レオン 映画 キャスト。 レオン

知英(JY)映画『レオン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

レオン 映画 キャスト

基本情報 1994年フランス出身のリュック・ベッソンによるハリウッド初となる監督作品。 この作品のヒットにより監督のリュック・ベッソンをはじめメインキャストのジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマンが注目を集めました。 タイトルに完全版と付けたのは今DVDやブルーレイディスクとして販売されてるのは完全版ですが、大人の男性と少女の恋ということで試写会の時点で一部刺激的でよくないと非難されたシーンがあったんですね。 やむを得ず当時はカットして公開しました。 カットした長さはなんと22分。 そしてのちにリュック・ベッソンが世に出したかった完全版をお披露目することになったのですが、両方観たうえで僕は完全版をおすすめします。 完全版は133分にもなるのですがカットしたシーンは映画に深みをもたせる大事なシーンなのでぜひこれからご鑑賞の方はレオン完全版を観てください。 あらすじ 舞台はニューヨーク。 孤独に生きるプロの殺し屋レオンはマフィアのボスであるトニーから仕事を受け、完璧に任務を遂行する日々を送っていた。 レオンが住むアパートの隣人であるマチルダは12歳の少女である。 彼女の父ジョセフは麻薬の運び屋をしている。 ある日ジョセフが預かっておいた麻薬をくすねたために家族が殺されてしまう。 たまたま外出していたマチルダは帰ってくると玄関先で倒れてる父親を発見。 それだけ聞くとあぶない香りがプンプンします。 普通なら観ることすら恥ずかしくなってしまいそうですが おじさんをプロの殺し屋にするだけで見方が変わるんですよ。 プロフェッショナルに弱いのは僕だけじゃないと思うんですよね。 天才ドクターとか名探偵とかもその類です。 ラブストーリーもハードボイルドの要素が加わると興味を持ちます。 逆にドンパチやってる騒がしいものは苦手だけど恋愛ものは好きと言う方もいるでしょう。 映画がはじまると、暗闇でレオンが仕事の依頼を受けます。 標的はマフィアのボスでまわりには複数の手下がいます。 手下を手際よく片付けボスをじわじわと追い込んでいくレオンは完璧すぎます。 しかもここまでの間レオンの全体像はまだ映ってません。 まるでパニック映画かホラーでも見てるかのようにとんとん拍子にボスの手下が殺されていきます。 このシーンは約10分ですが緊張感もあって一気に引き込まれます。 つかみとしても完璧ですね。 本作の悪役は麻薬取締官スタンスフィールドです。 麻薬を取り締まる立場でありながら自分も麻薬に手を染めていて、非常に冷酷で残忍な男です。 そしてこのスタンスフィールドを演じたゲイリー・オールドマンが悪役なのにかっこいいんです。 なかなかのキレ者です。 終始ラリってるんですけどね。 お父さんを殺されレオンにドア越しに鬼気迫る表情で助けを求めるとこ、頭の回転が速く奇想天外な行動をとるとこ、殺し屋の見習いとしてレオンと練習をするとこ、酔っぱらってまわりが引くほど笑うとこ、レオンに告白するとこ。 こういう バイオレンスがメインの話は緊迫するシーンが多いので喜怒哀楽いっぱいの彼女の表情は印象に残ります。 まとめ・感想 終わってみるとメインキャストである3人はプロの殺し屋、殺し屋に恋した12歳の少女、薬ちゅうの麻薬取締官と誰一人まともな人がいない物語です。 緊張と緩和のバランスがいいんです。 主役が殺し屋である以上たくさんの死人が出てきます。 それに対してのレオンとマチルダの2人の会話が落ち着きます。 ちょっとませてるマチルダと武骨なレオンがまた微笑ましいです。 24年前の映画でナタリー・ポートマンはまだ今年37歳ですって。 この後スターウォーズに女王役で出るのは5年後になります。 ジャン・レノはもう70歳ですって。 日本ではトヨタのCMでドラえもんを演じてたのが印象に残ってます。 妻夫木聡と共演してましたね。 話がそれましたがそれほど昔の映画ですが十分に楽しめます。 ぜひご覧ください。 今日は映画レオンの紹介をしました。 ありがとうございました。

次の

映画レオンの魅力を解説!少女マチルダとミルク噴きの殺し屋

レオン 映画 キャスト

映画デッドマン・ウォーキング 人の死とは何か スラム街でアフリカ系アメリカ人たちのいる施設で働いている女性ヘレンはある日、マシューという強姦殺人で捕まって死刑宣告された男から手紙が届きます。 その内容は再審の申し出でした、彼はヘレンに力を貸してほしいとのことでした。 この手紙を受けっとたヘレンはマシューの力になりたいと思い、会いに行くことを決意します。 彼の刑務所に着いたヘレンは刑務所の所長に会って面会所に向かいます。 マシューはもともと暴力的な性格でしたが、処刑日が近づき意気消沈していたのです。 面会を終え、自宅に帰宅したヘレンはマシューを知るためマシューの事件について過去の新聞などを調べていきます。 事件の詳細はマシューはもう1人の男と共謀してカップルを襲い、強姦し終わったあとで2人を殺していました。 助太刀しようのない残忍な凶悪犯罪ですが、しかしそのもう一人の男は裁判の判決は無期懲役、マシューのみが死刑判決を受けてしまったのです。 マシューはこの判決が不公平であると、マシューは再審を求めているのでした。 マシューの証言ではレイプは認めるがカップルを殺害をしたのは、自分ではなくもうひとりの男だというのです。 ヘレンはマシューのこの訴えを信じることにしました。 ヘレンは彼の再審の協力することを決意します。 しかし死刑執行の日程はもうすでに決まっていて、時間がないことはわかっていました。 ヘレンはすぐさま弁護士に会いに行き、マシューのために特赦の審問会の請求の手続きを行います。 そしてマシューの母親に審問会で殺人を犯していない証言してもらいますが、しかし特赦を得ることができませんでした。 こうなってくると方法は一つしかありません。 知事に直談判して死刑の延期をしてもらうしかないのです、そして知事に連絡をして返答を待つ二人 しかし死刑当日を迎えてしまう・・・・。 デッドマン・ウォーキングのキャスト 数々の賞を受賞 ヘレン役のスーザン・サランドンはこの作品に出演してアカデミー賞、主演女優賞を獲得しています。 マシュー役のショーン・ペンは沢山の賞を受賞、ノミネートしています。 アカデミー主演男優賞などを受賞しています デッドマン・ウォーキングは死刑廃止論を唱える修道院女性によって撮影された作品であり出演したほとんどのキャストが数々の賞を受賞しています。 デッドマン・ウォーキング実話 国の制度を変えた実話 この作品は修道院のシスターであるヘレン・プレジャンの書いた小説「デッドマン・ウォーキング」の映画化です。 彼女は国連の人権委員会に出席して死刑廃止のスピーチをしました。 まずアメリカ合衆国の死刑廃止を訴え、そして多数決をとった結果、死刑廃止が多数で可決されます。 デッドマン・ウォーキングの感想 死刑の在り方 これは死刑をテーマにした映画で、とても深い映画です。 マシューはレイプしていて、殺人に加担しているのは確かですが、彼は後悔していると述べ反省の色がうかがえます。 どんなに凶悪犯罪を犯したとしても更生すればその罪は償われるのか?被害者の親族はそれで納得するのだろうか。 もし自分が被害者親族の立場になったら命をもって償ってほしいと思うだろうか。 死刑の問題は改めて考えると根の深い問題でとても考えさせられた映画です。

次の

デッドマン・ウォーキングの映画、ヘレンのキャスト、原作小説と感想

レオン 映画 キャスト

監督:リュック・ベッソン 俳優や女優:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン 等 フランスの映画監督 リュック・ベッソンの初ハリウッド作品として注目を集めました。 レオンの背景 1994年の ニューヨークが舞台。 マフィア組織と殺し屋をテーマに複雑なニューヨークの裏事情を表現した映画。 マチルダやレオンが住むアパートも非常に質素なところ。 華やかな世界とは正反対のレオンとマチルダの生活。 さらに、アクション映画をフランス人監督が作成しているため、少し恋愛に似たマチルダとレオンの愛も描かれています。 お互いに思う優しい気持ちと切なさが見事に描かれている映画です。 アクションと恋愛が見事に融和した作品と言えるでしょう。 レオンのあらすじ 舞台はニューヨーク。 レオンはプロの殺し屋として生計を立てていました。 ある日、自身のアパートの廊下で顔に暴力の痕がある少女マチルダと出会います。 鼻血を出しているマチルダにハンカチをそっと差し出すレオン。 マチルダが「 大人になっても人生はつらいの?」と聞くと 「つらいさ」と答えるレオン。 そんな2人に転機が訪れます。 ある日いつものようにマチルダが自身とレオンのために牛乳を買いに出かけ、戻ってきました。 自身の部屋の前で家族が虐殺されたことを知ったマチルダはとっさにレオンの部屋のインターフォンを押します。 一家虐殺をドアの鍵からこっそり見ていたレオンは、扉を開けるべきか迷います。 でも、 必死のマチルダについにレオンは扉をあけ、マチルダを受け入れます。 そこからレオンとマチルダの奇妙な共同生活が始まります。 レオンのキャスト <レオン・モンタナ> イタリア系移民のプロの殺し屋。 イタリアンマフィアのボスであるトニーからの依頼を受けて殺しを実行。 レオンの信条は、「女性と子供は殺さない」。 友達は、観葉植物。 毎朝、観葉植物を日光にあてるところから一日が始まる。 字は読めず、大好物は牛乳。 <マチルダ・ランドー> レオンが住むアパートの同じ階でかつ隣に住む 12歳の少女。 父親の再婚相手とは仲が悪く、実の父親も腹違いの姉達とも仲が悪い。 唯一心を許しあっているのは幼い弟。 <ノーマン・スタンスフィールド> 麻薬取締局の刑事。 しかし、実は裏で、麻薬密売組織を牛耳る人物。 非常に冷淡な性格で、女性も子供も誰でも迷わず殺してしまう。 ジョセフが麻薬をくすねたことを知り、返却を求めたが応じなかったことを理由に一家を惨殺した。 その際は、鼻歌を歌いながら一家を皆殺したほどの冷酷さがある人物。 <ジョセフ・ランドー> マチルダの父親。 定職にもつかず、麻薬の運び屋をして、お金を稼いでいます。 実の父親にも関わらず、マチルダに愛情を注げないジョセフ。 スタンスフィールドから預かっている麻薬をくすねたために家族を殺害されてしまいます。 <トニー> レオンの雇い主でイタリアンマフィアのボス。 レオンのみどころ 『レオン』はマチルダのかわいさだけでなく、このマチルダとの奇妙な同棲生活も見どころです。 大人と子供のような2人の同棲生活。 一体どんな展開が待っているのでしょうか。 さらに、勇敢なレオンとそのレオンの過去の恋愛についてもどんな恋愛だったのか語られます。 レオンの衝撃の過去も見どころです。 マチルダのかわいさ 『レオン』の一番の見どころはマチルダのかわいさ。 ホテルのフロントのおじさんには、レオンとマチルダのカップルは親子に間違えられます。 まだ幼い顔のマチルダ。 でも、マチルダの言動は大人びているところも多々あります。 私も殺し屋になりたいと真剣な顔で弟子入りをレオンに訴えるマチルダ。 この表情もどこかかわいらしいのがマチルダの魅力の1つです。 字を読んだり書いたりできないレオンに代わって、文字を書いてあげるマチルダ。 12歳でありながら、大人のレオンを世話してあげているようなかわいいマチルダ。 いろんなかわいいマチルダの表情が楽しめるのも『レオン』の見どころです。 恋のトラウマ レオンにマチルダは何度も愛してほしいと迫りますが、レオンは常に拒否します。 あるとき、レオンはマチルダに実は恋のトラウマがあることを話します。 レオンはかつて恋をした彼女がいました。 でも、 彼女との結婚を彼女の父親に反対されてしまいました。 そこで、父親がとった驚きの行動がレオンの心に深い傷を負わせます。 父親がとった悲しい行動とは? どんなにお願いされてもマチルダとは一定の距離を保つレオン。 それどころか、レオンはいつもソファで寝てしまい、一緒のベッドですら寝ようとしないレオン。 レオンの心の繊細さも見どころです。 レオンが一緒にマチルダと同じベッドで寝る日がくるのでしょうか? レオンはマチルダとの関係で過去のトラウマを乗り越えることができるのでしょうか? レオンとマチルダの2人の関係も見どころです。 奇妙な同棲生活 レオンの家にマチルダが逃げ込みます。 そこから奇妙な2人の共同生活が始まります。 すぐに恋愛に発展するのかと思いきや、仲の良い共同生活となります。 朝は一緒に牛乳を飲み、観葉植物のお世話と決まったルーティンをこなしていく2人。 レオンに仕事がない時は穏やかな生活を過ごしていく2人。 最初はぎすぎすしていた2人が次第に心を許し、支えあっていく2人の生活内容の変化はみどころです。 レオンのたくましさ 殺し屋を職業とするぐらい強いレオン。 でも 内面はとても優しくマチルダのことを大切にします。 ある日、マチルダは弟の復讐のため、危険人物であるスタンスフィールドのところ訪れてしまいます。 マチルダを殺そうとするスタンスフィールド。 そこに部下がやってきて、部下が殺されたと一報をスタンスフィールドに入れます。 そのことで、その場でマチルダを殺すことをあきらめ、事務所へ連れていくように指示をします。 その事務所にレオンが現れ、なんとマチルダを奪い返したのです。 レオンの勇敢さは見どころです。 しかもレオンがマチルダの命を救ったのはこの時だけではありません。 最後の銃撃戦の中でもマチルダの命を守ります。 優しくて勇敢なレオンの行動は見どころです。 レオンの口コミ 偶々Amazonにおける「レオン」の商品レビューを読んでたのだが「マチルダは子宮で考えるタイプの女性。 レオンを破滅に導く物語にしか見えなかった」という感想があって目からウロコ。 中学生レベルだとナタリーポートマンがとてもエロかったです。 高校生レベルで言うと、マジパネェ。 つか、渋谷行かね?大学生レベルは行ってないのでわかりません。 『レオン』は、 レオンとマチルダの心情等も繊細に描かれている映画です。 フランス映画はラストが漠然としていることが多いのですが 、『レオン』のラストは切ないですが、物語としては完結しています。 『レオン』は、 アクション映画が好きな方にはもちろんお勧めの映画です。 アクション映画が苦手な方でも、『レオン』は、レオンとマチルダの2人の関係の変化、マチルダのかわいさは見どころです。 かわいいマチルダが徐々にレオンに慕っていく過程が見れます。 そんな マチルダを見てみたい方にもお勧めです。 また、レオンは、マチルダのことを大切にしつつ、どんな逆境も跳ねのけてきます。 そんな 勇敢なレオンを見てみたい方にもお勧めです。 レオンのフル動画 字幕 を無料で見る方法 レオンの完全版はU-NEXTで視聴することができます。 見放題作品になっていますが、いつ有料になるかはわかりませんので、気になっている方はお早めにご覧になって下さい。 完全版は公開当初カットされた22分の未公開シーンが追加されています。 まとめ フランスのアクション映画である『レオン』はマチルダの笑顔等魅力がたくさん入っている映画です。 主人公レオンの勇敢さも見ごたえがあります。 レオンとマチルダの2人の関係の変化も楽しめます。

次の