アリバイ 会社 賃貸。 賃貸物件をお探しの方

アリバイ会社|で書類作成

アリバイ 会社 賃貸

無職ニート• フリーター• 自営業• 起業して日が浅い経営者• 水商売• アングラ系 しかし実際問題、無職やフリーターあたりは実家住みが多いとしても、水商売やアングラ系で働く人たちは立派なマンションで一人暮らしをしている人が多い。 ではどうやって審査を通しているのか?何か裏技でもあるのか? そう、裏技があるのだ。 その一つが賃貸の入居審査に利用されるアリバイ会社である。 賃貸審査用のアリバイ会社とは 賃貸審査におけるアリバイ会社とは、その名の通り、自分が一般の会社員であると偽装するためのアリバイ工作を手伝ってくれる会社だ。 実在する会社が紹介され、そこの社員であるという口裏合わせの契約をする。 そうすることで審査会社や管理会社を欺き、審査を通すというサービス(?)である。 もちろん会社名や電話番号なども借りれるので、審査会社や賃貸の管理会社に提出する書類にはそのアリバイ会社の情報を書くのだ。 何を隠そう私自身まともな会社員だったことがほとんどないため、その昔アリバイ会社を利用して賃貸を契約したことがある。 アリバイ会社を利用する方法と流れ 過去に実際アリバイ会社を利用して賃貸の契約をしたことのある私が、アリバイ会社の利用方法とその手順・流れを解説しよう。 アリバイ会社OKの不動産屋を探す まず、アリバイ会社の利用を普通に行っている不動産屋を見つけるところから始まる。 おそらくだが、誰もが知っているレベルの大手の不動産会社だと、コンプライアンスの問題からアリバイ会社OKとはいかないだろう。 また、夜の歓楽街が栄えている街の不動産屋の方が、アリバイ会社利用OKである確率が高い。 その理由は、キャバ嬢やホストなどの水商売をやっている客が多く、アリバイ会社の利用が日常的に行われているから。 私の場合は、アリバイ会社など存在すら知らない状態でたまたま訪れた街の不動産屋にアリバイ会社を推奨され、利用してしまった形だ。 アリバイ会社の利用がOKどころか、かなり早い段階で不動産屋の方から当たり前のように勧められたので、驚いた記憶がある。 「大丈夫大丈夫、この街ではアリバイ会社使うのが普通だから。 ほら、この辺は水商売の人とか多いでしょ?」 そこの店長にはこう言われ、「いやそれ詐欺だろ…w」と思ったのと同時に、妙に納得してしまった。 たしかにいくら金があってもキャバ嬢やホストや風俗嬢やチンピラがどのようにして高級マンションに住んでいるのかは謎だった。 契約料を支払い、アリバイ工作をする もちろんアリバイ会社とのやり取りは不動産屋がやってくれる。 こちらは不動産屋を通して別途アリバイ会社との契約料を支払う。 私の場合はたしか 1. 5万円ほどだっただろうか。 これが高いのか安いのかはわからん。 その後、 アリバイ会社の情報(会社名、住所、従業員数、役職や年収の設定など)と 「審査会社から電話がきたときの対応方法」を教えられる。 審査会社からの電話は簡易的で事務的なものなので、深く突っ込まれることは稀らしいが、一応いろいろと「こう聞かれたらこう答えろ」みたいなことを伝授される。 在籍証明や給与明細の発行をしてくれたりもするようだが、私の場合は特にそういったものは必要なく、審査会社から在籍確認の電話が来て教わった通りの返答をし、それ以上のことは何もなかった。 なんかすごい悪いことをしている気分になるが、そのときは審査に通らない方が困るので素直に従った。 まあ悪いことなのだが。 こうしてアングラ人間の端くれ(?)であるこの私も、無事賃貸に住むことができた。 なお、現在はその部屋にはもう住んでいない。 アリバイ会社を利用するリスク 不動産屋からは全く説明されなかったが、当然アリバイ会社の利用にはリスクがある。 アリバイ会社を利用した虚偽の申告は重大な背信行為であり 「詐欺」にあたるため、もしバレた場合、詐欺罪に問われる可能性がある。 利用した当時は不動産屋が「みんなやってるしここ(そのエリア)では当たり前ですよ~」と言ってきてポンポンと話を進められてしまったので、あまり気にしないで契約してしまったが、今思えばありゃ普通に詐欺だ。 夜の歓楽街として栄えているそのエリアでは、アリバイ会社の利用が当たり前になっていたというのは事実だろう。 不安定な底辺界やアングラ業界では、すぐに新しく家を借りないと生活ができなくなってしまうという状況が多々ある。 そんなとき入居審査がなかなか通らないと生活ができないので、アリバイ会社の利用は仕方ないということもあるだろう。 しかし万が一詐欺に問われてしまっては最悪なので、審査が通らないかもしれないからといって気軽に利用するのはやめておいた方がいい。 なるべく他の方法で家を確保するのがベター。 そして頑張って普通に審査が通るような人間を目指そう。 お互い。 引っ越しを検討中、もしくは引っ越しが決まっている方は当サイトの以下の記事も合わせて読んでほしい。

次の

悪質アリバイ会社にご用心

アリバイ 会社 賃貸

賃貸のアリバイ会社とは 賃貸の申し込み時には入居審査が行われますが、この入居審査では 「在籍確認」というものが行われます。 在籍確認とはその名の通り、申込書に記入された その会社に本人がきちんと在籍しているかどうかの確認です。 賃貸のアリバイ会社とは、実際にはその会社に勤めていなくても、さもその人がその会社に在籍しているかのように見せかけてくれるサービスです。 アリバイ会社と言われる事もありますし、 「在籍屋」とか 「偽装会社」と呼ばれることもあります。 最近では賃貸の申し込み時に使われる以外にも、例えば友人に嘘の会社名を言わなければならない時や、ママさんが保育園に子供を入園させる時の勤務先として利用される事があるようです。 本来はこのようなサービスは利用したくないものですが、どうしても賃貸で部屋を借りたいという人にとってはついアリバイ会社に依頼をしたくなってしまうのかもしれません。 アリバイ会社のサービス・確認内容は? アリバイ会社のサービス内容としては、あたかもその人が会社に在籍をしているかのように見せかける事が主なサービス内容です。 ホームページ・メール 偽装会社のホームページに本人の名前を掲載してくれたり、会社の同僚や上司を装い、本人に定期的にメールを送信してくれるようなサービスです。 アリバイ会社が用意する偽装会社は、会社名だけでなく法人登記もきちんとしてあり所在地にもその会社が存在しホームページも綺麗に仕上げてあり、連絡が入っても女性社員が丁寧な対応をしてくれたりと、本当に在籍しているかのようにカモフラしてくれる所が多いものです。 賃貸のアリバイ会社の料金・費用は? 料金はアリバイ会社によって異なります。 ですがよくあるパターンとしては「登録料」「利用料金」「オプション(書類作成など)料金」の構成になっているアリバイ会社が多いです。 それは• 安定したお仕事に就いていない人• 事故やケガをしやすい職種• 子が保育園等に入園前の母親• 夜のお仕事の人 といった人たちがよくアリバイ会社を利用します。 例えば 「無職」「フリーター」「アルバイト」「タクシー運転手」「ホスト・キャバクラ嬢」「自営業者」などが挙げられるでしょう。 入居審査では年収に対する家賃比率や、会社名などが確認されますが、賃貸で申し込みをすると言っても会社を転職することも出来ませんし、急に年収を上げることも出来ません。 そのため仕方なくアリバイ会社を利用するといった手段を取る人も中にはいます。 スポンサーリンク アリバイ会社(偽装会社)で利用できる業種・職種は? アリバイ会社では複数の偽装会社を用意している所が多いです。 数十~100以上の偽装会社を抱えている所もあり、またペーパーカンパニーだけでなく 実在していて法人登記されている会社を用意している所もあるので、不動産屋や家主は見抜けない可能性もあります。 アリバイ会社が用意する偽装会社の業種・職種は様々ですが、以下のようなものがあります。 ITサービス• 一般事務• 人材派遣• 建築設計• アパレル• 美容エステ• ネイルサロン• デザイナー など、多数の業種から選択ができるようになっています。 アリバイ会社の一例 それでは実際にどのようなアリバイ会社があるのでしょうか。 アリバイ会社と言っても数多くありますが、ここでは幾つかの会社を挙げてみます。 ABYアムロ• リマックス• クリア• プライムコール• ラポール• パスネット それぞれのサービス内容や料金も各社様々です。 金融系に強いアリバイ会社や 入居審査に強いアリバイ会社・ 保育園入園に強い会社など、それぞれに特色があります。 賃貸のアリバイ会社の利用はバレる? それでは入居審査でバレやすいアリバイ会社とはどのような会社でしょうか。 不動産屋側・家主側でもアリバイ対策を行っている会社は多いので、 架空の会社やペーパー会社では電話対応でバレてしまう事があります。 また在籍確認の電話応対があまりにも 不自然であったり、つじつまが合わない場合にも怪しまれる事はあるでしょう。 その他にもバレやすいアリバイ会社というのは 在籍会社を数件しか持たない会社が多いです。 不動産屋とアリバイ会社ではまさにイタチごっこで、1年も経過すればその会社がアリバイ会社だと判明し、その在籍会社の利用価値が無くなると、また新たな在籍会社が誕生するという流れがエンドレスに続きます。 過去にアリバイ会社だと判明済の会社を使用するとなると、やはりバレる可能性は高くなると思います。 また他にも 他の申し込み者が原因でアリバイ会社利用がバレる可能性も考えられます。 例えば自分(Aさん)が偽装会社を使用して入居審査を通過したとしても、その後に同じ偽装会社を使用した人(Bさん)が審査を通過できずに偽装会社であった事をバレた場合、 Aさんもその影響を受けてアリバイ会社を利用していた事がバレてしまう可能性もあります。 自分が審査を受かった後であっても100%安心はできないのが怖い所でもあります。 賃貸のアリバイ会社利用は違法?詐欺や契約解除は? 賃貸でアリバイ会社を利用している人というのはバレていない人も含めると、割りと数多くの利用者がいるように思います。 ですが賃貸借契約は お互いの信頼関係の上に基づく契約行為です。 まして家主側からすれば記入された情報を元に契約を決定しますので、大切な判断材料とも言えます。 その契約事において嘘をついてしまう事は違法だったり契約解除になる可能性はないのでしょうか。 結論としては勤務先に偽装会社の情報を提出したり在籍確認を利用し貸主側を騙そうとする行為は、 詐欺未遂や詐欺罪にあたる可能性があります。 賃貸契約のアリバイ偽装で逮捕までいく事は稀かと思いますが、例えば住宅購入時の住宅ローンを組む際の所得証明書の提出でアリバイ会社を利用して利用者が罪に問われたケースもあるようです。 また賃貸の契約書で「虚偽の申告をした場合は即契約解除」とあれば、貸主側は 退去を求めてくる事もあるでしょう。 実際には賃貸借契約では借主保護の色が強いので、アリバイ会社利用が信頼関係の崩壊により即刻退去となるかどうかは難しい所でもあります。 アリバイ会社の利用がバレた時に、既に新しい会社へきちんと転職が出来ていればそのまま居住し続けていられる可能性もゼロとは言えません。 ですがアリバイ会社の利用がバレると貸主と借主の関係は悪くなり、少なくとも お互いにとって良い事はありません。 虚偽の申告をして入居審査を通過したとしても、その後の生活で常にバレないかとビクビクしながら生活をするような状態であれば元も子もないので、最初からやめておきましょう。 個人的には、やはりきちんと勤め先を確定させてから虚偽の申告をすることなく胸を張って入居審査に望む事をお薦めします。 不動産屋の対応・反応は? 不動産屋としてもアリバイ会社の調査はしており、発覚すれば入居審査の段階で申込みをお断りする事が多いです。 また法人登記の有無や在籍確認はもちろんですが、怪しい時には実際に現地調査をして確認をする不動産会社もあるようです。 ですが不動産屋からの電話による在籍確認にしても、個人情報施行後は単なる在籍しているかどうかの確認に留まる事も多く、以前のように勤続年数や所属部署まで突っ込んで詳細を聞く事も難しくなっています。 またアリバイ会社のやり方がかなり手が込んでいる為、特に民間の物件の場合にはアリバイ会社であったとしても見抜くのがなかなか困難な事も多いです。 市営・都営住宅やUR賃貸等では所得面や税金面などで在籍会社だと発覚するケースが多いため、アリバイ会社も公営賃貸住宅等では在籍会社の提供を拒否する場合があります。 また一方で中には不動産屋自体がアリバイ会社と繋がっている場合もあります。 なぜ不動産屋がそのような事をするかと言うとアリバイ会社からのバックマージンがあるからです。 不動産屋だけでなく、一般の会社や個人事業主でさえも在籍確認のための会社としてパートナー契約をしている会社も中にはあり、審査をパスするとマージンを受け取れる仕組みになっているようです。 賃貸のアリバイ会社まとめ 賃貸契約におけるアリバイ会社について挙げてみました。 入居審査で会社情報などが求められる以上、自信がない人はアリバイを使い嘘をつきたくなる気持ちも全く分からない訳ではありません。 ですが契約というのはお互いの信頼の上に基づく契約行為です。 また不動産屋さんも仲介をする以上は、できるだけ申し込み・契約が成立をするように柔軟に対応をしてくれるケースも多いかと思います。 まずは素直に打ち明けて、自分の今の状況で部屋を借りられるかどうか・自分に合った物件はどのような物件かという事をじっくり相談してみる事から始めてみるのが良いかもしれませんね。 また不動産業者によっては、職種によっても入居の相談に応じてもらえる場合もありますし、また審査に通りやすい方法を教えてもらえる場合もあります。 不動産業者や不動産サイトの選び方によっては、初期費用が数万円も違うケースもあるので、特に最初の不動産屋選びは大切です。 こちらの記事でもおすすめの不動産会社についてご紹介していますので参考にしてみてください。 参考記事: 今回は「賃貸契約でアリバイ会社を利用するとバレる?」について挙げてみました。

次の

賃貸物件をお探しの方

アリバイ 会社 賃貸

アリバイ会社の利用を見破るポイント 部屋を借りようとして入居審査をされるとき、自分が現在無職であるとか、水商売などのときに不利だと感じてアリバイ会社を利用する人がいます。 このアリバイ会社というのは、そのような入居審査での弱者に対して貸主からの調査が入ったとしても大丈夫なようにアリバイを作ってくれる会社です。 しかし、この万全のように思われるアリバイ会社ですが、不動産屋から簡単に見抜かれてしまうことがあります。 このアリバイ会社がバレるか、バレないは様々な要因があるように思います。 不動産屋がアリバイ会社を利用しているかをどのように見極めるのかを見ていきたいと思います。 ネット情報でアリバイ会社利用がバレる 入居審査をするとき、特に勤務先が中小企業で一般的に調べてみないとわからない場合、会社のホームページは確認します。 確かにネット上にホームページを確認するだけでは100%見抜くことができませんが、かなり多くのヒントを与えてくれることがあります。 入居審査において審査側が触れておく情報になるということです。 きっとアリバイ会社は万全な準備でホームページ制作をしていると思いますが、常日頃から入居審査をしている人たちから見るとそれが逆に違和感になるのです。 詳しく見ていくことにします。 ホームページの存在をみる 最近ではアリバイ会社を利用していても、 会社のホームページがないというのはほとんどありません。 逆にアリバイ会社を利用していなくても勤務先のホームページがないというのはかなりマイナスだと思ってください。 実際、会社のホームページがないのは本当に稀です。 (個人事業であれば別)確かにホームページがあることが絶対的な会社の存在の意味は持ちませんが、ないのは論外です。 それは、なぜかというと 勤務先が実在するか確認根拠材料がない 管理会社や貸主が安心できない というのは短期間で入居審査をしなくてはならないので、調査の手間をかけて入居させる意味を考えてしまうからです。 管理会社はそこに意味があると思えば、さらに書類提出を求めていきますが、大抵の場合はここでNGです。 ほとんどの場合、積極的に入居させなくてもよい申込者であることが多いからなんですね。 ホームページのこだわりをみる これは、ケースバイケースですが、会社の規模と業種に応じて ホームページの質がどのようなものかを見ます。 広告業であるのに、らしからぬホームページの雰囲気はアリバイ会社であればよくあることです。 ホームページは、テンプレートを利用すれば簡単に作成できますが、あまり手を加えず形だけ整えたものになりがちなのがアリバイ会社の特徴です。 確かに、中小企業でもそのようなホームページはたくさんあります。 これもさまざまな判断要素の1つということです。 これから挙げるポイントと総合して判断するのです。 ホームページの内容をみる 会社のホームページは、業務や実績をアピールすることは当然ですし、業務内容のみで何の仕事をしているのか依頼ができない内容の場合が多いです。 従業員数や会社の社長やそこで働く人が仕事をしている雰囲気や営利を追求が見られません。 要は形だけで会社のことがホームページを見ているのにわからない。 そこには会社の活動の生気が全く感じられないのです。 アリバイ会社なのに、詳しく書いてしまって本当に仕事の依頼が来てしまったりしたら大変ですものね。 控えめな記載になるのはわかります。 ホームページなのに人が個人名が出ておらず、素材写真を使っておりあたかもうちの会社は怪しいですから社員の写真を載せられませんと言っているようです。 そのホームページに載せる写真も普通であればその会社を営業していれば自前で用意できるはずなのになぜか無料素材で調達しているのです。 一部の使用だけでなく100%素材であればかなり怪しいですよね。 会社の代表者の写真も当然なく、怪しいと思って調査している不動産屋や保証会社の目からはさらに疑われるポイントとなります。 ホームページ以外も足跡を見る 申込者の引越の理由をみる 入居審査をする不動産会社は、入居申込書を受け取ると• 勤務先へのアクセス• 現在の住所から引越しをする意味 をみるのです。 大抵の場合はつじつまが合うのですが、中にはなぜこの繁華街の近隣にあるマンションにわざわざ引越しするのかと明らかに疑問な申込に遭遇します。 アリバイ会社が指定した会社名と引越し先とのつながりが不自然であることでチェックされることが多いです。 特に水商売など特有の層が好んで居住するマンションに申込をするときにこのようなことが起こります。 必要書類の用意の良さ 何も言っていないのに源泉徴収票が出てきたりします。 その他の書類があってもその発行日が申込よりかなり前である場合、以前にもこの書類使ったということがばれてしまうことがあります。 電話対応が不自然 アリバイ会社というのは、どうしても即席で対応しがちになります。 いくつかの振り分けられた勤務先への電話をオペレーターが出ていると思われます。 キチンと仕込まれてその役割をしているのでしょう。 マニュアルが存在し、ロールプレイングをしているのでしょう。 それが逆に普通の会社にいる人からすれば違和感を感じることがあります。 電話に出るのが遅い 見たこともない申込者に問い合わせが、何の前触れもなく来るわけですから大変なことはわかりますよね。 」としか答えようがないわけです。 会社名を名乗らない そして、これも見分けやすいんですが、会社の電話であるのにもかかわらず、確認電話をすると「はい、もしもし」とでることがあるのです。 普通は会社名を名乗るはずですし、何とも違和感があるのです。 仕事をしている感じでない対応。 ダミー会社の電話係もどこまでしつけられているかわからないですが、たまにカマかけたりして遊んであげると、これまた面白いんですよね。 対応がぎこちない ただ留守番係が対応しているようなんですよね。 かかってきた人の名前を聞くとか、メッセージを残そうとするとか一切しない。 これは、日頃から色々な会社に電話をかけている人だと一発でおかしいとわかります。 お客さんとのアンマッチ お客さんと割り当てられる会社のマッチングがどうしても悪いことがあります。 入居申込書と一緒に写真付きの身分証明書を提出してもらうとわかるのですが、写真から見てどう考えてもサラリーマンの髪型でないことがあります。 キミ絶対、水商売だよねとその頭で営業の仕事できないよねという人がいるのです。 あと前に住んでいた住所見ると繁華街の近くだったり、普通サラリーマンこんなところに住まないでしょというところに住んでいたりします。 ダミー会社でもらえる給料に比べ高い部屋の家賃であったりすると水商売のことが多く、そこから疑われることもあります。 またアリバイ会社に作成してもらった書類が少し違和感があることがあります。 そういったところからばれてしまうんですね。 お客さんが未熟知 不動産屋や保証会社が本人の確認をするときにそのダミー会社のことについて質問すると即答できないことがあります。 まず、会社の住所は? 忘れてしまいました。。。。 はい、入居審査終了。 ということが多いです。 大抵2、3個質問をぶつけるとボロがでますね。 だから依頼したお客さんも本人確認の電話のためにきちんと準備しておかないと深い質問された時に不自然な反応ですぐばれます。 要注意リスト登録 不動産屋は独自で怪しい要素を積み上げていって何となくこの人ダミー会社かな。 と判断するのですが、保証会社は蓄積されたデータがあります。 申込書を見た瞬間、 これダミー会社ですねと突き返されることがあります。 また、このようなダミー会社を多用する不動産屋も保証会社ではマークされてますから、普通の審査より厳しめになる傾向があります。 ワンパターン化 ダミー会社と言えば、ITか広告って感じです。 それなりに聞こえはよくて、かといって漠然と何をしているのかわかりづらい。 これが特徴です。 様々な怪しい要素に加え、広告業ってなったらいよいよこれもしかしたら、アリバイ会社を利用しているかも?となります。 実際の訪問 いろいろ怪しいとその時点で入居審査はNGとなるんですが、それでもどちらかわからない場合があります。 せっかくのお客さんですからもしその申込を成約したいということであれば、直接見に行くことだってあります。 特に保証会社は営業で回っている社員もいますから、現場の近くにいる人に確認をさせることもあります。 実際行くと確かにそこに会社が存在するけれども聞いている業務内容ができないような事務所であったり、業務をしていないような雰囲気があります。 不動産屋が紹介するアリバイ会社がある? 不動産屋の中には、自分の管理物件でないからと言ってとにかく管理会社や保証会社をだまして入居させたもの勝ちみたいなところがあります。 大手とかはほとんどありませんが、数人でやっている客付け専門業者のようなところはよく行なっていることがあります。 入居審査のイニシアチブをとれない不動産屋は、入居審査が通らない客を紹介しても一銭の売り上げにもなりません。 彼らは完全歩合で契約件数がないとまともに生活ができないような給与体系のところもあるのです。 そういったところは、このような入居審査に通らなそうなお客さんを集客してこのようなアリバイ会社と結託しているのです。 実際、アリバイ会社の営業先というのは不動産屋であることも多いのです。 審査結果を不動産屋に伝える時、アリバイ会社使ってましたというとあまり驚いた様子ではありません。 おそらく確信犯なのでしょう。 バレると犯罪?ペナルティは? 物件を紹介してくれた不動産屋は契約後は、お客さんの面倒をみてくれるわけではありません。 もしばれたら、お客さんの責任になるわけです。 その点に注意するほうがいいです。 まずバレたら、すぐに貸主から追い出されるのかということですが、実際一旦入居した人を追い出すのは大変です。 口頭で契約違反だからといって出て行ってもらえればいいのですが、お客さんが居座られたら裁判するしかありません。 家賃を滞納しているのなら退去させられるかもしれませんが、そこまで行動を起こす大家さんは実際少ないのではないかと思います。 書類を偽造して家賃を滞納していると詐欺罪で告訴される余地はありますが、貸主と借主の信頼関係が著しく毀損するような状況にならない限り、それ相当の理由がないと嘘をついていたからだけで追い出すのは難しいかもしれません。 貸主はそのバランスをみて対応すると思います。 それまで悪質な行動をしている場合は不動産屋も本気で追い出しにかかる可能性がありますし、そのあたりは不動産屋や貸主によるところでしょう。 入居審査が甘かったところを反省しこうやって経験していくのです。 アリバイ会社利用のバレる可能性 これだけアリバイ会社が存在するわけですから、中にはバレずに入居審査に通ることもあるとは思います。 これは不動産屋の入居審査がどれだけきちんとやっているかによりますが、賃貸の入居審査はそれなりの経験を踏んだ人が行いますし、上記の点で不自然なところがどうしても出てきてしまうので見破られることが多いと思います。 きちんと時間をかけて入居審査をすれば必ずばれます。 しかし、その度合いにより中にはバレなかった例もあるでしょう。 また、一度入居審査を終えて契約すると、そのあと申込書の内容につき再調査することは基本的にはないわけですからばれる可能性は少ないと思います。 但し、お客さん自ら滞納して連絡したりしているうちにバレることもありますので、もしアリバイ会社を利用して入居審査に通ったならば家賃滞納や問題行動を起こさないように穏やかに暮らすようにしましょうね。 アリバイ会社利用は犯罪?バレたらどうなる? ハッキリ言いますとアリバイ会社を使うことは虚偽の申込内容を貸主に提出して誤認させた状態で入居審査に通過してしまおうという詐欺行為です。 ですから、絶対しないことです。 いくら不動産屋から紹介されたからと言って、お客さんが依頼した判断になりますから 安易に利用して責任を負うことになりますし、こんな方法で入居審査に通ってもドキドキしますし、ダミー会社のことを覚え続けなくてはなりません。 また、アリバイ会社を利用したことが不動産屋や家賃保証会社にばれてしまった場合は今後二度とその会社を経由した入居審査に通らないと覚悟するべきです。 特に家賃保証会社はお客さんが選べないことがおおので、ブラックになるとお部屋探しにとても不利になってしまうことがあります。 またあなた自身ももし誰かの保証人になりたいと言ってもNGになってしまう可能性があります。 キャッシングのトラブルによるブラックと違って、そのデータの保存期間が各社によってマチマチでしょうから利用するときは慎重になるほうがいいでしょう。 審査の担当者の嗅覚 毎日、入居審査をしていると入居申込書をみたら感じるものがあります。 それは、違和感です。 この違和感で全て見抜くことができるかと言えば言い切れませんが、何となく感じる違和感があれば入居審査の担当者は普通の審査より念入りに調べようという気持ちがわいてくるのです。 そこで調べを進めていくとやはりおかしなことが出てくるんですね。 ここで怪しさがある場合は、不動産屋は長期空室でない限りは審査をNGにすることが多いですね。 まずこの担当者の嗅覚にかからないことが審査を通るコツかもしれません。 この記事のまとめ ダミー会社を使うと少し考えてみてもこのくらいの不自然なことがあります。 またダミー会社や賃貸契約のみならず、ほかの用途でも使われることがあるそうですが 特に賃貸に限って言うとなかなか利用するにしてもハードルが高そうです。 ダミー会社を使って審査に落ちる人の中に、たまに正直にお話しして来れば審査に通ったかもしれないお客様もいることがあります。 例えば元々水商売OKだったり、無職であっても他の方法があったりするのです。 ですから、まず偽りのない申込をしていただき入居審査を受けることがお互いの信頼関係のためにもいいですし、途中でばれたりしたらとても気まずいのではないでしょうか? もしそれで入居審査に落ちたとしてもまた他の物件が山ほどあるわけですから、気持ちを入れ替えてお部屋探しを再開するしかありません。

次の