ツムツム 2019 年 10 月。 ツムツム 2019年1月ピックアップガチャは引くべきか?ユニベアシティシリーズ復活

【ツムツム】最新セレクトボックスガチャ情報まとめ!|ゲームエイト

ツムツム 2019 年 10 月

ここから本文です。 人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)結果の要約 全国人口 総人口は27万6千人の減少 総人口,日本人人口ともに9年連続の減少• 総人口は1億2616万7千人で,前年に比べ27万6千人(0. 22%)の減少と9年連続で減少しています。 日本人人口は1億2373万1千人で,前年に比べ48万7千人(0. 39%)の減少と9年連続で減少しています。 (結果の概要 1~2ページ) 15~64歳人口の割合は59. 5%で,比較可能な1950年以降過去最低• 15歳未満人口は1521万人で,前年に比べ20万4千人の減少となり,割合は12. 1%で過去最低となっています。 15歳~64歳人口は7507万2千人で,前年に比べ37万9千人の減少となり,割合は59. 5%で,過去最低となっています。 65歳以上人口は3588万5千人で,前年に比べ30万7千人の増加となり,割合は28. 4%で過去最高となっています。 75歳以上人口は1849万人で,前年に比べ51万5千人の増加となり,割合は14. 7%で過去最高となっています。 (結果の概要 4~5ページ) 13年連続の自然減少,減少幅は拡大• 自然増減は13年連続の自然減少となり,減少幅は拡大しています。 男女別にみると,男性は15年連続,女性は11年連続の自然減少となっています。 (結果の概要 2~3ページ) 外国人が7年連続の社会増加,増加幅は拡大• 社会増減は7年連続の社会増加となっています。 日本人・外国人の別にみると,日本人は2年ぶりの社会増加となっています。 外国人は7年連続の社会増加となり,増加幅は拡大しています。 (結果の概要 2~3ページ) 都道府県別人口 東京都など7都県で人口増加 人口減少から人口増加に転じたのは滋賀県のみ 自然増加は沖縄県のみ• 人口増減率を都道府県別にみると,増加は7都県となっており,東京都が0. 71%と最も高く,次いで沖縄県が0. 39%,埼玉県が0. 27%,神奈川県が0. 24%などとなっています。 一方,減少は40道府県となっており,秋田県が-1. 48%と最も高く,次いで青森県が-1. 31%などとなっています。 なお,人口減少率が1%以上となったのは9県で、前年から3県増加しています。 人口増加率は,前年に比べ,沖縄県,神奈川県及び愛知県で拡大,東京都,埼玉県及び千葉県で縮小しています。 なお,滋賀県は減少から増加に転じています。 一方,人口減少率が前年に比べ拡大したのは26道県で,うち福井県(対前年差0. 19ポイント)が最も拡大しています。 減少率が縮小したのは大阪府(同0. 08ポイント)など11府県となっています。 なお,福岡県は増加から減少に転じています。 自然増加は沖縄県1県のみとなっています。 人口が増加した7都県のうち,沖縄県のみ自然増加・社会増加となり,他の6都県は自然減少・社会増加となっています。 人口が減少した40道府県は全て自然減少となっており,うち大阪府,福岡県など7府県が社会増加,他の33道県で社会減少となっています。 前年と比較すると,静岡県及び兵庫県は社会減少から社会増加に転じ,富山県,石川県及び島根県は社会増加から社会減少に転じています。 (結果の概要 8~9ページ) 44都道府県で75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回る• 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(16. 9%)となっています。 15~64歳人口の割合が最も高いのは,東京都(65. 8%)となっています。 65歳以上人口及び75歳以上人口の割合が最も高いのは,いずれも秋田県(37. 2%,20. 0%)となっています。 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは前年と同様,44都道府県となっています。 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を下回ったのは,愛知県,滋賀県及び沖縄県のみとなっています。 (結果の概要 12~13ページ) 結果の概要 統計表 以下の統計表はエクセルファイル形式です。 [注意] 数値は表章単位未満の位で四捨五入しているため,合計の数値と内訳の計は必ずしも一致しません。 ファイル(PDF形式)一括ダウンロード•

次の

【ツムツム】8月イベントの攻略情報まとめ|ゲームエイト

ツムツム 2019 年 10 月

NTTドコモは2019年10月1日より携帯販売に関わるガイドラインが改定されることを受け、2019年10月1日より従来「2年縛り・更新月以外の解約違約金9,500円」のシステムを見直し、違約金を1000円に値下げ・料金プラン体系を変更することを発表しました。 「データプラスTM」「キッズケータイプラン」は、定期契約なしで、「データプラス」は月額1,000円、「キッズケータイプラン」は月額500円でご利用いただけます 料金が改定されたのは一般的にはスマホ利用者向けの「ギガホ」「ギガライト」だけでなく、ケータイプランも変更されます。 そのため、2019年9月30日以前に2年定期契約をドコモで結んでいた場合には、以下のようなシステムが適用されることになります。 <9月30日以前にドコモをご契約のお客さま向けの注意事項> ・「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」「データプラス」「キッズケータイプラン」をご契約中の方も、10月以降のプランをご希望の場合は別途お申込みが必要となります。 ・10月以降のプランをお申込みいただいた時点で、「ギガホ割」「はじめてスマホ割」適用中のお客さまは、現在の割引適用期間を引継ぎます。 ・定期契約をご契約中で、更新期間以外に10月以降のプランに変更した場合であっても、当該定期契約満了月前月までに解約した場合は、変更前プランの解約金がかかります。 ・解約金保留期間中に解約した場合は、保留した解約金のみが発生します。 新料金プランを安く使うための条件 今回発表された料金プランのシステムでは、 資料のタイトルに「月額1,980円から利用可能」とアピールされていますが、必ずしもすべてのユーザーのスマホ料金が1,980円になるわけではありません。 2019年10月以降にドコモのスマホ料金を下げたい場合には、以下のような条件を満たす必要があります。 ・dカードを持っており、ドコモ携帯料金の支払い方法に設定すること ・ドコモ光のネット回線を契約し、ドコモ携帯回線と紐付けされていること ・ドコモを利用中の家族が3人以上居ること ・利用するデータ通信量(パケット量)を使いすぎないこと こららの条件を満たして、初めてスマホ料金が月額1,980円になる可能性が出てきます(通話料金・利用するデータ通信の量に応じて、料金は高くなります)。 ドコモでは個別の状況に合わせてウェブ上でスマホ料金が計算出来るシミュレーターを提供していますので、慌てて新プランに切り替えるのではなく上記のような「自分が使える割引の条件」を設定して再計算してみてください。 「dカードお支払割」の適用により、解約金不要で2年定期契約と同じ月額料金でご利用いただけます。 また、お客さまにご負担なくdカードにご入会いただけるよう、2019年10月1日(火曜)からdカードの年会費を永年無料に変更します。 dカードはもともと初年度の年会費は無料であり、ショッピングサービスに使っていれば無料で維持する事はできましたが、これから はdカードを作ることのデメリットが一切なくなり、キャンペーン特典やポイントを効率的に貯めることが出来るようになるため、まだ持っていない人はdカードを作る良いチャンスになりそうです。 「dカードお支払割」適用者を対象に、dカード/dカード GOLDによるクレジットカード決済利用額に4%分のdポイント(期間・用途限定)を還元し、通常時の1%とあわせて計5%還元します。 なお、ドコモのニュースリリースで使われている「月額1980円から~」という最安料金にするためには「みんな家族割」や「ドコモ光セット」による割引適用が前提となっています。 ドコモ料金を下げるためにはdカードでの支払い以外にも割引を上乗せするいくつかのテクニックがあります。 関連記事: その他、2019年10月以降の変更点について詳しくはドコモのニュースリリースを参照下さい(上記は2019年9月17日時点の情報に基づいています。 10月以降の提供条件が変更になる可能性もあるため、必ず公式HPにて情報をご確認ください)。 カテゴリー• 189• 161• 131• 132• 1,050• 317• 259• 116• 2 最近の投稿• 2020年6月13日• 2020年6月12日• 2020年6月12日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より• に ちゅん より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

【ツムツム】2019年10月のイベントカレンダーまとめ|ゲームエイト

ツムツム 2019 年 10 月

ここから本文です。 人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)結果の要約 全国人口 総人口は27万6千人の減少 総人口,日本人人口ともに9年連続の減少• 総人口は1億2616万7千人で,前年に比べ27万6千人(0. 22%)の減少と9年連続で減少しています。 日本人人口は1億2373万1千人で,前年に比べ48万7千人(0. 39%)の減少と9年連続で減少しています。 (結果の概要 1~2ページ) 15~64歳人口の割合は59. 5%で,比較可能な1950年以降過去最低• 15歳未満人口は1521万人で,前年に比べ20万4千人の減少となり,割合は12. 1%で過去最低となっています。 15歳~64歳人口は7507万2千人で,前年に比べ37万9千人の減少となり,割合は59. 5%で,過去最低となっています。 65歳以上人口は3588万5千人で,前年に比べ30万7千人の増加となり,割合は28. 4%で過去最高となっています。 75歳以上人口は1849万人で,前年に比べ51万5千人の増加となり,割合は14. 7%で過去最高となっています。 (結果の概要 4~5ページ) 13年連続の自然減少,減少幅は拡大• 自然増減は13年連続の自然減少となり,減少幅は拡大しています。 男女別にみると,男性は15年連続,女性は11年連続の自然減少となっています。 (結果の概要 2~3ページ) 外国人が7年連続の社会増加,増加幅は拡大• 社会増減は7年連続の社会増加となっています。 日本人・外国人の別にみると,日本人は2年ぶりの社会増加となっています。 外国人は7年連続の社会増加となり,増加幅は拡大しています。 (結果の概要 2~3ページ) 都道府県別人口 東京都など7都県で人口増加 人口減少から人口増加に転じたのは滋賀県のみ 自然増加は沖縄県のみ• 人口増減率を都道府県別にみると,増加は7都県となっており,東京都が0. 71%と最も高く,次いで沖縄県が0. 39%,埼玉県が0. 27%,神奈川県が0. 24%などとなっています。 一方,減少は40道府県となっており,秋田県が-1. 48%と最も高く,次いで青森県が-1. 31%などとなっています。 なお,人口減少率が1%以上となったのは9県で、前年から3県増加しています。 人口増加率は,前年に比べ,沖縄県,神奈川県及び愛知県で拡大,東京都,埼玉県及び千葉県で縮小しています。 なお,滋賀県は減少から増加に転じています。 一方,人口減少率が前年に比べ拡大したのは26道県で,うち福井県(対前年差0. 19ポイント)が最も拡大しています。 減少率が縮小したのは大阪府(同0. 08ポイント)など11府県となっています。 なお,福岡県は増加から減少に転じています。 自然増加は沖縄県1県のみとなっています。 人口が増加した7都県のうち,沖縄県のみ自然増加・社会増加となり,他の6都県は自然減少・社会増加となっています。 人口が減少した40道府県は全て自然減少となっており,うち大阪府,福岡県など7府県が社会増加,他の33道県で社会減少となっています。 前年と比較すると,静岡県及び兵庫県は社会減少から社会増加に転じ,富山県,石川県及び島根県は社会増加から社会減少に転じています。 (結果の概要 8~9ページ) 44都道府県で75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回る• 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(16. 9%)となっています。 15~64歳人口の割合が最も高いのは,東京都(65. 8%)となっています。 65歳以上人口及び75歳以上人口の割合が最も高いのは,いずれも秋田県(37. 2%,20. 0%)となっています。 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは前年と同様,44都道府県となっています。 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を下回ったのは,愛知県,滋賀県及び沖縄県のみとなっています。 (結果の概要 12~13ページ) 結果の概要 統計表 以下の統計表はエクセルファイル形式です。 [注意] 数値は表章単位未満の位で四捨五入しているため,合計の数値と内訳の計は必ずしも一致しません。 ファイル(PDF形式)一括ダウンロード•

次の