゃいます。 自分の希望するスマホの使い方や今の料金を元にした 自分に適切なプランを教えてくれます。 みんな親切に教えてくれますよ。 ただ、これだたと結局店舗へ足を運ぶ手間が出てきてしまいますよね。 ですので、今auオンラインショップでは オペーレートチャットというのをやっており、オンラインショップから 色々と質問する事ができ、リアルタイムで回答を貰えます。 サイトの利用方法で分からない事なども相談できますよ。 auオンラインショップの中にこんなのがあるので、押してもらえると オペレートチャットが利用できます。 これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。 続いては購入後の相談ですね。 「スマホの初期設定が分からない」 「電話帳の移行の仕方が分からない」 といったものです。 これは非常に分かりやすい説明書が同封されてますので 問題ないです。 ただそれでも心配! 自分でやるのが怖いという人もいるでしょう。 そんな人は、auオンラインショップは受取場所を 自宅とauショップと選択できるのでauショップ受取にすれば auショップで購入したのと同じように設定して貰う事ができます。 auショップへ行くという手間は増えますが、どうしても心配なら 店舗受取を選べばいいかと思いますよ。 設定するのに手数料がとられるわけではないですし もちろんauショップで受け取ったからといって頭金がかかる事はありません。 店舗に行く手間はでますが、お安く機種変更はできます。 また一度自宅で受取り、やってみてできなかったから auショップへもっていくというのでももちろん問題ないので それについては旨くauショップを使うといいと思います。 はじめてつかう時は、難しいかなぁと心配かもしれませんが やってみると順番に入力していくだけなんでとても簡単です。 時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は au Online Shopをおすすめします。 では漫画で再度確認しましょう。 参考URL: まだ使った事がないので利用方法が知りたい! はじめてなんで不安だなぁという人は 是非一度こちらの動画をご覧ください。 au公式が公開している利用方法動画です。

次の

シニアが使いやすいスマホまとめ!初めてのスマホにおすすめの機種は?

簡単 スマホ au

auが発表した2019年夏モデルの中に、シニア向けスマホがあったのでチェックしてみます。 au「AQUOS sense2 かんたん」 出典:auHP 「AQUOS sense2 かんたん」は、シャープ製のAndroidスマートフォン。 スマホ初心者にも使いやすいように工夫されたスマホです。 ベースとなっているのは、2018年11月9日に発売された「AQUOS sense2 SHV43」。 出典:auHP これに、大きなアイコンで操作しやすいホームアプリ「AQUOSかんたんホーム」や、画面の色の視認性を高める「はっきりビュー」、「フォントサイズ(特大)」「S-Shoin一括シンプル切替」といった機能がプラスされたモデルです。 撮影モードを自動でセレクト 屋内のうす暗い場所でも明るくクッキリとした写真が撮れます。 たとえば料理や夕景なども手軽に撮影できそう。 また、ぴったりのモードを AI が自動でセレクトしてくれるので、おまかせでぴったりの色合いで撮影できます。 「AQUOS sense2 かんたん」のスペック メインカメラ:約 1,200 万画素、 サブカメラ: 約 800 万画素。 4mm。 重さは約155g。 色はブライトシルバー、ミントグリーン、クリアホワイトの3色。

次の

シニア向けスマホ徹底比較!おすすめ機種をランキング

簡単 スマホ au

携帯電話の3G回線サービス終了時期について、先日auは2022年3月末で、3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」の提供を終了すると報じています。 それに伴い3Gガラケー・スマホをはじめ、4GLTE対応機種においても「au VoLTE」に非対応の機種(2012年9月頃~2015年1月頃までに発売された機種)例えばDIGNO M (KYL22)やURBANO L03(KYY23)・Xperia Z3(SOL26)など、相当な種類の機種が使えなくなってしまうようです。 参考: しかし、「au VoLTE」非対応機種の利用者へ向けたキャンペーンなどが充実してきましたので、機種の買い換えを検討するとなれば、これをうまく活用したいところです。 特に60歳以上の方が利用している携帯電話の場合、条件しだいでは複数の特典が適用になり最安980円でスマホが持てます。 今回は新しく始まったキャンペーン「カケホ割60」をメインに特典の適用条件や注意点、それに関連したキャンペーンなどを詳しく解説します。 2019年10月以降は、こちらの記事「」も参考にしてください。 Contents• 「カケホ割60」とは 「カケホ割60」とは、60歳以上の対象者が「AQUOS sense2 かんたん」、「BASIO3」「LG it」のいずれかを選択し、「auピタットプラン カケホ 」を契約することで、利用料金が毎月1,000円割引になるキャンペーンです。 カケホとは、24時間国内通話が無料になるサービスです。 1回5分間の通話無料はスーパーカケホとなります。 簡単に説明すると「カケホ割60」が適用されることで、スーパーカケホと同じ料金で24時間国内通話が無料になるイメージですね。 ただし、番号案内サービス(104)やナビダイヤル(0570)などは有料です。 特典の内容・適用条件 適用には以下の3つ条件を満たした場合に、契約の翌月分から、毎月1,000円割引を永年適用となります。 対象者:契約者または利用者が60歳以上• 対象料金プラン:auピタットプラン(カケホ)• 対象機種:AQUOS sense2 かんたん、BASIO3、LG itのいずれかを購入 「BASIO3」 の特徴 スマホと言えばカメラ機能です。 スライドカバーを開くだけで、すぐに起動でき、レンズを保護することもできます。 また、自分の身に何かあったときには、セキュリティロックをかけていても自身の情報を医療従事者等に提示できる「救急あんしん情報」機能が使えて安心です。 スマホでできることや、便利な活用方法などを実演販売士がわかりやすく紹介する「使いこなし動画」があらかじめインストールされています。 関連記事: 「LG it」の特徴 最近にスマホにはめずらしいバッテリーの取り外しができる機種です。 電池パックが劣化し、満充電してもすぐに電池消耗が激しく、電池残量がすぐに減ってしまったり、すぐに電源が落ちてしまう場合、簡単に電池交換できます。 また、画面を2回タップするだけでスリーブ画面のON/OFFが出来たり、余計なアプリをインストールしなくてもカメラをかざすだけで、QRコード読み取り機能を自動で起動して読み取りできます。 他にも、自分のスマホで操作方法を学べる 「auかんたんガイドアプリ」をあらかじめ搭載しています。 0mm 重量 約150g 約140g 連続待受時間 約580時間 約330時間 カメラ(アウト) 1300万画素素 1300万画素 カメラ(イン) 500万画 500万画素 充電器 TypeC 共通 ACアダプタ 05 電池パック 脱着不可 脱着可 RAM 3GB 3GB ROM 32GB 32GB 画面サイズ 約5,0インチ 約5. 4GHz MSM8917 1. 4GHz 料金シミュレーション ここからは、今回の「カケホ割60」だけでなく、その他の割引も適用させた料金シミュレーションになります。 カケホ(2年契約):2,480円• ピタットプラン(~1GB未満):1,700円• LTE NET:300円• カケホ割60:-1,000円• そして、家族内で「auひかり」や対象固定通信サービス(ネット+電話)または「auスマートポート」を契約している場合、「auスマートバリュー」が適用されることで、さらに500円が永年割引になります。 auスマートバリューについての詳しい解説は、の記事をご覧ください。 上記の全ての割引を適用させることで、1年間は月額980円でスマホを利用することができます。 併用可能なその他のキャンペーン スマホ安心サポート 24時間体制の専用窓口でスマートフォンの基本的な使い方から使いこなしまで電話でサポートを受けられます。 専門スタッフが、スマートフォンを遠隔操作しながら、設定や操作方法の案内を受けたり、スマートフォンの利用方法など、電話越しに自宅で気軽に受講できるレッスンもあります。 また、通常の取扱説明書とは別に、わかりやすいスマートフォンの使い方ガイド本を1冊もらえます。 ちなみに、60歳以上の方の3Gケータイから4G LTEスマホへの購入を伴う機種変更は、会員制のサポートサービス「」が通常3か月間:3,000円が無料で利用できます。 (4ヵ月目以降は月額380円) 機種変更時の事務手数料が0ゼロ円 「CDMA 1X WIN」または、「4G LTE」サービスを契約で、最新購入機種がau VoLTE非対応のau携帯電話をご利用中の方が「4G LTE」サービスに機種変更(契約変更)された場合、機種変更の事務手数料が全額割引になります。 注意点 契約者名または利用者が60歳以上 契約者名・利用者登録のいずれかで、利用者の年齢60歳以上の確認ができないと割引が適用されませんので、不安な場合はauショップ等で確認をしましょう。 適用時期 2018年11月15日以前に契約で、既に「BASIO3」 か 「LG it」を購入・「auピタットプラン カケホ 」に加入している場合は、2019年1月31日時点の利用者年齢が60歳以上の方に対し、2019年2月1日以降の適用開始となります。 2018年11月16日以降の契約は、翌月利用分より割引適用となります。 データ通信は段階制(auピタットプラン) 通話はかけ放題で0円ですが、データ通信(ネット利用)を使う場合は注意が必要です。 Wi-Fiに接続せず単独通信で1GB以上の通信をすると段階的に請求金額が上がっていき、更に通信料金が最大4,000円まで上乗せされます。 参考: まとめ 「カケホ割60」は、契約者が60歳以上だけでなく、利用者が60歳以上であれば契約者が60歳以下でもキャンペーンの対象になります。 また、遡って以前に購入した機種・料金プランが適用条件を満たしている場合、2019年1月31日時点で60歳になっていれば、2月請求分から、割引が適用される予定ですので要チェックです。 また、多くの機種に購入サポートで大幅に値引きが入ったりと、好条件が揃っていますので、機種検討のチャンスです。 au:.

次の