ラムネ の ビー玉。 ラムネの語源と由来、ビー玉が入っている理由について解説!

ラムネのお話

ラムネ の ビー玉

「ラムネ」は ビー玉でふたをされたビンに入っている炭酸水のことです。 対して「サイダー」は ビー玉が入っていない炭酸飲料のことを指します。 また、「ソーダ 水 」とは 炭酸水全般を指す総称です。 「ラムネ」について詳しく ラムネは ビー玉の入った炭酸飲料のことです。 お祭りの屋台でよく見かけるものがこれです。 飲み終わった後にビー玉を取り出して遊んだことがある人もいるのではないでしょうか。 ラムネは 「レモネード lemonade 」がなまったものです。 元々は炭酸水にレモンの香料や砂糖を加えたものを指しましたが、現在はビー玉が容器に入っているものをラムネと呼びます。 イチゴ味やメロン味といったように、レモン風味以外ものでも、ビー玉が入っていればラムネとして販売できます。 ビー玉入りの独特な形のビンは、1872 年のイギリスで生まれたものです。 炭酸の圧力で内側から容器を密閉するという独特の方法が使われており、高い効率でリサイクルできることが特徴でした。 しかし、缶やペットボトルが普及したことで、このビンの生産量は減ってきています。 「サイダー」について詳しく サイダーは、ラムネと違って ビー玉がない容器に入った炭酸飲料です。 サイダーは 「シードル cidre 」がなまったものです。 サイダーは英語で「cider」と書かれます。 つづりがシードルとよく似ていますよね。 シードルとはフランス語でリンゴ酒のことですが、日本では炭酸水にクエン酸や砂糖を加えた、リンゴ風味の炭酸飲料をサイダーと呼びます。 しかし、徐々にサイダーにもレモンの香料が使われるようになり、 ラムネとサイダーの間に味の差は無くなりました。 現在は容器によって区別されています。 ラムネと同じように、桃風味やブドウ風味など、リンゴ以外の様々な味のものがサイダーとして発売されています。 現在は果実風味の、無色透明の炭酸水のことを広く指す言葉になっています。 「ソーダ」について詳しく ソーダとは、正しくはソーダ水のことで、炭酸飲料全般を表します。 したがって、ラムネもサイダーもソーダの一種類と言うことができます。 また、 甘味料などの入っていない、無味の炭酸水を指す場合も多くあります。 これはカクテルを作る場合などに使われます。 例としてはカシスソーダなどがあります。

次の

ラムネにビー玉が入っているのはなぜ?ラムネに関する豆知識も教えちゃいます!

ラムネ の ビー玉

昔から、多くの人に愛されている炭酸飲料、 ラムネ。 買ったら子供にも飲ませてあげているのですが、 その時に子供から ふとした疑問が。 それが、 「 ラムネにはなんでビー玉が入ってるの?」 というもの。 確かにラムネといえば、中に必ず ビー玉が入っています。 開ける時はビー玉が蓋代わりになっていて、 開けると プシュって音がするのも楽しいですよね。 ラムネとビー玉の歴史 なぜラムネはビー玉で蓋がしてあるのでしょうか? 飲料水の蓋というと、現代では キャップ、 昔であれば 王冠栓が使われていました。 なのに、なぜ開けにくいビー玉なのでしょうか? この秘密は、 ラムネが初めて開発された背景にありました。 ラムネが初めて開発されたのは、なんと今から 150年前! 1872年に イギリスで初めて作られたのです。 ラムネってなんとなく 日本だけの文化のイメージがありましたが、 実は外国で作られたものだったんですね~ イギリスでラムネが開発された当初は、 蓋にはビー玉ではなく、 コルク栓が使われていました。 しかし、コルク栓には とんでもない欠陥があったのです。 コルク栓でラムネの蓋をすると、 なんと 開けていないのに炭酸が抜けていってしまったのです。 炭酸が抜けてしまったラムネなんて、 ただの甘い砂糖水ですよね~ このままではいけない!と困っていた時に、 当時のイギリスのコルク会社が、今の形である ビー玉を栓とする容器を開発したのです。 ラムネにビー玉が使われている3つの理由 ではなぜ、よりにもよって ビー玉で蓋をするようになったのでしょうか? ビー玉以外にも、当時ならちゃんとした蓋があっても おかしくありませんよね。 そして、なぜ技術が進歩した現在でも、 ラムネにはビー玉を使っているのでしょうか? ラムネにビー玉を使っている理由は 3つ。 再利用することできる。 実は、ラムネにビー玉が使われるようになった当時、 イギリスでは ガラスが非常に高価だったのです。 ガラスで作られていた瓶とビー玉も、 当時は高価な物の一つでした。 なので最初から、瓶とビー玉は 再利用することを前提に 作られていたものだったのです。 ラムネにはビー玉というイメージ 技術が進んで、 ペットボトルや パックなどで飲料水が 売られている現在でも、ラムネはビー玉を入れて販売しています。 これは、ラムネの愛飲者の人達が、 ラムネにはビー玉を入れるべき!という意見を出しているからなんです。 なので、その思いが今でも残っており、 現在でもラムネにはビー玉が入れらるのです。 確かにラムネにビー玉がないと、 少し物足りない感じがしますね(笑) 最後に ラムネにビー玉が入っている理由、いかがだったでしょうか? 以外にちゃんとした理由があって、すごくビックリですよね! ラムネは今では古臭い感じがしますが、 それでも多くの人に愛されている飲料水です。 これからもずっと、飲み続けていきたいですね。 よく読まれている記事はコチラ• 0件のコメント• 0件のコメント• 1件のコメント• 12件のコメント• 1件のコメント• 1件のコメント• 0件のコメント• 2件のコメント• 6件のコメント• 0件のコメント• 3件のコメント• 0件のコメント• 3件のコメント• 3件のコメント• 0件のコメント• 0件のコメント• 4件のコメント• 5件のコメント• 7件のコメント• 3件のコメント コメントありがとうございます!• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に にこ より• に アルカ より• に 二塚やすこ より• に 浜ちゃん より• に より• に 田辺 こうむ より• に 匿名 より• に 匿名 より• に しんしん より• に 咲夜 より• に 本質 より• に 加来哲郎 より• に ももな より• に 匿名 より• に 匿名 より• に ユーマ より• に ユーマ より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に より 検索.

次の

ラムネの歴史はいつから?ビー玉が使われている理由とサイダーとの違い | 3分雑学「なべのけしき」

ラムネ の ビー玉

昔から、多くの人に愛されている炭酸飲料、 ラムネ。 買ったら子供にも飲ませてあげているのですが、 その時に子供から ふとした疑問が。 それが、 「 ラムネにはなんでビー玉が入ってるの?」 というもの。 確かにラムネといえば、中に必ず ビー玉が入っています。 開ける時はビー玉が蓋代わりになっていて、 開けると プシュって音がするのも楽しいですよね。 ラムネとビー玉の歴史 なぜラムネはビー玉で蓋がしてあるのでしょうか? 飲料水の蓋というと、現代では キャップ、 昔であれば 王冠栓が使われていました。 なのに、なぜ開けにくいビー玉なのでしょうか? この秘密は、 ラムネが初めて開発された背景にありました。 ラムネが初めて開発されたのは、なんと今から 150年前! 1872年に イギリスで初めて作られたのです。 ラムネってなんとなく 日本だけの文化のイメージがありましたが、 実は外国で作られたものだったんですね~ イギリスでラムネが開発された当初は、 蓋にはビー玉ではなく、 コルク栓が使われていました。 しかし、コルク栓には とんでもない欠陥があったのです。 コルク栓でラムネの蓋をすると、 なんと 開けていないのに炭酸が抜けていってしまったのです。 炭酸が抜けてしまったラムネなんて、 ただの甘い砂糖水ですよね~ このままではいけない!と困っていた時に、 当時のイギリスのコルク会社が、今の形である ビー玉を栓とする容器を開発したのです。 ラムネにビー玉が使われている3つの理由 ではなぜ、よりにもよって ビー玉で蓋をするようになったのでしょうか? ビー玉以外にも、当時ならちゃんとした蓋があっても おかしくありませんよね。 そして、なぜ技術が進歩した現在でも、 ラムネにはビー玉を使っているのでしょうか? ラムネにビー玉を使っている理由は 3つ。 再利用することできる。 実は、ラムネにビー玉が使われるようになった当時、 イギリスでは ガラスが非常に高価だったのです。 ガラスで作られていた瓶とビー玉も、 当時は高価な物の一つでした。 なので最初から、瓶とビー玉は 再利用することを前提に 作られていたものだったのです。 ラムネにはビー玉というイメージ 技術が進んで、 ペットボトルや パックなどで飲料水が 売られている現在でも、ラムネはビー玉を入れて販売しています。 これは、ラムネの愛飲者の人達が、 ラムネにはビー玉を入れるべき!という意見を出しているからなんです。 なので、その思いが今でも残っており、 現在でもラムネにはビー玉が入れらるのです。 確かにラムネにビー玉がないと、 少し物足りない感じがしますね(笑) 最後に ラムネにビー玉が入っている理由、いかがだったでしょうか? 以外にちゃんとした理由があって、すごくビックリですよね! ラムネは今では古臭い感じがしますが、 それでも多くの人に愛されている飲料水です。 これからもずっと、飲み続けていきたいですね。 よく読まれている記事はコチラ• 0件のコメント• 0件のコメント• 1件のコメント• 12件のコメント• 1件のコメント• 1件のコメント• 0件のコメント• 2件のコメント• 6件のコメント• 0件のコメント• 3件のコメント• 0件のコメント• 3件のコメント• 3件のコメント• 0件のコメント• 0件のコメント• 4件のコメント• 5件のコメント• 7件のコメント• 3件のコメント コメントありがとうございます!• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に にこ より• に アルカ より• に 二塚やすこ より• に 浜ちゃん より• に より• に 田辺 こうむ より• に 匿名 より• に 匿名 より• に しんしん より• に 咲夜 より• に 本質 より• に 加来哲郎 より• に ももな より• に 匿名 より• に 匿名 より• に ユーマ より• に ユーマ より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に より 検索.

次の