マクアケ株価掲示板。 売買代金 ランキング チャート 東証マザーズ 【株ドラゴン】 4/33ページ

マクアケ (4479) : ニュース・適時開示 [Makuake]

マクアケ株価掲示板

5% ストップ高 本日終値 マクアケがストップ高。 同社はクラウドファンディングのプラットフォーム「Makuake」を運営するが、11日に東証マザーズに新規公開した。 きょう昼ごろ、世界中のアイデアを初披露できるプラットフォーム「造点新貨」を運営するアリババグループのAlifish(アリフィッシュ、中国北京市)と業務提携を発表しており、これが好感された。 Alifishはアリババグループ傘下におけるIPライセンス契約およびクリエイティブ・プラットフォーム。 アリババのビッグデータを活用し、中国国内外のIPライセンスと提携してグッズの企画からサプライチェーンマッチングまで、あらゆる面でブランドパートナーをサポートする。 この提携により、マクアケとは互いのプラットフォームを利用する事業者を紹介することで、日本企業および中国企業がそれぞれの地域に進出する際の相互サポートをおこなう。 2% 本日終値 東証1部 上昇率3位 アスクル が急騰。 17日大引け後に発表した20年5月期上期 6-11月 の連結経常利益が前年同期比3. 5倍の33. 9億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。 消費増税前の駆け込み需要などを背景に法人向け販売が伸びたほか、個人向けの「ロハコ」は配送無料となる注文金額の引き上げや物流コストの低減で採算が改善した。 物流施設の手数料収入を計上したロジスティクス事業の黒字転換も大幅増益に貢献した。 5% 本日終値 東証1部 上昇率4位 17日、CKサンエツ が発行済み株式数 自社株を除く の0. 56%にあたる5万株 金額で1億7500万円 を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。 需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。 買い付け期間は12月18日から20年3月31日まで。 6% 本日終値 東証1部 上昇率10位 ツルハホールディングスは3日続伸し年初来高値を更新。 同社が17日の取引終了後に発表した第2四半期(5月16日~11月15日)の連結純利益は、前年同期比20.2%増の155億5400万円と堅調だった。 プライベートブランド(PB)商品や化粧品などが伸びた。 20年5月通期の連結純利益は前期比5.1%増の261億円で据え置いた。 大手証券のアナリストからは、「特にサプライズはないが販管費の伸びは増収率に見合った内容となり、コスト抑制がみえてきた点は好印象」との見方も出ている。 5% 本日終値 ココカラファインが4日続伸。 午前11時ごろ、一部ドラッグストア店舗でサイキンソー(東京都渋谷区)が提供する腸内フローラ検査サービスの購入を可能にしたと発表しており、これが好感された。 同社ではこれまで、一部調剤店舗でサイキンソーの腸内フローラ検査サービス「Mykinso」及び「Mykinso Pro」の取り扱いを実験的に行っていたがるが、一部ドラッグストア店舗でも取り扱いを開始したという。 同検査によって、腸内環境の状態が明らかになり、利用者は腸内細菌の変化に基づき、生活習慣病や消化器疾患との関係性を調べることができるようになるとしている。 8% 本日終値 ソフトバンクグループが商いを伴い5日続伸。 ここ値刻みこそ小幅ながら上値慕いの動きを強めている。 出資するシェアオフィス大手ウィーカンパニーの経営問題で株価も一時下落を余儀なくされたが、売り圧力が一巡している。 人工知能(AI)分野への積極投資を標榜しており、今後の展開に注目が集まっている。 信用取組は直近売り残が増加する一方で、信用買い残を大きく減少させており、株式需給面も改善傾向にある。 8% 本日終値 レーザーテックが全体軟調相場に抗して上値指向を継続、一時340円高の1万260円まで買われ、上場来高値を更新した。 5G関連投資の活発化を背景にロジック半導体の需要を喚起、このロジック微細化投資のカギを握るのが次世代露光技術で使われるEUV(極端紫外線)であり、同分野でビジネスチャンスを広げる銘柄に株式市場でも注目が集まっている。 そのなか、同社はマスクブランクス検査装置で世界シェアを独占しており、当然ながらEUV対応の装置についても世界で唯一供給できるメーカーとなっている。 業績も絶好調、20年6月期営業利益は前期比64%増の130億円と大幅な伸びを見込むが一段の増額余地も指摘されている。 5% 本日終値 いすゞ自動車が高い。 読売新聞オンラインが午後2時ごろ「スウェーデンの商用車大手ボルボと包括提携する方針を固めた」と報じられており、これを好材料視した買いが入った。 記事によると、トラックの電動化や自動運転など次世代技術で協力するという。 また、ボルボグループのUDトラックスの生産面などでの連携も今後の検討課題になりそうだとしている。 1% 本日終値 ハマキョウレックスが4日続伸。 17日の取引終了後、福岡県を中心に九州に拠点を保有する物流会社シティーライン(福岡県志免町)の全株式を取得し、子会社化すると発表しており、これを好材料視した買いが入った。 今回の子会社化は、シティーラインか長年蓄積してきた九州エリアでの物流サーヒスの実績や取引先を獲得するほか、九州エリアにおける拠点の拡充を図るのが狙い。 また、ハマキョウレックスクルーフか有する物流ノウハウを、シティーラインの経験と組み合わせることで、既存顧客にも付加価値の高い物流サーヒスを提供することか可能になるとしている。 なお、20年3月期業績への影響は軽微としている。 2% 本日終値 サンバイオは売り買いが入り乱れ荒い値動き。 売前日まで大量の売り注文に値がつかず、2日連続の大引けストップ安配分となっていた。 きょうもウリ気配で始まったが9時17分に前日比300円安の2445円で寄り付き、その後は下げ渋り、2600円近辺で売り買いを交錯させている。 再生細胞薬「SB623」の慢性期脳梗塞を対象とした大日本住友製薬との共同開発を中止し、契約を解消したことがネガティブサプライズとなって売り込まれたが、きょうはリバウンド狙いの個人投資家資金が流入し需給相場の思惑が高まっている。 株探ニュース.

次の

マクアケ (4479) : 株価/予想・目標株価 [Makuake]

マクアケ株価掲示板

悔しい思いをかみ殺しながら、マクアケの可能性を追記していきたいと思います 笑 マクアケは12月11日に東証マザーズ市場に新規上場しました。 公開価格は1550円。 それに対し、 初値は2710円 公開価格を74. 8%上回る!。 上場初日の高値は3170円、終値は2980円でした。 最近の株式市場はIPO銘柄に資金が集まる傾向があり、BASEやマクアケ、フリーなどの銘柄が値を飛ばしています。 公開価格の3. 45倍。 上場初値の1. 97倍。 という驚異的な株価の上昇ですね。 有名人が大株主に名を連ねていることなど、注目要素はたくさんありました。 しかし、ここへきてアリババ集団との業務提携を発表するという強力なIRを発表したため、株価が一段高となっています。 その結果が本日の高値5350円だといえそうです。 期待が高いだけ、株価も上昇しているということですね。 筆者もセカンダリー狙いで参加しようかとも思ったのですが、値動きが荒いので見送りました。 デイトレによほどの自信がある人なら良いかもしれませんね。 後は長期で我慢できる人が向いているかもしれません。 他にも有望そうな銘柄は多々あるので、私は他の銘柄の物色をしました。 でも、マクアケには引き続き、注目していきます。 アリババ集団と提携を結んだというのは、同社にとってはかなりの追い風になっていると個人的には思います。 ですので、他に有力なクラウドファンディング企業が上場してこない限りは、しばらくマクアケの株価はイケイケな展開が続くかもしれないなと思ってしまいます。 社名は 「makuake マクアケ 」。 証券コードは4479。 近年、すっかり定着してきた クラウドファンディングを手掛ける会社です。 サイバーエージェントの子会社なので、親子上場ということになります。 しかし、注目されているのはサイバーAの子会社だからではありません。 クラウドファンディング企業の上場が初なのと、大株主欄に市川海老蔵氏やサッカーの本田圭佑氏が出資する会社が名を連ねているからです。 著名人が大株主に名を連ねる上場企業はほかにもありますが、マクアケの株価は上場ゴールとならずに上場日が幕明けとなって上昇していくのか? その可能性を探っていきたいと思います! makuake マクアケ の新規上場 IPO で気になる過去の著名人大株主銘柄 makuake マクアケ が上場に際して提出した目論見書を読んでいくと、大株主欄が実に興味深い。 第2位にいるのが、本田圭佑氏の会社です。 そして、第4位にいるのが海老蔵氏になります。 上記のリストは上場前の段階の話なので、これから株式の新規売り出しをして、今後さらに分割などが行われれば、持ち分比率は低下します。 しかし、保有株を手放さない限りは大株主のままでいることでしょう。 筆者としては、投資家として気になるのが上場した後にマクアケの株価は上昇していくのかということ。 なので、過去の事例を引っ張り出しました。 マクアケ同様、著名人が大株主に名を連ねていた銘柄が、上場後にどんなチャートアクションをしたのか? おとなの株ラウンジで過去に紹介したを紹介したいと思います。 サニーサイドアップといえば、元サッカー日本代表の中田英寿氏が大株主に名を連ねることで有名な会社です。 マクアケは本田圭佑氏なので、あえてサニーサイドアップを持ってきました 笑 サニーサイドアップの場合、2008年に大阪ヘラクレス市場 現在は存在しない に新規上場。 上場初日にストップ高を付けました。 その後、2018年に東証2部に鞍替えしてから、わずか3か月で東証1部上場までこぎつけました。 この10年のサニーサイドアップのチャートを見ても、株価の上昇が凄まじいことがわかります。 テンバガーどころか、トリプルテンバガーですね! 長期投資家としては、こういう長期的に成長が見込めて株価も上昇していく銘柄に投資していきたいところです。 サニーサイドアップはイベントPRやスポーツ選手のマネジメントを手掛ける事業を柱にしており、東京五輪に向けての期待から株価を上げている部分もあることと分析します。 では、makuake マクアケ の場合はどうでしょうか。 makuake マクアケ の新規上場 IPO 以降の株価に期待は持てるのか? マクアケの上場後の株価に期待は持てるのでしょうか? もしmakuake マクアケ のIPOに投資を検討しているのなら、気になるところです。 プラス材料としては、2つ考えられます。 プラス材料1:主幹事が大和証券 大和証券はIPOに強い証券会社です。 2019年は10月末時点で13社の主幹事を手掛けました。 上場初日の成績は10勝2敗1分け。 13銘柄中10銘柄で株価が上昇しています。 2敗のひとつ、BASE 4477 は、上場初日は公開価格を下回りましたが、その後は株価を上げています。 こうした実績もあるので、大和証券の手掛けるIPO銘柄には期待が持てそうです。 プラス材料2:直接クラウドファンディング事業を展開する上場企業が他にない 筆者の知る限り、直接クラウドファンディングを手掛ける上場企業はほかになさそうです。 ということは、クラウドファンディングというビジネスの成長性に投資したいという投資家は、投資する選択肢がマクアケの一択になるのではないか、と考えられるわけです。 そうなれば、同社に投資資金が集まる可能性が高まるのかなと思う次第です。 あくまで個人的見解なのであしからず。 有名人が大株主ということで注目を集めるマクアケ。 , , ,.

次の

話題株ピックアップ【夕刊】(1):マクアケ、アスクル、ソフトバンクG

マクアケ株価掲示板

5% ストップ高 本日終値 マクアケがストップ高。 同社はクラウドファンディングのプラットフォーム「Makuake」を運営するが、11日に東証マザーズに新規公開した。 きょう昼ごろ、世界中のアイデアを初披露できるプラットフォーム「造点新貨」を運営するアリババグループのAlifish(アリフィッシュ、中国北京市)と業務提携を発表しており、これが好感された。 Alifishはアリババグループ傘下におけるIPライセンス契約およびクリエイティブ・プラットフォーム。 アリババのビッグデータを活用し、中国国内外のIPライセンスと提携してグッズの企画からサプライチェーンマッチングまで、あらゆる面でブランドパートナーをサポートする。 この提携により、マクアケとは互いのプラットフォームを利用する事業者を紹介することで、日本企業および中国企業がそれぞれの地域に進出する際の相互サポートをおこなう。 2% 本日終値 東証1部 上昇率3位 アスクル が急騰。 17日大引け後に発表した20年5月期上期 6-11月 の連結経常利益が前年同期比3. 5倍の33. 9億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。 消費増税前の駆け込み需要などを背景に法人向け販売が伸びたほか、個人向けの「ロハコ」は配送無料となる注文金額の引き上げや物流コストの低減で採算が改善した。 物流施設の手数料収入を計上したロジスティクス事業の黒字転換も大幅増益に貢献した。 5% 本日終値 東証1部 上昇率4位 17日、CKサンエツ が発行済み株式数 自社株を除く の0. 56%にあたる5万株 金額で1億7500万円 を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。 需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。 買い付け期間は12月18日から20年3月31日まで。 6% 本日終値 東証1部 上昇率10位 ツルハホールディングスは3日続伸し年初来高値を更新。 同社が17日の取引終了後に発表した第2四半期(5月16日~11月15日)の連結純利益は、前年同期比20.2%増の155億5400万円と堅調だった。 プライベートブランド(PB)商品や化粧品などが伸びた。 20年5月通期の連結純利益は前期比5.1%増の261億円で据え置いた。 大手証券のアナリストからは、「特にサプライズはないが販管費の伸びは増収率に見合った内容となり、コスト抑制がみえてきた点は好印象」との見方も出ている。 5% 本日終値 ココカラファインが4日続伸。 午前11時ごろ、一部ドラッグストア店舗でサイキンソー(東京都渋谷区)が提供する腸内フローラ検査サービスの購入を可能にしたと発表しており、これが好感された。 同社ではこれまで、一部調剤店舗でサイキンソーの腸内フローラ検査サービス「Mykinso」及び「Mykinso Pro」の取り扱いを実験的に行っていたがるが、一部ドラッグストア店舗でも取り扱いを開始したという。 同検査によって、腸内環境の状態が明らかになり、利用者は腸内細菌の変化に基づき、生活習慣病や消化器疾患との関係性を調べることができるようになるとしている。 8% 本日終値 ソフトバンクグループが商いを伴い5日続伸。 ここ値刻みこそ小幅ながら上値慕いの動きを強めている。 出資するシェアオフィス大手ウィーカンパニーの経営問題で株価も一時下落を余儀なくされたが、売り圧力が一巡している。 人工知能(AI)分野への積極投資を標榜しており、今後の展開に注目が集まっている。 信用取組は直近売り残が増加する一方で、信用買い残を大きく減少させており、株式需給面も改善傾向にある。 8% 本日終値 レーザーテックが全体軟調相場に抗して上値指向を継続、一時340円高の1万260円まで買われ、上場来高値を更新した。 5G関連投資の活発化を背景にロジック半導体の需要を喚起、このロジック微細化投資のカギを握るのが次世代露光技術で使われるEUV(極端紫外線)であり、同分野でビジネスチャンスを広げる銘柄に株式市場でも注目が集まっている。 そのなか、同社はマスクブランクス検査装置で世界シェアを独占しており、当然ながらEUV対応の装置についても世界で唯一供給できるメーカーとなっている。 業績も絶好調、20年6月期営業利益は前期比64%増の130億円と大幅な伸びを見込むが一段の増額余地も指摘されている。 5% 本日終値 いすゞ自動車が高い。 読売新聞オンラインが午後2時ごろ「スウェーデンの商用車大手ボルボと包括提携する方針を固めた」と報じられており、これを好材料視した買いが入った。 記事によると、トラックの電動化や自動運転など次世代技術で協力するという。 また、ボルボグループのUDトラックスの生産面などでの連携も今後の検討課題になりそうだとしている。 1% 本日終値 ハマキョウレックスが4日続伸。 17日の取引終了後、福岡県を中心に九州に拠点を保有する物流会社シティーライン(福岡県志免町)の全株式を取得し、子会社化すると発表しており、これを好材料視した買いが入った。 今回の子会社化は、シティーラインか長年蓄積してきた九州エリアでの物流サーヒスの実績や取引先を獲得するほか、九州エリアにおける拠点の拡充を図るのが狙い。 また、ハマキョウレックスクルーフか有する物流ノウハウを、シティーラインの経験と組み合わせることで、既存顧客にも付加価値の高い物流サーヒスを提供することか可能になるとしている。 なお、20年3月期業績への影響は軽微としている。 2% 本日終値 サンバイオは売り買いが入り乱れ荒い値動き。 売前日まで大量の売り注文に値がつかず、2日連続の大引けストップ安配分となっていた。 きょうもウリ気配で始まったが9時17分に前日比300円安の2445円で寄り付き、その後は下げ渋り、2600円近辺で売り買いを交錯させている。 再生細胞薬「SB623」の慢性期脳梗塞を対象とした大日本住友製薬との共同開発を中止し、契約を解消したことがネガティブサプライズとなって売り込まれたが、きょうはリバウンド狙いの個人投資家資金が流入し需給相場の思惑が高まっている。 株探ニュース.

次の