スマホ 空き容量を増やす。 Androidスマホ、内部ストレージの空き容量を増やす方法

スマホのストレージ容量を増やす方法!容量不足を解消するポイント

スマホ 空き容量を増やす

メモリとは、スマホを動作させるための作業領域のことです。 メモリの空き容量が不足すると、このようなメッセージが表示されます。 またアプリによっては、一時的にデータを保存する領域としてメモリの中に「キャッシュ」と呼ばれる領域を確保する場合もあります。 これらによってメモリの空き容量が少なくなってくると、アプリの動作が不安定になったりすることがあります。 まずはインストールされているアプリの空き容量を確認し、キャッシュの削除をしてみましょう。 Androidであれば、microSDカードに必要なデータを移して、スマホのメモリの空き容量を確保することもできます。 それでも解消しない場合は、不要な写真や動画、またはアプリを削除し、スマホ内の空き容量を確保を検討ください。 なお、ファイルの削除前には、ページ内「バックアップの方法」をご確認いただき保存等適切な処置を講じてください。 メモリの空き容量を確認してみましょう 1. 「設定」画面から「システム」を開く ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「設定」画面を開き、「システム」を選択します。 「詳細設定」から「開発者向けオプション」を開く 「システム」画面から「詳細設定」を選択し、「開発者向けオプション」を選択します。 「メモリー」を選択 4. メモリの使用状況を確認 さらに、「アプリのメモリー使用状況」を選択すると、各アプリのメモリ使用量を確認することができます。 どのアプリのメモリ使用量が多くなっているかを確認したら、対象となるアプリのキャッシュを削除し空き容量を確保しましょう。 キャッシュをアプリごとに削除する方法 キャッシュとは、アクセスを高速化するために、データを一時的に保存しておく仕組みのことです。 キャッシュのおかげでスマホの素早い動作が実現されていますが、一時的に保存しているデータが多くなりすぎてしまうと、動作に支障をきたしてしまいます。 キャッシュを削除することで、メモリの空き容量を増やすことができます。 以下、キャッシュ削除の方法を説明します。 「アプリと通知」を開く ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「設定」画面を開き、「アプリと通知」を選択します。 すべてのアプリを表示させる 「〇〇個のアプリをすべて表示」と書かれている場所をタップすると、インストールされているすべてのアプリが表示されます 3. キャッシュを削除したいアプリを選択する ここでは、Chromeを選択しますが、他のアプリの場合も同様の操作を行うことで、キャッシュの削除が可能です。 「ストレージ」を選択する 5. 「キャッシュを削除」を押す 不要な写真、動画を削除する ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「アルバム」アイコンをタップしてください。 右上のアイコンをタップするとメニューが開くので「アイテムを選択」をタップします。 削除したい写真、画像を選択した状態で、右上のごみ箱のアイコンをタップすると削除されます。 不要なアプリを削除(アンインストール)する ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「設定」アイコンをタップし、設定画面を開きます。 それから、「アプリと通知」を選択してください。 目的のアプリが表示されない場合は、「すべて表示」をタップしてください。 削除したいアプリをタップします。 「アンインストール」をタップして削除してください。 バックアップの方法 バックアップの方法としてパソコンやmicroSDカードにデータを移動する、または「dフォト」や「データ保管BOX」を利用する方法があります。 削除前に実施することをおすすめします。 0、機種:Xperia XZ Premium SO-04J、ホームアプリ:docomo Live UXを利用して撮影しております。 ご利用中のOS、機種、ホームアプリによって表示や操作方法が異なる場合があります。 詳しくはをご確認ください。

次の

スマホの容量不足を解消!アプリ、写真、動画の整理で空き容量を増やす

スマホ 空き容量を増やす

使っていないアプリを消したりしても十分な空き容量が確保できない場合もあります。 空き容量を一気に増やすには、やっぱり写真や動画を大量に削除するのが良さそうです。 でも、「どの写真も見るし、削除なんてできない!」という人も多いですよね。 そこでおススメなのが、写真や動画をインターネット上に保存できるオンラインストレージサービス。 インターネットを介して大量の写真や動画にいつでもアクセスできるので、スマホの中にデータを保存しておかなくてもいいんです。 データの移動途中で誰かに盗み取られないように通信は暗号化され、データの保存先も外部からの攻撃対策を施しているため、セキュリティー面も安心できそうです。 ただし、ストレージサーバーへのアップロードはスマホのLTEデータ通信量を消費するため、アップロードはWi-Fi接続時にすると良いですよ。 空き容量が安定して十分にあれば、最新のアプリを楽しめたり、子どもの写真や動画も気兼ねなくたくさん撮れますよね。 例えるならスマホ内を定期的に整理整頓するような感じ。 お家の中も整理せずにものを買い足していたらすぐに狭くなっちゃいますよね。 ぜひ試してみてください!.

次の

スマホのストレージ容量を増やす方法!容量不足を解消するポイント

スマホ 空き容量を増やす

Androidスマホのストレージに空きを増やす方法• :不要なデータを減らして容量を確保する• :一部のAndroid端末が対応。 外部ストレージにより容量自体を増やす• :保存場所をパソコンに変えて、スマホからデータを削除する• :データをクラウドサービスに保存し、端末のストレージを確保する microSDカードはiPhoneだと利用できないため、AndroidスマホとiPhoneとを差別化する1つのポイントになっています。 また上記のうち、Googleはクラウドサービスを利用する方法を一貫して推奨しています。 まず最初にストレージの空き容量を確認しよう ストレージの空き容量を増やす大前提として、Androidスマホ・タブレットのストレージにどれくらいの空きがあるのかを確認しましょう。 「設定」アプリで[ストレージ]をタップすると、「写真と動画」「音楽と音声」「ゲーム」などの項目ごとに消費・占有しているストレージ容量が目安として表示されます。 Android 9. 0搭載スマホの内部ストレージ。 まだ空き容量が残っている Androidでは、PCのように内部のデータをファイラーで覗けますが、この画面で表示されているのは内部構造ではなく、データの種類ごとに大まかに分類されたものにすぎません。 機種によっては、「ダウンロード」という項目があったり、外部ストレージ(microSDカード)関連の項目があったりしますが、この画面でストレージ全般を把握できることに変わりありません。 【方法1】スマホに保存してあるアプリやデータ、ファイルを削除する スマホに保存してあるアプリやデータを削除することで空き容量を増やす、最もシンプルな方法です。 削除できる項目には次のようなものが上げらます。 キャッシュを削除する キャッシュとは、さまざまなデータを端末内に一時的に蓄積しておき、動作を高速化する仕組みのこと。 キャッシュされたデータを削除すれば、スマホの空き容量を増やすことができます。 日常的に使うアプリのキャッシュをクリアしてもその場しのぎの対策にしかならないかもしれませんが、逆に 利用頻度が少ないアプリなら有効策となることもあります。 ただし、空き容量を増やすテクニックとしての位置づけは、アプリ削除や動画・写真の削除ほど効果的ではない点に留意してください。 キャッシュをアプリごとに削除する方法 キャッシュはアプリごとに削除できます。 左:キャシュが2. 27MBある 右:[キャッシュを削除]することでキャッシュが0Bに減少した アプリ別の「ストレージ」画面で[キャッシュ]を選択します。 これでキャッシュが削除されます。 アプリを削除する(アンインストール) 一般的に、 もっとも容量削減に効果を発揮しやすいのが、端末にインストールされているアプリの削除です。 とくにゲームアプリの場合、アプリ本体(apkファイル)のサイズと初期データのサイズを合わせると1GBを優に超えることも多々あります。 不要になったアプリを残しておくとストレージを占領するのみならず、無駄にバックグラウンドで通信するケースがあるなど、デメリットが生じます。 定期的にアンインストールできるアプリがないか見直すことをおすすめします。 「設定」アプリで[アプリと通知]から削除したいアプリを選んで、「アプリ情報」画面に移動し、[アンインストール]をタップすれば削除できます。 ホーム(ランチャー)アプリによっては、ホーム画面でアプリアイコンを長押しすればアンインストールのメニューが表示されるものもあります。 また、アプリアイコンを長押ししてドラッグ・アンド・ドロップによるアンインストールも便利です。 なお、Google Playのアプリページからもアプリをアンインストール可能です。 アプリデータを消去する 普段はあまり使わないにもかかわらず、端末から削除できないプリインストールアプリ(元々端末にインストールされているアプリ)の場合、そのアプリ内のデータを消去すると容量節約につながることがあります。 ただし、 アプリデータの消去はアプリの初期化と同義なので、コンテンツデータのほかログイン情報や設定情報なども削除されてしまう点に注意してください。 アプリデータを消去する方法 アプリデータの消去はアプリ削除(アンインストール)と同様、「アプリ情報」画面から実行できます。 写真・動画・音楽・漫画などのコンテンツデータを削除する 使い方によってはアプリ以上に容量を食うのが、写真や動画、音楽、漫画といったコンテンツのデータです。 後で必要になりそうなデータならば、事前にPCやmicroSDカード、クラウドサービスなどに移動・保存させておきましょう。 スマホ中上級者であれば、各種ファイルマネージャー(ファイラー)を使用すると、ストレスなくPC感覚でファイルを削除できるかもしれません。 写真・動画ファイルを削除する 写真・動画ファイルは、「ギャラリー」アプリや「フォト(Googleフォト)」アプリ、「アルバム」アプリなどから削除できます。 ここでは「Googleフォト」アプリで写真・動画を削除してみましょう。 削除ファイルが1個の場合、写真・動画のサムネイル画像を表示して、削除したい写真・動画をタップします。 写真・動画が拡大表示されるので、メニューのゴミ箱ボタン[ ]をタップします。 これで削除完了です。 サムネイルの時点で長押し選択後、メニューからゴミ箱ボタン[ ]をタップしてもOKです。 Googleフォトで複数選択 削除ファイルが複数の場合は、複数選択でまとめて消すと手間がかかりません。 「Googleフォト」アプリではサムネイルを長押しし、そのまま指を離さずにドラッグすれば複数枚を一度に選択できます。 音楽ファイルを削除する 定番アプリ「Poweramp」で楽曲を選択して[削除] 音楽ファイル(音声ファイル)は、音楽プレイヤーアプリから楽曲やアルバムを選択し、メニューから削除するのが手軽です。 漫画データのファイルサイズは大きくなりがちなので、マンガアプリを愛用しているユーザーは適宜対処していきましょう。 YouTubeからダウンロードした動画・音楽を削除する に加入しているユーザーは、端末に動画や音楽をダウンロードしてオフライン再生を楽しめます。 ダウンロードしたコンテンツはストレージを圧迫するので、あまり再生しないコンテンツは適宜削除するとよいでしょう。 詳しくは下記記事で解説しています。 appllio. com ダウンロードしたファイルを削除する ネットからダウンロードしたPDFファイルやPPTファイル、書類ファイル、画像ファイルなどで不要なものを削除すれば、さらにストレージに余裕が出てきます。 テキストファイルは一般的にファイルサイズが小さいので、普通は無視しても構いません。 「ファイル」アプリでファイルを選択後、削除ボタンをタップ ダウンロードファイルの削除は、プリインストールされている「ファイル」アプリや「ダウンロード」アプリから実行するのが分かりやすいでしょう。 【方法2】microSDカードにデータを保存する iPhone/iPadにはないAndroid端末の強みが、microSDカードを使ってストレージを増強できることです。 端末にmicroSDカードを追加する 当然ながら、まずはmicroSDカードを端末に挿さなければなりません。 しかし家電量販店などでmicroSDカードを物色してみると、それなりに値が張るものが多いことに気付かされるでしょう。 microSDカード初心者には、安さと信頼性が両立しているTranscend製microSDカードを最初の一歩としておすすめしておきます。 写真・動画の保存先をmicroSDカードに設定しておく 左:アルバムアプリのメニューボタン[ ]で[移動先]を選択 右:[場所]で「SDカード」を選択 カメラで撮影した写真・動画などの保存先は初期設定だと内部ストレージになっています。 容量が大きくなりがちな写真・動画の保存先をmicroSDカードに設定しておけば、内部ストレージをいっぱいにせずに済みます。 たとえばXperiaでは、「アルバム」アプリのメニューから保存先を変更できます。 写真・動画をmicroSDカードに移動させる Xperia 5(Android 9. 0)で検証 撮りためた写真・動画をmicroSDカードに移せば、空き容量を増やせます。 移動には「アルバム」アプリや「ギャラリー」アプリ、「Googleフォト」アプリなどを利用するとよいでしょう。 Xperiaの例を挙げれば、「アルバム」アプリから画像を選択し、画面右上にあるメニューボタン[ ]から[移動先]をタップします。 場所を「SDカード」に指定し、フォルダー名を入力後[OK]をタップすればデータの移動が完了します。 【方法3】PC(パソコン)にデータを移動させる 念のため、パソコンのストレージにデータを移動させる方法も簡単に紹介しておきます。 Windowsの場合 Windows PCの場合、スマホとPCをUSBケーブルで接続することで、PCのエクスプローラーに端末名が表示されます。 ここでいつもどおり、端末内のファイルをPC内に転送できるようになります。 容量不足の原因になりがちな写真・動画は通常、DCIM( Digital Camera IMages)フォルダに格納されています。 Pixel 3a(Android 9. 0)で検証 PC側がスマホを認識してくれないときは、スマホの通知をチェックしてみてください。 「この端末をUSBで充電中」というようにUSB関連の通知が表示されていたらタップしましょう。 あとはUSB接続の用途に関する選択肢で[ファイル転送]を選択するだけです。 スマホの機種によって簡単に認識してくれる場合となかなか認識してくれない場合があります。 うまく認識してくれないときは、各機種のヘルプページなどを参考にしましょう。 appllio. com Macの場合 Macの場合、ファイル転送にはをMacにダウンロードし、インストールする必要があります。 あとはスマホとMacをUSBケーブルで接続し、Android File Transferを使ってWindows PCと同じようにデータを移動させられます。 【方法4】クラウドサービスを活用する 手持ちのデータがストレージ容量に収まりきらないなら、クラウドサービスを利用しましょう。 特に容量を圧迫しがちな写真や動画などのファイルは、無料で容量無制限の「Googleフォト」がおすすめです。 写真や動画は「Googleフォト」に保存する AndroidスマホにプリインストールされているGoogle純正の写真・動画向けクラウドサービス「Googleフォト」。 このGoogleフォトにバックアップした写真・動画を端末内から削除すれば、端末のストレージを大幅に節約することができます。 Googleフォトの使い方について詳しくは、下記記事で紹介しています。 appllio. com 音楽ファイルは「Dropbox」などに保存する もしスマホの中に音楽ファイルが大量に保存されているのなら、いったんやGoogleドライブ、OneDriveのようなクラウドストレージに保存場所を変更してみることを検討しましょう。 端末内に保存しておくのは、ヘビロテする楽曲や聴きたくなる頻度が高い楽曲だけで十分です。 クラウドサービスに音楽ファイルを保管し、好きなときにストリーミング再生で楽しめるアプリとして最適なのが「Google Play Music」。 最大5万曲を無料で保存できます。 さらに有料プランでは、バックグラウンド再生や広告不要の動画視聴が可能な「YouTube Music Premium」が料金内で利用できるメリットも。 30日の無料期間中はアルバムや曲のストリーミング、カスタム プレイリストの作成、広告不要のラジオステーションの視聴など全機能を試すことができます。

次の