マイ プロテイン ソイ プロテイン。 ソイプロテインおすすめ8選【コスパ最強の人気種類・美味しい味】

【マイプロテイン】作り方・飲み方【1回量は30gがオススメ】|マイプロテイン完全攻略

マイ プロテイン ソイ プロテイン

プロテインを飲むメリットは? そもそも「プロテインとは何か?」というと、英語で「タンパク質」のことになります。 タンパク質は体をつくる上でスポーツをする方ばかりでなく、スポーツをあまりしていない人にとっても大事な体をつくる成分なのです。 スポーツなどアクティブに体を動かす方の場合、タンパク質が不足するとケガや筋肉ダメージへの回復が遅れてしまい、目標とする体づくりが難しくなってしまいます。 プロテインを飲んでいれば、効率的なタンパク質の先週が可能となり、それを継続することによって、理想の体へと近づくための材料がひとつ整うわけです。 プロテインの種類は? プロテインの種類は大きくわけて、動物性のホエイプロテインと植物性のソイプロテインがあります。 「ホエイ」とは牛乳に含まれるタンパク質の一種になります。 よくヨーグルトの容器を開けると、上澄みに液体があります。 これを「ホエイ(乳清)」と言いますが、この「ホエイ」に含まれるタンパク質がホエイプロテインになります。 「ホエイ」には他に、ミネラルや水溶性ビタミンも含まれています。 筋肉をつくるのに役立つ必須アミノ酸、BCAAも豊富に含まれおり、吸収がソイプロテインに比べて速いので、筋肉や体を大きくしたい人にオススメとなっています。 一方のソイプロテインは「ソイ」、つまり大豆から精製されており、アルギニンが豊富に含まれているというメリットから代謝へのサポートが期待できるのです。 ですが、ホエイプロテインに比べて吸収が遅いので、体のウェイトを増やさず、引き締めたい人にオススメと言えるでしょう。 どんな基準でプロテインを選ぶべきか? 体を大きくしたい&筋肉を増やしたい方は、ホエイプロテインを。 体を引き締めたい方は、ソイプロテインを試していただくといいでしょう。 また、パウダータイプやタブレット、プロテインバーなど多様なカタチで販売されていますが、効率よくプロテインが摂取でくるということでパウダータイプがもっともポピュラーであり、人気が高いのが現状です。 現在では、甘くて飲みやすいフレイバーが多いので、食事制限中の甘味として楽しむ人も多くなってきているようです。 お菓子感覚で手軽に摂取できるプロテインバーも近年人気ですがタンパク質量が少ないタイプが多いため、成分表示でタンパク質量を確かめたうえ、自身の目的に合ったものを選んでください。 【ホエイプロテイン】 人気のパウダープロテインはこれ! 明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味 プロテイン界の定番である「ザバス」のココア味は鉄板と言えるでしょう。 水もしくは牛乳で溶かして飲むのが一般的(プロテイン愛好家たちの間)ですが、「牛乳でとくと本物のココアのように美味しい」という声も多く集まっています。 これなら、つらいトレーニング後のご褒美にもなってくれそうです。 さらに1日2回(約42グラム)を目安に摂れば、アスリートが1日に必要とする7種のビタミンB群、Cを補うことができる配分になっています。 1スプーン32g当たり24gと極めて高いプロテイン割合が、その特徴となっています。 味の評判も高く、今後人気がますます高まることでしょう。 ケルンリスト(オリンピック・トレーニング・センター・ラインラントが発足したプラットフォームで、アスリートやその関係者が認証されたスポーツ栄養食品などを検索できるデータベー)認証商品なので、アスリートからも注目されるプロテイン。 「進化の実現には、継続が欠かせない」というコンセプトから、継続しやすいことにこだわるブランドです。 水だけで飲める利便性、一回ですくえるスプーンなど、細部にまで継続しやすい商品づくりの工夫が見られます。 4グラムとの表示 【ソイプロテイン】 人気のパウダープロテインはこれ! 明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味 ホエイ同様にソイプロテインでも人気が高いのが、「サバス」のココア味。 アスリートが1日に必要とされる7種のビタミンB群、Cも、ホエイプロテイン同様に配合されています。 ホエイプロテインもソイプロテインでもどちらもココア味が人気な結果から、味のクオリティの高さは間違いなさそうですね。 0グラムとの表示 ボディウィング ソイプロテイン 大豆特有のにおいが抑えられており、飲みやすさを追求したソイプロテインです。 砂糖や人工甘味料なし、さらに保存料・着色料なども加えていないので、余計なものを摂りたくない方におすすめです。 また大豆も、国産の非遺伝子組み換え大豆というこだわりぶり。 安心して飲めるソイプロテインと言えるでしょう。 6グラムとの表示 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 大豆タンパク質と食物繊維が配合されたソイプロテインになります。 さらにビタミン11種、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄)が配合されているので、体づくりだけでなく健康バランスを整えることも期待できるプロテインと言えるでしょう。 6g(無水物換算値15. 3g)との表示 自分の理想の体を実現するためには、信頼できる相棒が必要です。 そんなバディをここから見つけてください。

次の

【徹底比較】ソイプロテインのおすすめ人気ランキング15選

マイ プロテイン ソイ プロテイン

アクティブ系オタクのアマミモチコです! マイプロテインが販売している ソイプロテインについてなんですけどね。 先日届きまして、ウキウキで作ってみたらですよ 「え、なにこの豊かな泡立ち」 飲んでみたら 「超〜ドロドロしてるし粉っぽく喉に引っかかる。 かなり飲みにくい!」 正直かなりキツい。 こんなに沢山あるのにどうすんねん!! となりまして。 この時はチョコレートスムース味のソイプロテイン30g 水200mlで作りましたが、とにかくドロドロなんですよ。 もう少しさらっとしていてくれれば飲みやすくなりそうなので、水を増やしてみたけれど、効果イマイチ。 なんというか、ダイズパウダーが吸水する感じなんですよね。 ほんと、ドロドロ〜。 でもせっかく買ったし、品質自体はとても良いマイプロテインの商品なのでなんとかして飲みやすくできないものか・・・と試行錯誤した結果、 これなら飲める!!という方法、ありました。 個人で好みは違うので 、お口に合わなかったらごめんなさい。 私はかなり美味しく飲めていますので、参考にしてください。 ドロドロを抑えて飲みやすくする方法 結論から先に書いちゃいますが、 水だけで作るのではなく、 牛乳か豆乳を混ぜます! ダイエット中で脂質などが気になる場合は、 無脂肪牛乳や無脂肪豆乳でも問題ないです。 さすがに粉っぽさが消えるわけではないのですが、牛乳や豆乳が混ざることによって 泡立ちやドロドロ具合がかなり抑えられ、飲みやすくなるのです。 作り方としては、ざっくり分けて2通りの方法があるので順番に紹介します。 味はちょっとこってりとしますので、運動直後に飲むのはちょっと重ためかもしれません。 食事に置き換える時には、満足感も得られて良いと思います。 プロテイン30gに対して牛乳や豆乳は50mlほどと少なくても大丈夫ですが、味を重視するなら100mlくらいは入れると良いです。 後は水を好きなだけ入れます。 それぞれの分量はお好みで調整してみてください。 作る時の注意点ですが、プロテインにまず牛乳または豆乳を加えて容器をくるくる〜と回して軽く混ぜてから、水を追加してください。 先に水を入れてしまうとその時点でドロドロし始めてしまいます。 (個人的に試した結果。 ) 味は、牛乳や豆乳だけで作るよりも あっさり目で、水が入っているので脂質なども抑えられます。 私は運動後はこの作り方で飲んでいます。 まとめ マイプロテインのソイのドロドロ感や泡立ちを抑えて飲みやすくするには、.

次の

ソイプロテインおすすめ8選【コスパ最強の人気種類・美味しい味】

マイ プロテイン ソイ プロテイン

マイプロテインのソイプロテインについて ここでは、マイプロテインで販売されているソイプロテインについて詳しく解説していきます。 アイソレートってどんな意味? アイソレートという英語には、分離や単体と言った意味があり、プロテインに関して言えば「より純度が高い」ことを意味しています。 ソイプロテインは、大豆から抽出、濃縮した成分であるため、より純度が高く生成されることを理想とします。 マイプロテインのソイプロテインの後ろについているアイソレートとは、このような意味があるのです。 マイプロテインのソイプロテインの値段 マイプロテインでは、粉末タイプの1キロのみしかソイプロテインは販売していません。 料金(定価):2,520円• 味:ノンフレーバー、ストロベリースムーズ、チョコレートスムーズ、バニラ、抹茶 ソイプロテインの飲み方 ソイプロテインは、ホエイプロテインに慣れている人からすると、非常に溶けにくく感じると思います。 ホエイプロテインであれば30gの粉末に対して、300〜350mlの水があれば、ほぼダマを作らず飲むことができますが、ソイプロテインの場合は30gであれば、400g程で溶けきると考えてください。 水が少ない状態ですと、ダマと言うよりもドロドロの状態になるのがソイプロテインの特徴です。 マイプロテインのソイプロテインの味は? 味に関して言えば、不味いと感じることは少ないかと思いますが、ホエイプロテインに比べると独特の粉っぽさを感じる人もいるかもしれません。 ノンフレーバー以外に現在(2019年1月)、4種類の味が出ていますので、1度全部試してみると言うのも手です。 マイプロテインの購入方法 マイプロテインは海外での生産・発送を行なっているため、国内の販売サイトなどとは購入方法が異なります。 下記の記事で、マイプロテインの購入方法や関税についてまとめましたので、初めてはいプロテインを購入するという人は参考にしてください。 <参考記事> ソイプロテインとは? マイプロテインでは、数多くのプロテイン商品が販売されていますが、今回はソイプロテインに絞って解説を行います。 ソイプロテインは、大豆(ソイ)を原料としたプロテインであり、牛乳を原料とした動物性プロテインとは異なるタイプのプロテインですが、具体的にはどのようなプロテインなのでしょうか。 ソイプロテインの働き・効果 まず、ソイプロテインの働き・効果について解説します。 筋肉の成長・回復を促進する まず、 ソイプロテインには筋肉の成長を促進する効果が期待できます。 筋肉は運動によって刺激を受け、その際にタンパク質を摂取することにより、筋肉が回復し、成長していきます。 筋肉の成長にとってタンパク質は欠かせないものであり、強く太い筋肉を作る効果がソイプロテインには期待できます。 コレステロールを下げる効果 ソイプロテインのもう1つの効果として、 コレステロールを下げるという効果が期待できます。 大豆に含まれる植物ステロールという成分が働きかけることにより、コレステロールを下げてくれます。 コレステロールが高すぎることにより、動脈硬化などの血管系の疾患を引き起こす原因となります。 特に中高年になるにつれてコレステロールが上がる男性は多くいますので、適度な運動に加えてソイプロテインの摂取により、健康な体に近づくことができます。 ソイプロテインを摂取するタイミング ソイプロテインの摂取については、いつ摂取しても問題はありませんが、以下に示すようなタイミングを意識して摂取することをおすすめします。 運動後 まずは、ソイプロテインを摂取するタイミングとして、運動後のタイミングをおすすめします。 運動で筋肉に対して負荷を掛けた後は、筋肉の損傷が生じており、またエネルギーが枯渇しているため、筋肉画分解されやすくなっています。 このタイミングでソイプロテインを摂取することで、筋肉の分解を抑制して合成を行い、さらに筋肉の回復を促してくれます。 運動を行った後の30分以内に摂取するのが理想的です。 就寝前 筋肉は寝ている間に合成し、また回復を行っています。 そこで、寝ている間に効果的に筋肉にタンパク質を送り込むことが大事になります。 体内のタンパク質が枯渇した状態で寝てしまうと、筋肉が分解されてしまいます。 ソイプロテインは緩やかに吸収されますので、寝ている間の時間を使って効率的に筋肉にタンパク質を送ることができます。 起床後 起床後のタイミングでは、人間は飢餓状態という状態にあります。 この 飢餓状態においては、栄養を吸収しやすいタイミングとなっており、ここでソイプロテインを摂取することにより、効率的に栄養素を取り込むことが可能になります。 朝食と一緒に摂取するというのもいいでしょう。 間食のタイミング ソイプロテインの使い方として、間食として利用するという方法があります。 ソイプロテインの特徴の1つに腹持ちの良さがあります。 腹持ちが良いという事で、小腹が空くような夕方のタイミングなどで摂取することで置き換えダイエットにもなりますし、また効果的にタンパク質を補給できますので、筋肉の分解を抑制することができます。 同じプロテインでもソイ・ホエイ・カゼインでは何が違うの? プロテインには、ソイプロテインの他にもホエイプロテインやカゼインプロテインというタイプのプロテインがあります。 では、ソイプロテインはこれらのプロテインとどのように違うのでしょうか。 原料の違い まずソイプロテインとホエイ・カゼインプロテインの決定的な違いは、原料の違いにあります。 同じたんぱく質でも、原料が異なることで違いが生じます。 ソイプロテインが植物性タンパク質に分類されるのに対し、ホエイプロテイン・カゼインプロテインは動物性タンパク質に分類されます。 そして、同じタンパク質であっても、動物性タンパク質は、植物性タンパク質と比較して吸収効率が高いという特徴があります。 ソイプロテインは腹持ちが良いという事を解説しましたが、カゼインプロテインも固形になりやすいという性質を持つことから、同様に腹持ちが良いという点は、共通しています。 ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインはお互いに併用することが可能ですので、タイミングに合わせて変えながら使うのもいいですが、乳製品を摂取するとお腹を壊してしまうような方の場合は、ソイプロテインを摂取することをおすすめします。 アミノ酸の量 ホエイプロテイン・カゼインプロテイン、ソイプロテインにはそれぞれBCAAが含まれていますが、BCAAの量に関しては、動物性タンパク質に軍配が上がります。 しかし、特定のアミノ酸についてはソイプロテインのほうが豊富に含まれています。 特にグルタミン、アルギニンがソイプロテインには豊富に含まれています。 グルタミンは免疫機能を改善したり、筋肉疲労を軽減する効果が期待でき、またアルギニンには血管を拡張させて血流を良くするという効果が期待できます。 ソイプロテインをおすすめしたい人 上記で、ソイプロテインとホエイ・カゼインプロテインの違いについて解説してきましたが、では、ソイプロテインはどのような人におすすめなのでしょうか。 肉類・乳製品を摂取しない人 まず、肉類や魚類を一切食べないというベジタリアンの方や、動物から得られる副産物である乳製品や卵も食べないというビーガンの人にはソイプロテインはおすすめです。 ベジタリアンやビーガンであっても、タンパク質は摂取しないと筋肉を作ることができず、栄養バランスも崩れてしまいます。 大豆を毎日食べるという事でもタンパク質は補給できますが、毎日決まった量を食べるのは中々大変です。 そこで、 サプリメントの形でソイプロテインを飲むことで、肉類を食べない人でもタンパク質を補給することができます。 ダイエットを考えている人 上記でも少し解説しましたが、 ソイプロテインにはコレステロール値を下げる効果が期待できる他、腹持ちが良いという事から、ダイエットを行おうとしている人にもソイプロテインはおすすめです。 ソイプロテインを飲んだからといって脂肪が燃えたりするということはありませんが、運動や適切な食事と組み合わせることにより、着実にダイエットを行うことができます。 そもそもマイプロテインとは? ジムでの筋力トレーニングや、球技・陸上などのスポーツを行う人は、サプリメントについてこだわりを持っている人も多いと思います。 現在では数多くのサプリメントメーカーが乱立していますが、その中で現在特に高い人気を誇っているメーカーがあります。 それが、マイプロテインです。 マイプロテインはイギリスのマンチェスターに拠点を持つブランドであり、親会社はTHE HUT GROUPという、あらゆるジャンルの商品を取り扱う企業になります。 マイプロテイン自体は2004年よりスタートし、現在ではヨーロッパにおいてNo. 1の地位を獲得しており、ヨーロッパ以外の地域でも、その存在感を年々高めています。 サプリメントの聖地でもある北米地域においても着実に支持層を取り込んでおり、アジア圏においても、日本のみならず韓国や中国にも進出しており、東南アジア諸国にも展開しています。 その他南米地域にも進出を果たしており、現在では70か国以上での販売を行っています。 販売形態としては、インターネット上での通信販売となっており、ジムや店舗での卸販売を行っているということはまずありません。 商品はヨーロッパより国際便で輸送され、注文から到着まで1週間から2週間ほどかかります。 最近では、ヤマト運輸の国際便を使用しており、よりスムーズな輸送網の獲得を目指しています。 マーケティング手法も優れており、特に現代人が頻繁に利用するSNSを活用したマーケティングを得意とします。 国内の有力なフィジーク選手やアスリートをサポート選手として採用し、彼らにSNSで商品を紹介させることにより、多くの人にマイプロテインの存在を知らしめ、購入につなげています。 マイプロテインのこだわり マイプロテインは現在では日本のみならず世界で負ファンを着実に増やしていますが、どのような点にこだりをもってビジネスを展開しているのでしょうか。 求めやすい商品価格 マイプロテインが日本において短期間で人気を獲得した背景には、まず何と言っても求めやすい価格設定が挙げられます。 他のメーカーと比較してもその値段の安さは驚くべきものであり、金銭的に余裕のない学生の方や、サプリメント代を節約している人にも良心的な価格設定となっています。 あらゆるユーザーを想定した商品設計 マイプロテインで取り扱う商品は多岐にわたりますが、あらゆるサプリメントユーザーに対応できるような商品を製造しています。 例えば、肉類や乳製品を一切摂取しないビーガンやベジタリアンといった人向けに、動物性の成分を一切使用していない商品や、ビタミン系のサプリメントであっても、女性向けと男性向けに配合を変えて販売するなど、想定するユーザーによって細かい成分調整を行っています。 また、小麦粉に含まれるグルテンという成分を嫌う人でも摂取できるように、グルテンフリーのサプリメントも多く取り扱っています。 誰でも安心して使用できるサプリメントが揃っているということで、誰でも自分にぴったりの商品を見つけることができます。 厳しい審査をクリアした確かな安全性 サプリメントを使用する人の場合、その効果だけでなく、その商品が安全かどうかを気にする方も多いと思います。 ドーピング検査を行うような競技を行う人にとっては、海外のサプリメントはなるべく避ける傾向にありますが、マイプロテインは安全性に対しても徹底したこだわりを持っています。 厳しいX線検査 マイプロテインの商品は自社工場にて製造が行われていますが、商品の製造から充填までの過程で、厳しいチェックを行っています。 特に、袋に充填した商品については、一度X線検査に通し、不純物や異物が混入していないかをチェックしてから消費者の元に出荷されます。 アンチドーピング認証 マイプロテインの商品は、インフォームドスポーツという国際的なアンチドーピング認証を受けています。 このインフォームドスポーツは、世界アンチドーピング機構(WADA)が指定したリストに基づき、ドーピング検査において陽性が出るような物質を一切排除していることを証明するものです。 ボディビルやフィジークの大会や、その他のドーピング検査を行う競技を行う選手にも安心して使用することができますので、海外のサプリメントだからといって敬遠する必要もありません。 マイプロテインのソイプロテインまとめ ホエイプロテインと違い、利用している人が、そこまで多くないソイプロテインですが、ホエイプロテインとは違った魅力のあるプロテインです。 就寝前・起床後に特におすすめのプロテインですので、気になる方は、1度試してみることをおすすめします。 <おすすめ関連記事>.

次の