遠く へ 行き たい ジェリー 藤尾。 ジェリー藤尾…渡辺友子との離婚を老人ホームで語る

ジェリー藤尾

遠く へ 行き たい ジェリー 藤尾

1940年にNHKアナウンサーの父「藤尾薫宏」さんと、イギリス国籍の母「オリビア・ヒース・ゴンザレス」さんのもと、当時の中華民国上海の日本租界で生まれた「ジェリー藤尾」さん。 そんなジェリー藤尾さんは過去に、泥沼の離婚劇を経験していたのです。 名前:ジェリー藤尾(ジェリーふじお) 本名:藤尾薫紀(ふじおしげき) 生年月日:1940年6月26日(78歳) 職業:歌手、俳優、タレント 所属:オフィスキコ 学歴:専修大学附属京王高等学校(中退) Sponsored Links ジェリー藤尾さんは高校を中退し、ロカビリー歌手として1958年にデビュー… その後、「遠くへ行きたい」がヒットしました。 私生活では1964年にアイドル歌手の渡辺友子さんと結婚し、2人の娘に恵まれ、一家4人でCMに出演するなどおしどり夫婦として知られていたのです。 しかし、この状況が一気に暗転する騒動が起こります。 理由は1985年秋、藤尾さん(当時45歳)と渡辺さん(当時40歳)の不仲がスクープされたからです。 この時点では渡辺さんが「どこからそんな話が?」とコメント… 藤尾さんも「別居なんかしていません」とウワサを否定しました。 しかし、12月になってウワサは現実のものとなるのです。 娘たちが友達を呼んでパーティーを行う予定のクリスマスに渡辺さんは家を出て行ってしまったのです。 年が明けて、別居が明らかになった際、藤尾さんは「僕は何も答えない。 何も言いたくない」、「まったく雲をつかむような話で、僕にはどうして(妻が)そうしたかわかりません」と言葉をにごしました。 しかし、渡辺さんは「離婚を前提としての別居」とキッパリと発言… 暴力があったのではないかとの質問には「そういうこともありました」とも語ったのです。 そして半年後の1986年7月12日に2人は正式に離婚… 多くを語らない藤尾さんに対して、渡辺さんは藤尾さんが酒びたりであることや経済的な問題を抱えていること、渡辺さんの両親と藤尾さんの確執などをマスコミに訴えました。 このため、世間では渡辺さんに対して同情する空気が生まれ、藤尾さんは「飲んだくれ亭主」と書きたてられ、テレビ局から総スカンを食う状況にまで追い込まれたのです。 しかし、親権問題で2人の娘が共に藤尾さん側に付いたことで徐々に流れが変わっていきます。 次女は「このままではママばかり良い格好をしてパパが悪者にされて可哀想」と友達に告白… 「今度お姉ちゃんと一緒に記者会見に出て、すべてブチまけたい」とも訴えました。 次女は書類の親権者欄に藤尾さんの名前を書きました。 後に藤尾さんは娘の書いた書類を見て「涙が止まりませんでした」と語っています。 そうして藤尾さんは離婚から4カ月後に、次女が出演するドラマ「セーラー服反逆同盟」(日本テレビ系)に父娘共演を果たし、ショックから立ち直り、仕事に打ち込みました。 しかし、一時沈静化した泥仕合は4年後の1990年に財産分与トラブルを火種に再燃します。 渡辺さんは藤尾さんに2億円の慰謝料を請求していたのですが、これに対し、長女は「外面を取り繕うのが上手なだけにズルイ性格」と言い放ったのです。 「父は沈黙しても私は許せない」と実名を挙げて渡辺さんの男性問題を指摘… 離婚理由は母に非があると語りました。 財産分与問題は結局、東京・田園調布の自宅売却代金の35%を支払うことで決着しました。 その後の藤尾さんですが、娘たちが嫁いだ後、「面倒を見てもらう気はない」と千葉県の老人ホームに移り住みます… 元妻に対しては「名前を聞いただけで嫌になる」と今も許せない気持ちだと語っています。 Sponsored Links.

次の

ジェリー藤尾…渡辺友子との離婚を老人ホームで語る

遠く へ 行き たい ジェリー 藤尾

来歴・人物 [ ] 1940年に出身での父・藤尾薫宏と国籍の母・オリビア・ヒース・ゴンザレスのもと、当時のの日本で生まれる。 当地での終戦を迎えに家族で日本へ引き揚げるものの、上海では家族のみならず外国人居留地においてものみで生活していたため、帰国後の藤尾と母は言葉の壁や外見からを受ける。 特に母の心労は深刻で、知り合いのいない地での孤独を紛らわすために陥り、藤尾が中学1年生の時に、で吐血しウィスキー瓶を握り締めたまま28歳で死去。 息絶えた母を発見したのは、学校から帰宅した藤尾だった。 その後、家庭を顧みる余裕をなくした父によって生活は崩壊。 深く傷つき、など夜の繁華街で荒んだ生活を送り、「」の用心棒を務めるまでになっていた。 すら道を譲るほどに明け暮れていたが、次第にへの道を志すようになりにとして出入りしていたでの『』を飛び入りで歌ったところ、これが所以でからスカウトされ、芸能界入り。 、高校留年が決定したのを機に中退し本格的に芸能生活を開始。 「とブルーソックス」のシンガーとしてのウエスタンカーニバルで初舞台を踏む。 特にのナンバーを得意とした。 俳優としてはの『檻の中の野郎たち』(監督:川崎徹広、東宝) 、歌手としてはに『悲しきインディアン』でレコードデビュー。 翌5月にの人気番組『』へ出演すると共に、同番組の「今月のうた」に採用された『遠くへ行きたい』が大ヒットして一躍人気者となり、「ダニー・ボーイ」、「土佐の一本釣り」、「指笛の丘」などのヒット曲を持つ。 その後は監督作品『』への出演など、映画・テレビを中心に幅広いエンターティナーとして活躍する。 に歌手・タレントの渡辺トモコ(現・渡辺友子)と結婚し、二児をもうけた(後に長女・美紀は『』、次女・亜紀は『』などへ出演し、一時女優として活動した)。 家族で『』などバラエティ番組へ出演、からはのCMへ出演して「円満な芸能人一家」として広く認知された。 しかし、に入り夫婦の不仲が報じられ始め、同年末に渡辺が家を出るかたちで別居。 、正式に離婚した。 その際、渡辺が上で「酒浸りの生活でDVに及ぶ」、「妻の両親との不仲」、「経済的に困窮し、妻と収入が逆転した」など一方的にスキャンダルを吹聴し、がそれに同調して藤尾へのバッシングを始めたのを期にテレビへの露出が減り、表舞台から姿を消す事となった。 このことに関して藤尾本人は多くを語らなかったが、離婚の際、2人の娘が父である藤尾の側に付いたことや、長女が母親の乱れた素行や男性関係を暴露、「あの人はクズ」と発言し、物議を醸したことで一方的なバッシング報道は収束する。 また、2010年のインタビューでは藤尾自身が妻のが原因だったことを認めている。 その後はや、・コンサート等、芸能活動を継続している。 並行して慰問などの活動や自らの差別体験などを通したに関する講演などに尽力していることでも知られる。 また、娘2人が嫁いだのを機に「面倒を見てもらうつもりはない」との意思から内のに生活拠点を移している。 エピソード [ ]• 本人は日本国籍と日本人エンターテイナーであることに高いプライドを持っており、「を大切にしない」としてに対しては否定的である。 大のメーキャップ嫌いで知られる。 藤尾曰く「顔にものを塗られると息が詰まる」との事。 この理由により今までどうしても必要な場合「たとえば酔っ払いの役で赤ら顔にする必要がある時など」を除いてメーキャップした事がないという。 自らのバンド「パップ・コーンズ」のメンバーに高木智之(後の)や仲本興喜(後の)がいる。 に高木の娘が生まれた際には、その名付け親となった。 愚連隊の用心棒から芸能界へ転身するものの、その後も武勇伝が残っている。 1962年2月20日未明、・で仲間と飲酒中に面識のないヤクザ(後に自首し逮捕)に連れ出されてで切りつけられ、目の上と首に全治2週間の傷を負う事件に遭遇している。 この際、ジェリーも素手で反撃して相手に全治10日間の怪我を負わせたためされている。 また、ジャズ喫茶の帰り道に3人のヤクザに絡まれた際、相手の肋骨3本と前歯4本をへし折って返り討ちにしたものの、直後に現場にが駆けつけ、の容疑で逮捕されてしまった、という逸話もある。 結婚後は円満な家庭の父親としてテレビ番組やCMに多数出演するようになり、そうした過去の「武勇伝」を出す事は控え、温厚なイメージに変化している。 全て再録音源。 出演 [ ] 映画 [ ]• 檻の中の野郎たち(1959年、)デビュー作• (1959年、東宝)• (1960年、)• 偽大学生(1960年、大映東京)• 竜巻小僧(1960年、)• 都会の空の用心棒(1960年、日活)• (1960年、東宝)• 縞の背広の親分衆(1961年、東京映画、配給:東宝)• 一石二鳥(1961年、日活)• 地平線がぎらぎらっ(1961年、)• 俺はトップ屋だ 顔のない美女(1961年、日活)• 悲しき60才(1961年)• (1961年、東宝=黒澤プロ)• 東京おにぎり娘(1961年、大映東京)• 若き日の次郎長 東海一の若親分(1961年、)• アワモリ君売出す(1961年、東宝)• アワモリ君乾杯! (1961年、東宝)• アワモリ君西へ行く(1961年、)• 若き日の次郎長 東海道のつむじ風(1962年、東映京都)• (1962年、日活)• 九ちゃん音頭(1962年、)• 次郎長と小天狗 殴り込み甲州路(1962年、東映京都)• (1962年、東宝)• バラキンと九ちゃん 申し訳ない野郎たち(1962年、松竹大船)• 九ちゃんの大当りさかさま仁義(1963年、東映東京)• 一心太助 男一匹道中記(1963年、東映京都)• 嘘(1963年、大映東京)• (1963年、東映京都)• (1963年、東映京都)• 牝(1964年、東映東京)• (1965年、東宝)• そっくり大逆転(1966年、松竹大船)• (1967年、松竹大船)• (1967年、日活)• (1970年、日活)• (1970年、東宝=四騎の会)• 悪の親衛隊(1971年、東映東京)• (1981年、エヌ・アール企画)• (1987年、松竹富士)• サクゴエ(2007年、中目黒製作所) テレビ [ ]• (1959年 - 1970年、)• (1962年、)• (1967年、系列)• (1972年 - 1986年、フジテレビ系) - 毎回優勝• (1973年 - 1974年、制作・NET系列) - 3代目司会者• (1975年 - 降板時期不明、TBS) - 一家で司会兼任のレギュラーを務めていた。 オール九州各県対抗家族なんでも合戦(製作、九州地区ブロックネット) - 司会• オールスター(フジテレビ) - 審査員 テレビドラマ [ ]• 第18話、第55話ほか(1965年~1971年、)• (主演、1966年、日本テレビ系列、連続ドラマ)• (制作・日本テレビ系列)• 第12話「平和なんか大嫌いの巻」(1967年)• 第13話「へそくりこそわが命の巻」(1967年)• 第5シリーズ 第14話「空っ風野郎」(1968年1月4日放送分、フジテレビ) - 空っ風の又次• (1968年1月21日放送分、TBS系列)• (TBS系列)• 第7話「パリから来た大泥棒」(1968年) - ピエール山口• 第93話「女王陛下ォー! 発狂一分前」(1970年) - 桑野• 第106話「宝石ギャング珍道中 」(1970年) - 猿渡人麻呂• 第117話「東京ーホノルル豚をかついで珍道中」(1970年) - アルセーヌ• 第124話「腰抜け札束強盗団 」(1970年) - 永井• 第133話「私の首を返して頂だい」(1970年) - 眉村• 第145話「ギャング対自動車レース」(1971年) - 怪盗・ペイント赤木• 第154話「サギ師の皆様ふところにご用心! 」(1971年) - 地下鉄のトム• 第166話「ヨーイ・ドン! 赤頭巾で殺人ごっこ」(1971年) - 鮫島• (オムニバスドラマ『仇討ち』第19話、1969年2月5日放送分、TBS系)• 第12話「バカは死ななきゃタメゴロー」(1969年12月18日放送分、系列・) - 為五郎 役• (1972年、NET系列) - むしりの才六 役• 第11話(1973年、CX)• (1974年、日本テレビ系列) - 大沼 役• 第7話「お母ちゃんのお手柄」(1974年11月13日、・TBS) - 南原• (1977年、系列) - 多門伝九郎 役• (日本テレビ系列) - ゲスト• (1990年、系列)• 「仙台七夕・幻の女」(1991年8月5日、テレビ東京系列)• (1994年9月3日、テレビ朝日系列)• (2019 - 2020年) - 辛坊修 Vシネマ [ ]• 悪徳の勲章 Black Cop(1992年、)• (2006年) - コケダルマ校長• 実録 外道の群れ 流血の鎮魂歌(2007年) - 任侠盟友会総裁 門奈和昭• 平成清水一家(2007年)• ヤクザに学ぶカリスマ性(2008年)「K会・M連合会I会長の指導力」 - I会長• 標的 TARGET(2009年)• 堕悪2〜DARK〜(2011年) - 闇金業者オーナー 鎌田 アニメ [ ]• (1978年、テレビ朝日)アニメ作品に声優で出演 CM [ ]• 3代目・4代目(1974年~1980年)、初代・2代目(1981年~1985年)• ・アイスノン(家族で出演)• ・ワンタッチカレー(家族で出演)• (夫婦で出演) ラジオ [ ]• ともあれ、人生は美しい - 昭和を生き抜いたジェリー藤尾の真実 (2005年、創美社刊、聞き書き・と共著) 脚注 [ ]• 、、、ら、この当時の・アイドルが数多く出演した青春コメディー映画だった。 ゲンダイネット() 2013年2月4日. 2013年7月29日閲覧。 2010年12月23日. 2013年7月28日閲覧。 多くを明かさない藤尾だが、このインタビューでは元妻に対して「名前を聞いただけで嫌になる。 本当に嫌な別れ方したからね。 だからぼくは名前も呼びたくない。 それぐらい嫌なことされたからね…。 いいたいこともあるけど、それをいうとまたメディアが喜んじゃうから(苦笑)。 とにかくぼくは許してはいませんよ」と心情を述べている。 高木ブー『第5の男』p. 93 外部リンク [ ]• - オフィスキコ• - (英語)•

次の

ジェリー藤尾…渡辺友子との離婚を老人ホームで語る

遠く へ 行き たい ジェリー 藤尾

1940年にNHKアナウンサーの父「藤尾薫宏」さんと、イギリス国籍の母「オリビア・ヒース・ゴンザレス」さんのもと、当時の中華民国上海の日本租界で生まれた「ジェリー藤尾」さん。 そんなジェリー藤尾さんは過去に、泥沼の離婚劇を経験していたのです。 名前:ジェリー藤尾(ジェリーふじお) 本名:藤尾薫紀(ふじおしげき) 生年月日:1940年6月26日(78歳) 職業:歌手、俳優、タレント 所属:オフィスキコ 学歴:専修大学附属京王高等学校(中退) Sponsored Links ジェリー藤尾さんは高校を中退し、ロカビリー歌手として1958年にデビュー… その後、「遠くへ行きたい」がヒットしました。 私生活では1964年にアイドル歌手の渡辺友子さんと結婚し、2人の娘に恵まれ、一家4人でCMに出演するなどおしどり夫婦として知られていたのです。 しかし、この状況が一気に暗転する騒動が起こります。 理由は1985年秋、藤尾さん(当時45歳)と渡辺さん(当時40歳)の不仲がスクープされたからです。 この時点では渡辺さんが「どこからそんな話が?」とコメント… 藤尾さんも「別居なんかしていません」とウワサを否定しました。 しかし、12月になってウワサは現実のものとなるのです。 娘たちが友達を呼んでパーティーを行う予定のクリスマスに渡辺さんは家を出て行ってしまったのです。 年が明けて、別居が明らかになった際、藤尾さんは「僕は何も答えない。 何も言いたくない」、「まったく雲をつかむような話で、僕にはどうして(妻が)そうしたかわかりません」と言葉をにごしました。 しかし、渡辺さんは「離婚を前提としての別居」とキッパリと発言… 暴力があったのではないかとの質問には「そういうこともありました」とも語ったのです。 そして半年後の1986年7月12日に2人は正式に離婚… 多くを語らない藤尾さんに対して、渡辺さんは藤尾さんが酒びたりであることや経済的な問題を抱えていること、渡辺さんの両親と藤尾さんの確執などをマスコミに訴えました。 このため、世間では渡辺さんに対して同情する空気が生まれ、藤尾さんは「飲んだくれ亭主」と書きたてられ、テレビ局から総スカンを食う状況にまで追い込まれたのです。 しかし、親権問題で2人の娘が共に藤尾さん側に付いたことで徐々に流れが変わっていきます。 次女は「このままではママばかり良い格好をしてパパが悪者にされて可哀想」と友達に告白… 「今度お姉ちゃんと一緒に記者会見に出て、すべてブチまけたい」とも訴えました。 次女は書類の親権者欄に藤尾さんの名前を書きました。 後に藤尾さんは娘の書いた書類を見て「涙が止まりませんでした」と語っています。 そうして藤尾さんは離婚から4カ月後に、次女が出演するドラマ「セーラー服反逆同盟」(日本テレビ系)に父娘共演を果たし、ショックから立ち直り、仕事に打ち込みました。 しかし、一時沈静化した泥仕合は4年後の1990年に財産分与トラブルを火種に再燃します。 渡辺さんは藤尾さんに2億円の慰謝料を請求していたのですが、これに対し、長女は「外面を取り繕うのが上手なだけにズルイ性格」と言い放ったのです。 「父は沈黙しても私は許せない」と実名を挙げて渡辺さんの男性問題を指摘… 離婚理由は母に非があると語りました。 財産分与問題は結局、東京・田園調布の自宅売却代金の35%を支払うことで決着しました。 その後の藤尾さんですが、娘たちが嫁いだ後、「面倒を見てもらう気はない」と千葉県の老人ホームに移り住みます… 元妻に対しては「名前を聞いただけで嫌になる」と今も許せない気持ちだと語っています。 Sponsored Links.

次の