時 を かける 少女 映画 キャスト。 時をかける少女 (1983年の映画)

映画【時をかける少女】フル動画無料!!あらすじも見てみよう

時 を かける 少女 映画 キャスト

原田知世の映画初主演作『時をかける少女』 83 がNHKBSプレミアムで放送され、改めて話題を呼んでいる。 「僕は大人の男だから、少女に惹かれるんだよ」。 病と闘いながら映画を撮り続けた大林監督 [c]2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC 1977年の劇場映画の第1作『HOUSE ハウス』で早くも池上季実子や大場久美子ら七人の美少女を輝かせ、第2作『瞳の中の訪問者』 77 では殺人事件の被害者の角膜を移植されるヒロインを演じた片平なぎさの初々しい魅力を全開に。 ゴルーデンカップルの結婚をアシストした第3作『ふりむけば愛』 78 では、その時にしかない山口百恵の多幸感を焼きつけて見せた。 松任谷由美の主題歌「守ってあげたい」が流れるオープニングから、男の子はもちろん同年代の女の子までもが、ヒロインに扮した薬師丸ひろ子の唯一無二のきらめきの虜になった。 棒読みのセリフ、観客に語りかけるようなカメラ目線、コマ落としの撮影といった大林監督ならではの独特の演出が、観る者の中で薬師丸をより特別な存在へと昇華させたのだ。 『ねらわれた学園』のパッケージは発売中 その手法は『転校生』 82 に続く尾道三部作の第2弾『時をかける少女』でも導入されたが、本作ではさらに、主演の原田知世を撮影前から尾道に滞在させ、下駄履きによる背筋を正した生活をさせることで、彼女の純粋さを覚醒。 冒頭のシーンまで一気に巻き戻るエンドロールの最後まで観客の目をクギづけにする、あのジュブナイルSFのヒロイン像はいまもなお色褪せていない。 誰もが認める、大林映画No. 1のミューズだ。 【写真を見る】『時をかける少女』など大林宜彦監督が発掘したアイドル女優たちを紹介 もちろん、尾道映画の第3作『さびしんぼう』 85 で白塗りのタイトルロールと顔の片側だけを見せる、少女の憂いと儚さを印象づけた富田靖子、のびやかな裸体で戦争の犠牲者でありながらも凛と生きる少女を体現した『野ゆき山ゆき海べゆき』 86 の鷲尾いさ子も忘れるわけにはいかない。 『ふたり』 91 で心やさしい姉の霊に扮した中嶋朋子、彼女に見守られながらゆっくり前を向く妹役の石田ひかりに心癒された人も多いだろうし 余談だが、本作には中江有里や島崎和歌子も出演 、『あの、夏の日 とんでろ じいちゃん』 99 のピュアな宮崎あおいも鮮烈だった。 彼女たちが、大林監督からもらった数々の教えを次世代に伝えてくれるに違いない。

次の

時をかける少女(1983) : 作品情報

時 を かける 少女 映画 キャスト

もくじ (文字クリックでジャンプ出来ます)• 「時をかける少女」あらすじ 土曜日の午後、理科室の掃除を任された芳山和子(原田知世)が 実験室で人の気配を感じ、入ってみると試験管など使われた形跡があり フラスコが床に落ちた状態で液体が漏れ、白い煙が立ち込めていた。 液体の匂いを嗅いだせいか気を失い、 同じ掃除当番だった深町一夫(高柳良一)と堀川吾朗(尾美としのり)に運び出され 気がついた時は医務室だった。 そんなアクシデントが起きてから、彼女は時空を超える能力に目覚め 過去へ、そして何故このようなことになったのか真実を求めて時空の旅をする。 芸能界に入って間もないですから演技に初々しさがあって、とにかく可愛い彼女。 あのメロディーは一度聞けば頭から離れません(笑) 劇中では学生服・弓道着姿・体操着と彼女の10代の魅力がこの1作に凝縮されているのが嬉しいところ。 さて、肝心の未来から来たという謎の人物&深町一夫を演じた高柳良一。 この人、演技下手だな~と思ってみていましたが、実は監督から 棒読みで演技するようにと言われていたらしい。 どうも、大変失礼いたしました。 結末がわかった上でもう一度彼の演技を見てみると面白いかもしれませんね。 そしてもう一人の男子生徒で和子に想いを寄せている堀川吾朗を演じたのは尾美としのり。 彼は幼い頃からすでに芸能界で活躍しており、 私が印象に残っているのは「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」「結婚できない男」「あまちゃん」。 もちろん他にもたくさんドラマや映画に出演しており、脇役として欠かせない存在です。 優等生キャラの神谷真理子を演じた気になる女優・津田ゆかり (教室のシーンより。 左が津田ゆかり) 彼女は主演の原田さんと同じく1982年のオーディションで受賞し芸能界デビューしますが 1986年になんと引退。 まだまだ活躍される人だったはずですが残念ですね。 有森也実さん系の綺麗な方で個人的に凄く気になった女優さんでした。 そして教師役を演じた岸部一徳さん。 いや~若いですね。 世代ではないですがザ・タイガースで一世を風靡し、後年は俳優としての地位を確立。 今作では生徒同士の恋愛だけでなく、教師の恋愛も、面白おかしく描かれているのも見どころの一つです。 映画と小説の決定的な違いは結末か まず、全体像として小説はSF色が強いですが、 映画は恋愛とSFのバランスが半々と言ったところ。 和子は深町に恋をし、堀川は和子に恋をする。 そしてもう一度観直してみると、優等生キャラの真理子は堀川に思いを寄せているのかな?と思わせるシーンがありました。 それが先ほど上で紹介した画像になります。 後ろで和子と堀川がお喋りをしている時に、うつむき加減で冴えない表情をする真理子。 こうしたカメラワークは小説では絶対にできない表現の仕方なので面白いですよね。 そしてもう一つ決定的に違うのは結末です。 小説では深町が未来へ帰り、その後はまた来るかもしれないという終わり方をしていますが 映画では和子が大学生になった時に実際に戻ってきています。 「薬学部の実験室はどちらでしょうか?」 「それなら、この先よ」 「ありがとう」 去っていく彼の後ろ姿を眺めながら (どこかで会ったことあるような・・・・)なんてことを思ったのでしょうか。 もちろん記憶を消された和子が気づくことは無いと思いますけどね・・・。 さて、80年代の作品ですから、演出はチープさがあるのは否めませんが 出演する俳優のアップを大胆に映し出すシーンが多く、 会話でなく表情で表現しなければいけないので、出演者も苦労したのかなと思います。 そう考えると15歳の原田さんはよくやったと思いますよ。 映画の最後にNGシーンがほんの少しだけ流れますが、 「ゴメンナサイ!」という表情が可愛くて辛い・・・(笑).

次の

原田知世主演映画「時をかける少女」(1983年)をHuluで見た感想

時 を かける 少女 映画 キャスト

時をかける少女がアニメ映画化 主題歌も映画にピッタリで素敵な映画 1983人に一度映画化されている作品です。 原作の20年後を舞台にしていて主人公は紺野真琴で青春ストーリーが繰り広げられていきます。 また主題歌に歌われ歌奥華子さんの『ガーネット』が世界観にマッチングしていて聞き惚れてしまいます。 また、挿入歌の『変わらないもの』も奥華子さんの曲でこちらもストーリーの挿入歌で曲を聴いてるだけで泣きそうになりますので映画だけではなくこちらの曲も聴いてみください。 時をかける少女の気になるあらすじ 甘酸っぱい青春ストーリー 倉野瀬高校2年生の紺野真琴は、津田功介、春に転入してきた間宮千昭の3人で仲良く過ごしていました。 そんなある日真琴は理科準備室で怪しい人影を見つけるも真琴は転倒してしまったのです。 そして不思議な空間に入った体験をしてします。 それを功介と千昭に話すも相手にされませんでした。 ですがその後、真琴はタイムリープに成功してしまうのでした。 これから真琴は手に入れたタイムループの力でどうしていくのでしょうか。 そして明かされるある人物の正体は…。 学生らしいキャラ設定 気になる声優 ・紺野真琴(こんのまこと) CV;仲里依紗 このお話の主人公。 高校2年生の女子高生。 ショートヘアーの女の子でとっても活発です。 朝には弱くいつも遅刻ギリギリの問題児。 タイムリープの力を身に着けてからは自分勝手さが出てきていますね。 ・間宮千昭(まみやちあき) CV:石田卓也 真琴のクラスメイトの男子高校生。 高校2年生の時に転入してきた男の子です。 少しだらけていて転入してきたころは喧嘩が多かった。 でも、真琴に野球に誘われてから性格が丸くなった。 ひそかに真琴に恋心も抱いている。 ・津田功介(つだこうすけ) CV;板倉光隆 真琴のクラスメイトで真琴とは中学時代からの仲がいい。 授業中は眼鏡ボーイで、ボランティア部で活動しています。 功介は医者を目指していて成績優秀です。 将来を何も考えていない真琴にお小言を言ったりします。 この名作と監督と舞台 他にもこんなお話書いている気になる方は聖地巡礼へ この名作の監督は知る人が知る細田守監督作品です。 細田守監督はほかにも『サマーウォーズ』や『おおかみこどもの雨と雪』、2018年には『未来のミライ』などが映画化されています。 どれも名作でどれを見ても損はしないと思います。 時をかける少女の舞台は東京都中野区や新宿、杉並区などが言われています。 ・哲学堂公園野球場 ・新宿区立 林芙美子記念館 ・西武新宿線・中井駅 ・東京国立博物館 本館 他にも多くの場所がありますがこの辺りは一度皆さんでご視聴してから『ここってあそこじゃないかな?』ってさがしてみてくさい。 再現度が高くて見つけやすいと思います。 聖地巡礼は楽しいですよ。 聖地巡礼の際はマナーを守って巡礼しましょう。

次の