横浜 市 ゴミ cd。 CDの捨て方!燃えるゴミに出していいの?(全国分別一覧つき)

燃やすごみ 横浜市

横浜 市 ゴミ cd

同じ色の品目は同じ曜日に収集されます。 各項目の詳細は画像をクリックしてください。 各項目の詳細は画像をクリックしてください。 持ち込み先 資源回収ボックス 港南資源回収センター インクカートリッジの回収 区役所・地区センターなどに設置してある、常設の資源回収拠点です。 対象:新聞、雑誌、その他の紙、紙パック、布類 新聞や古着など、家庭から出される資源物を直接持込むことのできる施設です。 対象:新聞、雑誌、段ボール、紙パック、布類、缶、びん プリンターメーカー6社のインクカートリッジを市の施設で回収しています。 センターリサイクル 古紙オープンヤード 小型家電リサイクル 各区の資源循環局事務所が実施している資源物の拠点回収です。 対象:新聞、雑誌・その他の紙 段ボール、紙パック、古布 プラスチック製容器包装など 詳細 家庭から発生する古紙を直接持込ができます。 対象:新聞、雑誌、段ボール、紙パック 区役所等に設置している専用ボックスで小型の家電製品を回収しています。 対象:紙類、布類、金属類、びん類など• カラスや猫などによる散乱防止は、 ・収集日と時間を守る ・散乱防止ネットやふた付容器を活用する ・生ごみを減らすなどが有効です。 集積場所の移動などについては、にご相談ください。 集積場所への出し方のルール• 収集日当日の朝8時までに出してください(前日の夜や、収集後には出さないでください。 横浜市では指定袋はありません。 品目ごとに半透明の袋に入れて出してください(ただし、小さな金属類、古紙、燃えないごみは、各該当ページで確認してください。

次の

横浜市のゴミの分別についてお尋ねします。MDディスクやCDは燃えるゴミ、燃え...

横浜 市 ゴミ cd

住みたい街 横浜 関東住みたい街ランキングで常にベスト3に入っている横浜市。 交通の便も大変よく、買い物するのにも大変便利な街で、街自体がおしゃれで文化と歴史もあり、自然も豊かである事から大変人気がある様です。 しかしながら、人が多く集まれば、ゴミの量も多くなるもの。 ゴミを処分する自治体も、またゴミを捨てる私達も、ごみの捨て方や処理の仕方に悩むことが多いのではないでしょうか。 特に大掃除や引っ越しなどを行った際に出てくる粗大ゴミ!! どうやって捨てたらよいかわからす、結局そのままにしてしまうことも!! それぞれの自治体が、少しでも分かりやすいように、またしっかりと分別して捨ててもらうため、インターネットなどで工夫してゴミの出し方を案内しています。 そんな中、住みたい街として人気のある横浜市は、インターネット等をうまく利用して大変わかりやすくゴミの捨て方を案内しています。 ゴミの出し方はお住まいの自治体ごとによって異なりますので、間違った捨て方をしない様にそれぞれの地域のルールを確認することが大切ではありますが、大変分かりやすい、見てみたくなるという横浜市のホームページ。 いったいどのようなゴミの分別方法を市民の方に提供しているのでしょうか。 横浜市のホームページから調べた敷布団の捨て方 横浜市のホームページでは、トップページの検索欄に「ゴミ」と入力することで、「ごみと資源の分け方・出し方」という閲覧ページを案内されます。 こちらへ移動すれば捨てたい品名を入力することで分別方法を簡単に調べる事が出来るのです。 例えば、「敷布団」を捨てたい場合は、品名欄に「敷布団」と入力し、検索ボタンを押せば、下記の様にゴミの出し方や出し方ポイントが表示されます。 品目 出し方 出し方のポイント 布団 粗大ごみ 畳んで一番長い辺が50cm未満のものは燃やすごみへ こたつ敷き 粗大ごみ 畳んで一番長い辺が50cm未満のものは燃やすごみへ 子ども用布団 燃やすごみ 畳んで一番長い辺が50cm以上のものは粗大ごみ シーツ 古布 洗濯して乾かしてから 布団カバー 古布 洗濯して乾かしてから また、カテゴリで探すこともできるので、捨てたいゴミが該当するカテゴリのイラストを押すことで、詳しい処理の仕方を知ることが出来ます。 例えば粗大ごみについて知りたい場合は、「粗大ごみ」をクリックすれば、粗大ごみの捨て方について手順が詳しく書かれています。 横浜市の場合は、粗大ごみに関しては電話などで【品物の材質や大きさ】を事前に確認し申し込みする事で、【収集日・手数料・出す場所】を教えてもらい、処分することが出来ます。 また、市内にある施設へ自分で直接持ち込むことも可能です。 持ち込む場合にも事前申し込みが必要となってきますので、注意が必要ですね。 気になるゴミ分別AI「イーオ」 横浜市資源環境環境局がホームページで公開しているチャットボット「イーオのごみ分別案内」も話題になっているようです。 LINEの様な画面に捨てたいゴミの名前を入力すると、マスコットキャラクターである「イーオ」が捨て方を教えてくれるこのサービス。 「イーオ」とは、横浜市が取り組んでいる、分別・リサイクルなどを進める計画「ヨコハマ3R夢(スリム)!」のマスコットキャラクターです。 「ヨコハマ3R夢プラン」の目標である、ゴミと資源の総排出量10%削減、ごみ処理に伴い排出される温室効果ガス50%削減のそれぞれの数字「10」の「1=イ」、「50」の「5=(五つのイ)」「0=オ」の二つの音の読み合わせから名前が付けられたとの事。 ごみ袋をもとにデザインされていて、本当にかわいい、親しみやすいキャラクターなんですが、ごみ以外の捨て方を「イーオ」に相談する人も多いのだとか!! 利用者の検索を記憶して、未登録の品物を加えつつ約2万語以上の回答をまとめて蓄積してきたそうです。 「自転車の手数料は?」などとの質問にもしっかりと粗大ごみの手数料を案内してくれるようです。 「イーオ」に「敷布団」と聞いてみると 『捨てたいものが、布団なら、捨て方は、粗大ごみだよ。 畳んで50cm未満のものは燃やすごみへ。 』と教えてくれます。 また、粗大ごみの捨て方について詳しく書かれたページも案内してくれます。 これは便利!!! 気軽に利用できることからごみ以外のものについて相談する人も!! ちなみに「旦那」と入力した場合のイーオの回答は・・・・ 『本当に︎「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」ってアルマン・サラクルーは言っていたよ。 忍耐力を鍛えてみたら、どうかな。 』 ・・・・いろいろと考えさせられますねっ。 いろいろと「イーオ」に聞いてみたくなりますが、何にせよ私たちがゴミの捨て方に関心を持って調べたり行動することは大切なことだと思います。 それぞれの地域のゴミの出し方を正しく知り、ゴミに対する関心を高める事で、少しでもゴミを減らして綺麗な地球を守っていくことを心掛けていきたいものですね。

次の

燃やすごみ 横浜市

横浜 市 ゴミ cd

横浜市パソコン廃棄方法を二つ紹介 比較的新しいパソコンなら買取もつきますが、5年以上も前のパソコンとなると買取価格もつかない場合がほとんどです。 ノートパソコンの場合は買取できる場合もありますので、まずは買取を考えてみてはどうでしょう。 横浜市にお住まいの方が家にある古いパソコンや使わなくなったパソコンを処分したり、廃棄する際の注意点や処分方法を紹介します。 パソコン廃棄処分二つの方法• とにかく無料でパソコンを廃棄・処分したい方必見! Windows7以降(7、8、10)のパソコンは全て無料回収可能です。 Windows7以降(7、8、10)のノートパソコンと一緒に梱包の場合は、古いWindows(Windows 95、98、Me、NT、2000、XP、VISTA)でパーツ欠品・破損がない物も無料回収できます。 (一部の離島を除く) パソコン廃棄無料回収方法詳細 パソコンを廃棄するための回収方法には、無料廃棄回収の場合と資源有効利用方法での回収方法があることはすでにお伝えしました。 そこで、わたし自身が実際にパソコンを廃棄した方法を、詳しく説明させていただきます。 横浜市でお金をかけずにパソコン廃棄・処分する方法 横浜市にお住まいの方が、パソコンを無料で廃棄処分する安心安全な方法です。 無料でデータも消去できて安心してパソコン廃棄・処分ができる0円処分方法で、お部屋をすっきりさせてください。 横浜市に住んでいて近くに廃棄・処分するところがなくても、インターネットで検索すると古いパソコン・使わなくなったパソコンを無料で回収して、廃棄・処分してくれる会社がありました。 横浜市からでも送料も無料という、全くお金をかけずに処分する方法です。 そして、ハードディスクのデータ消去も行ってくれて、必要ならば消去証明書も発行してくれるので安心してお任せできるでしょう。 とにかく0円で処分したい方は処分費・データ消去・送料すべて無料 【パソコン無料回収の詳細】 回収費・処分費など費用は一切かかりません!壊れている物・電源が入らない物、メーカー・機種に関係なく無料回収できます。 ノートパソコンなら古くても買取してもらえます。 Windows7以降(7、8、10)のパソコンは全て無料回収可能です。 Windows7以降(7、8、10)のノートパソコンと一緒に梱包の場合は、古いWindows(Windows 95、98、Me、NT、2000、XP、VISTA)でパーツ欠品・破損がない物も無料回収できます。 (沖縄県・離島は『送料無料便』がご利用できません。 すべて無料(0円)でパソコンの処分が出来ます。 ホームページの 回収依頼フォームより依頼すると、ご自宅(会社)まで回収に来てくれます。 パソコン無料回収の内容を読んで納得してから、お手続きをするといいと思います。 このマークが付いているパソコンの場合は廃棄の際に新たな料金がかかることはありませんが、横浜市からの送料などは自己負担となります。 パソコンメーカーはパソコンを回収リサイクルをおこなっています。 お使いのメーカーをし調べて、パソコンを処分してもらう事が可能です。 2003年10月以降に販売された家庭向けパソコンにはPCマークが付いています。 このマークの付いたパソコンは処分する際に料金はかかりません。 PCリサイクルマークがあるパソコンの廃棄費用は掛かりませんが、PCリサイクルマーク無しの場合は、リサイクル料金や送料が掛かります。 リサイクルマーク無しの場合の料金 排出されるパソコン リサイクル料金(税抜き) ノートパソコン本体 デスクトップパソコン本体 液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコン 3,000円 ブラウン管(CRT)ディスプレイ/CRT一体型パソコン 4,000円 自分でハードディスクを取り出し保管する ほとんどのメーカーは、ハードディスクを取り外した上での廃棄・回収を認めていますが、メーカーで廃棄をする場合は、ハードディスクを取り出してもいいかどうか確認はしたほうがいいと思います。 ハードディスクを取り出してもいいという場合は、パソコンからハードディスクを取り出し自分で保管しておくという方法もあります。 パソコンに詳しい方なら、取り出したハードディスクにデータが入っていれば、バックアップ用のハードディスクとしても使用できますし、再フォーマットして予備のハードディスクとして使う事も出来ます。 取り出したハードディスクを物理的に破壊する 破壊したハードディスクは、不燃物・資源ごみとして出せる場合もありますが自治体により対応が異なりますので、自治体のホームページなどで確認してください。 パソコンやディスプレイモニターは、平成15年10月から「資源有効利用促進法」によりメーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられました。 リサイクルの対象は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、液晶と本体の一体型パソコンなどですが、横浜市では不燃物・粗大ゴミとして出すことは出来ません。 PCメーカーによる回収方法 横浜市にお住まいの方が、パソコンをメーカーに回収処分してもらう方法。 横浜市での資源有効利用法によるパソコン廃棄手続き方法を紹介します。 パソコン廃棄の手続きは面倒ですが、「資源有効利用法」によりパソコンを廃棄する方法です。 郵便局でPCリサイクル料金3,000円〜4,000円と消費税そして送料を払ってでも、パソコン廃棄をしたい方はこちらをご覧ください。 PCリサイクル法に基づきパソコンメーカーが回収します。 PCリサイクルマークが付いている場合は無料です。 PCリサイクルマークが付いていないパソコン(平成15年10月以前に発売されたパソコン)は、有料になります。 データ消去は 自分で行ってください。 また自作のパソコンや日本から撤退したメーカーなども回収先が設けられています。 メーカーによる処分・回収は、指定された方法に従ってください。 所有しているパソコンのメーカーによって廃棄・処分方法は異なってきます。 メーカーごとに問い合わせ窓口が用意されていますので連絡して確認してください。 プリンターやキーボード、マウスなど周辺機器の廃棄方法 パソコン標準添付品の廃棄方法 キーボードやマウス、ケーブルなどのメーカー出荷時に同梱されていた標準添付品は、排出するパソコンと同じ梱包箱 もしくは袋 に入れてください。 標準添付品以外のものは回収対象となりませんので御注意ください。 プリンターなど周辺機器は回収対象にはなりません。 横浜市の自治体などで不燃物・粗大ゴミとして出すことも出来ますが、各自治体により対応は異なります。 の横浜市のごみの出し方ページで調べてください。 パソコンの廃棄・処分方法には、いくつかの方法がありますが、注意したいのはデータの取り扱いです。 パソコンにはハードディスクが内蔵されており、大切なデータが入っています。 パソコン廃棄処分データ消去方法 パソコンが起動しないとか初期化した場合でも、ハードディスクのデータがは完全に消えているというわけではありません。 特殊な方法を使えば読み取ることは可能らしいのです。 重要なデータなどを保存しているパソコンを処分する場合は、特にハードディスクに気を付けたほうが良いと思います。 パソコン内のデータ消去を自分で行う パソコン廃棄処分の際のデータ消去を自分で行う方法もあります。 ハードディスクを取り出すのは面倒という場合ですが、パソコンの電源が入りドライブが動作する場合なら、フリーのデータ消去ソフト、物理フォーマットツールを使用してハードディスクのデータ消去をすることが出来ます。 パソコン内のハードディスクデータ消去はメーカーに任せる ハードディスクの物理フォーマットは廃棄・処分会社・メーカーに任せることもできます。 パソコンを廃棄・処分する会社によっては、廃棄・処分とあわせてデータ消去・証明書発行までサービスで行ってくれるところもあります。 また一部のメーカーは回収してデータ消去もしてくれるところもありますので、メーカーに任せてみてはいかがでしょう。 ダンボールにパソコンを入れて送るだけ0円廃棄 Windows7以降(7、8、10)のパソコンは全て無料回収可能です。 Windows7以降(7、8、10)のノートパソコンと一緒に梱包の場合は、古いWindows(Windows 95、98、Me、NT、2000、XP、VISTA)でパーツ欠品・破損がない物も無料回収できます。 「無料0円でパソコンを廃棄・データ消去をしたい人」はこちらをご覧ください。 パソコンの廃棄・処分を無料でやってくれる会社はなぜ無料なのか? 古いパソコンや壊れたパソコン・ディスプレイなどのなかには使い道にならないものあります。 そういった中から再生可能なCPUやメモリ、グラフィックボードなどのパソコン部品を取り出して、再利用・リサイクルしようということもあると思います。 それからパソコン本体やパソコンの部品がほとんど金属で出来ているので、鉄やアルミとして再利用できるということです。 パソコンの基盤には微量ですが、レアメタル(希少金属)が使かわれています。 このように廃棄・処分されるパソコンからは金属などの他に、レアメタルも取り出され再利用されているのです。 資源の少ない日本ですから、ごみとして捨てるのではなく再利用できるものは、リサイクルしようという資源の有効利用が行われています。 パソコンの買取・下取り パソコンまたはパソコンの部品を買取や下取りに出したり、中古品としてオークションなどで販売するという方法もあります。 比較的性能が高いパソコン、珍しいパソコン(レアなパソコンや部品)などが対象になるようです。 パソコン買取のポイント 1.パソコン本体の外観の確認 製造から5年以内のパソコンなら買取できる可能性があります。 パソコンの本体をはじめ、ディスプレイも含めたパソコンの外観の状態をチェックします。 キズ・汚れはもちろん、本体への外傷はパソコンの買取価格に影響を与えます。 査定依頼の際は、できるだけきれいな状態で依頼することをお勧めしています。 パソコンを高く売りたい方は是非実践をお勧めします。 スマートフォンに関しても同様です。 2.パソコンのスペック確認 パソコンのスペックによって、性能も大きく異なるため、内部のパーツに変更がある際などもチェックの対象となります。 ハイスペックにカスタマイズされたパソコンの場合、買取価格が高くなることもありますので、パソコンパーツを変更・カスタマイズされた際は、事前にお申し出いただくことをお勧めしています。 3.ソフトウェアの確認 Officeを初めとしたソフトウェアが搭載されているかを確認いたします。 ソフトウェアもある場合、ない場合でパソコンの買取価格が異なりますので事前にお伝えいただくと、買取査定もスムーズに進みます。 そういった事で古いパソコン・部品などはほとんど値段が付かないこともありますので、過度な期待はしないほうがいいでしょう。 全国対応!壊れたパソコン買取専門店の紹介 壊れた自作パソコン・BTOパソコン・ゲーム用パソコン買取、壊れたノートパソコン買取、壊れたデスクトップパソコン買取、壊れたMacBook Pro買取、壊れたMacBook Air買取、壊れたMacBook買取、壊れたiMac買取、壊れたMac Pro買取、壊れたMac mini買取します。 パソコンを廃棄する前に、こちらをご覧ください。 横浜市のパソコン廃棄処分方法まとめ パソコン無料回収廃棄できる方法がある Windows7以降(7、8、10)のパソコンは全て無料回収可能です。 Windows7以降(7、8、10)のノートパソコンと一緒に梱包の場合は、古いWindows(Windows 95、98、Me、NT、2000、XP、VISTA)でパーツ欠品・破損がない物も無料回収できます。 パソコンやディスプレイモニターは、平成15年10月から「資源有効利用促進法」によりメーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられました。 PCリサイクルマークがついていればPCメーカーに回収してもらえる。 パソコン買取の場合• 1.パソコン本体の外観の状態確認をする。 2.パソコンのスペックを確認する。 3.ソフトウェアの搭載を確認する。 【横浜市にお住まいの方のパソコン廃棄処分方法】.

次の