ハリー メーガン。 メーガン妃嫌われる理由は?下品と言われた過去の失態!

メーガン妃は既にカナダにお戻り・・・・

ハリー メーガン

メーガンマークルにとって、結婚した至福は次々と王室の悪夢に遭遇しました。 ハリー王子の重要な他者として、メーガンは人に知られているすべてのタブロイド紙の飼料になりました。 そして、プレスが「あなたの人生を破壊するだろう」と彼女に警告された間、公爵夫人はITVのトム・ブラッドビーに、「イギリスの硬い上唇の感性」でさえ、そのような過酷な攻撃による苦痛から彼女を守るには不十分であると言いました。 「これが簡単だとは思っていませんでした」とメーガンはブラッドビーの2019 ITVドキュメンタリーで説明しました ハリーとメーガン:アフリカの旅 (経由 人)、「しかし、それは公平だと思いました、そしてそれは和解するのが本当に難しい部分です。 」 エリザベス女王は、ハリー王子と結婚した直後にメーガンをひだに入れようとしましたが、彼女とメーガンは、結婚式から1か月も経たないうちに初めての一人旅に出かけました。 池を渡る生命。 メガンは、自分の家族生活についての噂や自分の家族のメンバーが彼女に反対して発言するかどうかにかかわらず、絶えず自分自身をマスコミの解剖の対象にしていた。 人々は彼女の妊娠中および他のさまざまな理由で彼女を批判しました。 今後発行される2冊の本は、舞台裏で実際に起こっていることをさらに明らかにすることを約束しています。 メーガンマークルの感情的なITVインタビューに触発された新しい伝記の中で、著名な伝記作家ショーンスミスは、「王室の最もカリスマ的なメンバー」がなぜ「動揺」したのかについて新たな光を当てたいと望んでいます( 毎日のメール)。 もちろん、メーガンはタブロイド紙と報道機関からの攻撃が単に多すぎることを明らかにしました、しかし、この本はそれがさらに深くなりそして「パンチを引っ張らない」といじります。 あたり 毎日のメール、本はMeghanを「世界で最も話題にされ、不当に軽蔑され、不実に伝えられた女性」と説明しています。 それでも、メディアがペアの離脱についてメーガンを非難し続けている間、ハリー王子は母国のイングランドをアメリカに向けて残すという彼らの決定の背後にある真の首謀者だったのかもしれません。 ハリー王子とメーガンマークルが王室の職務を辞任する決定は「メグジット」と呼ばれていますが、インサイダーはこのニックネームが「王室から離れる決断はメーガンのものだった」という印象を与えるため、ハリー王子を怒らせたと主張しています。 ロイヤルウォッチャーが別の本のリリースを待つので 自由を見つける:ハリーとメーガンと現代の王室の形成、のソース 太陽 この本(2020年8月に公開予定)はMarkleを永久に免除すると主張しています。 実際、王室を離れることは彼女の考えすらありませんでした。 「メグジットの種は彼らが結婚する前に蒔かれた。 真実はハリーが長い間深く不幸であったことだ」とインサイダーは言った。 「彼とメーガンは、彼らが結婚するずっと前に別の方向に行くことを公然と話し合った。 」メーガンは発表後に「操作的」であると見なされましたが、母親のダイアナ妃と同じ運命から成長している家族を保護したかったのはハリー王子です。 「時々、正しい決定が必ずしも簡単なものではない」とハリー王子は述べた( 6ページ)。 「そして、この決定は確かに簡単なものではありませんでしたが、それは私たちの家族にとって正しい決定でした。 私の息子を守ることができる正しい決定でした。 そして私は、世界中で多くの人々を識別し、理解できる地獄があると思います。 私たちの家族を第一に考えることを尊重してください。 」これが最高の真の愛です!.

次の

イギリス王室のメーガン妃、国外追放や確執のウワサは本当なの?

ハリー メーガン

提供 移住後も何かとメディアに話題を振りまくハリー王子とメーガン妃(Getty Images) シニアロイヤルと呼ばれる英王室の高位からの離脱と自立を宣言したハリー王子(35)とメーガン妃(38)夫妻。 3月末に、カナダの邸宅からメーガン妃の故郷である米ロサンゼルスに移住したが、評判はあまりよろしくない。 一家の仮住まい先はハリウッドセレブらが住む高級住宅街にある約11億円の賃貸物件。 ハリー王子の母の故・ダイアナ元妃の親友でいまは王子夫妻と親しい英ロック歌手のエルトン・ジョンが所有する邸宅のご近所だという。 英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんがこう解説する。 「離脱によって王族への敬称であるロイヤルハイネス(殿下・妃殿下)こそ使用しないものの、ハリー王子はいまだ王位継承順位6位の王子で、ふたりはサセックス公爵夫妻の称号を持っています」 父・チャールズ皇太子からの数億円の援助もあり、ロスの街でポルシェに乗る姿も目撃されるなど、セレブ生活を満喫中の王子夫妻。 4月12日と15日に、王子夫妻は新型コロナウイルス対策のため都市封鎖中のロスで、慢性疾患を抱える患者に食事を配達するボランティア活動に参加した。 「パパラッチが、ふたりのボランティア姿をバッチリ撮影しているのが印象的でした。 さらに、配達を受けた住民には、慈善団体名ではなく『メーガンよ』とわざわざ声をかけ、メディアに大きく扱われた。 慈善団体に匿名で寄付や援助をする兄のウィリアム王子夫妻と対照的です。 せっかくの慈善活動も『売名行為』と映ってしまい、評判は良くない」(多賀さん) 「サセックス・ロイヤル」の名をビジネスに使うことは英王室から禁止された王子夫妻だが、ビジネスへの布石は順調だ。 昨年、メーガン妃はアフリカゾウの一家を追ったドキュメンタリー映画のナレーションを務めた。 映画は今月、「Disney+」でネット配信がスタート。 4月20日にはニュース番組に出演してこのドキュメンタリーについて語った。 かつて、チャールズ皇太子に、硬く高温に耐えるレアメタルを指す「タングステン」というニックネームをつけられたメーガン妃。 バッシングなど、どこ吹く風のたくましさである。

次の

メーガン妃嫌われる理由は?下品と言われた過去の失態!

ハリー メーガン

ハリー王子とメーガン妃が「国外追放」? DAILY BEAST公式サイトより 英国のハリー王子とメーガン妃が、「国外追放」になるらしい。 21日の英紙「サンデー・タイムズ」電子版が先ず報じたもので、英王室関係者はサセックス公爵(ハリー王子)夫妻が出産後は国際的な任務を与えられて海外に移住する計画を立てているという。 王子の助言者たちは、英王室のロックスターのような人気者の立場を利用した任務を考案中で、恐らくはアフリカを中心に英連邦を代表してチャリティ活動などを行うことを考えているともいう。 また大衆紙「ザ・サン」電子版は、二人は南アフリカかザンビアを拠点に年に3~4ヶ月活動する予定で、この計画はエリザベス女王やチャールズ皇太子も賛成していると伝えた。 ハリー王子夫妻はアフリカでデートをしたのをきっかけに結婚したと言われており、アフリカの自然を好んでいると伝えられるので一見この計画は彼らの希望に応えるものとも思える。 兄弟の関係が疎遠に? ケンジントンパレス公式ツイッターより しかし、その背景には悩ましい英王室の事情があるらしい。 「ある意味で、兄のウィリアム王子は弟(ハリー王子)を数年間でも国外にやりたいのだ。 メーガン(妃)はできるだけ遠くに追いやりたいと考えている」 王子たちの友人の一人は「サンデー・タイムズ」紙にこう語ったという。 ハリー王子の結婚以来世間の関心が夫妻に集中してウィリアム王子夫妻の影が薄くなったこともあって、兄弟の関係が疎遠になっていると伝えられていた。 先の復活祭の礼拝集会でも、二人は話もせず顔も合わせなかったことから確執が取りざたされていた。 そこで、ハリー王子夫妻は将来王位を継承するであろうウィリアム王子夫妻への脚光を奪わないように海外へ追いやられるのではないかと言われ始めており、米国のマスコミは遠慮なく「exile(国外追放)」という表現でこのニュースを伝えている。 過去にもあった「国外追放」 実は英国王室には「国外追放」の前例がないわけではないのだ。 エリザベス女王の叔父のエドワード八世は、離婚歴のある米国人シンプソン夫人と結婚するために1937年に退位したが、その後はほとんどをフランスで過ごし実質的に「国外追放」の形で余生を過ごした。 そのエドワード八世が新婚当初過ごしていたのがロンドン郊外のウィンザー城近くにあるフロッグモア・コッティジだった。 コッティジ(小屋)と言っても一〇寝室ある邸宅だが、奇しくも今はハリー王子とメーガン妃がロンドン市内のケンジントン宮殿から出産のためにこのコッティジに移り住んでいるのだ。 歴史は繰り返すのだろうか? 【イラスト:さいとうひさし】.

次の