お茶 生産 量 ランキング。 インドの紅茶の生産量や生産地ランキング

インドの紅茶の生産量や生産地ランキング

お茶 生産 量 ランキング

統計で見たお茶の生産量 お茶の生産量は、世界、そして日本でも毎年統計には変動があります。 お茶を生産するには、気温や天候が重要な要素です。 およそ半分のお茶が4月の中旬から5月の中旬に収穫されるのですが、気候に恵まれない年には生産量も下がってしまいます。 したがって、 生産量は毎年のように変化することには気をつけておかなければなりません。 では世界全体で見たお茶の生産量の統計と、日本のお茶の生産量の統計をInternational TEA Committee(国際茶業委員会)の確定値を参考にして見ていきましょう。 世界のお茶の生産量統計 世界の全ての国で作られているお茶を統計すると2018年で 約600万トンにもなります。 これは中東諸国の人口が増え消費が拡大したこと、そして中国のお茶の消費量が増えていることが原因です。 約10年ほどで、全体の生産量は1. 5倍も増えたと言われています。 日本のお茶の生産量統計 日本で生産されているお茶の量は、2018年で 約8万トンです。 これは、前年からそこまで変わらない数値となっています。 日本のお茶の産地はとても多いです。 今後日本のお茶の強みや文化を生かしていくことで、輸出拡大して生産量が増える可能性もあるでしょう。 以上、お茶の生産量の統計について見てきました。 ここからは、世界と日本のお茶の生産量をランキング形式で見ていきましょう。 世界と日本のお茶の生産量ランキング お茶の生産量について、ランキング形式で見ていきましょう。 確認するのは、以下の2つです。 世界でお茶の生産量が多い国• 日本でお茶の生産量が多い都道府県 ランキング形式で見ることで、主要な産地がわかりやすいです。 それぞれについて、順番に詳しく見ていきます。 世界のお茶の生産量ランキング チャの葉から作られるお茶は、アジア、南米、アフリカだけでなくニュージーランドやオセアニア諸国など、 世界各地にわたって栽培されています。 世界全体で見たお茶の生産量ランキングは以下です。 インド• ケニア それぞれの国について、順番に確認していきましょう。 世界のお茶の生産量ランキング1位:中国 世界でお茶を最も生産しているのは、 お茶の発祥の国でもある中国です。 生産量年間 約260万トンにもなります。 現在の貴州省では、お茶が植えられている場所に富が集まります。 2018年末までに省内にある茶園の面積は700万ムーとなり年間生産量は36万2千トン、総生産高は394億元になりました。 お茶産業は貴州省の最も主要な農業分野の貧困支援産業の一つとなっています#中国 — 貴州から LiveinGuizhoujp お茶といえば中国と言われるほど圧倒的に生産量も消費量も多く、世界のお茶の生産量約4割を占めているのが特徴です。 中国では緑茶だけでなく、紅茶やウーロン茶なども作られています。 世界のお茶の生産量ランキング2位:インド インドも中国と同じく生産量と消費量共に年々上昇しており、年間 約132万トンにもなります。 世界のお茶生産量の伸びは、この2カ国の伸長が大きく影響しているのです。 原因としては、中東やイスラム圏が アルコールの代わりにお茶を飲む人が増えていることが挙げられます。 世界のお茶の生産量ランキング3位:ケニア 3位となるケニアのお茶の生産量は、年間 約43万トンです。 ケニアは茶農園の標高平均2000mという好立地で、自然環境や気候条件も非常に良く近年急速に生産量を伸ばしています。 特に紅茶の生産量の伸びは近年他の諸国を圧倒しているのが特徴です。 以上が、世界のお茶の生産量ランキングでした。 続けて日本のお茶の生産量ランキングを見ていきましょう。 日本のお茶の都道府県別生産量ランキング 日本にも北は秋田から南は沖縄までたくさんのお茶の生産地があります。 日本国内で見たお茶の生産量ランキングは以下です。 静岡県• 鹿児島県• 三重県 それぞれの都道府県について、順番に確認していきましょう。 日本のお茶の生産量ランキング1位:静岡県 日本一のお茶の生産地である静岡県は、 全国のお茶の生産量の約4割を占めています。 世界で言う中国のような存在で、国内では圧倒的に生産量が多いです。 静岡茶で有名なもので言えば、「沼津茶」「富士茶」「掛川茶」「菊川茶」などが挙げられます。 日本のお茶の生産量ランキング2位:鹿児島県 2位の鹿児島県は、2018年の荒茶生産量 2万8100トンです。 全国のお茶の生産量の約3割を占めています。 鹿児島県の南国の温暖な気候で4月上旬から生産が始まる事から、日本一早い「走り新茶」としても話題になりやすいです。 有名なもので「知覧茶」「枕崎茶」などがあります。 日本のお茶の生産量ランキング3位:三重県 3位の三重県は2018年の荒茶生産量 6240トンです。 特に県北部の方で作られる かぶせ茶の生産は日本一と言われています。 三重県は鈴鹿山脈や太平洋など、自然にも恵まれた地形で生産されているので、各地で特色のあるお茶が栽培されるのも特徴です。 三重県のお茶は、昔の地名から「伊勢茶」と呼ばれています。 以上が、日本国内のお茶の生産量ランキングでした。 ちなみに、紅茶単体になると、ランキングは異なります。 ここからは、紅茶の生産量も見ておきましょう。 紅茶の生産量は?世界と国内のランキングを紹介! 紅茶もお茶の中に含まれるのですが、 紅茶だけで見た生産量だとお茶全体のランキングとは順位も少し変わってきます。 世界と国内でそれぞれ見ていきましょう。 世界の紅茶の生産量ランキング 世界の紅茶の生産量ランキングは、以下のようになっています。 インド• スリランカ• ケニア これは、先ほどの お茶のランキングとは異なっているのがポイントです。 それぞれの国について、順番に確認していきましょう。 世界の紅茶の生産量ランキング1位:インド 生産量、消費量共にダントツなのがインドです。 年間 約100万トンもの生産がされています。 街中では紅茶のお店が立ち並び、紅茶の香りが漂っている国です。 インドには、代表的なもので 世界三大紅茶の1つである「ダージリン」があります。 世界の紅茶の生産量ランキング2位:スリランカ スリランカの紅茶の生産量は年間 約32万トンです。 かつての国名だった「セイロン」という名の紅茶が代表的で、色、味、香りと3拍子が揃ったバランスの良い紅茶が人気となっています。 スリランカには代表的なもので 世界三大紅茶の1つである「ウバ」があります。 世界の紅茶の生産量ランキング3位: ケニア ケニアの紅茶の生産量は年間 約30万トンです。 ケニアは上で紹介した世界のお茶全体の生産量のランキングでも3位になっています。 そこからもわかるように、年々お茶の生産量が伸びているお茶の生産に適した環境の国です。 大企業の茶畑見学🍵 経営方針、管理体制、GMの想い、色々お聞きしてきました。 印象的だったのは、茶葉生産量No. 1,2の中国とインドが殆ど輸出していないというお話。 9割近くが国内消費の為、ヨーロッパへの茶葉輸出はケニアが担っているそうな。 次回は発酵工場を案内して頂く。 やはり紅茶強い🇰🇪 — すずきまさひと🇰🇪 コミュニティ開発 masa724ckf ケニアは国外輸出も盛んに行っています。 以上、世界の紅茶の生産量ランキングでした。 ここからは、日本の紅茶の生産量ランキングも見ておきます。 日本の紅茶の生産量ランキング 日本でも昨今の紅茶生産の機運の高まりから、国産紅茶が多く生産されるようになってきました。 統計では約400茶園あり120トンもの紅茶が日本で作られているのです。 それでは、日本の紅茶の生産量をランキング形式で紹介していきます。 静岡県• 広島県• 兵庫県 それぞれの国について、順番に確認していきましょう。 日本の紅茶の生産量ランキング1位:静岡県 お茶全体でも1位だった静岡県は、紅茶の生産量でも圧倒的です。 年間約1500キロで日本の紅茶の7割以上も占めています。 東海道五十三次街道歩き。 二日目、丸子紅茶発祥地へ。 お茶の産地静岡ならでは、ですね。 — 田中 美智子 micchi1005 代表的なもので、「丸子紅茶」、「静岡紅茶」などで、丸子紅茶は日本紅茶の発祥です。 日本の紅茶の生産量ランキング2位:広島県 2位の広島県の紅茶の生産量は 年間約120キロです。 日本の紅茶の生産量ランキング3位:兵庫県 3位の兵庫県の紅茶の生産量は 年間約90キロです。 兵庫の紅茶の代表的なものは、神戸紅茶です。 以上、日本の紅茶の生産量についてもご紹介しました。 産地や生産量について知ることで、今後のティータイムの話題作りになるはずです。 まとめ お茶は世界的に見ると中国が1番生産量が多く、日本の都道府県で見ると静岡県が多いです。 お茶の生産は、それぞれの国や地方の自然環境や立地が大きく影響するのはもちろんですが、消費量の増加という需要と供給のバランスも重要な要素になってきます。 私たちが普段目にする多くのお茶は、世界各地で毎年たくさん生産されて、世界中の人々の歴史の一部となっているのです。 関連する記事• 2019. 28 茶さじでお茶を淹れたいと考えていませんか? 茶葉からお茶を飲もうと思ったときに、一般的に必要な茶葉のグラムが記載されているでしょう。 そんなとき、茶さ[…]• 2019. 04 世界三大銘茶の1つであり、世界中に根強いファンを抱えているダージリン。 しかし、名前はよく聞くものの「ダージリンってどんな紅茶なの?」「どうやって飲め[…]• 2019. 08 サバラガムワとは、甘く、少し若葉のような香りがするのが特徴の紅茶です。 近年、セイロンティーの5つの産地に新しく加えられた紅茶の1つなので、詳しく知ら[…].

次の

紅茶の消費が多い国ランキングと茶葉の生産が多い産地まとめ

お茶 生産 量 ランキング

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。 先日、「 」という投稿をしました。 これまで紅茶とココアの消費動向についてお伝えしてきましたので、本日は、緑茶についてご紹介いたします。 緑茶とは? まずは、「緑茶」の概要をおさえておきましょう。 フリー百科事典「ウィキペディア」によると、以下のように説明されています。 ほとんどの日本茶は不発酵茶である緑茶であるが、ごく一部では中国茶の黒茶に近い発酵茶が製造されていて、漬物茶と呼ぶ。 (中略) 緑茶の多くは、蒸すことで加熱処理をして酸化・発酵を止めたのち、揉んで(揉まないものもある)、乾燥させる製法をとる。 茶葉は摘んでまもなく加熱処理されるのですぐに発酵が止まる。 このため、日本茶は普通緑茶を指す。 (中略) 茶は平安時代に中国から日本へ伝わった。 僧・栄西が鎌倉時代初めに『喫茶養生記』を将軍・源実朝に献上し、飲茶は寺僧や公家だけでなく武士、さらには豪商にも広まった。 水分補給や健康維持のために飲むだけでなく、文化としての茶道も確立。 江戸時代になると、茶は町人・農民にも飲まれるようになった。 「日本茶」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。 wikipedia. 緑茶の生産動向 栽培面積・摘採実面積 続いて、緑茶の生産動向から確認していきましょう。 農林水産省大臣官房統計部「 」によると、主要県の緑茶栽培面積や摘採実面積は緩やかな低下傾向をたどっています。 関東農政局「 」によれば、生産者の高齢化などから零細茶園を中心に減少していることが背景にあるようです。 生葉収穫量・荒茶生産量・10a当たり生葉収量 一方、生葉収穫量や荒茶生産量をみると、概ね横ばい圏内で推移しています。 先程ご紹介した摘採実面積が減少する一方、生葉収穫量がほぼ横ばいで推移しているため、10a当たり生葉収量は近年、上昇しています。 農林水産省「 」には、「茶農家の経営面積は規模拡大が進んでおり、特に鹿児島県では規模拡大が顕著」と記載されています。 都道府県別生葉収穫量・荒茶生産量 続いて、生葉収穫量と荒茶生産量を都道府県別にみると、静岡県が最も多く、次いで鹿児島県となっています。 予想以上に鹿児島県の量が多かったという感想です。 なお、規模拡大については、農林水産省「 」によると、「鹿児島県のような後発産地では低コスト生産を進めており、乗用型の大型機械での摘採が行われるなどしている。 機械は、生産者共同出資の荒茶工場が保有し、集団経営による運営という形がとられている。 」と詳しく紹介されています。 緑茶の消費動向 それでは、緑茶の消費動向を確認してみましょう。 緑茶の消費動向については、総務省『』を使って確認していきます。 なお、「家計調査」の見方については、 をご確認下さい。 年間支出金額の推移 緑茶に対する1世帯当たりの年間支出金額は、長期的にみると、減少傾向をたどっています。 ただし、近年は年間4,100円前後でほぼ横ばいで推移しており、先程、ご紹介した生葉収穫量・荒茶生産量と概ね同じ傾向となっています。 なお、家計調査をみると、緑茶は茶葉のみとされており、番茶・煎茶・玉露・粉茶 ・抹茶が含まれ、麦茶は除かれています。 また、ドリンクタイプは緑茶・ウーロン茶・紅茶・麦茶をまとめた「茶飲料」として別のカテゴリでまとめられています。 月別の支出金額 次いで、月別の支出金額を確認してみましょう。 下のグラフのとおり、ホットで飲む場合が多いことから夏に支出金額が減り、冬に支出金額が大きくなる傾向にあります。 ただし、新茶が出回り始める5~6月の支出金額も大きくなっています。 年代別の支出金額 続いて、2017年の支出金額を世帯主の年齢階級別にみると、「70歳~」と「60~69歳」で支出金額が特に多くなっています。 茶葉のみの集計あるため、年代が高い層での支出金額が多くなる傾向にあります。 一方、ドリンクタイプである茶系飲料の支出金額を年齢階級別にみると、若年層でも支出が多くなっています。 支出金額・数量とも上位の自治体は生産量の多かった静岡県や鹿児島県の自治体で占められています。 なお、私たちの会社がある新潟市は支出金額で23位、数量で39位となっています。 「 」の投稿の際にもお伝えしましたが、新潟県村上市では「村上茶」が栽培されていますので、より多くの人にお茶を楽しんでもらいたいものです。 なお、「村上茶」は村上市観光協会のWebsiteによると、 村上茶の歴史は古く、栽培の歴史は江戸時代初期(1620年代)までさかのぼります。 村上藩の大年寄・徳光屋覚左衛門(とくみつやかくざえもん)が宇治伊勢の茶の実を買い入れ、主要地場産業にしようとしたのがその始まりといわれ、約400年の歴史があります。 中略 東北地方でも、お茶の栽培は昭和の初めごろまで盛んに行われていました。 しかし、時代が進むにつれて温暖な産地の生産性や品質が向上し、寒冷な産地は次第に競争力を失って廃れていきました。 こういった中でも村上茶が生き残れたのは、海岸側にあって比較的積雪量が少なく、しかも適度な積雪が茶の木を寒風から保護してくれること、冬期の最低気温も-10度以下になることが少ない、などの条件が恵まれていることが挙げられます。 そして、何よりも村上の人々が長い年月をかけ、根気よく栽培技術を磨いてきたことが産地死守につながったのです。 sake3. なお、村上市観光協会では毎年5月下旬頃に茶摘体験を開催しているようです。 興味のある方はぜひ、参加してみてください。 他の飲料との比較 最後に、緑茶の100世帯当たりの購入頻度と1世帯当たりの年間支出金額を参考までに他の飲料と比べてみました。 下の図のとおり、購入頻度、年間支出金額とも紅茶などの茶葉に比べると高いですが、コーヒーやコーヒー飲料を下回っています。 ただし、茶飲料は購入頻度、年間支出金額とも高くなっています。 感想 生産、消費ともに予想以上に鹿児島県の数量等が多かった印象です。 いつも思うことですが、自分の思い込みではなく統計で確認することは大切だと感じました。 必ずしも実態を反映しているとは限りませんので、ご注意下さい。 14 タグ一覧•

次の

日本一の茶処・静岡以上にお茶が好きな都道府県があった!

お茶 生産 量 ランキング

Contents• 紅茶の生産地として有名なのは… 「English breakfast」という名前の紅茶を見たことがある人も多いと思いますが、このEnglish breakfastとはイギリスでとても人気のあるブレンドティーです。 名前に「English」が付くので、イギリスで生産されている紅茶だと思いきや…実はEnglish breakfast teaにブレンドされている紅茶葉はイギリスで採取された茶葉ではありません。 イギリスでは「午後のティータイムに紅茶とスコーンを頂く」という風習が根付いていますが、紅茶の生産地として有名なのはイギリスではなく以下の国々なんです。 インド 世界最大の紅茶生産国であり、自国での紅茶消費率も世界最大の「紅茶の国」! インドの紅茶は、マスカットフレーバーが印象的で世界三大紅茶とも称される「ダージリン」・インド最大の紅茶産地でコクと渋みが強い「アッサム」・クセのない味わいでブレンドティーにも使用されやすい「ニルギリ」・カングラ紅茶とも呼ばれている「シッキム」の4つに分けられています。 スリランカ スリランカの紅茶は、茶園の標高によって「ロウ・グロウン」「ミディアム・グロウン」「ハイ・グロウン」と分けられていて、それぞれに異なった飲み口を持っています。 ウバを始め、ディンブラやキャンディなど計6つの種類があり、様々な紅茶を楽しむことができますよ。 アフリカ アフリカの中でも最大級規模の茶園があるのは、ケニアです。 ケニアで作られる紅茶の90%は「CTC製法」といって、紅茶葉を砕きちぎって再び丸めるという作り方で加工された紅茶。 ケニアの紅茶は、主にヨーロッパ諸国へ輸出されることが多いです。 中国 中国では烏龍茶や緑茶といった中国茶が盛んに栽培されていますが、紅茶も負けてはいません。 中国の代表的な紅茶「キームン」は世界三大紅茶の一つにも称され、蘭の花のような香りとスモーキーフレーバーが特徴的。 希少性が高いため、高級紅茶として人気の高い紅茶葉です。 インドネシア インドネシアで生産される紅茶のほとんどは、ジャワ島とスマトラ島で栽培されている「ロウ・グロウン」の紅茶。 標高の低い茶園で栽培されているので、クセがなく飲みやすいのがインドネシア産の紅茶の特徴です。 いかがですか? 上記でご紹介した5カ国で、なんと「世界の紅茶の約80%」を占めているというから驚きですよね! 紅茶の栽培に適している環境は「熱帯もしくは亜熱帯地域」「高地で霧が発生しやすい地帯」と言われていますが、上記5カ国は見事にその条件を満たしています。 別名「ティーベルト」とも呼ばれている紅茶葉の栽培に適した地帯では、品質のいい紅茶がたくさん採取されていますよ。 世界の紅茶生産量ランキング インドやスリランカで紅茶がたくさん生産されていましたが、紅茶の生産量でいうと結局どこの国が1番なのでしょうか? さっそく、世界で紅茶生産量が多い順にランキング付けをしていきたいと思います。 1位 インド 約100万トン• 2位 スリランカ 約32万トン• 3位 ケニア 約30万トン• 4位 インドネシア 約15万トン• 5位 バングラデシュ 約6万トン• 6位 中国 約5万トン 断トツで紅茶の生産量・消費量ともにNo. 1なのは、インド! 2位のスリランカに比べると約3倍以上の差をつけて、紅茶の生産量が報告されていました。 インドの街を歩けば、そこら辺に紅茶を作っている露店があったり紅茶の売り子に出くわすと言っても過言ではないほど、街中では紅茶の濃厚な香りが漂っています。 ちなみに、インドの東隣に位置するバングラデシュでもインドの影響を受けてか、紅茶の栽培が行われています。 バングラデシュの茶葉はコクや渋みの強いアッサムと似ていますが、アッサムよりもマイルドでブレンド茶として利用されることが多いですよ。 また、世界三大紅茶「キームン」の生産地である中国では、紅茶の生産量よりも中国茶の生産量が多いため、紅茶の生産量ランクが下がっているという結果に。 日本で紅茶生産量が多い県は? 世界的に見ると、インドが紅茶の生産量ランキングで1位でした。 しかし日本でも紅茶の栽培は行われていることをご存知でしょうか?緑茶や番茶だけではなかったのです! 日本では34都府県・約400カ所で紅茶が作られていますが、生産量が最も多いのは静岡県でその量は年間「1,500kg」です。 全国に占める静岡県の紅茶生産量の割合は74%で、2位の広島6%を大きく引き離すという結果に。 静岡といえば緑茶などに使用される茶葉を栽培するお茶園が点在していますが、紅茶の生産量でも国内最大規模! ただ、やはり紅茶よりも緑茶へ注ぐ情熱が大きいというのが現在の日本。 こうした環境が、日本紅茶の普及につながらないとも考えられています。 緑茶の栽培が盛んな日本ではありますが、紅茶の生産も昔から行われていて、ブランド数も多くあります。 静岡県:丸子紅茶・静岡紅茶 長野県:うまいんだに 三重県:伊勢紅茶 奈良県:月ヶ瀬紅茶 滋賀県:朝宮紅茶 島根県:出雲紅茶 鳥取県:鳥取紅茶 岡山県:高梁紅茶 福岡県:八女紅茶 佐賀県:嬉野紅茶 大分県:杵築紅茶 宮崎県:みやざき紅茶 鹿児島県:鹿児島紅茶・阿久根紅茶 沖縄県:琉球紅茶・ラフィアンティー・山城紅茶・やんばる紅茶 このように、様々な土地で生産されているジャパニーズ紅茶。 西日本〜沖縄にかけて積極的に生産されているので、味比べをしてみるのも面白そうですね。 紅茶は様々な国で栽培されている! 紅茶のイメージが強いイギリスでは、ほとんど紅茶が生産されていないという事実を知って驚かれた人も少なくないのでは? 世界で紅茶の生産量が多い国はインドやスリランカでしたが、日本を始め様々な国で紅茶は生産されているものです。 紅茶の産地によって味や香りが異なってくるので、今度紅茶を選ぶ際には産地を気にしてチョイスしてみましょう。

次の