イズミヤ 若江 岩田 店。 中華そば 麺屋7.5Hz 若江岩田店 (7.5ヘルツ)

【東大阪市】イズミヤ若江岩田店が閉店って本当?!店内の店舗が続々と閉店準備を始めています!

イズミヤ 若江 岩田 店

設立)を(いわゆる株式額面変更目的の合併)。 2016年7月1日、旧イズミヤ株式会社は株式会社に商号を変更し、により「(新)イズミヤ株式会社」を設立。 イズミヤ株式会社(: Izumiya Co. , Ltd. )は、でを展開する、日本の準大手小売業者である。 以前は、、でも展開していたが、の真正店の閉店をもって中部地方から、の津高店の閉店をもって中国地方から、の検見川浜店の閉店をもって関東地方から撤退した。 2020年2月20日に唯一近畿圏外の宮崎の店舗が閉店。 付でやなどのグループ統括会社「」と経営統合した。 現法人のイズミヤ株式会社は、に旧法人のイズミヤ株式会社が商号を「エイチ・ツー・オーアセットマネジメント」と変更したのに伴い、により新たに設立されたものである。 概要 近畿地方一円を地場とする。 かつては業態での出店が主力であったが、近年は食品スーパー「デイリーカナート」での出店に力を入れており、さらに低コスト運営に注力した『』という業態も展開している。 当該業態による、既存の小型・不採算店舗の再生にも取り組んでいる。 社名の由来は「」として知られる聖書箇所(ヨハネによる福音書4章13-14節)より。 創業者、和田源三郎はだった。 ちなみに、主力業態の一つであるデイリーカナートの「カナート」もで「オアシス」の意味であり、「」にちなんだものとなっている。 中国・九州地区を地盤とする同業の(本社・)をはじめ、全国各地に類似した名称の企業が少なからずあるが、それらとの関係はない。 (大正10年)5月 - 和田源三郎が、いづみや呉服店として今宮(現・花園南)で創業。 (昭和27年)4月 - 衣料品の販売を主とする(旧)いづみや株式会社設立。 (昭和34年)8月 - 第2号店舗としてに尼崎店を開店。 チェーンストア展開開始。 (昭和43年)4月 - 日本初のショッピングセンターとして大阪府に岸和田店を開店。 (昭和45年)9月 - 当時休眠会社の株式会社いづみや商店が(旧)いづみや株式会社を吸収合併しいづみや株式会社に商号変更(いわゆる株式額面変更目的の合併)。 (昭和48年)• 7月 - 現行を導入。 9月 - に上場。 (昭和53年)9月 - に上場。 (昭和54年)9月 - イズミヤ株式会社に社名変更。 (昭和62年)3月 - 関東進出1号店舗としてに牛久店を開店。 (平成15年)• 3月 - 大阪の小売業「」と資本業務提携、持分法適用会社とする。 6月 - のスーパー部門子会社「高島屋ストア」を買収。 買収後「カナート」に社名変更。 (平成19年)3月 - 新業態の食品スーパー「」1号店を大阪府に開店(デイリーカナートから業態転換)。 (平成20年)• 4月 - 中京地方を基盤とする流通業・ ()と業務提携。 11月 - 「はやし」を完全子会社化。 (平成21年)8月 - ユニー、()と組んだ3社共同の「」の販売を開始。 2年掛かりで「good-i」ブランドから「スタイルワン」に全面的に切り替える。 (平成22年)2月 - と資本・業務提携することを発表。 (平成23年)11月1日 - 同社グループの進出1号店として、蘇州泉屋百貨有限公司(本社:)が運営する『 泉屋百貨』が開業。 (平成26年)• 5月28日 - のイズミヤ株式が上場廃止。 6月1日 - や・やなどを運営する(H2O)とにより経営統合した。 (平成28年)• 6月1日 - 子会社であったサンローリー、デリカ・アイフーズ、カナートの株式を株式会社に譲渡。 7月1日 - 旧イズミヤ株式会社が商号を「株式会社」に変更、により新法人による「イズミヤ株式会社」を新たに設立、旧社から不動産事業を除く事業全般を承継。 旧社は新「イズミヤ株式会社」の全株式を株式会社エイチ・ツー・オー食品グループに譲渡。 10月1日 - 生鮮食品の加工・販売事業を株式会社阪急フードプロセスに承継。 業態 現在の業態• イズミヤ:(GMS)形態の店舗で、衣料・食品・住居用品を幅広く揃える。 駅前立地が多い。 スーパーセンター:形態の店舗。 ワンフロアで食料品、衣料品、住居関連品の全てが揃う。 工場跡地や埋め立て地を活用した広大な敷地に立地している。 カナート:形態の店舗。 2015年現在はのみだったが、2018年7月21日 土 にイズミヤ住道店を建て替えとして、2018年12月13日 木 にイズミヤ伏見店を建て替えとして、オープン。 デイリーカナート:(SM)形態の店舗で、食料品を中心とした生活必需品を揃える小型の店舗。 同業他社の店舗を、買収により転換した店もある。 まるとく市場:参照。 過去に存在した業態• FISMY:ターゲットをピュアヤング(16歳から22歳)に絞った衣料専門大型店。 京都・心斎橋の2店舗を展開していたが、心斎橋店は2009年8月に閉店。 京都店についても店舗運営をに全面委託しFISMYの名称を外したことから、この業態からは事実上撤退した。 をモチーフにしたもので、右側の橙色は太陽のを指し、左側の黄緑色はを指す。 景観条例があるやの店舗では青色に統一されている。 ではこの太陽のロゴマークを使用していない。 このロゴマークは、かつての「」((平成6年)にダイエーに吸収合併)のをイメージしたロゴマークと酷似していた。 テーマソング• 「お散歩気分で」• 「さあ歩き出そう」• 「しあわせの風車」 店舗 イズミヤ淡路店() 過去に存在したイズミヤの店舗 関東地区• 、、、 他。 板橋店(、(平成27年)2月閉店) 閉店後、板橋前野町店が同年11月21日に開店。 小山店(、(平成27年)8月閉店) 閉店後、ビルの所有権を小山市に無償譲渡。 一部商業施設、小山市立生涯学習センター、シネマロブレは閉店後もビル内で存続。 八千代店(、(平成28年)6月閉店) 閉店後、八千代16号店が同年11月19日に開店。 牛久店(茨城県、2017年(平成29年)2月1日閉店) 跡地には、TAIRAYAエスカード牛久店が入店。 検見川浜店 千葉県、(平成3年)11月22日開店 - 平成29年 5月10日閉店 「検見川浜ベイサイドモールフェリア」の核テナントとして営業。 同店の閉店により、関東地方から撤退した。 閉店後のテナントとして同年11月23日に「イオンスタイル検見川浜」が再オープンした。 中部地区• 太田店(、1970年(昭和45年)9月25日開店) 名鉄ショッピ内2〜4Fに出店。 衣料品・日用雑貨のみ扱った。 のちに1F食料品のが全館引継いだ。 現在は解体され、によるマンション。 多治見店(、1971年(昭和46年)10月2日開店) 名鉄ショッピ多治見店(現:多治見テラ)の衣料品テナント店舗。 那加店(、1971年(昭和46年)3月開店 - 1982年(昭和57年)10月閉店) 名鉄ショッピ那加店の衣料品テナント店舗。 各務原店(各務原市、1981年(昭和56年)7月開店-2005年(平成17年)6月閉店) 跡地は現在、各務原店と各務原店。 なお、真正店の閉店により岐阜県のみならず中部地区からは全面撤退となった。 名古屋店(、1967年(昭和42年)6月1日開店-1997年(平成9年)2月28日閉店) 駅前店5階、ワンフロアーの衣料品テナント店舗。 閉店後の同年4月、が跡フロアに開店。 豊田本町店(名古屋市、1970年(昭和45年)5月29日開店-1973年(昭和48年)閉店) 衣料品店舗。 堀田店(名古屋市、1970年(昭和45年)12月開店-1972年(昭和47年)閉店) 衣料品店舗。 跡地はフィール堀田店。 近畿地区 大阪市• 梅田店(、1972年(昭和47年)閉店)• 京橋店(、1970年(昭和45年)4月15日開店-1975年(昭和50年)閉店)• 喜連店(、 (昭和44年)3月15日開店-1971年(昭和46年)閉店)• 駒川店(、2001年(平成13年)5月20日閉店) 近隣には『QANAT MALL(カナートモール)南田辺』が開店している。 千林店(、 (昭和36年)10月開店-(昭和45年)閉店) 現在はせんばやし店( 令和2年 5月10日閉店)• 千本店(、(昭和46年)閉店)• 花園店(西成区、2017年(平成29年)10月1日閉店) イズミヤの1号店 であったが、建物老朽化に伴う建替のため一旦閉店となり、2019年11月28日に「デイリーカナートイズミヤ花園店」として営業を再開した。 都島店(都島区) 大阪府(大阪市以外)• 布施店()• 東大阪店(東大阪市、1971年(昭和46年)10月17日開店-1975年(昭和50年)閉店)• 瓢箪山店(東大阪市、1969年(昭和44年)3月15日開店-1975年(昭和50年)閉店)• 若江岩田店(東大阪市、1969年(昭和44年)5月開店-2019年(元年)末閉店)• 高槻駅前店(、1969年(昭和44年)3月1日開店-1981年(昭和56年)閉店)• 茨木店別館(茨木市、 (昭和49年)8月31日開店-(平成13年)9月30日閉店) 現在1Fが、上層はマンションである。 堺東店(、1964年(昭和39年)開店-1997年(平成9年)閉店)• 鳳店(堺市)• 岸和田店() 西岸和田店に統合。 西岸和田店(岸和田市、(平成9年)3月開店、(平成27年)12月31日閉店) 岸和田旧港再開発事業 の一環として建設された岸和田カンカンベイサイドモールの核店舗であった。 閉店後もカンカンベイサイドモール専門店は営業中。 旧イズミヤの区画にはラ・ムーなどが出店している。 尾崎店(、2001年(平成13年)12月閉店) 現在はが入っている。 住道店(、2016年(平成28年)12月31日閉店) 建物老朽化に伴う建替のため、一時休業としての形で閉鎖。 2018年(平成30年)7月21日より『QANAT MALL 住道』として業態転換し再オープン。 大東店(大東市、2018年(平成30年)6月5日閉店) 閉店後も大東サンメイツ専門店は営業中。 食料品売場のみ建替えた住道店に実質移転。 東寝屋川店(、2019年(令和元年)5月6日閉店) 跡地はマンションを建設予定。 泉佐野店(南中安松、2019年(令和元年)9月16日閉店) 兵庫県• 伊丹店(、1966年(昭和41年)3月18日開店-1976年(昭和51年)1月18日閉店) 昆陽店に実質移転。 西宮店( 西宮市津門大塚町) により被災。 1〜3Fが店舗、上層はマンションであった。 解体後、タワーマンションが建てられた。 (平成20年)、約1km北側の(西宮市高松町、跡地)に核テナントの1つとして再進出している。 西神戸店(、震災により閉店) 内にあり、阪神・淡路大震災直前の(平成6年)12月に撤退を表明していた。 南淡店((開店当時は)、(平成18年)10月閉店) 閉店後は地元のスーパー「」が改装の上で営業するが自己破産によりに営業停止• 神戸ポートアイランド店(神戸市、(平成18年)3月開店-(平成22年)2月28日閉店) 年間5億円の赤字が解消できる見込みが立たなかったため閉店となった。 西脇店(、(平成25年)閉店)• ハーバーランド店(神戸市、(平成18年)11月開店-(平成28年)7月16日閉店) ノースモールのB1〜1Fに出店していた。 閉店後のテナントとして、2017年(平成29年)7月14日に『イオンスタイルumie』がオープンした。 京都府• 福知山店()• 伏見店(、2017年(平成29年)10月7日閉店) 建物老朽化に伴う建替のため、一時休業としての形で閉鎖。 2018年(平成30年)12月13日より『QANAT MALL(カナートモール) 伏見』として業態転換し再オープン。 奈良県• 大和高田店(、 (昭和47年)閉店) 現在はマンション• 王寺店(、(平成22年)2月24日閉店) 現在はスーパーマーケットヤオヒコが入店。 (平成22年)4月にへスーパーセンター広陵店として移転。 和歌山県• 紀伊田辺店(、2001年(平成13年)4月閉店) 中国・九州地区 島根県• 木次店(、2015年(平成27年)4月12日閉店) 商業施設「SCサン・チェリヴァ」の中核テナントとして入居していたが、売上げ不振とイズミヤの業務見直しにより閉店。 現在は施設の名称を「マルシェリーズ」に改め、地場スーパーのなどが入居。 岡山県• 津高店(、2016年(平成28年)8月21日閉店) この店の閉店により、中国地方から撤退。 閉店後、2017年(平成29年)3月28日より中国地方でスーパーマーケット事業を展開している初の大型商業施設『エブリイOkanaka津高』として営業。 宮崎県• 宮崎店(、2020年2月20日閉店) 九州地方で唯一のイズミヤ店舗。 グループ企業 エイチ・ツー・オーアセットマネジメント(旧・イズミヤ)の関連企業• カンソー - 総合ビルメンテナンス業を運営。 蘇州泉屋百貨有限公司 - 中国における百貨店の経営。 その他• イズミヤ総研 - マーケットリサーチ、情報提供サービス業を運営。 イズミヤカード - 保険代理店事業・事業・旅行代理店(レマントラベルサービス)等を展開していた。 現在は保険代理店事業、旅行業、電子マネー事業を株式会社ペルソナに移管し、貸金業、割賦販売業を廃業している。 ビーユー - 、ファンシーグッズの販売。 かつてはアパレル・スポーツ用品事業も展開していたが、2017年に株式会社アクトに会社分割し撤退。 かつてのグループ企業• 宮崎レマンホテル - イズミヤ宮崎店隣 でを運営していた。 ホテルは2013年9月末に営業終了。 - のショッピングセンター「サン・チェリヴァ」を運営していた。 アバンティブックセンター - 書籍・雑誌の販売。 「アバンティブックセンター」「アミーゴ書店」を運営。 2015年度第3四半期に保有株式を売却。 サン・フレッシュ - 鮮魚・寿司の販売。 2016年度に会社清算。 - 大阪市を基盤とする食品スーパーマーケット。 2017年3月1日にカンソーが吸収合併。 フォード関西(旧ファミリー関西) - の。 にはオートラマが大阪府・奈良県で直営していたディーラー「フォードウイング」の運営を引き継ぐ。 しかし事業整理のため10月をもって撤退。 全店舗の営業を直営の販売会社「フォード・ジャパン・ディーラー・リミテッド」に移管する。 アーバン - ・ユーノス車の。 ユーノス販売網に加入していたがに事業撤退するのに伴い、で運営していた店舗を引き継ぎ「ユーノスアーバン」として営業していた。 ユーノス店廃止とともに店に転換し「マツダアンフィニアーバン」として営業していたがにて閉店。 建物は「ホンダカーズ大阪天王寺店」として存続中。 グループ入りしたから、イズミヤ直営の店舗でとがそれぞれ発行したおよびが利用できるようになった(全国百貨店共通商品券は株式会社阪急阪神百貨店以外で発行されたものも利用可能)。 なお、まるとく市場各店とイズミヤグループの一部店舗(はやし、カナートなど)では商品券は利用できない。 とのギフトに関しては、エイチ・ツー・オー リテイリング傘下になってからは、阪急百貨店と共通の物(一部商品除く)をイズミヤ各店(まるとく市場と食品を取り扱わない店舗除く)で扱う形に移行している。 関連項目• - の『』内の枠で毎週金曜日((平成22年)4月現在は14時58分)に放送中の1分。 出演は。 - インターネットショッピングサイトはと楽天市場にを出店中。 - エイチ・ツー・オー リテイリンググループが運営するスーパーマーケット。 イズミヤ公式ウェブサイト• 株式会社イズミヤ総研• 但し、イズミの店舗のいくつかには、イズミヤのグループ企業である玩具店のペリカンが出店している。 旧法人。 イズミヤ公式ウェブサイト 2014年1月31日• - イオンリテール・ニュースリリース 2015年11月9日• - 小山市、2015年8月2日閲覧。 - 千葉日報、2017年6月10日閲覧。 流通ニュース 2017年11月20日 2018年1月22日閲覧。 - 日本経済新聞(2017年5月16日)2019年12月7日閲覧。 2019年12月7日閲覧。 号外NET 東大阪市 2019年9月10日. 2020年4月8日時点のよりアーカイブ。 2020年4月8日閲覧。 号外NET 東大阪市 2019年12月29日. 2020年4月8日時点のよりアーカイブ。 2020年4月8日閲覧。 2019年9月22日閲覧。 - 流通ニュース(2018年7月17日)2019年5月14日閲覧。 - イズミヤ(2019年8月26日)2019年12月24日閲覧。 - 流通ニュース(2017年6月6日)2019年5月14日閲覧。 - 出店ウォッチ(2019年2月7日)2019年5月14日閲覧。 - 流通ニュース(2018年11月30日)2019年5月14日閲覧。 - 流通ニュース(2017年11月29日)2019年5月14日閲覧。 株式会社ビーユー• エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 第97期第3四半期四半期報告書• 「」号より 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式アカウント.

次の

中華そば 麺屋7.5Hz 若江岩田店 (7.5ヘルツ)

イズミヤ 若江 岩田 店

若江岩田駅周辺で一人暮らしを考えている人必見!女性が心配な治安や、街の雰囲気や特徴からわかる住みやすさや住み心地、住んだ方の口コミ、家賃相場・使える路線や主要駅までのアクセスにかかる時間、一人暮らしで便利なスーパーやコンビニなどの周辺情報についてなど、一人暮らしをするうえで知っておきたい住みやすさに関連する内容を徹底解説します! 若江岩田の住みやすさデータ 若江岩田の住みやすさについて、Roochの探索チームが実際に行っていろいろと調べてみました。 7万円 若江岩田の良いところ ・鶴橋駅まで乗り換えなしで約12分で行ける ・スーパーが多い ・駅から徒歩約10分の場所に大型ショッピング施設がある ・駅の近くに高速道路と幹線道路が通っているため、車での移動が便利 若江岩田の悪いところ ・通勤通学の時間帯に電車が混雑する ・各駅停車しか止まらない ・コンビニや飲食店が少ない ・街灯が少なく、夜は暗い道がある 実際に若江岩田に行ってみました 若江岩田の特徴 ・駅周辺に大手スーパーが多い ・夜は街灯が少なく、暗い道が多い ・駅から徒歩約10分の場所に大型ショッピング施設がある ・車とすれ違えないくらいの、狭い道がある ・一戸建てが多い、閑静な住宅街が広がっている 若江岩田の雰囲気 一戸建てが多い、落ち着いた雰囲気の閑静な住宅街が広がっています。 住宅街の道は、夜になると人通りが減り、街灯が少なく暗い道があるため、ひとりで歩くと不安になるかもしれません。 駅周辺に大手スーパーが多いため、買い物がしやすいです。 また、駅から徒歩約10分の場所に、大型ショッピング施設のニトリモールがあり便利です。 若江岩田駅周辺は、犯罪件数が少なく、治安が良いです。 ただ、住宅街は夜は人通りが減り、街灯が少なく暗い道があるため、ひとりで歩くと不安になるかもしれません。 0 住みやすい点 まず、スーパーが多かったので買い物がとてもしやすかったです。 また、大型ショッピング施設があったのでとても便利でした。 そして、治安が良かったので安心して住むことができました。 住みにくい点 まず、飲食店やコンビニが少なかったのでその点については少し不便でした。 また、街灯が少なかったので夜になると少し不安に感じました。 そして、狭い道があったので少し残念でした。 口コミ・評価をもっと見る 一人暮らし向けの間取りの家賃相場 1R 3. 3万円 1K 4. 3万円 1DK 5. 2万円 1LDK 6. 7万円 周辺駅との家賃相場比較 1R・1K・1DKの間取りの平均家賃相場の比較です。 東花園 4. 6万円 河内花園 4. 2万円 4. 1万円 河内小阪 4. 1万円 家賃相場より安いお部屋は見つかりにくい 家賃の安いお部屋を見つけるためには、HOMESやSUUMOよりも最新のお部屋情報を把握すべきです。 ただ、閉店時間が早いので、時間を気にする必要があります。 セブンイレブン 1件 ファミリーマート 1件 ローソン 0件 サンクス 1件 その他 2件 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の

【東大阪市】イズミヤ若江岩田店が閉店って本当?!店内の店舗が続々と閉店準備を始めています!

イズミヤ 若江 岩田 店

設立)を(いわゆる株式額面変更目的の合併)。 2016年7月1日、旧イズミヤ株式会社は株式会社に商号を変更し、により「(新)イズミヤ株式会社」を設立。 イズミヤ株式会社(: Izumiya Co. , Ltd. )は、でを展開する、日本の準大手小売業者である。 以前は、、でも展開していたが、の真正店の閉店をもって中部地方から、の津高店の閉店をもって中国地方から、の検見川浜店の閉店をもって関東地方から撤退した。 2020年2月20日に唯一近畿圏外の宮崎の店舗が閉店。 付でやなどのグループ統括会社「」と経営統合した。 現法人のイズミヤ株式会社は、に旧法人のイズミヤ株式会社が商号を「エイチ・ツー・オーアセットマネジメント」と変更したのに伴い、により新たに設立されたものである。 概要 近畿地方一円を地場とする。 かつては業態での出店が主力であったが、近年は食品スーパー「デイリーカナート」での出店に力を入れており、さらに低コスト運営に注力した『』という業態も展開している。 当該業態による、既存の小型・不採算店舗の再生にも取り組んでいる。 社名の由来は「」として知られる聖書箇所(ヨハネによる福音書4章13-14節)より。 創業者、和田源三郎はだった。 ちなみに、主力業態の一つであるデイリーカナートの「カナート」もで「オアシス」の意味であり、「」にちなんだものとなっている。 中国・九州地区を地盤とする同業の(本社・)をはじめ、全国各地に類似した名称の企業が少なからずあるが、それらとの関係はない。 (大正10年)5月 - 和田源三郎が、いづみや呉服店として今宮(現・花園南)で創業。 (昭和27年)4月 - 衣料品の販売を主とする(旧)いづみや株式会社設立。 (昭和34年)8月 - 第2号店舗としてに尼崎店を開店。 チェーンストア展開開始。 (昭和43年)4月 - 日本初のショッピングセンターとして大阪府に岸和田店を開店。 (昭和45年)9月 - 当時休眠会社の株式会社いづみや商店が(旧)いづみや株式会社を吸収合併しいづみや株式会社に商号変更(いわゆる株式額面変更目的の合併)。 (昭和48年)• 7月 - 現行を導入。 9月 - に上場。 (昭和53年)9月 - に上場。 (昭和54年)9月 - イズミヤ株式会社に社名変更。 (昭和62年)3月 - 関東進出1号店舗としてに牛久店を開店。 (平成15年)• 3月 - 大阪の小売業「」と資本業務提携、持分法適用会社とする。 6月 - のスーパー部門子会社「高島屋ストア」を買収。 買収後「カナート」に社名変更。 (平成19年)3月 - 新業態の食品スーパー「」1号店を大阪府に開店(デイリーカナートから業態転換)。 (平成20年)• 4月 - 中京地方を基盤とする流通業・ ()と業務提携。 11月 - 「はやし」を完全子会社化。 (平成21年)8月 - ユニー、()と組んだ3社共同の「」の販売を開始。 2年掛かりで「good-i」ブランドから「スタイルワン」に全面的に切り替える。 (平成22年)2月 - と資本・業務提携することを発表。 (平成23年)11月1日 - 同社グループの進出1号店として、蘇州泉屋百貨有限公司(本社:)が運営する『 泉屋百貨』が開業。 (平成26年)• 5月28日 - のイズミヤ株式が上場廃止。 6月1日 - や・やなどを運営する(H2O)とにより経営統合した。 (平成28年)• 6月1日 - 子会社であったサンローリー、デリカ・アイフーズ、カナートの株式を株式会社に譲渡。 7月1日 - 旧イズミヤ株式会社が商号を「株式会社」に変更、により新法人による「イズミヤ株式会社」を新たに設立、旧社から不動産事業を除く事業全般を承継。 旧社は新「イズミヤ株式会社」の全株式を株式会社エイチ・ツー・オー食品グループに譲渡。 10月1日 - 生鮮食品の加工・販売事業を株式会社阪急フードプロセスに承継。 業態 現在の業態• イズミヤ:(GMS)形態の店舗で、衣料・食品・住居用品を幅広く揃える。 駅前立地が多い。 スーパーセンター:形態の店舗。 ワンフロアで食料品、衣料品、住居関連品の全てが揃う。 工場跡地や埋め立て地を活用した広大な敷地に立地している。 カナート:形態の店舗。 2015年現在はのみだったが、2018年7月21日 土 にイズミヤ住道店を建て替えとして、2018年12月13日 木 にイズミヤ伏見店を建て替えとして、オープン。 デイリーカナート:(SM)形態の店舗で、食料品を中心とした生活必需品を揃える小型の店舗。 同業他社の店舗を、買収により転換した店もある。 まるとく市場:参照。 過去に存在した業態• FISMY:ターゲットをピュアヤング(16歳から22歳)に絞った衣料専門大型店。 京都・心斎橋の2店舗を展開していたが、心斎橋店は2009年8月に閉店。 京都店についても店舗運営をに全面委託しFISMYの名称を外したことから、この業態からは事実上撤退した。 をモチーフにしたもので、右側の橙色は太陽のを指し、左側の黄緑色はを指す。 景観条例があるやの店舗では青色に統一されている。 ではこの太陽のロゴマークを使用していない。 このロゴマークは、かつての「」((平成6年)にダイエーに吸収合併)のをイメージしたロゴマークと酷似していた。 テーマソング• 「お散歩気分で」• 「さあ歩き出そう」• 「しあわせの風車」 店舗 イズミヤ淡路店() 過去に存在したイズミヤの店舗 関東地区• 、、、 他。 板橋店(、(平成27年)2月閉店) 閉店後、板橋前野町店が同年11月21日に開店。 小山店(、(平成27年)8月閉店) 閉店後、ビルの所有権を小山市に無償譲渡。 一部商業施設、小山市立生涯学習センター、シネマロブレは閉店後もビル内で存続。 八千代店(、(平成28年)6月閉店) 閉店後、八千代16号店が同年11月19日に開店。 牛久店(茨城県、2017年(平成29年)2月1日閉店) 跡地には、TAIRAYAエスカード牛久店が入店。 検見川浜店 千葉県、(平成3年)11月22日開店 - 平成29年 5月10日閉店 「検見川浜ベイサイドモールフェリア」の核テナントとして営業。 同店の閉店により、関東地方から撤退した。 閉店後のテナントとして同年11月23日に「イオンスタイル検見川浜」が再オープンした。 中部地区• 太田店(、1970年(昭和45年)9月25日開店) 名鉄ショッピ内2〜4Fに出店。 衣料品・日用雑貨のみ扱った。 のちに1F食料品のが全館引継いだ。 現在は解体され、によるマンション。 多治見店(、1971年(昭和46年)10月2日開店) 名鉄ショッピ多治見店(現:多治見テラ)の衣料品テナント店舗。 那加店(、1971年(昭和46年)3月開店 - 1982年(昭和57年)10月閉店) 名鉄ショッピ那加店の衣料品テナント店舗。 各務原店(各務原市、1981年(昭和56年)7月開店-2005年(平成17年)6月閉店) 跡地は現在、各務原店と各務原店。 なお、真正店の閉店により岐阜県のみならず中部地区からは全面撤退となった。 名古屋店(、1967年(昭和42年)6月1日開店-1997年(平成9年)2月28日閉店) 駅前店5階、ワンフロアーの衣料品テナント店舗。 閉店後の同年4月、が跡フロアに開店。 豊田本町店(名古屋市、1970年(昭和45年)5月29日開店-1973年(昭和48年)閉店) 衣料品店舗。 堀田店(名古屋市、1970年(昭和45年)12月開店-1972年(昭和47年)閉店) 衣料品店舗。 跡地はフィール堀田店。 近畿地区 大阪市• 梅田店(、1972年(昭和47年)閉店)• 京橋店(、1970年(昭和45年)4月15日開店-1975年(昭和50年)閉店)• 喜連店(、 (昭和44年)3月15日開店-1971年(昭和46年)閉店)• 駒川店(、2001年(平成13年)5月20日閉店) 近隣には『QANAT MALL(カナートモール)南田辺』が開店している。 千林店(、 (昭和36年)10月開店-(昭和45年)閉店) 現在はせんばやし店( 令和2年 5月10日閉店)• 千本店(、(昭和46年)閉店)• 花園店(西成区、2017年(平成29年)10月1日閉店) イズミヤの1号店 であったが、建物老朽化に伴う建替のため一旦閉店となり、2019年11月28日に「デイリーカナートイズミヤ花園店」として営業を再開した。 都島店(都島区) 大阪府(大阪市以外)• 布施店()• 東大阪店(東大阪市、1971年(昭和46年)10月17日開店-1975年(昭和50年)閉店)• 瓢箪山店(東大阪市、1969年(昭和44年)3月15日開店-1975年(昭和50年)閉店)• 若江岩田店(東大阪市、1969年(昭和44年)5月開店-2019年(元年)末閉店)• 高槻駅前店(、1969年(昭和44年)3月1日開店-1981年(昭和56年)閉店)• 茨木店別館(茨木市、 (昭和49年)8月31日開店-(平成13年)9月30日閉店) 現在1Fが、上層はマンションである。 堺東店(、1964年(昭和39年)開店-1997年(平成9年)閉店)• 鳳店(堺市)• 岸和田店() 西岸和田店に統合。 西岸和田店(岸和田市、(平成9年)3月開店、(平成27年)12月31日閉店) 岸和田旧港再開発事業 の一環として建設された岸和田カンカンベイサイドモールの核店舗であった。 閉店後もカンカンベイサイドモール専門店は営業中。 旧イズミヤの区画にはラ・ムーなどが出店している。 尾崎店(、2001年(平成13年)12月閉店) 現在はが入っている。 住道店(、2016年(平成28年)12月31日閉店) 建物老朽化に伴う建替のため、一時休業としての形で閉鎖。 2018年(平成30年)7月21日より『QANAT MALL 住道』として業態転換し再オープン。 大東店(大東市、2018年(平成30年)6月5日閉店) 閉店後も大東サンメイツ専門店は営業中。 食料品売場のみ建替えた住道店に実質移転。 東寝屋川店(、2019年(令和元年)5月6日閉店) 跡地はマンションを建設予定。 泉佐野店(南中安松、2019年(令和元年)9月16日閉店) 兵庫県• 伊丹店(、1966年(昭和41年)3月18日開店-1976年(昭和51年)1月18日閉店) 昆陽店に実質移転。 西宮店( 西宮市津門大塚町) により被災。 1〜3Fが店舗、上層はマンションであった。 解体後、タワーマンションが建てられた。 (平成20年)、約1km北側の(西宮市高松町、跡地)に核テナントの1つとして再進出している。 西神戸店(、震災により閉店) 内にあり、阪神・淡路大震災直前の(平成6年)12月に撤退を表明していた。 南淡店((開店当時は)、(平成18年)10月閉店) 閉店後は地元のスーパー「」が改装の上で営業するが自己破産によりに営業停止• 神戸ポートアイランド店(神戸市、(平成18年)3月開店-(平成22年)2月28日閉店) 年間5億円の赤字が解消できる見込みが立たなかったため閉店となった。 西脇店(、(平成25年)閉店)• ハーバーランド店(神戸市、(平成18年)11月開店-(平成28年)7月16日閉店) ノースモールのB1〜1Fに出店していた。 閉店後のテナントとして、2017年(平成29年)7月14日に『イオンスタイルumie』がオープンした。 京都府• 福知山店()• 伏見店(、2017年(平成29年)10月7日閉店) 建物老朽化に伴う建替のため、一時休業としての形で閉鎖。 2018年(平成30年)12月13日より『QANAT MALL(カナートモール) 伏見』として業態転換し再オープン。 奈良県• 大和高田店(、 (昭和47年)閉店) 現在はマンション• 王寺店(、(平成22年)2月24日閉店) 現在はスーパーマーケットヤオヒコが入店。 (平成22年)4月にへスーパーセンター広陵店として移転。 和歌山県• 紀伊田辺店(、2001年(平成13年)4月閉店) 中国・九州地区 島根県• 木次店(、2015年(平成27年)4月12日閉店) 商業施設「SCサン・チェリヴァ」の中核テナントとして入居していたが、売上げ不振とイズミヤの業務見直しにより閉店。 現在は施設の名称を「マルシェリーズ」に改め、地場スーパーのなどが入居。 岡山県• 津高店(、2016年(平成28年)8月21日閉店) この店の閉店により、中国地方から撤退。 閉店後、2017年(平成29年)3月28日より中国地方でスーパーマーケット事業を展開している初の大型商業施設『エブリイOkanaka津高』として営業。 宮崎県• 宮崎店(、2020年2月20日閉店) 九州地方で唯一のイズミヤ店舗。 グループ企業 エイチ・ツー・オーアセットマネジメント(旧・イズミヤ)の関連企業• カンソー - 総合ビルメンテナンス業を運営。 蘇州泉屋百貨有限公司 - 中国における百貨店の経営。 その他• イズミヤ総研 - マーケットリサーチ、情報提供サービス業を運営。 イズミヤカード - 保険代理店事業・事業・旅行代理店(レマントラベルサービス)等を展開していた。 現在は保険代理店事業、旅行業、電子マネー事業を株式会社ペルソナに移管し、貸金業、割賦販売業を廃業している。 ビーユー - 、ファンシーグッズの販売。 かつてはアパレル・スポーツ用品事業も展開していたが、2017年に株式会社アクトに会社分割し撤退。 かつてのグループ企業• 宮崎レマンホテル - イズミヤ宮崎店隣 でを運営していた。 ホテルは2013年9月末に営業終了。 - のショッピングセンター「サン・チェリヴァ」を運営していた。 アバンティブックセンター - 書籍・雑誌の販売。 「アバンティブックセンター」「アミーゴ書店」を運営。 2015年度第3四半期に保有株式を売却。 サン・フレッシュ - 鮮魚・寿司の販売。 2016年度に会社清算。 - 大阪市を基盤とする食品スーパーマーケット。 2017年3月1日にカンソーが吸収合併。 フォード関西(旧ファミリー関西) - の。 にはオートラマが大阪府・奈良県で直営していたディーラー「フォードウイング」の運営を引き継ぐ。 しかし事業整理のため10月をもって撤退。 全店舗の営業を直営の販売会社「フォード・ジャパン・ディーラー・リミテッド」に移管する。 アーバン - ・ユーノス車の。 ユーノス販売網に加入していたがに事業撤退するのに伴い、で運営していた店舗を引き継ぎ「ユーノスアーバン」として営業していた。 ユーノス店廃止とともに店に転換し「マツダアンフィニアーバン」として営業していたがにて閉店。 建物は「ホンダカーズ大阪天王寺店」として存続中。 グループ入りしたから、イズミヤ直営の店舗でとがそれぞれ発行したおよびが利用できるようになった(全国百貨店共通商品券は株式会社阪急阪神百貨店以外で発行されたものも利用可能)。 なお、まるとく市場各店とイズミヤグループの一部店舗(はやし、カナートなど)では商品券は利用できない。 とのギフトに関しては、エイチ・ツー・オー リテイリング傘下になってからは、阪急百貨店と共通の物(一部商品除く)をイズミヤ各店(まるとく市場と食品を取り扱わない店舗除く)で扱う形に移行している。 関連項目• - の『』内の枠で毎週金曜日((平成22年)4月現在は14時58分)に放送中の1分。 出演は。 - インターネットショッピングサイトはと楽天市場にを出店中。 - エイチ・ツー・オー リテイリンググループが運営するスーパーマーケット。 イズミヤ公式ウェブサイト• 株式会社イズミヤ総研• 但し、イズミの店舗のいくつかには、イズミヤのグループ企業である玩具店のペリカンが出店している。 旧法人。 イズミヤ公式ウェブサイト 2014年1月31日• - イオンリテール・ニュースリリース 2015年11月9日• - 小山市、2015年8月2日閲覧。 - 千葉日報、2017年6月10日閲覧。 流通ニュース 2017年11月20日 2018年1月22日閲覧。 - 日本経済新聞(2017年5月16日)2019年12月7日閲覧。 2019年12月7日閲覧。 号外NET 東大阪市 2019年9月10日. 2020年4月8日時点のよりアーカイブ。 2020年4月8日閲覧。 号外NET 東大阪市 2019年12月29日. 2020年4月8日時点のよりアーカイブ。 2020年4月8日閲覧。 2019年9月22日閲覧。 - 流通ニュース(2018年7月17日)2019年5月14日閲覧。 - イズミヤ(2019年8月26日)2019年12月24日閲覧。 - 流通ニュース(2017年6月6日)2019年5月14日閲覧。 - 出店ウォッチ(2019年2月7日)2019年5月14日閲覧。 - 流通ニュース(2018年11月30日)2019年5月14日閲覧。 - 流通ニュース(2017年11月29日)2019年5月14日閲覧。 株式会社ビーユー• エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 第97期第3四半期四半期報告書• 「」号より 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式アカウント.

次の