杉原拓海。 映画「新聞記者 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

映画「新聞記者 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

杉原拓海

何か法的な問題が生じ、自分の力ではどうしようもなくなったとき、弁護士に依頼して事件を適切に解決してもらいたい。 そのように考えて弁護士に依頼される方は多いと思います。 そして、事件の依頼を受け、迅速かつ適確に対応し、解決すれば、ご相談者様は満足されるでしょう。 確かに、事件を解決することは弁護士にとって重要な仕事です。 しかし、私はそれだけではいけないと思うのです。 法的なトラブルに巻き込まれた方は、これまで経験したことがないほどの苦しみ、悲しみを抱えていらっしゃいます。 当事務所は、このような深刻な悩みを抱えたご相談者様に対して、単に法律問題を解決するだけではなく、「幸福」になっていただきたいと考えております。 そのために、当事務所は「すべてのクライアントを幸福へ導くこと」を事務所理念として、業務に取り組んでいます。 また、所属弁護士は、すべて専門分野を持ち、かつ、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得しています。 そして、専門的知識を駆使して事件を解決するだけでなく、ご相談者様の人生設計に対するサポートも行っています。 さらに、当事務所には税理士資格を有する弁護士が在籍し、また他士業とも協力に連携しておりますので様々な領域の「トラブル」に対応可能です。 皆様の「幸福」実現は、福岡屈指のプロフェッショナル集団である当事務所にお任せください。 早期に弁護人を選任し、適切な弁護活動を行うことが必要です。 まずは、ご連絡をください。 常日頃より、クイックレスポンスを心がけております。 安心して、すべてお任せください。 弁護士は、唯一、被疑者と二人きりで自由に面会(接見)することができ、被疑者の立場で活動ができる人間です。 したがって、警察から任意に取調べを受けている方や友人や知人が逮捕されて困っている方は、一度弁護士にご相談ください。 【ご相談例】 ・自首に付き添って欲しい ・今すぐに面会にきてほしい。 身柄を釈放してもらいたい。 ・飲酒運転をしていた加害者に厳罰を求めたい。 ・家族が逮捕されたが、どうしたらいいか分からない。 ・娘が痴漢の被害に遭った。 加害者は逮捕され、示談を申し込まれているがどうすれば良いか。 ・職場や学校に知らせずに済む方法はあるか。 ・執行猶予にしてほしい。 等 【事務所のサポート体制】 ・説明が丁寧でわかりやすく、活動報告も都度行います。 ・依頼者様のご相談にじっくりと耳を傾けます。 ・着手金や報酬については、事前にお見積書をご提示し、納得いただいた上でご依頼を受けるようにしております。 柔軟に対応いたしますので、まずはご相談ください。 ご来所が難しい遠方の方については、テレビ電話を利用したご相談も可能です。 また、キッズスペースがあり、小さなお子様連れの方が相談しやすいようにしています。 ————————— 【アクセス】 小倉駅から徒歩1分.

次の

映画「新聞記者 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

杉原拓海

無人のオフィスに、匿名のファックスが送信され、吐き出されます。 〔2月20日 2:16- 千代田区 吉岡宅〕 吉岡エリカは、東都新聞の社会部の記者になって4年目です。 吉岡は日本人の父と韓国人の母親のもと、アメリカで育ちました。 アメリカのジャーナリストになれるのに、わざわざ日本で新聞記者をしています。 吉岡は自宅で、討論のテレビ番組を見つつ、情報収集をしています。 〔2月20日 2:18- 霞ヶ関 内閣情報調査室(内調)〕 杉原拓海は元外務省で、現在は内閣情報調査室、通称:内調に所属している官僚です。 杉原は内調のデスクで、吉岡と同じ番組を見ていました。 〔2月20日 2:21- 中央区 銀座〕 官僚の白岩聡が野党の女性と会うのを、公安の三好宗吾がカメラで撮影します。 三好は杉原に電話をかけて、白岩が女性と密会したことを教えます。 東都新聞社に出勤した吉岡は、各社の新聞記事の一面を見ます。 どの新聞社も同じ記事を、同じような段組みで報じています。 そんななか、元文科省の大学教育局長の白岩聡が、野党女性議員と密会していたという記事が、報じられていました。 後藤さゆりという女性ジャーナリストが、野党の辻川議員に性暴力を受けたという事件が、世間では取沙汰されています。 マスコミでは「後藤さゆりのハニートラップだ」とする意地悪な見方がありました。 吉岡は後藤さゆりの事件を取材し、記事を作成します。 しかし吉岡の記事は小さなベタ記事扱いにされました。 吉岡は不満を抱きますが、デスクの陣野にいなされます。 東都新聞の社会部に、深夜に送信された匿名ファックスのことが、話題になります。 「新設大学院大学 設置計画書」というタイトルの資料は、最初のページに、黒いサングラスをかけたヒツジのキャラクターが描かれていました。 計画書を繰ると、「建設設置予定地:新潟特区」「設置目的:ウイルス研究と最先端高度医療に特化された医療系大学で、トップクラス人材育成のため」と記載されています。 認可先が内閣府であるというところが、目を引きました。 官邸の肝煎りということです。 経営は民間に委託されるわけで、もしこれが本当のことならば、スクープです。 吉岡は陣野に命ぜられ、この件に関して調査を開始します。 内調の杉原は、直属の上司・多田智也に指示されて、内密に動いていました。 杉原が内調に所属してから命ぜられる仕事は、「国のため」と言いながら、実際は首をひねることばかりです。 女性ジャーナリストの後藤さゆりについて、野党議員と関係のあるチャート図を作れと、杉原は命ぜられました。 さらに、ネットカフェで「さゆりのハニートラップだ」とSNSにたくさんの書き込みをするのです。 杉原は言われたとおりにチャート図を仕上げました。 その図は、とある週刊誌にすっぱ抜かれます。 多田は杉原を呼び、叱責しますが、杉原は指示されたとおりのことをしただけでした。 杉原が自らの仕事に疑問を抱き始めたころ、懐かしい人と会います。 神崎俊尚という、北京の日本大使館時代の上司でした。 5年前のことです。 杉原は神崎と家族ぐるみの付き合いをしており、神崎の妻・伸子や娘・千佳とは顔なじみでした。 それも、5年前までのことです。 5年前、神崎は不祥事を一手に引き受けたのです。 神崎が外務省を辞してからは、杉原は会っていませんでした。

次の

新聞記者の配信が決定!動画をフルで見る方法と見れるサイトを紹介【映画】

杉原拓海

シム・ウンギョンのキャスティング 今年の連休に赤坂ACTシアターでお芝居を観たのですが、 ばたばた忙しくてなんら予習できずに見に行ったら、なんと、 シム・ウンギョンが出てきた!!! という驚きがありました。 その後、この『新聞記者』の映画のチラシを見て、 あら、シム・ウンギョンは日本の芸能事務所と契約でもしたのか??? と思っていました。 シム・ウンギョンのウィキペディアで確認したら、 もちろん、そんな事実はありませんでした。 でも・・・ 舞台で見たシム・ウンギョンの日本語は、上手とはいえ、 やはりどう見ても「非ネイティブ」なんですね。 映画『新聞記者』の主人公は日本語ネイティブですから、 大丈夫なんだろうか、と心配でした。 余計なお世話ですけれど。 映画予告編より そうしたら、ウィキペディアにキャスティングの経緯が書かれていました。 アベ政権の不正を暴露する政治映画であるため 候補に挙がった女優(宮崎あおい・満島ひかり)が出演を断ったために、 シム・ウンギョンが主人公としてキャスティングされた。 なるほど。 そのあと、おまけとして、 本人が出演希望したとしても、下手すると右翼の標的になる可能性があるので 事務所が出演させなかった可能性が高いだろう。 そういう中でもう一人の主演・杉原役を引き受けた松坂桃李の勇気は大したものだ。 たしかに。 映画予告編より キャスティング経緯に関する出典がリンクされていたので、 韓国・中央日報の芸能欄も見てみました。 シム・ウンギョンが主人公になったので、 「吉岡」のキャラクターが、当初の設定から、 新聞記者だった日本人の父親と、韓国人の母親の間に生まれた、 アメリカ育ちの人物 というように変更された。 だそうです。 これらの記事の出典はアサヒ芸能インターネット版、 検索したら日本語の情報ありました。 ですね。 韓国語ウィキペディアから、ずいぶん、遠回りしてしまいました 笑。 スポンサーリンク ざっくり感想 映画のレビューは、すでにネット上でもたくさん出ているように、 日本で政権批判の映画はめずらしい、あっぱれ、 というものにほぼ同意です。 映画で、内閣情報捜査室(内調)がツイッターを使って 情報操作をしている場面があります。 さすがにフィクションなのでしょうが、 内調の部屋で、一人が複数のアカウントを使い、 伊藤詩織さん事件で、 「誘ったくせに」「ハニートラップ」「野党の陰謀」 などと書き立てていたものです。 この映画のレビュー「まとめサイト」をみると、 アンチの感想が並んでいて、おもわず 内調か!? と笑ってしまいました。 映画で内調のボスが言っていたセリフ、 この国の民主主義は形だけでいいんだ 多くの政治家や官僚の本心なのでしょう。 よろしかったらお願いします! 自己紹介はこちら.

次の