カフェ ハイチ 新宿。 思い出の味・新宿【ハイチカレー風】ドライカレーを作りたい!!

カフェ・ハイチ新宿二号店 閉店の報を聞き駆けつける

カフェ ハイチ 新宿

東京ドライカレーの伝統、新宿「カフェハイチ」 創業1974年。 東京を代表するドライカレーのお店として、数々のカレー屋に影響を与えてきた新宿「カフェハイチ」。 新宿西口にある本店が惜しまれつつ閉店したのが、2011年10月25日。 (上の写真は在りし日の新宿本店) その後、いくつかのFC店を除けば唯一の「直系」店舗で、以前からメインキッチンがあった「カフェハイチ2号店」が暫定的に本店機能を引き継いでいました。 (2014年「カフェハイチ」が第一回Japnese Curry Awards受賞の際も、表彰店舗はこの「2号店」) が、2016年3月末をもってその「2号店」も26年の歴史に幕。 新宿「カフェハイチ」55年の歴史は一区切りの時を迎え、FC店(や、暖簾分け)のみがその歴史を受け継いでいくのかと思われたのですが・・・ 飛び込んできた、 「カフェハイチ、中野にて復活!」の報。 早速、行って参りました。 中野駅南口から、南西方向に徒歩8分ほど。 見えてくる、小さな緑の店構え。 「カフェハイチ」(カフェハイチ中野) 2016年7月2日 復活オープン。 老舗の総本山というイメージから良い意味で脱却して、こじんまりとした個人店のたたずまい。 オープンしたてということで、まだ店内がこなれていない感もありますが、そこはこれからでしょう。 ドライカレー 700円 いわずと知れた「カフェハイチ」の代名詞。 元々はハイチの家庭のカレーをベースにアレンジしたものらしいのですが、 この水分を飛ばしたドライキーマをライスの上に敷き詰めるスタイル 、その後の「パク森」「MOKUBAZA」はじめ、一体どれだけのカレー屋に影響を与えてきたことでしょう。 現在では同じ「カフェハイチ」でもお店ごとの調理の加減によって仕上がりは微妙に異なっており、 特にカレーのドライ加減、ウェット加減でいえば、こちらのは極限まで玉ねぎの水分を飛ばした完全ドライ仕様。 (ネットに上がっている料理写真を見比べてもハッキリわかるほどの違い、です) FC各店では味わえない、本家伝承の味と言うしかない美味さであります。 独特の器も依然と同じ。 いやもう堪りませんね。 「カフェハイチ」もう一つの名物と言えばこの珈琲。 ザラメ砂糖とブランデーを加えていただくんですが、カレーと珈琲のマッチングと言う面でも「カフェハイチ」は名店なのです。 この中野の地で、本家本元「カフェハイチ」の味が受け継がれることとなった感慨。 しかし嬉しいのはそれだけでなく、新宿ではなし得なかったご店主との密接な距離感。 実に居心地が良いんです。 現在閉店時間は22時と設定されていますが、今後延長も検討中とのこと。 遅くまでやってると嬉しいタイプのお店ですから、是非ともお願いしたいところです。 中野呑みの〆に「カフェハイチ」のドライカレー、なんて最高すぎますから。 紹介しているお店はこちら! 店名:カフェハイチ 中野 住所:東京都中野区中野3-15-8 マンション増田103 TEL:03-6454-1512 営業時間:AM10:00~PM22:00.

次の

カフェ・ハイチ|新宿サブナード

カフェ ハイチ 新宿

blog. fc2. 松宏彰さんも中野店について、Twitterでつぶやいてらっしゃいますね! 「カフェハイチ、中野にて復活!」 創業1974年。 東京を代表するドライカレーのお店として、数々のカレー屋に影響を与えてきた新宿「カフェハイチ」。 新宿西口にある本店が惜しまれつつ閉店したのが、2011年10月25日。... ブランデー?! 🥃 飲めないくせにせっかくだからと数滴... gnavi. スパイスのバランスが絶妙でぎゅぎゅっと凝縮された旨味が深みを出していて、本当に美味しいです。 そして、ちょっと懐かしい味がするのもカフェハイチのドライカレーの特徴です。 パンチ系ではなく優しい味わいなので、スパイシーなのに癒されるんですよね~ 大好きなドライカレーです! スポンサーリンク 吉祥寺「カレーハウスゴッド」の雪山カレーにビックリ! ビジュアルでインパクトなのは、「カレーハウスゴッド」の チーズドライキーマカレーです。 カレーハウスゴッドは吉祥寺サンロードにある焼肉屋「炭きち」が、昼間だけカレー屋さんになるという変わったお店です。 ランチしか食べられないので、吉祥寺では 幻のカレー店と言われているそうです。 まるで雪山のようにチーズがたっぷりかかった「チーズドライキーマカレー」は一番人気です。 吉祥寺で見つけた、ランチタイム限定のカレー店「カレーハウスゴッド」。 人気メニューの「チーズドライキーマカレー」は雪山のようにこんもりとかかったすりおろしチーズが食欲をそそります。 カレーは少し辛めなので卵を崩して、ドライカレー・チーズ・ライスを一緒に食べるとマイルドな味わいになります。 カレーハウスゴッドは、「チーズドライキーマカレー」以外にも色々なカレーメニューがあります。 O15:30 定休日: 月曜日 電話:080-8809-6150 ランチタイムしかやっていないので、行く際はご注意下さいね! 美味しいのはもちろんですが、インスタ映えすること間違いなしのカレーです。 もともとはバーでしたがカレーが美味しいと評判になり、現在はランチタイムも営業しています。 キーマカレーはこだわりの国産の合い挽きと数十種類のスパイスを配合しています。 チーズキーマカレーが定番で人気です。 渋谷区の千駄ヶ谷と明治神宮前の間にあるカレー屋『MOKUBAZA』のチーズキーマカレー キーマカレーを濃厚なモッツァレラチーズで包んで更に卵黄が乗っていた。 チーズをかけていない通常のキーマカレーも美味い。 飲んだ後でも食べたくなる、体を労ってくれるような味だった。 それにしても美しいな — まつじ matsujun5213 今回のマツコの知らない世界では、ナッツカレーが紹介されていました。

次の

カフェ・ハイチ 新宿サブナード店 (Cafe HAITI)

カフェ ハイチ 新宿

Contents• 新宿本店は閉店・跡にできたのがタマル商店 「30年近くも通った大好きなハイチを乗っ取った(言いがかりw)のはどこのどいつだ!?」と、新宿西口・甲州街道沿い・ヤマダ電機(元ソフマップ)裏・プロント隣地下のタマル商店に初めて入ったのが数年前。 当時はガラガラでしたが、今は予約でもしないと「ポチさん、今日はいっぱい、ごめん〜(だいたいどこの店でも顔を覚えられる/下手すると電話の声で「ポチさん?」と言われる)」なんて言われる繁盛店になりました。 カフェ・ハイチはすぐそばに2号店もありますが、まあそれでも本店ほど頻繁に行くことは無く。 ふと「おうちで作ってみよ〜」と思い立ちました。 レシピを検索したけれどそんなものは公開されていないので、自分の舌と勘が頼りです。 割とカラッとしている。 辛さは控えめ。 けっこう甘い。 基本的にキーマカレー。 たぶん野菜が多い。 ゴロッとした具は入っていない。 後は想像です。 タマネギ1個• 鶏挽肉300g• トマト缶半分• ホールスパイス(カルダモン・粒胡椒・コリアンダー等、うちにあった物)• パウダースパイス(ターメリック・パプリカ・シナモン・ジンジャー等、うちにあった物)• 三つ葉(ジャパニーズハーブで/本来は何かのハーブ・不明)• オリーブオイル50ccぐらい• 生姜半かけ• ニンニク2かけ• ジャム小さじ山盛り2• ウェイパー少々 作り方 基本的にインドカレーです。 ホールスパイスを冷たいオリーブエイルに入れて火にかけ香りを出す。 本当は最後まで入れっぱなしだけど、食べる時に邪魔なので香りが出たら茶こしで取り出しても良し。 タマネギをみじん切りにして炒める。 鶏挽肉をほぐしながら炒める。 トマトをつぶしながら加え炒め煮にする。 基本的にずっと強火。 三つ葉をみじん切りにして加える。 ハーブは後で気づいたので、冷蔵庫にあった三つ葉で代用。 本当は何を入れたら一番かな?今後研究。 生姜とニンニクはミキサーでペーストにして加える。 ウェイパー、ジャムを加える。 塩で下味程度に入れて煮込む。 水分を飛ばしながら焦げないように20分ぐらい。 パウダースパイスを入れる。 塩味を調整。 チリペッパーで辛みを調整。 ご飯を丸く台形に盛り、上から• なるべく平たくカレーをよそう。 感想 肉多すぎ!野菜もっと入れなきゃ。 インドカレーの香りは鮮烈すぎた。 本家はもっと穏やかな香りだな? にんじんのすりおろし・セロリのみじん切りを入れるべきでした。 想像以上に野菜が必要です。 野菜3:肉2ぐらいだと思います。 今回は1:1ぐらい。 トマトはもう少し少なくて良いかもしれません。 トマトが勝って、いかにもインドカレーっぽくなってしまいました。 見た目としては、パセリも必須。 カフェ・ハイチそっくりにはならなかったけど、とても美味しかったです。 例年の反省を(やっと)活かして、大きなデイパックを背負っていきます。 ビジネスタイムから入るので、最速レポートします。

次の