エアコン ドライ 除湿。 どう使えばいい?エアコンの“除湿モード”のかしこい使い方

エアコンのドライって効果ある?乾燥する?おすすめの使い方は?

エアコン ドライ 除湿

エアコンのドライって効果ある?? エアコンをドライ運転にすると、室内の空気を吸い込み、空気を冷却するときに「結露」の作用で水分を逃がし、水分が除去された空気を室内に戻します。 これは「弱冷房除湿」という仕組みで、「冷房」運転と同じ状態です。 冷房運転を、つけたり止めたりしているのをイメージしてもらえると、わかりやすいかもしれません。 冷却した空気を室内に戻すので、ドライ運転にすると室内の温度が下がり、梅雨時期など室温がそれほど高くない場合は寒いと感じてしまうことがあります。 そこで、最近の高機能なエアコンのドライ運転では再熱除湿という仕組みを採用しています。 エアコンが室内の空気を吸い込み、空気を冷却することで水分を逃がし、水分が除去された空気を再度温めてから室内に戻します。 このため、弱冷房除湿より電気代はかかりますが、室温が下がることなく除湿ができます。 では、エアコンのドライ運転より除湿器の方が除湿機能に優れているのでしょうか? コンプレッサー式の除湿器はエアコンのドライ運転と仕組みは同じです。 ただし、除去した水分がタンクに溜まるので、ある程度溜まったら捨てないとなりません。 エアコンのドライ運転ではホースで室外に排出されるので手間がかかりません。 また、ドライ運転中は温度調節も制限されてしまうことがあります。 このようなことを踏まえると、どんな状況下でも除湿できるのはやはり除湿器で、エアコンのドライ機能より優れていると言えそうです。 エアコンのドライ機能が思ったよりも除湿してくれないと感じる場合は、設定温度を少し高めにして「冷房」運転にすることで、ジメジメ感がマシになる機種もありますよー エアコンのドライ機能は部屋を乾燥する? 洗濯物を室内干しすると一気に湿度が上がります。 では、除湿器を買うべき利点は一体何でしょう? 一番は、除湿器なら設置場所を移動させることが可能です。 エアコンが設置されている部屋で室内干しする場合は問題がありませんが、必ずしもそうとは限りません。 エアコンがない部屋で室内干しした場合でも、除湿器なら設置できます。 それから、メーカーや機種、稼働条件によるので一概には言えませんが、除湿器の方がエアコンより消費電力が低いと言われています。 さらに、高性能の除湿器には洗濯乾燥モードが搭載されていることがあり、除湿しつつ送風してくれるので、洗濯物をより早く乾かしてくれます。 エアコンのドライ機能では風力の調節ができず、弱い風しか出ないことが多いので、これは便利な機能です。 高性能なエアコンにもランドリー運転が搭載されていることがあり、これなら除湿しつつ強風を出して、洗濯物を素早く乾かします。 でも、除湿器は使わない時は保管場所が必要になりますし、エアコンの方が多機能ですから、どちらか一つ購入するなら断然エアコンですよね。

次の

エアコンのドライとは?冷房とドライ(除湿)はどう使い分けたらいいの?

エアコン ドライ 除湿

冷房とドライ機能って何が違うの? エアコンについている 「冷房」と 「ドライ」、2つの機能の違いはご存知ですか? 意外と知らないこの違いは、じめじめした季節を過ごすための必須知識! 仕組みや目的をわかりやすく紹介していきます! 冷房機能 冷房はその名の通り、 室内の「温度」を低くすることを第一に考えた機能のこと。 部屋の空気を取り込み、熱を取り除いて冷やした空気を送りなおすことで、部屋を涼しくするのです。 また、温度が低くなると、空気に含まれる水分量は減ります。 ジメジメした空気から熱をとって水分を出し、心地よいサラサラした空気を送り出すことで、 部屋全体の湿度を下げます。 ドライ機能には2つの種類が! 実はドライ機能には2つの種類があります! 弱冷房除湿と 再熱除湿という2つですが、その違いを知ることで、より快適に過ごすことができるので紹介していきますね。 弱冷房除湿 弱冷房除湿は通常のドライ機能のこと。 ドライ機能は先ほど紹介したように、湿度を下げる過程で熱を取り除くので、温度を下げる効果も期待できます。 冷房と比べて弱い冷却効果なので、 弱冷房除湿という名前なんです。 部屋の温度と湿度を少し下げたいときはこの機能をオススメします。 再熱除湿 弱冷房除湿に対して、 再熱除湿は湿度を下げても、空気を冷やさない運転方法です。 通常の除湿運転は運転中に空気を冷やしてしまいます。 しかし、再熱除湿は 一度冷やした空気を、温めなおして戻す方法。 冷え性の方や「ジメジメとした空気をなくしたいけど、寒すぎるのは嫌」といった方の要望に応えるために作られた機能なんです! 弱冷房除湿・再熱除湿 うちのエアコンはどっち? 「うちのエアコン、ドライとしか表示されないけどこれはどっちの機能なの?」 2019年最新のエアコンでは、再熱除湿と弱冷房除湿を切り替えられるエアコンが発売されているそうです。 ですが、それ以前のエアコンだと片方の機能だけを採用していたり、弱冷房でも温度に配慮した機能を搭載していたりと 機種によってかなり違います。 気になる方は 取扱説明書を確認するか、 メーカーのホームページなどで確認してみましょう。 気になる電気代は機能で変わる! エアコンを使う時に気になる電気代ですが、実は 使う機能で電気代が変わるんです。 弱冷房除湿<冷房<再熱除湿の順で、値段が高くなっていきます。 具体的には1時間の弱冷房除湿が4円ほどなのに対し、 再熱除湿は3倍以上の15円ほどもかかってしまうんです。 再熱除湿の電気代が高い理由は、一度冷やした空気を温めなおすから。 余分なエネルギーがかかり,電気代が高くなってしまいます。 電気代が気になる方は、再熱除湿の使用をできるだけ控えるのが賢明かもしれません。 電気代をもっと安くするには ドライ機能を使う場合もそうではない場合も、電気代は常に節約したいですよね。 「エアコンの電気代をもっと安くするにはどうしたらいいの?」 気になる疑問にお答えいたします。 つけっぱなしにすればいい!? エアコンの節約について検索してみると、 「頻繁にオンオフするよりも、つけっぱなしの方が良い」 という情報をよく見かけます。 そこで調べてみたところ、 つけっぱなしで電気代は節約できるものの、24時間つけっぱなしで良い訳ではないということが分かりました。 使用しているエアコンの年式にもよりますが、冷房や暖房をつけっぱなしにしていてお得になる目安は 30~60分程度。 近所のコンビニやスーパーへ買い物に出かけたり、手紙を出しに行ったり、軽く散歩をしてきたり。 この程度であれば、つけっぱなしの方が電気代を節約できそうです。 夏の寝苦しい夜など、何度も目を覚ましてオンオフするような状態なら、一晩中つけっぱなしにしておきましょう。 逆に、朝から夕方まで仕事へ行く、寝るときにエアコンをつけて次は寝起きで大丈夫など、 長時間使わなくて良い場合は、スイッチをオフにしておいた方がエアコン代を節約できます。 基本的な節約方法である、フィルターや室外機掃除、室外機の周辺に物を置かない、といった点にも注意しながら、エアコン代をしっかり節電していきましょう。 冷房温度をもっと低くしていたり、暖房温度をもっと高くしていたりした方が、多いのではないでしょうか? この温度では過ごしにくいように感じますが、実際に試してみると案外過ごしやすいことに気付きます。 夏場は扇風機やサーキュレーターを併用して、冬場は首元を温めたり、カイロをプラスしたりしても良いですね。 温度設定だけでなく、エアコンを自動運転にしておくことも大切です。 エアコンは、設定温度になるまでがもっとも電気代を使うのですが、弱モードの場合は、設定温度になるまでに時間がかかり、電気代が高くなってしまいます。 強モードの場合は、設定温度になった後も強い力でエアコンを回し続けるため、やはり電気代が上がる原因に。 まとめ 2つのドライ機能と冷房、状況に応じて使い分けましょう! とにかく部屋を涼しくしたければ 冷房! 部屋をちょっと涼しく、湿気もなくしたいなら 弱冷房除湿。 弱冷房除湿で部屋が寒く感じるようなら、 再熱除湿、という風に使い分けましょう。 ドライ機能はカビ防止にも 梅雨や雨の多く降る時期は、 ドライ機能を積極的に使いましょう。 なぜならドライ機能をこまめに使うことで、 エアコン内部や部屋全体のカビ防止にもつながるからです!.

次の

梅雨のエアコンのドライ設定温度!クーラーの除湿は寒い?使い方も

エアコン ドライ 除湿

Favorite ブックマークする エアコンについてる除湿運転機能使っていますか? 主にこの除湿(ドライ)運転は、梅雨時期に使用することが多いと思います。 このエアコンに付いている除湿(ドライ)機能について、お客様に良く聞かれることがあります。 それは、エアコンの除湿(ドライ)運転って本当に湿気取ってくれてるの?などの効果についての質問や除湿機を使った方がたくさん湿気取ってくれるんじゃないの?などの除湿機と比較した時についてです。 そこで、 今回は【エアコンの除湿機能の効果】について深掘りしていきたいと思います。 それでは、順に見ていきましょう! 【PR】ネットで話題の「魔法の粉」消臭剤これからの季節に重宝します。 エアコン除湿(ドライ)運転って本当に湿気取ってくれる!?効果はあるの?ないの? エアコンの除湿(ドライ)運転って本当に湿気取ってくれてるの? って質問にまず答えたいと思います。 答え: エアコンの除湿(ドライ)運転は、湿気をたっぷり取ってくれてます。 エアコンの除湿運転は、 除湿効果ありです。 湿度の多い梅雨や夏場は是非この除湿(ドライ)機能を使って下さいね。 あと、除湿機を持ってないよって方にもかなりおすすめですので、 是非、エアコンの除湿(ドライ)運転機能を使って下さい!! もし、エアコンの除湿運転時の設定温度について詳しく知りたいなって方には以下の記事がおすすめです。 気になる方は見て見てください。 続いて• エアコンの除湿機能とは?• エアコンの除湿運転には3通りの種類がある• エアコンの除湿運転の効果的な使い方• 除湿ができているかの確認方法【エアコン除湿運転時】• まとめ という順番でエアコンの除湿について掲載していきます。 [ad] エアコンの除湿機能とは? エアコンの除湿機能とは、どういう機能なのかをまずは簡単に説明していきます。 エアコンの除湿機能とは、部屋の中にある空気の湿度を下げることを目的にした機能です。 空気中にある水分を取り除き空気をさらさらにすることが出来るんです。 では、簡単に仕組みを説明していきます。 まずは、エアコンが 湿度の高い部屋の空気を吸い込んでいきます。 そして、 エアコンの室内機の中にある熱交換器と呼ばれる部品で 空気を冷まして熱をうばって温度を下げていきます。 すると熱交換器という部品に水滴がたくさん付くのです。 付いた水滴は、エアコンの排水口より外にでていきます。 詳しい画像が下にありますので見てくださいね。 [ad] エアコンの除湿運転には3通りの種類がある【パナソニック製参照】 最近の機種にはたくさんの除湿運転のモードがあります。 以下はパナソニックのエアコンの例です。 快適除湿• 冷房除湿• 衣類乾燥 メーカーにもよりますがモードが2種類の物もあります。 今回は3種類のpanasonicのエアコンについて説明します。 それぞれの違いを見てみましょう。 エオリア(Panasonic)の快適除湿 Panasonicのエアコンは、 快適除湿というモードがついており、 快適だと思えるであろう温度と湿度にエアコンが自動で調整してくれるのです。 温度設定をする必要は全く無くなる快適モードです。 エオリア(Panasonic)冷房除湿 このモードは、冷房しながら除湿もしっかりしてくれますので、 寝苦しく感じる夏の夜にぴったりです。 エオリア(Panasonic)衣類乾燥 このモードは、衣類乾燥に特化した物になります。 除湿機能と送風の合わせ技で約5kgの洗濯物を約1時間45分という早さで乾燥してくれます。 花粉や雨の多い時期にはもってこいの機能です。 [ad] エアコンの除湿運転の効果的(上手)な使い方 ここでは、エアコンの除湿運転の効果的(上手)な使い方について掲載していきます。 押し入れの湿気をエアコンで取ろう!• 洗濯物の湿気をエアコンで取ろう! 押し入れの湿気をエアコンで取ろう! 押し入れの湿気をエアコンで取ろうと思ったことありませんか? この方法をやっている方は是非続けてください。 初めて聞いたという方は、是非やって見てください。 では、初めて聞いたという方に質問です。 エアコンの付いている部屋の押し入れにドライペットなどの湿気取りをおいてませんか? 置いているという方には朗報です! すぐに湿気取りをのけてエアコンの除湿運転をして下さい。 なぜか?理由は簡単です。 湿気取りを買う費用より、 エアコンの除湿(ドライ)運転の方がよっぽど安上がりだし湿気をたくさん取るからです。 湿気取りって水がたまるのに時間もかかるし思ったほど湿気取れていませんし金額も高いです。 安くても一個60円ぐらいします。 電気代60円分のエアコンの除湿運転って以外に長時間運転できます。 最近の省エネの機種であれば、10時間ぐらいはいけるんではないでしょうか? *あくまでも、省エネ機種に限ります。 年式が古いと1時間20円くらいはかかることがありますので気をつけてください。 以上のことを踏まえ省エネ型のエアコンが付いている寝室など湿気が貯まりそうな部屋のクローゼット(押し入れ)には、湿気取りを何個も置くよりこまめにエアコンの除湿運転を数時間行う方がカビ予防にもなり家計にも優しくなります。 是非、試してみて下さい。 押し入れにカビが生えるほどの湿気がある場合は、エアコンでは厳しいかもしれません。 効率よくたくさんの湿気をとる必要がありますので、押し入れにカビがすでに生えている場合には除湿機がおすすめです。 でんきやさんおすすめの除湿機を下記に載せておきますので、気になる方は見てくださいね。 リンク 洗濯物の湿気をエアコンで取ろう! 洗濯物の湿気をエアコンで取るという方法は、結構実践されている方が多いのではないでしょうか? ドラム乾燥洗濯機や除湿機を持っている方、お風呂に乾燥機能がついている方は、そちらの方を使って下さい。 その方がきっとよく洗濯物が乾きますよ。 どちらも持っていないという方は、是非エアコンの除湿機能を使って洗濯物を乾かして下さい。 きっと経済的だと思います。 それと、サーキュレーターや扇風機をお持ちであれば洗濯物の下から上に向けて風を当ててあげると良く乾きますよ。 しかし、panasonicのエアコンをお持ちの方には、衣類乾燥モードがついている機種があります。 洗濯物を乾かす時にはこちらのモードを使うと洗濯物が良く乾きますのでおすすめですよ。 がっつり衣類を乾燥したいときは、衣類乾燥除湿機がおすすめ!特にパナソニックから新発売された除湿機は衣類をがんがん乾かします。 エアコンの除湿運転中に除湿できているかの確認方法は以下の図を参考にします。 室外機のホースから水が出ていればきちんと室内の湿気をとってくれていますので心配しないでくださいね。 部屋の温度を下げたいや上げたい場合はわかりやすいのですが、湿気を取りたいとなると意外にわかりにくいです。 参考にしてみてください。 [ad] エアコンの除湿機能の効果について:まとめ 今回は、エアコンの除湿機能の効果について掲載させていただきました。 エアコンの除湿機能は、上手に使えば部屋の湿気を取るだけでは無く、クローゼットや衣類の湿気なども取ってくれる優れものです。 除湿の効果は十分にあります。 上手に除湿機能を使って快適なエアコンライフを満喫してみて下さい。 最後に 梅雨を楽しむとっておきの方法をご紹介 最近、わたしがはまっているのは、雨降りにゆっくり見るアニメや映画! 週末子供と出かけたくても、雨だと出かけられません・・。 そんな時の楽しみに子供とアニメや映画を見ています。 TUTAYAなどでDVDをレンタルすると意外にお金かかりますので最近は動画配信サービスを契約して映画やアニメを一気見しています。 参考記事: では、最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。 現役でんきやさんの家電情報サイトで、皆様に役立つ記事を掲載できるように日々努力しておりますのでこれからもよろしくお願いいたします。 参考になったよって方は、シェアーまたはフォローをよろしくお願いいたします。 Favorite ブックマークする.

次の