糸へん高い。 糸

【伸びる糸・伸びない糸で縫う】伸縮生地の縫い方【手縫い】

糸へん高い

しなやかで編みやすく強度もあり、とても軽く仕上がります。 ラフィアに一番近い素材なのに手洗い洗濯が可能です。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 901 たんぽぽ お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 902 あんず お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 903 なでしこ お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 904 りんどう お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 905 わすれなぐさ お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 906 まつば お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 907 すすき お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 908 ちょうじ お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 909 すおう お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 910 びんろう お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 911 こくたん お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 912 せいらん お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 913 てつこん お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 914 われもこう お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 915 ひわだいろ お取り寄せの為、4営業日前後のお届け。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は佐川急便でお届けいたします。 (離島などの一部地域はヤマト運輸でのお届けとなります) ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)後、5営業日以内 の発送をこころがけておりますが、 万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間うけつけております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

「緋」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

糸へん高い

「紡ぐ」とは糸に関連する言葉で、「糸を紡ぐ」といった表現に用いられています。 「物語を紡ぐ」といった表現もあります。 しかし、なぜ糸についての言葉を「物語を紡ぐ」といった糸とは関係ない表現として用いるのでしょうか。 そして、物語のように他の言葉にも「紡ぐ」を用いるケースはあるのでしょうか。 本記事では、「紡ぐ」という言葉の使われ方や、「紡ぐ」という言葉の由来を紹介していきます。 読み方 「紡ぐ」は漢字単体で音読みの「紡 ボウ 」と、ひらがなが付いた訓読みの「紡ぐ ツムグ 」のふたつの読み方があります。 「紡 ボウ 」と読むときは、糸の素材となる繊維から一本の糸が生み出される過程を意味しています。 また、「紡ぐ ツムグ 」と読むときは、比喩的に言葉を繋げて文章を作るという意味になります。 「紡」という漢字の成り立ちが、「糸」と並ぶを意味する「方」が組み合わされて作られたものだからです。 意味 「紡ぐ」という言葉の意味を解き明かすために「紡」の漢字の成り立ちをみてみましょう。 「紡」という漢字を分解すると、「糸」と「方」という漢字に分かれます。 そして「糸」と「方」のそれぞれの意味を合わせると「糸を並べる」となります。 これはまさに「糸を作ってそれを並べていく」という糸を紡いでいく様子を表しています。 「紡」という漢字は、糸を作る上での一連の作業の様子を二種類の漢字を組み合わせて表現しています。 由来 紡ぐの糸という部首がこの形となった由来ですが、糸の元となる繊維をねじり合わせて一本にした、より糸の状態を描いた象形文字からきています。 紡ぐのもう一つのパーツである方の由来は農具です。 農業で畑を耕す時に使われる農具のすきがモデルになっています。 畑ですきを使う際は人同士が並んで耕すことから、並ぶという意味や傍らを意味する言葉として誕生しました。 「紡ぐ」の使い方 言語にはひとつの意味だけではなく、複数の意味が込められていることがよくあります。 そして他の言葉との組み合わせや使い方、対象によっても、意味が違ってくる場合があります。 「紡ぐ」という言葉は、「素材から糸を作り出す」という意味で使う場合と、糸を作り出す過程を比喩表現として適用して使う場合があります。 ここからは、これまで紹介した用法も含めて、さまざまな「〇〇を紡ぐ」という表現をご紹介していきます。 例文1:糸を紡ぐ 「糸を紡ぐ」とは、「紡」という字の本来の意味を示す使われ方です。 繊維のある部分を引き出してそれによりをかける ねじって組み合わせる ことで一本の糸になります。 このとき作られる、より糸の象形文字が糸へんになり、「並べていく」という意味を持つ農具のすきから生まれた「方」と組み合わされて、「紡ぐ」という言葉が誕生しました。 例文2:物語を紡ぐ 「物語を紡ぐ」は、小説などによく出てくる表現です。 物語を単体のものとして考えると非常にスケールの大きいものに感じますが、細かく見ていくとひとつひとつの小さな出来事の積み重ねです。 物語に「紡ぐ」の意味を適用するとき、ひとつひとつの小さな出来事を素材となる繊維として見立て、出来事を積み重ねていく様子を糸を引き出してよりをかけていく様子に重ね合わせています。 それが「物語を紡ぐ」という表現です。 例文3:言葉を紡ぐ 「言葉を紡ぐ」とは、小説や手紙・詩などを形容するときに使われます。 絹や綿などの美しい整然とした糸を紡ぐように、幾千ものさまざまな言葉を繋ぎ合わせて文章を作り出すときに使います。 口語表現にも使用される比喩的な言い回しです。 例文4:歴史を紡ぐ 「歴史を紡ぐ」は、「物語を紡ぐ」という使われ方と同様に、「紡ぐ」を比喩表現として当てはめた用法です。 歴史を見ていくと、膨大な出来事が積み重なって私たちが知るような結果に至っています。 この膨大の出来事を糸を紡ぐ様子に見立てています。 例文5:思いを紡ぐ 「思いを紡ぐ」は、思いを巡らすと同じような意味で、ひとつのことを積み重ねて思いを抱き続けることを表す表現です。 人から人へ思いを紡ぎ、伝統や教えを重んじる際にも使われる言い回しです。 例文6:幸せを紡ぐ 「幸せを紡ぐ」とは、幸せを毎日積み重ねていくという意味です。 幸せとは、毎日こつこつと積み重ねて築いていくものです。 それを紡ぐを使って言い表した比喩表現が、「幸せを紡ぐ」です。 幸せは、さまざまな人の心や努力の積み重ねで築かれているので、ひとつひとつを合わせていくという意味が「紡ぐ」で表現されています。 例文7:人生を紡ぐ 「人生を紡ぐ」とは、ひとつひとつの出来事や出会いが、ひとつの人生を形作ることを比喩的に表現した言い回しです。 人生を、糸を紡ぐことになぞらえ、一歩一歩進んでいく様を表しています。 「人生を紡ぐ」はよく使われる表現です。 人生とはさまざまなエピソードや苦労、たくさんの人々との交流を通じて形成されていきます。 人生におけるいろいろな出来事を、糸をよることに例えて「紡ぐ」と表現した素晴らしい比喩です。 例文8:命を紡ぐ 命とは紡ぐものです。 命は代々、親から子へと繋いでいきます。 それを、糸を紡ぐことになぞらえて表現しています。 命はただ受け継ぐだけではありません。 糸をよるように、時代とともにいろいろな要素を引き入れながら紡いでいきます。 そのことを「命を紡ぐ」と表しています。 紡ぐの意味が知りたいあなたにおすすめのアイテム! 「紡ぐ」は、糸をより合わせるという意味で、類語はあまりありません。 「紡ぐ」という行為は特殊な仕事なので、まったく同じ意味の言葉を探すことは難しい単語です。 ここからは、「紡ぐ」という言葉の意味に近い類語を挙げていきます。 類語1:編む 「編む」とは、糸などのいろいろな素材を、絡み合わせたり結んだりして、互い違いに織り合わせたりするという意味です。 「編む」と「紡ぐ」は似た言葉です。 物語を編むなど、紡ぐと同じような比喩表現に使用される単語です。 いくつかの物を合わせてひとつに織り上げるという意味では、編むは紡ぐに近い言い回しに使える言葉です。 類語2:作り出す 「作り出す」という言葉には、「新たに物を製作する・こしらえる」という意味があり、「紡ぐ」の類語です。 「紡ぐ」は多くの繊維をより合わせて1本の糸を作る作業です。 「作り出す」という言葉と共通の意味を持つ単語と言えるでしょう。 類語3:結ぶ 「結ぶ」には、細長い物を繋ぎ合わせる・からませるなどの意味があるため、「紡ぐ」の類語になります。 「結ぶ」には、まとめて形にするなどの意味があります。 いくつもの繊維をまとめてひとつの糸にするという意味がある「紡ぐ」と、共通した使われ方をする単語です。 「紡ぐ」は糸を作り出す様子を表した言葉で、象形文字の組み合わせでできています。 また、「紡ぐ」は、糸を作り出す様子に限らず、「物語を紡ぐ」「歴史を紡ぐ」といったように、糸を紡ぐ様子に見立てて、さまざまな比喩表現として用いることができる言葉です。 表現豊かな「紡ぐ」という言葉の活用法や意味を正しく学び、普段の会話や文章作りに役立ててみましょう。 面白いあらすじの書き方 「物語を紡ぐ」のように、「紡ぐ」は小説などによく使われる表現のひとつです。 では、物語の面白いあらすじの書き方はあるのでしょうか。 あらすじを書くときには、過去から未来へ時系列に沿って書く、起承転結を作って共感させて感動させる内容にするなどのコツがあります。 以下のリンクには面白いあらすじの書き方などが紹介されています。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

いと いとへん

糸へん高い

概説 [ ] 自然界から得られる繊維は、やのように短い( 短繊維)ので、これをまとめてねじることにより長くつなげ、扱いやすい太さとしたものが糸である。 複数を撚り合わせることで強度も増す。 やのようにもともと長い繊維( 長繊維)も2本以上の繊維をねじることで強度が増すため使われる。 も糸の材料として使われており、社や社にて紳士服に使用される。 繊維を撚り合わせることで太く長くなり、様々な用途に使えるようになる。 糸にするために、材料となる繊維を長く伸ばすことを「 績む(うむ)」、撚り合わせて糸にすることを「 紡ぐ(つむぐ)」という。 細さで呼びが使い分けられ、最細が糸、より太いものは・・等と呼ばれる。 絡んだ糸を「 糾(あざ)」といい、あざにすることを「 綯う(なう)」ともいう。 現在でも縄をつくることを「あざなう」という。 他方、クモの糸や絹糸などは最初からそれなりの長さがあるので、そのまま糸と呼ぶ。 ただし絹糸も実用に供する場合は複数を撚り合わせる。 などの場合、その素材となる糸は、長ければ長いほどよい。 逆になどの際には長すぎる糸は絡まるなどのトラブルを起こしやすい。 繊維を糸に加工するのは結構やっかいなことなので、普通はできるだけたくさんまとめて作り、絡まないようになどに巻き付けて管理する。 繕い物などの場合はその一部を切り取って利用する。 繕い物は日常における衣服のとして重要であり、そのための道具である糸とは必ず一纏めに扱われる。 童話『』で美女の指に刺さったのが糸を作るための道具、(つむ)である。 線である 経(たていと)と 緯(よこいと)を交差させて面である布にする装置が 機(はた)で、布を織るためには糸が大量に必要になる。 大量の糸がお互いに絡まないよう玉状や環状にして貯めておいたものを (お・だまき)といった。 絹糸や綿糸が主流となる以前の日本での律令時代には、やを使って苧環を作るための専門が置かれ、これを(おみべ、おうみべ)と言った。 この時代の行政区画名を集めたには、郷名の「麻績」が全国各地にみられる。 素材 [ ] 「」も参照 動物が使う糸 [ ] 動物自身が糸を使う例も多々ある。 糸はを作る際や動物体を基質に固定するなど、それぞれに用途がある。 代表的なものを以下にあげる。 目・・:が口から。 を作る際などに用いる。 :前足から。 :腹部末端の出糸突起から。 目・目(など):触肢から。 類:を持つ例がある。 :の糸を巣作りに使う。 糸の単位 [ ] 糸の太さ [ ] 番手 糸の太さを表す単位。 恒重式番手と恒長式番手に大別される。 恒重式番手 単位重さあたりの長さとして計算する糸の太さ表記法 線密度の逆数であるため番手が大きいほど細くなる。 英式綿番手 糸または綿紡績方式で製造された糸に対して使用される。 単位重さ1ポンド(453. 6g)あたりの長さが840ヤード(768m)のものを「一番手」といい、糸の太さが細くなると番手数が大きくなる。 共通式番手(メートル番手) 毛()糸、特に梳毛紡績方式で製造された糸に対して使用される。 単位重さ1000gあたりの長さが1000mのものを「一番手」といい、糸が細くなると番手数も大きくなる。 麻番手 麻糸または麻紡績方式で製造された糸に対して使用される。 単位重さ1ポンド(453. 6g)あたりの長さが300ヤード(274m)のものを「一番手」といい、糸が細くなると番手数も大きくなる。 カタン番手 ミシン糸に用いる綿縫い糸(カタン糸)に使用される。 原糸の英式綿番手を3倍し、撚り合わせた原糸の本数で割った値。 恒長式番手 単位長さあたりの重さとして計算する糸の太さ表記法 線密度であるため番手が大きくなると太さも大きくなる。 絹糸(フィラメント糸)の太さを表す単位。 フィラメント1本や繊維1本の太さを表す場合にも用いられる。 単位長さ9000mあたりの糸の重さが1gのものを1デニールといい、糸の太さが増すとデニール数も増加する。 テックス tex 素材や紡績法によらず統一表記法として用いられている。 単位長さ1000mあたりの糸の重さが1gのものを1テックスといい、糸の太さが増すとテックス数も増加する。 SI単位 の暫定併用単位とされており、国内ではによりJIS L 0101 テックス方式 およびJIS L 0104 テックス方式による糸の表示 として規格化されている。 糸の種類 [ ] 手縫い糸とミシン糸では、よりの方向が逆になっている。 手縫い糸• ミシン糸• スパン…短繊維をより合わせて作られる一番一般的な糸。 ポリエステルで作られている物が多い。 レジロン…ニット用の糸。 主に本縫いミシン用に使われる。 製が多い。 ウーリー…ニット用の糸。 主にロックミシンのルーパー糸として使われる。 ナイロン製が多い。 カタン…綿の糸• 刺繍糸…撚りが甘く、光沢を持つものが一般的である。 25番…一般的な刺繍糸。 5番 用途 [ ] 衣料 糸の最も一般的な使い道として、衣服などの衣料がある。 衣料の原料となる、は経(たて)糸と緯(よこ)糸を組み合わせて作られる。 また布片をつなぎ合わせて衣服を作る場合にはそれらをる必要があるが、そのためにも糸は使われる。 布でなくなどの縫い合わせにも使われる。 楽器 の発音体()は糸状をしており、やはり「糸」と呼ばれる。 この糸はの様に繊維と無関係な糸状の金属の場合もあれば、動植物などに由来するである場合もある。 転じて,、、など弦楽器の総称としても「糸」の語を使う。 日本のはでできているので、糸と合わせのことを「糸竹 いとたけ 」とも言う。 また小唄などでは、三味線パートのことを「糸」とも言う。 原料はで、春を使い、撚り合わせて糊で固める。 三味線の糸一つをとっても様々な太さがある。 釣り 伝統的にとして使われてきたものに絹の紡績糸であるがある。 今日ではなどのの釣り糸が一般的。 人形劇 を上から吊るし上げて動かすのにテグスが用いられる。 凧揚げ を操るのに凧糸が用いられる。 料理 主にやなどを作る時、肉が崩れたりするのを防ぐため、凧糸で肉を縛ってから調理する事が多い。

次の