アクア ライン 通行止め。 東京湾アクアライン

台風19号アクアライン通行止めはいつから?規制や交通情報も!

アクア ライン 通行止め

(1) 「高さ指定道路」とは、車両制限令の規定に基づき道路管理者が指定した道路をいい、高さ3. 8メートルを超え4. 1メートル以下の車両が一定の条件のもと、自由に走行できます。 (2) 「高さ指定道路」に指定されていない道路を走行される場合の高さの上限は3. 8メートルまでとなりますので、高さ3. 8メートルを超える場合は、事前に特殊車両通行許可申請が必要になります。 (3) 高さ3. 8メートルを超え4. 1メートル以下の車両が「高さ指定道路」を通行する際には、以下の条件を遵守して通行してください。 走行位置の指定 トンネル等の上空障害箇所では、車両又は車両に積載する貨物が建築限界を侵す恐れがあるので、車線からはみ出さないよう走行するとともに、道路に隣接する施設等に出入りするためにやむを得ず車線からはみ出す場合は、標識や樹木等の上空障害に接触しないよう十分に注意すること。 後方警戒措置 後方車両に対し十分な車間距離を取らせ、交通の危険を防止するため、横寸法0. 23メートル以上、縦寸法0. 12メートル以上(又は横寸法0. 12メートル以上、縦寸法0. 23メートル以上)の地が黒色の板等に黄色の反射塗装その他反射性を有する材料で「背高」と表示した標識を、車両の後方の見やすい箇所に掲げること。 道路情報の収集 道路の状況は、工事の実施等により変化することがあるので、あらかじめ道路情報を収集し、上空障害箇所のないことを確認の上走行すること。

次の

大型・特殊車両や危険物積載車両を運転される方々へ

アクア ライン 通行止め

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。 内容は 紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。 ご了承ください。 対策に追われているのがアクアライン周辺のゴルフ場だ。 東京西部や神奈川方面からアクアラインを使って千葉県内のゴルフ場に行くゴルファーは多い。 当日は迂回道路の渋滞も予想され、混乱もありそうだ。 来場者の多くがアクアラインを利用するという浜野CCは「かなり前からクラブハウス内に掲示して周知を図っています。 いまのところ21日の予約が少ないとか、キャンセルが出たなどの影響はありません」。 アクアラインGCは「ホームページで告知し、その日の予約をいただいた際は、マラソンがある旨お伝えしているくらい」と、さほど心配していないようだが……。 一方で、「日曜日の日中6時間もアクアラインを封鎖されたら、迂回路の京葉道路や東関東自動車道が大渋滞になることは目に見えています。 ベストシーズンのこのかき入れ時に何てことをしてくれるんだというのが本音ですよ」(周辺のあるゴルフ場支配人)と憤る声も。 通常のトップスタート時間を1時間繰り上げたり(ロッテ皆吉台CC)、早めに来場をしなければならない9時以降スタートの組に昼食をサービスしたり(市原京急CC)と対策を講じているゴルフ場もある。 いずれにしても、この日、アクアラインの利用を予定しているゴルファーは何らかの対策を考えたほうがよさそうだ。 【関連記事】.

次の

荒天時、高速道路は「海上区間」に注意 アクアライン、レインボーブリッジ、瀬戸大橋…通行止めの基準は

アクア ライン 通行止め

スポンサーリンク 調査方法 調査はこちらのの機能を使って調べました。 ドライブトラフィックではマイルートという機能があり、 登録したルートで通行止めが発生した場合にメールで通知してくれます。 通行止めが解除されればその通知もきます。 このドライブトラフィックから届いたメールを集計して調べています。 最もアクアラインの通行止めが発生しやすい月は? 実際にアクアラインが通行止めになった回数は以下になります。 少なくとも年に5~7回ぐらいは止まることがある、と言えそうですね。 月ごとの累計を計算すると・・・ 【月別累計】 1月・・・3回 2月・・・4回 3月・・・3回 4月・・・6回 5月・・・4回 6月・・・1回 7月・・・2回 8月・・・1回 9月・・・5回 10月・・・11回 11月・・・1回 12月・・・5回 スポンサーリンク 月によって大きく差がでています。 やはり気候の変動は影響しそうです。 月ごとの強風の原因は次のように推測できます。 春の訪れが早まればその影響を受けて強風になることもあります。 荒れた天候になりやすいため、アクアラインにも影響が出やすい。 春一番は特に要注意です。 若干少ない気はしますが東京湾エリアは台風の直撃が少ないためでしょう。 台風の直撃は年に1回ぐらいです。 その影響かもしれません。 それにアクアラインマラソンが開催 2年ごと される月でもありますので、その分他の月より多くなっているようです。 まだまだ母数が少ないので誤差があるとは思いますが、 最も通行止めが発生しやすい時期は 10月と言えそうです。 次いで要注意なのが 12月、4月です。 もっともアクアラインが通行止めになる頻度が高いのは10月、次いで多いのが4月・12月という結果になりました。 通行止めの一番の原因はやはり台風。 台風が来やすい10月は通行止めも発生しやすいようです。 また年を通してみると少なくても7回ぐらいは通行止めが発生しています。 2カ月あれば1回は発生してもおかしくない数値なので、通行止めになった時にどうするか、は考えておいた方が良いでしょう。 1回でも発生したことがある月は季節の変わり目である月が多いので、風が強くなりやすい気象条件が揃っているのでしょう。 アクアラインの通行止めは通勤するにもレジャーするにも困るので通行止めになる兆候を事前に察知して帰宅難民にならないように気をつけたいですね。 季節の変わり目は要注意! この記事も読まれてます.

次の