転職 迷う 40代。 内定が出たら出たでまた迷う…。「入社か?辞退か?」 に答えを出す4つの処方箋 |転職ならdoda(デューダ)

内定が出たら出たでまた迷う…。「入社か?辞退か?」 に答えを出す4つの処方箋 |転職ならdoda(デューダ)

転職 迷う 40代

仕事にも慣れてきて会社の戦力として活躍し始める。 20代後半というのはそんな時期かと思います。 順調にキャリアを積み重ねる人がいる一方で、自分が本当にやりたい仕事に気付いたり、今の会社や業界の頭打ち感に気付いたりした結果、転職を考え始める人もいるでしょう。 そして、20代後半の転職では、次のような不安や疑問を持つことがあります。 「20代後半の転職は難しいのではないか? 「やりがいと年収、どちらを取るべきか?」• 「20代後半で未経験の職種に転職するのは難しいのか?」• 「実際に入社してみると求人票に書いていることと違ったことがある」 年齢を重ねるほど未経験職への転職は難しくなるため、やりたい仕事がある人は今のうちに挑戦しようと考えるかもしれません。 一方で社会的責任も重くなっていくので、やりがいよりも稼げる仕事を優先する人もいます。 1度しかない人生を後悔せずに過ごすために、今どんな選択をするべきなのでしょうか? 今回は、 20代後半の方が転職をする際に知っておくべき転職事情や、転職を成功させるための知識などをお伝えします。 なお、当記事は男性寄りの内容が多くなっています。 もしあなたが女性であれば、『』も併せてご確認ください。 20代の転職事情 結論からお伝えすると、現代社会は20代前半・20代後半ともに転職しやすい時代です。 なぜなら就業人口が減っていて、 他の企業の風習に染まりきっていない若い人材を欲しがる企業が増えているからです。 ただし、20代の前半と後半においては『企業から転職者に求められるもの』は異なります。 それぞれの年齢に求められるものは以下の通りです。 20代前半:人柄ややる気、ポテンシャル• 20代後半:多少専門性のあるスキル 自分の年齢に求められているものをしっかりと把握していれば、20代ならばいつでも転職可能と考えてもよいでしょう。 20代後半の人が転職で迷った時に知っておきたい3つのこと まず、20代後半の転職事情を確認していきましょう。 1位:ほかにやりたい仕事がある• 2位:給与に不満がある• 3位:残業が多い/休日が少ない 引用元: 「好きな仕事を取るべきか、儲かる仕事をとるべきか」というジレンマに誰でも1度は苦しんだことがあるでしょう。 次で詳しくお伝えしますが、20代後半であれば未経験の職種に挑戦する事もできますし、給与UPを目指すことも可能です。 30代以降の転職の場合、企業からは即戦力として活躍することを期待されます。 この点も踏まえて、今何を優先するべきなのか、明らかにしていく必要があるでしょう。 未経験の職種に挑戦するジョブチェンジ• 経験を活かすキャリアアップ 前者の転職は第二新卒や20代前半の方がやりやすいですが、業種・職種によるものの20代後半でも不可能というわけではありません。 また、これまでの経験を活かして同職種での転職をし、年収アップを狙うこともできます。 未経験転職の場合はポテンシャルを、キャリアアップ転職の場合は実績や経験をアピールしましょう。 20代後半ともなれば、結婚や出産などで責任が生まれてくる機会が多くなります。 転職の失敗は何としても避けたいところですが、具体的に今何について注意するべきなのでしょうか?具体的に確認していきましょう。 「入社前の情報収集が足りていなかった」 2. 「納得しないまま入社をしてしまった」 3. 「仕事内容・業界に惹かれて入社をしてしまった」 引用元: もちろん、何事もやってみるまでわからない面はあります。 しかし、情報が不足しているかもしれない状態で転職するのは危険でしかありません。 できるだけ後悔を避けるためにも、 事前の情報収集は徹底する、ということを覚えておきましょう。 【関連記事】 20代後半の人が転職を成功させるために知っておきたい6つのこと ここまでで、主に以下の3点についてお伝えしてきました。 20代が転職したいと思う理由• 未経験の職種にもキャリアアップ転職にも挑戦できること• 情報収集不足・納得しないままの入社が後悔の原因になっていること 30代以降と比較するとまだまだチャンスがある20代後半ですが、中には転職してから後悔する人もいます。 転職を成功させるためには何が大事なのでしょうか、以下でお伝えします。 もちろんこの時の金額が職場選びの基準になることは確かですが、それよりも今後どのようなスキル・経験を身につけるのか、それによっていかにして収入を伸ばしていくのか、といったことの方が重要です。 仮に面接で提示された年収が良かったとしても、年収以上のパフォーマンスを発揮できなければ、今後も同じ待遇を受け続けられる保証はありません。 お金を稼ぎ出す経験を積まなければ、遠くない将来に、同じ仕事ができる若い人材にポストを奪われることになります。 そうなれば、社内での立場が怪しくなるだけでなく、今後転職をする際の選択肢も減ります。 どんなスキルをもって継続的に稼いでいくのか、ということを考えておきましょう。 年収アップ• 人間関係の良さ• スキルが身につく• 将来性がある• 安定している• 残業が少ない• ネームバリューがある いろいろな希望があるかもしれませんが、その全てを満たす職場はおそらくありませんので、自分の価値観に合わせて、転職先に求める条件には優先順位をつけていきましょう。 優先順位が違えば、応募するべき求人は変わります。 例えば、スキルが身につくことを最優先に考えるAさんと、残業が少ないことが最優先のBさんがいたとしましょう。 この2人が求人表を見たとして、惹かれる部分はおそらく異なります。 何が最も大事なのか把握することによって、本当に大切な情報をキャッチしやすくなります。 優先順位がわからないというのは、自分が何に満足を感じるのかわからないのとほぼ同義です。 あれも良いこれも良いと複数の求人に目移りし、単純に文章が上手い求人を掲載していた企業に転職を決めかねません。 新卒が資格を持っていた場合はやる気の裏付けになるので評価が上がる場合もありますが、20代後半に求められているのは実績や実力です。 実務経験がある上で関連する資格を取っていた場合は実力の証明になりますが、実務経験を伴わない資格は強みになる保証がありません。 そうなってくると、転職先に期待する条件も例えば次のように変わってきます。 育休産休取得実績がある• 時短勤務可能• 家から近い• 女性の比率が高い 女性の転職事情に関しましては、関連記事に詳しくまとめてあります。 【関連記事】• 転職先にあなたの良さをアピールするためには、あなたの市場価値が社外でどう評価されるのかを把握しておく必要があります。 転職をするときだけに限りません。 社外では今どんなスキルが求められているのかアンテナを建てておくことで、収益を上げられる人材になりたいものです。 」 「残業無しと言っていたにもかかわらず、毎日残業続きで…。 」 転職に失敗する人は、うまくいかないことにぶつかったときに自分でどうにか解決しようとせず、人のせいにして、よりよい待遇をしてくれる場所を選びます。 雇う側の気持ちになって考えてみましょう。 すべてを人のせいにする人を社員に迎えてしまったら、会社の雰囲気を悪くするだけです。 絶対に雇いたくないですよね。 特徴2:やりたいことをわかっていない やりたいことがわからないため、転職理由を聞かれたときにうまく答えられません。 万が一、内定をもらって働き始めたとしても、やりたいことが分からないため、そこでの業務にも違和感を抱きます。 結果、再転職という形をとる場合もあります。 特徴3:少しの情報で満足している 「求人情報に書いてあったから、よい会社なんだな!」 「口コミの評価が高かったから、業績のよい会社なんだよね!」 一部の情報だけで会社を判断してしまい、転職した際にそのギャップに驚く人が少なくありません。 さまざまな情報に目を通して総合的に評価しましょう。 求人情報• 口コミ• 現社員への質問• 会社見学 最低でもこの4つで情報収集した方がよいでしょう。 20代後半未経験でも歓迎が多い業界・企業 20代後半でも未経験の職業に就くことも可能です。 ではどのような職業が未経験でも転職しやすいのかを見てみましょう。 職種1:専門性の高い業界|エンジニアや不動産鑑定士など 専門性の高い人は他人にできないことができるので、需要が高いです。 専門性が高い人をたくさん雇えたらその会社の業績は上向きになりやすいでしょう。 しかし、就職人口が減っていることもあり、最初から専門性を持っている人を雇えるとは限りません。 そのため、未経験の人を会社内で育てて戦力にするという考えを持つ会社が一定数あります。 未経験であっても専門性を持って会社に貢献したい人は専門性の高い業界にチャレンジしてみるものよいでしょう。 職種2:人材不足な業界|介護や運送、飲食など 人材不足の業界はより多くの人を求めています。 未経験であっても一緒に業務をこなして仕事に慣れていきます。 職種3:ベンチャー企業 ベンチャー企業は常に新しい施策を打って、会社を大きくしていくため、未経験であっても自学自習して会社と共に成長してくれる人が好まれます。 また、大手のようなネームバリューもないため、人材獲得に苦労している側面もあるため、比較的転職しやすいでしょう。 20代後半の人が転職をする際に活用したい転職エージェント7選 転職エージェントを活用すると次のようなメリットがあります。 キャリアの悩みや不安をプロに相談できる• 転職エージェントは求人を集める際に企業まで足を運び担当者とヒアリング• インターネット上や求人票だけではわからない企業の内情も知っている• ヒアリングをした上で、希望に合った求人を紹介してもらえる• 面接・書類対策をしてもらえる• 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある 非公開求人とは、• 応募が殺到するため応募者を絞り込みたい• 社外に採用動向を知られたくない といった理由で企業が一般に公開しない求人のことを指します。 転職エージェントを経由して条件に合った人にのみ紹介される求人だけあって、給与などの待遇も良い傾向があります。 以下では20代後半の方におすすめの転職エージェントをお伝えしますので、状況に応じて使い分けてみてください。 マイナビエージェントは、20代利用者の評判が良く、楽天リサーチの調査で「 20代から信頼されている転職エージェントNo. 1」に輝いたことがあります。 マイナビが20代利用者からの評価が高い理由は大きく4つ。 将来を見据えたキャリアカウンセリング• 多数の転職支援で培われた転職ノウハウ• 信頼・実績のあるマイナビだからこそ提供できる企業情報• 転職者に寄り添う親身なサポート 20代後半でのキャリア形成は、今後の将来を大きく左右するため、不安に感じている方も多いでしょう。 マイナビでは短期的な目線ではなく、 中長期的なキャリア形成の支援を得意としています。 利用者が理想の転職を実現できるように、 企業情報やノウハウの提供は惜しみません。 20代であれば真っ先に登録しておくべき転職エージェントです。 運営企業:株式会社マイナビ サービスURL: type転職エージェントは、1都3県での転職実績に定評のある転職エージェントです。 年収交渉にも強みがあり、type転職エージェントを使った 転職者の7割以上が、年収アップに成功しています。 今の会社を早く出て新しいキャリアを歩みたい、でも年収は下げたくないという方は、一度相談してみることをオススメします。 求人数が多い• 自分の市場価値がわかる• 質の高いサポートが受けられる• 企業の詳しい情報を持っている サービスの特徴 これがラストチャンスかもしれない20代後半の転職において、おすすめしたいのがdodaのエージェントサービスです。 専任のキャリアアドバイザーが、利用者一人ひとりと向き合い、求人紹介から、履歴書の書き方、面接のアドバイスまで、転職活動をトータルでサポート。 利用者のことを第一に考えた親身な対応で、多くの方から高い支持を得ています。 また、dodaは業界内での圧倒的知名度により、企業側からの信頼も厚く、大手上場企業から勢い盛んなスタートアップ企業まで、 10万件を超える求人を保有しています。 そのため、あなたのニーズに合わせた幅広い提案が可能。 少ない選択肢の中から、 無理に転職先を選ぶといった事態を避けられます。 キャリアアップや未経験職へのチャレンジなど、さまざまなニーズに対応ができる転職エージェントです。 >< — えむ mxxx223 アタシは10社以上の転職サイト、エージェントサービスを利用していましたが、お薦めするならDODAに限ります。 10万件を超える非公開求人を保有しているので、年齢・業種に関わらずキャリアアップを目指せます。 圧倒的に幅広い選択肢からあなたにあった求人を紹介してもらえます。 経験を活かした転職をする方であれば、ぜひ利用しておきたいサービスです。 運営企業:株式会社リクルートキャリア サービスURL: JAC Recruitment Groupは外資系企業、海外への転職に強く、アジアで最大級のネットワークを持つ人材紹介会社のひとつで、アジア各国において知名度の高いグループです。 英語でのコミュニケーションが得意な方、 外資系企業へ転職し大幅な年収アップを目指す方に特に向いていると言えます。 運営企業:株式会社ジェイエイシーリクルートメント サービスURL: DMMWEBCAMPの特徴• 90%以上が未経験からのスタート• 就職成功率98%• 転職できない場合は受講料全額返金 DMMWEBCAMPのおすすめポイント IT人材が不足していると言われている昨今、自身の価値を高めるためにエンジニアになりたいと考えている20代の方も多いかと思います。 「でも、未経験からの転職は難しいよな…」と悩んでいるのであれば、 「DMMWEBCAMP」への登録がおすすめです! DMMWEBCAMPは 転職・就職保証型プログラミングスクール。 実践的なカリキュラムにより、未経験や初心者の方でも 現場で活躍するための技術が3ヶ月という短期間で身に着きます。 また、一人ひとりの学習スタイルに合わせて、カリキュラムに取り組めるのも魅力の一つ。 「オンライン学習だとすぐ質問できない」「教室の利用時間が短くて通えない」など、痒い所に少し手が届かないプログラミングスクールは少なくありません。 DMMWEBCAMPは 11時~22時まで教室利用が可能で、講師が常住しているため、質問がし放題。 もちろん、自宅学習の方はオンライン上で質問ができます。 料金は3ヶ月プログラムで628,000円 税別 と決して安くはないですが、受講修了後、転職・就職できなかった場合は 受講料が全額返金されます。 カリキュラム修了者の 就職成功率は98%。 これからのIT時代を生きていくための投資としては、安いのではないでしょうか。 はお早めに! 運営企業:株式会社インフラトップ サービスURL: キャリア相談に親身に乗ってくれることで評判の転職エージェントです。 失敗できない転職だからこそ悩みや不安が多くなることもあるでしょう。 運営元のパソナグループは社会貢献を社風にしているので、あなたが望まない転職を無理に勧めてくることはありません。 転職で悩んだり困ったりした時に、 相談できるパートナーが欲しい方はパソナキャリアを利用すると良いでしょう。 運営企業:株式会社パソナ サービスURL: まとめ 20代後半はやりたい仕事と稼げる仕事のどちらを取るべきか迷うこともあります。 ポテンシャルや業界にもよりますが、未経験職への転職は十分に可能なので、やりたいことがある人は挑戦してみるのも1つの選択肢です。 転職でキャリアアップを目指す際は、面接時に提示される給与だけで決めるのではなく、長期的に稼げるスキルや経験が身につくか、ということも考えておくと良いでしょう。 転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。 厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。 (出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)• 残業代が支払われない• 正当な理由なく解雇を言い渡された など もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると 着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。 弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。 そんな方々を守るために生まれたのが 弁護士費用保険メルシーです。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、この先 ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。 なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

40代転職の迷いに効く!迷いの正体&成功のためのポイント解説書

転職 迷う 40代

よくある転職理由とは まずは、なぜ多くの人が転職をするのか、から、男女共通で上位に上がってきた転職理由を見ていきましょう。 【転職理由】 ・給料等収入が少なかった ・会社の将来が不安だった ・労働時間、休日等の労働条件が悪かった ・職場の人間関係が好ましくなかった 男女とも共通して、収入や労働条件が上位にあります。 また男性では、収入に不満はなくても会社の経営方針や仕事へのやりがいを求める人が多い傾向にあります。 対して女性は、社内の人間関係に馴染めないことなども転職理由として多いようです。 転職に成功する人・しない人の特徴 今の職場に不満や不安があっても、今の会社より良い転職先を見つけることはなかなか難しいのが現状です。 ここでは、転職に成功する人としない人に共通する特徴をご紹介していきます。 転職に成功する人の特徴をしっかり理解し、実践していってくださいね。 ・転職先への希望条件が明確 転職して何がしたいのか、何を一番変えたいのかなど、希望条件が明確になっていれば、応募書類や面接での志望動機も伝えやすく、転職活動がスムーズに進みます。 ・諦めても良い条件が明確 絶対に譲れない条件、諦めてもよい条件など、優先順位を明確につけておくと判断に迷うことがありません。 転職に成功した人は、転職をしてもすべての希望が叶うわけではないことを知っている人です。 ・転職活動期間を設定している ただ転職するだけなら、そう難しいことではありません。 問題は、希望や条件に見合った転職先を見つけられるかどうかです。 転職活動には時間がかかるものですが、長ければいいというものでもありません。 いったん期間を決めてその間に決まらなければ、リフレッシュ期間を設けて自分の転職活動を振り返ったりすることも必要です。 ・退職する前に転職活動を始めている 転職成功者の多くは、在職中に転職活動を終えるか、活動をスタートしています。 中高年の転職で、企業から高く期待されるのが即戦力となり得るスキルや人脈です。 ブランクのない方が、よりアピール効果は高くなります。 ・複数の手段を使っている 求人情報誌や転職サイト、人脈など、今や転職活動をする手段は多々あります。 どれかひとつに絞らず、特に情報収集という意味では、積極的に複数の手段を活用しましょう。 自分一人の活動範囲では得られないような情報も集まります。 転職サイトの詳しい情報は、を参考にしてみてくださいね。 ・複数の企業に応募している めぼしい企業があれば、複数応募しておくのも転職成功へのカギです。 面接などの練習にもなりますが、第一希望ではなかった企業が面接などで合いそうだと分かる、などの可能性もあります。 ・社会人としてのマナーを身につけている 転職先では、今まで社会人として培ってきたスキルはもちろん、「一緒に仕事がしたい」と思える人を採用します。 応募書類や面接までのやり取り、面接での身だしなみや立ち居振る舞いなど、ビジネスマナーの身についている人は転職成功までの道は近くなります。 ・転職先への希望条件が多すぎる 転職を機に、あれもこれもと希望を叶えようとしていると希望通りの転職先も探せず、転職成功には結びつきません。 ・転職活動を無意味に長引かせる 転職活動には時間がかかるものですが、あまりにダラダラと時間をかけすぎるのもNGです。 区切りとしての期間を設定し、冷静に振り返る時間も必要です。 ・応募先への連絡にタイムラグがある 応募先の企業から面接の連絡があった場合に、すぐに返事をしないのはNGです。 応募している期間中は、メールは頻繁にチェックしましょう。 ・最低限のマナーが守れていない 面接時の携帯電話の電源をオフにしておくなど、細かなことに気配りができていない人は、ビジネスマナーが身についていないと思われてしまうことがあります。 面接の身だしなみが気になる人は、、を参考にしてみてくださいね。 ・面接の時間が守れない 面接に遅刻するような人材は、仕事のアポや締切にもルーズだと思われかねません。 やむを得ない事情で遅れる場合は、必ず前もって連絡を入れるようにしましょう。 いかがでしたか? 転職に成功する人としない人の違いは、心がければ誰でもできることばかりです。 実はその小さな心がけが、転職の成功と失敗の分かれ道なのです。 ひとつひとつ確実に実践して、転職を成功させてくださいね。

次の

40代転職の迷いに効く!迷いの正体&成功のためのポイント解説書

転職 迷う 40代

40代転職は年収がダウンするのは本当? さっそく、40代転職の年収に関することを説明します。 40代の平均年収はどれくらい? まず、今の自分の年収が多いか少ないか判断をする指標として国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」を参考資料にしました。 以下に40代の平均年収を男女別にまとめました。 40代の平均年収は平成9年から全ての年齢の平均年収は減少傾向にありましたが、ここ数年は上昇傾向です。 また、平均年収が上がったといっても、税金などのコストの方も増えているので、単純に平均年収が上がったからといって前よも豊かに生活ができていると感じる人は少ないかと思います。 業種別の40代平均年収は? 業種が同じであっても報酬額は会社によって大きく異なります。 例えば、会社規模・業績運営・評価制度によっても変わってきます。 加えて同じ会社であっても、役職・職種・能力によって年収は大幅に変わります。 とはいっても平均年収が高い業界は、低い業界と比べると全体的に好待遇な傾向があるので、高年収の「絶対に年数をあげたい」と考えている方は以下の業種・企業が参考になります。 40代で年収1000万円以上の業種・企業 ・電気機器:キーエンスの40代推計年収額1662万円 ・サービス業:日本M&Aセンターの40代推計年収額1602万円 ・金融業:野村ホールディングスの40代推計年収額1452万円 40代で年収1000万円前後の業種・企業 ・情報・通信業:TBSホールティングスの40代推計年収額1098万円 ・情報・通信業:三菱地所の40代推計年収額1089万円 ・不動産業:JXホールディングスの40代推計年収額1085万円 全ての業界の40代の年収平均値は589万円で、その中でも40代の推計年収が1000万円以上の企業は全体の1%強です。 職種別の40代平均年収は? 40代推計年収が平均値に近い職種は以下のような職種です。 ・薬剤師の600万円 ・国家公務員(守衛)の571万円 ・国家公務員(自動車運転手)の545万円 ・専修学校の教員の496万円 年収が減るのが心配なら必要な年収を逆算してみよう やはり、転職をして心配になるのは、年収面ですよね。 転職をするとなると年収が下がってしまい、生活が苦しくなって家族を養えなくなると思うかもしれません。 そういう時は、 「自分や家庭は年間いくら使うのか、必要なのか」を計算してみましょう。 必要なお金を具体的な数字にすることで、いくらの年収まで稼ぐ必要があるかはっきりします。 具体的に数字にすることによって実際の転職活動で最低年収の条件も決まります。 40代転職を成功させるには? はっきりと言うと、 40代の転職は20代・30代の転職に比べると、転職は狭き門です。 しかしリーマンショックから続いた不景気から回復している傾向にあるので、今後転職市場はもっと活性化します。 その中で40代の採用も行う企業も増える可能性が高いです。 40代の転職は競争率が高いため、転職するなら入念に準備することが大切になってきます。 次は、40代の転職で採用されるために押さえておくべき点を紹介します。 マネジメントスキルは必須条件 40代の中途採用は「即戦力」として、 今までの経験・知識に基づく成果や実績が必要です。 特に40代の採用条件としてはマネジメント能力が問われることが多いです。 今までの経験から、部下を持った時にどのようにマネジメントをしたのか、仕事に対してどのように取り組んできたのか、管理職としての経験などをアピールすることが重要です。 今までの経歴・スキルとマッチした企業に転職する 40代の転職は高いマネジメント能力の他にも今までの経歴・スキルが重視されるということです。 今まで、経験してきたものを転職先でも発揮して会社に貢献することが期待されます。 ですので30代の転職ではできた、経験したことのない職種・業種の転職も40代の転職では非常に難しく、できたとしても年収が下がってしまう可能性が高いです。 転職先を選ぶ際には、 「これまでの経歴が評価されやすい」「このスキルは次の転職先でも活かせる」など自分が想定する年収額にあった企業を探しましょう。 40代でも自己分析は重要 40代の転生であっても、自己分析は重要です。 しかし20代・30代との違いとして、 「自分の強みが正確にわかる」「転職した後でも活躍ができるビジョンが明確」というところがポイントです。 そのためにはまず、自分の長所・強みがはっきりしていることが大切です。 40代の場合主観的な長所よりも、見えやすい客観的に評価される長所を探すようにしましょう。 客観的に評価されやすい長所は「数字」で表現できるというところがポイントです。 例えば、自分の考えた施策で売上が15%伸びた、自分がマネジメントした部下の営業成績が2倍に成長させたなど具体的に数字にすることで転職の面接の際にも誰にでもわかりやすく伝えることができます。 転職以外の選択肢も視野に入れよう ここまで40代が転職を成功させる方法について紹介してきましたが、やはり40代の転職は厳しいことは事実としてあります。 年収を上げることや仕事内容を変えること方法は転職以外にもあります。 「年収を上げたいから」「今の仕事内容が変えたいから」など会社に対して不満などが理由でなければ 「社内で年収UPの交渉」をおすすめします。 社内で年収UPの交渉 現在の年収が今の自分の能力、会社への貢献度に見合っていないと感じて転職を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 自分を客観的に見てこの会社には不可欠な存在、会社の将来に必要な人材だと感じたら、会社に直接給与アップの交渉をしましょう。 交渉する時に大切なのは自分の実績を交渉材料にすることです。 会社側も能力がある・実績を残している社員に対しては、すぐに給与を下げようとしたりせず、待遇を良くして、長く働いて欲しいと考えています。 今の勤めている会社に対しての年収に不満がある場合、転職を考えるよりも給与の交渉を行った方が年収UPするには近道であることが多いです。 転職エージェントに相談してみる 社内交渉と同じくらい大切なのは、自分の市場価値を知ることです。 いくら自分で自己分析や長所・強みを客観的に評価したと言っても、第3者から見た自分の市場価値を知らなければ、転職ができたとしても望む年収ではなくむしろ、下がってしまうこともあります。 そのような事態にならないためにも、「転職エージェントに相談をする」ことをおすすめします。 転職エージェントは転職に関するプロなので、あなたの実績・能力と現在の転職市場について比較して適切なアドバイスがもらえます。 また、転職エージェントが紹介した企業の面接を受ける場合は、入社する前に給与や待遇の交渉を一緒に行う転職サポートがある場合もあります。 何より、自分の転職について「なぜ転職がしたいのか」「どういったことができるのか」「年収がいくらくらいがいいのか」「今の能力だと年収いくらが妥当なのか」「あなたにマッチする企業について」「一般には公開されていない非公開求人」などあらゆる面から転職についてのサポートをしてくれるのが転職エージェントです。 自分の力だけで転職するのが難しいと感じた場合、転職エージェントを利用することも一つの手です。 まとめ:40代の転職は焦らず慎重に! 以上40代の転職について、年収はダウンするのか、アップさせるための方法を紹介しました。 40代の転職は今の年収に満足できないからといって、焦ってすぐに転職しようと考えるのは禁物です。 現在の40代の平均給与・年収、自分の会社の業界の平均給与・年収、自分の市場価値などあらゆる面から今の自分の年収を比較してから、慎重に考えてから転職しましょう。

次の