ヒッチ コック 劇場。 ヒッチコック劇場

バッティングにおけるヒッチとコックの役割!誰も教えてくれない飛距離アップの秘訣とは?

ヒッチ コック 劇場

『 ヒッチコック劇場』(ヒッチコックげきじょう)は、が原作・プロデュースしたドラマを放送していたのである。 概要 [ ] 1955年にアメリカCBSで30分のミステリー番組『 アルフレッド・ヒッチコック・プレゼンツ』(: Alfred Hitchcock Presents)がスタートした。 ヒッチコック自ら(解説)と一部作品の監督を手がけた。 30分枠での放送は1962年に一旦終了したが、同年から1時間枠に拡大した『 ザ・アルフレッド・ヒッチコック・アワー』(: The Alfred Hitchcock Hour)として放送され、最終シーズンのみ放送局をNBCに移して1965年まで続いた。 それから20年後の1985年には、『アルフレッド・ヒッチコック・プレゼンツ』のリメイクバージョンが制作された。 これは、既に故人となっていたヒッチコックの解説部分にによるカラー処理を施したもので、ヒッチコックの作品を忠実に再現していた。 日本での放送 [ ] 本作は、でも繰り返し放送された。 翻訳はが、ヒッチコックの吹き替えは・が担当した。 以下に挙げるのは、日本版のタイトルおよびそれらの放送時間である。 ニッカ ヒッチコック劇場(第1期、)• 火曜 20:30 - 21:00 (1957年06月25日 - 1957年09月03日)関西地方ではよみうりテレビ開局まで大阪テレビが6日遅れの月曜22:20 - 22:50枠で放送していた。 火曜 21:15 - 21:45 (1957年09月10日 - 1959年06月16日)• ニッカ ヒッチコック劇場(第2期、日本テレビ) - 第2期の初期まではの一社提供で放送。 木曜 20:00 - 20:30 (1960年12月22日 - 1961年04月27日)• 土曜 21:15 - 21:45 (1961年05月06日 - 1962年04月14日、04月21日は土曜22:00 - 22:30)• ヒッチコック劇場(日本テレビ) - 中期からは市川産業(後の、現:)の一社提供となり、番組タイトルから社名が外れた。 水曜 22:30 - 23:00 (1962年05月02日 - 1962年09月26日)• 木曜 23:00 - 23:30 (1962年10月04日 - 1962年12月27日) 日本テレビ社史『テレビ夢50年』付属DVD-ROM、朝日新聞縮刷版より• ヒッチコック・サスペンス(関西テレビ)• 金曜 20:00 - 21:00 (1963年06月21日 - 1964年02月28日。 第1シーズン32話を放送、1964年01月31日以降は再放送)• 新・ヒッチコックシリーズ(フジテレビ)• 水曜 21:45 - 22:45 (1965年01月06日 - 1965年09月29日。 第2シーズン32話を放送。 1965年08月25日以降は再放送。 07月28日はプロボクシング中継のため休止)• カラーリメイク版を放送。 水曜 22:00 - 22:30 (1986年10月01日 - 1987年03月25日)• 新作ヒッチコック劇場(テレビ東京)• 月曜 22:30 - 23:00 (1988年07月18日 - 1988年09月26日) 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語) 系列 火曜 21:15 - 21:45 前番組 番組名 次番組.

次の

映画ありき 〜クラシック映画に魅せられて〜

ヒッチ コック 劇場

トップの位置が下がり、アッパースイングになる• 足でタイミングを取らず、手でタイミングを取っているので確実性に欠ける• 体からグリップが離れることにより、ドアスイングになる 一見するともっともらしく感じられますが、果たして本当でしょうか? ヒッチ否定派の考え方は間違い ここでヒッチ否定派の考え方の間違いを説明します。 アッパースイングの是非はともかく、ヒッチをしたからといって 必ずしもトップの位置が下がる訳ではありません。 なぜならヒッチの有無など関係なく、トップの位置などいくらでも変えることができるからです。 ヒッチをしたことによってトップを作るのが遅れ、結果的にトップの位置が下がったとすれば、それは始動が遅いことが原因です。 すなわち、 ヒッチ=アッパースイングという考え方は短絡的過ぎるのです。 しかしヒッチしているからと言って、必ずしも手だけでタイミングを取っているとは限りません。 なぜなら、 足でタイミングを取りながら、ヒッチをすることが可能だからです。 そして、ヒッチ否定派が最も懸念していることが 身体からグリップから離れることにより、ドアスイングになる です。 逆に言うと、この懸念を払拭すれば、ヒッチを否定する理由が消え去ります。 実は、この懸念はあるテクニックを使えば簡単に払拭できるのです! このテクニックはスイングスピードを速くする効果があり、飛距離アップの秘訣にもなっているのです。 ヒッチの役割とメリット ヒッチ否定派の懸念を払拭するテクニックを解説する前に、 ヒッチの役割とメリットを説明します。 ここでハッキリ言いいますが、バッティングにおけるヒッチには合理的なメリットがあり、やってはいけない動作ではありません! ヒッチの役割は、主に以下の2点です。 < ヒッチの役割 > ・肩の力を抜きやすい ・深いトップを作りやすい この2点が上手くできない人にとって、ヒッチは最大のメリットになるでしょう。 肩の力を抜きやすい 野球に限らず、スポーツ選手が技量を高める過程において、力の抜き方を覚えることは非常に大切です。 肩の力が抜けないために実力が発揮できず、悔しい思いをした経験を持つ人は多いと思いますが、力が入らないために実力を発揮できなかった人など聞いたことありませんしね。 肩の力を抜く(リラックスする)効果的なテクニックは、 胸の空気を吐き出し、丹田に力を入れることです。 このとき、手を下げた方が肩の力の力を抜きやすいです。 例えば、目をつぶってリラックスしてみて下さい。 立っていても、座っていても構いませんが、手を下げたほうが肩の力が抜けるでしょ? すなわち、グリップを下げる動作であるヒッチは、 肩の力を抜きやすい動きなのです! 参考記事 深いトップを作りやすい ヒッチをした後にトップを作ろうとすると、グリップの位置が遠回りしますから、トップを作る時間が長くかかってしまいます。 これは悪いことに感じるかもしれませんが、大きなメリットがあるのです。 そもそも、溜めの無い悪いスイングとは、ステップした投手寄りの足(右打者の左足、左打者の右足)が地面に着地すると同時にグリップを抜いてしまうスイングです(図1参照)。 図1 溜めの無い悪いスイング これは体の捻りが浅く、トップが浅いことが原因です。 それはトップを作ったとき、捕手側の手(右打者なら右手、左打者なら左手)を 『コック』させることです。 たったこれだけです! コックとは? コックとは図2ように、親指の背面の方へ手を曲げることです。 また反対に、コックした手を解いて手刀の方へ曲げる動きをアンコックと言います。 その結果、 慣性モーメントが小さくなり、スイングスピードが速くなるのです。 図3 コックした場合 < 慣性モーメント > 「回転しにくさ」の程度を示す量のこと。 慣性モーメントは回転半径が大きいほど大きくなり、逆に回転半径が小さくなるほど小さくなる性質を持つ。 深いトップを作った状態でも、手をコックさせれば回転半径を最小限に抑えること(小さくなる)ができ、物理的に慣性モーメーンが小さくなります。 その結果、回転しやすい状態になりますので、必然的にスイングスピードが速くなり、強い打球を打つことが可能になります。 コックをするとインサイドアウトスイングになる 図4 コックした場合(上から) 図4はコックを取り入れたスイングを上から見た図です。 コックを維持しながらスイングすると、バットのヘッドを残すことができ、自然と インサイドアウトスイングになります。 すなわち、バットのヘッドが遠回りすることなく、 ドアスイングを未然に防止することができるのです。 そうすると回転半径が大きくなり、慣性モーメントが大きくなります。 図5 コックしない場合 ドアスイングになる 図6 コックしない場合(上から) 図6はコックしないスイングを上から見た図です。 コックせずスイングすると、バットのヘッドが遠回りしてしまい、 ドアスイングになってしまいます。 さらに、慣性モーメントが大きいため回転し難く、腕や手を使って強引にバットを振りがちになってしまいます。 このようにコックを使わないことは、 打者にとってデメリットだらけなのです。 Advertisement コックを知らないと、浅いトップが正しいと錯覚する! 図5、図6のように、コックをせず深いトップを作ってしまうと、いとも簡単にドアスイングになってしまいます。 コックを用いれば簡単に解決できることは先ほど解説した通りです。 しかし、コックの存在を知らない場合、おかしな方法で解決しようと考えてしまうので注意が必要です。 浅いトップを作ってしまうと、慣性モーメントを小さくすることができますが、図1のような 溜めの無い悪いスイングになるのです。 浅いトップを作るとグリップが体の近くにありますので、打者がフォワードスイングに移行し、左肩(右打者の場合)を開くと同時にバットを振り出すことになるからです(図7参照)。 図7 浅いトップの弊害 図7を見てもらえれば分かる通り、両肩を結んだ線とバットの角度に注目すると、平行になっていますよね。 ちょうど一枚のドアに収まるような形に見えることから、これも立派な ドアスイングなのです。 参考記事 ヒッチを否定する人の多くは、コックという動作を理解していないため、 ヒッチ=深いトップ=ドアスイングと誤解してしまいます。 そして、ドアスイングを避けるために浅いトップを推奨しますが、結果的にドアスイングになってしまう・・・という皮肉な運命が待っているのです。 この浅いトップを『コンパクトなスイング』と勘違いしている指導者は案外多いのですが、間違っていますから注意して下さいね。 まとめ この記事では、ヒッチとコックについて解説しました。 ヒッチは 『 肩の力を抜きやすくする』『 深いトップを作りやすくする』という役割があり、これらが上手くできない人にとって、最大のメリットになります。 コックは 慣性モーメントを小さくし、スイングスピードを加速させるメリットがあります。 そしてコックは、ヒッチをやる・やらないに関わらず、打者が絶対に導入すべき動作なのです。 打球の飛距離アップの秘訣として、ヒッチとコックは効果絶大ですので、一度試してみることをおススメいたします。 これまでの野球人生で成功したこと、失敗したこと、そして学んだこと・感じたことなどをお伝えし、多くの人が楽しい野球ライフを送るきっかけになって欲しいと思い、記事を書いています。 関連する記事• 2018. 03 右打者における右腕は意識して使う必要があります。 ポイントは「右肘の抜き」ですが、右手をアンコックすれば簡単にできるのです!この記事では、そのやり方を解[…]• 2018. 18 インパクトの瞬間に押し込め!と言われますが、物理的に不可能だと知っていましたか?この記事では不可能な理由を物理的に解説します。 […]• 2018. 30 この記事ではバックスイングでの軸足の使い方について詳しく説明しています。 やるべきことはたった1つで誰でも簡単にでき、さらにいくつもの悪いスイングを防止[…]• 2018. 25 好打者ほど「バッティングの間」があり、上手くタイミングを取ることができます。 この記事では、「タイミングの間」の正体やタイミングを上手く取れるようになる[…]• 2019. 19 打者にとって選球眼はとても大事な能力であり、これを鍛える必要があります。 この記事では、選球眼の鍛え方やボールの軌道をイメージするコツを解説します。 […]• 2019. 29 打席に入ると緊張して、思うようなバッティングが出来ない経験はありませんか?この記事では、打席で緊張を和らげる方法を解説します。 […]• 2018. 24 インパクトの衝撃は非常に大きな力ですが、その衝撃に打ち勝つバッティングができれば、力強い打球が打てるようになります。 この記事では、インパクトの衝撃に負[…]• 2018. 26 ドアスイングは悪いスイングの代表格です。 この記事では、ドアスイングを掘り下げて説明した上で、ドアスイングを矯正するためのインサイドアウトスイングのやり[…]• 2018. 29 理屈に合わない「非合理」な悪いバッティング理論をご紹介します。 バッティングが苦手な人必見です。 […]• 2018. 10 なぜ「バッティングの基本はセンター返し」と言われるのか?その理由を知っていますか?この記事では「バッティングの基本はセンター返し」の理由を物理的に解説[…].

次の

全50作品。アルフレッド・ヒッチコック監督が制作した映画ランキング

ヒッチ コック 劇場

BS で「」の放映がはじまったことは前に書いた。 すでに十数話ほどが放映されている。 最初は、1955年から1962年にかけて白黒で撮られた「」の数編が放映されていたが、いま放映されているのは、の死後、80年代になってカラーでリメイクされたいわゆる「新・」のほうだ。 こちらも、プロローグとエピローグにが登場して、毎回ミトをやるのだが、これはカラーで撮られている本編にあわせて、「」の白黒フィルムをカラーで着色したものである。 ふつうの美的感覚の持ち主なら、プロローグとエピローグのところだけが妙に画質が悪いことに気づいただろう( BS の放送では、両方とも「」となっていて、区別されていないが、わたしは「」と「新・」を区別して書く)。 いまのところ、が監督した作品は放映されていない。 すでに書いたように、いま放映されているのは、が死んだあとで撮られた作品ばかりなので、これからも監督作が登場することはないだろう。 しかし、が監督した「」の作品は、前にも紹介した「」の に収められているから、そちらで簡単に見ることができる。 問題は、それ以外にも貴重な作品が結構あるということだ。 だから、逆に言うと、監督作品以外を中心に集めた今回の放映は貴重だということだ。 わたしは、の監督した「」 60)と「A Crime for Mothers」 61)が見られるのを期待していたのだが、この2編は「」のほうにはいっているので、もう放映は望めそうにない。 しかし、いま放映されている「新・」のほうにもまだまだ掘り出し物がありそうだ。 先日オンエアされた「The Jar」という作品は、最初、ナチの時代を描くモノクロ画面ではじまったので、おやと思って、いつになく注意して見始めた。 キャストにポール・バーテルの名前が見えたので、ほおー、と思う。 「原作」のクレジットにふむふむとうなずく。 そして、最後に、「監督」と出たときは、オーと思ってしまった。 が「新・」の監督をしていたとは知らなかった。 これは、得体の知れない物体のはいったガラス瓶が、不思議な力で周りの人々を虜にしてゆく様を描いたファンタスティックな作品で、まだ一目でわかるというほどの個性は発揮されていないが、色彩の使い方などにらしさはすでに見え隠れしていた。 ポール・バーテルがシニカルな美術批評家の役でいい味を出している。 門下の監督たちは基本的にみんな芸達者なのだ。 この日放送されたもう一つの作品「Man from the South」は、スティーヴ・デ・ジャーナットという主にテレビ専門で撮っていた二流監督の作品だが、原作はの中でも一、二を争う短編である。 よほどのへまでもしない限り、面白くならないわけがない。 しかも、キャストがすごい。 賭に取り憑かれた狂気の男を演じているのが、なのだ。 常軌を逸したゲームに、子供のように一喜一憂する演技が鬼気迫る。 彼に乗せられて賭をしてしまう若者の恋人役にが出演しているのだが、彼女の実の母親のティッピ・ヘドレンがウェイトレス役で母娘競演を披露しているだけでなく、最後の最後には、がショッキングな登場をして、作品を締めくくるわけだから、往年の2大女優の競演にもなっているというサーヴィスぶりだ。 いいものを見させてもらった。 (「新・」には、他にもが監督した作品などもあるようである。 ) (「Man from the South」の原作の翻訳は、などに収録されている。 ) pop1280.

次の