全労済 自転車 保険。 全労済のマイカー共済[自動車保険の特約で自転車賠償責任補償や交通事故危険補償を追加出来る]

幅広い共済事業を行う全労済。自転車保険はキッズプランなどが充実。

全労済 自転車 保険

補償内容(バイク・原付) バイクや原付自転車の 自賠責共済(保険)ではカバーできない 備えをひとまとめにした頼もしい 補償です。 ご自身を手厚く守り、 相手方への賠償にも しっかり備える 「シンプルタイプ」をおすすめしています。 おすすめ シンプルタイプ ご自身や同乗者の補償 自損事故傷害特約 単独の事故などにより死傷された場合、自賠責共済(保険)の対象とならない一定の事故について補償します。 1,500 万円• 入院の場合: 日額6,000円• 通院の場合: 日額4,000円 〈被共済者1名につき〉• 支払限度日数: 事故日から200日 無共済車傷害補償 無共済(保険)車との事故で、死亡または後遺障がいを負ったとき、相手方から充分な補償が受けられないときにお支払いします。 無制限 相手方への賠償 対人賠償 歩行者や車に搭乗中の方など、 他人を死傷させてしまい、法律上の損害賠償責任を負う場合に 自賠責共済(保険)を超える分について共済金をお支払いします。 無制限 対物賠償 車両、家屋、電柱など 他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負う場合に 共済金をお支払いします。 無制限 対物超過修理費用補償 相手方の自動車修理費用が時価額を超えたときも、当会が認めた場合に、50万円を限度に差額をお支払いします。 ただし、相手方が6ヵ月以内に修理した場合などの条件があります。 最高50 万円 おすすめシンプルタイプに プラスすれば、さらに安心 ご自身や同乗者への2つの傷害補償• 搭乗者傷害特約 被共済自動車の運転者や同乗者が自動車事故によって死傷したとき補償します。 下記の補償額より選択いただけます。 500 万円• 1,000 万円• 入院の場合:日額7,500円• 通院の場合:日額5,000円• 〈被共済者1名につき〉• 支払限度日数:事故日から200日• 人身傷害補償 自動車事故傷害見舞金付き 事故により死傷された場合、治療費、休業損害、精神的損害などの実損害額 *を補償します。 示談成立を待たずに補償を受けられます。 *実損害額とは当会が定める基準にもとづき算出した額となります。 下記の補償額より選択いただけます。 5,000 万円• 1 億円• 2 億円• 無制限 〈被共済者1名につき〉 バイクでも「他車運転危険補償」が 利用できます 他車運転資格者 *1が 臨時に「他人のバイク」を借りて運転中に事故を起こしたとき、被共済者からのお申し出があり全労済が認めた場合には マイカー共済から優先して支払います。 借りたバイクにセットされている共済(保険)契約の有無にかかわらずお支払いしますので、貸主に迷惑をかけません(一定の制限あり)。 *1他車運転資格者とは、主たる被共済者とその配偶者、それぞれの同居の親族、別居の未婚の子 *2を指します。 *2別居の未婚の子とはいまだ結婚していない子をいい、離婚または配偶者の死亡により単身となった子は含みません。

次の

ファミリー世帯におすすめ、自転車保険もカバーできる国民共済(こくみん共済)!

全労済 自転車 保険

都道府県民共済の自転車保険とは? 出典)個人賠償責任保険|三重県民共済 県民共済の自転車保険(個人賠償責任保険)は、同居家族全員が保証の対象となるにもかかわらず、保険料は年額1,680円(月額140円)と安いのが特徴です。 補償内容の方も、賠償限度額は3億円で、示談交渉サービスもついているため、自転車保険の必要最低限の補償(相手に支払わなければならないもの)をカバーすることができます。 保険料;1,680円/月• 保険名;• 保険会社;損害保険ジャパン日本興亜株式会社(幹事)、他2社• 補償範囲;家族全員• 賠償責任の補償額;最大3億円• 示談交渉サービス;あり ただし、この自転車保険は県民共済などの生命保険や火災保険などに加入している人だけしか加入できません。 逆に、それらの保険に加入している人は、この自転車保険を活用するのがおすすめです。 自転車保険の具体的な加入方法について ここからは、都道府県民共済の自転車保険(個人賠償責任保険)に加入する具体的な方法についてお話してきます。 申込ハガキで申し込む場合は、このハガキに必要事項を記入し、ポストに投函するだけなので、特に難しい点はないと思います。 【STEP1】申し込みページにアクセスする まずはじめに、下記の申し込みページにアクセスします。 出典) ページの下の方にある「お申込みはこちら」をクリックします。 すると、下記のような画面が出てきますので、チェックボタンにチェックを入れ、「確認」をクリックしていきましょう。 出典)加入資格確認 I 個人賠償責任保険申込サイト 下記のような画面が開いたら、内容を確認しながらチェックボタンにチェックを入れ、「進む」をクリックします。 出典)加入資格あり I 個人賠償責任保険申込サイト 【STEP2】加入者情報を入力する ここまで進むと加入依頼書を作成する画面が出てきますので、加入者情報を入力し、「入力確認」をクリックしましょう。 出典)必要項目入力 I 個人賠償責任保険申込サイト この段階で、生命共済や新型火災共済の加入者番号が必要になってきますので、保険証券などを準備して、そこに記載の加入者番号を入力していきましょう。 すると、以下のような確認画面が出てきますので、内容を確認後、「申込む」をクリックします。 出典)入力内容確認 I 個人賠償責任保険申込サイト その後、以下のような画面が出てきたら、加入申し込みは完了です。 出典)申込完了 I 個人賠償責任保険申込サイト 【STEP3】加入者証を受け取る 加入申込後、約2週間ほどで加入者証が郵便ハガキで送られてきます。 この加入者証は大切なものなので、しっかりと保管しておきましょう。 なお、保険料の支払いについては、既に加入済みの保険(生命共済や新型火災共済など)と同じ口座から自動的に引き落とされるようになります。 注意しなければならないこととしては、この保険の適用開始日は申込日の翌々月1日空となりますので、日程に余裕を持って申込をするか、またはそれまでの間は別の自転車保険を適用しておくといった工夫が必要となります。 お疲れさまでした。 これで、都道府県民共済の自転車保険への加入手続きは完了です。 共済は利益を追求する一般的な保険と違って、お互いに助け合うことをことを目的としたものなので、保険料が安くなっています。 必要最低限の保証があればいいので、なるべく安く保険に加入したいという人は、参考にしてみてください。 それでは!.

次の

保険料が高い!?全労済 マイカー共済に自転車向け特約を付帯した時の保険料・補償・評判・メリット・デメリットを他社と比較して必要か不要か評価!

全労済 自転車 保険

なお「こくみん共済coop」とは愛称であり正式名称は「 全国労働者共済生活協同組合連合会」です。 全労済のバイク保険 バイク任意保険 を詳細に解説します。 全労済では125cc以下の原付バイク・125cc超~250cc以下の二輪バイク・250cc超~400cc以下の二輪バイク・400cc超の二輪バイクなどバイクの任意保険 単体のバイク保険 を扱っています。 また125cc以下の原付バイクについてはマイカー共済の特約としてマイバイク特約 ファミリーバイク特約 を追加することで補償されます。 このページでは全労済のバイク任意保険について詳しく解説しています。 しばらくお付き合いいただけると幸いです。 「バイク保険御三家」とまともに比較できるのはここだけ! まず結論から。 わたしたちネットユーザーがバイク保険 バイク任意保険)を検討する際、具体的な保険料で比較の対象になるのは「バイク保険御三家」と全労済だけです。 「バイク保険御三家」とはアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社のことです。 これに全労済を加えた4社だけが各社のホームページ上で見積もり試算ができます。 バイク保険を扱う会社は他にもありますが、そうした会社はホームページ上で見積もり試算ができません。 またバイク保険の補償内容・特約などどんな内容の保険であるか明記していない会社さえあります。 建前でなく本気でネットユーザーにバイク保険を販売しようという体制を築いているのは「バイク保険御三家」と全労済だけです。 下記の表をご覧ください。 ところが、です。 大手代理店型やJA共済などではホームページ上で見積もり試算ができません。 ではどうするかというと、代理店に電話で問い合わせて見積もりを出してもらう形になります。 結局のところ、わたしたちネットユーザーがわたしたちのペースで気軽にバイクの任意保険の見積もり試算ができる会社は、アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクト・全労済の4社だけです。 他は、やっているけれど実質的にはそっぽを向いている、というのが実情です。 本気でバイク保険を扱うつもりがないようにしか思えません。 わたしたちネットユーザーの方にしっかり顔を向けているのは「バイク保険御三家」と全労済だけです。 「バイク保険御三家」の保険料は各社のホームページ上で見積もり試算できますし、 でも保険料が比較できます。 全労済はで見積もり試算できます。 全労済のバイク保険:補償内容 全労済のバイク保険 バイク任意保険 は補償内容に関して他社に見劣りするところはありません。 ごく最近までロードサービスは4輪自動車だけのサービスでしたが2019年1月1日以降は原付バイクや2輪自動車に関してもロードサービスが利用できるようになりました。 対人賠償:無制限• 対物賠償:無制限• 対物超過修理費用補償:50万円限度• 自損事故傷害特約:1500万円• 見積もり画面で補償を追加すると即座に金額が更新されます• 搭乗者傷害特約:500万・1000万• 弁護士費用等補償特約:もらい事故などで全労済が 法的に 示談交渉できないケースで弁護士に交渉を依頼できます 300万円限度• 細かな相違点はあるものの内容的に劣るところはまったくないことが確認できると思います。 契約が2019年1月1日以前のものであってもロードサービスの対象となるトラブルが発生したのが2019年1月1日以降であればサービスを受けられます。 自動セットなので追加保険料を支払うことなくすべてのバイク保険契約に付帯されます。 主なサービス内容は以下のとおりです。 つまり、アクサダイレクトとチューリッヒにある「宿泊・帰宅費用」「ペット宿泊費用」「修理後車両引取費用」が全労済と三井ダイレクトにはありません。 とは言え、レッカー移動その他重要なサービスは付いているので、トラブル現場で大いに困るような内容ではないと思います。 これだけの内容であれば「問題なし」です。 保険料比較:全労済vs. バイク保険御三家 保険料比較:全労済vs. ) いずれにしても、上の一覧でおわかりのように、原付バイクでは全労済の圧勝ですが、125cc超のバイクではバイク保険御三家の方が優位に立ちます。 やはり保険料は個別具体的に試算した結果でないと厳密な比較はできないと思います。 みなさんのケースではどこが一番安いかぜひ見積もり試算してみてください。 まず「原付」について整理しておきます。 みなさんお気づきのように、「原付」には2種類の定義があります。 道路交通法が定める「原付バイク」 50cc以下のバイク 道路運送車両法が定める「原付バイク」 125cc以下のバイク わたしたちが16歳になって取得できる原付免許、あるいは普通免許のおまけに付いてくる原付免許は、上の表の道路交通法が定める「原付バイク」が対象です。 しかし、125cc以下の「原付バイク」の場合は、単独のバイク保険に加入するかファミリーバイク特約にするか選択できます。 単独のバイク保険• ファミリーバイク特約 ただし、ファミリーバイク特約は自動車保険の特約なので、まず自動車保険の契約があることが前提になります。 もしもすでに自動車保険の契約がある場合、当サイトとしては、「原付バイク」の補償であればファミリーバイク特約をおすすめします。 年齢が高い方の場合は単独のバイク保険の方が有利なケースもあると思いますが、年齢の若い方の場合はファミリーバイク特約の方が有利なケースが多いと思います。 ファミリーバイク特約はほぼ全ての保険会社が扱っている特約です。 現在あなたが加入している自動車保険がどの会社であってもほぼ同じ内容のファミリーバイク特約に加入できます。 いずれにしても人身傷害型で7,980円というのは大きな魅力だと思います 元保険代理店代表です。 現在はブログ記事作成を日課にしています。 自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。 わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。 38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。 A型インフルでした。 1日2錠を5日間飲みました。 飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。 服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。 いろんなことがいったんストップしてしまいます。 恐ろしい1週間でした。 ・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!すでに6月に入りましたが、まだ安心できる状態ではありませんね。 このウイルスの毒性がもう少し低かったらあまり神経質にならずに活動するのですが、「軽症」でもけっこう大変な思いをするみたいですし、怖いです。 でも、いつまでも縮こまっていたら別の意味で怖いことになりそうで、どうすればいいのでしょう?.

次の