しまうま プリント グーグル フォト。 フォトブック|しまうまプリント|198円~の高品質フォト(写真)アルバム

Googleフォトの写真を印刷注文できるネットプリントサービス

しまうま プリント グーグル フォト

パソコンやデジカメ、スマートフォンの普及とともに、映像はフィルムから画像や動画データとして扱われる時代になりましたね。 撮ったその場で確認できたり、メールやSNS経由で共有できたり…と、フィルムよりは扱いやすいものの、どのように保存するかというのはデータの時代であっても共通のテーマだと思います。 「」というのも手ですが、元になる画像データも大切に残しておきたいですよね。 そこで今回は、PCやスマートフォンなど、端末本体に保存されているデータとは別に、バックアップとしてデータを保存する方法をご紹介したいと思います。 コストや使いやすさ、安全性などを考慮して、自分にぴったりあった保存方法を見つけましょう。 オンラインストレージに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 近年、急速に普及している保存方法です。 iCloudやGoogleフォトなど、スマートフォンからも利用できますので、使用されている方も多いと思います。 コストパフォーマンスに優れ、 一定容量までは無料で利用できるサービスがほとんどです。 仕組み ブラウザや専用アプリを利用してインターネット経由でサーバーにデータを保存します。 保存されたデータはPC・スマホ・タブレットなど、複数の端末から利用することができるようになります。 メリット• 会員登録をすれば簡単にデータ保存ができます。 サービスによっては画像を撮った時点で、自動的にデータがアップロードされます。 同じサービスを利用している第三者とのデータ共有が簡単に行えるものもあります。 一定容量までは無料に加えて、有料版の利用料もリーズナブル。 データ管理のプロが管理するので安心感もあります。 デメリット• IDやパスワードで管理するため、自身の管理に不備があると、セキュリティ面で不安があります。 データ管理はプロとはいえ、他人がすることになります。 サービスを選ぶときは、信用できるサービスを見極める必要があります。 サービスによっては画像サイズが圧縮される場合があります。 本来の画質より劣化するので注意が必要です。 保管期限などの制限があるものの、無料で容量無制限なので、撮った写真をたくさんプリントされる方にはお勧めです。 HDD、NASに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 ここで紹介するのは、一般的に外付けハードディスクと呼ばれる周辺機器です。 USB接続でパソコンのディスク容量を増量するようなイメージです。 最近では1TB(約1,000GB)の容量でも、1万円を切る価格で販売されています。 大量のデータを扱う方は、割安になるのでお勧めです。 同じような機器でNAS(Network Attached Storage)というものもあります。 こちらは、独自のクラウドサーバーを所有するようなイメージです。 単体でネットワークに接続可能なので、パソコンやスマートフォンなどからアクセスしてワイヤレスで保存できます。 HDDを内蔵しているものがほとんどです。 メリット• データ容量が多くなるほど低コストになります。 データの管理を完全に自分で行うため、安心感があります。 USB接続であれば通常のファイル管理と同じなので、操作が単純で分かりやすいです。 NASであればスマホからも直接保存できます。 デメリット• 裏を返せばデータ管理は自己責任ということにもなります。 オンラインストレージと比べると、災害時などはデータ生存の可能性が低くなります。 稼働し続けているため、他の媒体に比べると壊れやすい面があります。 フラッシュメモリに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 パソコン本体の保存媒体はHDDが使われてきましたが、近年では、スマホ・タブレット、超薄型PCの普及により、大容量Flash SSD(Solid State Drive)の需要も増えてきています。 USBメモリなどもフラッシュメモリの一つです。 メリット• HDDより破損の可能性が低く、読み込みも高速のため扱いやすい。 非常に省スペースで軽いので、持ち運びも容易です。 デメリット• 他の媒体に比べコストが高いので、少ない画像容量向けになります(128GBのUSBメモリでも数千円)。 書き込み回数に上限があり、使い過ぎると寿命を早めてしまう可能性があります。 大容量のSSDはPCの容量増設などがメインとなります。 PCが壊れれば終わりなので、あまりバックアップ向けではないかもしれません。 DVD、Blu-rayに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 パソコンに馴染みの深い方は、ディスク媒体が一番安心感のあるバックアップ方法かもしれません。 メリット• 他の媒体と比べると、水濡れ等にもある程度耐えられるので、安心感がある。 デメリット• 枚数が増えると管理が大変になる。 安心して放置しすぎると、寿命で読み取りできなくなる可能性がある。 ディスク媒体用のドライブを有さないパソコンが増えてきている。 大切なデータは合わせ技でガッチリ保存 画像保存方法ごとにメリットやデメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 自分に合う保存方法は見つかりましたでしょうか。 バックアップは多いほど消失のリスクは低くなります。 それぞれの保存方法の特性を活かし、本当に大切なデータは合わせ技でガッチリ保存するようにするとより安心です! 第3項 当社は、会員が以下の項目に該当する場合、本サービスの提供を停止する場合があります。 本サービスの提供を停止する場合、当社はその理由を会員に原則として開示致しません。 登録申請の内容に虚偽事項、誤記または記入もれがあった場合• 会員が過去に会員規約違反等により、会員資格の取消しが行われている場合• 会員の指定したクレジットカードが、クレジットカード会社、収納代行会社、金融機関等により、利用停止処分等が行われている場合• その他、当社が会員として不適当と判断した場合 なお当社は、反社会的勢力の構成員およびその関係者の方、サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするような会員に対しては、本サービスのご利用をお断りしております。 第5項 不良品につきましては個別対応とさせていただきますが、原則として代替商品との引き換えとさせていただきます。 また、以下の内容についてもご留意下さい。 当社の色調補正は補正を「する」をご選択頂きました場合は、システムによる一括自動補正をさせて頂いておりますが、画像によりましては自動補正でも良好な色補正を再現できないケースもあります。 (モニターと実際のプリントの色合いに違いがある場合がございます。 プロ仕上げ以外のご注文では、画像毎の個別の色補正手動サービスを行っておらず、色調に関する再プリントや返品対応を行っておりません。 トリミング「あり」でご注文されますと、デジカメ画像とプリントサイズの縦横比率の違いにより画像の一部が切カットされる場合がございます。 トリミングを「しない」を選択した場合は、画像比率の合わない部分に白いフチが不規則に出る場合があります。 送信された画像データ(破損や撮影時の設定ミスなど)に起因する再プリントや返金は一切お受けできませんので、ご容赦ください。 第1項 当社は、本サービスを通じてご提供を受けた会員の個人情報を適切な方法で管理するものとし、会員の個人情報を以下の目的に限り利用するものとします。 会員登録のため• 当社サービスを提供するため• 商品の販売、発送のため• 購入商品代金の徴収のため• 本人確認、認証サービスのため• アフターサービス、お問い合わせに対応するため• 情報メールの配信のため• キャンペーンのため• 当社サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため• 本サービスに関するアンケートを実施するため なお、会員の個人情報の取り扱いについては、別途、当社が定めるプライバシー・ポリシーに基づくものとします。 当社および第三者(当社が適切と判断した企業)のカタログやDM等の発送• 会員によるサービスの利用(取引履歴に関する情報)を分析し、新規サービスの開発や既存サービスの改善をするため• 画像のExif情報を取得し、個人を認識できない形式に加工した分析データを作成するため 第17条 会員の個人情報の開示及び提供 当社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、会員の個人情報を第三者に 開示・提供しないものとします。 会員が開示について事前に同意している場合• 会員の注文に関する商品・サービスの代金決済のために、決済会社に対し会員の氏名・クレジットカード番号・クレジットカード有効期限・本サービスの利用状況等を開示する場合• 合併、会社分割、事業譲渡その他の事由による事業承継に伴い、事業承継先に提供する場合• 人命を保護するために緊急に公的機関または信頼できる第三者機関に開示を行う必要がある場合• 司法機関、警察等の公的機関による法令に基づく要請に協力する場合• 法令の規定に基づき開示を要求された場合 第22条 禁止事項 本サービスの利用にあたり、会員は以下のことを行わないものとします。 これらの事項を確認した場合、当社は注文を受けた該当商品の出荷はいたしませんが、会員の商品代金支払義務は消滅しないものとします。 会員登録および本サービスの利用において、虚偽の事実を届け出、または提供すること• 本サービスにおいて当社が提供する情報、および本サービスのプログラムを改ざんすること• 有害なコンピュータプログラム等を送信すること• 当社もしくは第三者の著作権、商標、その他一切の知的財産権(著作隣接権を含む)、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害すること、または侵害する恐れのある行為を行うこと• 当社、もしくは第三者を誹謗中傷、もしくは差別し、またはその名誉もしくは信用を傷つけること• 当社、もしくは第三者の業務を妨害すること• 猥褻・暴力的な画像、音声等の情報を本サービスに公開・掲示し、また送信すること• 法令・条例に違反すること、または公序良俗に違反すること• 当社が承認した場合を除き、本サービスを通じて入手した画像やデータ等を、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて複製、頒布、出版、ホームページへのアップロード等の送信、その他の態様により利用すること• 詐欺的行為による本サービスの悪用など、手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害するおそれのあること• 本利用規約の違反、その他当社が不適当と判断すること.

次の

おすすめの画像データ保存方法

しまうま プリント グーグル フォト

パソコンやデジカメ、スマートフォンの普及とともに、映像はフィルムから画像や動画データとして扱われる時代になりましたね。 撮ったその場で確認できたり、メールやSNS経由で共有できたり…と、フィルムよりは扱いやすいものの、どのように保存するかというのはデータの時代であっても共通のテーマだと思います。 「」というのも手ですが、元になる画像データも大切に残しておきたいですよね。 そこで今回は、PCやスマートフォンなど、端末本体に保存されているデータとは別に、バックアップとしてデータを保存する方法をご紹介したいと思います。 コストや使いやすさ、安全性などを考慮して、自分にぴったりあった保存方法を見つけましょう。 オンラインストレージに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 近年、急速に普及している保存方法です。 iCloudやGoogleフォトなど、スマートフォンからも利用できますので、使用されている方も多いと思います。 コストパフォーマンスに優れ、 一定容量までは無料で利用できるサービスがほとんどです。 仕組み ブラウザや専用アプリを利用してインターネット経由でサーバーにデータを保存します。 保存されたデータはPC・スマホ・タブレットなど、複数の端末から利用することができるようになります。 メリット• 会員登録をすれば簡単にデータ保存ができます。 サービスによっては画像を撮った時点で、自動的にデータがアップロードされます。 同じサービスを利用している第三者とのデータ共有が簡単に行えるものもあります。 一定容量までは無料に加えて、有料版の利用料もリーズナブル。 データ管理のプロが管理するので安心感もあります。 デメリット• IDやパスワードで管理するため、自身の管理に不備があると、セキュリティ面で不安があります。 データ管理はプロとはいえ、他人がすることになります。 サービスを選ぶときは、信用できるサービスを見極める必要があります。 サービスによっては画像サイズが圧縮される場合があります。 本来の画質より劣化するので注意が必要です。 保管期限などの制限があるものの、無料で容量無制限なので、撮った写真をたくさんプリントされる方にはお勧めです。 HDD、NASに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 ここで紹介するのは、一般的に外付けハードディスクと呼ばれる周辺機器です。 USB接続でパソコンのディスク容量を増量するようなイメージです。 最近では1TB(約1,000GB)の容量でも、1万円を切る価格で販売されています。 大量のデータを扱う方は、割安になるのでお勧めです。 同じような機器でNAS(Network Attached Storage)というものもあります。 こちらは、独自のクラウドサーバーを所有するようなイメージです。 単体でネットワークに接続可能なので、パソコンやスマートフォンなどからアクセスしてワイヤレスで保存できます。 HDDを内蔵しているものがほとんどです。 メリット• データ容量が多くなるほど低コストになります。 データの管理を完全に自分で行うため、安心感があります。 USB接続であれば通常のファイル管理と同じなので、操作が単純で分かりやすいです。 NASであればスマホからも直接保存できます。 デメリット• 裏を返せばデータ管理は自己責任ということにもなります。 オンラインストレージと比べると、災害時などはデータ生存の可能性が低くなります。 稼働し続けているため、他の媒体に比べると壊れやすい面があります。 フラッシュメモリに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 パソコン本体の保存媒体はHDDが使われてきましたが、近年では、スマホ・タブレット、超薄型PCの普及により、大容量Flash SSD(Solid State Drive)の需要も増えてきています。 USBメモリなどもフラッシュメモリの一つです。 メリット• HDDより破損の可能性が低く、読み込みも高速のため扱いやすい。 非常に省スペースで軽いので、持ち運びも容易です。 デメリット• 他の媒体に比べコストが高いので、少ない画像容量向けになります(128GBのUSBメモリでも数千円)。 書き込み回数に上限があり、使い過ぎると寿命を早めてしまう可能性があります。 大容量のSSDはPCの容量増設などがメインとなります。 PCが壊れれば終わりなので、あまりバックアップ向けではないかもしれません。 DVD、Blu-rayに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 パソコンに馴染みの深い方は、ディスク媒体が一番安心感のあるバックアップ方法かもしれません。 メリット• 他の媒体と比べると、水濡れ等にもある程度耐えられるので、安心感がある。 デメリット• 枚数が増えると管理が大変になる。 安心して放置しすぎると、寿命で読み取りできなくなる可能性がある。 ディスク媒体用のドライブを有さないパソコンが増えてきている。 大切なデータは合わせ技でガッチリ保存 画像保存方法ごとにメリットやデメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 自分に合う保存方法は見つかりましたでしょうか。 バックアップは多いほど消失のリスクは低くなります。 それぞれの保存方法の特性を活かし、本当に大切なデータは合わせ技でガッチリ保存するようにするとより安心です! 第3項 当社は、会員が以下の項目に該当する場合、本サービスの提供を停止する場合があります。 本サービスの提供を停止する場合、当社はその理由を会員に原則として開示致しません。 登録申請の内容に虚偽事項、誤記または記入もれがあった場合• 会員が過去に会員規約違反等により、会員資格の取消しが行われている場合• 会員の指定したクレジットカードが、クレジットカード会社、収納代行会社、金融機関等により、利用停止処分等が行われている場合• その他、当社が会員として不適当と判断した場合 なお当社は、反社会的勢力の構成員およびその関係者の方、サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするような会員に対しては、本サービスのご利用をお断りしております。 第5項 不良品につきましては個別対応とさせていただきますが、原則として代替商品との引き換えとさせていただきます。 また、以下の内容についてもご留意下さい。 当社の色調補正は補正を「する」をご選択頂きました場合は、システムによる一括自動補正をさせて頂いておりますが、画像によりましては自動補正でも良好な色補正を再現できないケースもあります。 (モニターと実際のプリントの色合いに違いがある場合がございます。 プロ仕上げ以外のご注文では、画像毎の個別の色補正手動サービスを行っておらず、色調に関する再プリントや返品対応を行っておりません。 トリミング「あり」でご注文されますと、デジカメ画像とプリントサイズの縦横比率の違いにより画像の一部が切カットされる場合がございます。 トリミングを「しない」を選択した場合は、画像比率の合わない部分に白いフチが不規則に出る場合があります。 送信された画像データ(破損や撮影時の設定ミスなど)に起因する再プリントや返金は一切お受けできませんので、ご容赦ください。 第1項 当社は、本サービスを通じてご提供を受けた会員の個人情報を適切な方法で管理するものとし、会員の個人情報を以下の目的に限り利用するものとします。 会員登録のため• 当社サービスを提供するため• 商品の販売、発送のため• 購入商品代金の徴収のため• 本人確認、認証サービスのため• アフターサービス、お問い合わせに対応するため• 情報メールの配信のため• キャンペーンのため• 当社サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため• 本サービスに関するアンケートを実施するため なお、会員の個人情報の取り扱いについては、別途、当社が定めるプライバシー・ポリシーに基づくものとします。 当社および第三者(当社が適切と判断した企業)のカタログやDM等の発送• 会員によるサービスの利用(取引履歴に関する情報)を分析し、新規サービスの開発や既存サービスの改善をするため• 画像のExif情報を取得し、個人を認識できない形式に加工した分析データを作成するため 第17条 会員の個人情報の開示及び提供 当社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、会員の個人情報を第三者に 開示・提供しないものとします。 会員が開示について事前に同意している場合• 会員の注文に関する商品・サービスの代金決済のために、決済会社に対し会員の氏名・クレジットカード番号・クレジットカード有効期限・本サービスの利用状況等を開示する場合• 合併、会社分割、事業譲渡その他の事由による事業承継に伴い、事業承継先に提供する場合• 人命を保護するために緊急に公的機関または信頼できる第三者機関に開示を行う必要がある場合• 司法機関、警察等の公的機関による法令に基づく要請に協力する場合• 法令の規定に基づき開示を要求された場合 第22条 禁止事項 本サービスの利用にあたり、会員は以下のことを行わないものとします。 これらの事項を確認した場合、当社は注文を受けた該当商品の出荷はいたしませんが、会員の商品代金支払義務は消滅しないものとします。 会員登録および本サービスの利用において、虚偽の事実を届け出、または提供すること• 本サービスにおいて当社が提供する情報、および本サービスのプログラムを改ざんすること• 有害なコンピュータプログラム等を送信すること• 当社もしくは第三者の著作権、商標、その他一切の知的財産権(著作隣接権を含む)、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害すること、または侵害する恐れのある行為を行うこと• 当社、もしくは第三者を誹謗中傷、もしくは差別し、またはその名誉もしくは信用を傷つけること• 当社、もしくは第三者の業務を妨害すること• 猥褻・暴力的な画像、音声等の情報を本サービスに公開・掲示し、また送信すること• 法令・条例に違反すること、または公序良俗に違反すること• 当社が承認した場合を除き、本サービスを通じて入手した画像やデータ等を、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて複製、頒布、出版、ホームページへのアップロード等の送信、その他の態様により利用すること• 詐欺的行為による本サービスの悪用など、手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害するおそれのあること• 本利用規約の違反、その他当社が不適当と判断すること.

次の

Googleフォトの写真を印刷注文できるネットプリントサービス

しまうま プリント グーグル フォト

パソコンやデジカメ、スマートフォンの普及とともに、映像はフィルムから画像や動画データとして扱われる時代になりましたね。 撮ったその場で確認できたり、メールやSNS経由で共有できたり…と、フィルムよりは扱いやすいものの、どのように保存するかというのはデータの時代であっても共通のテーマだと思います。 「」というのも手ですが、元になる画像データも大切に残しておきたいですよね。 そこで今回は、PCやスマートフォンなど、端末本体に保存されているデータとは別に、バックアップとしてデータを保存する方法をご紹介したいと思います。 コストや使いやすさ、安全性などを考慮して、自分にぴったりあった保存方法を見つけましょう。 オンラインストレージに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 近年、急速に普及している保存方法です。 iCloudやGoogleフォトなど、スマートフォンからも利用できますので、使用されている方も多いと思います。 コストパフォーマンスに優れ、 一定容量までは無料で利用できるサービスがほとんどです。 仕組み ブラウザや専用アプリを利用してインターネット経由でサーバーにデータを保存します。 保存されたデータはPC・スマホ・タブレットなど、複数の端末から利用することができるようになります。 メリット• 会員登録をすれば簡単にデータ保存ができます。 サービスによっては画像を撮った時点で、自動的にデータがアップロードされます。 同じサービスを利用している第三者とのデータ共有が簡単に行えるものもあります。 一定容量までは無料に加えて、有料版の利用料もリーズナブル。 データ管理のプロが管理するので安心感もあります。 デメリット• IDやパスワードで管理するため、自身の管理に不備があると、セキュリティ面で不安があります。 データ管理はプロとはいえ、他人がすることになります。 サービスを選ぶときは、信用できるサービスを見極める必要があります。 サービスによっては画像サイズが圧縮される場合があります。 本来の画質より劣化するので注意が必要です。 保管期限などの制限があるものの、無料で容量無制限なので、撮った写真をたくさんプリントされる方にはお勧めです。 HDD、NASに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 ここで紹介するのは、一般的に外付けハードディスクと呼ばれる周辺機器です。 USB接続でパソコンのディスク容量を増量するようなイメージです。 最近では1TB(約1,000GB)の容量でも、1万円を切る価格で販売されています。 大量のデータを扱う方は、割安になるのでお勧めです。 同じような機器でNAS(Network Attached Storage)というものもあります。 こちらは、独自のクラウドサーバーを所有するようなイメージです。 単体でネットワークに接続可能なので、パソコンやスマートフォンなどからアクセスしてワイヤレスで保存できます。 HDDを内蔵しているものがほとんどです。 メリット• データ容量が多くなるほど低コストになります。 データの管理を完全に自分で行うため、安心感があります。 USB接続であれば通常のファイル管理と同じなので、操作が単純で分かりやすいです。 NASであればスマホからも直接保存できます。 デメリット• 裏を返せばデータ管理は自己責任ということにもなります。 オンラインストレージと比べると、災害時などはデータ生存の可能性が低くなります。 稼働し続けているため、他の媒体に比べると壊れやすい面があります。 フラッシュメモリに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 パソコン本体の保存媒体はHDDが使われてきましたが、近年では、スマホ・タブレット、超薄型PCの普及により、大容量Flash SSD(Solid State Drive)の需要も増えてきています。 USBメモリなどもフラッシュメモリの一つです。 メリット• HDDより破損の可能性が低く、読み込みも高速のため扱いやすい。 非常に省スペースで軽いので、持ち運びも容易です。 デメリット• 他の媒体に比べコストが高いので、少ない画像容量向けになります(128GBのUSBメモリでも数千円)。 書き込み回数に上限があり、使い過ぎると寿命を早めてしまう可能性があります。 大容量のSSDはPCの容量増設などがメインとなります。 PCが壊れれば終わりなので、あまりバックアップ向けではないかもしれません。 DVD、Blu-rayに保存 難易度 コスパ 安全性 セキュリティ 汎用性 パソコンに馴染みの深い方は、ディスク媒体が一番安心感のあるバックアップ方法かもしれません。 メリット• 他の媒体と比べると、水濡れ等にもある程度耐えられるので、安心感がある。 デメリット• 枚数が増えると管理が大変になる。 安心して放置しすぎると、寿命で読み取りできなくなる可能性がある。 ディスク媒体用のドライブを有さないパソコンが増えてきている。 大切なデータは合わせ技でガッチリ保存 画像保存方法ごとにメリットやデメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 自分に合う保存方法は見つかりましたでしょうか。 バックアップは多いほど消失のリスクは低くなります。 それぞれの保存方法の特性を活かし、本当に大切なデータは合わせ技でガッチリ保存するようにするとより安心です! 第3項 当社は、会員が以下の項目に該当する場合、本サービスの提供を停止する場合があります。 本サービスの提供を停止する場合、当社はその理由を会員に原則として開示致しません。 登録申請の内容に虚偽事項、誤記または記入もれがあった場合• 会員が過去に会員規約違反等により、会員資格の取消しが行われている場合• 会員の指定したクレジットカードが、クレジットカード会社、収納代行会社、金融機関等により、利用停止処分等が行われている場合• その他、当社が会員として不適当と判断した場合 なお当社は、反社会的勢力の構成員およびその関係者の方、サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするような会員に対しては、本サービスのご利用をお断りしております。 第5項 不良品につきましては個別対応とさせていただきますが、原則として代替商品との引き換えとさせていただきます。 また、以下の内容についてもご留意下さい。 当社の色調補正は補正を「する」をご選択頂きました場合は、システムによる一括自動補正をさせて頂いておりますが、画像によりましては自動補正でも良好な色補正を再現できないケースもあります。 (モニターと実際のプリントの色合いに違いがある場合がございます。 プロ仕上げ以外のご注文では、画像毎の個別の色補正手動サービスを行っておらず、色調に関する再プリントや返品対応を行っておりません。 トリミング「あり」でご注文されますと、デジカメ画像とプリントサイズの縦横比率の違いにより画像の一部が切カットされる場合がございます。 トリミングを「しない」を選択した場合は、画像比率の合わない部分に白いフチが不規則に出る場合があります。 送信された画像データ(破損や撮影時の設定ミスなど)に起因する再プリントや返金は一切お受けできませんので、ご容赦ください。 第1項 当社は、本サービスを通じてご提供を受けた会員の個人情報を適切な方法で管理するものとし、会員の個人情報を以下の目的に限り利用するものとします。 会員登録のため• 当社サービスを提供するため• 商品の販売、発送のため• 購入商品代金の徴収のため• 本人確認、認証サービスのため• アフターサービス、お問い合わせに対応するため• 情報メールの配信のため• キャンペーンのため• 当社サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため• 本サービスに関するアンケートを実施するため なお、会員の個人情報の取り扱いについては、別途、当社が定めるプライバシー・ポリシーに基づくものとします。 当社および第三者(当社が適切と判断した企業)のカタログやDM等の発送• 会員によるサービスの利用(取引履歴に関する情報)を分析し、新規サービスの開発や既存サービスの改善をするため• 画像のExif情報を取得し、個人を認識できない形式に加工した分析データを作成するため 第17条 会員の個人情報の開示及び提供 当社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、会員の個人情報を第三者に 開示・提供しないものとします。 会員が開示について事前に同意している場合• 会員の注文に関する商品・サービスの代金決済のために、決済会社に対し会員の氏名・クレジットカード番号・クレジットカード有効期限・本サービスの利用状況等を開示する場合• 合併、会社分割、事業譲渡その他の事由による事業承継に伴い、事業承継先に提供する場合• 人命を保護するために緊急に公的機関または信頼できる第三者機関に開示を行う必要がある場合• 司法機関、警察等の公的機関による法令に基づく要請に協力する場合• 法令の規定に基づき開示を要求された場合 第22条 禁止事項 本サービスの利用にあたり、会員は以下のことを行わないものとします。 これらの事項を確認した場合、当社は注文を受けた該当商品の出荷はいたしませんが、会員の商品代金支払義務は消滅しないものとします。 会員登録および本サービスの利用において、虚偽の事実を届け出、または提供すること• 本サービスにおいて当社が提供する情報、および本サービスのプログラムを改ざんすること• 有害なコンピュータプログラム等を送信すること• 当社もしくは第三者の著作権、商標、その他一切の知的財産権(著作隣接権を含む)、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害すること、または侵害する恐れのある行為を行うこと• 当社、もしくは第三者を誹謗中傷、もしくは差別し、またはその名誉もしくは信用を傷つけること• 当社、もしくは第三者の業務を妨害すること• 猥褻・暴力的な画像、音声等の情報を本サービスに公開・掲示し、また送信すること• 法令・条例に違反すること、または公序良俗に違反すること• 当社が承認した場合を除き、本サービスを通じて入手した画像やデータ等を、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて複製、頒布、出版、ホームページへのアップロード等の送信、その他の態様により利用すること• 詐欺的行為による本サービスの悪用など、手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害するおそれのあること• 本利用規約の違反、その他当社が不適当と判断すること.

次の